GOOD ON THE DANCEFLOOR

GOOD ON THE DANCEFLOOR
OFFICIAL
Twitter
MySpace(Label)

レーベル/パーティ"GOOD ON THE DANCEFLOOR"のオフィシャル・ブログです。

[ABOUT US]
東京発のレーベル/パーティ。Arctic Monkeysの曲名から名づけられたこの集団は、上の世代には持ち得ない、自らの世代ならではの感覚を証明することを目的として、2007年6月に結成。バンド/DJ/デザイナー/ライター/フォトグラファーなど、現在複数のメンバーによって構成されている。個々での活動に加え、GOOD ON THE DANCEFLOORとしてもイヴェントやパーティーを不定期に開催。2009年秋にはレーベル初のコンピレーションCD『ALT A NATIVE SYNDICATE』をリリースし、国内をはじめ、北米/欧/豪にも配信リリースしている。

contact me :P
info@goodonthedancefloor.com

[NEWS]
2009年9月にリリースされ、日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、熱心な海外インディ・リスナーから、国内新世代インディ・バンド・ファンまで、多方面から絶賛の声を浴びた、東京の新世代レーベル"GOOD ON THE DANCEFLOOR"による、今後活躍が期待される新型バンドを集結させたコンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』。紅一点として参加したNu clear classmateが待望の単独作を遂にリリース!
------------------------------------------------------------
USインディ新世代と共振するサウンドに、コケティッシュな女性ヴォーカルを乗せた、日本発のキッチュな個性。この最新EPでは、Washed OutなどのGlo-Fi、Nite Jewelらが牽引するインディ・シンセ・ディスコ、そして時流のエレクトロ・ポップなどを、軽やかに横断している。わずか半年ほど前にリリースされたレーベル・コンピ収録曲と比べると、目が覚めるほどの音楽的な飛躍ぶり。ただ今メキメキと成長中の新世代二人組に、ぜひ注目を!
-小林祥晴-
------------------------------------------------------------
失礼を承知で正直に言うと、彼女たちがここまでの作品を仕上げてくるとは全く思っていませんでした。日々から逃げ出したい気持ち、マリア様に包まれてただただ安らかに眠っていたいという欲望と、それが叶わざる願いであることが転化した、やすりのような手触りの不機嫌な殺気。2010年に生きていく感覚そのままの音楽です。
-田中亮太(JET SET KYOTO/mogran'BAR)-
------------------------------------------------------------
Nu clear classmate 『Lick The Star』
2010/04/16 ON SALE
GOOD-1002 / including 5 songs 1,300yen (tax out)
1. Blank World
2. Causeless Pain
3. The Nearest Faraway
4. I Know I Know
5. I Leave The Parade Wearing A Dress

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

[NEXT PARTY]
????????????

全ての公演のチケットは予約を受付けております(一部除く)。
予約をご希望される場合は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります。
下記のチケット予約フォームからもお気軽にご予約が可能です↓↓↓


[RELEASE INFORMATION]
【GOOD ON THE DANCEFLOOR】のレーベル部門が、新たに【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】として始動!!!!!! 記念すべき第一弾リリースとして、初のレーベル・コンピレーションCDを2009年9月25日にリリース!!
------------------------------------------------------------
海の向こうの同世代へのシンパシーと、隣り合う君とのディスコミュニケーション。2つの同時代性の狭間で軋む音、火花。青く、眩しい。
-田中亮太 (CLUB SNOOZER / JET SET)-
------------------------------------------------------------
世界と同感覚で進行中の東京インディー・シーンをリアルに感じられる、グッド・コンピレーション! この衝動と感覚を忘れずに、リリースを続けてくれることを期待しています!
-JUN (80kidz)-
------------------------------------------------------------
GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK compilation
V.A. 『ALT A NATIVE SYNDICATE』
2009/09/25 ON SALE
GOOD-1001 / including 10 songs 1,800yen (tax out)
1. To Pieces / AAPS
2. Spin of School / Nu clear classmate
3. Social Evils and a Potato [Hamon Mix] / The New House
4. Jr. / White Scooper
5. Marble Nuts / Nu clear classmate
6. Tailors of OZ / AAPS
7. Up Bends / White Scooper
8. Pale Boy / The New House
9. Marble Nuts [Bamian Remix] / Nu clear classmate
10. Up Bends [Lapin Remix] / White Scooper

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

White Scooper 1st CD 『Thousand Valleys』
2008/06/10 ON SALE
GOOD-001 / including 7 songs 500yen (tax out)
1. C.Farmeres
2. Behind The Lights
3. Ya Ya Ya
4. Proco
5. Vigger
6. Nightram
7. Mornin' Giraffe
Art work by SAFARI.

取り扱い店舗
■JET SET (京都/下北沢)
【HP】【地図】【WEB通販】
■disk union各店
お茶の水駅前店、神保町店、新宿本館B1、下北沢店、吉祥寺店、
中野店、国立駅前店、池袋店、町田店、淵野辺店、稲田堤店、
横浜関内店、横浜西口店、津田沼店、千葉店、柏店
【HP】【店舗一覧】
■Sunrain Records (高円寺)
【HP】【地図】【WEB通販】

チケット予約フォーム
こちらでGOOD ON THE DANCEFLOORの各イベントのチケット予約が出来ます。ご利用ください。

名前:
メールアドレス:
日にち/イベント名:
枚数(質問などもどうぞ):

