GOOD ON THE DANCEFLOOR

GOOD ON THE DANCEFLOOR
OFFICIAL
Twitter
MySpace(Label)

レーベル/パーティ"GOOD ON THE DANCEFLOOR"のオフィシャル・ブログです。

[ABOUT US]
東京発のレーベル/パーティ。Arctic Monkeysの曲名から名づけられたこの集団は、上の世代には持ち得ない、自らの世代ならではの感覚を証明することを目的として、2007年6月に結成。バンド/DJ/デザイナー/ライター/フォトグラファーなど、現在複数のメンバーによって構成されている。個々での活動に加え、GOOD ON THE DANCEFLOORとしてもイヴェントやパーティーを不定期に開催。2009年秋にはレーベル初のコンピレーションCD『ALT A NATIVE SYNDICATE』をリリースし、国内をはじめ、北米/欧/豪にも配信リリースしている。

contact me :P
info@goodonthedancefloor.com

[NEWS]
2009年9月にリリースされ、日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、熱心な海外インディ・リスナーから、国内新世代インディ・バンド・ファンまで、多方面から絶賛の声を浴びた、東京の新世代レーベル"GOOD ON THE DANCEFLOOR"による、今後活躍が期待される新型バンドを集結させたコンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』。紅一点として参加したNu clear classmateが待望の単独作を遂にリリース!
------------------------------------------------------------
USインディ新世代と共振するサウンドに、コケティッシュな女性ヴォーカルを乗せた、日本発のキッチュな個性。この最新EPでは、Washed OutなどのGlo-Fi、Nite Jewelらが牽引するインディ・シンセ・ディスコ、そして時流のエレクトロ・ポップなどを、軽やかに横断している。わずか半年ほど前にリリースされたレーベル・コンピ収録曲と比べると、目が覚めるほどの音楽的な飛躍ぶり。ただ今メキメキと成長中の新世代二人組に、ぜひ注目を!
-小林祥晴-
------------------------------------------------------------
失礼を承知で正直に言うと、彼女たちがここまでの作品を仕上げてくるとは全く思っていませんでした。日々から逃げ出したい気持ち、マリア様に包まれてただただ安らかに眠っていたいという欲望と、それが叶わざる願いであることが転化した、やすりのような手触りの不機嫌な殺気。2010年に生きていく感覚そのままの音楽です。
-田中亮太(JET SET KYOTO/mogran'BAR)-
------------------------------------------------------------
Nu clear classmate 『Lick The Star』
2010/04/16 ON SALE
GOOD-1002 / including 5 songs 1,300yen (tax out)
1. Blank World
2. Causeless Pain
3. The Nearest Faraway
4. I Know I Know
5. I Leave The Parade Wearing A Dress

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

[NEXT PARTY]
????????????

全ての公演のチケットは予約を受付けております(一部除く)。
予約をご希望される場合は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります。
下記のチケット予約フォームからもお気軽にご予約が可能です↓↓↓


[RELEASE INFORMATION]
【GOOD ON THE DANCEFLOOR】のレーベル部門が、新たに【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】として始動!!!!!! 記念すべき第一弾リリースとして、初のレーベル・コンピレーションCDを2009年9月25日にリリース!!
------------------------------------------------------------
海の向こうの同世代へのシンパシーと、隣り合う君とのディスコミュニケーション。2つの同時代性の狭間で軋む音、火花。青く、眩しい。
-田中亮太 (CLUB SNOOZER / JET SET)-
------------------------------------------------------------
世界と同感覚で進行中の東京インディー・シーンをリアルに感じられる、グッド・コンピレーション! この衝動と感覚を忘れずに、リリースを続けてくれることを期待しています!
-JUN (80kidz)-
------------------------------------------------------------
GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK compilation
V.A. 『ALT A NATIVE SYNDICATE』
2009/09/25 ON SALE
GOOD-1001 / including 10 songs 1,800yen (tax out)
1. To Pieces / AAPS
2. Spin of School / Nu clear classmate
3. Social Evils and a Potato [Hamon Mix] / The New House
4. Jr. / White Scooper
5. Marble Nuts / Nu clear classmate
6. Tailors of OZ / AAPS
7. Up Bends / White Scooper
8. Pale Boy / The New House
9. Marble Nuts [Bamian Remix] / Nu clear classmate
10. Up Bends [Lapin Remix] / White Scooper

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

White Scooper 1st CD 『Thousand Valleys』
2008/06/10 ON SALE
GOOD-001 / including 7 songs 500yen (tax out)
1. C.Farmeres
2. Behind The Lights
3. Ya Ya Ya
4. Proco
5. Vigger
6. Nightram
7. Mornin' Giraffe
Art work by SAFARI.

取り扱い店舗
■JET SET (京都/下北沢)
【HP】【地図】【WEB通販】
■disk union各店
お茶の水駅前店、神保町店、新宿本館B1、下北沢店、吉祥寺店、
中野店、国立駅前店、池袋店、町田店、淵野辺店、稲田堤店、
横浜関内店、横浜西口店、津田沼店、千葉店、柏店
【HP】【店舗一覧】
■Sunrain Records (高円寺)
【HP】【地図】【WEB通販】

チケット予約フォーム
こちらでGOOD ON THE DANCEFLOORの各イベントのチケット予約が出来ます。ご利用ください。

名前:
メールアドレス:
日にち/イベント名:
枚数(質問などもどうぞ):

