GOOD ON THE DANCEFLOOR

GOOD ON THE DANCEFLOOR
OFFICIAL
Twitter
MySpace(Label)

レーベル/パーティ"GOOD ON THE DANCEFLOOR"のオフィシャル・ブログです。

[ABOUT US]
東京発のレーベル/パーティ。Arctic Monkeysの曲名から名づけられたこの集団は、上の世代には持ち得ない、自らの世代ならではの感覚を証明することを目的として、2007年6月に結成。バンド/DJ/デザイナー/ライター/フォトグラファーなど、現在複数のメンバーによって構成されている。個々での活動に加え、GOOD ON THE DANCEFLOORとしてもイヴェントやパーティーを不定期に開催。2009年秋にはレーベル初のコンピレーションCD『ALT A NATIVE SYNDICATE』をリリースし、国内をはじめ、北米/欧/豪にも配信リリースしている。

contact me :P
info@goodonthedancefloor.com

[NEWS]
2009年9月にリリースされ、日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、熱心な海外インディ・リスナーから、国内新世代インディ・バンド・ファンまで、多方面から絶賛の声を浴びた、東京の新世代レーベル"GOOD ON THE DANCEFLOOR"による、今後活躍が期待される新型バンドを集結させたコンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』。紅一点として参加したNu clear classmateが待望の単独作を遂にリリース!
------------------------------------------------------------
USインディ新世代と共振するサウンドに、コケティッシュな女性ヴォーカルを乗せた、日本発のキッチュな個性。この最新EPでは、Washed OutなどのGlo-Fi、Nite Jewelらが牽引するインディ・シンセ・ディスコ、そして時流のエレクトロ・ポップなどを、軽やかに横断している。わずか半年ほど前にリリースされたレーベル・コンピ収録曲と比べると、目が覚めるほどの音楽的な飛躍ぶり。ただ今メキメキと成長中の新世代二人組に、ぜひ注目を!
-小林祥晴-
------------------------------------------------------------
失礼を承知で正直に言うと、彼女たちがここまでの作品を仕上げてくるとは全く思っていませんでした。日々から逃げ出したい気持ち、マリア様に包まれてただただ安らかに眠っていたいという欲望と、それが叶わざる願いであることが転化した、やすりのような手触りの不機嫌な殺気。2010年に生きていく感覚そのままの音楽です。
-田中亮太(JET SET KYOTO/mogran'BAR)-
------------------------------------------------------------
Nu clear classmate 『Lick The Star』
2010/04/16 ON SALE
GOOD-1002 / including 5 songs 1,300yen (tax out)
1. Blank World
2. Causeless Pain
3. The Nearest Faraway
4. I Know I Know
5. I Leave The Parade Wearing A Dress

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

[NEXT PARTY]
????????????

全ての公演のチケットは予約を受付けております(一部除く)。
予約をご希望される場合は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります。
下記のチケット予約フォームからもお気軽にご予約が可能です↓↓↓


[RELEASE INFORMATION]
【GOOD ON THE DANCEFLOOR】のレーベル部門が、新たに【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】として始動!!!!!! 記念すべき第一弾リリースとして、初のレーベル・コンピレーションCDを2009年9月25日にリリース!!
------------------------------------------------------------
海の向こうの同世代へのシンパシーと、隣り合う君とのディスコミュニケーション。2つの同時代性の狭間で軋む音、火花。青く、眩しい。
-田中亮太 (CLUB SNOOZER / JET SET)-
------------------------------------------------------------
世界と同感覚で進行中の東京インディー・シーンをリアルに感じられる、グッド・コンピレーション! この衝動と感覚を忘れずに、リリースを続けてくれることを期待しています!
-JUN (80kidz)-
------------------------------------------------------------
GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK compilation
V.A. 『ALT A NATIVE SYNDICATE』
2009/09/25 ON SALE
GOOD-1001 / including 10 songs 1,800yen (tax out)
1. To Pieces / AAPS
2. Spin of School / Nu clear classmate
3. Social Evils and a Potato [Hamon Mix] / The New House
4. Jr. / White Scooper
5. Marble Nuts / Nu clear classmate
6. Tailors of OZ / AAPS
7. Up Bends / White Scooper
8. Pale Boy / The New House
9. Marble Nuts [Bamian Remix] / Nu clear classmate
10. Up Bends [Lapin Remix] / White Scooper

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

White Scooper 1st CD 『Thousand Valleys』
2008/06/10 ON SALE
GOOD-001 / including 7 songs 500yen (tax out)
1. C.Farmeres
2. Behind The Lights
3. Ya Ya Ya
4. Proco
5. Vigger
6. Nightram
7. Mornin' Giraffe
Art work by SAFARI.

取り扱い店舗
■JET SET (京都/下北沢)
【HP】【地図】【WEB通販】
■disk union各店
お茶の水駅前店、神保町店、新宿本館B1、下北沢店、吉祥寺店、
中野店、国立駅前店、池袋店、町田店、淵野辺店、稲田堤店、
横浜関内店、横浜西口店、津田沼店、千葉店、柏店
【HP】【店舗一覧】
■Sunrain Records (高円寺)
【HP】【地図】【WEB通販】

チケット予約フォーム
こちらでGOOD ON THE DANCEFLOORの各イベントのチケット予約が出来ます。ご利用ください。

名前:
メールアドレス:
日にち/イベント名:
枚数(質問などもどうぞ):

