GOOD ON THE DANCEFLOOR

GOOD ON THE DANCEFLOOR
OFFICIAL
Twitter
MySpace(Label)

レーベル/パーティ"GOOD ON THE DANCEFLOOR"のオフィシャル・ブログです。

[ABOUT US]
東京発のレーベル/パーティ。Arctic Monkeysの曲名から名づけられたこの集団は、上の世代には持ち得ない、自らの世代ならではの感覚を証明することを目的として、2007年6月に結成。バンド/DJ/デザイナー/ライター/フォトグラファーなど、現在複数のメンバーによって構成されている。個々での活動に加え、GOOD ON THE DANCEFLOORとしてもイヴェントやパーティーを不定期に開催。2009年秋にはレーベル初のコンピレーションCD『ALT A NATIVE SYNDICATE』をリリースし、国内をはじめ、北米/欧/豪にも配信リリースしている。

contact me :P
info@goodonthedancefloor.com

[NEWS]
2009年9月にリリースされ、日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、熱心な海外インディ・リスナーから、国内新世代インディ・バンド・ファンまで、多方面から絶賛の声を浴びた、東京の新世代レーベル"GOOD ON THE DANCEFLOOR"による、今後活躍が期待される新型バンドを集結させたコンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』。紅一点として参加したNu clear classmateが待望の単独作を遂にリリース!
------------------------------------------------------------
USインディ新世代と共振するサウンドに、コケティッシュな女性ヴォーカルを乗せた、日本発のキッチュな個性。この最新EPでは、Washed OutなどのGlo-Fi、Nite Jewelらが牽引するインディ・シンセ・ディスコ、そして時流のエレクトロ・ポップなどを、軽やかに横断している。わずか半年ほど前にリリースされたレーベル・コンピ収録曲と比べると、目が覚めるほどの音楽的な飛躍ぶり。ただ今メキメキと成長中の新世代二人組に、ぜひ注目を!
-小林祥晴-
------------------------------------------------------------
失礼を承知で正直に言うと、彼女たちがここまでの作品を仕上げてくるとは全く思っていませんでした。日々から逃げ出したい気持ち、マリア様に包まれてただただ安らかに眠っていたいという欲望と、それが叶わざる願いであることが転化した、やすりのような手触りの不機嫌な殺気。2010年に生きていく感覚そのままの音楽です。
-田中亮太(JET SET KYOTO/mogran'BAR)-
------------------------------------------------------------
Nu clear classmate 『Lick The Star』
2010/04/16 ON SALE
GOOD-1002 / including 5 songs 1,300yen (tax out)
1. Blank World
2. Causeless Pain
3. The Nearest Faraway
4. I Know I Know
5. I Leave The Parade Wearing A Dress

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

[NEXT PARTY]
????????????

全ての公演のチケットは予約を受付けております(一部除く)。
予約をご希望される場合は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります。
下記のチケット予約フォームからもお気軽にご予約が可能です↓↓↓


[RELEASE INFORMATION]
【GOOD ON THE DANCEFLOOR】のレーベル部門が、新たに【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】として始動!!!!!! 記念すべき第一弾リリースとして、初のレーベル・コンピレーションCDを2009年9月25日にリリース!!
------------------------------------------------------------
海の向こうの同世代へのシンパシーと、隣り合う君とのディスコミュニケーション。2つの同時代性の狭間で軋む音、火花。青く、眩しい。
-田中亮太 (CLUB SNOOZER / JET SET)-
------------------------------------------------------------
世界と同感覚で進行中の東京インディー・シーンをリアルに感じられる、グッド・コンピレーション! この衝動と感覚を忘れずに、リリースを続けてくれることを期待しています!
-JUN (80kidz)-
------------------------------------------------------------
GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK compilation
V.A. 『ALT A NATIVE SYNDICATE』
2009/09/25 ON SALE
GOOD-1001 / including 10 songs 1,800yen (tax out)
1. To Pieces / AAPS
2. Spin of School / Nu clear classmate
3. Social Evils and a Potato [Hamon Mix] / The New House
4. Jr. / White Scooper
5. Marble Nuts / Nu clear classmate
6. Tailors of OZ / AAPS
7. Up Bends / White Scooper
8. Pale Boy / The New House
9. Marble Nuts [Bamian Remix] / Nu clear classmate
10. Up Bends [Lapin Remix] / White Scooper

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

White Scooper 1st CD 『Thousand Valleys』
2008/06/10 ON SALE
GOOD-001 / including 7 songs 500yen (tax out)
1. C.Farmeres
2. Behind The Lights
3. Ya Ya Ya
4. Proco
5. Vigger
6. Nightram
7. Mornin' Giraffe
Art work by SAFARI.

取り扱い店舗
■JET SET (京都/下北沢)
【HP】【地図】【WEB通販】
■disk union各店
お茶の水駅前店、神保町店、新宿本館B1、下北沢店、吉祥寺店、
中野店、国立駅前店、池袋店、町田店、淵野辺店、稲田堤店、
横浜関内店、横浜西口店、津田沼店、千葉店、柏店
【HP】【店舗一覧】
■Sunrain Records (高円寺)
【HP】【地図】【WEB通販】

チケット予約フォーム
こちらでGOOD ON THE DANCEFLOORの各イベントのチケット予約が出来ます。ご利用ください。

名前:
メールアドレス:
日にち/イベント名:
枚数(質問などもどうぞ):