ブログ内検索
QRコード
QRコード
検索用

we love

!!! 1965 2 Many DJs 24Hour Party People 80kidz 8otto 100s Abake Abraham Cross Adam Sky Adel Air Akufen Alan Ball Air France The Album Leaf Alter Ego Altz Alphabeat Alloverallareover American Amy Winehouse Apparel Anavan ANDREA CREWS Andrew Kendall Andy Warhol Animal Collective Anna Tsuchiya Annie Aphex Twin The Apples In Stereo The Arcade Fire Arctic Monkeys Art-School Asian Dub Foundation Asian Kung-Fu Generation Ash A Sunny Day In Glasgow Atlas Sound At The Drive-In Audion Au Revoir Simone Aus Autechre The Avalanches Avengers In Sci-Fi badly drawn boy Back Drop Bomb Babyshambles Bamian The Band Apart Bang Gang Deejays Basement Jaxx Battles The Bawdies The Beach Boys Beastie Boys The Beatles Beck Beirut Belle & Sebastian Ben Folds Five Benga Ben Sharn Bernhard Willhelm Best Fwends Biff Bang Pow! Big Star The Birthday Bishi Bjork The Black Ghosts Black Kids Black Rebel Motorcycle Club Blast Head Bloc Party Bloodcat Love Blood Red Shoes Blood Thirsty Butchers Tha Blue Herb Blur Boards Of Canada Bonde do Role Bonjour Records Boom Boom Satellites Boredoms Born Ruffians Boys Noize The Boy Least Likely To The Bravery Breakfast Brian Jonestown Massacre The Brixton Academy Broken Social Scene The Buffalo Bunch The Bumblebeez Bump Of Chicken Buraka Som Sistema Burial Bushmind The Buzzcocks Bright Eyes British Sea Power Busy P Cabanne Cajuan Cajun Dance Party Calvin Harris Camera Obscura Cansei De Ser Sexy The Capes Cassette Playa Cat Power Cazals Chaki The Charlatans The Checks Chemical Brothers Chicks On Speed Chris Cunningham Christian Joy Chromeo C.I.A. Cibo Matto The Cigavettes Citizen Clammbon Clap Your Hands Say Yeah Clark Clarky Cat Chim↑Pom The Clash Coachella Coburn Cocorosie Coldcut Cold War Kids Colette Comanechi Comeback My Daughters Converge Corinne Bailey Rae Cornelius Cornershop Cosmic Wonder Cosmo Vitelli Chairlift The Coral Crackhaus The Cribs Creation Records Cristal Castles Crookers CSS Cubismo Grafico Cubismo Grafico Five The Cure Cut Copy DaDa KingZ Dada Life Daedelus Daft Punk Daggers Damien Hirst Dandi Wind Dan Le Sac vs Scroobius Pip Darek Darkel Darren Emerson Datarock Dandy Warhols David Fincher David Lynch David Sylvian Ddjjs Dead Disco Death From Above 1979 Death In Vegas The Death Set De De Mouse Deep Dish De La Soul Delta Sonic The Departure Derrick May Devendra Banhart DFA Diane Arbus Dick Bruna Digitalism Dinosaur Jr Diplo Dirty Pretty Things Dirty Projectors Disco Drive Disco Teenage Kicks Disco Twins Dizzie Rascal Dj Baku Dj Hikaru Dj Kentaro Dj Mehdi Dj Nobu Does It Offend You, Yeah ? Domino Doopees Doping Panda Douglas Coupland Doves Dreadeye Dreamburger Drocie Dubsided Duffy Eater ECD Echo & The Bunnymen ED Banger Editors Edward Gorey Eight Legs Electric President Electrocute Elmo El Presidente Ellegarden Elliott Smith Eminem The Enemy Enlightenment Erase Errata Erol Alkan Exlovers Escalator Records Esg Everybody Else Excuse Me Factory The Faint Fancy Him Fantastic Plastic Machine Fatboy Slim The Feeling Feist Find Gask The Fits The Flamin Lips Flipper's Guitar Fischerspooner Fishmans Fountain Of Wayne First Aid Kit Foals Foreignland Four Tet Fox N' Wolf France Gall Frank Owen Gehry Franz Ferdinand The Fratellis Friendly Fires Fred PEerry The Free Design Freeform Five Fuck Buttons Fuji Rock Festival The Futureheads Future Terror Gang Of 4 Ganban Night Gangway Gas Book Georgie James George Harrison Gildas & Masaya Glass Candy Glastonbury Festival Glasvegas The Glimmers Gnarls Barkley Going Steady Goldfrapp The Good Life The Good,The Bad And The Queen Goose Gorillaz Golden Silvers The Gossip The Go! Team Graham Coxon Green Day Grind House Group Inou Group Of People Guns N' Bombs Hadouken ! Hal Happy Mondays Hard-Fi Hard To Explain Headman The Heavy Henry Darger Henrik Vibskov Herbert Hercules and Loveaffair Herve Hi-Standard The Hives The Holloways Holy Hail The Hoosiers The Horrors Hot Chip Hot Gossip Hot Hot Heat House of Holland i-D Idlewild iLL I Love You But I've Chosen Darkness I'm From Barcelona In Corridors Individual Orchestra Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin The Infadels InK Institubes Interpol i-WARP Jack Kerouac Jack Penate Jackson And His Computer Band Jacques Tati The Jam James Ford James Holden James Jarvis Jamie Lidell Jan Svankmajer Jay-Z Jean Luc Chainsaw Jeff Mills Jence Jerry Jesse Rose Jet Jimmmy Eat World Joakim Joanna Newsom John Lennon Johnny Boy Johnny Foreigner The Jesus & Mary Chain Johann Johannsson Joy Division Julie Verhoeven Junior Senior Justice KAFKA Kaiser Chiefs Kanye West Kap10Kurt Karafuto Kate Nash Kathy Kavinsky Koko Von Napoo KAWS The Kbc Ken Ishii Ken Yokoyama Keith Kerrier District The Killers The Kills Kings Of Convenience Kings Of Leon Kim Kitsune Klanguage Klaxons The KLF The Knife The Kooks Kraftwerk Kris Menace Kunoku Ladyhawke Lady Sovereign Larrikin Love The La's Late Of The Pier Laura Marling Laurent Garnier LCD Soundsystem Le Tigre LFO Liars The Libertines Lightspeed Champion Lillies and Remains Lillica Libertine ! Lily Allen Limited Express(has gone?) Linda Lindstrom Little Barrie The Little Flames Little Man Tate Locksley Lo-Fi-Fnk Long Blonde Lostage Love Psychedelico Love of Diagrams The Long Blondes Los Campesinos! Lost Penguin Love Is All Luke Vibert Lovely Chords The Lowbrows Low Vision Magnus Carlsson Malajube Mando Diao Magistrates Marios Mark Ronson Martin Margiela The Marz Volta Massive Attack Material Boy Matisyahu Matthew Barney Maximo Park Memphis Industries Merlin Bronques Metamorphose Metro Area Metronomy Mew M-flo MGMT M.I.A. Mice Parade Michel Foucault Michel Gondry Midnight Juggernauts Mika Milo? Forman Ninja Tune Miaou Minor Threat The Mirraz The Misshapes Mixrooffice M/M Paris Moby Modeselektor Modest Mouse Mo-dettes Modular The Mogs Mogwai Mondo Grosso Monica Uranglass Monobright The Moog Cookbook The Morning After Girls Mo'some Tonebender Moving Units Mr Been Mr Oizo MSTRKRFT Mu Mum Mumm-Ra The Music My Bloody Valentine Mylo Mystery Jets Nanamine Nathan Fake Nathan Michel Neon Neon Neon Plastix N.E.R.D Neu! New Cassettes New Order The New House New Young Pony Club Nan Goldin Natalie Wood Neon Neon Nigel Godrich Nightmoves Nightmares On Wax Niki De Saint Phalle Nima Nourizadeh Nine Black Alps Nine Inch Nailes Ninja Tune The Novembers Noze No Age Nu Clear Classmate Nujabes Nyantora Nylon Oasis Oceanlane Ogre You Asshole Olav Basoski Oldenburg Opera Operator Please Optimo The Ordinary Boys Orange Juice The Orb Oskar Fischinger Ox.Eagle.Lion.Man Pacific! Pam Para One Pains of Being Pure at Heart Passions The Pastels Patrick Wolf Pavement Payback Boys Peaches Pedro Winter Pepe California Peter Bjorn And John Peter Saville Peter Max Pet Shop Boys Pharell Williams Phoenix Phantom Planet Phones Pig Radio the pistolas The Pipettes Pixies Placebo Plan B Polysics Poney Poney The Pop Group Pop Levi Portishead Postal Service Prefab Sprout Prefuse 73 Pre-School The Presets Primaly 1 Primal Scream Prodigy Prototypes Psapp Punks Jump Up Queens Of Noize Quentin Tarantino Quiero Club The Raconteurs Radiator Radio 4 Radioclit The Radio Dept. Radiohead Radio Slave Radwimps The Rakes Raphael Just The Ramones The Rapture R.E.M. Ratatat Rauschenberg Rat:att:agg RayGun Razors Edge RazorLight Regina Spektor Rei Harakami Remi Nicole RE:RE:RE:mojojo Resfest Reverend And The Makers Revl9n Rex The Dog Ricardo Villalobos Richard Linklater Richie Hawtin Riddim Saunter Ride Riot In Belgium Ripchord The Robocop Kraus Robot Needs Oil The Roconters Ron Sexsmith The Roots Rough Trade Rosenquist Rovo The Royal We Rubies Royksopp Roy Lichtenstein Rub N Tug Ryan McGinley Rye RyukyuDisko Saam Faramand Saddle Creek Safari Santogold Sasha Savath & Savalas Scissor Sisters Scott Herren Scouting For Girls Scuttle Scritti Politti SebastiAn Sex Pistols The Shakes Shirokuma Shitdisco The Shoes Sigur Ros Simian Mobile Disco Sinden Sing02 Skream Sleater Kinney The Slits Slowly Downward Smashing Pumpkins The Smith Smith N Hack Snoozer Snow Patrol Sofia Coppola Soft The SoftLightes Soft Tigers Solid Groove So Me Something Else Sonic Youth Soulwax Sound Team Space cowboy Spank Rock Spalta Locals The Specials Special Others Spike Jonze Spiler The Spinto Band Squarepusher Stars Stefanie Schneider Stereo Tennis Steve Aoki The Streets Strip Steve The Strokes The Stone Roses Struggle For Pride Studio Voice Studio 4℃ Sub Pop The Subways Suede Sufjan Stevens Sugiuramun Suicide Summer Sonic The Sunshine Underground Supercar Super Furry Animals Superglass SUPER SUPER Supersystem Surkin The Suzan Switch Syrup 16g Tacteel Takagi Masakatsu Talking Heads Tahiti 80 Tangerine Dream Taikoclub Teenage Bad Girl Teenage Fanclub The Teenagers Teki Latex Telefon Telepathe Tel Aviv The Telephones Television Tepr Theoretical Girl Terry Roison Terry Zwigoff Test Icicles These New Puritans Tomas Andersson Tommy Guerrero Thomas Bangalter Thomas Brinkmann Thom Yorke Those Dancing Days Thieves Like Us Tiga Tilly and the Wall Tim Deluxe The Ting Tings Tokyo Police Club Tomas Andersson Tom Middleton Tommy Guerrero To My Boy Tom Ze Tortoise Trafalgar Trash Fashion Travis TTC The Twang Twisted Charms Two Gallants Uffie Ultra Brain Unchain Undercover Underworld U2 Vampire Weekend Vanessa Van Basten Van She Vanshe Technologic Valerie Phillips Vermilion Sands The View Vanity The Velvet Underground Vermilion Sands The Verve The Vines Vincent Markowski Vinyl Junkie Vitalic Von Sudenfed V∞REDOMS Wagon Christ The Wannadies Warp We Are Scientists Weezer Wes Anderson We Start Fires The Whip White Scooper The White Stripes The Whitest Boy Alive Whitey The Who Why? Wichita Wigs Wild Beasts Wire Wolfgang Tillmans XL XTC Yanokami Yatt Yeah Yeah Yeahs Yellow Magic Orchestra Yelle Yo La Tengo Yonderboi Young Lovers Yppah YSP Yuksek Zongamin Zutons 赤犬 浅田次郎 浅野いにお あふりらんぽ 伊坂幸太郎 石野卓球 稲葉英樹 宇川直宏 羽海野チカ 大沢伸一 小沢健二 大竹伸朗 尾田栄一郎 おとぎ話 大人計画 小山田圭吾 棚田康司 ギターウルフ 銀杏Boyz 草間弥生 クラムボン くるり ザ・クロマニヨンズ 小池桂一 サイプレス上野とロベルト吉野 桜井鈴茂 佐藤秀峰 サニーデイサービス 鹿野淳 渋さ知らズ 清水祐也 しりあがり寿 信藤三雄 砂原良徳 スーパーカー スチャダラパー スマーフ男組 曽我部恵一 相対性理論 田島一成 田名網敬一 田中宗一郎 谷川俊太郎 電気グルーヴ 東京事変 タカノ綾 タナカカツキ 田中フミヤ チャットモンチー 谷岡ヤスジ 長尾謙一郎 中込智子 仲真史 中村一義 奈良美智 野田努 ノンポリラジカル ハイロウズ ハナレグミ 髭 藤子不二雄 ブルーハーツ フルカワミキ 古谷実 堀江博久 前野健太 ゆーきゃん ゆらゆら帝国 横尾忠則 松本大洋 村上春樹 珍しいキノコ舞踊団 森見登美彦 やけのはら ラーメンズ リリー・フランキー