ブログ内検索
QRコード
QRコード
検索用

we love

!!! 1965 2 Many DJs 24Hour Party People 80kidz 8otto 100s Abake Abraham Cross Adam Sky Adel Air Akufen Alan Ball Air France The Album Leaf Alter Ego Altz Alphabeat Alloverallareover American Amy Winehouse Apparel Anavan ANDREA CREWS Andrew Kendall Andy Warhol Animal Collective Anna Tsuchiya Annie Aphex Twin The Apples In Stereo The Arcade Fire Arctic Monkeys Art-School Asian Dub Foundation Asian Kung-Fu Generation Ash A Sunny Day In Glasgow Atlas Sound At The Drive-In Audion Au Revoir Simone Aus Autechre The Avalanches Avengers In Sci-Fi badly drawn boy Back Drop Bomb Babyshambles Bamian The Band Apart Bang Gang Deejays Basement Jaxx Battles The Bawdies The Beach Boys Beastie Boys The Beatles Beck Beirut Belle & Sebastian Ben Folds Five Benga Ben Sharn Bernhard Willhelm Best Fwends Biff Bang Pow! Big Star The Birthday Bishi Bjork The Black Ghosts Black Kids Black Rebel Motorcycle Club Blast Head Bloc Party Bloodcat Love Blood Red Shoes Blood Thirsty Butchers Tha Blue Herb Blur Boards Of Canada Bonde do Role Bonjour Records Boom Boom Satellites Boredoms Born Ruffians Boys Noize The Boy Least Likely To The Bravery Breakfast Brian Jonestown Massacre The Brixton Academy Broken Social Scene The Buffalo Bunch The Bumblebeez Bump Of Chicken Buraka Som Sistema Burial Bushmind The Buzzcocks Bright Eyes British Sea Power Busy P Cabanne Cajuan Cajun Dance Party Calvin Harris Camera Obscura Cansei De Ser Sexy The Capes Cassette Playa Cat Power Cazals Chaki The Charlatans The Checks Chemical Brothers Chicks On Speed Chris Cunningham Christian Joy Chromeo C.I.A. Cibo Matto The Cigavettes Citizen Clammbon Clap Your Hands Say Yeah Clark Clarky Cat Chim↑Pom The Clash Coachella Coburn Cocorosie Coldcut Cold War Kids Colette Comanechi Comeback My Daughters Converge Corinne Bailey Rae Cornelius Cornershop Cosmic Wonder Cosmo Vitelli Chairlift The Coral Crackhaus The Cribs Creation Records Cristal Castles Crookers CSS Cubismo Grafico Cubismo Grafico Five The Cure Cut Copy DaDa KingZ Dada Life Daedelus Daft Punk Daggers Damien Hirst Dandi Wind Dan Le Sac vs Scroobius Pip Darek Darkel Darren Emerson Datarock Dandy Warhols David Fincher David Lynch David Sylvian Ddjjs Dead Disco Death From Above 1979 Death In Vegas The Death Set De De Mouse Deep Dish De La Soul Delta Sonic The Departure Derrick May Devendra Banhart DFA Diane Arbus Dick Bruna Digitalism Dinosaur Jr Diplo Dirty Pretty Things Dirty Projectors Disco Drive Disco Teenage Kicks Disco Twins Dizzie Rascal Dj Baku Dj Hikaru Dj Kentaro Dj Mehdi Dj Nobu Does It Offend You, Yeah ? Domino Doopees Doping Panda Douglas Coupland Doves Dreadeye Dreamburger Drocie Dubsided Duffy Eater ECD Echo & The Bunnymen ED Banger Editors Edward Gorey Eight Legs Electric President Electrocute Elmo El Presidente Ellegarden Elliott Smith Eminem The Enemy Enlightenment Erase Errata Erol Alkan Exlovers Escalator Records Esg Everybody Else Excuse Me Factory The Faint Fancy Him Fantastic Plastic Machine Fatboy Slim The Feeling Feist Find Gask The Fits The Flamin Lips Flipper's Guitar Fischerspooner Fishmans Fountain Of Wayne First Aid Kit Foals Foreignland Four Tet Fox N' Wolf France Gall Frank Owen Gehry Franz Ferdinand The Fratellis Friendly Fires Fred PEerry The Free Design Freeform Five Fuck Buttons Fuji Rock Festival The Futureheads Future Terror Gang Of 4 Ganban Night Gangway Gas Book Georgie James George Harrison Gildas & Masaya Glass Candy Glastonbury Festival Glasvegas The Glimmers Gnarls Barkley Going Steady Goldfrapp The Good Life The Good,The Bad And The Queen Goose Gorillaz Golden Silvers The Gossip The Go! Team Graham Coxon Green Day Grind House Group Inou Group Of People Guns N' Bombs Hadouken ! Hal Happy Mondays Hard-Fi Hard To Explain Headman The Heavy Henry Darger Henrik Vibskov Herbert Hercules and Loveaffair Herve Hi-Standard The Hives The Holloways Holy Hail The Hoosiers The Horrors Hot Chip Hot Gossip Hot Hot Heat House of Holland i-D Idlewild iLL I Love You But I've Chosen Darkness I'm From Barcelona In Corridors Individual Orchestra Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin The Infadels InK Institubes Interpol i-WARP Jack Kerouac Jack Penate Jackson And His Computer Band Jacques Tati The Jam James Ford James Holden James Jarvis Jamie Lidell Jan Svankmajer Jay-Z Jean Luc Chainsaw Jeff Mills Jence Jerry Jesse Rose Jet Jimmmy Eat World Joakim Joanna Newsom John Lennon Johnny Boy Johnny Foreigner The Jesus & Mary Chain Johann Johannsson Joy Division Julie Verhoeven Junior Senior Justice KAFKA Kaiser Chiefs Kanye West Kap10Kurt Karafuto Kate Nash Kathy Kavinsky Koko Von Napoo KAWS The Kbc Ken Ishii Ken Yokoyama Keith Kerrier District The Killers The Kills Kings Of Convenience Kings Of Leon Kim Kitsune Klanguage Klaxons The KLF The Knife The Kooks Kraftwerk Kris Menace Kunoku Ladyhawke Lady Sovereign Larrikin Love The La's Late Of The Pier Laura Marling Laurent Garnier LCD Soundsystem Le Tigre LFO Liars The Libertines Lightspeed Champion Lillies and Remains Lillica Libertine ! Lily Allen Limited Express(has gone?) Linda Lindstrom Little Barrie The Little Flames Little Man Tate Locksley Lo-Fi-Fnk Long Blonde Lostage Love Psychedelico Love of Diagrams The Long Blondes Los Campesinos! Lost Penguin Love Is All Luke Vibert Lovely Chords The Lowbrows Low Vision Magnus Carlsson Malajube Mando Diao Magistrates Marios Mark Ronson Martin Margiela The Marz Volta Massive Attack Material Boy Matisyahu Matthew Barney Maximo Park Memphis Industries Merlin Bronques Metamorphose Metro Area Metronomy Mew M-flo MGMT M.I.A. Mice Parade Michel Foucault Michel Gondry Midnight Juggernauts Mika Milo? Forman Ninja Tune Miaou Minor Threat The Mirraz The Misshapes Mixrooffice M/M Paris Moby Modeselektor Modest Mouse Mo-dettes Modular The Mogs Mogwai Mondo Grosso Monica Uranglass Monobright The Moog Cookbook The Morning After Girls Mo'some Tonebender Moving Units Mr Been Mr Oizo MSTRKRFT Mu Mum Mumm-Ra The Music My Bloody Valentine Mylo Mystery Jets Nanamine Nathan Fake Nathan Michel Neon Neon Neon Plastix N.E.R.D Neu! New Cassettes New Order The New House New Young Pony Club Nan Goldin Natalie Wood Neon Neon Nigel Godrich Nightmoves Nightmares On Wax Niki De Saint Phalle Nima Nourizadeh Nine Black Alps Nine Inch Nailes Ninja Tune The Novembers Noze No Age Nu Clear Classmate Nujabes Nyantora Nylon Oasis Oceanlane Ogre You Asshole Olav Basoski Oldenburg Opera Operator Please Optimo The Ordinary Boys Orange Juice The Orb Oskar Fischinger Ox.Eagle.Lion.Man Pacific! Pam Para One Pains of Being Pure at Heart Passions The Pastels Patrick Wolf Pavement Payback Boys Peaches Pedro Winter Pepe California Peter Bjorn And John Peter Saville Peter Max Pet Shop Boys Pharell Williams Phoenix Phantom Planet Phones Pig Radio the pistolas The Pipettes Pixies Placebo Plan B Polysics Poney Poney The Pop Group Pop Levi Portishead Postal Service Prefab Sprout Prefuse 73 Pre-School The Presets Primaly 1 Primal Scream Prodigy Prototypes Psapp Punks Jump Up Queens Of Noize Quentin Tarantino Quiero Club The Raconteurs Radiator Radio 4 Radioclit The Radio Dept. Radiohead Radio Slave Radwimps The Rakes Raphael Just The Ramones The Rapture R.E.M. Ratatat Rauschenberg Rat:att:agg RayGun Razors Edge RazorLight Regina Spektor Rei Harakami Remi Nicole RE:RE:RE:mojojo Resfest Reverend And The Makers Revl9n Rex The Dog Ricardo Villalobos Richard Linklater Richie Hawtin Riddim Saunter Ride Riot In Belgium Ripchord The Robocop Kraus Robot Needs Oil The Roconters Ron Sexsmith The Roots Rough Trade Rosenquist Rovo The Royal We Rubies Royksopp Roy Lichtenstein Rub N Tug Ryan McGinley Rye RyukyuDisko Saam Faramand Saddle Creek Safari Santogold Sasha Savath & Savalas Scissor Sisters Scott Herren Scouting For Girls Scuttle Scritti Politti SebastiAn Sex Pistols The Shakes Shirokuma Shitdisco The Shoes Sigur Ros Simian Mobile Disco Sinden Sing02 Skream Sleater Kinney The Slits Slowly Downward Smashing Pumpkins The Smith Smith N Hack Snoozer Snow Patrol Sofia Coppola Soft The SoftLightes Soft Tigers Solid Groove So Me Something Else Sonic Youth Soulwax Sound Team Space cowboy Spank Rock Spalta Locals The Specials Special Others Spike Jonze Spiler The Spinto Band Squarepusher Stars Stefanie Schneider Stereo Tennis Steve Aoki The Streets Strip Steve The Strokes The Stone Roses Struggle For Pride Studio Voice Studio 4℃ Sub Pop The Subways Suede Sufjan Stevens Sugiuramun Suicide Summer Sonic The Sunshine Underground Supercar Super Furry Animals Superglass SUPER SUPER Supersystem Surkin The Suzan Switch Syrup 16g Tacteel Takagi Masakatsu Talking Heads Tahiti 80 Tangerine Dream Taikoclub Teenage Bad Girl Teenage Fanclub The Teenagers Teki Latex Telefon Telepathe Tel Aviv The Telephones Television Tepr Theoretical Girl Terry Roison Terry Zwigoff Test Icicles These New Puritans Tomas Andersson Tommy Guerrero Thomas Bangalter Thomas Brinkmann Thom Yorke Those Dancing Days Thieves Like Us Tiga Tilly and the Wall Tim Deluxe The Ting Tings Tokyo Police Club Tomas Andersson Tom Middleton Tommy Guerrero To My Boy Tom Ze Tortoise Trafalgar Trash Fashion Travis TTC The Twang Twisted Charms Two Gallants Uffie Ultra Brain Unchain Undercover Underworld U2 Vampire Weekend Vanessa Van Basten Van She Vanshe Technologic Valerie Phillips Vermilion Sands The View Vanity The Velvet Underground Vermilion Sands The Verve The Vines Vincent Markowski Vinyl Junkie Vitalic Von Sudenfed V∞REDOMS Wagon Christ The Wannadies Warp We Are Scientists Weezer Wes Anderson We Start Fires The Whip White Scooper The White Stripes The Whitest Boy Alive Whitey The Who Why? Wichita Wigs Wild Beasts Wire Wolfgang Tillmans XL XTC Yanokami Yatt Yeah Yeah Yeahs Yellow Magic Orchestra Yelle Yo La Tengo Yonderboi Young Lovers Yppah YSP Yuksek Zongamin Zutons 赤犬 浅田次郎 浅野いにお あふりらんぽ 伊坂幸太郎 石野卓球 稲葉英樹 宇川直宏 羽海野チカ 大沢伸一 小沢健二 大竹伸朗 尾田栄一郎 おとぎ話 大人計画 小山田圭吾 棚田康司 ギターウルフ 銀杏Boyz 草間弥生 クラムボン くるり ザ・クロマニヨンズ 小池桂一 サイプレス上野とロベルト吉野 桜井鈴茂 佐藤秀峰 サニーデイサービス 鹿野淳 渋さ知らズ 清水祐也 しりあがり寿 信藤三雄 砂原良徳 スーパーカー スチャダラパー スマーフ男組 曽我部恵一 相対性理論 田島一成 田名網敬一 田中宗一郎 谷川俊太郎 電気グルーヴ 東京事変 タカノ綾 タナカカツキ 田中フミヤ チャットモンチー 谷岡ヤスジ 長尾謙一郎 中込智子 仲真史 中村一義 奈良美智 野田努 ノンポリラジカル ハイロウズ ハナレグミ 髭 藤子不二雄 ブルーハーツ フルカワミキ 古谷実 堀江博久 前野健太 ゆーきゃん ゆらゆら帝国 横尾忠則 松本大洋 村上春樹 珍しいキノコ舞踊団 森見登美彦 やけのはら ラーメンズ リリー・フランキー