ブログ内検索
QRコード
QRコード
検索用

we love

!!! 1965 2 Many DJs 24Hour Party People 80kidz 8otto 100s Abake Abraham Cross Adam Sky Adel Air Akufen Alan Ball Air France The Album Leaf Alter Ego Altz Alphabeat Alloverallareover American Amy Winehouse Apparel Anavan ANDREA CREWS Andrew Kendall Andy Warhol Animal Collective Anna Tsuchiya Annie Aphex Twin The Apples In Stereo The Arcade Fire Arctic Monkeys Art-School Asian Dub Foundation Asian Kung-Fu Generation Ash A Sunny Day In Glasgow Atlas Sound At The Drive-In Audion Au Revoir Simone Aus Autechre The Avalanches Avengers In Sci-Fi badly drawn boy Back Drop Bomb Babyshambles Bamian The Band Apart Bang Gang Deejays Basement Jaxx Battles The Bawdies The Beach Boys Beastie Boys The Beatles Beck Beirut Belle & Sebastian Ben Folds Five Benga Ben Sharn Bernhard Willhelm Best Fwends Biff Bang Pow! Big Star The Birthday Bishi Bjork The Black Ghosts Black Kids Black Rebel Motorcycle Club Blast Head Bloc Party Bloodcat Love Blood Red Shoes Blood Thirsty Butchers Tha Blue Herb Blur Boards Of Canada Bonde do Role Bonjour Records Boom Boom Satellites Boredoms Born Ruffians Boys Noize The Boy Least Likely To The Bravery Breakfast Brian Jonestown Massacre The Brixton Academy Broken Social Scene The Buffalo Bunch The Bumblebeez Bump Of Chicken Buraka Som Sistema Burial Bushmind The Buzzcocks Bright Eyes British Sea Power Busy P Cabanne Cajuan Cajun Dance Party Calvin Harris Camera Obscura Cansei De Ser Sexy The Capes Cassette Playa Cat Power Cazals Chaki The Charlatans The Checks Chemical Brothers Chicks On Speed Chris Cunningham Christian Joy Chromeo C.I.A. Cibo Matto The Cigavettes Citizen Clammbon Clap Your Hands Say Yeah Clark Clarky Cat Chim↑Pom The Clash Coachella Coburn Cocorosie Coldcut Cold War Kids Colette Comanechi Comeback My Daughters Converge Corinne Bailey Rae Cornelius Cornershop Cosmic Wonder Cosmo Vitelli Chairlift The Coral Crackhaus The Cribs Creation Records Cristal Castles Crookers CSS Cubismo Grafico Cubismo Grafico Five The Cure Cut Copy DaDa KingZ Dada Life Daedelus Daft Punk Daggers Damien Hirst Dandi Wind Dan Le Sac vs Scroobius Pip Darek Darkel Darren Emerson Datarock Dandy Warhols David Fincher David Lynch David Sylvian Ddjjs Dead Disco Death From Above 1979 Death In Vegas The Death Set De De Mouse Deep Dish De La Soul Delta Sonic The Departure Derrick May Devendra Banhart DFA Diane Arbus Dick Bruna Digitalism Dinosaur Jr Diplo Dirty Pretty Things Dirty Projectors Disco Drive Disco Teenage Kicks Disco Twins Dizzie Rascal Dj Baku Dj Hikaru Dj Kentaro Dj Mehdi Dj Nobu Does It Offend You, Yeah ? Domino Doopees Doping Panda Douglas Coupland Doves Dreadeye Dreamburger Drocie Dubsided Duffy Eater ECD Echo & The Bunnymen ED Banger Editors Edward Gorey Eight Legs Electric President Electrocute Elmo El Presidente Ellegarden Elliott Smith Eminem The Enemy Enlightenment Erase Errata Erol Alkan Exlovers Escalator Records Esg Everybody Else Excuse Me Factory The Faint Fancy Him Fantastic Plastic Machine Fatboy Slim The Feeling Feist Find Gask The Fits The Flamin Lips Flipper's Guitar Fischerspooner Fishmans Fountain Of Wayne First Aid Kit Foals Foreignland Four Tet Fox N' Wolf France Gall Frank Owen Gehry Franz Ferdinand The Fratellis Friendly Fires Fred PEerry The Free Design Freeform Five Fuck Buttons Fuji Rock Festival The Futureheads Future Terror Gang Of 4 Ganban Night Gangway Gas Book Georgie James George Harrison Gildas & Masaya Glass Candy Glastonbury Festival Glasvegas The Glimmers Gnarls Barkley Going Steady Goldfrapp The Good Life The Good,The Bad And The Queen Goose Gorillaz Golden Silvers The Gossip The Go! Team Graham Coxon Green Day Grind House Group Inou Group Of People Guns N' Bombs Hadouken ! Hal Happy Mondays Hard-Fi Hard To Explain Headman The Heavy Henry Darger Henrik Vibskov Herbert Hercules and Loveaffair Herve Hi-Standard The Hives The Holloways Holy Hail The Hoosiers The Horrors Hot Chip Hot Gossip Hot Hot Heat House of Holland i-D Idlewild iLL I Love You But I've Chosen Darkness I'm From Barcelona In Corridors Individual Orchestra Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin The Infadels InK Institubes Interpol i-WARP Jack Kerouac Jack Penate Jackson And His Computer Band Jacques Tati The Jam James Ford James Holden James Jarvis Jamie Lidell Jan Svankmajer Jay-Z Jean Luc Chainsaw Jeff Mills Jence Jerry Jesse Rose Jet Jimmmy Eat World Joakim Joanna Newsom John Lennon Johnny Boy Johnny Foreigner The Jesus & Mary Chain Johann Johannsson Joy Division Julie Verhoeven Junior Senior Justice KAFKA Kaiser Chiefs Kanye West Kap10Kurt Karafuto Kate Nash Kathy Kavinsky Koko Von Napoo KAWS The Kbc Ken Ishii Ken Yokoyama Keith Kerrier District The Killers The Kills Kings Of Convenience Kings Of Leon Kim Kitsune Klanguage Klaxons The KLF The Knife The Kooks Kraftwerk Kris Menace Kunoku Ladyhawke Lady Sovereign Larrikin Love The La's Late Of The Pier Laura Marling Laurent Garnier LCD Soundsystem Le Tigre LFO Liars The Libertines Lightspeed Champion Lillies and Remains Lillica Libertine ! Lily Allen Limited Express(has gone?) Linda Lindstrom Little Barrie The Little Flames Little Man Tate Locksley Lo-Fi-Fnk Long Blonde Lostage Love Psychedelico Love of Diagrams The Long Blondes Los Campesinos! Lost Penguin Love Is All Luke Vibert Lovely Chords The Lowbrows Low Vision Magnus Carlsson Malajube Mando Diao Magistrates Marios Mark Ronson Martin Margiela The Marz Volta Massive Attack Material Boy Matisyahu Matthew Barney Maximo Park Memphis Industries Merlin Bronques Metamorphose Metro Area Metronomy Mew M-flo MGMT M.I.A. Mice Parade Michel Foucault Michel Gondry Midnight Juggernauts Mika Milo? Forman Ninja Tune Miaou Minor Threat The Mirraz The Misshapes Mixrooffice M/M Paris Moby Modeselektor Modest Mouse Mo-dettes Modular The Mogs Mogwai Mondo Grosso Monica Uranglass Monobright The Moog Cookbook The Morning After Girls Mo'some Tonebender Moving Units Mr Been Mr Oizo MSTRKRFT Mu Mum Mumm-Ra The Music My Bloody Valentine Mylo Mystery Jets Nanamine Nathan Fake Nathan Michel Neon Neon Neon Plastix N.E.R.D Neu! New Cassettes New Order The New House New Young Pony Club Nan Goldin Natalie Wood Neon Neon Nigel Godrich Nightmoves Nightmares On Wax Niki De Saint Phalle Nima Nourizadeh Nine Black Alps Nine Inch Nailes Ninja Tune The Novembers Noze No Age Nu Clear Classmate Nujabes Nyantora Nylon Oasis Oceanlane Ogre You Asshole Olav Basoski Oldenburg Opera Operator Please Optimo The Ordinary Boys Orange Juice The Orb Oskar Fischinger Ox.Eagle.Lion.Man Pacific! Pam Para One Pains of Being Pure at Heart Passions The Pastels Patrick Wolf Pavement Payback Boys Peaches Pedro Winter Pepe California Peter Bjorn And John Peter Saville Peter Max Pet Shop Boys Pharell Williams Phoenix Phantom Planet Phones Pig Radio the pistolas The Pipettes Pixies Placebo Plan B Polysics Poney Poney The Pop Group Pop Levi Portishead Postal Service Prefab Sprout Prefuse 73 Pre-School The Presets Primaly 1 Primal Scream Prodigy Prototypes Psapp Punks Jump Up Queens Of Noize Quentin Tarantino Quiero Club The Raconteurs Radiator Radio 4 Radioclit The Radio Dept. Radiohead Radio Slave Radwimps The Rakes Raphael Just The Ramones The Rapture R.E.M. Ratatat Rauschenberg Rat:att:agg RayGun Razors Edge RazorLight Regina Spektor Rei Harakami Remi Nicole RE:RE:RE:mojojo Resfest Reverend And The Makers Revl9n Rex The Dog Ricardo Villalobos Richard Linklater Richie Hawtin Riddim Saunter Ride Riot In Belgium Ripchord The Robocop Kraus Robot Needs Oil The Roconters Ron Sexsmith The Roots Rough Trade Rosenquist Rovo The Royal We Rubies Royksopp Roy Lichtenstein Rub N Tug Ryan McGinley Rye RyukyuDisko Saam Faramand Saddle Creek Safari Santogold Sasha Savath & Savalas Scissor Sisters Scott Herren Scouting For Girls Scuttle Scritti Politti SebastiAn Sex Pistols The Shakes Shirokuma Shitdisco The Shoes Sigur Ros Simian Mobile Disco Sinden Sing02 Skream Sleater Kinney The Slits Slowly Downward Smashing Pumpkins The Smith Smith N Hack Snoozer Snow Patrol Sofia Coppola Soft The SoftLightes Soft Tigers Solid Groove So Me Something Else Sonic Youth Soulwax Sound Team Space cowboy Spank Rock Spalta Locals The Specials Special Others Spike Jonze Spiler The Spinto Band Squarepusher Stars Stefanie Schneider Stereo Tennis Steve Aoki The Streets Strip Steve The Strokes The Stone Roses Struggle For Pride Studio Voice Studio 4℃ Sub Pop The Subways Suede Sufjan Stevens Sugiuramun Suicide Summer Sonic The Sunshine Underground Supercar Super Furry Animals Superglass SUPER SUPER Supersystem Surkin The Suzan Switch Syrup 16g Tacteel Takagi Masakatsu Talking Heads Tahiti 80 Tangerine Dream Taikoclub Teenage Bad Girl Teenage Fanclub The Teenagers Teki Latex Telefon Telepathe Tel Aviv The Telephones Television Tepr Theoretical Girl Terry Roison Terry Zwigoff Test Icicles These New Puritans Tomas Andersson Tommy Guerrero Thomas Bangalter Thomas Brinkmann Thom Yorke Those Dancing Days Thieves Like Us Tiga Tilly and the Wall Tim Deluxe The Ting Tings Tokyo Police Club Tomas Andersson Tom Middleton Tommy Guerrero To My Boy Tom Ze Tortoise Trafalgar Trash Fashion Travis TTC The Twang Twisted Charms Two Gallants Uffie Ultra Brain Unchain Undercover Underworld U2 Vampire Weekend Vanessa Van Basten Van She Vanshe Technologic Valerie Phillips Vermilion Sands The View Vanity The Velvet Underground Vermilion Sands The Verve The Vines Vincent Markowski Vinyl Junkie Vitalic Von Sudenfed V∞REDOMS Wagon Christ The Wannadies Warp We Are Scientists Weezer Wes Anderson We Start Fires The Whip White Scooper The White Stripes The Whitest Boy Alive Whitey The Who Why? Wichita Wigs Wild Beasts Wire Wolfgang Tillmans XL XTC Yanokami Yatt Yeah Yeah Yeahs Yellow Magic Orchestra Yelle Yo La Tengo Yonderboi Young Lovers Yppah YSP Yuksek Zongamin Zutons 赤犬 浅田次郎 浅野いにお あふりらんぽ 伊坂幸太郎 石野卓球 稲葉英樹 宇川直宏 羽海野チカ 大沢伸一 小沢健二 大竹伸朗 尾田栄一郎 おとぎ話 大人計画 小山田圭吾 棚田康司 ギターウルフ 銀杏Boyz 草間弥生 クラムボン くるり ザ・クロマニヨンズ 小池桂一 サイプレス上野とロベルト吉野 桜井鈴茂 佐藤秀峰 サニーデイサービス 鹿野淳 渋さ知らズ 清水祐也 しりあがり寿 信藤三雄 砂原良徳 スーパーカー スチャダラパー スマーフ男組 曽我部恵一 相対性理論 田島一成 田名網敬一 田中宗一郎 谷川俊太郎 電気グルーヴ 東京事変 タカノ綾 タナカカツキ 田中フミヤ チャットモンチー 谷岡ヤスジ 長尾謙一郎 中込智子 仲真史 中村一義 奈良美智 野田努 ノンポリラジカル ハイロウズ ハナレグミ 髭 藤子不二雄 ブルーハーツ フルカワミキ 古谷実 堀江博久 前野健太 ゆーきゃん ゆらゆら帝国 横尾忠則 松本大洋 村上春樹 珍しいキノコ舞踊団 森見登美彦 やけのはら ラーメンズ リリー・フランキー