T.H.A.N.K.S.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

7月はCSSにBECK!!傑作が勢揃い!!!!!!
Zak君、言われなくてもわかってますよー!!
GOOD ON THE DANCEFLOORブログがCSSとBECKの新譜を見逃すわけ無いじゃないですか!!
ちょっと堪能し過ぎただけです!!!!!!
というわけで、上半期ベストディスク特集を行ったばかりだというのに、7月はCSSとBECKの他にもBLACK KIDSTHE VINES髭ちゃんらの傑作新譜が連続でリリースされるというお祭り状態!!
その中でも、間違いなく年間ベストディスクの上位に食い込んでくると思われるCSSとBECKの新作であり重要作を改めてご紹介!!


css.jpg
まずはカリスマ・フロントウーマンLovefoxxx率いる、ブラジルはサンパウロからこんにちはのCSSの新譜『Donkey』。
ニューレイヴ・ムーヴメント真っ最中の06年半ばにアルバムデビューした彼女らは、Lovefoxxxの強烈にエキセントリックなキャラクターと持ち前のディスコパンク・サウンドを武器にブラジルから世界を席巻し、この日本でもインディロック・ファンから熱烈な支持を得るまでになった。
といっても、盛り上がる周囲とは裏腹に、今まで自分は彼女らに夢中になったことが一度も無く、デビュー作『Cansei de Ser Sexy』も、04年から05年にかけてディスコパンクを聴き漁っていた自分にとっては、セクシー・ファンク・チューン「Let's Make Love and Listen to Death From Above」を除いてはそれほどパッとしない印象だった。
がしかし、今作ではテンション重視のおちゃらけソングは影を潜め、とにかくグッドメロディーが際立つコンパクトなポップソングが立て続けに並び、そのグッドソングのレベルではThe Raptureの2ndさえ軽く凌駕し得る破格の内容となっている。ここまで曲が書けるバンドになるとは、おそらく誰も思ってはいなかったはずだ。
Lovefoxxxことマツシタ・ハナエの艶かしいヴォーカルも大爆発で、彼女がステージでクネクネ踊りながら歌っているのが目の前に想像できるほどセクシーな佇まいの歌声が余すことなく披露されている。
ビデオにもなっている「Rat Is Dead (Rage)」では彼女のおてんばぶりが良く表現されていて観ていて爽快。ハナエちゃん、マジ最高。

CSS / Rat Is Dead (Rage)






beck.jpg
続いては御大BECKの2年ぶりの新作『MODERN GUILT』。
今作では、自身のユニットGNARLS BARKLEYの新作をこの春にリリースしたことでも記憶に新しいデンジャーマウスをプロデューサーに迎え、BECKの豊潤な音楽的偏差値を見事に昇華させた素晴らしい傑作を作り上げた。
(ちなみにデンジャーマウスはビートルズの『ホワイトアルバム』と、JAY-Zの『ブラックアルバム』をマッシュアップし『グレイアルバム』なるものを作り、レーベルに訴えられたという前科持ち)
GNARLS BARKLEYの新作でも顕著に現れていた、跳ねるリズムとサイケデリックなサウンド・テクスチャーが全面に施され、そこに朝靄の中から聴こえてきそうなBECKの浮遊感のある歌声が加わると正にトリップ・ポップ。
と思わせておいて、ブレイクビーツ風の曲もあったり、そのあたりは流石はBECK。
アルバム発売前からすでに話題になっていた「CHEMITRAILS」では、空から舞い降りた使者の如く、BECKのファルセットボイスがひたすらトリップさせてくれる。

BECK / CHEMITRAILS(静止画です)






これでどうだ!!

というわけで、僕はこれからフジロックに行って参ります!!!!!!
THE VINESのライブで一番狂っている人間がいたらそれは僕でしょう!!
2月のGOOD企画<Revolution#8>で来場者に配布した、GOOD ON THE DANCEFLOORロゴのタックルバンドを付けて会場をウロウロしているので、発見したら是非話しかけてください!!乾杯しましょう!!!!!!
それでは苗場で!!!!!!

ry01
スポンサーサイト
ry01 CM(0) 

Alphabeat's 80's !
alphabeat

Zakです。
暑いのにテスト目前で勉強中です。動けません。hya-
最近新しい扇風機に買ったんやけど、今の扇風機って本当にすごいですね!驚きの連続。すごい便利~◎
でも7月11日に発売の"iPhone"が気になります。
 
   •
   •
   •

さてさて
CSSBECKBlack Kidsが良いからそればっかり聴いてるのは仕方ないんですが
あまりにマスト過ぎてブログ記事になってないっていう謎!
どの曲が好き?

