GOOD ON THE DANCEFLOOR

GOOD ON THE DANCEFLOOR
OFFICIAL
Twitter
MySpace(Label)

レーベル/パーティ"GOOD ON THE DANCEFLOOR"のオフィシャル・ブログです。

[ABOUT US]
東京発のレーベル/パーティ。Arctic Monkeysの曲名から名づけられたこの集団は、上の世代には持ち得ない、自らの世代ならではの感覚を証明することを目的として、2007年6月に結成。バンド/DJ/デザイナー/ライター/フォトグラファーなど、現在複数のメンバーによって構成されている。個々での活動に加え、GOOD ON THE DANCEFLOORとしてもイヴェントやパーティーを不定期に開催。2009年秋にはレーベル初のコンピレーションCD『ALT A NATIVE SYNDICATE』をリリースし、国内をはじめ、北米/欧/豪にも配信リリースしている。

contact me :P
info@goodonthedancefloor.com

[NEWS]
2009年9月にリリースされ、日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、熱心な海外インディ・リスナーから、国内新世代インディ・バンド・ファンまで、多方面から絶賛の声を浴びた、東京の新世代レーベル"GOOD ON THE DANCEFLOOR"による、今後活躍が期待される新型バンドを集結させたコンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』。紅一点として参加したNu clear classmateが待望の単独作を遂にリリース!
------------------------------------------------------------
USインディ新世代と共振するサウンドに、コケティッシュな女性ヴォーカルを乗せた、日本発のキッチュな個性。この最新EPでは、Washed OutなどのGlo-Fi、Nite Jewelらが牽引するインディ・シンセ・ディスコ、そして時流のエレクトロ・ポップなどを、軽やかに横断している。わずか半年ほど前にリリースされたレーベル・コンピ収録曲と比べると、目が覚めるほどの音楽的な飛躍ぶり。ただ今メキメキと成長中の新世代二人組に、ぜひ注目を!
-小林祥晴-
------------------------------------------------------------
失礼を承知で正直に言うと、彼女たちがここまでの作品を仕上げてくるとは全く思っていませんでした。日々から逃げ出したい気持ち、マリア様に包まれてただただ安らかに眠っていたいという欲望と、それが叶わざる願いであることが転化した、やすりのような手触りの不機嫌な殺気。2010年に生きていく感覚そのままの音楽です。
-田中亮太(JET SET KYOTO/mogran'BAR)-
------------------------------------------------------------
Nu clear classmate 『Lick The Star』
2010/04/16 ON SALE
GOOD-1002 / including 5 songs 1,300yen (tax out)
1. Blank World
2. Causeless Pain
3. The Nearest Faraway
4. I Know I Know
5. I Leave The Parade Wearing A Dress

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

[NEXT PARTY]
????????????

全ての公演のチケットは予約を受付けております(一部除く)。
予約をご希望される場合は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります。
下記のチケット予約フォームからもお気軽にご予約が可能です↓↓↓


[RELEASE INFORMATION]
【GOOD ON THE DANCEFLOOR】のレーベル部門が、新たに【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】として始動!!!!!! 記念すべき第一弾リリースとして、初のレーベル・コンピレーションCDを2009年9月25日にリリース!!
------------------------------------------------------------
海の向こうの同世代へのシンパシーと、隣り合う君とのディスコミュニケーション。2つの同時代性の狭間で軋む音、火花。青く、眩しい。
-田中亮太 (CLUB SNOOZER / JET SET)-
------------------------------------------------------------
世界と同感覚で進行中の東京インディー・シーンをリアルに感じられる、グッド・コンピレーション! この衝動と感覚を忘れずに、リリースを続けてくれることを期待しています!
-JUN (80kidz)-
------------------------------------------------------------
GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK compilation
V.A. 『ALT A NATIVE SYNDICATE』
2009/09/25 ON SALE
GOOD-1001 / including 10 songs 1,800yen (tax out)
1. To Pieces / AAPS
2. Spin of School / Nu clear classmate
3. Social Evils and a Potato [Hamon Mix] / The New House
4. Jr. / White Scooper
5. Marble Nuts / Nu clear classmate
6. Tailors of OZ / AAPS
7. Up Bends / White Scooper
8. Pale Boy / The New House
9. Marble Nuts [Bamian Remix] / Nu clear classmate
10. Up Bends [Lapin Remix] / White Scooper

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

White Scooper 1st CD 『Thousand Valleys』
2008/06/10 ON SALE
GOOD-001 / including 7 songs 500yen (tax out)
1. C.Farmeres
2. Behind The Lights
3. Ya Ya Ya
4. Proco
5. Vigger
6. Nightram
7. Mornin' Giraffe
Art work by SAFARI.

