GOOD ON THE DANCEFLOOR

GOOD ON THE DANCEFLOOR
OFFICIAL
Twitter
MySpace(Label)

レーベル/パーティ"GOOD ON THE DANCEFLOOR"のオフィシャル・ブログです。

[ABOUT US]
東京発のレーベル/パーティ。Arctic Monkeysの曲名から名づけられたこの集団は、上の世代には持ち得ない、自らの世代ならではの感覚を証明することを目的として、2007年6月に結成。バンド/DJ/デザイナー/ライター/フォトグラファーなど、現在複数のメンバーによって構成されている。個々での活動に加え、GOOD ON THE DANCEFLOORとしてもイヴェントやパーティーを不定期に開催。2009年秋にはレーベル初のコンピレーションCD『ALT A NATIVE SYNDICATE』をリリースし、国内をはじめ、北米/欧/豪にも配信リリースしている。

contact me :P
info@goodonthedancefloor.com

[NEWS]
2009年9月にリリースされ、日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、熱心な海外インディ・リスナーから、国内新世代インディ・バンド・ファンまで、多方面から絶賛の声を浴びた、東京の新世代レーベル"GOOD ON THE DANCEFLOOR"による、今後活躍が期待される新型バンドを集結させたコンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』。紅一点として参加したNu clear classmateが待望の単独作を遂にリリース!
------------------------------------------------------------
USインディ新世代と共振するサウンドに、コケティッシュな女性ヴォーカルを乗せた、日本発のキッチュな個性。この最新EPでは、Washed OutなどのGlo-Fi、Nite Jewelらが牽引するインディ・シンセ・ディスコ、そして時流のエレクトロ・ポップなどを、軽やかに横断している。わずか半年ほど前にリリースされたレーベル・コンピ収録曲と比べると、目が覚めるほどの音楽的な飛躍ぶり。ただ今メキメキと成長中の新世代二人組に、ぜひ注目を!
-小林祥晴-
------------------------------------------------------------
失礼を承知で正直に言うと、彼女たちがここまでの作品を仕上げてくるとは全く思っていませんでした。日々から逃げ出したい気持ち、マリア様に包まれてただただ安らかに眠っていたいという欲望と、それが叶わざる願いであることが転化した、やすりのような手触りの不機嫌な殺気。2010年に生きていく感覚そのままの音楽です。
-田中亮太(JET SET KYOTO/mogran'BAR)-
------------------------------------------------------------
Nu clear classmate 『Lick The Star』
2010/04/16 ON SALE
GOOD-1002 / including 5 songs 1,300yen (tax out)
1. Blank World
2. Causeless Pain
3. The Nearest Faraway
4. I Know I Know
5. I Leave The Parade Wearing A Dress

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

[NEXT PARTY]
????????????

全ての公演のチケットは予約を受付けております(一部除く)。
予約をご希望される場合は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります。
下記のチケット予約フォームからもお気軽にご予約が可能です↓↓↓


[RELEASE INFORMATION]
【GOOD ON THE DANCEFLOOR】のレーベル部門が、新たに【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】として始動!!!!!! 記念すべき第一弾リリースとして、初のレーベル・コンピレーションCDを2009年9月25日にリリース!!
------------------------------------------------------------
海の向こうの同世代へのシンパシーと、隣り合う君とのディスコミュニケーション。2つの同時代性の狭間で軋む音、火花。青く、眩しい。
-田中亮太 (CLUB SNOOZER / JET SET)-
------------------------------------------------------------
世界と同感覚で進行中の東京インディー・シーンをリアルに感じられる、グッド・コンピレーション! この衝動と感覚を忘れずに、リリースを続けてくれることを期待しています!
-JUN (80kidz)-
------------------------------------------------------------
GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK compilation
V.A. 『ALT A NATIVE SYNDICATE』
2009/09/25 ON SALE
GOOD-1001 / including 10 songs 1,800yen (tax out)
1. To Pieces / AAPS
2. Spin of School / Nu clear classmate
3. Social Evils and a Potato [Hamon Mix] / The New House
4. Jr. / White Scooper
5. Marble Nuts / Nu clear classmate
6. Tailors of OZ / AAPS
7. Up Bends / White Scooper
8. Pale Boy / The New House
9. Marble Nuts [Bamian Remix] / Nu clear classmate
10. Up Bends [Lapin Remix] / White Scooper

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

White Scooper 1st CD 『Thousand Valleys』
2008/06/10 ON SALE
GOOD-001 / including 7 songs 500yen (tax out)
1. C.Farmeres
2. Behind The Lights
3. Ya Ya Ya
4. Proco
5. Vigger
6. Nightram
7. Mornin' Giraffe
Art work by SAFARI.

取り扱い店舗
■JET SET (京都/下北沢)
【HP】【地図】【WEB通販】
■disk union各店
お茶の水駅前店、神保町店、新宿本館B1、下北沢店、吉祥寺店、
中野店、国立駅前店、池袋店、町田店、淵野辺店、稲田堤店、
横浜関内店、横浜西口店、津田沼店、千葉店、柏店
【HP】【店舗一覧】
■Sunrain Records (高円寺)
【HP】【地図】【WEB通販】

チケット予約フォーム
こちらでGOOD ON THE DANCEFLOORの各イベントのチケット予約が出来ます。ご利用ください。

名前:
メールアドレス:
日にち/イベント名:
枚数(質問などもどうぞ):