そんなわけですっかり金欠なんですけど
最近出たアルバムの中ではAlphabeatがお気に入り!
あー言っちゃった。
夏だからこれくらい素敵過ぎてもいいじゃないか。
名前だけ知っててなんとなく胡散臭さを感じてたんだけど、これは!良い。
とても80's!
フルハウスを見ながら、マドンナの1stとWink(←chickのブログで反論された笑)ばっかり聴いてる身としてはやっと来たっていう感じ。
ごめんフルハウスは嘘。

彼らデンマーク出身みたい。
ry01くんが書いてたjunior seniorもデンマークですよ。

Alphabeat "Boyfriend"


Alphabeat "Fascination"
...more
テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽
Zak CM(2) 

マジでマイブラ降臨する5日前
slowdown.jpg
タイトルの件は置いておいて、ついこの前、タワーレコード渋谷店にて素敵なバンドを発見!!
たまたま試聴機で聴いた、Slow Down Tallahasseeというバンドに一瞬で恋をしました!!
イギリスはシェフィールド出身のガールズ(果たしてガールズと呼んでいい歳なのか)3ピース・バンドである彼女らは、スウェーデンのおてんばハイスクール5人組THOSE DANCING DAYSとも交流があるらしく、たしかにTHOSE DANCING DAYSやTHE PIPETTSのような60年代風ガールズ・ポップ・バンドとシンクロする部分が多い。
しかし、リリースされたばかりのデビュー作『The Beautiful Light』を聴いてもらえればわかるとおり、彼女らのサウンドを最も特徴付けるのはMY BLOODY VALENTINEの『Isn’t Anything』期を思わせるファズの効いたオルタナティヴ・サウンド!!
マイブラの歴史的傑作『LOVELESS』をサウンドの参照点に挙げるバンドは腐るほどいても、彼女らの場合、アメリカン・オルタナティヴ・サウンドの影響が最も濃く感じられる『Isn’t Anything』を参照点にしてしまうあたりが最高です。センス抜群!!

とにかく自分はこの作品を聴いて、MGMTを初めて聴いたとき以来の衝撃を受けました。
もう、絶対要チェックでよろしくお願いします!!!!!!

Slow Down Tallahassee / Electric Sun




Slow Down Tallahassee / The Beautiful Light






mybloody.jpg
というわけでタイトルの話に戻って、マジでマイブラ降臨します。
5日後のフジロック初日のグリーンステージ大トリとして!!!!!!
My Bloody Valentineと言えば、80年代末~90年代初頭に一大ムーヴメントとなった、目が眩むような轟音フィードバック・ギターが特徴的な<シューゲイザー>サウンドを代表する生きる伝説なわけで、その伝説が17年振りに日本でライブをするわけです!!
彼らの復活を首を長くして待ったいた人がどれだけいたことか、自分ももちろんそのうちの一人です。
レコーディングに大金をつぎ込みすぎて所属するクリエイションレーベルを破綻させた問題作でもあり、90年代UKギターロックの金字塔でもある『LOVELESS』の曲たちが、大自然の苗場のステージでどう再現されるか、絶対に見逃せません!!!!!!

My Bloody Valentine / Only Shallow




My Bloody Valentine / Soon




どうでもいい話ですが、<シューゲイザー>というジャンルは、演奏者が自分の足元を見つめるかのように、うなだれたポーズでひたすら轟音ギターを掻き鳴らしていたことから、Shoes(靴を) + Gazing(見つめる)ということで<シューゲイザー>なる名前が付いたわけですが、もし天を仰いで轟音を鳴らしていたら<スターゲイザー>という名前のジャンルになっていたかもしれませんね!!
あっ!ロマンチックなこと言っちゃいましたね☆ テヘッ☆★


ry01
ry01 CM(0) 

というわけで今からコンヴァースのスニーカーを買いに行きます
mydrivethru.jpg
スニーカーブランド<CONVERSE>のCM企画として、奇跡のユニットが誕生!!
その奇跡のメンバーは、
第二のM.I.A.の呼び声高い、SUMMER SONICでの来日を控えるSANTOGOLD
現在のインディロックムーヴメントの全ての始まりであるThe StrokesのヴォーカリストJULIAN CASABLANCAS、
そしてTHE NEPTUNESとしてのプロデュース業と、自身のユニットN.E.R.Dとしてアメリカン・ポップシーンを牽引するセクシー番長Pharrell Williamsの3人。
ファレルがプロデュースしたトラックに乗せて三者三様のヴォーカルが彩りを飾る、モダン・アメリカン・ミュージックの意地を見せつけた何とも豪華な一曲!!
特に、久方ぶりに届いたジュリアンの歌声が素晴らしい!!
ストロークスはタイトな演奏と曲の良さもさることながら、やはりジュリアンの歌声こそがストロークスがストロークスたる由縁なのでしょう。
ビデオも最高です!!

Santogold, Julian Casablancas, Pharrell Williams / My Drive Thru






go!.jpg
そしてもう一本ホットなビデオをご紹介!!
今週末に開催されるフジロックでも最終日のアクトに名を連ねる、イギリスが誇る多国籍チアフル・バンドTHE GO! TEAMの最新ビデオ「Milk Crisis」がとってもチャーミング!!
彼らの2ndアルバム『Proof of Youth』にも日本盤ボーナストラックとして収録されていた曲が、THE GO! TEAM印とでも言うべきインディロック~ヒップホップ~ソウルのエッセンスが凝縮された最新ヴァージョンとして生まれ変わりました!!
日本人メンバーのツチダ・カオリが2ndでの大活躍ぶりをそのままに、この曲でもクールなラップを披露!!

THE GO! TEAM / Milk Crisis




このビデオを観ると、Junior Seniorが2003年にリリースした「Move Your Feet」の傑作ビデオを思わず思い出します!!ファニー!!!!!!

Junior Senior / Move Your Feet





ry01
ry01 CM(0) 

今夜!
ws_vj

本日16日水曜日はWhite Scooerのライブですよー

-------------------------------------------------
1st CD『Thousand Valleys』が大好調な彼らは今回、Niw! Recordsのコンピレーション参加で話題沸騰中のエレクトロ・バンドAAPSや、GOODメンバーのZeldaがスタッフを担当しているガレージ・バンドNaLas、SUMMER SONIC大阪への出演が決定した鉄壁ダンスグルーブ・バンドNEON GRAVITY(ex-Rei Mastrogiovanni)との超強力ガチンコ勝負!!
この日はVJとしてSAFARIも参加するので、是非ともMARZの大画面スクリーンでWhite Scooper×SAFARIによる強烈ライブを体感しにいらっしゃってください!!

2008/07/16(水)
White Scooper@新宿MARZ
OPEN 18:00 / START 18:30
ADV ..2000 / DOOR ..2300yen +1DRINK
【Bands】
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
AAPS
http://www.myspace.com/tuneaaps
NaLaS
http://www.myspace.com/nalasmono
calx
http://www.myspace.com/calx
NEON GRAVITY (ex.Rei Mastrogiovanni)
http://www.myspace.com/neongravity
-------------------------------------------------

です!
GOOD ON THE DANCEFLOOR 携帯サイトに会場までの地図あります↓
http://www.goodonthedancefloor.com/mobile

会場でCDの販売もあります。
今回はGOODメンバーほとんど出撃するみたい!
一緒に乾杯しましょーー

zak
テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽
Zak CM(3) 

La-Ola Vol.03 レポート!
こんばんは!

SAFARIのMihoです。
12日はLa-olaというイベントでVJしてきました。
今回のイベントは前からすっごく大好きなアーティストOMOCHIさんThe Interstellar Overdrive君、今回初めてお会いしたGood CitizenさんとSAFARIの4組がVJプレイするという感じでした。

2662132765_19268f61ba_m.jpg

2662132923_7ca049c3b3_m.jpg

2662133257_e49202aea4_m.jpg

イベントはめちゃめちゃアットホームなパーティーで、映像みるのもよし、踊るもよし。なノビノビした素敵なパーティーで非常に楽しかったです!
6月後半ぐらいから個人的に短いビデオとる習慣を付けていて、今回も撮って来たので是非チェックしてみてくださいねー!