取り扱い店舗
■JET SET (京都/下北沢)
【HP】【地図】【WEB通販】
■disk union各店
お茶の水駅前店、神保町店、新宿本館B1、下北沢店、吉祥寺店、
中野店、国立駅前店、池袋店、町田店、淵野辺店、稲田堤店、
横浜関内店、横浜西口店、津田沼店、千葉店、柏店
【HP】【店舗一覧】
■Sunrain Records (高円寺)
【HP】【地図】【WEB通販】

チケット予約フォーム
こちらでGOOD ON THE DANCEFLOORの各イベントのチケット予約が出来ます。ご利用ください。

名前:
メールアドレス:
日にち/イベント名:
枚数(質問などもどうぞ):

ブログ内検索
QRコード
QRコード
検索用

we love

!!! 1965 2 Many DJs 24Hour Party People 80kidz 8otto 100s Abake Abraham Cross Adam Sky Adel Air Akufen Alan Ball Air France The Album Leaf Alter Ego Altz Alphabeat Alloverallareover American Amy Winehouse Apparel Anavan ANDREA CREWS Andrew Kendall Andy Warhol Animal Collective Anna Tsuchiya Annie Aphex Twin The Apples In Stereo The Arcade Fire Arctic Monkeys Art-School Asian Dub Foundation Asian Kung-Fu Generation Ash A Sunny Day In Glasgow Atlas Sound At The Drive-In Audion Au Revoir Simone Aus Autechre The Avalanches Avengers In Sci-Fi badly drawn boy Back Drop Bomb Babyshambles Bamian The Band Apart Bang Gang Deejays Basement Jaxx Battles The Bawdies The Beach Boys Beastie Boys The Beatles Beck Beirut Belle & Sebastian Ben Folds Five Benga Ben Sharn Bernhard Willhelm Best Fwends Biff Bang Pow! Big Star The Birthday Bishi Bjork The Black Ghosts Black Kids Black Rebel Motorcycle Club Blast Head Bloc Party Bloodcat Love Blood Red Shoes Blood Thirsty Butchers Tha Blue Herb Blur Boards Of Canada Bonde do Role Bonjour Records Boom Boom Satellites Boredoms Born Ruffians Boys Noize The Boy Least Likely To The Bravery Breakfast Brian Jonestown Massacre The Brixton Academy Broken Social Scene The Buffalo Bunch The Bumblebeez Bump Of Chicken Buraka Som Sistema Burial Bushmind The Buzzcocks Bright Eyes British Sea Power Busy P Cabanne Cajuan Cajun Dance Party Calvin Harris Camera Obscura Cansei De Ser Sexy The Capes Cassette Playa Cat Power Cazals Chaki The Charlatans The Checks Chemical Brothers Chicks On Speed Chris Cunningham Christian Joy Chromeo C.I.A. Cibo Matto The Cigavettes Citizen Clammbon Clap Your Hands Say Yeah Clark Clarky Cat Chim↑Pom The Clash Coachella Coburn Cocorosie Coldcut Cold War Kids Colette Comanechi Comeback My Daughters Converge Corinne Bailey Rae Cornelius Cornershop Cosmic Wonder Cosmo Vitelli Chairlift The Coral Crackhaus The Cribs Creation Records Cristal Castles Crookers CSS Cubismo Grafico Cubismo Grafico Five The Cure Cut Copy DaDa KingZ Dada Life Daedelus Daft Punk Daggers Damien Hirst Dandi Wind Dan Le Sac vs Scroobius Pip Darek Darkel Darren Emerson Datarock Dandy Warhols David Fincher David Lynch David Sylvian Ddjjs Dead Disco Death From Above 1979 Death In Vegas The Death Set De De Mouse Deep Dish De La Soul Delta Sonic The Departure Derrick May Devendra Banhart DFA Diane Arbus Dick Bruna Digitalism Dinosaur Jr Diplo Dirty Pretty Things Dirty Projectors Disco Drive Disco Teenage Kicks Disco Twins