ブログ内検索
QRコード
QRコード
検索用

we love

!!! 1965 2 Many DJs 24Hour Party People 80kidz 8otto 100s Abake Abraham Cross Adam Sky Adel Air Akufen Alan Ball Air France The Album Leaf Alter Ego Altz Alphabeat Alloverallareover American Amy Winehouse Apparel Anavan ANDREA CREWS Andrew Kendall Andy Warhol Animal Collective Anna Tsuchiya Annie Aphex Twin The Apples In Stereo The Arcade Fire Arctic Monkeys Art-School Asian Dub Foundation Asian Kung-Fu Generation Ash A Sunny Day In Glasgow Atlas Sound At The Drive-In Audion Au Revoir Simone Aus Autechre The Avalanches Avengers In Sci-Fi badly drawn boy Back Drop Bomb Babyshambles Bamian The Band Apart Bang Gang Deejays Basement Jaxx Battles The Bawdies The Beach Boys Beastie Boys The Beatles Beck Beirut Belle & Sebastian Ben Folds Five Benga Ben Sharn Bernhard Willhelm Best Fwends Biff Bang Pow! Big Star The Birthday Bishi Bjork The Black Ghosts Black Kids Black Rebel Motorcycle Club Blast Head Bloc Party Bloodcat Love Blood Red Shoes Blood Thirsty Butchers Tha Blue Herb Blur Boards Of Canada Bonde do Role Bonjour Records Boom Boom Satellites Boredoms Born Ruffians Boys Noize The Boy Least Likely To The Bravery Breakfast Brian Jonestown Massacre The Brixton Academy Broken Social Scene The Buffalo Bunch The Bumblebeez Bump Of Chicken Buraka Som Sistema Burial Bushmind The Buzzcocks Bright Eyes British Sea Power Busy P Cabanne Cajuan Cajun Dance Party Calvin Harris Camera Obscura Cansei De Ser Sexy The Capes Cassette Playa Cat Power Cazals Chaki The Charlatans The Checks Chemical Brothers Chicks On Speed Chris Cunningham Christian Joy Chromeo C.I.A. Cibo Matto The Cigavettes Citizen Clammbon Clap Your Hands Say Yeah Clark Clarky Cat Chim↑Pom The Clash Coachella Coburn Cocorosie Coldcut Cold War Kids Colette Comanechi Comeback My Daughters Converge Corinne Bailey Rae Cornelius Cornershop Cosmic Wonder Cosmo Vitelli Chairlift The Coral Crackhaus The Cribs Creation Records Cristal Castles Crookers CSS Cubismo Grafico Cubismo Grafico Five The Cure Cut Copy DaDa KingZ Dada Life Daedelus Daft Punk Daggers Damien Hirst Dandi Wind Dan Le Sac vs Scroobius Pip Darek Darkel Darren Emerson Datarock Dandy Warhols David Fincher David Lynch David Sylvian Ddjjs Dead Disco Death From Above 1979 Death In Vegas The Death Set De De Mouse Deep Dish De La Soul Delta Sonic The Departure Derrick May Devendra Banhart DFA Diane Arbus Dick Bruna Digitalism Dinosaur Jr Diplo Dirty Pretty Things Dirty Projectors Disco Drive Disco Teenage Kicks Disco Twins Dizzie Rascal Dj Baku Dj Hikaru Dj Kentaro Dj Mehdi Dj Nobu Does It Offend You, Yeah ? Domino Doopees Doping Panda Douglas Coupland Doves Dreadeye Dreamburger Drocie Dubsided Duffy Eater ECD Echo & The Bunnymen ED Banger Editors Edward Gorey Eight Legs Electric President Electrocute Elmo El Presidente Ellegarden Elliott Smith Eminem The Enemy Enlightenment Erase Errata Erol Alkan Exlovers Escalator Records Esg Everybody Else Excuse Me Factory The Faint Fancy Him Fantastic Plastic Machine Fatboy Slim The Feeling Feist Find Gask The Fits The Flamin Lips Flipper's Guitar Fischerspooner Fishmans Fountain Of Wayne First Aid Kit Foals Foreignland Four Tet Fox N' Wolf France Gall Frank Owen Gehry Franz Ferdinand The Fratellis Friendly Fires Fred PEerry The Free Design Freeform Five Fuck Buttons Fuji Rock Festival The Futureheads Future Terror Gang Of 4 Ganban Night Gangway Gas Book Georgie James George Harrison Gildas & Masaya Glass Candy Glastonbury Festival Glasvegas The Glimmers Gnarls Barkley Going Steady Goldfrapp The Good Life The Good,The Bad And The Queen Goose Gorillaz Golden Silvers The Gossip The Go! Team Graham Coxon Green Day Grind House Group Inou Group Of People Guns N' Bombs Hadouken ! Hal Happy Mondays Hard-Fi Hard To Explain Headman The Heavy Henry Darger Henrik Vibskov Herbert Hercules and Loveaffair Herve Hi-Standard The Hives The Holloways Holy Hail The Hoosiers The Horrors Hot Chip Hot Gossip Hot Hot Heat House of Holland i-D Idlewild iLL I Love You But I've Chosen Darkness I'm From Barcelona In Corridors Individual Orchestra Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin The Infadels InK Institubes Interpol i-WARP Jack Kerouac Jack Penate Jackson And His Computer Band Jacques Tati The Jam James Ford James Holden James Jarvis Jamie Lidell Jan Svankmajer Jay-Z Jean Luc Chainsaw Jeff Mills Jence Jerry Jesse Rose Jet Jimmmy Eat World Joakim Joanna Newsom John Lennon Johnny Boy Johnny Foreigner The Jesus & Mary Chain Johann Johannsson Joy Division Julie Verhoeven Junior Senior Justice KAFKA Kaiser Chiefs Kanye West Kap10Kurt Karafuto Kate Nash Kathy Kavinsky Koko Von Napoo KAWS The Kbc Ken Ishii Ken Yokoyama Keith Kerrier District The Killers The Kills Kings Of Convenience Kings Of Leon Kim Kitsune Klanguage Klaxons The KLF The Knife The Kooks Kraftwerk Kris Menace Kunoku Ladyhawke Lady Sovereign Larrikin Love The La's Late Of The Pier Laura Marling Laurent Garnier LCD Soundsystem Le Tigre LFO Liars The Libertines Lightspeed Champion Lillies and Remains Lillica Libertine ! Lily Allen Limited Express(has gone?) Linda Lindstrom Little Barrie The Little Flames Little Man Tate Locksley Lo-Fi-Fnk Long Blonde Lostage Love Psychedelico Love of Diagrams The Long Blondes Los Campesinos! Lost Penguin Love Is All Luke Vibert Lovely Chords The Lowbrows Low Vision Magnus Carlsson Malajube Mando Diao Magistrates Marios Mark Ronson Martin Margiela The Marz Volta Massive Attack Material Boy Matisyahu Matthew Barney Maximo Park Memphis Industries Merlin Bronques Metamorphose Metro Area Metronomy Mew M-flo MGMT M.I.A. Mice Parade Michel Foucault Michel Gondry Midnight Juggernauts Mika Milo? Forman Ninja Tune Miaou Minor Threat The Mirraz The Misshapes Mixrooffice M/M Paris Moby Modeselektor Modest Mouse Mo-dettes Modular The Mogs Mogwai Mondo Grosso Monica Uranglass Monobright The Moog Cookbook The Morning After Girls Mo'some Tonebender Moving Units Mr Been Mr Oizo MSTRKRFT Mu Mum Mumm-Ra The Music My Bloody Valentine Mylo Mystery Jets Nanamine Nathan Fake Nathan Michel Neon Neon Neon Plastix N.E.R.D Neu! New Cassettes New Order The New House New Young Pony Club Nan Goldin Natalie Wood Neon Neon Nigel Godrich Nightmoves Nightmares On Wax Niki De Saint Phalle Nima Nourizadeh Nine Black Alps Nine Inch Nailes Ninja Tune The Novembers Noze No Age Nu Clear Classmate Nujabes Nyantora Nylon Oasis Oceanlane Ogre You Asshole Olav Basoski Oldenburg Opera Operator Please Optimo The Ordinary Boys Orange Juice The Orb Oskar Fischinger Ox.Eagle.Lion.Man Pacific! Pam Para One Pains of Being Pure at Heart Passions The Pastels Patrick Wolf Pavement Payback Boys Peaches Pedro Winter Pepe California Peter Bjorn And John Peter Saville Peter Max Pet Shop Boys Pharell Williams Phoenix Phantom Planet Phones Pig Radio the pistolas The Pipettes Pixies Placebo Plan B Polysics Poney Poney The Pop Group Pop Levi Portishead Postal Service Prefab Sprout Prefuse 73 Pre-School The Presets Primaly 1 Primal Scream Prodigy Prototypes Psapp Punks Jump Up Queens Of Noize Quentin Tarantino Quiero Club The Raconteurs Radiator Radio 4 Radioclit The Radio Dept. Radiohead Radio Slave Radwimps The Rakes Raphael Just The Ramones The Rapture R.E.M. Ratatat Rauschenberg Rat:att:agg RayGun Razors Edge RazorLight Regina Spektor Rei Harakami Remi Nicole RE:RE:RE:mojojo Resfest Reverend And The Makers Revl9n Rex The Dog Ricardo Villalobos Richard Linklater Richie Hawtin Riddim Saunter Ride Riot In Belgium Ripchord The Robocop Kraus Robot Needs Oil The Roconters Ron Sexsmith The Roots Rough Trade Rosenquist Rovo The Royal We Rubies Royksopp Roy Lichtenstein Rub N Tug Ryan McGinley Rye RyukyuDisko Saam Faramand Saddle Creek Safari Santogold Sasha Savath & Savalas Scissor Sisters Scott Herren Scouting For Girls Scuttle Scritti Politti SebastiAn Sex Pistols The Shakes Shirokuma Shitdisco The Shoes Sigur Ros Simian Mobile Disco Sinden Sing02 Skream Sleater Kinney The Slits Slowly Downward Smashing Pumpkins The Smith Smith N Hack Snoozer Snow Patrol Sofia Coppola Soft The SoftLightes Soft Tigers Solid Groove So Me Something Else Sonic Youth Soulwax Sound Team Space cowboy Spank Rock Spalta Locals The Specials Special Others Spike Jonze Spiler The Spinto Band Squarepusher Stars Stefanie Schneider Stereo Tennis Steve Aoki The Streets Strip Steve The Strokes The Stone Roses Struggle For Pride Studio Voice Studio 4℃ Sub Pop The Subways Suede Sufjan Stevens Sugiuramun Suicide Summer Sonic The Sunshine Underground Supercar Super Furry Animals Superglass SUPER SUPER Supersystem Surkin The Suzan Switch Syrup 16g Tacteel Takagi Masakatsu Talking Heads Tahiti 80 Tangerine Dream Taikoclub Teenage Bad Girl Teenage Fanclub The Teenagers Teki Latex Telefon Telepathe Tel Aviv The Telephones Television Tepr Theoretical Girl Terry Roison Terry Zwigoff Test Icicles These New Puritans Tomas Andersson Tommy Guerrero Thomas Bangalter Thomas Brinkmann Thom Yorke Those Dancing Days Thieves Like Us Tiga Tilly and the Wall Tim Deluxe The Ting Tings Tokyo Police Club Tomas Andersson Tom Middleton Tommy Guerrero To My Boy Tom Ze Tortoise Trafalgar Trash Fashion Travis TTC The Twang Twisted Charms Two Gallants Uffie Ultra Brain Unchain Undercover Underworld U2 Vampire Weekend Vanessa Van Basten Van She Vanshe Technologic Valerie Phillips Vermilion Sands The View Vanity The Velvet Underground Vermilion Sands The Verve The Vines Vincent Markowski Vinyl Junkie Vitalic Von Sudenfed V∞REDOMS Wagon Christ The Wannadies Warp We Are Scientists Weezer Wes Anderson We Start Fires The Whip White Scooper The White Stripes The Whitest Boy Alive Whitey The Who Why? Wichita Wigs Wild Beasts Wire Wolfgang Tillmans XL XTC Yanokami Yatt Yeah Yeah Yeahs Yellow Magic Orchestra Yelle Yo La Tengo Yonderboi Young Lovers Yppah YSP Yuksek Zongamin Zutons 赤犬 浅田次郎 浅野いにお あふりらんぽ 伊坂幸太郎 石野卓球 稲葉英樹 宇川直宏 羽海野チカ 大沢伸一 小沢健二 大竹伸朗 尾田栄一郎 おとぎ話 大人計画 小山田圭吾 棚田康司 ギターウルフ 銀杏Boyz 草間弥生 クラムボン くるり ザ・クロマニヨンズ 小池桂一 サイプレス上野とロベルト吉野 桜井鈴茂 佐藤秀峰 サニーデイサービス 鹿野淳 渋さ知らズ 清水祐也 しりあがり寿 信藤三雄 砂原良徳 スーパーカー スチャダラパー スマーフ男組 曽我部恵一 相対性理論 田島一成 田名網敬一 田中宗一郎 谷川俊太郎 電気グルーヴ 東京事変 タカノ綾 タナカカツキ 田中フミヤ チャットモンチー 谷岡ヤスジ 長尾謙一郎 中込智子 仲真史 中村一義 奈良美智 野田努 ノンポリラジカル ハイロウズ ハナレグミ 髭 藤子不二雄 ブルーハーツ フルカワミキ 古谷実 堀江博久 前野健太 ゆーきゃん ゆらゆら帝国 横尾忠則 松本大洋 村上春樹 珍しいキノコ舞踊団 森見登美彦 やけのはら ラーメンズ リリー・フランキー