ブログ内検索
QRコード
QRコード
検索用

we love

!!! 1965 2 Many DJs 24Hour Party People 80kidz 8otto 100s Abake Abraham Cross Adam Sky Adel Air Akufen Alan Ball Air France The Album Leaf Alter Ego Altz Alphabeat Alloverallareover American Amy Winehouse Apparel Anavan ANDREA CREWS Andrew Kendall Andy Warhol Animal Collective Anna Tsuchiya Annie Aphex Twin The Apples In Stereo The Arcade Fire Arctic Monkeys Art-School Asian Dub Foundation Asian Kung-Fu Generation Ash A Sunny Day In Glasgow Atlas Sound At The Drive-In Audion Au Revoir Simone Aus Autechre The Avalanches Avengers In Sci-Fi badly drawn boy Back Drop Bomb Babyshambles Bamian The Band Apart Bang Gang Deejays Basement Jaxx Battles The Bawdies The Beach Boys Beastie Boys The Beatles Beck Beirut Belle & Sebastian Ben Folds Five Benga Ben Sharn Bernhard Willhelm Best Fwends Biff Bang Pow! Big Star The Birthday Bishi Bjork The Black Ghosts Black Kids Black Rebel Motorcycle Club Blast Head Bloc Party Bloodcat Love Blood Red Shoes Blood Thirsty Butchers Tha Blue Herb Blur Boards Of Canada Bonde do Role Bonjour Records Boom Boom Satellites Boredoms Born Ruffians Boys Noize The Boy Least Likely To The Bravery Breakfast Brian Jonestown Massacre The Brixton Academy Broken Social Scene The Buffalo Bunch The Bumblebeez Bump Of Chicken Buraka Som Sistema Burial Bushmind The Buzzcocks Bright Eyes British Sea Power Busy P Cabanne Cajuan Cajun Dance Party Calvin Harris Camera Obscura Cansei De Ser Sexy The Capes Cassette Playa Cat Power Cazals Chaki The Charlatans The Checks Chemical Brothers Chicks On Speed Chris Cunningham Christian Joy Chromeo C.I.A. Cibo Matto The Cigavettes Citizen Clammbon Clap Your Hands Say Yeah Clark Clarky Cat Chim↑Pom The Clash Coachella Coburn Cocorosie Coldcut Cold War Kids Colette Comanechi Comeback My Daughters Converge Corinne Bailey Rae Cornelius Cornershop Cosmic Wonder Cosmo Vitelli Chairlift The Coral Crackhaus The Cribs Creation Records Cristal Castles Crookers CSS Cubismo Grafico Cubismo Grafico Five The Cure Cut Copy DaDa KingZ Dada Life Daedelus Daft Punk Daggers Damien Hirst Dandi Wind Dan Le Sac vs Scroobius Pip Darek Darkel Darren Emerson Datarock Dandy Warhols David Fincher David Lynch David Sylvian Ddjjs Dead Disco Death From Above 1979 Death In Vegas The Death Set De De Mouse Deep Dish De La Soul Delta Sonic The Departure Derrick May Devendra Banhart DFA Diane Arbus Dick Bruna Digitalism Dinosaur Jr Diplo Dirty Pretty Things Dirty Projectors Disco Drive Disco Teenage Kicks Disco Twins Dizzie Rascal Dj Baku Dj Hikaru Dj Kentaro Dj Mehdi Dj Nobu Does It Offend You, Yeah ? Domino Doopees Doping Panda Douglas Coupland Doves Dreadeye Dreamburger Drocie Dubsided Duffy Eater ECD Echo & The Bunnymen ED Banger Editors Edward Gorey Eight Legs Electric President Electrocute Elmo El Presidente Ellegarden Elliott Smith Eminem The Enemy Enlightenment Erase Errata Erol Alkan Exlovers Escalator Records Esg Everybody Else Excuse Me Factory The Faint Fancy Him Fantastic Plastic Machine Fatboy Slim The Feeling Feist Find Gask The Fits The Flamin Lips Flipper's Guitar Fischerspooner Fishmans Fountain Of Wayne First Aid Kit Foals Foreignland Four Tet Fox N' Wolf France Gall Frank Owen Gehry Franz Ferdinand The Fratellis Friendly Fires Fred PEerry The Free Design Freeform Five Fuck Buttons Fuji Rock Festival The Futureheads Future Terror Gang Of 4 Ganban Night Gangway Gas Book Georgie James George Harrison Gildas & Masaya Glass Candy Glastonbury Festival Glasvegas The Glimmers Gnarls Barkley Going Steady Goldfrapp The Good Life The Good,The Bad And The Queen Goose Gorillaz Golden Silvers The Gossip The Go! Team Graham Coxon Green Day Grind House Group Inou Group Of People Guns N' Bombs Hadouken ! Hal Happy Mondays Hard-Fi Hard To Explain Headman The Heavy Henry Darger Henrik Vibskov Herbert Hercules and Loveaffair Herve Hi-Standard The Hives The Holloways Holy Hail The Hoosiers The Horrors Hot Chip Hot Gossip Hot Hot Heat House of Holland i-D Idlewild iLL I Love You But I've Chosen Darkness I'm From Barcelona In Corridors Individual Orchestra Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin The Infadels InK Institubes Interpol i-WARP Jack Kerouac Jack Penate Jackson And His Computer Band Jacques Tati The Jam James Ford James Holden James Jarvis Jamie Lidell Jan Svankmajer Jay-Z Jean Luc Chainsaw Jeff Mills Jence Jerry Jesse Rose Jet Jimmmy Eat World Joakim Joanna Newsom John Lennon Johnny Boy Johnny Foreigner The Jesus & Mary Chain Johann Johannsson Joy Division Julie Verhoeven Junior Senior Justice KAFKA Kaiser Chiefs Kanye West Kap10Kurt Karafuto Kate Nash Kathy Kavinsky Koko Von Napoo KAWS The Kbc Ken Ishii Ken Yokoyama Keith Kerrier District The Killers The Kills Kings Of Convenience Kings Of Leon Kim Kitsune Klanguage Klaxons The KLF The Knife The Kooks Kraftwerk Kris Menace Kunoku Ladyhawke Lady Sovereign Larrikin Love The La's Late Of The Pier Laura Marling Laurent Garnier LCD Soundsystem Le Tigre LFO Liars The Libertines Lightspeed Champion Lillies and Remains Lillica Libertine ! Lily Allen Limited Express(has gone?) Linda Lindstrom Little Barrie The Little Flames Little Man Tate Locksley Lo-Fi-Fnk Long Blonde Lostage Love Psychedelico Love of Diagrams The Long Blondes Los Campesinos! Lost Penguin Love Is All Luke Vibert Lovely Chords The Lowbrows Low Vision Magnus Carlsson Malajube Mando Diao Magistrates Marios Mark Ronson Martin Margiela The Marz Volta Massive Attack Material Boy Matisyahu Matthew Barney Maximo Park Memphis Industries Merlin Bronques Metamorphose Metro Area Metronomy Mew M-flo MGMT M.I.A. Mice Parade Michel Foucault Michel Gondry Midnight Juggernauts Mika Milo? Forman Ninja Tune Miaou Minor Threat The Mirraz The Misshapes Mixrooffice M/M Paris Moby Modeselektor Modest Mouse Mo-dettes Modular The Mogs Mogwai Mondo Grosso Monica Uranglass Monobright The Moog Cookbook The Morning After Girls Mo'some Tonebender Moving Units Mr Been Mr Oizo MSTRKRFT Mu Mum Mumm-Ra The Music My Bloody Valentine Mylo Mystery Jets Nanamine Nathan Fake Nathan Michel Neon Neon Neon Plastix N.E.R.D Neu! New Cassettes New Order The New House New Young Pony Club Nan Goldin Natalie Wood Neon Neon Nigel Godrich Nightmoves Nightmares On Wax Niki De Saint Phalle Nima Nourizadeh Nine Black Alps Nine Inch Nailes Ninja Tune The Novembers Noze No Age Nu Clear Classmate Nujabes Nyantora Nylon Oasis Oceanlane Ogre You Asshole Olav Basoski Oldenburg Opera Operator Please Optimo The Ordinary Boys Orange Juice The Orb Oskar Fischinger Ox.Eagle.Lion.Man Pacific! Pam Para One Pains of Being Pure at Heart Passions The Pastels Patrick Wolf Pavement Payback Boys Peaches Pedro Winter Pepe California Peter Bjorn And John Peter Saville Peter Max Pet Shop Boys Pharell Williams Phoenix Phantom Planet Phones Pig Radio the pistolas The Pipettes Pixies Placebo Plan B Polysics Poney Poney The Pop Group Pop Levi Portishead Postal Service Prefab Sprout Prefuse 73 Pre-School The Presets Primaly 1 Primal Scream Prodigy Prototypes Psapp Punks Jump Up Queens Of Noize Quentin Tarantino Quiero Club The Raconteurs Radiator Radio 4 Radioclit The Radio Dept. Radiohead Radio Slave Radwimps The Rakes Raphael Just The Ramones The Rapture R.E.M. Ratatat Rauschenberg Rat:att:agg RayGun Razors Edge RazorLight Regina Spektor Rei Harakami Remi Nicole RE:RE:RE:mojojo Resfest Reverend And The Makers Revl9n Rex The Dog Ricardo Villalobos Richard Linklater Richie Hawtin Riddim Saunter Ride Riot In Belgium Ripchord The Robocop Kraus Robot Needs Oil The Roconters Ron Sexsmith The Roots Rough Trade Rosenquist Rovo The Royal We Rubies Royksopp Roy Lichtenstein Rub N Tug Ryan McGinley Rye RyukyuDisko Saam Faramand Saddle Creek Safari Santogold Sasha Savath & Savalas Scissor Sisters Scott Herren Scouting For Girls Scuttle Scritti Politti SebastiAn Sex Pistols The Shakes Shirokuma Shitdisco The Shoes Sigur Ros Simian Mobile Disco Sinden Sing02 Skream Sleater Kinney The Slits Slowly Downward Smashing Pumpkins The Smith Smith N Hack Snoozer Snow Patrol Sofia Coppola Soft The SoftLightes Soft Tigers Solid Groove So Me Something Else Sonic Youth Soulwax Sound Team Space cowboy Spank Rock Spalta Locals The Specials Special Others Spike Jonze Spiler The Spinto Band Squarepusher Stars Stefanie Schneider Stereo Tennis Steve Aoki The Streets Strip Steve The Strokes The Stone Roses Struggle For Pride Studio Voice Studio 4℃ Sub Pop The Subways Suede Sufjan Stevens Sugiuramun Suicide Summer Sonic The Sunshine Underground Supercar Super Furry Animals Superglass SUPER SUPER Supersystem Surkin The Suzan Switch Syrup 16g Tacteel Takagi Masakatsu Talking Heads Tahiti 80 Tangerine Dream Taikoclub Teenage Bad Girl Teenage Fanclub The Teenagers Teki Latex Telefon Telepathe Tel Aviv The Telephones Television Tepr Theoretical Girl Terry Roison Terry Zwigoff Test Icicles These New Puritans Tomas Andersson Tommy Guerrero Thomas Bangalter Thomas Brinkmann Thom Yorke Those Dancing Days Thieves Like Us Tiga Tilly and the Wall Tim Deluxe The Ting Tings Tokyo Police Club Tomas Andersson Tom Middleton Tommy Guerrero To My Boy Tom Ze Tortoise Trafalgar Trash Fashion Travis TTC The Twang Twisted Charms Two Gallants Uffie Ultra Brain Unchain Undercover Underworld U2 Vampire Weekend Vanessa Van Basten Van She Vanshe Technologic Valerie Phillips Vermilion Sands The View Vanity The Velvet Underground Vermilion Sands The Verve The Vines Vincent Markowski Vinyl Junkie Vitalic Von Sudenfed V∞REDOMS Wagon Christ The Wannadies Warp We Are Scientists Weezer Wes Anderson We Start Fires The Whip White Scooper The White Stripes The Whitest Boy Alive Whitey The Who Why? Wichita Wigs Wild Beasts Wire Wolfgang Tillmans XL XTC Yanokami Yatt Yeah Yeah Yeahs Yellow Magic Orchestra Yelle Yo La Tengo Yonderboi Young Lovers Yppah YSP Yuksek Zongamin Zutons 赤犬 浅田次郎 浅野いにお あふりらんぽ 伊坂幸太郎 石野卓球 稲葉英樹 宇川直宏 羽海野チカ 大沢伸一 小沢健二 大竹伸朗 尾田栄一郎 おとぎ話 大人計画 小山田圭吾 棚田康司 ギターウルフ 銀杏Boyz 草間弥生 クラムボン くるり ザ・クロマニヨンズ 小池桂一 サイプレス上野とロベルト吉野 桜井鈴茂 佐藤秀峰 サニーデイサービス 鹿野淳 渋さ知らズ 清水祐也 しりあがり寿 信藤三雄 砂原良徳 スーパーカー スチャダラパー スマーフ男組 曽我部恵一 相対性理論 田島一成 田名網敬一 田中宗一郎 谷川俊太郎 電気グルーヴ 東京事変 タカノ綾 タナカカツキ 田中フミヤ チャットモンチー 谷岡ヤスジ 長尾謙一郎 中込智子 仲真史 中村一義 奈良美智 野田努 ノンポリラジカル ハイロウズ ハナレグミ 髭 藤子不二雄 ブルーハーツ フルカワミキ 古谷実 堀江博久 前野健太 ゆーきゃん ゆらゆら帝国 横尾忠則 松本大洋 村上春樹 珍しいキノコ舞踊団 森見登美彦 やけのはら ラーメンズ リリー・フランキー