T.H.A.N.K.S.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

romantic castle
画像 009

去る5月27日の火曜日、渋谷のカフェSpumaにて、GOOD ON THE DANCEFLOORが誇るライオットガール&ボーイことNu clear classmateのライブが行われました!!

この日は写真展<romantic castle>のクロージングパーティーということで、店内にはまるで海外ファッション誌のページを飾りそうな、主催者であるKAJII(NICHIBI)・ANNY(valentine)・橋本昌明(stylist)によって撮影された写真がズラリ!!
どの写真も本当にカッコイイ!!(モデルさんも!!)

DJのチョイスしたニュー・エレクトロ~インディ・ロック系の曲が流れる店内で、もてなしの料理に舌包みしつつ、まったりした雰囲気の中で行われたNu clear classmateのライブは、まったりな雰囲気を一転させる相変わらずのライオットぶり!!
画像-013

その様子は最新ビデオ「tindra」でのchickの絶叫っぷり、Zakの壊れたギタープレイからもすぐにおわかりになるかと↓

NCC play the “tindra”@渋谷Spuma





この日はGOOD ON THE DANCEFLOORメンバーも多く集まり、せっかくなので日本のHOT CHIPを結成することにしました!!
メンバーは以下の通り↓

画像-004
Zak(NCC / White Scooper)

画像-001
lemontune(SAFARI)

画像-002
ry01

画像-003
chick(NCC)

画像-005
Tsuneen

この日の様子は、GOOD TVとGOOD ON THE Flickrにてさらに詳しく観ることが出来ます!!
GOOD TVにはlemontuneのお宝映像が、GOOD ON THE Flickrには面白写真が他にも沢山!!

■GOOD ON THE Flickr
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03

■GOOD TV
http://www.youtube.com/profile?user=goodonthedancefloor




3412735_3411750574.jpg

そして、いよいよ明日はGOOD ON THE DANCEFLOORのキュートな女性二人組SAFARIと、私ry01が出演するオールナイトイベント<QUADROPHONIC>が新宿LOFTにて行われます!!
The John's Guerrilla、Veni Vidi Vicious、QUATTROといった新進ロックンロールバンドが一挙に集結し、ライブの時間帯以外にもGOOD ON THE DANCEFLOORチームからSAFARIがVJで、そして私ry01がDJでイベントをさらに盛り上げます!!
朝まで飲みながら一緒に楽しみましょう!!

2008/5/30(金) ry01×SAFARI@新宿LOFT
<QUADROPHONIC>
OPEN/START 23:30
Ticket:ADV/DOOR \1000 ※各2D代別
BANDS:The John's Guerrilla / Veni Vidi Vicious / QUATTRO
DJ:ry01/他
VJ:SAFARI
Performer:UNC


それでは最後はWEEZERの新曲「Pork and Beans」でお別れ!!
ブルーアルバム+グリーンアルバム=レッドアルバム!?




ry01
スポンサーサイト
ry01 CM(0) 

どうしても伝えたいことってありますか?
もしあなたが音楽活動をしているアーティストだとして、しかもマイクを握る者だとして、どうしても伝えたいことってありますか??

“ドンマイ ドンマイ ドンマイ ドンマイ 泣かないで
 涙なんかは似合わない 俺の胸にさあおいで
 羞恥心 羞恥心 俺たちは
 パワーはいつも どんなときも負けやしないさ
 人生 人生 人生 夢で生きている”

と歌っている、羞恥心のこの曲がオリコン上位に食い込む日本の音楽マーケットを見ていると、「ああ、みんな伝えたいことが本当に無いんだなあ」とついつい思ってしまう。
だってあんなの、わざわざ歌にして伝えることじゃない。
特に“人生、夢で生きている”というフレーズは、リアリティが無さ過ぎてあまりにも身も蓋もない。
人生、夢だけで生きれるほど甘くないことに関しては、皆が身を持って知っていることかと思うが、よくもまあここまで知らんぷりができるものだ。
別に、自分は夢で生きるのが悪いと言っているわけではなく、ただこのフレーズからは、夢に向かって希望を抱いている様子や、がむしゃらに努力している様子、現実に躓いて悪戦苦闘している様子がまったく伝わらない。だからリアリティがない。
が、実際のところ日本ではこの曲が売れている。多くの人はこの曲を聴いて何を考えるのだろうか?
「夢で生きていこう!」と素直に思うのだろうか?それとも何も考えずに聴いているのだろうか?

というわけで羞恥心を例に出したように、日本のJ-POPには人々の思考回路を見事にストップさせる「危険」な曲が多いが、その危険性を察知するかの如く、同じ日本語を用いてメインストリームにカウンターを喰らわせようとするアーティスト達をいくつかご紹介。


lime.jpg

qomo_jacket.jpg

まずは、凛として時雨9mm Parabellum Bulletと共に「突然変異系」と称されるQomolangma Tomato(チョモランマトマト)。
ハードコア・パンク、エモ、オルタナを通過した慌しいサウンドに乗せて歌われる、ヒップ・ホップのラップを思わせる速射砲のようなヴォーカル・スタイルが特徴的な彼らは、去る4月に2ndアルバム『Limelight Blue On The Q.T.』をリリースした。
アルバム冒頭を飾る「359°は捨てる ~地下街の喫茶店~」ではいきなり、
“冷房/暖房/野望/願望/ここは圏外/電波は届かない/注目するべきものは問わない/コーヒーを飲み続けている
 退屈な毎日のぼやきの日記/ルビーの杯/その繰り返し/且つ押し込んで/聖音楽者の仕事を奪う
 職種による売名行為/芸能人の電波が溢れる/一方的な奴らの送信
 優れない表情だ/見ているものが悪いだけ/みんなの言うことに無関心とはいかなくなった/最近の幻覚
 興味はある/小銭を握って手に入る安らぎを求める/待望のHEAVENはただのゴミ貯め/外から見えた入りやすい店
 階段の奥/古い駅地下の喫茶店/逃げ込んだお前は自由になる/狂ってしまう/外に出られない”
と、矢継ぎ早にまくしたてるように彼らは、無視することができない目の前の問題に対して言葉と音で噛み付いている。
これだけ伝えたい言葉が次から次へと出てくるのは、今の日本ではとても健康的だ。