T.H.A.N.K.S.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

2nd勢も負けてられんぜよ!!
前回の記事では、Los Campesinos!Blood Red ShoesTHESE NEW PURITANSのデビューアルバムを紹介したわけだけども、他にもThe WhipFOALSCrystal CastlesDoes It Offend You, Yeah?THE TEENAGERSらの強力なデビューアルバムがリリースされた2008年3月。
Arctic Monkeys以降のインディロック~ニュー・エレクトロの流れを追いかけているファンにとっては、どんだけ熱いんだ新人勢!!な2008年なわけです。
(音楽雑誌<SNOOZER>でも特集されているので要チェック)


しかしここに来て、06年にデビューを飾った若手勢が素晴らしい2ndを用意してきた模様。


20060217.jpg
tocp61132.jpg
まずは、イギリスはブライトン出身、かわいい巻き毛ちゃんTHE KOOKS
彼らはArctic Monkeysと同時期にデビューを果たし(しかも同年齢)、06年リリースの『Inside In/Inside Out』が大ヒットを記録、Arctic Monkeysの独壇場だったイギリスのインディロックシーンの中でも、彼らだけは北極猿達に負けずとも劣らずな人気を持った国民的バンドとなったわけです。

彼らの曲を初めて聴いたときは、正直「やられた!!」と思った。
当時バンドをやっていなくても、一人で曲作りをしていた自分にとっては、颯爽としたギターロックに乗せて、誰でも一発で覚えられる豊かなメロディを感情たっぷりに歌う彼らに対して、心底嫉妬したもの。
The La’sやoasisを愛するメロディ絶対主義の自分にとって、正に理想なバンドだった。
自分にはここまで出来なかったのですよ。チクショー。

そんな彼らの2ndアルバム『KONK』に先駆けて、日本限定EP『オールウェイズ』が最近リリースされたのだけど、先行シングル曲「ALWAYS WHERE I NEED TO BE」はクークス節全開の超ウルトラキャッチーな1曲。
彼らの曲はきっと50年経っても色褪せることはない。
自分は、そういう曲を書けるミュージシャンが本当に好きだ。

THE KOOKS/ALWAYS WHERE I NEED TO BE


このEPには、彼らの代表曲「NAIVE」のライブ音源が入っているのだけど、オーディエンスの大合唱っぷりがすごい。当たり前の話だけど、日本ではこうはならない。
※これは収録されているライブ音源とは別の映像だけど、こっちもすごい

THE KOOKS/NAIVE






MysteryJets_W2.jpg
0000211032_350.jpg
お次は、同じくイギリスは<テムズビート>の発信地イール・パイ・アイランド出身のMYSTERY JETS
小島イール・パイ・アイランドが浮かぶテムズ川流域を拠点に活動し、アイリッシュ・トラッドの要素を取り入れたアーティストたち(LARRKIN LOVE、The HollowaysJAMIE-TTHE RUMBLE STRIPSなど)がいつの間にかテムズビートと呼ばれるようになり、その中で誰よりも先駆けてアルバムをリリースしていたのが、このMYSTERY JETSというわけ。

天然サイケデリア満載だったデビューアルバム『Making Dens』から2年、2ndアルバム『TWENTY ONE』のリリースを控えた彼らから届けられた最新シングル「Young Love」は青春万歳な名曲。
曲の途中から登場するLaura Marling(一体何者??)のヴォーカルも良い味出しています。
不思議な動きをするこのビデオも、仕組みに気付くと思わずニヤリ。
てか今更だけど、MYSTERY JETSってバンド名、馬鹿っぽくて良いね。

MYSTERY JETS/Young Love






bio.jpg
uici1068.jpg
続いては、これまたイギリス出身のTHE FEELING
デビューアルバム『THE FEELING』が本国で100万枚以上のセールスを記録した彼らは、下手するとイギリス人特有の<祀り上げ系>国民的アイドルバンドとして扱われてしまいそうだけども、そう見切ってしまうのは勿体ない話。
たしかに風貌は大衆的なアイドルバンドであっても、彼らのポップセンスと歌心はなかなかのもので、MIKASCISSOR SISTERSなんかにも通じる70年代ポップス的な作風が魅力的。
そして彼らの歌心からは、COLDPLAYSNOW PATROLに似た求心力を感じさせる。
(COLDPLAYとか本当にどうでもいい曲が多いんだけど、何故か無視できないんだよなあ。SNOW PATROLは最高!)
そう考えると、国民的アイドルバンドという立ち位置は伊達ではないことがわかる。
あ、そういえば06年のサマーソニックでもバッチリ拝見させて頂きましたよ。まあまあ良かったよ。

今月リリースされたばかりの2ndアルバム『JOIN WITH US』も引き続きどポップで、「そりゃ売れるわ」な内容。
先行シングル「I Thought It Was Over」はかなりシザーシスターズ。
国民的アイドルバンドな為、ビデオは面白くも何とも無い。さすが。
(顔を良い角度で見せなければいけない為)

THE FEELING /I Thought It Was Over






20080328-00000015-lisn-musi-thum-000.jpg
093624987314.jpg
最後はアメリカから、00年代を代表するグラミー賞受賞バンドWhite Stripesのジャック・ホワイト率いる別働隊バンド、THE RACONTEURS
悪魔のような歌い手&名ギタリストであるジャック・ホワイトと、アメリカンロックの良心ブレンダン・ベンソンを中心として組まれたこのバンド。
自らに音楽的に課題を与えまくり、それに切羽詰まらせ、それでもそれを払拭するかの如く大爆発させるWhite Stripesがやや重苦しく、軽い気持ちでは聴けないのに対して、このラカンターズは、ブレンダン・ベンソンのおかげかドライブのお供にもピッタリなカラリとした印象の曲が多い。

06年リリースの『Broken Boy Soldiers』に続く、彼らの2ndアルバム『CONSOLERS OF THE LONELY』は、なんと発売一週間前まで事前告知一切無し、レコードショップにCDが並んでからプロモーション戦略を練るという、前代未聞の驚きのリリース方法を実行した。
よって、このアルバムのリリース情報を自分含め世間が知ったのもつい10日前ぐらいで、もちろんメディアに対しても事前告知なしという、なんとも興味深い戦略。
RADIOHEADが最新作『IN RAINBOWS』を当初インターネット配信のみで「購入者が価格を自由に決めれる」というエキセントリックなリリース方法を行って以降、NINE INCH NEILSも配信限定で最新アルバムをリリースしたり、The Charlatansに至っては最新アルバム丸ごと無料ダウンロードをさせるなど、既存のやり方に捉われない新しいリリース形態を模索するアーティスト、レーベルが増えてきたのはとても面白いことだと思う。

しかしまあ、彼らの最新ビデオ「Salute Your Solution」を観てみると、何この曲?AC/DC??

THE RACONTEURS/Salute Your Solution






以上、
2nd勢も負けてられんぜよ!!と言っておきながら、この中ではまだ何も買っていません。
ラカンターズはアルバム良かったら買おうかしら。

ちなみに冒頭で説明した新人勢に関しては、今度特集をやるのでお楽しみに!!

ry01
スポンサーサイト
ry01 CM(0) 

Los Blood PURITANS
>ついに今週はLos Campesinos!、Blood Red Shoes、THESE NEW PURITANSの記念すべきデビューアルバムが揃ってリリース!!こっちも事件です!!

と前に言っておきながら、ずっとこの話題に触れていませんでした。
そう、3/12という日はLos Campesinos!、Blood Red Shoes、THESE NEW PURITANSの記念すべきデビューアルバム(国内盤)が一斉にリリースされた日なのであった!!
各アーティストのデビューアルバムが大豊作の2008年。
その中でも、この3組は一際輝くデビューアルバムを作り上げたのですよ。



interview_Los20Campesinos.jpg
lc_240x238.jpg
まずはウェールズ出身の7人組大所帯バンド、Los Campesinos!から。
スペイン語で「農民」を現すバンド名の彼らは男女混合ということもあり、アーティスト写真やミュージックビデオからも、とにかくカラフルでポップな印象を受け取ることができる。
実際に彼らの曲も、放課後に仲良しグループで集まって自分達流にPavementをカバーしているような、拙い演奏でも、音楽を奏でる楽しさが前面に出ている。
性急なビートと共にギターの単音フレーズが所狭しと駆け回る曲と、感情たっぷりのギャレスのヴォーカル、お姉さん目線のアレクサンドラのヴォーカル、そしてメンバー全員での大合唱コーラスが彼らの最大の特徴だが、そこからは若さ故に生き急ぐあの胸の高まりと、青春の煌めきがよく曲に現れている。
“ワン・ツー・スリー・フォー!!”と繰り返し大合唱しているだけで気分を高揚させられてしまうバンドなんて、なかなかいるもんじゃない。
とにかくポジティブなバンドの雰囲気と曲調からは、彼らの「今何をやれば一番楽しいことか」というアティチュードがひしひしと伝わってくる。
そう、彼らの目的はとにかく自分達のポジティヴィティを人に伝えること。
それを既存のやり方に捉われずに実行する彼らこそ、パンクバンドの新しい形だ。
カナダでは、Broken Social Sceneのメンバーが運営するレーベル<Arts and Crafts>よりリリースされているのも納得。
そして彼らはなかなかの詩人でもあり、最終曲「Sweet Dreams, Sweet Cheeks」では、
“one blink for yes. two blinks fo no. sweet dreams, sweet cheeks, we leave alone.”
(瞬き一つはイエス。瞬き二つはノー。スウィートな夢、スウィートな頬。僕らは一人ずつ去る)
という、何とも甘酸っぱい歌詞で終わる。青春万歳だろう、これは。

Los Campesinos!/Death To Los Campesinos!