The Interstellar Overdrive VJing!


Good Citizen VJing!


OMOCHI VJing!


http://safari.uber.com/










未分類 CM(2) 

現時点「世界最強バンド」late of the pierを今聴かないでどうする!!!!!!
lateofthepier.jpg

先日このブログにアップした「08年上半期ベストディスク特集」は、皆さんすでにチェックして頂けましたでしょうか??
GOOD ON THE DANCEFLOORメンバーが思い思いにお気に入りの盤を選んでいるので、それぞれメンバーの嗜好が垣間見えて、とても面白い特集だったと思います!!
個人的には自分が上げた5枚のうち、VAMPIRE WEEKENDのデビュー盤が特にお気に入りだったわけですが、フェラ・クティよろしくなアフロビートから、モーツァルトを思わせるサロン・ミュージックまでをも自由に横断し、それをストロークスを演奏するノリで鳴らすこの作品は、今年前半にリリースされた作品の中でもダントツに素晴らしい内容でした。
そしてこれはあんまり言うと面白くないのですが、あまりにダントツに素晴らしすぎて、このまま行くとこの作品が自分の年間ベストディスクで1位になることはほぼ確実で、これ以上の作品が今後出てくるのかどうか、非常にハラハラ(?)してしまうものです。

black.jpg

が、このVAMPIRE WEEKENDのデビュー盤に唯一対抗できる作品があるとすれば、7月末にリリースを控えるlate of the pierのデビュー盤『Fantasy Black Channel』でしょう!!!!!!
late of the pierといえば、昨年末からすでに「ネクストKLAXONS」の呼び声が高かったものの、正直「Bathroom Gurgle」を聴いた時点では「まあこんなものか」という程度で、特に彼らに大きな期待はしていなかった。
しかし今年に入ってからというもの、リリースしたシングルすべてがとんでもない振り切れっぷり!!
それぞれの曲から感じ取れる音楽的雑食っぷりは、たしかにKLAXONSのそれと同等、いや、もはやKLAXONSさえも軽く凌駕し得るMAXキレキレ状態!!
いやあ、素晴らしいです、late of the pier。最高です、late of the pier。

そしてアルバムリリースを目前に届けられたリードトラックである「Heartbeat」は、まるでKLAXONSの「GOLDEN SKANS」とCajun Dance Partyの「Amylase」のギターフレーズが合体したような、これまた度肝を抜く珍曲!!
しかも最後はLed Zeppelinよろしくなハードなギターソロが飛び出す狂人ぷり!!
アルバムを期待させるには十分過ぎるこの曲、相変わらず意味不明なビデオ(素晴らしいユーモアセンス!!)と共に要チェックです!!!!!!

late of the pier / Heartbeat




というわけで、この機会に彼らがリリースしてきたシングル曲のキレキレっぷりを改めて復習!!
アルバム発売までこの曲たちを聴いて、期待に胸を脹らませましょー!!

ウルトラC級の超絶ハードコア・レイヴ、「Focker」!!奇跡のアウトロに悶絶!!
late of the pier / Focker




KLAXONS以降の前のめりなリズムとシンセが特徴的な「Space and The Woods」!!
late of the pier / Space and The Woods




トライバルなリズムが強烈に怪しい雰囲気を醸し出す「Bears Are Coming」!!
late of the pier / Bears Are Coming




80年代ニューウェーヴなシンセフレーズとファルセットボイスが鳴り響く「Bathroom Gurgle」も改めて聴くと名曲!!
late of the pier / Bathroom Gurgle






さて話は変わって、GOOD ON THE DANCEFLOORメンバーの今週の活動スケジュールをドドンとご紹介!!

zelda.jpg

まず今夜は、ZeldaがオーガナイズするマンスリーDJイベント<TRASH PAPA>が新宿LOFTにて開催されます!!
エントランスフリーのイベントなので気軽に飲みにいらっしゃってください!!

2008/07/14(月) Zelda DJing@新宿LOFT
<TRASH PAPA>
OPEN/START 23:00
ADV/DOOR Free!!!!!!!!!!!!
DJs:FUJII(COOL RUNNING) / DJ MAROON(from NIRGILIS) / Zelda(COOL RUNNING) / zuka-sun(LOFT) / 他


wscd.jpg

そして16日の水曜日はWhite Scooerのライブです!!
1st CD『Thousand Valleys』が大好調な彼らは今回、Niw! Recordsのコンピレーション参加で話題沸騰中のエレクトロ・バンドAAPSや、GOODメンバーのZeldaがスタッフを担当しているガレージ・バンドNaLas、SUMMER SONIC大阪への出演が決定した鉄壁ダンスグルーブ・バンドNEON GRAVITY(ex-Rei Mastrogiovanni)との超強力ガチンコ勝負!!
この日はVJとしてSAFARIも参加するので、是非ともMARZの大画面スクリーンでWhite Scooper×SAFARIによる強烈ライブを体感しにいらっしゃってください!!

2008/07/16(水)
White Scooper@新宿MARZ
OPEN 18:00 / START 18:30
ADV ..2000 / DOOR ..2300yen +1DRINK
【Bands】
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
AAPS
http://www.myspace.com/tuneaaps
NaLaS
http://www.myspace.com/nalasmono
calx
http://www.myspace.com/calx
NEON GRAVITY (ex.Rei Mastrogiovanni)
http://www.myspace.com/neongravity


チケットの取り置きを希望される方は、info@goodonthedancefloor.comまでお気軽にメールをどうぞ!!
この7月もGOODなライブ&イベントを是非是非エンジョイしてしまってください!!


ry01
ry01 CM(0) 

初夏のチルアウトにSigur Rosの新譜は如何ですか??
こんばんは!GOOD ON THE DANCEFLOORのry01ですー!
最近新しい携帯に変えたんですけど、今の携帯って本当にすごいですね!驚きの連続。すごい便利~◎
でも7月11日に発売の"iPhone"が気になります。
  
   •
   •
   •

本題に移ります。

sigurros.jpg

最近随分夏らしくなりましたよね~。
外に出かけると、暑すぎて嫌になっちゃったりします!!
そんなときに最高にオススメしたいチルアウト方法は「冷房を効かせた部屋の中でSigur Rosの新譜を聴く」。これに限ります。

sigur.jpg

彼らの新譜「Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust」は、先日の<上半期ベストディスク特集>内でもWhite ScooperのG./Vo.のFuzitaがベスト5枚に選んでいたように、これが非常に素晴らしい内容。
自分はベストディスクを選んだ後に聴いたのだけども、コレ、たしかにベスト5枚に選んでも良いぐらい最高な出来。

Sigur Rosといえば、彼らの今までの作品で顕著に現れていた、ひたすら叙情的でひたすら美しいサウンドスケープが彼らの特徴であったが、それがたまに陰鬱過ぎて感じでしまうこともあり、初期の作品を除いて、個人的にはどうにも最近のSigur Rosには距離を置いてしまうきらいがあった。
ラウドロックのファンがたまにSigur Rosに癒しを求めたりするのは、なんだか見え透いたフォームの叙情感のようで、自己陶酔のようで、やはり温度差を感じてしまう。
しかし今回の作品に限っては、一曲目「Gobbledigook」が強烈なパーカッションで幕を開けるように、作品全体を覆う「歓喜」のモードにまず圧倒させられる。
見え透いた陰鬱さとは間逆の、今この瞬間を謳歌する生命溢れる喜びのエネルギー。
彼らがこのモードに辿り着くとは、一体誰が予想したことだろう?素晴らしい変換だ。
この一曲の他にも、ホーン隊のアンサンブルによってどこまでも高揚させられる「Inni mer syngur vitleysingur」、WEEZERの『ブルーアルバム』のラストを飾る「Only in dreams」をオーケストラ・アレンジしたような「Festival」、クライマックスに一気に感動が押し寄せる一大スペクタクル・オーケストラ・ナンバー「Ara Batur」など、歓喜溢れる音楽と、Vo.ヨンシーの天使の如く美しい歌声が作品全体に広がっている。