ビデオにもなっている「FIVE SENSES-FIVE MINUTES」では、
“FIVE SENSES/塞いでいるのは/都会の怒号/酷い喧騒/お前は意を決して/箔払うぜ
 FIVE MINUTES/追い詰められて/吐く息も頬奥流れ/飯が喉を通らなくても/存在意義を確かめたいもの
 用件だけは済ませておくよ/忙しいほうが楽でいい/滅裂なままで俺を泳がせて”
と、いきり立ったサウンドと共に、問題を置き去りにする社会に対して問題を提起している。

QomolangmaTomato/FIVE SENSES-FIVE MINUTES ~自分のしがらみに溺れるな~






group.jpg

group_jacket.jpg

続いては、「グループ異能」こと二人組ラップトップ・ユニットgroup_inou
世界規模の音楽アーティスト・コンテスト"Diesel-U-Music Awards 2006"(過去の優勝者にはMYLOなど)ではJAPAN WINNERを獲得、昨年はフジロックにも出演と、確実に盛り上がりをみせる彼らが遂にリリースした1stアルバム『FAN』が面白い。

トラックメイカーであるimaiが作り出す8ビットのトラックに乗せて、加瀬亮似のナイスMCであるcpがラップをするという、非常にコンパクトなスタイルである彼らのこの作品では、“おちおち寝てらんない/うかうかしてらんない”というフレーズが繰り返し登場するように、まるで何かにゆっくりと急かされたように、この現実を生きる自分達の憂鬱を彼らはラップする。
彼らが伝えるのは、真っすぐ相手の目を見てズバズバと問題を提起するQomolangma Tomatoとは真逆で、ベッドルームで一人ふと考える不安定でナードな感覚だ。
リード曲「COMING OUT」では、
“君に伝えたい キリがない いやいや、やっぱりこのままで 一線越えないでいいよ”
と、物寂しいフレーズをふざけたようにラップし、現実と妄想の狭間をゆらゆらと揺れ動く。
そんな彼らは、00年代を生きる“浅野いにお世代”を象徴する、オタク・ラップの最高峰だ。

group_inou/COMING OUT






midori.jpg

midori_jacket.jpg

最後は関西ゼロ世代からの刺客、ミドリ
ミドリといえば、紅一点のVo & Gt後藤まり子の、セーラー服で暴れまわる過激なライブパフォーマンスで有名だが、彼女らにとってメジャー移籍後初のフルアルバムとなる『あらためまして、はじめまして、ミドリです。』が遂にリリースされた。

過去にミドリは、「あんたは誰や」という曲で、
“あんたは誰や?/あたしを惑わす/あんたは誰や?/あたしを惑わす
あんたは誰や?/あたしを惑わす/あんたは一体誰なんや?
聴こえてんか!?/耳腐ってんか!?”
と歌い叫び、聴く者誰もが無視することのできない噛み付きっぷりを披露していたが、この新作でもリードトラックの「ゆきこさん」では、
“愛を喰いちぎって/過去を振り返って/もう泣くのをやめて/グッド・デストロイ・キューティー・ハニー 
消えるように逃げて/今を越えていって/覚悟を決めたら/ラブリー○×△□(聴き取れない)
デストローーーーーーイ!!!!!!”
と歌い叫んでいるのだが、コイツら一体何なんだ?
歌っている内容はともかく、まるで相手の胸ぐらを掴むかのような切迫感を感じさせる怒涛の勢いからは、「別にわざわざ言わんでもいいこと」を「どうしても伝えずにはいられない」ミドリらしさが暴力的なまでに伝わってくる。

ミドリ/ゆきこさん





最近よく聴いているもの↓
Qomolangma Tomato『Limelight Blue On The Q.T.』
group_inou『FAN』

ry01
ry01 CM(0) 

5月最終週はGOODで締めてFocker!!!!!!
あら!気がついたら5月ももう終わりですよ!!
夏フェス参加が決定している方々は出演者のラインナップに一喜一憂している頃でしょうか??
GOOD ON THE DANCEFLOORはどうかというと、なんと5月最終週はGOOD ON THE DANCEFLOORのメンバーが参加するGOODイベントが目白押し!!

NCC.jpg

まず27日の火曜日は、ライオットガール&ボーイによるエレクトロ・バンド、Nu clear classmateのライブが渋谷のカフェspumaにて行われます!!
約一ヵ月半ぶりのNCCのライブは、spumaにて行われる写真展 <romantic castle>のクロージングパーティーでの出演!!
この日はフード付きなので、カフェでまったり写真を満喫しつつ、アーティスティック度3割増しなNCCの、キラキラでドロドロでガシガシなライブで羽目を外すのも良いかと思われます◎

5/27(火) 写真展 <romantic castle> closing party @渋谷spuma
19時~22時
2000 yen (music charge+food)/別1drink

DJ:??????
LIVE :Nu Clear Classmate(NCC)

spumaの地図はコチラから

5/1~5/31 <romantic castle> @渋谷Spuma
KAJII(NICHIBI)・ANNY(valentine)・橋本昌明(stylist)の3人による写真展を開催いたします。
「同じ美を追求するもの同士として今回の作品づくりそして発表はこれからの私たちにとって大きな経験になるでしょう。そして、また次へのステップになることでしょう。
Romantic castle... 中世の世界へ舞い降りた女性をモノクロームの世界へ閉じこめました。そこは金額やロイヤルミルクティーのような淡い世界はすべてモノクロームへ変えられた。」


それでは、4月に行われたNCC×SAFARIのライブ映像を観て予習しておきましょう↓
※メンバーのchickによるマイペースなブログはコチラから

NCC×SAFARI@西荻窪FLAT (play the "hail candy")





3412735_3411750574.jpg

続いて、30日の金曜日は私ry01SAFARIが出演するオールナイトイベント<QUADROPHONIC>が新宿LOFTにて行われます!!
記念すべき第一回目を迎えるイベント<QUADROPHONIC>は、今回出演バンドとしてThe John's GuerrillaVeni Vidi ViciousQUATTROら新進ロックンロールバンドが一挙に集結!!
ライブの時間帯以外にも、GOOD ON THE DANCEFLOORチームから女性二人組オール・アート・クリエイション・ユニットであるSAFARIがVJで、そして私ry01がDJでイベントをさらに盛り上げます!!
ライブもDJもVJも、朝まで飲みながら楽しみましょう!!

2008/5/30(金) ry01×SAFARI@新宿LOFT
QUADROPHONIC
OPEN/START 23:30
Ticket:ADV/DOOR \1000 ※各2D代別
BANDS:The John's Guerrilla / Veni Vidi Vicious / QUATTRO
DJ:ry01/他
VJ:SAFARI
Performer:UNC


というわけで、それぞれのイベントは要チェック!!
是非とも5月の締めはGOODメンバーと共に楽しみましょう!!



最後は、今年頭にリリースしたシングル「Bears Are Coming」がキレキレだった、NEXTクラクソンズの呼び声高いlate of the pierの最新ビデオ「Focker」をお届け!!
って、なんじゃコリャ!!!!!!
キレッキレのハードコア・レイヴに悶絶!!!!!!

late of the pier/Focker





最近良く聴いているもの↓
THE TING TINGS『WE STARTED NOTHING』
THE PRESETS『APOCALYPSO』
MODESELEKTOR『HAPPY BIRTHDAY!』
SANTOGOLD『SANTOGOLD』
TOKYO POLICE CLUB『ELEPHANT SHELL』

ry01
ry01 CM(0) 

Zelda's 文庫
BOOK ON THE DANCEFLOOR

ミラーボールに照らし出される活字のビート

香るインクの匂いと、紙がこすれるメロディー

やってきましたZelda's 文庫 第二回目。

まぁ、直訳すれば床に本が落っこちてるだけってね。

今回は小説ではなくビジネス書なんです。

『アイデアの作り方』 ジェームス W.ヤング (著), 今井 茂雄 (著)

aidea.jpg


何をするにしてもアイデアは重要。

何か「物」でも「事」でもクリエイトするためには、アイデアが不可欠です。

そのアイデアを生むには、実はちゃんとした「方法」があったみたいです。

これを知っていると知らないとでは大違いなので、ちょっとこの本のことは内緒にしておきたいくらいです。

しかし有名な本なので隠しても仕方ない。

というか、ちょっと僕には難しかったんですよね。

でも、これを読んでから何かアレコレ考えて新しい「思いつき」があったときに

自分の中に起きたことは

「アイデアの作り方に書いてあったとおりだな」

と思いました。

この本を知ったのは、沖野修也著のDJ選曲術

dj_senkyoku2.jpg


を読んだときだったのですが、彼曰く

「この本を読んでから考えが行き詰ることがなくなった」

と言うのです。

そんなにすごい本なのか!?