brs_dc_240x240.jpg
brs_240x245.jpg
続いては、イギリスはブライトン出身、Blood Red Shoes
前の記事でZak君がライブレポート書いてくれたので、多くは説明しなくても大丈夫かと思うが、彼らは男女2ピースバンドであり、女ギター&ヴォーカルと男ドラムという編成だけを見ると、つまりは逆White Stripesなわけで、サウンドもやはりソリッド。
初めて彼らの曲を耳にしたときは「DEATH FROM ABOVE 1979に音が似ているなあ」と思ったものだけど、今回アルバムを一枚通して聴いてみると、どちらかというとYeah Yeah YeahsThe Subwaysのように、わりとポップソングを書けている印象のほうが強い。
ポストパンク風のビートの上に、USグランジやオルタナティブの影響をモロに受けたギターリフを乗せ、そこにご丁寧にわかりやすいコーラスが用意された彼らのスタイルは、08年版にモダナイズされたNIRVANAとでも言うべきか。
そして彼らの場合、お互いが挑発しあうような男女ヴォーカルのスリリングな駆け引きもとても魅力的。
面倒臭いことを何も考えずに聴ける、爽快な一枚。

Blood Red Shoes/You Bring Me Down






tnp_091007_2181hero_240x240.jpg
beatpyramid_fc_fin_240x240.jpg
最後は、未だ10代の4人組、THESE NEW PURITANS
2007年秋のディオール・オムのファッションショーにてサウンドトラックを手掛け、メンバーがモデルとしてもショーに参加したことでも知られている彼らだが、同じディオール関係でも、Eight Legsのような見るからにカジュアルでファッショナブルなバンド(音もだけど)とは違い、彼らの場合はかなりダークでミステリアスな風貌。
サウンド自体も、トーンが暗めのポストパンクが基調だが、そこにUKを代表するダークヒップホップ、グライムの要素を旨い具合に取り入れていて、これは聴いてみるとなかなか新鮮。
RADIOHEADが最新作『IN RAINBOWS』の一曲目に収録されていた「15 Step」でダンスホールのリズムを取り入れていたように、KLAXONSがBBC RADIOのコンピCDでヒップホップアクトBlackstreetのカバーを披露していたように、今ギターロックにヒップホップの要素を取り入れるというのは世界的に最新のトレンドでもある。
実質一曲目の「MUMEROLOGY(AKA NUMBERS)」は、グライム風のボトムの効いたキックのリズムが特徴的で、KLAXONSが2ndで表現しようとしているのはこういう曲じゃなかろうか、と思わせる内容。
残念ながら10代に先を越されてしまったね。恐るべし、THESE NEW PURITANS。頑張れ、KLAXONS。
この曲では、
“What’s your favorite number? What does it mean?(あなたのフェイバリットな数字は?そしてその意味は?)”
“Every number has a meaning.(すべての数字に意味はある)”
というフレーズが繰り返されるように、アルバム全体を通しての歌詞の世界観は数術的であり、風貌そのままにダークでミステリアス。
どこまでも抽象的で、古文のような歌詞の表現は、どこか予言めいたものを感じさせる。
そしてアルバム最終曲では、
“I will say this twice.(それは二度繰り返す)”と言い残し、このフレーズはまたアルバム冒頭に戻り、エンドレスでループされる。
ここまでコンセプチュアルな内容のデビューアルバムを作る新人もそうはいない。早くも次作が楽しみだ。

THESE NEW PURITANS/ELVIS






最近よく聴いているもの↓
Los Campesinos!『HOLD ON NOW, YOUNGSTER...』
Blood Red Shoes『Box Of Secrets』
THESE NEW PURITANS『BEAT PYRAMID』


この3組に限らず、強力なデビューアルバムが連発でリリースされている2008年。
今週はついにThe WhipFOALSのデビューアルバムも到着!!
ちなみにCrystal Castlesは買ったけどまだ聴けていないので、気が向けばまた今度!!

ry01
ry01 CM(0) 

Blood Red Shoes ライブ
brs1

こんばんは、Zakです。
最近引越ししたんですが花粉がひどくて大変です。

渋谷クアトロで行われたBlood Red Shoesのライブに行って来ました。
昨年のBritish AnthemsはDaft Punkのせいでライブ行くお金なかったから初!
お客さんいっぱい。

ドラムのスティーブンは指揮者のようでした。
毎回演奏前に両腕を高くあげ、振り下ろすと同時に2人で一音目を鳴らす。
腕が円を描くようなドラミング。
客のほうを向きながら歌いかける。

ローラはどんなSガールかと思ったら、まばたきが多い静かな女の子でした。

なんでBlood Red Shoesが新鮮なのか考えてみる。
ずっとダウンピッキングで刻むギター。
16分のハイハット。4つ打ち。
このあたりはやはり2000年代的なサウンド。
しかし音の肉体感がすごい。
タムのたたきっぷりやギターの歪み。
ライブでも、とにかくタムの音圧がすさまじかった(ベースみたいだ)。
久々にこんなにタム使うバンド見ました。

Nirvanaやスマパンをフェイバリットにあげる彼らの音は、ラウド感はあるが、
「2人でやる」というルールのおかげでスマートに鳴らすことが出来ている。
それに加え、音の情報量ではなくて、エッジにこめる音圧で聴かせるという00年代的感覚を持っている。

あと思ったのは、セッション感を楽しんでるなってこと。
その辺がFoalsと仲が良い理由なのかな?
Blood Red ShoesもFoalsも、演奏する時メンバー同士の眼を合わせて音の頭を合わせるんだよね。
うーん、なんで他のバンドに辛口なBlood Red ShoesがFoalsを褒めるのか前から謎で・・・
(ちなみに、別にFoalsが嫌いなわけではありません、好きです)

話をBlood Red Shoesに戻して、他にライブで面白かったところは
・意外にもドラムパッドを使っていた!(SEやCLAP音を出すため)
・スティーブンのスティック吹っ飛びすぎ
・アンコールでは2人の楽器を交換してセッション(ギターもスティーブンのTシャツも赤いしWhite Stripesかっ)
・スティーブン、ラストの観客ダイブで結構ダメージ食らう
ところかな。
面白かったところっていうか、スティーブンの面白かったところか。


Blood Red Shoesの1stアルバム「Box Of Secrets」は絶賛発売中。
プロデューサーはArctic Monkeysの2ndを手がけたMike Crossey。
ギターの巻き弦のエッジを気持ちよく出せるプロデューサー。


Blood Red Shoes - I Wish I Was Someone Better
テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽
Zak CM(3) 

カモン ザ ビーチズ カモン!!
こんにちは、Zeldaです。

僕はTHE BEACHESというバンドが日本一好きです。

大学生になって上京してきた19歳の春に、日比谷野外音楽堂で彼らのライブを初めて観て以来、音楽観からファッションまでガラリと変えられてしまったバンドです。

ロックンロールキッズ一色だった僕を

「&ダンスピーポー」

にしてくれたバンドです。

そんな彼らは現在アメリカツアーの真っ最中で、彼らのサイトにライブレポートが載っているのですが

その写真を観ているだけでワクワクしてきます。

cambridge-thumb-400x300.jpg


真ん中のハットに赤いハイビスカスを咲かせた人が、僕に魔法をかけたヒサシ the KID。

きっと盛り上がったんでしょう。

手前の銀髪モヒカンの兄ちゃんの笑顔で分かります。(笑)

NY-thumb-400x300.jpg


彼らのことだからきっと、日本にもすごく良いバンドがいるってことをアメリカの一部に知らしめてきたことでしょう。

日本に帰ってきた彼らのライブを観るのが非常に楽しみです!!

まだライブを観たことがなかったら、是非生で彼らの熱を体感してみることをおすすめいたします。

GOODのイベントでビーチズのTシャツ着てる男がいたら高確率で僕です。

いままでのイベント、思ってみればいつもビーチズのTシャツでした。(笑)



Zelda the KID
未分類 CM(0) 

Coffee and the Singing girl!!!!!!
タイトルの通り今回は、休日にカフェでまったりお茶でもしながら聴きたい女性アーティストをピックアップ!!

p4535-mid.jpg
まずはイギリスはサウス・ロンドン出身、19歳の大型新人ADELEから。
自国メディアに「トラフィック・ストッパー(立ち止まらずにはいられない声)」と称される彼女は、「必ずヒットする」で評判のBBCラジオが選ぶ<Sound of 2008>に1位で選出されたことでも有名。
(ちなみに過去の1位はMIKACorinne Bailey Raeなど、鉄板な布陣!)
そんな彼女のデビューアルバム『19』が、先月XL Recordingsからついにリリースされた。
XLといえば、最近でもRADIOHEADCajun Dance PartyVampire WeekendTHE TEENAGERSといった実力派アーティストと続々サインを交わす名門レーベル。
(ちなみにティーンエイジャーズはサマソニに出る様子。MYSPACE参照)

ピアノ一台での弾き語りがメインの「HomeTown Glory」や、アコギ一本での「Daydreamer」、ヒップホップ調の「Cold Shoulder」、軽快なフレンチポップ風「Right as Rain」など、曲のバリエーションは豊かでも、基本的にバックの演奏はとにかく控えめ。
そのせいもあってか、この作品では彼女の歌声が前面に押し出されていて、たまに荒削りな部分も感じなくはないが、19歳らしくもあってそこがまた良い。SWEET 19 BLUESってか(今の若い子は知らないか)。
クスリやって更生施設入って「No~No~」言ってるAmy Winehouseはちょっと下品よね~って方には聴きやすくて良いのかも。
体型的には、ベス・ディットー>アデル>リリーアレン って感じ??