T.H.A.N.K.S.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

王様だーれだっ??
kings.jpg
いよいよ今夜、代官山UNITにて【Kings】が開催!!!!!!
Kingsをご存知で無い方へ↓

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2007年末the brixton academyQUATTROthe telephonesPILLS EMPIREから結成された集合体。
ライブハウス、クラブ、ジャンル、果ては国境などの垣根を越え、あなたの身体を揺さぶるイベントを行う。
これは日本においてはじめてのロックンロールであり、新しいカルチャーである。
text by -Kazato (PILLS EMPIRE)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

以上の4組にさらにTHE BAWDIESが加わり、2008年ならではの時代背景を持った新進気鋭5バンドがぶつかり合うという、なんとも白熱した一夜になること間違いなし!!!!!!
若い世代のバンドたち(自分も若いですが)がこうして意識的に集合体となってムーヴメントを起こそうとするのは、とても健康的で刺激的だと思います。
2010年まで残すところ1年数ヶ月となった今、ようやく日本からも「00年代の音楽」と胸を張って呼べるシーンが生まれるかどうか、その行方を占う一夜になりそうです!!

各バンドの詳しい紹介はKingsのMYSPACEから飛んで頂くとして、ここではいくつかビデオをご紹介!!

brixton.jpg
まずは、GOOD ON THE DANCEFLOORとも馴染み深い、先日のコラボ・パーティー【DISCO! DISCO! DISCO!×GOOD ON THE DANCEFLOOR】を共に成功させたthe brixton academyのライブ映像から。
この日本で彼らほど、海外のインディ・ロックの影響を純度100%で楽曲に抽出できるバンドも他にいないはず。
海外のバンドからの影響を口々に語る日本のバンドは腐るほどいても、実際、それが自身の音楽性に直結していないことのほうがほとんどで、それこそメジャーだろうがインディーズだろうがアマチュアだろうが、「え、ホントにRADIOHEAD好きなの!?」と思ってしまうバンドのほうが圧倒的に多い。というかホント、これはほとんど全てのバンドに言えること。
しかし彼らの場合、影響を受けた音楽を自然と自分達の音楽に落とし込めているあたりが、もうそれだけで信頼できてしまう。
THOSE DANCING DAYS良くね?」といった感覚で自分達のバンドにシンセを取り込んでしまうような、そんな素直な感覚(だと思っている!)が彼らの音楽に誠実に身を結んでいる。
影響を受けているとは言っても、彼ら独自の審美眼を通して生まれた楽曲たちは、日本のシーンの中ではもちろん、海外のシーンと比較してもジャンル特定不能。
無理やり位置づけるとすると、男性版The Long Blondes(2ndね)と言ったところか。
願わくば、EROL ALKAN
プロデュースによる作品を聴いてみたい。

彼らは毎回VJである#9と共にライブを行っており、そういった部分でも他の凡百の日本人バンドとは一線を画していて、それだけでもう彼らに夢中にならずにはいられないはず。

the brixton academy/NEW SONG




さらに他の出演者も紹介させて頂くと、

この5組の中でも抜きん出た人気を持つ、今年の夏フェスにも引っ張りダコだったthe telephonesは、世界的な00年代の象徴であるディスコ・パンク・サウンドを日本風に料理!!

the telephones/FREE THROW




初期ビートルズ譲りの弾むビートを武器としたロックンロール・サウンドで聴く者の体を揺らせるTHE BAWDIESは、最初の一音を響かせた瞬間、ポジティヴな空気が一瞬で広がるライブが魅力的!!

THE BAWDIES/I BEG YOU




さらには10/9(木)の【THURSDAY PEOPLE! Vol.2】への出演がすでに決まっているPILLS EMPIREのダークサイド・ロックンロール・ショーや、QUATTROのロックの王道を感じさせる圧倒的パフォーマンスも必見!!

リアル【KING】の称号は一体誰のものになるのか??
その結果は今夜代官山UNITにて明かされます!!!!!!


ry01
スポンサーサイト
ry01 CM(0) 

LOW END THEORY in JAPAN!!
080926_flyerposter_aritst_photo_1_1.jpg
今夜、遂にLOW END THEORYが日本に初上陸!!!!!!
LOW END THEORYというと、アメリカはロサンゼルスのアンダーグラウンドが誇る、今最もホットでエキサイティングなクラブパーティーのこと!!
ヒップホップを中心とした、独自のサイケデリア感覚を匂わせる旬のDJ、ラッパー、ライブアクトがひしめくこのパーティーは、現地でも毎週水曜日の開催にも拘らず、毎回400~500人規模の動員を集めるほどの盛況っぷりとのこと。

daedelus.jpg
今回の来日アクトの中でも、昨年のTAICO CLUBではご自慢のモミアゲとともに、早朝の眠気を一気に覚ますエキセントリックなライブフォーマンスを魅せたDAEDELUSがやはり目玉でしょう!!
(ちなみに、自分はYOUTUBEの映像でしかその時の様子を知りませんが笑)
彼がこれまでにリリースしてきた作品の中でも、06年リリースの『Denies The Day's Demise』は、一日中ベッドの上で深くまどろんでいるような、どこまでも夢見心地なエレクトロニカ・サウンドで覆われた、個人的にはダントツで06年のベストアルバムと呼べるほどの作品であった。
そして今年の6月にリリースされた『Love to Make Music To』では、前作の夢見心地でサイケデリックなエレクトロニカ・サウンドは影を潜め、硬質なレイヴとダビーなヒップホップがサウンドの中心に置かれていて、自分を含めた前作を愛するリスナーの多くは少なからずとも面食らったはず。
そんな彼の作り出す音楽は常にエキセントリックで素晴らしく、何より遊び心に溢れている。
それはまるで目の前の石コロや木の枝を使って遊ぶ子供のままごとのようなクリエイティヴィティと、大空に映るオーロラのような大自然が作り出す圧倒的な美しさを兼ね備えている。
だからこそ、彼の音楽を目の前にすると無邪気に飛び跳ねたくなる瞬間もあるし、口をあんぐりと開けてただただ呆然と立ち尽くしてしまうこともある。

これはイケイケなモード!!
Daedelus at Low End Theory NYC



最新作『Love to Make Music To』からの1曲。ノスタルジックな思いにふける名曲。
Daedelus/Make It So



06年を代表する大傑作『Denies The Day's Demise』から、エレクトロニカとサンバが奇跡の融合を果たす神過ぎる1曲。
01:08からの展開は必聴!!
Daedelus/Sundown




というわけで、まあ自分はこうやって当日にブログを書いているぐらいなので、当然遊びに行けないのです。。。
遊びに行く方々はどうぞ思う存分楽しんできてくださいー!!!!!!

今夜の詳細はコチラから↓
http://www.unit-tokyo.com/schedule/2008/09/26/080926_low_end_theory.php


ry01
ry01 CM(0) 

【THURSDAY PEOPLE! vol.2】開催決定!!!!!!
皆様お待たせしました!!
去る9月6日、大盛況のうちに終了した【THURSDAY PEOPLE! vol.1】に引き続き、
10月9日の木曜日に行われるvol.2の詳細をドドンと発表です!!!!!!

thursday1009_front_myspace.jpg
2008/10/09(THU.)
MARZ×GOOD ON THE DANCEFLOOR presents
"THURSDAY PEOPLE! vol.2" @新宿MARZ
http://www.marz.jp/html/news.html
OPEN/DJ START 18:00 LIVE START 18:30
ADV/with flyer 2000yen 
DOOR 2300yen
学割 1000yen 
+1DRINK
【Bands】
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
applebonker
http://www.myspace.com/applbnkr
PILLS EMPIRE
http://www.myspace.com/pillsempire
Nu clear classmate
http://www.myspace.com/nuclearclassmate
NaLas
http://www.myspace.com/nalasmono
【DJs】
Zelda (GOOD DJs, TRASH PAPA)
http://www.myspace.com/disco_beat_the_orange
ry01 (GOOD DJs)
http://www.myspace.com/ry01good
YONE (the brixton academy)
http://www.myspace.com/thebrixtonacademy
【VJ】
SAFARI
http://www.myspace.com/safarisafasafari