T.H.A.N.K.S.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

あなたのボーイフレンドになんて絶対に教えてあげないんだから!!
いやあ、参った。

何が参ったって、良い作品がリリースされ過ぎなんですよ、2008年のインディロック・シーンは。
以前取り上げた「デビューアルバム特集2008」の中の作品の大半が3月リリースだったので、個人的に良作リリースラッシュのピークは3月だと高を括っていたのだけど、いやあ、4月もすごい。
昨日もCAJUN DANCE PARTYThe Last Shadow PuppetsCUT COPYの新譜を買ってしまった。
つい先日リリースされたばかりのMYSTERY JETSの2nd『TWENTY ONE』が傑作だったっていうのに、ゆっくり聴かせてくれないようです。これは参った。
しかもまだまだ欲しい作品が沢山ある。本当に参った。

と、そんな嬉しい悲鳴を上げてしまうほど大充実な08年インディロック!!
アルバム単位での充実っぷりはもちろん、1stアルバムリリース前の「ド」新人勢も大充実!!
今回はその中からいくつかをご紹介!!


BoyfriendSingleCover.jpg
まずはアメリカから、現在最も話題のインディバンドといえば、そう、彼らBlack Kidsのことだ。
遅ればせながら、超話題のシングル「I’m Not Gonna Teach Your Boyfriend How To Dance With You」を聴いたのだけど、いやあ参った、一瞬で恋に落ちてしまった。

一見何ら変哲の無いギターロック・バンドである彼らだか、この曲で歌われている内容を<SNOOZER>から引用させて頂くと、「ずっと楽しみにしていたパーティーの最中、長年ずっと想い続けてきた意中の女の子がボーイフレンドとキスしているところを目撃してしまう、レズビアンの女の子」のことを歌っているらしい。

この曲のタイトルについて、ブログのタイトルでは「あなたのボーイフレンドになんて絶対に教えてあげないんだから!!」と、「プンプン!!」という擬音が付きそうなセリフを書いたが、この曲の主人公は相手に面と向かって言えるような強気な女の子ではない。
もし仮に普段は強気な女の子だったとしても、パーティーの帰り道で一人になった途端に顔を出す、決して誰にも見せない弱気な自分。
その弱気な彼女がこの曲の本当の主人公だ。
だからこそ、彼女がポツリとこぼす「あなたのボーイフレンドになんて絶対に教えてあげないんだから」という言葉はどこまでも切なく、泣ける。

きっと誰もが味わったことがあるそんな甘酸っぱい経験を、彼らBlack Kidsは精一杯に祝福するように歌う。
それ故にこの曲は切なくもあり、チアフルでもあるのだ。悲しみの中でもダンスのステップは止めないように。
ダンス!ダンス!ダンス!ダンス!

Black Kids/I’m Not Gonna Teach Your Boyfriend How To Dance With You





late.jpg
続いてはイギリスから、すでに昨年末の時点でネクスト・クラクソンズの呼び声が高かったlate of the pier
正直、ネクスト・クラクソンズと言われたところでクラクソンズのようなゴタゴタした雑食性は感じられないし、すでに出尽くした感のあったニューレイヴ・シーンを縮小したような存在、ぐらいの印象でしか無かったのだが、最新シングル「The Bears Are Coming」を聴いて考えが180度変わった。もうコレ、絶対支持。
HADOUKEN!がアマゾン奥地に住む原住民の生活に突撃レポート!!と形容したくなる、トライバルな打楽器の打ち込みと、ブイブイ言わせるシンセフレーズの組み合わせが特徴的なこの曲は、Vampire WeekendFOALSがアフロビートを自分達の音楽に取り入れているように、この異種配合感はかなり新鮮で理想的。
中盤のギターソロが出てくる場面なんかは、まるでフレイミングリップス

late of the pier/The Bears Are Coming





l_4f51034b9fa05494a5948d9ad4e80605.jpg
最後はアメリカはブルックリン発の、新型女性ヒップホップ・アクトSANTOGOLD
M.I.A.を彷彿とさせるそのルックスの通り、ヒップホップをベースにレゲエやダブ、エレクトロニックを取り入れるそのスタイルは、正に第二のM.I.A.だ。
まもなく発売される1stアルバムではM.I.A.、DiploSpank Rockらが参加とのことで、フレッシュさで勝るSANTOGOLDがどんな作品を作り上げたか非常に気になるところ。
最新シングル「LES Artistes」はまるでYEAH YEAH YEAHSの2ndに入っていそうな地に足の着いた力強い一曲。

SANTOGOLD/LES Artistes





といった感じでいくつか「ド」新人勢を紹介しましたが、そんな中でも疎かにしてはいけないのが日本の新しいインディロックシーン!!
いよいよ今週末5/3の土曜日はthe brixton academyとQUATTROによる合同企画「DISCO!DISCO!DISCO!×DIG IT!!!」が開催されます!!
この日は、2月のGOOD ON THE DANCEFLOOR企画にも出演して頂いた企画主のthe brixton academyをはじめ、The Telephonesらと<Kings>を結成したQUATTRO、音楽雑誌<SNOOZER>でも大人気のTHE SUZAN、ex-BB-LTDから成るPills Empire、そして5月に初のCDリリースを控えた我らがWhite Scooperが一挙に大集合!!
さらにVJとしてGOOD ON THE DANCEFLOORからはSAFARIも参加!!
White Scooperが聴覚をガツンと刺激し、SAFARIが視覚をバキッと攻撃してイベントを盛り上げてくれることでしょう!!

この日はFree Throw DJsのDJや、アートパフォーマンスも盛り込んだ刺激的なイベントなので、海外のインディシーンももちろん良いですが、是非とも日本の新世代が作り出す新しいシーンも是非生で体験して頂ければ幸いです!!

ゴールデンウィーク一発目は一緒に楽しみましょう!!
チケットの取り置きはinfo@goodonthedancefloor.comまでお気軽にメールください!!

5/3(土)
The Brixton Academy&QUATTRO合同企画
DISCO!DISCO!DISCO!×DIG IT!!! @新宿MARZ

OPEN 17:30 / START 18:00
チケット:2000yen (+1D)

【band】
the brixton academy
QUATTRO
THE SUZAN
PILLS EMPIRE
White Scooper

【DJ`s】
FREE THROW
弦先誠人(puke!) / 神啓文(Getting Better) / タイラダイスケ(soultoday)

【VJ】
♯9
SAFARI

【live art】
OBARY
velonyca


the brixton academy最新ライブ映像




White Scooper最新ライブ映像



ry01
スポンサーサイト
ry01 CM(0) 

Zelda's 文庫
ロッキンホースバレリーナ


Zeldaです。

趣味は読書。

と言うわけでたまには本の話でも。

ロッキンホースバレリーナ 大槻ケンヂ

18歳で、夏で、バカだった。

パンクバンドを組む少年3人と、色々後が無い中年のおっさんマネージャー。

彼らがハイエース(ワゴン車)に乗って初めて東京から福岡までツアーを行うとき、

ひょんなことから車に同乗することになったゴスでイカレタ少女、七曲町子。

道中それぞれの思い迷いが交錯します。

バンドをやってる人には、「はははっ」とキテしまうほどリアルな“裏方”の描写、

新宿LOFTや京都磔磔など実在するライブハウスも多々出てくるし、

実在するバンドを悪ふざけのようにパロったりしています。(笑)

僕も音楽を受信しているだけだったらそれほど気に留めた本じゃなかったかもしれませんが、

多少なりとも発信する側に回ろうとしたら、この本のリアリティーを感じずにはいられませんでした。

音楽は目的のための手段なのか?

日本ではクリエイティブなこと、面白いことをしようとすると、なぜか生活できなくなるんです。

そう人が言っているのを聞いたけど、貫きたい理想と、継続させなくちゃいけない生活。

いつだって創造者はシンドイものかなぁ。

ただ純粋でバカでバンドマンな主人公たち、音楽業界、金 カネ かね。

子供と大人とか、夢とか現実とか、その間でグラグラと揺れてしまうわけでしょうね。

底の厚い、ロッキンホースバレリーナを履いて歩くみたいにね。

もしかしたらグラグラ揺れ続けることが、唯一の答えのような気がしてきました。
未分類 CM(0) 

地獄へ堕ちろ電気グルーヴ!!!!!!
という曲がオープニングを飾った『VOXXX』から早8年、電気グルーヴが最新アルバム『J-POP』を引っさげ遂にカムバック!!!!!!
(この話題に触れるのが大分遅くなってしまった!!)