もしあなたが変わり映えの無い日常に疲れたときは、このSigur Rosの新譜を聴くと良い。
大地讃頌の如く鳴り響く、歓喜の音楽がそっと僕らを包み、そして、この作品のジャケットで全裸の男女がガードレールの向こう側の草原に走って行く様子が描かれているように、あなたを「ここではないどこか」へ連れて行ってくれるはずだ。

Sigur Ros / Gobbledigook




Sigur Ros / Festival




Sigur Ros / Ara Batur






と、この夏の極上のチルアウト方法をご紹介しましたが、いやあ、やっぱり夏!!
外に遊びに行かないでどうするんですかーーーーーー!!!!!!
外が暑くたって、ビッショリ汗かいて楽しんでしまえば良いのです!!
というわけで、今夜はGOOD ON THE DANCEFLOORのアート部アイドル二人組、SAFARIがVJとして出演するこのイベントで決まり!!
la-ola
2008/07/12(土)
<La-Ola Vol.03>@渋谷UNDERBAR
16:00-21:00 DOOR \2000/1D
【GUEST DJs】
Ippei
【DJs】
Bambi / Maxi / MIJAT / Narumi
/ Paynapoo / STRAY METAL
【VJs】
OMOCHI / The Interstellar Overdrive
/ Good Citizen / Safari

SAFARIの気合の入った新作映像を、夕方からのんびりお酒を飲みながら楽しんでしまいましょう!!
SAFARIの先輩、OMOCHIさんやThe Interstellar OverdriveさんのVJも楽しみですね!!
自分やWhite ScooperのZak君も遊びに行くので、また今夜会場でお会いしましょう☆

ry01
ry01 CM(2) 

YOUがCANするならシンガロングすればいいじゃん!!!!!!
前回の記事で08年上半期ベストディスク特集を行いましたが、そろそろ皆さんも心のベストディスクが決まった頃でしょうか??
その中でも<ベストトラック>というのは、それぞれ選んだ者の深い思い入れがあったりするもので、自分としてもBlack Kidsの「I’m Not Gonna Teach Your Boyfriend How To Dance With You」は、パーティーでスピンされる度に一人大合唱という、並々ならぬ思い入れがある曲であったりします!!

で、一人大合唱と書いたのだけど、この曲の歌詞が英語のように、日本人は自分の理解の範疇で無い外国語の曲だと、シンガロング=皆で大合唱をなかなかしない人種だなあと、その度に思ったりするわけです。
昨年のフジロックでASHを観たとき然り、SUMMER SONICでARCTIC MONKEYSを観たとき然り、周りの人たちはちらほら歌っていたりはするけど、大合唱が起こるほどでもない。
まあ、自分だって英語の歌詞を全部覚えれるわけでもなく、完璧になんて歌えないのだけど、その現状はちょっと寂しいわけです。
自分が英語ができないのはしょうがないとして、それでも彼らの歌っている内容が素晴らしいと、どうしても口を開いてメロディを追いたくなってしまうのが自分の性格。
だからこそ海外のロックフェスで、何万人もの人たちがARCTIC MONKEYSの「When the sun goes down」を声を張り上げて大合唱している映像を観たりすると「ああ、素敵だなあ」と思ったりする。
シンガロングというのはハウス・ミュージックの感覚だと思っていて、自分一人だけの感情だと思っていたものを、アーティストの音楽や歌を通して皆で共有するあの感覚は、皆も知っての通り非常に素晴らしいもの。
なので日本人、自分の国の言葉じゃないからといって口を塞ぐこと無かれ、もっと声を嗄らすまでシンガロングしても良いんじゃないでしょうか。

というわけで、昨年末から今年にかけてリリースされた素晴らしいリリックのポップソングたちの中で、思わずシンガロングしてしまいたくなる名曲をいくつかご紹介!!
ビデオと合わせてリリックもアップしたので、英語の歌詞を覚えて夏フェスやクラブで大合唱しちゃいましょう!!

blackkids.jpg

まずはGOOD ON THE DANCEFLOORメンバーでも自分とMihoが上半期ベストトラックにピックアップした、Black Kidsの「I’m Not Gonna Teach Your Boyfriend How To Dance With You」から。
フィリピン系アメリカ人であるアフロのフロントマンが印象的な、アメリカ出身の人種混合5人組である彼らは、MYSPACEにアップされた音源で火がつき、瞬く間に「08年最も期待の新人」という大注目される存在とまでなった。
彼らをここまで押し上げるきっかけとなった大ヒットシングルであるこの曲は、冒頭のギターのカッティングとシンセフレーズから飛びっきりの甘酸っぱさを感じさせるように、とんでもなく切ないリリックがひたすら胸を打つ。
音楽誌<SNOOZER>のレビューから引用させて頂くと、この曲は「ずっと楽しみにしていたパーティーの最中、長年ずっと想い続けてきた意中の女の子がボーイフレンドとキスしているところを目撃してしまう、レズビアンの女の子」のことを歌っていて、そう考えるとさらに切なく、泣けてしまう。
しかし、以前自分がこのブログでこの曲について、「きっと誰もが味わったことがあるそんな甘酸っぱい経験を、彼らBlack Kidsは精一杯に祝福するように歌う。それ故にこの曲は切なくもあり、チアフルでもあるのだ」と書いた通り、悲しみの中でもダンスのステップは止めないように、彼らは精一杯「ダンス!ダンス!ダンス!ダンス!」と歌う。だからより一層泣けてしまうのだ。

Black Kids / I’m Not Gonna Teach Your Boyfriend How To Dance With You

You are the girl that I've been dreamin of ever since I was a little girl.

One!
I'm biting my tongue.
Two!
He's kissin' on you.
Three!
Oh, why can't you see?
One! Two! Three! Four!

The word's on the streets and it's on the news:
I'm not gonna teach him how to dance with you.
He's got two left feet and he bites my moves.
I'm not gonna teach him how to dance! dance! dance! dance!
The second I do, I know we're gonna be through.
I'm not gonna teach him how to dance with you.
He don't suspect a thing. I wish he'd get a clue.
I'm not gonna teach him how to dance! dance! dance! dance!

One!
You're biting my tongue.
Two!
I'm kissin' on you.
Three!
Is he better than me?





オマケとして、自分の愛するKATE NASHちゃんがカバーしたヴァージョンも併せてどうぞ。
演奏ボロボロだけどやっぱり良い歌声。コレ、フジロックでやって欲しい。







mystery1.jpg

次に紹介するのは、ベストディスク特集でも人気の高かったMYSTERY JETSの「YOUNG LOVE」。
今年のフジロックでも来日する彼らの、<テムズビート>創始者であることを投げ捨て、ひたすらポップソングを作ることに全力を注いだ2ndアルバム『TWENTY ONE』はとんでもなく素晴らしい傑作となった。
(自分は上半期ベストディスク5枚から外してしまったが、この一枚には非常に悩まされた)
この作品では3分台の珠玉のポップソングが息をつく暇もなく並び、アルバムタイトルの『TWENTY ONE』が示す通り、青春の甘酸っぱさが凝縮されたリリックが名曲たちを彩っている。
その中でも抜きん出た甘酸っぱさを感じさせる先行シングルとしてリリースされたこの曲は、「YOUNG LOVE」という言葉から感じさせるイメージをそのままに、行きずりの恋、又は一夜限りの恋を歌った傑作曲である。
自分はそんな経験はないが、この曲の登場人物の心象風景が生々しく目の前に想像できるほど、この曲のリリックは素晴らしい。
曲の途中からLAURA MARLINGが登場する展開も、男女の気持ちのすれ違いを歌っているようで、憎い。