「木曜日の夜って、一番興奮しませんか??」
ライブハウス新宿MARZと、音楽とアートを繋ぐ新世代アーティスト集団<GOOD ON THE DANCEFLOOR>によるコラボレーションパーティーは、毎月第二木曜日に三ヶ月連続で開催される、木曜日の夜ならではの、週末が近づくあのキラキラでドキドキでワクワクな感覚を色鮮やかに彩る新世代バンド、DJ、VJが揃いに揃った、秋の夜長を楽しんじゃえ!的な?ネオ・ウィークエンド・ラヴァーの為のニュースクールパーティー!!!!!!
第二回目は、6月にリリースした初音源『Thousand Valleys』が80kidzのメンバーからも大絶賛を浴びた新型ニューウェーヴ・バンドWhite Scooperに、国内最大の屋内レイヴパーティー<WIRE08>でもクールなライブを披露した「次世代電気グルーヴ」ことapplebonker、新世代バンド集団「Kings」の中でも不穏な空気を纏った強烈なライブパフォーマンスが話題のPILLS EMPIRE、自らのジャンルを「SUICIDE POP」と名乗るライオットガール&ボーイによるエレクトロ・バンドNCC、ニューウェーヴからの影響を感じさせるアレンジの利いたグッドソングが魅力的なガレージバンドNaLasの5バンドがぶつかり合い、DJではthe brixton academyからYONE、GOOD DJsからダンス&ロール・キッズZeldaとry01が、そしてVJではWhite ScooperのVJでもお馴染みのSAFARIが視覚でバキッと盛り上げてくれること必至!!!
しかも学生は学生証提示でなんと1000円OFF!!! 毎月第二木曜日は新宿MARZにて<いざTHURSDAY PEOPLE LIFE!!!!!!>

flyer designed by ry01.

----------------------------------------------------------------
というわけで、ライブハウス新宿MARZと共に3ヶ月連続で開催するコラボレーションイベント、【THURSDAY PEOPLE!】の第二弾は10月9日の木曜日に開催です!!!!!!

この第二弾も、
音楽誌【MARQUEE】の次世代エレクトロポップ特集でもフィーチャーされた新型ニューウェーヴバンドWhite Scooper、
新世代ピエール滝ことmorimichi氏のパフォーマンスも見逃せないエレクトロ・ユニットapplebonker、
新メンバー加入後のライブが「半端ない!」との噂を呼ぶダークサイド・ガレージバンドPILLS EMPIRE、
ライブでの新曲が大好評なライオットガール&ボーイ二人組エレクトロ・バンドNCC、
グッドソングがひたすら目白押しのガレージサウンドを鳴らすNaLasの5バンドに加え、
DJ陣には、the brixton academyのインディ番長YONE氏、
GOOD DJsからは新宿LOFTで”TRASH PAPA”をオーガナイズするZeldaに、
GOOD ON THE DANCEFLOORのイベントオーガナイザーである私ry01、
VJにはGOODが誇るALL ART CREATIVE GIRLことSAFARIが参加!!
という、平日にも拘らず激ホットなラインアップでお届けします!!!!!!

そして、ななななんと、このイベントでは学生は学割が使えちゃいます!!
学生証提示で1000円で入れます!!破格!!
チケット予約はすでに開始していますので、予約希望の方は「お名前」「希望の日にち」「枚数」を記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければ予約を承ります!!
あの木曜日の夜ならではの、週末が近づくワクワク感を共に楽しみましょー!!
何といっても、その後の週末は三連休ですので!!!!!!

追加情報はこのブログでも随時アップしていきますので、どうぞお楽しみに!!
HP、MYSPACEも要チェックです↓

【GOOD ON THE DANCEFLOOR 】
■HP
http://www.goodonthedancefloor.com
■MYSPACE
http://www.myspace.com/goodonthedancefloorjpn
■BLOG
http://goodonthedancefloor.blog122.fc2.com
■mixiコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2531399
■Mobile
http://www.goodonthedancefloor.com/mobile

お月見イメージなフライヤーも是非是非ゲットしてみてください!!!!!!
【フライヤー設置協力店】
■disk union
お茶の水駅前店、神保町店、池袋店、新宿本館(BF)、下北沢店、吉祥寺店、国立駅前店、町田店、横浜関内店、横浜西口店、淵野辺店、稲田堤店、津田沼店、千葉店、柏店、北浦和店、中野店
■渋谷
HMV、岩盤、TECHNIQUE、LUSH
■原宿
SHOP ESCALATOR、Sunshine Studio Cafe
■新宿
MARZ、MOTION、NINE SPICES
■吉祥寺
BANANA RECORD、WARP、Rinky Dink Studio、BASARA BOOKS、百年、イルカッフェ
■下北沢
JET SET、RECOfan、ERA、Basement Bar、Rinky Dink Studio、VILLAGE VANGUARD、HAIGHT
■高円寺
SUNRAIN RECORDS




moriagari2.jpg
話は変わって、昨日White Scooperが出演したオールナイトイベント”PAINT TOKYO”でのライブの様子がGOOD ON THE Flickrにアップされています!!
ライブフォト以外にも面白写真が盛り沢山なので、これは要チェックです!!!!!!

■GOOD ON THE Flickr
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03/sets/72157607446963479/

photo by saki.

WS32.jpg

ws22.jpg


ry01
ry01 CM(0) 

PAINT TOKYO
White Scooperは9月はとにかくライブラッシュ!!!!!!
なわけでしたが、明日青山EVERにて開催される"PAINT TOKYO"が今月最後のライブになります!!!!!!

FASHION&ART&MUSICの融合空間として開催される記念すべきイベント第一回目は、テーマが「My pop color」とのことなので、明日はカラフルに着飾って夜の青山に繰り出すのも面白いかと思います☆

painttokyo.jpg
2008/09/22(MON.)
"PAINT TOKYO"@青山ever
http://www.ever-site.com/
OPEN 20:30 START 21:00
ADV 2000yen +1DRINK
※前売り販売のみ
【LIVE】
■スカイハイツオーケストラ
http://www.myspace.com/skyheightsorchestra
ロック、スイング、4つ打ちと、多彩なアレンジをしつつも、歌を大切にした楽曲。現在は渋谷ラママを中心に活動しており、2008年8月より毎月第二土曜開催の音楽と人とライブハウスの繋がりを大切にしたライブイベントコミュニティ「セカンドハウス」をSwelling Image Club、SUMMER SOLSTICEの3バンドを中心に設立。
■mACIDa YAYO
http://macidayayo.com/
トラック製作・作詞・歌唱・衣装まですべて一人でこなす多彩なアーティスト。ライブハウス・クラブイベントどちらでもウケるサウンドはテクノを軸とした独自の世界、ロリータボイスにメランコリックなメロディー。
■Furil
http://www.geocities.jp/furil_web/
Eijiの創り出す浮遊感漂うシンセ・サウンドと、それに重なるAsukaの澄み渡ったウィスパーボイス。"ドリーミーポップ' と名づけられた彼らの音楽は、リスナーを心地よい夢の空間へ。「NEXTMUSIC AWEARDS」にて特別賞受賞 、レミオロメン前田啓介氏に推薦コメントを貰うなど、結婚式場「ファウンテンヒルズ仙台」のCM曲に抜擢 される。2008年秋に待望の1st Albumリリース決定!
■Hoshina (Hoshina Anniversary)
http://www.myspace.com/yhoshina
Kasabian、Primal Scream等のラッドなUKロックからMSTRKRFTなどのNew Electro~New Raveにも影響を受け、「今」のロック・サウンドを打ち出している。近年はCSS、The Killsのリミックス等を手がけ、CSSの本国であるブラジルのラジオ局で取り上げられるなど、各地で絶賛を受けている。
■White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
00年代半ばから世界中で急速に広がりをみせるインディ・ロック~エレクトロのムーヴメントをこの日本で体現する、新世代ニューウェーヴ・バンドWhite Scooperの1st CD『Thousand Valleys』が、“GOOD ON THE DANCEFLOOR”のレーベル始動第一弾として遂にリリースが決定。
■空中分解
http://www.denparec.net/ku-tyu-bunkai/
ハジケルミワクノボーイズツーメン★キラキラロッキンエレクトロポップ!!ボーカルPOCOとギターKENTAROIDが放つ世界観が脚光を浴び、8月6日ミニアルバム「COCOLO COLOR」をひっさげついにデビュー!!今のうちから抑えておきたいクチコミ人気上昇中のボーイズツーメン。