ADELE/Chasing Pavements




lykke-myspace-kop1.jpg
続いてはスウェーデンはストックホルム出身、Lykke Li
彼女の存在はGOOD DJsのasa君に勧めらて知ったのだけど、こんなのどこで見つけてきたのか、日本では見事に無名のシンガー(ソングライター?)。
名前も何て読めばいいのかさっぱりわかりません。リッケ・リ??
でも、自分が愛聴しているイタリアのインターネットラジオ<PIG RADIO>でも最近はよくかかるので、世界的に少しは盛り上がっているんでしょうか。
そして、これがまたどこで手に入れてきたかわからない彼女のデビューアルバム『Youth Novels』をasa君にもらい、聴いてみたらこれがビックリ、とても良い。
あまりにも彼女の情報が無いので詳しい事はわからないのだけど、例えて言うならスウェーデン版FEIST??
北欧ならではの土着的なフォークに、ほど良くエレクトロニクスを散りばめ、さらにそこに室内楽的なミニオーケストラの要素も加わり、かなり音楽的に豊かな内容。
「Dance Dance Dance」なんかはかなり理想的。この映像も面白いけど、MYSPACEで聴ける音源のほうには弦楽隊も加わっているので、是非そちらも聴いてもらいたいところ。間奏部部のアンサンブルがとにかく素敵です。北欧万歳。

Lykke Li/Dance Dance Dance




COCA-16075.jpg
そして日本からも、我らが前髪・オン・ザ・眉毛、クラムボンの原田郁子のソロ作品が4年振りにリリースされた。
初回限定でブックCDとなっている最新シングル『気配と余韻』での彼女の歌声は、やはり日本人による日本語の歌ということもあり、すぐに引き込まれる。
ビデオになっている「やわらかくて きもちいい風」は、とてもやさしい曲。

原田郁子/やわらかくて きもちいい風



久しぶりに彼女のソロデビュー曲「たのしそう かなしそう」を聴いたら、やばい、やっぱり超良い曲だ。
“眩しそうに目を伏せて 二人は名前を呼び合った 恥ずかしそうに笑う 君が私の未来よ”
って歌詞が素敵過ぎ。こっちの曲こそ必聴。素晴らしい。

原田郁子/たのしそう かなしそう




~番外編~
昨年大ヒットしたYUIの「CHE.R.RY」って曲があるじゃない?
曲自体はよくありそうなアメリカン・アイドルロックで、別に大したことないんだけど、コーラス部分の、
“恋しちゃったんだ たぶん気付いてないでしょう?”
ってフレーズがすごい好きで。
恋してる人は「てへっ☆」ってノロケて、恋してない人でも「もしかしてこれが恋!?☆☆」ってソワソワしちゃう、とにかくポジティブでハッピー、春風のような名フレーズだと自分は思っているけどね。

YUI/CHE.R.RY


でもまあ、自分が褒めるのはここまで。
この時期に電気グルーヴ曽我部恵一バンドをも差し置いてYUIを表紙にしちゃう<rockin’ on JAPAN>の気持ちは毛頭わかりません。
どれぐらい麻痺すればこういう雑誌が作れるのだろうか??


最近よく聴いているもの↓
ADELE『19』

ry01
ry01 CM(2) 

Too Young DJ's!!!!!!
画像 003
今日は、ついさっきまで渋谷のUNDERBARで行われていた、Too Young DJ'sの第二回目のパーティーに遊びに行ってきた!!

tooyoung2omote.jpg
tooyoung2.jpg
29029687_76.jpg
29029687_181.jpg


Too Young DJ'sとはその名の通り、なんと出演DJが全員10代という、鬼フレッシュなDJ集団によるパーティー。
12月に行われた前回のパーティーのフライヤーから引用すると、
「これは東京で最も、いや日本で、ひょっとしたら世界で一番フレッシュなパーティー!
若きDJたちによる、音楽を愛する全ての人達に向けた新世代パーティー」とのことで、
今回も最若手DJであるBAZZ君(18歳!高校卒業したばかり!!)をはじめ、先月代官山UNITで行われたGOOD ON THE DANCEFLOORとNiw! Recordsとのコラボレーションパーティー<Niw!Collection’08 spring>でもsaloonフロアにて出演してもらった、ddjjsのJUNiorこと淳君のDJも聴けたし、やはり10代ならではのエネルギッシュなパーティーだった!!

これは前回の様子↓


自分がエレクトロ音楽に初めて触れたのが、19歳のときに後追いで聴いたThe Chemical Brothersの『Surrender』だったことを考えると、10代でここまで意識的にエレクトロのパーティーを企画しているのは感服もの。
(自分が10代の頃はそんなキャパなかった!!)

Too Young DJ'sのブログもあるので要チェック!
http://tooyoungdjs.blogspot.com

ry01
ry01 CM(1) 

春ですね☆
playroom5[1]


先日、ラフォーレ原宿1F WALLにて郡司 侑祐さんのディスプレイ展示を拝見しました☆
すっごく素敵です!!!!HPでも作品がたくさん拝見出来てうれしいです!
でもやっぱり展示会に早く行きたい☆





未分類 CM(0) 

なかなかしぶといぜ!!98年世代!!
sayonara_sleeve.jpg
まずは、元NUMBER GIRLの中尾憲太郎が現在サポートベーシストとして参加するSPIRAL CHORDの話題から。
彼らの最新ミニ・アルバム『サ・ヨ・ナ・ラ・セ・カ・イ』が、新設レーベルCONTRAREDEから先週ついにリリースされたわけだけども、この作品の収録曲である「distance to substance」のミュージックビデオがかなり面白い。
カメラは固定で、同じ背景を使ってそこでただ人が好き勝手やっているだけという単純なアイデアでも、金をかけているんだかかけていないんだかよくわからない日本の売れ線J-POP、J-ROCKアーティストの予定調和なビデオよりも1000倍刺激的。
そして何より曲がカッコイイ。
ちなみにこのビデオの監督は、ファッション誌などで活躍するフォトグラファー、新田桂一氏。
ポロリもあるよ☆

SPIRAL CHORD/distance to substance


海外の多くのインディバンドなんかは、このビデオのようにアイデア一発勝負のものが多いけど(OK GO最高)、日本にももっとこういうビデオが増えれば刺激的なのになあ。



続いては、元SUPER CARの二人、ナカコーとフルカワミキの話題。

KSCL-1231.jpg
まず、ナカコーこと中村弘二のソロプロジェクト、iLLの2ndアルバム『Dead Wonderland』がなかなか良い内容。
一人エレクトロニクスで作り上げた前作『Sound by iLL』とは対称的に、昨年リリースされたシングル「Call My Name」で披露された<ナカコーの弾き語り+勝井祐二のヴァイオリン>というスタイルが基本となるこの作品は、ナカコーのヴェルヴェット・アンダーグラウンド愛がひしひしと伝わる、かなりオルタナティブな印象。
ヴァイオリンが加わることにより感じられる深いサウンドスケープからは、タイトルの通り「死せるワンダーランド」を想像させる。
一昨年の12月にリキッドルームで宇川直宏とのコラボレーションとして行われた【iLLusion by iLL】や、昨年のフジロックでのバンド形態でのエッジの効いたライブを観た人にとっては、もしかすると肩透かしな内容だったかもしれないが、現在のナカコーはバンドスタイルに切り替わっているそうなので、次回作が早速楽しみだ。
このビデオのようなスタイルで作ったアルバムを是非聴いてみたいところ。

iLL/flying sausor




BVCR-19114.jpg
同じく元SUPER CAR、フルカワミキの最新シングル「Candy Girl」も先日リリースされたばかり。
このシングルのリミキサー陣がTV on the RadioDaedelusという、なんともナイスな人選。こういったファンのツボを突くリミクスはなんとも嬉しいところ。
まあ、この曲のビデオがYOU TUBEに無かったので、かわいいミキちゃんの写真でこの場は許してください。

miki.jpg

※HPもとても可愛いんです
http://www.furukawamiki.jp



他にも今年になってリリースされたZAZEN BOYSのシングル「I Don’t Wanna Be With You」や、くるりの初のライブ盤『Philharmonic or die』もかなりの傑作だった。
98年世代のアーティストもなかなか手強い。簡単には引導を渡してくれないようだ。


といっても新しい時代は来るもので、昨日渋谷egg manで観たTHE MIRRAZVeni Vidi Viciousのスプリットツアー初日は、この2バンドはもちろん、対バンのhighered girl/QUATTRO/THE KOALAS、すべてが新らしい世代を感じさせる素晴らしい日だった。
特にTHE MIRRAZ/Veni Vidi Vicious/QUATTROはすごい。
メジャーに居座っては、毒にも薬にもならない作品(むしろ毒か)を撒き散らすそこらへんのつまらないギターバンドよりも、彼らのほうが断然かっこいいし健康的だ。
98年からすでに10年、何かが起こりそうな、昨日はそんな夜でした。
GOOD ON THE DANCEFLOORももちろんやることやります。

最近よく聴いているもの↓
THE MIRRAZ『be buriedalive』
THE MIRRAZ/ Veni Veni Vicious『NEW ROCK E.P』


ついに今週はLos Campesinos!Blood Red ShoesTHESE NEW PURITANSの記念すべきデビューアルバムが揃ってリリース!!こっちも事件です!!

ry01
ry01 CM(2) 

A Sweet Little Dis
事件である。すっかり乗り遅れてたがJAPANESE HIPHOP界で事件が起こってた。

事件の発端はB.I.G JOEのMY SPACEにて、2/25前後にTHA BLUE HERBのBOSS THE MCに対してのDISソング『UNTOLD STORY』が半日だけUPされ削除された、というもの。
それを歌を聴いたごく一部のリスナーが2chやmixiにて発表。
発端となった曲が消されているため、タダのデマ話だろうと言う憶測が飛び交い、BOSSからのアンサーが出るか否かで期待が高まった。