MYSTERY JETS / YOUNG LOVE

if i only knew your name i'd go from door to door.
searching all the crowded streets for the face that i once saw.
if i only knew your name i'd go from door to door.
tell me have you seen the girl i met just once before?

one night of love, nothing more nothing less.
one night of love, to put my head in a mess.
is that you on the bus?
is that you on the train?
you wrote your number on my hand but it came off in the rain.

if i only knew your name i'd go from door to door.
searching all the crowded streets for the face that i once saw.
if i only knew your name i'd go from door to door.
tell em have you seen the girl i met just once before.

young love never seems to left.
far too young until they have a past.
playing games, people move so fast.
you don't need eyes to see.
if someones got a heart of glass.

young love never seems to last.
far too young until they have a past.
one night of love, nothing more nothing less.
one night of love that left my heart in a mess.

if i only knew your name i'd go from door to door.
searching all the crowded streets for the face that i once saw.
if i only knew your name i'd go from door to door.
tell me have you seen the boy i met just once before?







friendly.jpg

最後に紹介するのは、去年のベストトラックの呼び声高い、Friendly Firesの「paris」。
パーカッション二人にサンプラーを操るヴォーカル一人という珍しい編成の3ピースバンドである彼らの、耳の早いリスナーの間では前述した通り07年ベストトラックの称号を与えられていたこの一曲は、SUMMER SONICでの来日を控え、今ではロックのクラブでもアンセムとなるまでじわじわと知名度を上げてきた。
イギリス出身の彼らが歌う「paris」なるこの曲は、街のざわめきと途切れ途切れのシンセの音が交わるシューゲイザーなイントロがまず素晴らしい。
歌が始まると同時に陽気なパーカッションがリズミカルに捲し立て、一年に一回出るか出ないかの黄金メロディーが、一瞬にして聴く者をピークポイントまで盛り上げる。
この曲のリリックが示す通り、この曲は週末、夜に向かっていくあの興奮を完全に閉じ込めている。
しなやかに歌われる「They'll be out for us」というフレーズが本当に心に染みる。素晴らしい。
自分は今年はSUMMER SONICには残念ながら行けないが、渋谷DUO MUSIC EXCHANGEで行われるHOT CHIPとのカップリング・ショーケースは行くことにした。
だって、絶対に見逃せるわけがない。こんな世紀のアンセムを。

Friendly Fires / paris

One day we're gonna live in Paris.
I promise.
I'm on it.
When I'm bringing in the money.
I promise.
I'm on it.
I'm gonna take you out to club showcase.
We're gonna live it up.
I promise.
Just hold on a little more.

And every night we'll watch the stars.
They'll be out for us.
They'll be out for us.
And every night, the city lights.
They'll be out for us.
They'll be out for us.

One day we're gonna live in Paris.
I promise.
I'm on it.
I'll find you that French boy, You'll find me that French girl.
I promise.
I'm on it.

So go and pack your bags.
For the long haul.
We're gonna lose ourselves.
I promise.
This time it's you and me for evermore.







他にもlate of the pierの「Focker」や、MGMTの「Kids」など、素晴らしいリリックの名曲たちが次々とリリースされた08年は、下半期も引き続きシーンから目を離すことができません!!
そして今月は、CSSの待望の2nd『Donkey』、THE VINESの大大復活作『Melodia』(タイトルが素晴らしい!)、そしてBlack kidsのデビューアルバム『Partie Traumatic』(「パーティーのトラウマ」って、どんだけ切ないんだ!)が一斉リリースとなります!!
おそらくそれぞれ要チェックな作品であることは間違いないので、急いでレコード屋さんに駆け込みましょう!!

ry01
ry01 CM(0) 

08年上半期ベストディスク特集!!!!!!
hotchip.jpg

きゃほー!!!!!!
遂に暦も7月になりました!!夏ですよ、夏!!!!!!
夏――――――――――――!!!!!!!!!!!!

というウカレポンチの皆さん、今年も早いもので一年の折り返し地点を迎えました!!
毎年この時期になると、この半年自分が何をやってきたか、ついつい振り返りたくなりますよね??
音楽も然り、「今年は何を聴いたかなー」と思わず考えてしまうもの!!
というわけで、今回はGOOD ON THE DANCEFLOORメンバーがチョイスした上半期ベストディスク特集です!!
それぞれGOODメンバーが選んだベストディスク、ベストトラック、ベスト○○を網羅したこの特集!!
「あ、これ私も好き!!」「えー、何であれが選ばれていないの!?」と一喜一憂しながら楽しんで読んで頂ければと思います!!

それではGOOD ON THE DANCEFLOORメンバーによる上半期ベストディスクをドドンと!!!!!!


fuzita.jpg
Fuzita (White Scooper)
■ベストディスク
Sigur Rós 『Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust』
Rovo 『NUOU』
MGMT 『Oracular Spectacular』
HOT CHIP 『Made In The Dark』
Autechre 『Quaristice』

■ベストトラック
SPECIAL OTHERS 「Laurentech」

■ベストメガネ
KATHARINE HAMNETT LONDON【キャサリンハムネット】

Sigur Rós『Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust』
⇒1曲目でColdplayのアルバムを余裕で超越した(Coldplayのアルバム視聴しかしてませんがw)
Rovo『NUOU』
⇒とにかく爆音で聞いて踊れ!
MGMT『Oracular Spectacular』
⇒捨て曲なし!是非皆に聞いていただきたいアルバム。
Hot Chip『Made In The Dark』
⇒一癖も二癖もあるアルバム!聞くたびに発見のあるアルバム!彼らのセンスの良さが凝縮されたアルバム!
Autechre『Quaristice』
⇒やっぱ好きだわ!体内に染み込んできます!ある意味、悲しさが満ち溢れているアルバムです!
SPECIAL OTHERS「Laurentech」
⇒明日も頑張って生きようかな・・・って思う曲。晴れた日の出勤時に聞くNo.1ソング(かなり私情です)
KATHARINE HAMNETT LONDON【キャサリンハムネット】
⇒シンプルだが光るものがあるカッコよさ。愛用してます。


chick.jpg
chick (Nu clear classmate)
■ベストディスク
MYSTERY JETS 『TWENTY ONE』
THE TING TINGS 『WE STARTED NOTHING』
THESE NEW PURITANS 『BEAT PYRAMID』
JUVELEN 『1』
OPERATOR PLEASE 『YES YES VINDICTIVE』

■ベストトラック
JUVELENDON’T MESS

■ベストキャラクター
ムーミン

上半期ベストディスクは1位~3位は決まったんだけれど4位5位を選ぶのが難しかったです。(今年のベストディスクもするため順位は隠しています。)その位良いアルバムが次々に発売したんじゃないかな。上半期振り返るとデビューアルバム陣たちがみんな素晴らしかった気がします。CAJUNとかLOS CAMPESINOSとか・・THESE NEW PURITANSはダークなのにキラキラしていて胸が躍ったりして。
BLACK KIDSの新譜が出るしCSSやBECKも発売が決まっているし
今年のベストディスクはどうなっちゃうんだろう。わくわくしちゃう。
上半期ベストトラックはJUVELENのDON'T MESSです。
PARTYが終わる最後の最後にかけて欲しい!!
上半期の何でもベストはムーミンです。
「人が好きで、夢があって、新しいことを知りたいと思う気持ちがあると、きっと毎日が楽しくなるのさ」
ムーミントロールの言葉。
ムーミン谷に住むみんなの言葉にはヒントがたくさんあります。
ムーミン谷行きたい。
近々チックフィッシュからチックトロールに名前変えたいくらい。
なので最近はムーミングッズ集めています。


hayashi.jpg
Hayashi (White Scooper)
■ベストディスク
Kidda 『Going Up』
Gnarls Barkley 『The Odd Couple』
Clark 『Turning Dragon』
Born Ruffians 『RED,YELLOW&BLUE』
Why? 『Alopecia』