【DJ】
■GARIS GARIS
http://www.absurdite.jp
Monsieur discoとTETHからなるユニットエレクトロを軸にファッションからの新しいアプローチでのミックスを披露している。一方でARAI KENTA率いるクリエーターチーム「AbSurdite」にも所属。
■DJ TEAM FACTORY
http://www.myspace.com/team_factory_tokyo
あらゆる音をファッションという切り口からセレクトし、現代の空気感を表現する文化服装studentsによるddjj TEAM!!!!!
■Milky(galaxxxy/IScream/oracle/M.C.E)
■PUNKROCKDISCO
ハイセンスなミックスワークから彼独自のロック/エレクトロでフロアに投下!!都内のファッションパーティーに出演し大型新人として注目。
■TAKENORI
2002年、クラブシーンに登場すると同時に並外れたスキルによるハイクオリティーなMIXワークとハードエッジな選曲で玄人筋からも熱い支持を集める数少ないDJ。2002年より新宿CODEを中心に数々のパーティーをオーガナイズしていたGRANDSLAM RODUCTIONの立ち上げから参加。新宿CODE/渋谷CLUB ASIA/六本木CORE 渋谷WOMB/渋谷ATOMでプレイを経て、過去にJUDGE ULES WARP BROTHERS E-CRAIG DAVE THE DRUMMER MIKE KOGLIN STEVE HILLといったHARD DANCE/TRANCE界の大物DJ達と共演。現在はPAINTのオーガナイズ兼DJ
■DJ GUNZI
1995年よりDJ活動を開始し東京各所のCLUBで数々のPLAY
1996年より男性DJでありながら国内最大級のWOMAN ONLY IVENT「CLUB BRAVISSIMA!」のレジテントDJに抜擢され、以降数々のBIG PARTYを成功させてきた。彼の
活動の幅は広く「D&G」「MIU MIU」etc数々のファッションショーでのDJや韓国
ソウルでのDJ PLAY経験をもつ、因みに日本人HOUCE DJとしてのPLAYは彼が初めてである。
■SWAP(rush,rush;records,primer)
rush主催のslide aka Hiroki NakajimaとSyuji Tomiiからなるdjユニットでありrushではデザインプロデュースからアーティストのプロモート・完全非公開にて限定音源の流通も行う。過去にはAPECも開催された上海国際展示場でのエンターテイナーや堂島ホテルではレギュラーにてプレイを行い、雑誌グラマラスのモデルと共にメイキャップショーなども担当するなどボーダレスな環境下での展開を行い、空間を彩る様々な要素も提案する。
■cliques
http://www.myspace.com/dizeyisdizzy
DIZEY
TWISTのメインオーガナイザー、DIZEYとHiDEによる「カオス」を追求したDJユニット個々でもDJの活動やライヴ活動は広く、「期待を裏切らないサウンド、DJの幅を超えたユニークなパフォーマンス」で話題を呼んでいるNEW STYLE DJ UNIT。
■FRAP FRAP FRAP(PAINT TOKYO/NNS)
踊れるエレクトロック!!!を軸にジャンルレスにDJ展開。PAINTTOKYOオーガナイズ兼DJ。

【VJ】
■Dquick
http://www.myspace.com/gs_shin1
VJ Shin1とVJ chamiとで結成された新進気鋭のVJ UNIT!!!!!
2006年よりVJ活動を始めていたShin1は、DEXPISTOLSやChaki(THE LOWBROWS)をはじめ、 ADAM SKY(kitsune), 川村カオリ, DJ 4TH a.k.a.YOSS OKADA, arlie, PUNKADELIX, GAINESなどとの共演を果たし、そのVJでの可能性を広げようと、新世代の若手VJであるchamiとのVJユニットを、2008年に結成。
HOUSE/TECHNO/ELECTROを筆頭に、ROCK/MINIMAL/HIPHOPと、ジャンルレスに繰り広げられる彼らの映像は、フロアへ強烈なクイック攻撃を打ち付ける!!!
■幻(PAINT)

【FASHION LIVE】
■RyoutaOzaki
古着のリメイクが中心。現在ショップ展開はしていないが受注販売と芸能関係での衣装提供など飛躍しているファッションブランド「RyoutaOzaki」。リアルクローズが基本コンセプト、宣材写真等でも使われているが、私服として使われることが多い。主な有名人は窪塚俊介、美元、キムジョーンズ等。現在はショップ展開、ショーなど精力的に活動中、今後、業界注目の「RyoutaOzaki」。
【ART&DECO】
■DORI
http://dori.okoshi-yasu.net/
女性や果実をモチーフとし、人のもつ強さや弱さ、刹那感を表現。"母性愛"・"空想の中の現実"がテーマとして活動。アートマネージメントチーム「ART ARAQ ASIA」の一員として各展示会やアートイベントをプロデュース。ライブペイントパフォーマンス中心に活動。毎月第一月曜には渋谷club asiaでのDJパーティにレギュラー出演中。
■Candle artist masumi 
東京とフランスにてキャンドル・アーティストとして活動中。CM、イベント、キャンドル展への出品のほか、キャンドル・レッスンの講師としても活動している。
■velonyca velonico
■MOCCO

【GOODS】
■KAFFREC Queens Of Sounds
http://www.kaff.co.jp
http://www.queensofsounds.com
ロンドンのインディーストリートブランドQueens Of Sounds(クイーンズ・オブ・サウンズ)とは、 ロンドン発のインディー・ストリート・ブランド。グラフィックを主体としたユニセックスなデザインでロンドンっ子に愛されている。さらにLate Of The Pier、Larrikin Love、Mystery Jets、Foals、カジヒデキなど多くのミュージシャンたちから支持され、宣材写真やステージ衣装としてメディアにも掲載。
■accora
http://papillon-oiio.jugem.jp
アンティーク/小花柄/ナチュラル/りぼんなどをテーマに
アクセサリー&小物を作り活動中。
■CHIRORIN
『世界に一つ』をコンセプトとする手作りの帽子屋さん。何年もの路上販売を経て、様々なイベントに参加している。今やクラブ界隈ではすでに知名度高しの帽子屋さん。自分たちのイベント『CHIRORIN's NIGNT』は自ら歌を歌ってしまう乙女な二人。
■BrokenDoll
http://brokendoll.jp
PUNK/ROCKとファッションを一つの作品と考え、それらがコラボレートした遊び場(サブカルチャー)を築きたい!という野望の元にファッションブランドBrokenDollは創立されました。ブランドのカラーはNew Rave/PUNK/ROCKまで幅広く対応。ブランド発足者ケンニイ率いるメロディックPUNKバンドBrokenDollは07.11月にミニアルバムSTAR FILLD NIGHIT SKYで全国デビューを果たしインディーズPUNKシーンを盛り上げている。バンドはライブハウス、クラブイベントの垣根を壊し、音楽&ファッションという共通点に群がるKIDS達の気になる存在になりつつある。

【FASHION SNAP】
■Rid Street Snap
http://ridsnap.com/
東京を中心にストリートからクラブイベントまで様々なファッションスナップをWEBマガジンで配信!!

【Free Market】
PAINTスタッフや専門学生のおしゃれアイテム&古着を全品500円販売!!
この日にしか出会えないおしゃれアイテムをGET♪





というわけで、なんとも内容盛り沢山な一夜になる予感!!

チケットは前売り販売のみですが、White Scooper予約も可能です!!
予約を希望される方は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛に当日の17時までにメールをお送り頂ければ承ります!!

祝日前のハッピーマンデーズな月曜日を共に楽しみましょう!!!!!!



mdc.jpg
最後に、昨日買ったMachines Don't Careのアルバムが良かったので、収録曲「How Ya'll Like Me Now」をご紹介!!
Machines Don't Careは、マイケル・ジャクソン「Thriller」を大胆サンプリングした「Cheap Thrills」が昨年大ヒットしたHERVEと、The Count & Sindenでの名義やSANTOGOLDRIOT IN BELGIUMのリミックスワークでも知られるSindenの二人を中心とした最強ユニットなわけで、アルバムもやはり完成度高し!!!!!!

Machines Don't Care/How Ya'll Like Me Now



おさらいも兼ねて↓
Herve/Cheap Thrills


The Count & Sinden/Beeper (featuring Kid Sister)



ry01
ry01 CM(0) 

可愛い娘達よ、早く私の元に帰っておいでズ
comeback_top.jpg
というわけで、今回の話題はCOMEBACK MY DAUGHTERS!!

comeback.jpg
COMEBACK MY DAUGHTERSと言えば、THE GET UP KIDS譲りのスウィートなポップ・エモから、NEIL YOUNGBOB DYLANからの影響を思わせるシンガーソングライター風フォークソングまで、とにかくグッドソング連発なバンドなわけですが、今週リリースされた最新シングル「Have Lancho」はひとまず合格点の無難な仕上がり!(ビデオはイマイチですが)

COMEBACK MY DAUGHTERS/Have Lancho


個人的にはこの「Have Lancho」よりも、2曲目に収録された「No Dice」のほうが彼らにとっての新境地を感じさせる、とても良い仕上がりかと!
THE SUPREMESの「恋はあせらず」(名曲ですよねえ)風のモータウンのリズムに、彼らにしては珍しい、ファンキーな歌のメロディがうまく乗っかっていて、先日LIQUID ROOMで行われた【KAKUBARHYTHM meets Niw! Records】でのライブでは、自分もこの曲を初めて聴いて思わず興奮!


comeback_album.jpg
そして彼らは10月22日に待望の3rdアルバム『EXPerience』をリリースすることも決定!!
1st『Spitting Kisses』では、恋に落ちるあの瞬間を曲に閉じ込めたようなキラキラでスウィートなポップソングを、2nd『A Parade of Horses』では、落ち葉を踏みしめながら歩く真冬の情景にピッタリなしっとりとしたフォークソングを、いつでもグッドメロディーに乗せて披露してきた彼ら。
「無人島に持って行きたいCDは?」の質問に、ふと「COMEBACK MY DAUGHTERSの1stと2nd」と答えてしまいたいことが時々あるほど、この2枚に関しては自分の毎日に寄り添う素晴らしきサウンドトラックであって、今回の新作はこの2枚のちょうど中間にあたる作品となりそう。
今PIZZA OF DEATHSのレーベルwebサイトでは、この新作のブログパーツを無料配布しているので、リリースまでこれでアルバム収録曲を予習して楽しみに待ちましょう!!