といっても、『VOXXX』が出た頃は自分はまだ中学2年生。
テクノやハウスなんて言葉を知る由も無く、GLAYとか鈴木亜美を聴いていた自分は、「Shangri-La」だけバラエティ番組<とんねるずのみなさんのおかげでした>の中の「ほんとのうたばん」コーナー(コレ知ってる人いる??)で少し聴いたことがあったぐらいで、完全に後追い電気グルーヴァーなわけです。

というわけで今回のブログは、先月号の<remix>の電気グルーヴ特集が面白かったので、それをGOOD ON THE DANCEFLOORブログでもパクってしまおうという企画!!
あの特集では、編集長である40代の野田努氏の他に、remixi編集部から20代半ばのライターが2人、それぞれ自分にとってのベストアルバム1枚とベスト10曲を選ぶという企画だったので、このブログでは後追い世代代表、現在22歳の自分にとってのベストアルバム3枚とベスト10曲を選んでみました!!
電気グルーヴのことをまだよく知らないけど、なんだか興味があるって方にはご参考までに!!

【BEST ALBUM】
jacket_dragon.jpg
1位『DRAGON』(94年)
電気グルーヴといえば、歌詞だったりあの風貌だったり活動だったり、おもしろおかしいユーモアセンスというのが切っても切れない関係だが、たまーに「ふざけてなければもっとカッコイイんじゃないの!?」って思うときもあったりもする。
(まあ別にそんなの関係ないのだけど)
で、このアルバムに限っては、「真面目になんてなれないぜ!だって俺たち電気グルーヴ!!」な雰囲気を極力削り取った、なんともストイックなダンストラックが並んでいる。
クラブで5、6時間一人で踊り続けられるような人たちにとっては最高のアルバムだ。
そして、なんといっても最終曲には「虹」が待ち構えている。
雨上がりの空に虹が架かった情景を想像させる、美しいシンセフレーズの重なりが特徴的なハウス・トラックに、
“繰り返すこともたまにある ぼんやりとただ意味なく
 遠く近い光から水のしずく跳ね返る
 ゆっくり消える虹みたく トリコじかけにする
 振り返ることもたまにある 照れながら思い出す
 遠くて近い つかめない どんな色かわからない
 ゆっくり消える虹見てて トリコじかけにする”
という電気グルーヴにしては意外な、ノスタルジックな歌詞が素晴らしい。
以前<SNOOZER>に掲載されていたUNDERWORLDのライブレポートにて、編集長のタナソウが「過去を振り返ることが出来るのは、絶えず前進し続ける者だけの特権なのだ」と書いていたことに自分は胸を打たれたのだが、たしかにそういうことだ。
前を向いて進み続けるからこそ、“振り返ることもたまにある”し、そこに歩んできた過去へのノスタルジックな想いが生まれる。この「虹」はそれを見事に表現している。
そして、さらに<remix>でも野田努氏が書いていたが、これはクラブでの朝5時のサウンドトラックでもある。
一晩中踊り続け、もうまもなく朝を迎える時間帯、待ちに待ったお気に入りの曲がスピンされ、それによって気分がどこまでも高揚し、全てが浄化されたような、なんだか救われたような感情になるあの瞬間にそっと寄り添う名曲。
この作品がブリットポップ全盛期の94年にリリースされたことは興味深い、日本が誇る超傑作トランスアルバム。


2位『VOXXX』(00年)
jacket_v
SOULWAXの05年作『Nite Versions』は、アルバム一枚通してMIX CDのごとくトラックが繋がっていくスタイルだったが、じつは電気グルーヴはそれよりも5年も早く完成させていたという、世界的にも時代を先行していた電気グルーヴの00年作。
現在のニューエレクトロ勢と肩を並べても何ら遜色の無い、硬質なエレクトロ・ディスコ、ハウス、ニューウェーヴなトラックが怒涛に押し寄せ、さらには「浪曲インベダー」「密林の猛虎打線」のようなユーモアセンスも大爆発。
このアルバムの呪縛から放たれるのに結局8年もかかってしまったという、何とも恐ろしくもハイパーな一枚。


3位『FLASH PAPA』(91年)
jacket_f
記念すべき彼らのデビューアルバム。
この頃自分はまだ6歳のため、この時代のシーンの流れなどは知る由も無いのだが、My Bloody ValentinePRIMAL SCREAMが歴史的傑作をこの年にリリースしたことぐらいは知っている。
そんな時代に日本では、ハウスやテクノ、ヒップホップといった新しいジャンルの音楽をオーヴァーグラウンドに押し上げる為、電気グルーヴがクラブミュージック向上委員会として役割を果たしていた、に違いない。
このアルバムの大きなテーマは、クラブミュージックという日本人にとっての新しい文化を一部の層から大衆層へ向けてリプレゼントする、ということだ。
サンプリング文化をご丁寧にも説明した「マイアミ天国」なんかは感涙もの。
今現在、<WIRE><METAMORPHOSE>のような大型レイヴパーティーを多くの人が楽しめる下地ができたのも、きっと彼らの功績によるところが大きいはずだ。電気グルーヴに感謝しよう。


【電気グルーヴ俺の10曲】
 (『DRAGON』収録)
Nothing's Gonna Change (『VOXXX』収録)
③マイアミ天国 (『FRASH PAPA』収録)
④人事をつくさず天命を待つ (『KARATEKA』収録)
N.O. (『VITAMIN』収録)
誰だ! (『ORANGE』収録)
MUD EBIS (『UFO』収録)
ガリガリ君 (『A』収録)
カフェ・ド・鬼 (『FRASH PAPA』収録)
Shangri-La (『A』収録)




jacket_.jpg
で、8年ぶりの最新アルバム『J-POP』はどうだったのかというと、一曲目のタイトル「完璧になくして」からも想像できる通り、電気グルーヴ流の肩の力が抜けた遊び心が満載!!
が、その相変わらずな言葉選びセンスとは裏腹に、サウンドはかなり引き締まった内容。
シングルとして先行リリースされた「少年ヤング」「モノノケダンス」も[ALUBUM MIX]としてさらにフロア仕様に生まれ変わっているように(なんと少年ヤングのゲストヴォーカルは篠原ともえ!)、全体的に硬質なハード・テクノ。
七尾旅人をゲストヴォーカルに迎えた「スーパースター」などは、
“何か作りました 作りました”といったようなフレーズが繰り返される、傑作ミニマル・トラック。
このアルバム収録曲を中心としたセットリストで是非とも<WIRE>にてストイックに踊りたいもの。電気グルーヴ出てくれ、頼む。

というわけでユーモラスなミュージックビデオも要チェック!!

電気グルーヴ/少年ヤング(シングルVer.)



電気グルーヴ/モノノケダンス(シングルVer.)




最近よく聴いているもの↓
電気グルーヴ『FRASH PAPA』
電気グルーヴ『UFO』
電気グルーヴ『KARATEKA』
電気グルーヴ『VITAMIN』
電気グルーヴ『DRAGON』
電気グルーヴ『ORANGE』
電気グルーヴ『A』
電気グルーヴ『VOXXX』
電気グルーヴ『J-POP』


ry01
ry01 CM(2) 

http://thisisneen.com/
http://www.everythingyouseeisinthepast.com/
http://www.papertoilet.com/
http://www.elasticenthusiastic.com/
http://asdfg.jodi.org/-------------------------------/-------------------------------/-------------------------------/-----------------------402vm981/vb662.html
テーマ : 【マジック】
ジャンル :
未分類 CM(4) 

HOT CHIP NEW VIDEO
HOT CHIP "ONE PURE THOUGHT"


にやにやしながらみちゃう。結構いっちゃってて良い。
Zak CM(2) 

80kidz!!80kidz!!80kidz!!80kidz!!80kidz!!
ニュース!!ニュース!!ニュース!!

JUSTICETEENAGE BAD GIRLらと共演を果たした、日本が誇る大人気エレクトロユニット80kidzが、京都/下北沢のレコードショップJET SETのHPに掲載されているインタビュー内で、
「日本人アーティストの中で特に注目しているアーティストやDJがいれば教えてください」という質問で、なんとWhite Scooperの名前が唯一バンドとしてピックアップされています!!
これはビックリ&嬉しいニュース!!!!!!

■80kidzインタビュー
http://www.jetsetrecords.net/jp/columns/interview/118

wstop2.jpg
というわけで、80kidzにも晴れてプッシュされたWhite Scooperは現在鋭意レコーディング中です!!
そして、来たる5月後半には、記念すべき1st EPをGOOD ON THE DANCEFLOORレーベルよりリリース予定です!!
今回ジャケットのデザインはSAFARIが担当をしているように、GOOD ON THE DANCEFLOORが総力を持ってお届けするこのEP!!リリースまでどうぞお楽しみに!!
詳細は随時このブログでもアップしていきます!!

■White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper



l_33c4545c2622fba192d01bf02063e991.jpg
そして、もはや80kidzについては説明不要かと思いますが、JET SETのインタビューから引用させて頂くと、
BOYS NOIZEやJUSTICE、HOT CHIP、SPACE COWBOYなどの来日パーティーに次々とブッキングされ、オリジナル音源リリース以前ながら、8ottoLADYBIRDSQUIERO CLUBなど国内外アーティストのリミキサーに抜擢されるなど、エレクトロ系の若手アーティストの中でもダントツの注目度を獲得している」存在なワケです!!
昨年、JUSTICEやDIGITALISMのようなビッグアクトの活躍で大盛り上がりを見せた海外のニューエレクトロシーンと完全に同時進行する、80kidszのノイズエレクトロサウンドに誰もが一発でノックアウトされたはず!!
自身のレーベルKIDZ.RECより、満を持してリリースされた初のオリジナル音源『DISDRIVE EP』も大好評の80kidsz、今月末に代官山UNITで行われる、DEXPISTOLSのMIX CD『LESSON.04 "APPLE"
リリースツアーファイナルでのライブセットも見逃せません!!