Dizzie Rascal Dj Baku Dj Hikaru Dj Kentaro Dj Mehdi Dj Nobu Does It Offend You, Yeah ? Domino Doopees Doping Panda Douglas Coupland Doves Dreadeye Dreamburger Drocie Dubsided Duffy Eater ECD Echo & The Bunnymen ED Banger Editors Edward Gorey Eight Legs Electric President Electrocute Elmo El Presidente Ellegarden Elliott Smith Eminem The Enemy Enlightenment Erase Errata Erol Alkan Exlovers Escalator Records Esg Everybody Else Excuse Me Factory The Faint Fancy Him Fantastic Plastic Machine Fatboy Slim The Feeling Feist Find Gask The Fits The Flamin Lips Flipper's Guitar Fischerspooner Fishmans Fountain Of Wayne First Aid Kit Foals Foreignland Four Tet Fox N' Wolf France Gall Frank Owen Gehry Franz Ferdinand The Fratellis Friendly Fires Fred PEerry The Free Design Freeform Five Fuck Buttons Fuji Rock Festival The Futureheads Future Terror Gang Of 4 Ganban Night Gangway Gas Book Georgie James George Harrison Gildas & Masaya Glass Candy Glastonbury Festival Glasvegas The Glimmers Gnarls Barkley Going Steady Goldfrapp The Good Life The Good,The Bad And The Queen Goose Gorillaz Golden Silvers The Gossip The Go! Team Graham Coxon Green Day Grind House Group Inou Group Of People Guns N' Bombs Hadouken ! Hal Happy Mondays Hard-Fi Hard To Explain Headman The Heavy Henry Darger Henrik Vibskov Herbert Hercules and Loveaffair Herve Hi-Standard The Hives The Holloways Holy Hail The Hoosiers The Horrors Hot Chip Hot Gossip Hot Hot Heat House of Holland i-D Idlewild iLL I Love You But I've Chosen Darkness I'm From Barcelona In Corridors Individual Orchestra Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin The Infadels InK Institubes Interpol i-WARP Jack Kerouac Jack Penate Jackson And His Computer Band Jacques Tati The Jam James Ford James Holden James Jarvis Jamie Lidell Jan Svankmajer Jay-Z Jean Luc Chainsaw Jeff Mills Jence Jerry Jesse Rose Jet Jimmmy Eat World Joakim Joanna Newsom John Lennon Johnny Boy Johnny Foreigner The Jesus & Mary Chain Johann Johannsson Joy Division Julie Verhoeven Junior Senior Justice KAFKA Kaiser Chiefs Kanye West Kap10Kurt Karafuto Kate Nash Kathy Kavinsky Koko Von Napoo KAWS The Kbc Ken Ishii Ken Yokoyama Keith Kerrier District The Killers The Kills Kings Of Convenience Kings Of Leon Kim Kitsune Klanguage Klaxons The KLF The Knife The Kooks Kraftwerk Kris Menace Kunoku Ladyhawke Lady Sovereign Larrikin Love The La's Late Of The Pier Laura Marling Laurent Garnier LCD Soundsystem Le Tigre LFO Liars The Libertines Lightspeed Champion Lillies and Remains Lillica Libertine ! Lily Allen Limited Express(has gone?) Linda Lindstrom Little Barrie The Little Flames Little Man Tate Locksley Lo-Fi-Fnk Long Blonde Lostage Love Psychedelico Love of Diagrams The Long Blondes Los Campesinos! Lost Penguin Love Is All Luke Vibert Lovely