■PIZZA OF DEATH
http://www.pizzaofdeath.com/





ちなみに彼らの1stに収録されていた「BITE ME」は、改めて聴くと名曲過ぎです。
バンドマンの彼が、彼女に対して、
“I’m just a band man, not a superstar.”
(僕はただのバンドマン/スーパースターなんかじゃないからね)
と歌うリリックが非常にグッときます。

COMEBACK MY DAUGTHERS/BITE ME






mathsclass.jpg
話は変わって、先日のMATHS CLASSと共演した"1977 // RECLASH"@渋谷LUSHの様子を、グラスゴー帰りのフォトグラファーsakiが写真に収めてくれました!!
いやー、しかしMATHS CLASSは激ウマでした!
さすがFOALSやBATTLESのサポートアクトに抜擢されているだけあります!

というわけでGOOD ON THE Flickrを要チェック!!

■GOOD ON THE Flickr
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03/sets/72157607373914504/


ry01
ry01 CM(0) 

今夜はMATHS CLASSと日英新世代対決!!!!!!
さてさて、9月の2週連続コラボ・パーティーも無事終了したばかりですが、パーティーはまだまだ止まりません!!

先週の【THURSDAY PEOPLE!】にて新メンバー編成でのホットなライブを披露したWhite Scooperが、UKから来日するNEW NOISEバンド、MATHS CLASSの来日公演のサポートアクトとして今夜渋谷LUSHに出演します!!!!!!


1977--reclash_fix2_20080917022945.jpg
2008/09/17(WED.)
"1977 // RECLASH"@渋谷LUSH
http://www.toos.co.jp/lush/
OPEN/START 23:30
ADV 2500yen DOOR 3000yen +1DRINK
LAWSON / L-CODE:74010
【Bands】
MATHS CLASS (UK)
http://www.myspace.com/mathsclass
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
PLASTICZOOMS
http://www.myspace.com/plasticzooms
【DJs】
CHABE(Cubismo Grafico)
http://www.myspace.com/cubismografico
WSZ80
http://www.myspace.com/djwsz80
SUMIRE
http://www.myspace.com/telepatia_sumire
GIKYO NAKAMURA(UTRECHT/The PEGASUSS)
http://www.myspace.com/gizmmorecords
TAICHI FURUKAWA(RIDDIM SAUNTER)
http://www.myspace.com/riddimsaunter
詳細は1977 RECORDSまで
http://www.1977records.com/

MATHS.jpg
■MATHS CLASS
Tim Sketchley -Vocals.
Piers Cowburn -Synth + Vocals.
Andy Davies -Guitar + Vocals.
Aleksandar Damms -Bass.
Michael Gartside -Drums.

2006年初めに結成。ブライトンを拠点に活動する、20代の5ピースバンド。エネルギッシュで狂ったような、パワフルなライブパフォーマンスがあっという間に話題となり、NME誌には、『思わず鼻血が噴き出るようなサウンド』として取り上げられる。また、ヴァイス・マガジンの多大な支持も得て、バルセロナのヴァイス・スペインの創刊パーティーやジャッカロープ・フェスティバルでプレイする。07年2月には、アートロッカー誌のクラブイベントに初出演、同誌に特集され、この年のアートロッカー・フェスティバルでの『最も印象に残ったバンド』と評される。06年に行われた、第1回目のアンダーエイジ・フェスティバルにも出演、また、フォールズやバトルズのギグのサポートなども努め、今のバンドシーンの先駆け的な存在のバンド、これから最もブレイクするバンドとされている。
07年11月にライフ・イズ・イージー・レコードよりリリースされた、ダブルAサイドデビューシングル、「エンポリオ・レイザー/クッション・グラマー」は大絶賛され、わずか2週間で完売。スティーヴ・ラマックやヒュー・ステファンからの絶大な支持を得て、ラジオでパワープレイされる。

というわけで、地元UKではFOALSやBATTLESのサポートアクトの経験もある、ブレイク間近な新世代バンドMATHS CLASS!!
尖ったギターフレーズを散りばめ、ドタバタと疾走する様は、正に新世代NEW NOISEサウンド!!これはライブもとんでもないことになりそうです!!

というわけでビデオを観て予習予習!!

MATHS CLASS / Nerves




対するWhite Scooperのプロフィールも改めてご紹介!!

T_WS.jpg
■White Scooper
Zak -Guitar + Sampler + Vocals.
Fuzita -Guitar + Vocals.
Munetsuna -Drums.
Hana -Guitar + Synth + Vocals.

海外のシーンに振り回されることなく、独自のニューウェーヴ・サウンドでひたすら観客を踊らせ、終いには自分達も踊る、日本で類を見ないニューウェーヴ・バンド。07年8月に行われた<STYLE BAND TOKYO>(共演にPsysalia psysalis psyche、Lillies and Remains)のオールナイト・イベント出演を皮切りにライブ活動を本格化させ、以来、MYSPACEをはじめインディ・ロック/エレクトロに敏感な世代より熱烈な支持を得て、<DISCO! DISCO! DISCO!>や<CAUSE ME PAIN>といった最新型ライブイベント/パーティーからも出演のオファーが絶えない。今年6月にGOOD ON THE DANCEFLOORからリリースした初音源『Thousand Valleys』が、80kidzのメンバーをはじめ、多方面から絶賛の声を浴び、音楽雑誌MARQUEEでは次世代エレクトロポップ特集の一環として取り上げられるほどの注目を浴びる。

新メンバーHanaが加わっての4人編成となってからは、まだ先週の【THURSDAY PEOPLE!】でライブを1本行ったのみ!!
超フレッシュな状態の現在のWhite scooperを我こそはと先に目撃にいらっしゃってください!!

White Scooper×SAFARI / Behind The Lights




とまあ、とにかく平日ながらめちゃめちゃ豪華なイベントとなっています!!!!!!
イギリスから来るMATHS CLASSだけではなく、東京を代表して迎え討つ、日本が誇る最新型ニューウェーヴ・バンドWhite Scooper、10月のSTYLE BANDのパーティーにも出演が決定しているゴシックパンク・バンドPLASTIC ZOOMS、
そしてDJ陣にはCUBISMO GRAFICOことCHABEさん、横浜reclashのWSZ80さんにSUMIREさん、MARQUEEでインタビューをして頂いた中村義響さん、そして今年フジロックにも出演したriddim saunterの太一さんという、超超超豪華っぷり!!
次の日に仕事や学校があろうが、これは決死の覚悟で挑む価値大アリです!!!!!!

チケットの取り置きを希望される方は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、
info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければ、当日の21時頃までは取り置きを承ります!!

というわけで、今夜は渋谷LUSHでお待ちしております!!!!!!

ry01
ry01 CM(0) 

パーティーリポート【THURSDAY PEOPLE!】編
前回の記事に引き続きパーティーリポートです!!


thursday_front.jpg
今回は9/11(木)に行われた、ライブハウス新宿MARZとのコラボ・パーティー、
【THURSDAY PEOPLE!】の様子をお伝えします!!

この日は木曜日ということで、週末が近づくあのキラキラでドキドキでワクワクな感覚が現れた、正に【THURSDAY PEOPLE!】な夜となりました!!
そして、どのバンド、DJ、VJも最高なパフォーマンスを披露してくれていて、正に休む暇無しの4時間!!
学割もあったので、学生の方にも沢山来て頂けたのも非常に嬉しかったです!!
T_moriagari.jpg

我らがWhite Scooperはというと、新メンバーHanaが加入しての初の4人編成でのライブになりました!!
シンセを重ねたり、時にはギターが3本になったり、新生White Scooperを楽しんで頂くことができたかと思います!!
VJのSAFARIの映像もカラフルにWSのサウンドを彩っていて、これは今後のライブでどう成長していくか必見です!!
T_WS.jpg

T_WS2.jpg

先日LIQUID ROOMで行われた【KAKUBARHYTHM meets Niw! Records】でも強烈なパフォーマンスを披露していたAAPSは、この日もエレクトロもパンクもメタルもMIXした曲たちが大爆発!!
T_aaps.jpg

フロアジャックする形で行われたNCCのライブは、相変わらずのライオットっぷりを発揮!!
お客さんを巻き込むエキセントリックな魅力でフロアを沸かしていました!!
T_NCC.jpg

THE JACKSは未だに10代とは思えないほど、貫禄のあるパフォーマンス!!
The Metrosもいいですが、日本人ならTHE JACKSを聴くべきです!!
T_jacks.jpg