■80kidz
http://www.myspace.com/80kidz

08/04/04 80kidz release party. LIVE PLAY(Fxxk Fox)




ry01
ry01 CM(0) 

TRASH PAPA!!!!!!
画像-010_
画像-011_
去る14日の月曜日、私ry01は久しぶりにDJをして参りました!!
というのもこの日は、GOOD DJsのZelda君がオーガナイズする、毎月第2月曜日に新宿LOFTで開催されるDJイベント、<TRASH PAPA>4月の陣なのでした!!

<TRASH PAPA>とは、音楽雑誌SNOOZERでも大人気の、日本が誇るエレクトロ・マッシュアップ・バンドNIRGILISなどのマネジメントを手掛けるDJCOOL RUNNINGチームが開催する、チケットフリー(!)のDJイベントです!!
自分も今まで皆勤賞で遊びに行っていただけあって、ゆったり音楽が聴けて、好きな時に踊れて、友達と楽しくおしゃべりして朝まで飲み続けることの出来る、何とも至福な一時を過ごせる素敵イベントなわけですが、今回Zelda君の粋な計らいで自分もDJとして参加させて頂きました!!

今までは一人のお客さんとして楽しんでいたこのイベント、
今回は出演者として参加することができ、「オイオイ、月曜からこんなに楽しんじゃっていいの!?」と思うほど、さらにエンジョイすることができました!!
誘ってくれたZelda君、COOL RUNNINGチームの皆さん、出演者の皆さん、そして遊びに来て頂いた皆さん、本当にありがとうございます!!!!!!
この日はNIRGILISのBa.栗原さんのDJ名義DJ MAROON、NaLasのVo.山口さん、COOL RUNNINGの藤井さんたちの熱いDJで盛り上がり、NIRGILISの新曲「チックチックチック」や、「Brand New Day」の80KIDZリミックスも一足先に聴けてお得な気分でした!!

画像-001_
画像-004_
画像-009_


ちなみに当日のZelda君と自分のセットリストはコチラ!!

■Zelda SET LIST 08/04/14
Can't Get Blue Monday Out Of My Head/Kylie Minogue
It Feels Like Love/Bent Fabric
popper/Shinichi Osawa
Flash back/capusle
ALT A/80kidz
Leave Home/The Chemical Brothers
Immigrant Song/Led Zeppelin
My people/The Presets
Reckless/Crystal Castles
Your Music Is Killing Me/The young punx!
Lyla/oasis
Rocks/Primal Scream
Float/The music

■ry01 SET LIST 08/04/14
Flying Sausor / iLL
AIR WAR / CRYSTAL CASTLES
east end girl [CHERRYBOY FUNCTION REMIX] / DE DE MOUSE
少年ヤング [ALBUM MIX] / 電気グルーヴ
Kids / MGMT
TELEVISION RULES THE NATION×CRESCENDOLLS×SISTER SIAM / DUFT PUNK VS THE WHIP
Cheap and Cheerful / THE KILLS
RUN / GNARLS BARKLEY
Salte Your Solution / THE RACONTERS
LOVE IT WHEN YOU CALL / THE FEELING
ジョージ / クラムボン
Play the Hits / HAL

気になる曲は是非MYSPACE&YOUTUBEで検索してみてください!!

次回の<TRASH PAPA>は5/12(月)とのことなので、是非是非皆さんも遊行きましょー!!
イベント当日はバーカウンターにて、NIRGILISのアッチュさんとユキさんによるスナック「アメとムチ」も特別に営業しているので、男子諸君はこちらも要チェック!!

■TRASH PAPA
http://www.myspace.com/trashpapa

ry01
ry01 CM(2) 

んで、やっぱりすごかった2nd勢!!
20080328-00000015-lisn-musi-thum-000.jpg
093624987314.jpg
まずは、以前「2nd勢も負けてられんぜよ!!」の記事でも取り上げた、発売一週間前まで完全ノン・プロモーションという、異例のリリース形態で打って出たTHE RACONTEURSの話題から。

あの記事を書いたときにはまだ聴けていなかった2ndアルバム『CONSOLERS OF THE LONELY』をいざ買って聴いてみると、いやー、かなり良い。
まあ、悪魔に魂を売ったギタリスト&歌い手であるジャックホワイトと、アメリカンロックの良心ブレンダンベンソンが手を組めば最高のロックンロール・アルバムが出来るのは当然のことで、この2ndもAC/DC風ハードロックをベースに、ピアノや弦楽隊、さらにはホーンまでを加えた曲までもが並び、風通しの良さと音楽的豊かさを兼ね備えた素晴らしい内容。
アメリカの乾いた大地の香りまで感じさせるこの作品は、晴れた日のドライブのお供にピッタリな1枚であり、自分は今年のフジロックに行くときには絶対にこのCDを車でかけたい。

最新ビデオである「Salute Your Solution」は、
ハードロックな8ビートで幕を開け、そこから四つ打ちダンスビートへと移行し、中盤では突如ミクスチャー風のハーフテンポに、さらにそこから最終的にハードロックな8ビートに戻るという、曲の展開が何とも痛快で最高。
エアギターでガッツポーズな一曲。

THE RACONTEURS/Salute Your Solution






00000648.jpg
825646956807.jpg
そして「やっぱりすごかった2nd勢!!」で忘れてはいけないのが、鬼才プロデューサーであるデンジャー・マウスと、巨漢黒人ソウルシンガーのシーロの二人組ユニット、GNARLS BARKLEY

06年に大ヒットした名曲「CRAZY」から早2年、彼らは2ndアルバム『The Odd Couple』を引っさげシーンに帰還。
ビートルズの『ホワイトアルバム』と、JAY-Zの『ブラックアルバム』をマッシュアップし、『グレイアルバム』なるものを作り上げネットにアップし、レコード会社に訴えられたという曰くつきのデンジャー・マウス(彼はゴリラズの2ndでもラプチャーの2ndでも良い仕事をしている。現在レコーディング中のBECKの新作のプロデュースも担当)がトラックを作り上げ、シーロがソウルフルに歌い上げるという彼らのスタイルはそのままに、新作ではバックの生演奏によるダイナミズムが前面に押し出されていて、さらにソウルフルな印象。
現在最も信頼のできるプロデューサーの一人でもあるデンジャー・マウスがやはり良い仕事をしている。

先行シングル「RUN」のミュージックビデオは、終盤の目がチカチカする特殊効果が人体に悪影響を及ぼす危険性がある為放映中止になるという、これまた曰くつきのビデオ。
※これは修正加工済のビデオだと思われる。

GNARLS BARKLEY/RUN






この2組の他に、THE KOOKSの2ndも聴いてみたが、思ったより無難な出来。
全曲シングルカット可能な1stが傑作過ぎたのかも。


そして話は変わって今晩、私ry01は久しぶりにDJをやらせて頂きます!!
GOOD DJsのZeldaがオーガナイズするDJイベント<TRASH PAPA>に誘って頂きました!!
今回、SNOOZER誌でも大人気なNIRGILISチームの皆さんと共演させて頂きます!!
今回の記事で取り上げたTHE RACONTEURSとGNARLS BARKLEYは自分のDJの時間にかける予定なので、是非とも月曜の夜を一緒に楽しみましょう!!
チケットはフリー、出入り自由のイベントなので、お気軽に遊びにいらっしゃってください!!

trashpapa.gif

4/14(月)Zelda & ry01 DJing@新宿LOFT
http://www.loft-prj.co.jp

TRASH PAPA!
Ticket:Free!!!!!!!!!!!!
FUJII(COOL RUNNING) / DJ MAROON(from NIRGILIS) / Zelda(COOL RUNNING) / zuka-sun(LOFT) / ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR) / 他

※通常公演終演後23:00頃スタート!


ry01
ry01 CM(0) 

デビューアルバム特集2008!!!!!!
今年になってから何度か記事で「2008年デビュー勢が熱い!!」と触れてきたわけですが、この流れというのは、06年のKLAXONS登場以降(つまりニューレイヴ以降)、シーンの多様化が進み、ちょうどその時期から活動を始めたバンド達が、08年になって強力なデビューアルバムを続々とリリースした、というわけです!!
(音楽雑誌<SNOOZER>最新号でも特集されているので要チェック!!)
というわけで、そのエネルギッシュなデビュー作たちを、GOOD ON THE DANCEFLOORメンバーであるWhite ScooperのHayashi、Zak、そして私ry01の3人で点取り合戦をしてみました!!
対象作品、採点基準は以下の通り!!
最後にそれぞれの評価をまとめて書いてあるので、まだ聴いていない・買っていない方は参考までに読んで頂ければと思います!!