と思いましたが、読んでみたら確かにそうゆうことなのかもしれません。

もちろんココに、色々な物事に対する万能の解決策が書いてあるというわけではありません。

しかしアイデアが作られる法則を知っておくときっと役に立つと思いますよ。

音楽、アート、それに限らず何かを創る人なら一度読んでみるといいかもしれません。

僕は、もう少し勉強したらまた読み返してみようかと思っています。

DJである自分も、この本を読んでから選曲に悩むことが少なくなりました。

ただその法則にしたがっていればいいのだから。
未分類 CM(0) 

YOUNG LOVE
mystery.jpg

mysteryjacket.jpg

ようやく国内盤がリリースされたMYSTERY JETSの2ndアルバム、『TWENTY ONE』を皆さんは聴かれましたか??

イギリスは<テムズビート>の発信地イール・パイ・アイランド出身の「リアル親子バンド」(メンバーの中に実の親子がいた。現在その父親は正式メンバーではない様子)として06年に『Making Dens』でデビューした、彼らにとって2年振りのフルアルバムとなる今作。
自分は「全曲捨て曲なし!!」という言い方は好きではないが(個人の嗜好によるところが大きいので)、だからこそ敢えて言わせてもらおう。
このアルバムは全曲捨て曲なしだ。
以前、今年の頭にリリースされたHot Chipの新譜『MADE IN THE DARK』について、
「歌、メロディ、コーラス、演奏、アレンジ、生音と打ち込みのバランス、リズムの多彩さ、聴き手の予想を裏切る曲の展開、アルバム全体を通しての流れ、どれをとってもあまりにパーフェクト。非の付けどころが無いとは正にこのこと。」
と書いたことがあったが、このMYSTERY JETSの新作もあまりに完璧な出来。

元よりソングライティングセンスに定評がある彼らだが、天然サイケデリアが良くも悪くもやや散漫していた前作と比べると、今作のほうが曲調は多彩ではあるが、アルバム全体として一本筋が通った内容である。
これも、今作のプロデュースを手掛けたEROL ALKANの手腕による部分が大きいはず。
EROL ALKANといえば、自らのパーティー<TRASH>を足がかりにしてインディ・ロック/エレクトロのムーブメントをオーヴァーグラウンドまで引き上げた、00年代インディを語る上では外すことができない人物だが、その辺りはさすが仕掛け人。
ニューウェーブ風のトラックから牧歌的インディ・ロックが混在する今作を、見事に08年風にコンパクトにまとめあげている。

そして何といっても、先行シングル「YOUNG LOVE」が素晴らしい。
タイトルの「YOUNG LOVE」は、一言では日本語に訳せない、「若さ故の過ち~」「若さ故の生き急いだ~」という枕詞が思わず付いてきそうな、とても含みがある言葉だ。
この曲の歌詞はかなり甘酸っぱい。刮目して聴くべし。

MYSTERY JETS/YOUNG LOVE

ちなみにこの曲のTHE SHOESによる、ロマンティック3割増しなREMIXはコチラ
※THE SHOESはサマソニ出演が決定した様子(MYSPACEのスケジュール参照)


そして、誰よりもニューウェーブを愛していたのは実はMYSTERY JETSだったという、こんな一曲もある。
80’sな作風のビデオはご愛嬌。

MYSTERY JETS/TWO DOORS DOWN






laura3.jpg

5099951688028.jpg

そして、「YOUNG LOVE」を聴いておそらく気になった方も多いであろう、曲の途中から登場するLAURA MARLINGという女性についても触れておこう。
イギリスはレディング郊外出身の18歳のシンガーソングライターである彼女が、今年2月にリリースしたデビュー作『Alas I Cannot Swim』を最近になってようやく聴いたのだが、これは参った。08年ベストディスクの大本命の登場だ。

土着的なフォークソングと室内楽的なアレンジが特徴的な彼女のスタイルは、最近のUKシンガーソングライターのシーンの中でも、ADELEAMY WINEHOUSEのようなスモーキーでソウルフルなシンガー達とは違い、どちらかというと、同じ女性シンガーソングライターでもFEISTCAT POWERのようなアメリカ大陸のネオフォーク勢と共振する部分が多い。
ddjjsのNORI君情報(現在ロンドン在中)によると、今UKではLightspeed ChampionEmmy the Greatのようなネオフォークの流れを組んだシンガーソングライターが台頭してきているとのことで、Corinne Bailey RaeLILY ALLENKATE NASH、AMY WINEHOUSE~ADELE、DUFFYときたUKシンガーソングライターのシーンの中で、この新しい流れは非常に興味深い。

この作品の一曲目を飾る「GHOSTS」のコーラス部分では、
“Lover please, do not fall to your knees.
 It’s not like I believe in ever lasting love.”
(愛する人よ、お願い。どうか跪かないで。永遠の愛を信じるなんて、そういうわけではないの)
と、淡々と一人歌い上げる。
室内楽的なミニオーケストラが加わり、ドラマティックな展開を魅せる曲後半の流れが特に素晴らしい。
「一家に一枚FEIST」「一家に一枚CAT POWER」が口癖(実際はそれほど言っていないが)の自分にとって、このLAURA MARLINGのデビュー作ももちろん一家に一枚買うべきだ。
きっと、あなたの生活に彩りを与えてくれるはずだ。
そして個人的には先にも言ったとおり、08年ベストディスクの大本命でもある。
スウェーデンのLykke Liと共に、これは要チェックな存在だ。

LAURA MARLING/GHOSTS




LAURA MARLING/Cross Your Fingers ~ Crawled Out Of The Sea




最近よく聴いているもの↓
MYSTERY JETS『TWENTY ONE』
LAURA MARLING『Alas I Cannot Swim』


ry01
ry01 CM(2) 

本日はFoals&Midnight Juggernauts
foals1


mj1


Foals / Midnight Juggernautsのライブに行く方!
会場にGOOD ON THE DANCEFLOORのメンバー何人かいます。
6・13のフライヤー欲しい方は差し上げるので見つけてくださいねーー

当日券あるみたい↓
http://www.smash-jpn.com/band/2008/05_foals/index.php

では!

Foals - Balloons


Midnight Juggernauts - Into The Galaxy


Zak
Zak CM(2) 

ポジティヴに行こう!!!!!!
『何を急に言い出すのかと思ったら、「ポジティヴに行こう!」だって??
いやいや、そんなに簡単に言わないでくれよ。とてもそんな気分になれる現状じゃないんだ。
「そっちはどうだい?うまくやってるかい?」だって?
いやいや、君の知ってる通り、こっちはどうにもならんよ。
仕事だって恋愛だって自分がやりたいことだって、なかなかうまくいかないものだよ。
「だからこそポジティヴに行こう!」だって??
いやいや、そりゃまあ、そんな気分にさせてくれる音楽でもあればそういう気になるのかもしれないけどさ。』


以前「デビューアルバム特集2008!!!!!!」の記事で自分は、「mixi世代の自分達には、世界を一瞬でカラフルに染め上げてしまう圧倒的なポジティヴィティを持った存在が必要だ」と書いたが、
今回は個人的に「08年的世界3大ポジティヴィティ」と言える存在をご紹介。


los.jpg
まず紹介するのは、このブログでも何度か触れてきたLOS CAMPESINOS!
自分は彼らのことを「世界のハチクロ・バンド」と名付けたい。
男女混合の7人組である彼らは、性急なビートと共にギターの単音フレーズが所狭しと駆け回る曲調に乗せ、メンバー全員での大合唱コーラスが繰り広げられるその様からは、ひたすら今を生きることに対して真っすぐな『ハチミツとクローバー』の登場人物達による、泣いて笑っての青春ドラマを思わず連想してしまう。