THE NEW HOUSEは、日本人とは思えない、THE HOLLOWAYSあたりのテムズビート勢を彷彿とさせるソングライティングが見事に花開きました!!こんなバンド、絶対に他にいません!!
T_NEW.jpg

DJでは、私ry01がSUPERCARの「SUNDAY PEOPLE」でキックオフさせ、「オブラディ・オブラダ」と「STAR GUITAR」のマッシュアップで幕を開ける素晴らしいDJプレイを披露したGOOD DJsのZeldaがフロアを盛り上げていました!!
そしてZeldaとry01で急遽行ったBack 2 Backは楽しすぎました!!
T_zeldary01.jpg

VJでは、SAFARIのMihoが鮮やかにフロアの雰囲気を彩り、スペシャルな夜を演出してくれました!!
バリエーション豊かなフレッシュな映像たちがとても魅力的です!!
T_SAFARI.jpg


というわけで、こちらもパーティーフォトも前回のイベントから撮影を担当している、GOOD ON THE DANCEFLOORグラスゴー支部より帰ってきたsakiが撮影してくれました!!
【THURSDAY PEOPLE!】なワクワク感がバッチリ現れた写真たちは、こちらからご覧になれます↓
■GOOD ON THE Flickr
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03/sets/72157607232514222/



そんなこんなで、あっという間に9月の2週連続コラボパーティーは終了!!
どちらのイベントもそれぞれの魅力が発揮されていて、主催者側である自分もとしても、それぞれ素晴らしいイベントを作り上げることができたかと思います!!
遊びに来てくださった皆さんに本当に感謝です!!!!!!

そして、新宿MARZとのコラボパーティー【THURSDAY PEOPLE!】は3ヶ月連続での開催なので、もちろん10月も第二木曜日に行われます!!!!!!
日にちは10/9の木曜日ですので、今からスケジュールを空けておいてください!!
予告として、すでにGOOD ON THE DANCEFLOORのMYSPACEではラインナップの一部が発表されていますので、こちらから是非是非チェックよろしくお願いします!!
■MYSPACE
http://www.myspace.com/goodonthedancefloorjpn


というわけで、この秋はホットなパーティーがまだまだ続きます!!!!!!
是非会場で一緒にパーティーしちゃいましょう!!!!!!


オマケ

Hana(White Scooper)&Miho(SAFARI)
T_GOODGIRLS.jpg

DJ chick
T_DJchick.jpg


ry01
ry01 CM(2) 

パーティーリポート【DISCO!×GOOD】編
先週・先々週と、2週連続で行われたGOOD ON THE DANCEFLOORのコラボパーティー・シリーズ、
【DISCO! DICO! DISCO!×GOOD ON THE DANCEFLOOR】と【THURSDAY PEOPLE!】は大成功のうちに終了!!!!!!
遊びに来て下さった皆様、ありがとうございます!!!!!!
どちらも沢山の方に遊びに来て頂けて非常に嬉しかったです!!
というわけで、写真やビデオで当日の雰囲気を少し振り返ってみようと思います!!


omote_20080914133756.jpg
まずは9/6(土)に渋谷eggmanにて行われた、the brixton academyが主宰する【DISCO! DISCO! DISCO!】とのコラボパーティー、
【DISCO! DICO! DISCO!×GOOD ON THE DANCEFLOOR】のパーティーフォトをドドンと!!

partyphoto0906.jpg
partyphoto0906_2.jpg

そして大盛り上がりだったWhite Scooperの最新ライブ映像もお届け!!

White Scooper×SAFARI / Behind The Lights


いやー、White Scooperのライブは本当に盛り上がりましたね!!
自分は彼らのスタッフながら、最前列で盛り上がってしましました笑
そして、この日に盛り上がったのはWhite Scooperだけではなく、各出演バンド、DJ、VJ、ライブペインター、どれをとっても本当に最高なもので、想像を超えるミラクルな瞬間というものが何度もありました!!

まず我らが大将、the brixton academyのライブがこの日も最高で!!
初っぱなから「I have a good idea」→「Cut」ってどんだけ!!
1brixton.jpg

初めてライブを観たMIRは、最後の曲で自然発生した、みんなで輪になってグルグル回ったあたりなんかは、もうまるでフジロックな感覚!!
ドラゴンドラで上った頂上の場所のようでした!!
1MIR.jpg

NEON GRAVITYは相変わらずの鉄壁ダンスグルーヴに悶絶!!
演奏が鉄板過ぎます!!!!!!
1NEON.jpg

MONICA URABGLASSは6月の”Friday the 13th”のときよりもさらにパワーアップして帰ってきました!!
彼らのファンもしっかりついていて、まさにノリにのっている勢いをビシバシ感じました!!
1MONICA.jpg

DJ陣では、FARON SQUAREが自分好みの甘酸っぱい選曲でアゲて、
NITESさんに至ってはBlack Kidsの「Love me already」を投下!!
そしてDAVIDもさらに煽りに煽る!!(顔でも笑)
1DJS.jpg
1DAVID.jpg

VJは、我らがSAFARIと、DISCO!クルーの#9君と102さんとで実際にコラボ!!
ミキサーでお互いの映像をミックスさせまくってました!!
そしてさらになんと12個のテレビモニターを使っての視覚攻撃!!これは強烈!!
ちなみにこちらは我らがSAFARIの映像↓
1SAFARI.jpg

こちらが#9君と102さん↓
1NO9.jpg

そしてステージサイドでは、OBARYと、タケさんとドリさんによるchiariが素敵なライブペインティングを披露!!
思わず自分も書きたくなってしまいます!!
ちなみにこちらがOBARY↓
1OBARY.jpg

こちらがchiari
1CIARY.jpg

以上の当日の素敵な写真たちは、GOOD ON THE DANCEFLOORグラスゴー支部より帰還したsaki隊員によるもの!!
他にも良い写真が沢山ありますので、Flickrのほうも要チェックです!!
■GOOD ON THE Flickr
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03/sets/72157607184934515/


GOOD ON THE DANCEFLOORにとっての初のコラボ・パーティーでしたが、普段からリスペクトしまくっている【DISCO!】クルーと共にイベントを作り上げることができて本当に嬉しかったです!!
是非またコラボしましょー!!!!!!

というわけで、11日の【THURSDAY PEOPLE!】パーティーレポートに続きます!!


GOOD ON THE DANCEFLOOR
ry01
ry01 CM(0) 

いよいよ今週末はDISCO!×GOOD!!!!!!
早いことに、いつのまにか暦は9月です!!!!!!
皆さんは夏を思う存分エンジョイできましたか??

もし、「もっと夏を楽しんでおきゃ良かった」とお嘆きの場合は、、
GOOD ON THE DANCEFLOORの秋の2週連続コラボ企画に遊びに来て頂くことをオススメします!!
そう、9月のGOODは2週連続でイベントを行います!!!!!!


まずは自分もWhite Scooperも大リスペクトするバンド、the brixton academyとのコラボレーション企画である【DISCO! DISCO! DISCO!×GOOD ON THE DANCEFLOOR】がいよいよ今週の土曜日開催です!!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
omote.jpg
2008/09/06(SAT.)
"DISCO! DISCO! DISCO!×GOOD ON THE DANCEFLOOR"
@渋谷egg man
http://eggman.jp/venue/
OPEN/DJ START 17:30 LIVE START 18:00
ADV/with flyer 2000yen DOOR 2500yen +1DRINK
【Bands】
the brixton academy
http://www.myspace.com/thebrixtonacademy
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
MIR
http://www.myspace.com/nannimonaisora
NEON GRAVITY
http://www.myspace.com/neongravity
MONICA URANGLASS
http://www.myspace.com/monicauranglass
【DJ】
FARON SQUARE
http://www.myspace.com/faronsquare
NITES
http://www.myspace.com/nightsmusik
and more!
【VJ】
#9
http://season9.xxxxxxxx.jp
SAFARI
http://www.myspace.com/safarisafasafari
【LIVE PAINTING】
OBARY
http://obary.info/
Chiari(TAKE・DORI)
for_chiari@yahoo.co.jp

【DISCO! DISCO! DISCO!】とGOOD ON THE DANCEFLOORの奇跡のコラボレーションであるこのパーティーは、
【DISCO!】クルーからは、海外インディロックと同時進行するサウンドでひたすら観客を踊らせるthe brixton academy、彼らのライブをさらに引き立てるVJでパーティーを盛り上げる#9、【DISCO!】ではお馴染みのライヴペインティングアーティストとしてOBARYとChiariが、
GOOD ON THE DANCEFLOORクルーからは、6月にリリースした初音源『Thousand Valleys』が80kidzのメンバーをはじめ各方面から大絶賛を浴びているWhite Scooper、 『Thousand Valleys』のジャケットアートワークやGOODのイベントでのVJで活躍するSAFARIがそれぞれ出演!!!!!!
そしてバンドでは、
初期POST PUNK/NEW WAVEの名盤であるWIREの『PINK FLAG』を完全カバーした作品を最近リリースしたことでも話題のMIR、今年のSUMMER SONIC大阪ではHOT CHIPやFriendly Firesらと共演した鉄板グルーヴ・バンドNEON GRAVITY、ROCK+TRANCEをキーワードに、海外ニューレイブの流れをこの日本で一挙に引き継ぐMONICA URANGLASSに加え、
DJでは、新型インディ/エレクトロ系のパーティーにてライブを繰り広げるFARON SQUAREと、ex-CAUSE ME PAINのオーガナイザーであるNITES氏がDJとして参加という、音楽もアートもファッションもアティチュードもMIXした超最新型パーティー!!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