■ベストトラック
Dusty Kid 「The Twister」

■ベスト後悔
TAICOCLUBに行けなかったこと

ふぅ。やっと6月も終りましたー。
6月は良い感じに過ごせなかったので7月はウホウホ!っとしたいですね。
はい!
上半期のベスト5は再生回数が多いアルバムをそのまま書きました。
色々考えて書こうとも思ったのですが無理でした。完全に私的ベスト5です。
ベストトラックは今年はあんまり買ってませんがアナログから選びました。
ベスト後悔は2~3年は後悔してると思います。
ではみなさん健康には気をつけて!


zak.jpg
Zak (White Scooper, Nu clear classmate, ALLOVERALLAREOVER)
■ベストディスク
MYSTERY JETS 『TWENTY ONE』
CUT COPY 『IN GHOST COLOURS』
MGMT 『Oracular Spectacular』
HOT CHIP 『Made In The Dark』
FOALS 『ANTIDOTES』

■ベストトラック
MYSTERY JETSTwo Doors Down

■ベストビデオ
LadyhawkeBack Of The Van

ベストディスク
⇒どうだ!普通でしょ。純粋に再生回数多いもの!5枚に絞るとなると難しいね。
The Long Blondesのアルバムはよかった!とここでぼやいておく。
ベストトラック
⇒サビでちょっとうるさいくらいのシンセとスネアがぱない!
ベストビデオ
⇒MJのTwo Doors Downもそうだけど、80's風のなんかスモークがかった煙たい画面とハレーションとうそ臭い演技、そういうのが全部大好き。


charlie.jpg
Charlie (Photographer & GOOD DJs)
■ベストディスク
HOT CHIP 『Made In The Dark』
VAMPIRE WEEKEND 『VAMPIRE WEEKEND』
MGMT 『Oracular Spectacular』

■ベストトラック
VAMPIRE WEEKENDA-PUNK

■ベストジャケット
MGMT 『Oracular Spectacular』

HOT CHIP・・・ブライアン・イーノを感じさせるところがツボ。
VAMPIRE WEEKEND・・・トーキング・ヘッズを感じさせるところがツボ。
MGMT・・・なんか新しい感覚の音楽を感じさせるところがツボ。
ベストトラック・・・VAMPIRE WEEKEND:A-PUNK
ベストジャケット・・Photographer & GOOD DJsTACULAR
下半期のベック・プライマル・オアシスの新譜が楽しみでーす!


zelda.jpg
Zelda (GOOD DJs & TRASH PAPA)
■ベストディスク
HOT CHIP 『Made In The Dark』
THESE NEW PURITANS 『BEAT PYRAMID』
JOHNNY FOREIGNER 『WAITED UP 'TIL IT WAS LIGHT』
NIRGILIS 『CHK CHK CHK』
COLDPLAY 『Viva la vida』

■ベストトラック
THESE NEW PURITANSEN PAPIER

■ベスト繋ぎ
宇多田ヒカル 『HEART STATION』の「Gentle Beast Interlude」→「Celebrate」

ベストトラック
⇒イントロの、ハイハットの音が左から右へ高速で飛んでいくところが良い、そのあとベース、ギター、シンセの順でそれぞれ違うリズムで、数学的に重なってくるのが非常にわくわくする。もちろん、ElvisもNumerology AKA NumbersもColoursも良いけど、En papierはドラムだけって非常に少ない数の音で始まっているのにも関らず、今まで聞いたことない導き方をしているって点でGOOD。
ベスト繋ぎ
⇒アルバムの中で良い曲のつながり方をしてるなと思ったもの。
ちょっと意外だったけどここのつなぎ方がエラくアガル。(笑)
Gentle Beast Interludeは1分ちょいの曲なんだけど、Celebrateへの良いプロローグを展開してくれている。
Gentle Beast Interludeの終わり2秒はハッと息を飲む感じ、そしてCelebrateが始まった瞬間パッとハジケル。常套手段だけどこれが実に気持ちいい。


miho.jpg
Miho (SAFARI)
■ベストディスク
HOT CHIP 『Made In The Dark』
Blood Red Shoes 『Box Of Secrets』
FOALS 『ANTIDOTES』
CUT COPY 『IN GHOST COLOURS』
LYKKE LI 『YOUTH NOVELS』

■ベストトラック
Black KidsI’m Not Gonna Teach Your Boyfriend How To Dance With You

■ベストキャラクター
こぐまちゃん

人間味があるものに惹かれます!


ry01.jpg
ry01 (event organizer & freelance writer & GOOD DJs)
■ベストディスク
VAMPIRE WEEKEND 『VAMPIRE WEEKEND』
くるり 『Philharmonic or die』
MODESELEKTOR 『HAPPY BIRTHDAY!』
LAURA MARLING 『Alas I Cannot Swim』
Shing02 『歪曲』

■ベストトラック
Black KidsI’m Not Gonna Teach Your Boyfriend How To Dance With You

■ベストリリース
White Scooper 『Thousand Valleys』 (GOOD ON THE DANCEFLOOR)

自然に選んだ5枚が、見事に別々のシーンから出てきた作品で面白いなあと!
VAMPIRE WEEKENDとくるりは、個人的にはここ数年で最も理想的な音楽をやっていると思う。
『ED REC VOL.3』を一回通して聴いただけですぐに飽きてしまった自分にとって、MODESELEKTORは地に足の着いた素晴らしいエレクトロ・アルバムを作ってくれた。
LAURA MARLINGはUKネオフォーク勢の台頭を示す一等星であり、何より歌声が素晴らしい。
Shing02は日本語ラップの最高峰であると同時に、日本人による日本の音楽の未来でもある。
ベストトラックはダントツでBlack Kids。ホント、泣けます。
そして手前味噌中の手前味噌ながら、GOOD ON THE DANCEFLOORがレーベル始動第一弾としてリリースしたWhite Scooperの1st CD『Thousand Valleys』は本当に素晴らしいリリースだったと思います。サウンドもジャケットもアティチュードもバッチリ。
超客観的に見て、こんなにもワクワクする日本の音楽に出会えたことが嬉しい!
というわけでチェックよろしくです↓
http://goodonthedancefloor.blog122.fc2.com/blog-entry-114.html
08年後半はBLACK KIDSとlate of the pierのデビュー作、THE VINESとBECKの新作、そしてoasisがどれだけ時代錯誤な作品(いや、ホント楽しみにしているんです)を作るかが興味深いです。




以上、GOODメンバーがチョイスした上半期ベストディスクでしたが、どうでしたか??
まずHOT CHIPが大人気!!次いでMGMTが追うという結果でしたね!!
GOODメンバーがチョイスした作品の他にも、今年前半だけでも素晴らしい作品が大量にリリースされたこの2008年!!今年はもう本当に面白いことになっています!!
自分自身、毎日いろいろな音楽を聴くのが楽しくて楽しくてしょうがないです!!
自分はブリティッシュ・インヴェンションも、サマー・オブ・ラヴも、オリジナル・パンクもニュー・ウェーヴも、セカンド・サマー・オブ・ラヴも、マッド・チェスターも、グランジも、ブリット・ポップもリアルタイムで体験することの出来なかった世代ですが、それらに負けないほど音楽的に面白い時代を今リアルタイムで体験できていると思います!!
本当に、子や孫の世代に自慢できますよ、絶対!!

もし宜しければ、コメントのところに皆さんも自分の選んだベストディスク5枚などを書いていって頂けるととても楽しいです!!

というわけで、引き続き要チェックな08年後半のシーン!!
自分も、泣く泣く上半期ベストディスク5枚から落選させたものが沢山あるので、また年末にGOODメンバーで08年ベストディスク特集を行います!!
自分はベスト50ぐらいまで選ぼうかと思うので、また年末までどうぞお楽しみに!!

それでは良い7月を!!!!!!!!!!!!

ry01
ry01 CM(2) 


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。