しかも彼らは、デビュー作『HOLD ON NOW, YOUNG STAR…』の最終曲にて、
“one blink for yes. two blinks fo no. sweet dreams, sweet cheeks, we leave alone.”
(瞬き一つはイエス。瞬き二つはノー。スウィートな夢、スウィートな頬。僕らは一人ずつ去る)
と歌っているように、すべてが思い出に変わる日がいつかやって来ることも知っている。
だからこそ彼らの曲からは、若さ故に生き急ぐあの胸の高まりと青春の煌めきを感じ取ることができるのと同時に、それと同量の切なさと儚さも感じ取ることができる。

さらに彼らは、「僕らの七日間戦争」が与える影響が「僕ら」の中だけでは終始しないことも知っている。
目の前の試練につまづきながらも、顔を上げて立ち向かうハチクロの登場人物達に誰もが背中を押されたように、今まさに何かが起こりそうな期待と予感を、実現へと導く圧倒的なポジティヴィティを掲げる彼らが鳴らす音楽こそ、正真正銘のポジティヴ・パンクだ。

LOS CAMPESINOS!/My Year In Lists






cajun.jpg
続いては、08年最大の注目を集める平均年齢17歳の新人バンド、Cajun Dance Party
シングル「THE NEXT UNTOUCHABLE」がヒットしたことから始まり、昨年の時点ですでに話題沸騰だった彼らが去る4月にリリースした待望のデビュー作『THE COLOURFUL LIFE』は、タイトルの通り、鮮やかな色彩を思わせる豊かなソングライティングセンスと歌、そしてバーナード・バトラーの名プロデュースが最高の形で花開いた、08年を代表する傑作となった。

この作品では、中盤の「NO JOANNA」から「AMYLASE」の流れが特に素晴らしい。
リズム隊抜きという構成の、触れたら壊れてしまいそうなぐらい儚くも美しい名曲「NO JOANNA」の後に続く、彼らの代表曲「AMYLASE」が彼らの存在感を最もわかりやすく示す一曲となっている。
この「AMYLASE」の後半部分、
“You’re the catalyst that makes things faster.
 Amylase will dry up the plaster.”
(君は物事の進行を進める触媒 アミラーゼはしっくいを乾かすだろう)
のフレーズから奇跡のアウトロに至るまでのくだりは、まるで新緑の森のアーチの下をゆっくりと歩く中、ふと真上を見上げた瞬間、木々の隙間から一筋の光が差し込み、その光によって景色が真っ白に包み込まれるような、そんな鳥肌が立つ感動的な瞬間を体験することができる。
自分はこのくだりを聴くためだけに5000円払っても良い。それ程までに素晴らしい。

例えば、自ら暗闇の中に身を溶かし、その中でうごめく得体の知れない感情にフォーカスを当てるTHESE NEW PURITANSが“闇”の存在であるのに対して、彼らは触れるもの全てを白に塗り変える圧倒的な“光”の存在だ。
このアルバムのタイトル『THE COLOURFUL LIFE』が示すとおり彼らは、人生というものは自分の気持ち次第でいくらでもカラフルに染め上げることができるということを知っている。
彼らは自分達が放つ光によって人々のキャンバスを真っ白なものに塗り変え、そっと絵の具と筆を手渡してくれる。
そこから先はあなたが好きな色に染め上げれば良い、ということだ。

Cajun Dance Party/AMYLASE
※YOUTUBEでは感動が伝わらないので必ずCDで聴くこと!






sokabe.jpg
最後は日本から、曽我部恵一BANDの登場だ。
サニーデイ・サービスの解散後、ソロ名義でアルバムを量産してきた曽我部恵一が、初のバンド名義でのフルアルバム『キラキラ!』をリリースしたのは先月の話。
「最高のロックンロール・アルバムを作り上げる」ことを目的として挑んだこのバンド名義でのデビュー作は、今の曽我部恵一BANDが放つポジティヴィティが見事に反映された「最高のロックンロール・アルバム」となった。
この作品を眩しいまでに覆うのは、バンドが演奏する最高のロックンロールと、どこまでも直接的な曽我部恵一のリリックだ。
タイトル曲「キラキラ!」の、
“キラキラしていよう 君と僕 這いつくばったって構わない
 きっといつか逢えるその日まで ハレルヤ!エブリデイ!”
というフレーズは、仕事中に自分のデスクで聴いていたときに、思わず隣の席の上司が「ねえ、それ何?ゆず聴いてるの?」と聞いてきたほど、恥ずかしいまでにあっけらかんとした、包み隠すことのない直接的なメッセージを歌っている。
「恥ずかしいまでに」とは書いたが、実際に“キラキラしていよう”や“ハレルヤ!エブリデイ!”という言葉自体が恥ずかしいわけではなく、今の日本はそういう言葉を大声で言えない風潮だということだ。
似たような風潮として、“夢”や“愛”という言葉を声を大にして叫ぶことがカッコ悪い見方をされてしまったりすることも、まあ、よくある話だ。
いつの間にか、人間の素直な感情というものは歪んでしまっていたようだ。
だからこそ、「キラキラ!」な感覚をどこまでも直接的に歌う曽我部恵一BANDは日本では稀な存在だ。

と言っても、この作品は「キラキラ!」な感覚ばかりを歌った作品なわけではなく、
サニーデイ・サービス時代からの名曲「青春狂走曲」のように、
“そっちはどうだい?うまくやってるかい?
 こっちはこうさ どうにもならんよ
 今のところは まあ そんな感じなんだ”
という、思わずポロッと出た自分の弱みを歌った曲もあるが、そんな憂いまでも肩を叩きあいながら笑い合えるロック・ナンバーに変えてしまうあたりが今の曽我部恵一BANDのポジティヴィティだ。

特に最終曲「魔法のバスに乗って」のリリックは素晴らしい。
“ああ 魔法のバスに乗っかって ああ どこか遠くまで
 ああ 魔法のバスに乗っかって ああ 季節の果てまで
 さっきまで曇っていた空 いつの間にか晴れてるってことない?”
目まぐるしい現実に疲れた時、一瞬の夢心地を見させてくれる、現代が誇る名チルアウト曲だ。

曽我部恵一BAND/魔法のバスに乗って







『そっかそっか、たしかにみんな良いバンドだね。
てか最後のバンドなんて、下北歩き回ってるだけのビデオじゃん!
「少しはポジティヴになれた?」だって?
いやいや、そりゃ相変わらず大変だけど、でも、こんな曲があるから明日も頑張れる気になるのかもね。
「じゃあせっかくだから言ってくれよ」って? わかったわかった。
ポジティヴに行こう!! これでOK??』

ry01
ry01 CM(0) 

The Ting Tings
The Ting Tings - That's Not My Name


The Ting Tings - Great DJ


サマソニに出るよ。Late Of The Pierの前?

Zak CM(0) 

hi ya!
こんばんは。
NCCのchickです
風邪引きました 38度!wow!

ブログ作成しました ☆
くだらないこと沢山UPしてこうと思います にこ

↓♪CHECK CHECK CHECK♪↓

parallel worlds end







 

chick fish CM(0) 

LESS THAN TVが止まらない!!
皆さんはこのゴールデンウィークを満喫することはできましたか??
自分は前々回の記事で書いた『DISCO! DISCO! DISCO!×DIG IT!!!』でとにかくエンジョイすることができました!!
※その時の様子はコチラ
ただ、このゴールデンウィークに一つだけ心残りがあるとすれば、5/4(土)に新大久保EARTHDOMで行われたANGEL O.D.のレコ発GIGに行けなかったこと。
普段は自分がスタッフを担当しているWhite Scooper周りのバンドのライブのほうへ良く行くため、この日は久しぶりにハードコア・バンドのライブに行けるのでかなり楽しみにしていたのですが、時間の都合で行くことができませんでした…。

この日は、
■live stage
ANGEL O.D.
LOW VISION
dREAD EYE
PAYBACK BOYS
COSMIC NEUROSE
SCREWITHIN
ELEKTRO HUMANGEL
CHARM
NERVS

■bar space
プンクボイ
谷口順VSゆかり
本間(nemo)
BUSHMIND
DISCHARGE
PK

というとんでもないラインナップで、日本のアンダーグラウンド・ハードコアに関してほとんど知識の無い自分でもかなり大好きなバンドが沢山!!

angel.jpg
メインのANGEL O.D.はというと、今年2月にリリースされた彼らにとって初のフルアルバム『For all the beloved bullshit from the past,present,and future.』が、個人的に今年出た作品群の中でもかなりお気に入りの一枚で、カオティックの一言では済まされない圧倒的な内容!!