というわけで、この日はインディロックもエレクトロもDJもVJもライブペインティングも全てごちゃ混ぜにMIX!!
GOOD ON THE DANCEFLOORは、HPやMYSPACEに説明文として「音楽とアートを繋ぐ新世代アーティスト集団/レーベル」と書いているように、自分も音楽だけが好きというよりも、同時に発されるユースカルチャーに興味があるので、音楽だけに縛りを付けず、ライブとDJの間にライブペインティングやファッションショーなどを取り入れてきた【DISCO! DISCO! DISCO!】とコラボできるというのは願ったり叶ったりだと思っています。
なので今回のイベントは、音楽の部分でもアートの部分でも個性的で刺激的なアーティスト達に揃いに揃って頂いたので、何から何まで欲張りに楽しみたいという方にとっては「正にコレ!!」なイベントだと思います!
要するに、わかりやすく言うとフェスですよ、フェス!!
夏フェスというものは、バンドがやっている音楽だけを聴きに行くというより、通りすがりのDJブースから流れてくる音楽にフラ~っと誘われたり、勃発的なアートパフォーマンスに目が釘付けになったり、美味しいフェスごはんを楽しんだり、とにかく五感をフルに使って楽しむあの感覚(さらには第六感が目覚めたり!?)自体がフェスなのだと思います。とにかく楽しんじゃえ!という!!
そういう感覚がバッチリ当てはまるのが【DISCO! DISCO! DISCO!】だったり今までのGOODのイベントだったと思うので、今回この二つがコラボするということは、もはや「どんだけ!!」レベルなわけで、とにかく楽しいことを「観たい」「聴きたい」「踊りたい」(夜もヒッパレ!みたい笑)の快楽三本柱に、「味わいたい」までも加わった、がっぷり四つな快楽主義者にとってはまさに打ってつけのイベント!!!!!!
9月最初の週末を鮮やかに彩るアーティストたちが揃いに揃っているので、秋から心機一転!の方もそうじゃない方も、この秋を楽しいものにするために一緒に盛り上がって頂けると嬉しいです!!!!!!
こんなにカッコいいバンドたちが出ますよ↓

White Scooper×SAFARI / Behind The Lights



the brixton academy / CUT






そしてもう一つ、その次の週の木曜日にはライブハウス新宿MARZとのコラボ企画も開催されます!!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
thursdaypeople_front2.jpg
2008/09/11(THU.)
MARZ×GOOD ON THE DANCEFLOOR presents
"THURSDAY PEOPLE! vol.1" @新宿MARZ
http://www.marz.jp/html/news.html
OPEN/DJ START 18:00 LIVE START 18:30
ADV/with flyer 2000yen
DOOR 2300yen
学割 1000yen 
+1DRINK

【Bands】
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
AAPS
http://www.myspace.com/tuneaaps
Nu clear classmate
http://www.myspace.com/nuclearclassmate
THE JACKS
http://www.myspace.com/wearethejacks
THE NEW HOUSE
http://www.myspace.com/thenewhousetokyo
【DJs】
TSKKA
ry01
http://www.myspace.com/ry01good
Zelda
http://www.myspace.com/disco_beat_the_orange
【VJ】
SAFARI
http://www.myspace.com/safarisafasafari

「木曜日の夜って、一番興奮しませんか??」
ライブハウス新宿MARZと、音楽とアートを繋ぐ新世代アーティスト集団<GOOD ON THE DANCEFLOOR>によるコラボレーションパーティーは、毎月第二木曜日に三ヶ月連続で開催される、木曜日の夜ならではの、週末が近づくあのキラキラでドキドキでワクワクな感覚を色鮮やかに彩る新世代バンド、DJ、VJが揃いに揃った、週末が待ちきれないネオ・ウィークエンド・ラヴァーの為のニュースクールパーティー!!!!!!
記念すべき第一回目は、6月にリリースした初音源『Thousand Valleys』が大好評の新型ニューウェーヴ・バンドWhite Scooperに、<Niw! Records>の最新コンピに収録されたことで話題となったメタル・ディスコパンク・バンドAAPS、自らのジャンルを「SUICIDE POP」と名乗るライオットガール&ボーイによるエレクトロ・バンドNCC、不機嫌さとそれを蹴飛ばすぶっきらぼうさを兼ね備えた未だ10代の3ピース・ガレージバンドTHE JACKS、海外インディの流れを感じさせる日本人らしかぬ伸びやかなソングライティングが魅力のTHE NEW HOUSEの5バンドがぶつかり合い、DJではAAPSからTSKKA、GOOD DJSからダンス&ロール・キッズZeldaとry01が、そしてVJではキュートな女性二人組SAFARIが視覚でバキッと盛り上げてくれること必至!!!
しかも学生は学生証提示でなんと1000円OFF!!! 毎月第二木曜日は新宿MARZにて<いざTHURSDAY PEOPLE LIFE!!!!!!>
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

同じくこの日も、刺激的且つ個性的なアーティストを詰めに詰め込んだフェスな内容!!
「一週間の中で一番興奮するのは木曜の夜では!?」ということで、3ヶ月連続で第二木曜日に新宿MARZと共にイベントをやらせて頂くことになりました!!
というわけで、この【THURSDAY PEOPLE!】の大きなコンセプトとして、「週末が近づくあのキラキラでドキドキでワクワクな感覚を色鮮やかに彩るパーティー」というのがあります!!
月金で働いている社会人や学生にとって、週末というものは正に夢のようなもの。
そんな輝かしい週末にジャンプする為のホップ・ステップとして、上にも書いてあるように「週末が待ちきれないネオ・ウィークエンド・ラヴァーの為のニュースクールパーティー!!!!!!」なわけです!!
すでに気づいている方もいるかもしれませんが、イベントタイトルはSUPERCARの「SUNDAY PEOPLE」から引用させて頂きました。
SUPERCARは石渡淳司の書くリリックが素晴らしいのは言わずもがな、この曲の「自分で自分の風に乗って/時間と時間を混ぜるのさ」というフレーズは、「きっと、自分次第でその状況を楽しめるのさ」というメッセージでもあって、本当に「SUNDAY PEOPLE」の主人公の感覚は好きです。
なので、木曜日の夜ならではのあのどこまでも気分が高揚する感覚を【THURSDAY PEOPLE!】イズムで楽しんでしまおうということです!!
この日は我らがWhite Scooperをはじめ、昨日リキッドルームの大勢の観客の前で大爆発なライブを魅せたエレクトロ・バンドAAPSに、エキセントリックでライオットなパフォーマンスで観るものを一気に巻き込む男女エレクトロ・ユニットNCC、デビュー盤が最高だったUKはTHE METROSに負けてられんとばかりな日本代表最若手ガレージ・ボーイズTHE JACKS、おそらく日本でここまでしなやかなソングライティングが出来るバンドもいないであろうアイリッシュの影響を受けたインディ・ロックを鳴らすTHE NEW HOUSEといった強力な5バンドに加えて、DJではAAPSからTSKKA氏、GOOD DJsからは80kidzからoasisまでを一挙にスピンする夢の欲張りDJであるZeldaと私ry01が、VJでは毎度フレッシュな映像で視覚からバキッと盛り上げてくれるSAFARIが出演!!
といった感じで、こちらもとにかく濃厚な内容!!!!!!
しかも学割を使えば1000円で入れるというお得っぷり!!これは是非とも若い方に沢山観に来て頂きたいです!!!!!!



というわけで気合が入りまくった両イベント!!
チケット予約は絶賛受付中ですので、予約を希望される方はinfo@goodonthedancefloor.com宛に「お名前」「希望の日にち」「枚数」を記入の上、メールをお送り頂ければ予約を承ります!!
それぞれHPやMYSPACEも更新情報をどんどんアップしていきますのでチェックチェック!!

GOOD ON THE DANCEFLOOR
■HP
http://www.goodonthedancefloor.com
■MYSPACE
http://www.myspace.com/goodonthedancefloorjpn
■BLOG
http://goodonthedancefloor.blog122.fc2.com
■Mobile
http://www.goodonthedancefloor.com/mobile


今回の二つのイベントは正に、上の世代には持ち得ない、自分達の世代ならではの感覚を鳴らす・表現するアーティストが見事に揃うことが出来たと思います。これは本当に素晴らしいことだと思います。
この日本のシーンに新しいムーヴメントを発生させることが出来得る、そんな最新の感覚を持った世代を台頭させる為、自分は全力でこの二つのイベントをプッシュします。
なので皆さん、是非是非遊びに来て頂けると嬉しいです!!
よろしくお願い致します!!!!!!!!!!!!


ry01
ry01 CM(0) 


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。