■対象作品
VAMPIRE WEEKEND『VAMPIRE WEEKEND(吸血鬼大集合!)』
MGMT『ORACULAR SPECTACULAR』
ADELE『19』
LIGHTSPEED CHAMPION『FALLING OFF THE LAVENDER BRIDGE』
LOS CAMPESINOS!『HOLD ON NOW, YOUNG STAR…』
BLOOD RED SHOES『BOX OF SECRETS』
THESE NEW PURITANS『BEAT PYRAMID』
CRYSTAL CASTLES『CRYSTAL CASTLES』
THE WHIP『X MARKS DESTINATION』
FOALS『ANTIDOTES(解毒剤)』
DOES IT OFFEND YOU, YEAH?『You Have No Idea What You’re Getting Yourself Into (未知との遭遇)』
THE TEENAGERS『Reality Check』
MIDNIGHT JUGGERNAUTS『DYSTOPIA』

■採点基準
10点→神
9点→愛してます
8点→最高!!
7点→良い!
6点→なかなか良いかも
5点→まあまあ
4点→イマイチ
3点→どうなのコレ?
2点→残念賞
1点→聴く価値なし
/→未聴

それではどうぞ楽しんでください!!!!!!

debutalbum2008_2.jpg


【Hayashi】
■LIGHTSPEED CHAMPION『FALLING OFF THE LAVENDER BRIDGE』8点
一曲目からいい。アレ次も…!
これもこれもこれもこれもこれもこれも
LIGHTSPEED CHAMPION!かっこ可愛い。泣きの要素もいいね
個人的には…!キタこれっ。

■LOS CAMPESINOS!『HOLD ON NOW, YOUNG STAR…』5点
太陽に投げキッス。
最近のエレクトロブームに乗らないこの青春っプリは良い。
美少年、美少女が応援してくれてる感じ。悪くない。
ただ、引いた目線で聞いてる自分に気づく時がある。

■THESE NEW PURITANS『BEAT PYRAMID』6.5点
新しいことをやろうとしてて自信がある感じが見える。
ただ否定的な感じで聞いちゃう。なんで?自分でも解りません。
M⑥、⑨、⑬は文句無しでカッコイイ。

■CRYSTAL CASTLES『CRYSTAL CASTLES』8.5点
始まりからして最高。
「これから良い曲が続くぜっ」的な期待感が他のバンドとは違う
いちいちフレーズやメロが最高!または気迫。
音、エフェクト選びが上手い。とにかく音が気持ちが良い
これは買い。

■THE WHIP『X MARKS DESTINATION』7点
リフとメロディが良い。やっぱ基本は押さえなきゃ!
あと来るぞ来るぞ~的な爆発力。
基本は躍る感じだけど家でも聴ける可愛さや多幸感は流石です。
リミクスの人選も好き。あとレーベルがSouthern Friedなのがいいね!

■FOALS『ANTIDOTES(解毒剤)』7点
セカンドアルバムが一番期待できるバンド。
飛びの要素もあるし…!歌も管楽器も良い…!楽器も相当上手い…!
ただ、その技術ウマーがたまにダメでした。

■DOES IT OFFEND YOU, YEAH?『You Have No Idea What You’re Getting Yourself Into (未知との遭遇)』5.5点
かっこいいね。
こういう音は散々聞いたせいかあんまり聞き込む気になれない。
その中でも③はやっぱ良い。

■THE TEENAGERS『Reality Check』5.5点
電子音が入ってる曲より、普通のバンドサウンドの曲のほうが好き。
POPでいいじゃない。⑤が普通に好き。

■MIDNIGHT JUGGERNAUTS『DYSTOPIA』7.5点
声がPULP。すなわちトレンディー。
魅惑のアーバンナイトっていう感じか?
シンセ音やドラムの音が本当にダサい…!だけど聞いちゃう。
⑬で昇天します。


【Zak】
どれもしっかり聴けてないけど現時点での印象。
みんなが褒めそうなバンドは逆に厳しくなっちゃう感じです。
■VAMPIRE WEEKEND『VAMPIRE WEEKEND(吸血鬼大集合!)』4点
あったかいオルガンとどたばたドラム。
懐かしいような新しいサウンドバランスが良い。
どたばたしたドラムは今キテる!気がする。

■MGMT『ORACULAR SPECTACULAR』-点
聴いてないけど聴きたい。僕好きそう。

■LOS CAMPESINOS!『HOLD ON NOW, YOUNG STAR…』4点
全力でワンツースリーフォー言いたい。
すべてが空中分解直前。フィルなんか叩けてないし笑
とにかく直進性でなんとか保ってるギリギリな感じが好き。
でもあんまり何度も聴かない。

■BLOOD RED SHOES『BOX OF SECRETS』7点
僕は無駄が嫌いなのでこのバンド大好きです。
あと僕もNirvanaはインユーテロ派。
オリジナル・グランジにあったようなタバコの煙が漂ってる雰囲気が吹っ飛んだ、もっと爽快なグランジ。
とにかくメロディが良いバンド。

■THESE NEW PURITANS『BEAT PYRAMID』8点
これは良い。
構成が尖ってるようで、そこまでいやらしくないし。
思ってたよりちゃんと曲を書こうっていう意識がある気がします。
王道な構成と意外なフックのバランスが気持ちいい。
たまに見せるヴォーカルラインの美メロが泣きそうになる。
全部の音の粒が生きてるし、楽器の抜き指しがいい。
何回も聴けるし買ってよかった感が。
曲名がちょっと好きくない。

■CRYSTAL CASTLES『CRYSTAL CASTLES』4点
Crystal Castlesは好き!なんだが、なぜかあんまりグッとこなかった。
すでに色んなところで聴きすぎた気がする。
一年前に出てればよかったのかな。
アルバムとして一枚聴くのはちょっときつい。曲も多い。
2小節ループか4小節ループで一曲作るっていうパターンが多すぎて・・・。
BeckのInformationもそうだけど、曲単体がいいけど全体が似通ってて単調。
まぁそういうスタイルのバンドなんだけども。
名曲!→①Untrust us⑨1991⑩Vanished

■THE WHIP『X MARKS DESTINATION』4点
惜しい感じ!
アルバムが出ても、とうとうこのバンドが本当は何がやりたいのか分からず終い。
ニューエレクトロはロックの緩急がついたシンプルで分かりやすい展開を吸収して盛り上がったのに、
ロックバンド側がその流れに甘えちゃってココまで構成を単純化するのはどうなんだろう。
シングル曲は文句なく良いです。
いいメロディが書けるバンドなので絶対2ndに注目。

■FOALS『ANTIDOTES(解毒剤)』9点
吉田兄弟がバンドとコラボしたみたいな感じですがこれが美しい。
Foalsって最初好きじゃなかったんですが昨年末急に好きになった。
個人的には、バンドの音は2000年代は当初から音がどんどんとがっていって全ての楽器のサスティンが極端に短くなり、頂点がそのBloc Partyで、それ以降はサスティンがまた伸びていく(ギターが歪む、ベースがガリガリいう、スネアが派手になっていく)って思ってて。つまりBloc Party以降は音がまたどんどん開放に向かっていってラフになっていき、ザックリとした90年代的音になっていくんだーと思ってたんだけど、FoalsだけはひとりでBloc Party以降もひたすら音を尖らせてたっていう。だから初めて聴いた時は「こんなタイトな音って今更どうなんだろ」って思ってたけど。もはやそんなこと誰もやらなくなっても、Foalsは最初から確信した音を目指して、一人でシコシコやってたら、こんな職人的リズムを手に入れたっていう。もはやこれはどの時代にも無かった音なような。
Foals以降はもうFoalsは超えられない気がする。
あとThese New Puritansもそうだけど、ギターのアンサンブルの利かせ方が日本人は好きなんじゃないかな。
ZAZENBOYSとか思い出した。
頭で作ったリフなのにもかかわらず、ストイックさが無くて、エモーショナルな感覚でやれるっていうところが似てる。

■DOES IT OFFEND YOU, YEAH?『You Have No Idea What You’re Getting Yourself Into (未知との遭遇)』
5点
これも一年前に出して欲しかった!が一年前はさすがに無理だったか。
サマソニに決まったときはなんかまだアングラ過ぎて「まさか!?」だったけども。
Justice以降のシーンを直に反映してるけど結構パンキッシュで下品に音が太い。
けど一枚聴くと歌が結構良くて、意外な一面も。
DIOYYなので、もっと意味わかんない非道な感じでもOKだったんだけど笑
曲調がバラバラなのは宅録人間の証拠。

■THE TEENAGERS『Reality Check』2点
デモが入ったEPは大好きだったんですが、アルバムは音がごっつくてガッカリしてしまいました。
ギターの歪みがすごい能天気な感じになっちゃった。イェーイて感じ。
あの素敵な雰囲気はどこへ。
本当はこんな音にしたかったのなら買いかぶってたのかもなぁ。

■MIDNIGHT JUGGERNAUTS『DYSTOPIA』5点
結構好き。
バラバラになりすぎず、楽器も絞れてるし、アイデアもあるし。
ただヴォーカルがちょっと濃厚すぎるかもしれません。
DelaysみたいにVocalがカラフルだと、もっとポップになるのかな。
全体の音も結構濃厚かも。
ゴディバチョコ!っていうか。ごめんなさいなんとなく。


【ry01】
点数の低い順からどうぞ!!
■CRYSTAL CASTLES『CRYSTAL CASTLES』2点
傑作ノイズエレクトロ「AIR WAR」は良い。
ロシア民謡風のメロディの「RECKLESS」なんかも良い。
しかし、その他の曲の大半はゲームボーイ版「ロックマン」をやりながらマッドカプセルマーケッツを聴いているような、はたまたニューエレクトロのクラブで一人「ロックマン」をやっているような、その程度のもの。
そしてなんといっても、今年のベストの1枚にオウテカを挙げる自分としては、このビートからは特に気持ち良さを感じられない。
これは結構聴き込んだが、残念ながらどうしても良さがわからなかった。
周りにCRYSTAL CASTLES好きな人が多いので申し訳ないが、これだけは言わしてもらいたい。
このアルバムは間違いなく良くない。

■DOES IT OFFEND YOU, YEAH?『You Have No Idea What You’re Getting Yourself Into (未知との遭遇)』
3点
とにかく下品な内容。
しかしエレクトロで下品というのは別に今に始まった話ではなく、JUSTICEなんかも相当下品だったが、そこに同じぐらいのロマンが同居していた。
しかし彼らの場合は「エレクトロ版マキシマム・ザ・ホルモン」というキャッチコピーが思い浮かぶほど、安っぽい下品さ。
「WE ARE ROCKSTAR」なんかはまあまあ好きだが、その他の曲の間延びっぷりは目も向けられないほど。
たまにドキッとするロマンチックな曲が入ってるが、あれは一体何??ギャグ??