以下は2ちゃんで拾ったDISソングの歌詞(未完成のようだが。音源もどっかに落ちてないかな)
~~~~~
最初にまずお前に感謝しなきゃいけねぇよ
お前をしとめるチャンスをくれて、かたじけねぇ
手紙は受け取った
相変わらずだな
これが俺からの返答だ
元マイフレンド
お前は何もわかってねぇ
あの頃から
ないりすぎて脱毛症
すくってディプレッション新しいの?
鋭利な伊達に神を連れてな俺がいない間に大事な俺の後輩に近づいてんな
HIP HOPの雄は?ねだる阿保みてぇな
ホースに誰が本物のBOSSか教えてやる
これから札幌を歩けねぇようにしてやる
おかまの仲間に?おにあいだ
かたっぱしから手をつける悪いつけのやかん
こっちの世界に入れてやるがヘッヅのご機嫌をとるのは言語道断
???もできないの
シャバ僧ヤキいれるもみんなで分け合おう
札幌ギャングスタ達は振り向かんさ
だからお前のファンはのほとんどはオタクさ
トコナが牙剥いた時
お前びびってたな相当
やべえって顔してあわてて詫び入れた
お前のキンタマは食えぬマシュマロ
昔を思い出すボスティーノ俺は聞けるモスキートのようにお前をヒット
~~~~~~~

かなりキツイDISである。
もともと友達だったという二人の間に何があったのか。

この曲へのアンサーが先日、THA BLUE HERBのオフィシャルHPで毎月ILL-BOSSTINOが出してる「MONTHLY REPORT」で公開された。
詳細は↓で確認されたし。
http://www.tbhr.co.jp/jp/monthlyreport/index.html

私はBOSSのファンだし、B.I.G JOEのことは知らないので自然とBOSS寄りになってしまう。
それでもB.I.G JOEがDISソングを削除したあとにmyspaceにUPした『COME CLEAN』のリリックを聴く限り、何の理由もなくこんなDISを書くような人物とも思いにくい。
http://www.myspace.com/bigjoemjp

わからない。なにがあったのか。
なんかの誤解があったのなら、いつか解けて欲しい。

しかし、今はBOSSのショックの大きさを慮る。
「MONTHLY REPORT」はBOSSの苦しみが見えてちょっと泣きそうになった。
HIPHOPってのは、因果な商売だよなぁ。




レンタローさんの日記から抜粋させてもらいました。
ぼくも全くの同意見だったので。
レンタローさんありがとうございます
未分類 CM(0) 

アジカンを検証する
ASIAN KUNG-FU GENERATIONにとって4枚目のアルバム『ワールド ワールド ワールド』が先週ついにリリースされた。
この作品に対する評価は後で話すとして、これを機にアジカンというバンドを検証してみようと思う。


jacket_m.jpg
アジカンの歴史はまず遡ること2003年、彼らはミニアルバム『崩壊アンプリファー』でメジャーデビューをした。
ほど良く歪んだギターサウンドと、生々しく叫ぶヴォーカルがとても印象的だった。
1曲目「遥か彼方」で、
“偽ることに慣れた君の世界を塗りつぶすのさ白く、白く”
と高らかに宣誓する彼らは、非常に暑苦しくもあったが、そこには簡単には聴き流せない彼らの意思を感じた。
そしてこの宣誓は今後の彼らの大きなテーマとなる。

ちなみに、この頃の彼らのキャッチコピーは「新世代エモーショナル・ロック!!」といった感じで、ちょうどこの頃から日本でもエモという言葉が使われ始め、良いか悪いかは別として、今ではエモと呼ばれるジャンルが一般的に使われるようになっている。
アジカンが日本の音楽シーンに与えた影響その1。


jacket_m2.jpg
そして、その年の秋に初のフルアルバム『君繋ファイブエム』がリリースされる。
このアルバムを藤沢のタワーレコードで初めて聴いたときの興奮をよく憶えている。
どストレートなパワーコードで押し切るこのアルバムは、今となっては「WEEZERとASHとNUMBER GIRLを足した感じ」と形容できるが、当時軟派なメロコアばかりを聴いていた高校生の自分にとっては、とにかく新しかった。そして間違いなく彼らの歌には熱があった。
タイトルの「ファイブエム」というのは「5m」という距離を示していて、1stシングル「未来の破片」で“繋いでいたいよ”と歌うように、「君と僕の半径5mの繋がり」を基本とし、その位置から窺える現実と理想の境目を彼らなりに真っ直ぐに表現している。

自分がこのアルバムの中で特に好きなWEEZER風パワーポップナンバー「アンダースタンド」では、こういう歌詞がある。
“不安で泣いた君も、それアンダースタンド 刺さったそのトゲが抜けなくても
 塞いで泣いた日々も、それアンダースタンド 歪んだ日の君を捨てないでよ”
人間というものは、誰しもが落ち込んだり挫折したり、日々悩んだりするものだと思うのだけど、この曲で彼らは、切っても切り離せない自分の“陰”の部分を排除するのではなく、理解(アンダースタンド)して受け入れる、ということを歌っている。
多くのJ-POP、J-ROCKというものは、前向きな内容しか歌わない。自分の陰の部分を見て見ぬ振りをする。問題を対象としない。「N.G.S」の歌詞を引用するならば“存在、回答先延ばし”だ。
そんなの絶対に間違っていると思う。だから、アジカンがこの曲で歌う「陰の部分と向き合う」姿勢に対して、非常に共感が持てた。

同じく「君という花」の
“見え透いたフォームの絶望で空回る心がループした 何気なく何となく進む淀みあるストーリー
 いつだって何かを失って その度に僕らは今日を知る 意味も無く何となく進む淀みあるストーリー”
という歌詞も非常にうまい。
ちなみに、ハイハットの裏打ちとキックの4つ打ちというドラムのリズムパターンは、この曲をきっかけに、下北沢で活動をするバンドを中心として一気に日本に広がっていくことになる。アジカンが日本の音楽シーンに与えた影響その2。
以来、「なんか踊れる」というよくわからない意思のもと、このリズムパターンはアマチュアバンドからメジャーバンド、はたまたアイドルの曲なんかにも多く使われるようになった。今でいう「ダンスロック」的なものだろうか。しかし、その多くに特に意味は感じられない。みんな、あまりにもリズムに無関心だ。

ASIAN KUNG-FU GENERATION/君という花



そして04年、2ndアルバムに先駆けてリリースされた「サイレン」は、
“鳴り止まぬ君のサイレン 開いてよ”と、“君”へと手を差し伸べる姿を歌う男性サイドの「サイレン」と、
“あなたに出会ったその理由もわからないまま世界が終わる”と、“あなた”の手を振り払う諦めの様相を歌う女性サイドの「サイレン」という、曲は同じでも歌詞が違う2曲が混在するコンセプチュアルな内容で、非常に良く出来たシングルであった。

jacket_m3.jpg
その後、彼らは自主企画“NANO-MUGEN FES.”を日本武道館で行った後、2ndアルバム『ソルファ』をリリースする。
「君と僕の繋がり」から「現実と理想の境目」を表現する手法は前作と変わらないが、この作品は最終曲「ループ&ループ」に尽きる。
この曲も相変わらずのWEEZER風パワーポップなわけだが、ハツラツとしたサウンドに乗って歌われる、
“所詮突き刺して彷徨って塗りつぶす君の今日も つまりエンド&スタート 積み上げる弱い魔法
 由縁失って彷徨って垂れ流す僕の今日を 走り出すエンドロール つまらないイメージを壊せ そうさ”
という歌詞がとにかく素晴らしい。
明日が見えないまま彷徨う僕らの“今”を走り出させる、ポジティブなエネルギーに溢れた1曲。
このコーラス部分手前の
“君と僕で絡まって繋ぐ未来 最終的なその先を担う世代
 僕が描いたその影に君の未来は霞んでしまった?”
という歌詞も小気味よいメロディに旨く乗っていて素晴らしい。

ASIAN KUNG-FU GENERATION/ループ&ループ



翌年05年には、自主企画“NANO-MUGEN FES.”の会場を横浜アリーナに移し、海外からASHやDOGS DIE IN HOT CARSを招き2ステージ制でライブを行うという、バンド主導によるフェスティバルを開催し、出演バンドでコンピレーションCDを作るなど、彼らはリスナーに対して音楽への関心を広げさせることに手を惜しまなかった。


jacket_m4.jpg
そうして06年、3rdアルバム『ファンクラブ』をリリースする。
この作品では、冒頭の「暗号のワルツ」のような、ドラムのリズムが4分の4拍子で進み、歌のメロディとその他の楽器が4分の3拍子で進むという複雑に構成された1曲が代表されるように、過去2作品に比べて、明らかにリズムに工夫がある曲が多かった。
それは彼らなりの混沌を現すのか、この作品はどこか閉鎖的ではあるが、それでも広い世界に憧れを抱く、そんな引き籠り的心理が、歌でもサウンドでもうまく表現されている。
パワーポップを基調としてきた彼らにとって、この進化は非常に大きなステップでもあった。

そして同じ年、彼らは初のアリーナツアーを慣行する。
このツアーは「なるべく大きな会場でなるべく多くの人にライブを観てもらい、生で感じてもらう」という大きな意思を反映させていた。
多くの人気バンドの大体は、渋谷AXやゼップ東京で1日か2日ライブを行って、チケットが買えなかった人はまた今度、というものだが、実際は限られたチケットというのは毎回ライブに通い詰める熱狂的ファンが買い占めてしまうもので、新規のファンや、「ちょっと観に行ってみたいかも」と考えるファンにとってはチケットが買いたくてもなかなか買えない、というのが実情であった。
しかし彼らはそれを打破する為に、関東だけでも横浜アリーナ2日間と幕張メッセ2日間という、かなり大きめの会場で日にちも多めに取ってツアーを行った。
実際にほとんどの会場のチケットはソールドアウトすることはなかったが、その分多くのファンが実際に彼らのライブを観ることができたはずだ。この功績は大きいと思うし、音楽への関心を広げさせるため、ひいては日本の音楽シーンを良い方向に育てるためにも、勇気ある行動だったと思う。
“NANO-MUGEN FES.”などを始め、彼らのアティチュードには本当に感心させられる。