ANGEL O.D. at Minimi Futo Park



nervs.jpg
同じくフロントマンが女性のハードコア・バンドで言うと、遅ればせながら聴いた、去年リリースされたNERVSの7inchも相当良い!!
リバティーンズクラクソンズのような新しいパンクの形はもちろん刺激的で最高なのだけど、NERVSの激しいフィードバック・ノイズが渦巻く中に妖美な女性ボーカルが乗るサウンドは「これぞパンク!!」と言ったところでしょうか。
音源がどこにもアップされていないので聴かせる事ができないのが残念!!要チェック!!

というわけで、他出演バンドのライブ映像をいくつかどうぞ!!

LOW VISION -BET THIS MOMENT-



PAYBACK BOYS at CHAOS PARK




そんなわけで、前述したANGEL O.D.とNERVSなど、強烈な個性が湧き立つバンドたちのリリースを続けるレーベル<Less Than TV>の勢いが今年は止まりません!!
昨年末から現在にかけてSCREWITHIN、デラシネ、IDEA OF A JOKE、U.G MANなどを立て続けにリリースし、来たる6月には日本が誇る3大変態カオティックバンドDEEPSLAUTER×SHIFT×TIALAによる3WAYスプリット、そして世界を又にかけて活躍する京都発の日本語オルタナティヴ・バンドLimited Express (has gone?)と関西ブレイクコア・シーンからの刺客DODDODOによるスプリットのリリースが控えています!!
個人的に、京都アングラ・シーンの中核を務めるLimited Express (has gone?)の復活作がどう出るか楽しみです!!

Limited Express (has gone?)/生贄のJESUS CHILD



というわけで、慣れないジャンルの記事を扱うと内容が散漫になってしまうのでした!!
もし良かったらいろいろ動画など観てみてください!!

最近よく聴いているもの↓
ANGEL O.D.『For all the beloved bullshit from the past,present,and future.』
NERVS『NERVS』


ry01
ry01 CM(0) 

結局どうだったパフューム!?
game_2.jpg
遂にオリコン・アルバムチャートで初登場を一位を記録したPerfumeの1stアルバム『GAME』。
広島ローカルアイドルからスタートし、秋葉原オタク文化で火がつき、プロデューサーである中田ヤスタカの人気がじわじわ上がっていくのに比例し、今では押しも押されぬ人気を誇るようになった現在のPerfume。皆さんはこの作品を聴かれましたか??
「テクノ・ユニットがオリコン一位を獲得するのはYMO(Yellow Magic Orchestra)以来、約25年ぶりの快挙」とのことですが、「Perfumeなんてテクノ・ユニットじゃなくてただのアイドル・ユニットだ」「いやいや、Perfumeこそが究極のテクノ・ポップだ」「難しいことはよくわかんないけどPerfume最高!!」といった様々な意見が飛び交いそうな昨今、そんな話題をGOOD ON THE DANCEFLOORが見逃すわけがありません!!
ということで論評大好きな私ry01が、Perfumeを取り巻く様々な事柄を自分なりにまとめてみました!!


まず、Perfumeの話をする上で最も重要なポイント。
それはメンバー全員が自分より歳が3コ下(本当に19歳!?)だということ。嘘ぉ!!??
絶対ふけてるよ~。SAFARIのMihoの1コ下には見えないよ~。
この人たちのことを可愛いっていう気持ちがわからないよ~。
アッキーナのほうが5万倍ぐらい可愛いよ~。

と、いきなり挫折してしまったが、そんな「アイドル顔??」な3人がここまでヒットする要因となったのは、やはり前述にも挙げた中田ヤスタカのプロデュースの手腕によるところが大きいのはもはや周知の事実。
数年かけてネオ渋谷系からダフトパンク直系のディスコ・ハウスへとシフトチェンジしてきた中田ヤスタカ率いるcapsuleの流れをそのままに、Perfumeのサウンドは最近の海外ニュー・エレクトロ勢にも負けず劣らずな、極めて硬質なエレクトロ・ディスコ。
このリズムの硬質さと、ノイジーさとハイファイさを完備したシンセフレーズ、そして曲単体がコンパクトに構成された3分間ミュージックであることから、ある意味SIMIAN MOBILE DISCOが最も近い存在と言えるかもしれない。
ニュー・エレクトロから乙女ハウス、さらにはネオ渋谷系まで、それぞれの美味しい部分を詰め込み、エレクトロという言葉すら知らない大衆層までをも巻き込む、(良い悪いは置いておいて)思わず誰もが頭の中でループしてしまうウルトラキャッチーなソングライティングセンスにはもはやお手上げ。
実のところ、自分は去年リリースされた大沢伸一の『The One』よりこの作品のほうが良いと思っている(というかあの作品は個人的にかなり苦手だ)。
彼らが大ヒットするきっかけとなった「ポリリズム」のシンセフレーズを聴いて、思わずUnderworldの「Two Months Off」をマッシュアップしたい衝動に駆られたのは自分だけではないはず。この曲のトラックなんかは普通にカッコイイ。
がしかし、自分はこの曲の歌詞がたまらなく苦手だ。
“とても大事なキミの想いは無駄にならない 世界は廻る
 ほんの少しの僕の気持ちが君に伝わる そう信じている”
「とても大事なキミの想い」は無駄にならなければいいし、「ほんの少しの僕の気持ち」は君に伝わればいいのだが、そう簡単に世の中は出来ていないのが実際のところ。

Perfume/ポリリズム




そう考えると、バレンタイン前の女の子と男の子について歌った「チョコレイト・ディスコ」の歌詞は白眉モノ。
“計算する女の子 期待している男の子
 ときめいている女の子 気にしないフリ男の子
 お願い 想いが届くようにね とっても心込めた甘いの
 お願い 想いが届くといいな 対決の日が来た” 
あのそわそわした感情の高ぶりと、(自分は女の子じゃないのでアレだが)女の子が一生懸命男の子を思う気持ちが良く表現出来ている。

Perfume/チョコレイト・ディスコ




といった感じで、この2曲を例にサウンド面と歌の部分をピックアップしてみたが、彼女らのもう一つの特徴はあの世話しない動きの踊りの振り付け。
かつてのピンク・レディーは、男性のみへと向けたアイドルの型を破るべく、あの誰もがつい振り付けを真似したくなるダンスを取り入れることで若年層から中高年層まで男女問わず、お茶の間レベルまで広がっていった。
その歴史を踏まえると、
・アイドルとして扱われる要素があること
・現在のニュー・エレクトロの流れを組み込んだトラックがあること
・思わず真似したくなる振り付けの踊りがあること
という、Perfumeの売り出し方はかなり上手い。
たしかにこれなら、中田ヤスタカ音楽を敬愛する美容師または美容系専門学校生達が代表されるオシャレ・ボーイズ&ガールズ層、萌え萌えな観点で追いかけるアイドル追っかけ層、積極的に新しい音楽を聴き続けているロック・フェス層、オリコンのランキングで上位の音楽のみを聴く大衆層までをも巻き込むことができる。

と言っても、話が難しくなるのはここから。
ここまでいろいろPerfumeについて書いてきたが、別に自分は彼女らの音楽が良いとは思わない。
日本でこういった存在は初めてかもしれない、とてもよく出来た商業的なエレクトロ・ポップ・アイドルであることは確かだが、正直自分だったら良質なエレクトロ音楽を聴きたいのなら今ならSOUTH CENTRAL80kidzなどを聴くし、アイドルを追っかけるなら南明奈を追いかける。
ざっくり言うと、ライトユーザー向けの音楽であるということだ。
Perfumeにお熱を上げている人達は、もっともっと素晴らしいエレクトロ音楽があることをきっと知らない。
Underworldの近年作に見える音のレイヤーの掛け方の美しさに比べれば、Perfumeの音楽が圧倒的に幼稚なアイドル・ポップであることにすぐに気付くはず。