■THE WHIP『X MARKS DESTINATION』3点
ニューエレクトロの要素を取り入れたシングル曲「SISTER SIAM」と「TRASH」が非常に良かった為、期待を寄せて買ったTHE WHIPのデビュー作は、あちゃー、そのまんまニューオーダー。
去年のフジで観たときもかなりのニューオーダーっぷりだったが、全編通して「WAITING FOR THE SIREN’S CALL」な作りには正直腹が立った。彼らの悪い部分が全部出てしまっている。
こんな内容だったら買わなきゃ良かった。

■THE TEENAGERS『Reality Check』4点
以前Zak君は彼らのことを「隙間産業バンド」と言っていたが、これは誉め言葉であって、その当時バキバキのニューエレクトロと、ゴタゴタのニューレイヴが主流だった頃に彼らの曲を聴くと「ああ、今この音が欲しかったんだよね」と妙に落ち着いたもの。
そして「STARLETT JOHANSSON」のような音と音の隙間の休符を生かした名引き算曲を持っているのも彼らが“隙間”産業バンドたる由縁だった。
が、このデビュー作では彼らのもう一つの特徴である語り口調のヴォーカルがやけに目立つぐらいで、曲の出来はイマイチ。
彼らの場合もアルバム全体がニューオーダー過ぎて面白くない。

■MGMT『ORACULAR SPECTACULAR』5点
当初、イタリアのインターネットラジオ<PIG RADIO>で彼らの「Time to Pretend」と「Kids」を聴いたときには「エレクトロ版MYSTERY JETSだ!!」とぶったまげたもの。
この作品では、彼らの特徴である大自然に溶け込んでしまいそうな超天然ソングライティングとアレンジを引き出す、デイヴ・フリッドマンのプロデュースもグッジョブ。
でも、アルバムで通して聴くと意外に普通。

■LIGHTSPEED CHAMPION『FALLING OFF THE LAVENDER BRIDGE』6点
TEST ICICLESってニューレイヴの最たる先駆者であった伝説のバンドだったはずでは!?
と疑いたくなる、メンバーの一人によるソロプロジェクトは、何とも肩の力が抜けるUSネオフォークな作風。
この作品も、BRIGHT EYESでお馴染みのUSネブラスカ州はオマハのサドルクリークの首脳陣がプロデュースを手掛けたとのことで、「ああ、やっぱり」と妙に納得。
TEST ICICLESの活動中も本当はこんな音楽がやりたかったのだとすると、なんとも微笑ましい。
ただ、アメリカ大陸で一番好きなアーティストとしてBRIGHT EYESを挙げる自分としては聴きなれたサウンドではある。

■ADELE『19』7点
新世代歌姫のデビュー作は、見事に佳曲揃いの極めて平凡な作品。
それでも「Chasing Pavements」や「Hometown Glory」のような壮大な名バラード曲での彼女の歌声には誰もが圧倒されるはず。
まだまだ荒削りなだけに、今後が楽しみ。

■BLOOD RED SHOES『BOX OF SECRETS』7点
USグランジなギターサウンドとポストパンクのビート、さらにはご丁寧にわかりやすいメロディが組み合わされば08年版にモダナイズされたニルヴァーナの出来上がり。
お互いが挑発し合うような男女ヴォーカルのスリリングな駆け引きも魅力的。
バンドの見た目もサウンドもとにかくソリッド。
何も考えずに聴ける、爽快な一枚。

■THESE NEW PURITANS『BEAT PYRAMID』8点
10代の男子がほぼ一人でこれを作っただなんて、これは驚き。
彼らが素晴らしいのは、UKのダークサイドヒップホップであるグライムの要素を積極的に取り入れていること、そしてなんといっても数奇的で予言めいた歌詞。ダークでミステリアスな風貌も良い。
でも、もし自分の息子がこんな音楽をやっていたら心配になってしまう。
これはKLAXONSが2ndでやろうとしていたことをほとんどやってしまったのではないだろうか。

■FOALS『ANTIDOTES(解毒剤)』8点
<SNOOZER>誌で、田中宗一郎が「!!!の曲を演奏するマキシモ・パーク」と書いているのを読んで、「ああ、なるほど」と納得。
ポストパンク・リヴァイヴァル以降の流れを汲んだタイトな演奏に、アフロビートを思わせるペラッペラなギターフレーズを散りばめるだけでこんなにもトライバルになるものなのか、と思っていたら、ホーンのアレンジ含め、プロデューサーを務めたTV・オン・ザ・レディオのデヴィッド・シーテックの影響が強いと思われる。
とにかく音が良く、各楽器のアンサンブルも素晴らしい。
バトルスの『B EP』『EP C』時代を思わせる曲もチラホラ。
でも、個人的にわりと聴き流せる範囲でもある。

■VAMPIRE WEEKEND『VAMPIRE WEEKEND(吸血鬼大集合!)』9点
くるりやBeirut、そしてこのVAMPIRE WEEKENDのデビュー作のように、時代の先端を行くアーティストの作品に共通することは、クラシック音楽やフォークロア(民族音楽)を自分達のサウンドに積極的に取り入れているということ。
(late of the pierの新曲「The Bears Are Coming」なんかも最高!!)
フェラ・クティよろしくなアフロビートから、モーツァルトを思わせるサロン・ミュージックまでを自由に横断し、それをストロークスを演奏するノリで鳴らすソングライティングセンスには脱帽。
やっぱりアメリカは豊潤な土地だと思わせる素晴らしい内容。
全11曲で収録時間が34分というのも素晴らしい。

■LOS CAMPESINOS!『HOLD ON NOW, YOUNG STAR…』9点
自分はmixiがあまり好きではない(やってるけど)。
何でかというと、それは日記という機能が、多くの人にとってのネガティヴィティの共有を促進させているからだ。
自分のネガティヴィティを我先にと掲げ、それはお互いに傷を舐め合うようで、どこまでも非生産的だと思う。
「ハチミツとクローバー」で竹本君がバイトしていた宮大工の棟梁が、「人間、不幸に向かってヨーイドンしたらキリがないだろ」と言っていた気持ちがよくわかる。
まあ、何だかんだ言っても自分が一番かわいいし、自分の弱い部分を知ってもらいたい気持ちはわからなくもない。
(それをインターネットで共有する気持ちはイマイチわからないが)
だからこそ、そんなmixi世代の自分達には、世界を一瞬でカラフルに染め上げてしまう圧倒的なポジティヴィティを持った存在が必要だ。
で、それが彼らLOS CAMPESINOS!というわけだ。
男女混合7人組の彼らは、アーティスト写真やミュージックビデオからもカラフルでポップな印象を受け取ることができるように、サウンド自体もおもちゃ箱をひっくり返したようなドキドキとワクワクで溢れかえっている。
性急なビートと共にギターの単音フレーズが所狭しと駆け回る曲調に乗せて歌われる、感情たっぷりのギャレスのヴォーカル、お姉さん目線のアレクサンドラのヴォーカル、そしてメンバー全員での大合唱コーラスが彼らの最大の特徴だが、そこからは若さ故に生き急ぐあの胸の高まりと、青春の煌めきがよく曲に現れている。
今まさに何かが起こりそうな期待と予感を、実現へと導く圧倒的なポジティヴィティ。
しかし彼らはそれが永遠に続くことはないということも知っている。
だからこそ、このアルバムは
“one blink for yes. two blinks fo no. sweet dreams, sweet cheeks, we leave alone.”
(瞬き一つはイエス。瞬き二つはノー。スウィートな夢、スウィートな頬。僕らは一人ずつ去る)
という素晴らしいフレーズで幕を閉じる。
彼らこそが、mixi世代の自分達が今夢中になるべきバンドであり、彼らのポジティヴィティに一瞬で恋に落ちてしまえば良い。
もはや存在感自体は10点満点。

以上、『Kitsune Maison』でピックアップされていたアーティスト勢が軒並み低い点数という、「一体<Kitsune>とは何だったのか?」(もはや過去形)を考えさせる内容でした!!


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
といった点取り合戦でしたが、如何でしたでしょうか??
GOOD ON THE DANCEFLOORメンバーの中でも意見がバラバラなので、聴く人によってこうも違うものかと、楽しんで読んで頂ければ嬉しいです!!
もし、「これは点数低いだろ!!」「あ、これは賛成!!」などご意見があれば、自由にコメントを残して頂ければと思います!!