そして06年の終わり、松本大洋原作『鉄コン筋クリート』の映画版主題歌のために書き下ろしたシングル「或る街の群青」をリリースする。
この曲はこれまでのアジカンの集大成といっても過言ではない。
街の雑踏音で幕を開け、ゆったりとしたリズムから歌に入り、歪んだギターリフを境に急激に景色が変わり、早足で世界が動き出す。
原作から引用すると、混沌とした宝町でのクロとシロの日常を切り取ったかのような、原作へのリスペクトがはっきりと現れた傑作曲だ。
“まだ覚めない夢が枕元で僕にタッチした 朝の匂い 街が動き出す 画面の天気予報”
“日々に願い 求め奪い合って世界はダッチロール 巡り合い触れる君の全ては僕の愛の魔法”
“異次元ヲ回遊 青ク深イヨル セカイヲカエヨウ ソコカラナニガミエル?” 
といった想像力をかき立てる抽象的な歌詞の表現が絶妙。後藤正文はよく勉強していると思う。

ASIAN KUNG-FU GENERATION/或る街の群青



jacket_m5.jpg
そして前作『ファンクラブ』から2年、ようやく彼らの最新アルバム『ワールド ワールド ワールド』が先週リリースされたというわけだ。
まず最初にはっきり言っておこう。この作品は彼らにとってキャリア初の失敗作だ。
前作の音楽的挑戦は影を潜め、原点回帰とでも言いたいのか、シンプルなビートの曲がほとんどで、かなり肩透かしな内容。BPMもやたら早い。これでは4年前のストレイテナーである。(最も、今のストレイテナーも酷いが)
何を今更こんなことをやっているのか、さっぱりわからない。これでは多くの日本の日和ったギターロックバンドと大差がない。とにかく最悪だ。
そして歌詞の部分でも「或る街の群青」で見せた抽象的な表現のほとんどがなくなり、より直接的な表現になってしまった。
先行シングル「転がる岩、君に朝が降る」では、
“出来れば世界を僕は塗り替えたい 戦争をなくすような大逸れたことじゃない だけどちょっとそれもあるよな”
と歌っている。
直接的な表現が悪いとは言わないが、正直そんな回りくどい言い方で12小節も使って欲しくない。

ASIAN KUNG-FU GENERATION/転がる岩、君に朝が降る
(この曲はメロディーは良いが、曲は大したことない)


同じく最終曲「新しい世界」の、
“大声で叫べばロックンロールなんだろう? そんなクソみたいな話ならもうたくさんだよ
それが何なのかなんてどうだって良いから 目の前の景色を全部塗り替えるのさ”
という歌詞からも、特に頼もしさは感じられない。
(やはり日本語で直接的な表現をすると、どうしてもGReeeeNのような短絡的な表現になってしまうのだろうか)

とてもじゃないが、どう甘く見積もってもこの作品のことは良いとは言えない。
むしろ先にも言ったとおり、これは明らかに失敗作だ。
自分はこの最新作を試聴をしないで買ってしまったことを後悔している。なんでこんな作品に3,000円も払ってしまったのか。

自分は、この作品に関して「最高傑作!!」などと煽っている雑誌の気持ちが本当にわからない。
最新号で彼らを表紙にした<ROCKIN’ ON JAPAN>も、「大傑作!!全曲解説!!」などと言っている<MUSICA>も、もはや信用に値しない雑誌だ。
(JAPAN は前から、MUSICAは鹿野さんは大好きなんだけどね)
レーベルからお金をもらって記事を書いているからかもしれないが、作品単位で評価できない人が多過ぎる。前作が良かったから最新作はもっと高評価しなければいけないだなんて、そんな決まりはないはずだ。誉めることしかできないのだとしたら、お金を積んだもの勝ちになってしまう。
雑誌関係者の人達は、良い音楽を広めたくて音楽雑誌を作っているのだろうけど、こんな失敗作のためにページを使って評価することで他の良い作品が埋もれてしまっているのだとしたら、それでは元も子もない。
結果的にあんたらが日本の音楽シーンの活性化に歯止めをかけ、成長を悪くさせている。これは間違いない。
今のBUMP OF CHIKENなんかを表紙にしていいわけがないだろう。リスナーが勘違いするだけだ。

そしてアジカンもアジカンだ。なんだか随分バンドの状態がいいようだが(一応<ROCKIN’ ON JAPAN>のインタビューを読んだ)、こんな中途半端な作品を作って許されると思うなよ。
君らを正当に評価できている人物は君らの周りにはいないはずだ。


と随分長くなってしまったが、そういうことだ。
今回のアジカンの新作に対して、各音楽雑誌の評価にはさすがに我慢ならなかったので、わざわざここまで長文になってしまったが、それでも書いた。
きっと誰かが書かなければいけないことだと思ったから。
こちとら、最近のチャットモンチーにも、syrup 16gのラストアルバムにも心底ガッカリさせられているんだ。
もちろん、これでアジカンがどうでも良いバンドに仲間入りしてしまうことを望んでいるわけではない。
これでも自分は、彼らが良い作品を引っさげてまた帰って来てくれることを期待しているんだ。頼むよ、本当に。


しかしアレだ、ブログは自由に書けるから楽しいね。


最近よく聴いているもの↓
ASIAN KUNG-FU GENERATION『ワールド ワールド ワールド』
(一応、ね)

ry01
ry01 CM(1) 

カバーカバーカバー
■Shugo Tokumaru - Young Folks (Peter Bjorn And John cover)

mp3(直リン)
http://myspace.com/shugotokumaru
おーさむ!原曲よりこっちのが好き。


■Mobius Band - Digital Love (Daft Punk Cover)

http://www.myspace.com/mobiusband
デジタルラブなのにアコースティック。この曲含めた6曲入りカバーEPが↓でフリーダウンロードできます。
http://www.mobiusband.com/vday/


■of Montreal - JIMMY (M.I.A. cover)

http://www.myspace.com/ofmontreal
おやすみ前用のじみー。


■Hello by Yuri's Nominee (Flipper's Guitar cover)

http://www.myspace.com/yurinomi
タイのインディーバンド

asa
未分類 CM(0) 

NCC & White Scooper LIVE REPORT!!!!!!
画像 006

一昨日、昨日と続いた、GOOD ON THE DANCEFLOOR Bandsのライブレポート!!

まずは6日に渋谷LOOPで行われた、
日本のUFFIEことchickと、同じく日本のdj gorkyことZakの二人から成る、
NCCの最新ライブ映像をアップ!!
この日はギターとシンセサイザーを導入してのライブセット!!

NCC@LOOP(play the “hail candy”. music by chick)

シンプルなギターリフと、ドロっとしたメロディが印象的!!


NCC@LOOP(play the “Super Tuesday” . music by Zak)

これは時事問題!?振り付けを覚えてNCCのライブへ繰り出そう!!

GOOD ON THE DANCEFLOORのイベントで2回観たライブに比べ、生音を積極的に増やしたり、さらにバンドとしていろいろな可能性が垣間見えたライブでした。
俺から言わせれば、いつアルバムを出すかもわからないUFFIEを待つより、日本のNCCを取るね、絶対。

NCC(Nu clear classmate)
■MYSPACE
http://www.myspace.com/nuclearclassmate
■mixiコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2880626
■NCCのchick&zakがパーソナリティのインターネットラジオ“Nu Radio Night”
http://nuradionight.blogspot.com

※ちなみに一番上で引き合いに出したdj gorky率いるBonde Do Roleは、脱退したヴォーカルMarinaを埋める新メンバーとして、MTV協力のオーディションで残ったlauraとanaという女性二人が新ヴォーカルとして正式加入したそう。彼らのMYSPACEで最新のアーティスト写真が見れます。



そして7日の昨日、
下北沢ERAで行われたWhite Scooperのライブ映像もバッチリ収めてきました!!

White Scooper@ERA(play the “Nightrum”)

冒頭の某有名リミクスのサンプリングは、知ってる人はニヤリでしょう!!

そしてついに音源制作期間に突入したWhite Scooper!!上にアップした”Nightrum”も収録されるとの噂。
首を長くしてお待ちしましょー!!

White Scooper
■MYSPACE
http://www.myspace.com/whitescooper
■mixiコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2354856



話は変わって、GOOD ON THE DANCEFLOORブログに、
先日のsaloonでのパーティーにDJで出演して頂いたJUNior君が組んでいる二人組DJユニット、ddjjsの相方であるNori君が書いている「NO FEAR」というブログがリンクに加わりました!!(ページ左側、8個目の白枠内にあるリンクから飛べます)
彼は現在ロンドンへ留学中なので、向こうでのライブ写真やDJイベントの写真が多くアップされているので要チェック!!
最新の記事ではKITSUNEとDAFT PUNKからお墨付きのCazalsのライブ写真がアップされています!!