Chords The Lowbrows Low Vision Magnus Carlsson Malajube Mando Diao Magistrates Marios Mark Ronson Martin Margiela The Marz Volta Massive Attack Material Boy Matisyahu Matthew Barney Maximo Park Memphis Industries Merlin Bronques Metamorphose Metro Area Metronomy Mew M-flo MGMT M.I.A. Mice Parade Michel Foucault Michel Gondry Midnight Juggernauts Mika Milo? Forman Ninja Tune Miaou Minor Threat The Mirraz The Misshapes Mixrooffice M/M Paris Moby Modeselektor Modest Mouse Mo-dettes Modular The Mogs Mogwai Mondo Grosso Monica Uranglass Monobright The Moog Cookbook The Morning After Girls Mo'some Tonebender Moving Units Mr Been Mr Oizo MSTRKRFT Mu Mum Mumm-Ra The Music My Bloody Valentine Mylo Mystery Jets Nanamine Nathan Fake Nathan Michel Neon Neon Neon Plastix N.E.R.D Neu! New Cassettes New Order The New House New Young Pony Club Nan Goldin Natalie Wood Neon Neon Nigel Godrich Nightmoves Nightmares On Wax Niki De Saint Phalle Nima Nourizadeh Nine Black Alps Nine Inch Nailes Ninja Tune The Novembers Noze No Age Nu Clear Classmate Nujabes Nyantora Nylon Oasis Oceanlane Ogre You Asshole Olav Basoski Oldenburg Opera Operator Please Optimo The Ordinary Boys Orange Juice The Orb Oskar Fischinger Ox.Eagle.Lion.Man Pacific! Pam Para One Pains of Being Pure at Heart Passions The Pastels Patrick Wolf Pavement Payback Boys Peaches Pedro Winter Pepe California Peter Bjorn And John Peter Saville Peter Max Pet Shop Boys Pharell Williams Phoenix Phantom Planet Phones Pig Radio the pistolas The Pipettes Pixies Placebo Plan B Polysics Poney Poney The Pop Group Pop Levi Portishead Postal Service Prefab Sprout Prefuse 73 Pre-School The Presets Primaly 1 Primal Scream Prodigy Prototypes Psapp Punks Jump Up Queens Of Noize Quentin Tarantino Quiero Club The Raconteurs Radiator Radio 4 Radioclit The Radio Dept. Radiohead Radio Slave Radwimps The Rakes Raphael Just The Ramones The Rapture R.E.M. Ratatat Rauschenberg Rat:att:agg RayGun Razors Edge RazorLight Regina Spektor Rei Harakami Remi Nicole RE:RE:RE:mojojo Resfest Reverend And The Makers Revl9n Rex The Dog Ricardo Villalobos Richard Linklater Richie Hawtin Riddim Saunter Ride Riot In Belgium Ripchord The Robocop Kraus Robot Needs Oil The Roconters Ron Sexsmith The Roots Rough Trade Rosenquist Rovo The Royal We Rubies Royksopp Roy Lichtenstein Rub N Tug Ryan McGinley Rye RyukyuDisko Saam Faramand Saddle Creek Safari Santogold Sasha Savath & Savalas Scissor Sisters Scott Herren Scouting For Girls Scuttle Scritti Politti SebastiAn Sex Pistols The Shakes Shirokuma Shitdisco The Shoes Sigur Ros Simian Mobile Disco Sinden Sing02 Skream Sleater Kinney The Slits Slowly Downward Smashing Pumpkins The Smith Smith N Hack Snoozer Snow Patrol Sofia Coppola Soft The SoftLightes Soft Tigers Solid Groove So Me Something Else Sonic