が、だからこそ難しい。
自分は前から、「ジャニーズのアイドルなんかはDURAN DURANみたいな曲を歌えば音楽的にも良いしカッコイイのに」とずっと思っていた。
KAT-TUNが以前メタルのような曲でオリコン一位を取っていたことに対して、「ファン達は音楽が何であろう、彼らが歌っていれば何でもいいのか!!」と驚いたものだ。
そうなると、ジャニーズを始めとした大衆的なJ-POP勢が、音楽的にもう少しマシな曲を歌っていたら日本の音楽シーンももう少し良くなるのでは??と思ってしまうもの。
現状オリコンで上位を占めているアーティスト達の音楽は、どう甘く見積もっても良い音楽とはいえない。本当に良い音楽といえるものとは差が開きすぎている為、リスナーがどうしても分断化されてしまうし、結果的に本当に良い音楽をやっているアーティストが日の目を見れない状況だ。
だからこそ、前述したように「とてもよく出来た商業的なエレクトロ・ポップ・アイドル」である彼女らの力で、少しでもエレクトロ音楽の敷居が下がっているのだとしたら、日本の音楽シーン的には良いことなのかもしれない。
今まで音楽を積極的に聴くことの無かった人達が、新しい音楽に興味を持つきっかけに成り得ているのだとしたら、それは大きい役目を果たしているのかもしれない。
もちろんYMOに比べれば音楽的に格段に劣るとしても。

長くなってしまったが、以上のことから自分はPerfumeについてはどうにも判断し兼ねる。
Perfumeの登場が今後の日本の音楽シーンに影響を与えることになるか、もしくは何も変わらないのか??
そんな考えで方でPerfumeを聴いてみるのも面白いかもしれない。

最近よく聴いているもの↓
Perfume『GAME』


ry01
ry01 CM(5) 

『DISCO!DISCO!DISCO!×DIG IT!!!』 and NEXT!!!『Friday the 13th』
画像-005_
昨日のthe brixton academyQUATTROの合同企画『DISCO!DISCO!DISCO!×DIG IT!!!』にお越し頂いた皆様、本当にありがとうございましたー!!
バンド、DJ、VJ、ライブペインティング、どれをとっても最高にエネルギッシュで楽しいイベントでしたね!!

我らがWhite ScooperとSAFARIも奇跡のコラボを果たし、音でも映像でも刺激的なライブを見せることができたのではないでしょうか!!
というわけで、昨日のライブから「Vigger」のライブ映像をどうぞ!!
White Scooper×SAFARIによるスペシャルライブの様子を是非チェックしてみてください!!

White Scooper×SAFARI @DISCO!×3&DIG IT! 08/05/03



画像-002_
他にもライブフォト&打ち上げの様子をGOOD ON THE Flickrにアップしましたので、こちらも要チェックです!!
photo by ry01
■GOOD ON THE Flickr
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03


個人的に、トリのthe brixton academyのライブ→終演後にスピンされたFREE THROW DJs平良さんのかけたBlack Kidsの「I’m Not Gonna Teach Your Boyfriend~」を個人的に大合唱、という流れがピークポイントでした!!

次のDISCO! DISCO! DISCO!は8月にオールナイトイベントとして行うとのことなので、引き続きthe brixton academyから目が離せません!
■the brixton academy
http://www.myspace.com/thebrixtonacademy

もちろん、White ScooperとSAFARIからも目が離せません!!
■White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
■SAFARI
http://www.myspace.com/safarisafasafari


そして何といっても、刺激的なパーティーとしてはGOOD ON THE DANCEFLOORも負けてはいられません!!
というわけで遂に告知大解禁、GOOD ON THE DANCEFLOOR presents第三弾の開催が決定しました!!!!!!
それではまず、今回のフライヤーでドドンとご紹介!!
vol03_mein_web.jpg

vol03_back_web.jpg

次回の開催は来月、6/13の金曜日!!
そう、今回のイベントタイトルが示すとおり13日の金曜日なのです!!!!!!
それでは以下が詳細になります!!

GOOD ON THE DANCEFLOOR presents vol.03
“Friday the 13th”
2008/06/13(金)@下北沢ERA
OPEN/DJ START 18:00 LIVE START 18:30
ADV/with flyer 1,400yen DOOR 1,700yen
+1DRINK ※プレゼント有り

We are the NEW GENERATION!!!
We are the GOOD ON THE DANCEFLOOR!!!!!!
TOKYO発、音楽とアートを繋ぐ新世代アーティスト集団「GOOD ON THE DANCEFLOOR」がプレゼントする第三回目のパーティーは、なんと13日の金曜日!!! が、不吉ではありません!!!
死者(退屈な日本のシーン)を蘇らすかのごとく集まった、非「邦楽」世代のバンドたちから、東京最若手DJ集団Too Young DJ'sまでをもクロスオーヴァーさせる、バンドもDJもVJもミイラも小悪魔も大集合の革命的ニュースクールパーティー!!!!!!

■Bands
White Scooper
海外のシーンに振り回されることなく、独自のニューウェーヴ・サウンドでひたすら観客を踊らせ、終いには自分たちも踊るという日本で類を見ないエレクトロ・バンド!!! 5月には初の音源リリースも決定!!!
http://www.myspace.com/whitescooper

The Mirraz
和製アークティックモンキーズなんて例えはファックオフ!!! 海外のインディロックを余裕で突き放す超高速ローリングなバンドサウンドと、日本語の連続速射砲は観るもの全てをノックアウト!!!
http://www.myspace.com/themirraz

MONICA URANGLASS
海外ニューレイヴの流れを一挙に引き受ける存在が日本から登場!!! 唸るシーケンスとラウドな演奏にダンスのビートが組み合わされば、[ROCKA TRANCE]なるオリジナルジャンルが誕生!!!
http://www.myspace.com/monicauranglass

NCC[Nu clear classmate]
自らのジャンルを「SUICIDE POP」と名乗る、ライオットガール&ボーイによるエレクトロ・バンド!!! 拡声器を使い、キラキラでドロドロでガシガシなサウンドで盛り上げる彼らのライブは必見!!!
http://www.myspace.com/nuclearclassmate

KuNoKu
ガレージロックとディスコ・パンクの狭間を疾走感そのままに駆け抜け、00年代ロックンロール・リヴァイヴァルをエネルギッシュに、そしてスウィートにリプレゼントする3ピースバンド!!!
http://www.myspace.com/kunokunari

■DJs
Zelda(GOOD DJs, TRASH PAPA)
新宿LOFTにてレギュラーDJパーティー「TRASH PAPA」のオーガナイズをこなす、ダンス&ロールキッズ!!!
http://www.myspace.com/disco_beat_the_orange

JUNior(from ddjjs, Too Young DJ's)
新世代DEXPISTOLSを思わせるDJユニットddjjsから、和製KAVINSKYの異名を持つJUNiorが登場!!!
http://www.myspace.com/ddjjs

BAZZ(Too Young DJ's)
08年初頭に公開したMIXが話題を呼び、世界中で一万六千人にダウンロードされた、平成生まれの一人2 Many DJs!!!
http://www.myspace.com/bazzxxxxx

■VJ
SAFARI
女性二人組オール・アート・クリエイション・ユニット!!! 見た目の可愛さとは裏腹に、バキッと視覚で盛り上げてくれること必至!!!
http://www.myspace.com/safarisafasafari


というラインナップ!!
不吉な日付である13日の金曜日を死者(退屈な日本のシーン)として例え、それに対してカウンターを喰らわせる刺激的な、バンド、DJ、VJに集まって頂くことができました!!
元より「ライブハウスとクラブのクロスオーヴァー」を一つの目的としてきたGOOD ON THE DANCEFLOORのイベントですが、今回は現在東京で活躍する・またはこれから活躍が期待されるバンド達と、東京10代最若手DJクルーToo Young DJ'sから二人が参加するDJ陣に、さらにはSAFARIのVJまでもが組み合わさり、これまでに無いクロスオーヴァーなイベントになること間違いなしです!!

ちなみに、昨日の『DISCO!DISCO!DISCO!×DIG IT!!!』より配布開始しているこのフライヤー、デザインはもちろん我らがSAFARI!!
今後は随時レコードショップ、ライブハウス、カフェなどに設置していきますので、このSAFARI流ホラーなフライヤーを是非ともゲットしましょう!!
(フライヤーを持参頂いた方は、ドリンク代込みで2,000円でお釣りがきます!!)
まだ1ヶ月以上先のイベントなので、今のうちにスケジュール帳への書き込みをお忘れなく!!

追加情報はこのブログでも随時アップしていきますので、どうぞお楽しみに!!
HP、MYSPACEもチェックチェック!!
GOOD ON THE DANCEFLOOR
■HP
http://www.goodonthedancefloor.com
■MYSPACE
http://www.myspace.com/goodonthedancefloorjpn


ry01
ry01 CM(0) 


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。