NO FEAR
http://djfunclub.blogspot.com/



最近よく聴いているもの↓
Autechre『Quaristice』
CM-0019817.jpg

今回もすごいぜオウテカ。こりゃ年間ベスト級だぜオウテカ。素晴らしい。
Aphex twinやSquarepusherが代表されるWARP勢、そして日本だとCorneliusレイハラカミなんかは、一音一音が遊び心に溢れていて聴いていて楽しい。
音楽に全く興味がない人がRADIOHEADをいきなり聴いても良さを理解しづらいかもしれないけど、彼らの音には想像力があるので、純粋に音そのものが楽しい。
空き缶を転がして、カラコロ鳴った音がなんか気持ちいい、そんな感じ。
俺の持論は、「音を楽しむと書いて“音楽”」ではなく、「音は楽しいと書いて“音楽”」ですから。
あんたが楽しむか楽しまないかなんて知ったこっちゃない。
音そのものが楽しいものなんだぜ。

ry01
ry01 CM(2) 

LIVE!
今日明日!

3/6(木)Nu clear classmate @渋谷LIVE HOUSE LOOP
出演18:30~
前売り2,000yen
http://www.live-loop.com/

3/7(金) White Scooper @下北沢ERA
前売り1,800yen
http://www.rinkydinkstudio.com/live/era/

チケット予約はこちら↓
info@goodonthedancefloor.com
ブログ横にあるフォームからもチケット予約ができます。

come come !

Zak
Zak CM(0) 

DVNO
■Justice - DVNO

ニュープロモ!

■Rihanna VS Klaxons (LIVE)

どうなのこれ

■My Bloody Valentine - You Made Me Realize

フジロック出演アーティスト第1弾発表!MY BLOODY VALENTINE他
やっほーい!

asa




未分類 CM(3) 

ASH STARTED A FIRE!!!!!!
いよいよ明日から、ASHのジャパンツアーがキックオフ!!
昨年のフジロック出演に続く、単独公演としては05年以来となる待望の再来日!!

まずASHというバンドを早足で説明すると、出身はイギリスは北アイルランド、元々はスリーピースのパワーポップ・バンドであり、10代の内にリリースしたメジャーデビュー作『1977』でイギリスのアルバムチャート1位を獲得という、華々しいデビュー街道を突き進んできた彼らは、後に紅一点のギタリスト、シャーロット・ハザレイがメンバーに加入し、98年『NU-CLEAR SOUNDS』、01年『FREE ALL ANGELS』とリリースを重ね、イギリスでも日本でも不動の地位を確立してきた。
って、早足過ぎたかな。ここからはちゃんと説明するよ。

そして04年リリースの4作目『MELTDOWN』では、ヘヴィなサウンドに身を包みつつも、持ち前のソングライティングセンスを披露。しかし本国イギリスでの評価はイマイチ。うーん、すごい良い作品なんだけどなあ。
この作品収録の「ORPHEUS」は、シャーロット姉さん在籍時(このアルバムを最後に脱退、現在ソロ活動中)のASH完璧ソングの一つ。
一連のへヴィなギターフレーズ、曲の構成、そして何と言っても歌のメロディが完璧過ぎ。
自分は05年の来日公演時にこの曲で3回ダイヴしてしまったほど、高揚させられっ放しのハイパーアンセム。
去年のフジロックのときだって、この曲のブリッジ部分から徐々に盛り上がっていく展開で、、自分と一緒にモッシュピットを作り上げた見ず知らずの貴方、俺は貴方の顔を今でもよく憶えているぜ!!
ほら、水色のカッパを着て暴れていたのは俺だよ!!

“I need sunshine in the morning.(僕には朝の光が必要だ)”という歌詞も、いつだって光を渇望して彷徨っている俺達のことを歌っているわけだ。
そうさ、誰だって光に手を伸ばしては掴み損ねて、でもそれでも手を伸ばすもの。
だから自分はこの曲を聴く度にとても感動してしまう。

ASH/ORPHEUS



そして前述した通り、紅一点ギタリストであったシャーロットの脱退を経てデビュー当時の3ピースに戻った彼らは、5作目『TWILIGHT OF THE INNOCENTS』を昨年リリースした。
このアルバムタイトルが示す通り、そしてシングルカットされた「Polaris」で“for the innocence, we lost will not return.(僕達が失った純真無垢はもう戻ってこないから)”とティムが歌うように、この作品からは失ってしまった何かに対する、どこか後ろ髪を引かれる想いを感じさせる。
まあ、人生に後悔はつきもの。二つのうち一つを選ばなければいけないとして、どちらを選んでも後になって後悔してしまうことは良くある話。
しかし、だからと言ってその後悔に浸るのではなく、彼らの音楽にはそこを一点突破するエネルギーが満ち溢れている。
泣き虫の男の子が振り返りながらでも前を向いて歩き続ける、そんな力強さが彼らにはある。

このアルバムのタイトルでもある最終曲「TWILIGHT OF THE INNOCENTS」では、“I'm still breathing, my heart’s still beating.(僕はまだ息をしている 僕の心臓はまだ脈を打っている)”という弱々しい呟きが徐々に叫びに変わる、壮大な一曲。
この曲を前にすると、様式美に塗れたMUSEが如何にフェイクな存在かが良くわかる。
(MUSE好きな人はごめんよ。これでも俺だって、彼らのライブは凄いと思っているんだぜ、ライブは)
昨年のフジロックでのホワイトステージでの彼らのライブでも、最終曲として演奏したこの曲は本当に素晴らしかった。
入場規制がかかるほどのオーディエンスの期待に応えた、そしてずっとASHを大切に想っていた自分にとっても非常に感慨深いステージだったよ。

ASH/TWILIGHT OF THE INNOCENTS



そして08年、彼らは再び日本に戻って来る。
今回のツアーには自分は行くことは出来ないけど、きっと今回も彼らは素晴らしいステージを魅せてくれるはずだよ。

ASH JAPAN TOUR 2008
03/04 東京都 Shibuya O-EAST
03/05 東京都 Shibuya O-EAST
03/08 福岡県 DRUM LOGOS
03/09 広島県 Hiroshima CLUB QUATTRO
03/10 大阪府 Namba HATCH
03/11 愛知県 Nagoya CLUB QUATTRO
03/13 北海道 JASMAC PLAZA ZANADU
03/14 新潟県 Niigata LOTS
その他の詳細はコチラ


ry01
ry01 CM(0) 

続・ハーモニーとはなんぞや?
Quest.jpg


というわけで今回はSPECIAL OTHERSの話題。

横浜出身の4人組インスト・ジャムバンドである彼らの、2月にリリースされたメジャー2作目のアルバム『QUEST』がとっても良い内容。

初めに断っておくと、基本的に自分はインストのジャムバンドが苦手だ。
理由は簡単、退屈だから。
よくあるジャムバンドの多くは、ある程度プレイヤーの腕があれば「まあこれぐらい出来るわな」というか「てか、人に聴かせるほどではないわな」的な、ほとんど予定調和の世界で演奏をしているので、そういうバンドには特に興味が無い。
スタジオでやっていておくれ、と言いたくなる。
だってあんなの、ずっと練習していればきっと誰にでも出来るようになるよ。
まあ、大抵みんな演奏は上手だから、その場ではそれなりに聴いてて楽しめるのだけど、家に帰ってCDで聴くかって言われると、うーん、聴かないなあ。もっと他のものを聴くために時間を割きたいもの。
ちなみに、これはインストバンドの多くに言えること。インスト・ポストロックとか、ほとんどのバンドがマジでキツイ。取るに足らない。

そんな中、なんでSPECIAL OTHERSが良いのかというと、彼らは楽器を弾く歓びが音に滲み出てるから、好き。
プレイヤー自身が楽しむこと、そして何より聴くものを楽しませること、つまりは歓びをシェアしようという意識。
彼らの音楽には言葉を持たずとも、それが乗り移っている。
だから、彼らの奏でる一音一音には意味がある。
それは聴くものにも本能的に作用するらしく、だから彼らは多くのインストバンドの中でも抜きん出て人気があるし、SOMMER SONICやROCK IN JAPAN FES.のようなロックリスナー向けのイベントでの盛り上がりはもちろん、大型野外レイヴイベントMETAMORPHOSEのようなクラバー向けのイベントにも歓迎されたり、ジャンルを横断して彼らの音楽は愛されている。

そしてこの作品では、音楽的な挑戦も忘れていなかった。
例に出すと、冒頭の「Night Paradise」や7曲目「APOLLO」のように、韓国の大衆音楽であるポンチャックに影響されたのではないかと思わしき曲もある。
あ、でも間違っていたらごめん。そこらへんは、うちのSAFARIlemontuneが韓国出身だから、彼女に聞いたほうが早いかな。
(ちなみに自分の知るポンチャックは、ドリルンベースにフリージャズの要素を取り入れたことでもお馴染み、Squarepusherなんかにもかなり影響を与えてると思うのだけど)
まあどちらにせよ、この2曲はかなりハイ。お祭りポンチャック。

iTunes Music Storeにて先行配信されていた「Laurentech」なんかは、彼らなりのポストロックでしょう。
控えめのアレンジと、各楽器のアンサンブルがとても心地良い。
彼らの曲と共に世界旅行に行くことができたら、きっといろんな景色に溶け込んでくれそう。ピース。

SPECIAL OTHERS /Laurentech




個人的に、今年のフジロックで最も「観たいなー」って思えるのは、オアシスの様なわかりやすいギターバンドではなく、じつは彼らだったりする。
だって、彼らのライブは本当に素晴らしいんだよ。
快晴の天気の真昼間のホワイトステージで、ビール片手にこの曲でゆらゆら踊りたいものです。

SPECIAL OTHER/AIMS



最近よく聴いているもの↓
SPECIAL OTHERS『QUEST』

ry01
ry01 CM(0) 

DEATH PROOF
img3_1188274916.jpg


DEATH PROOFのDVDが発売されました。
ですが、3月末に6枚組みのBOXセットが発売されます!!!
なんとUS版が観れるのです!これは買いですね。

April March - Chick Habit


未分類 CM(0) 


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。