そして今月は何といってもCajun Dance Party曽我部恵一バンドのデビューアルバムがリリースされるので、引き続き08年のシーンは見逃せません!!
引き続きこのブログも要チェックでお願いします!!!!!!

ry01
ry01 CM(2) 

NCC VS SAFARI
前回のブログでもお伝えした、
日曜日に西荻窪FLATで行われたryeの自主企画<THE CATCHER IN THE RYE VOL.2>でのNCC VS SAFARIのライブフォト&ビデオをアップ!!!!!!
画像 010
chick(NCC)

画像 012
Zak(NCC)

画像 016
Miho & lemontune(SAFARI)


NCC VS SAFARI@The Catcher In The Rye Vol.2

乾いたギターリフを掻き鳴らすZakと、おどろおどろしい響きのシンセを操りながら絶叫するchickの二人によるNCCの演奏に、VJのSAFARIがバッキバキの視覚攻撃を加えれば、観る者をすぐさまノックアウト!!!!!!
foreignlandのショージ・マサタカール氏曰く「チュッパ・チャップスを8000個舐めたくなるライブ」とのことで、
「てかTHE KILLSに勝ったよ!!」とのこと!!!!!!
たしかにこのビデオの曲「hail candy」はドロドロに溶けたキャンディーのような雰囲気を持った曲で、尚且つ、一筋縄で「激甘☆」にはいかせないNCCのソングライティングセンスは、日本では他に類を見ないのではないでしょうか!?
SAFARIのフレッシュなVJも、NCCが掲げる<SUCIDE POP>とは相性抜群!!
今後もこの強力タッグでのライブは要チェック!!!!!!

NCC VS SAFARI「hail candy」の映像をアップ!!
■GOOD TV
http://www.youtube.com/profile?user=goodonthedancefloor

ライブフォトはコチラ!!
■GOOD ON THE Flickr
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03

MYSPACE
■NCC(Nu clear classmate)
http://www.myspace.com/nuclearclassmate
■SAFARI
http://www.myspace.com/safarisafasafari



wstop2.jpg
そして今週金曜日には、Zakがメインで活動するバンド、White Scooperの一ヶ月ぶりのライブがあります!!
現在レコーディング中の彼らの、成果の一部を観ることができるかも!?

2008/4/11(金)
White Scooper@渋谷LUSH
http://www.toos.co.jp/lush
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV \2000 / DOOR \2300 (+1D)
w / 山田ジャクソン7 / アンダーマイン / 潮時FM


さらに5月にはSAFARIと共に、2月の”Revolution#8”に出演して頂いたThe Brixton AcademyとQUATTROの企画に出撃することが決定!!
この日はDJやアートパフォーマンスを織り交ぜたイベントとのことで、音楽雑誌SNOOZERで今話題のTHE SUZANや、 The Brixton Academy、the telephonesと<Kings>を結成したQUATTRO、Pills Empireと共演します!!
是非ともこの激熱イベントで、ゴールデンウィークの幕開けを共に楽しみましょう!!

2008/5/3(土)White Scooper&SAFARI@新宿MARZ
http://www.marz.jp/html/news.html
The Brixton Academy&QUATTRO合同企画
DISCO!DISCO!DISCO!×DIG IT!!!
OPEN 17:30 / START 18:00
ticket:2000yen (+1D)
【band】
The Brixton Academy
QUATTRO
Pills Empire(ex-BB-LTD)
THE SUZAN
White Scooper
【DJ`s】
FREE THROW
【VJ】
♯9、SAFARI
【live art】
OBARY、velonyca



そして私ry01はというと、来週の14日に新宿LOFTでDJをやります!!
今回はGOOD DJsのZeldaがオーガナイズする、毎月第2月曜日に新宿LOFTで開催されるDJイベント<TRASH PAPA!>にてDJをやらせて頂くことになりました!!
チームNIRGILISの方々と一緒のブースに立てるなんて光栄です!!
今まで自分も皆勤賞で遊びに行っていた程、音楽と共にゆったりと朝まで飲むことができる素敵なイベント!!
チケットもフリーなので、その分アルコールを買うためにお金を回せます!!
是非とも遊びにいらっしゃってください!!

trashpapa.gif

4/14(月)Zelda & ry01 DJing@新宿LOFT
http://www.loft-prj.co.jp

<TRASH PAPA!>
Ticket:Free!!!!!!!!!!!!
FUJII(COOL RUNNING) / DJ MAROON(from NIRGILIS) / Zelda(COOL RUNNING) / zuka-sun(LOFT) / ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR) / 他

※通常公演終演後23:00頃スタート!


それでは、ライブやイベントでお会いしましょう!!

ry01
ry01 CM(1) 

NCC VS THE KILLS
ncc_top.gif
safari_top.jpg
NCCライブ情報!!!!!!

来たる4月6日の日曜日、
2月のGOOD ON THE DANCEFLOOR presents vol.02 “Revolution #8”で共演した人力エレクトロ・ユニット、ryeの自主企画“Cather In The Rye”にNCCが出演することになりました!!

l_5bad22152b078d5bfb486283e872a0a7.jpg
“The Catcher In The Rye Vol.2”
4/6(日)
西荻窪FLAT
OPEN/START 17:00
チケット:1000YEN(+1DRINK)

【BAND】
rye
NCC
Little-L
Victim Of The crime
■scirocc
【DJ’s】
■Toll
■Sio
【VJ's】
■HIROMI SUNAGA

バンド、エレクトロ、DJ、VJ何でもアリのこのイベント!!
自らのジャンルを<SUCIDE POP>と名乗るNCCは、3月のライブ同様、シンセとギターを導入したライブセットで参戦決定!!
ライブの度にフロアで大暴れする、chickとZakのライオットガール&ボーイっぷりもこの日は大爆発の予感!?

さらにこの日のNCCライブ中は、我らがGOOD ON THE DANCEFLOORが誇る女性二人組オール・アート・クリエイション・ユニット、SAFARIがVJで強力バックアップ!!
見た目の可愛さとは裏腹に、バッキバキの視覚攻撃で盛り上げてくれること必至!!

“Revolution #8”でのNCC on the VJ SAFARIの映像をどうぞ!!!!!!

NCC@Revolution#8 (on the VJ SAFARI)




てか“Cather In The Rye”ってことは、“rye麦畑でつかまえて”ってこと!?
そんなわけでryeのライブ映像も予習―!!

rye@Revolution#8


というわけで、今週の日曜日は是非とも“The Catcher In The Rye Vol.2”に遊びにいらっしゃってください!!



4582214502687.jpg
NCC繋がりで話題をもう一つ!!
二人組、男女ヴォーカル、曲の構成はラップトップとギターのみ…などなど、
何かとNCCと共通点の多い、イギリスはロンドン出身のガレージ・パンクバンド、THE KILLSの最新アルバム『Midnight Boom』がかなりの力作!!
(って、触れるのがかなり遅くなってしまった)
自分は彼らの1st『Keep On Your Mean Side』しか聴いたことがなかったのだけども、新作での「Cheap and cheerful」のような、アッパーでグラマラスなビートにはかなり驚いた!!
何でも、この新作でのドラム・プログラミングはSPANK ROCKのアルマーニ・トリプルエクスチェンジが手掛けているとのことで、なるほど、だから紅一点VVのヴォーカルもよりセクシーに聴こえるってわけだ!!ナイス起用!!
良質ローファイ・サウンドが聴きたい人にはかなりオススメ!!!!!!

THE KILLS/Cheap and cheerful




最近よく聴いているもの↓
THE KILLS『Midnight Boom』

ry01
ry01 CM(0) 

With the LOCKSLEY
前回の記事で紹介した、新時代グッドソングライティングバンドTHE KOOKS
スウィートなメロディとグッドソングの連発、さらには甘いフェイスを併せ持つ彼らこそ、正に00年代のビートルズともいえる。


99_1_0621_130207.jpg
そんな彼らを脅かす存在がいるとすれば、アメリカはニューヨーク出身のLOCKSLEY
彼らは昨年『DON’T MAKE ME WAIT』でデビューを飾った若手バンドであり、古くはビートルズから00年代のリバティーンズまで、歴代ガレージバンドを一挙に繋ぐ優れたポップセンスの持ち主なのだ。

616892958925.jpg
そんな彼らの最新アルバム『GARAGE SALE』が先週遂にリリース!!
かと思ったら、これは『DON’T MAKE ME WAIT』リリース以前に書かれた曲を集めたものらしく、新作ではなかった模様。
言われてみると、1曲目「THE GREY SUIT」なんかはまるで『Dookie』時代のGREEN DAYのような曲で、嬉し恥ずかしの初々しさを感じさせる曲が多い。
と言っても、相変わらずのグッドソング連発っぷりには感心させられる。
昨年のサマーソニックでのライブもなかなか面白かったので、次回作がとても楽しみだ。

せっかくなので、そんな彼らのグッドソング集をどうぞ。

これぞリバティーンズの株をも奪う最新モッズ・サウンド。
LOCKSLEY/Don’t Make Me Wait




初期ビートルズ風のコーラスの駆け引きが素敵。
LOCKSLEY/All Over Again




そのまんまビートルズのカヴァー。
LOCKSLEY/I Saw Her Standing There




最近よく聴いているもの↓
LOCKSLEY『GARAGE SALE』

ry01
ry01 CM(0) 


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。