Youth Soulwax Sound Team Space cowboy Spank Rock Spalta Locals The Specials Special Others Spike Jonze Spiler The Spinto Band Squarepusher Stars Stefanie Schneider Stereo Tennis Steve Aoki The Streets Strip Steve The Strokes The Stone Roses Struggle For Pride Studio Voice Studio 4℃ Sub Pop The Subways Suede Sufjan Stevens Sugiuramun Suicide Summer Sonic The Sunshine Underground Supercar Super Furry Animals Superglass SUPER SUPER Supersystem Surkin The Suzan Switch Syrup 16g Tacteel Takagi Masakatsu Talking Heads Tahiti 80 Tangerine Dream Taikoclub Teenage Bad Girl Teenage Fanclub The Teenagers Teki Latex Telefon Telepathe Tel Aviv The Telephones Television Tepr Theoretical Girl Terry Roison Terry Zwigoff Test Icicles These New Puritans Tomas Andersson Tommy Guerrero Thomas Bangalter Thomas Brinkmann Thom Yorke Those Dancing Days Thieves Like Us Tiga Tilly and the Wall Tim Deluxe The Ting Tings Tokyo Police Club Tomas Andersson Tom Middleton Tommy Guerrero To My Boy Tom Ze Tortoise Trafalgar Trash Fashion Travis TTC The Twang Twisted Charms Two Gallants Uffie Ultra Brain Unchain Undercover Underworld U2 Vampire Weekend Vanessa Van Basten Van She Vanshe Technologic Valerie Phillips Vermilion Sands The View Vanity The Velvet Underground Vermilion Sands The Verve The Vines Vincent Markowski Vinyl Junkie Vitalic Von Sudenfed V∞REDOMS Wagon Christ The Wannadies Warp We Are Scientists Weezer Wes Anderson We Start Fires The Whip White Scooper The White Stripes The Whitest Boy Alive Whitey The Who Why? Wichita Wigs Wild Beasts Wire Wolfgang Tillmans XL XTC Yanokami Yatt Yeah Yeah Yeahs Yellow Magic Orchestra Yelle Yo La Tengo Yonderboi Young Lovers Yppah YSP Yuksek Zongamin Zutons 赤犬 浅田次郎 浅野いにお あふりらんぽ 伊坂幸太郎 石野卓球 稲葉英樹 宇川直宏 羽海野チカ 大沢伸一 小沢健二 大竹伸朗 尾田栄一郎 おとぎ話 大人計画 小山田圭吾 棚田康司 ギターウルフ 銀杏Boyz 草間弥生 クラムボン くるり ザ・クロマニヨンズ 小池桂一 サイプレス上野とロベルト吉野 桜井鈴茂 佐藤秀峰 サニーデイサービス 鹿野淳 渋さ知らズ 清水祐也 しりあがり寿 信藤三雄 砂原良徳 スーパーカー スチャダラパー スマーフ男組 曽我部恵一 相対性理論 田島一成 田名網敬一 田中宗一郎 谷川俊太郎 電気グルーヴ 東京事変 タカノ綾 タナカカツキ 田中フミヤ チャットモンチー 谷岡ヤスジ 長尾謙一郎 中込智子 仲真史 中村一義 奈良美智 野田努 ノンポリラジカル ハイロウズ ハナレグミ 髭 藤子不二雄 ブルーハーツ フルカワミキ 古谷実 堀江博久 前野健太 ゆーきゃん ゆらゆら帝国 横尾忠則 松本大洋 村上春樹 珍しいキノコ舞踊団 森見登美彦 やけのはら ラーメンズ リリー・フランキー

T.H.A.N.K.S.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

GOOD ON THE ゆるブログ vol.7【neco眠る、やばし】
neco.jpg
大阪アンダーグラウンドが誇るダブ・インストバンド、neco眠るを最近初めて聴いたのですが、一聴してどっぷりハマってしまいました!
昨年リリースされたアルバム、『ENGAWA BOYS PENTATONIC PUNK』がとても良い。
タイトルもアートワークも音楽も、全てがツボ!
韓国の大衆音楽であるポンチャックの影響がゆるーく滲み出ていて、こりゃ堪らんです。
もはやサケロックよりも良いのでは!?
これは是非ともフジロックでゆらゆら聴きたい…。

MYSPACEでも音源が聴けるので、要チェック!!!!!!









ry01
スポンサーサイト
ry01 CM(0) 

今年も熱いぜブルックリン!
というわけで、昨今ではVampire WeekendMGMTTV On The RadioGang Gang DanceHercules And Loveaffairなど、唯一無二の世界観を持ったクリエイティヴなアーティストを絶え間なく生み続けるニューヨークはブルックリンのアンダーグラウンド・シーンより、2009年も素晴らしいクリエイティヴィティを持ったアーティストたちより、嬉しい便りが続々と届いております!


antonyj.jpg
まずは、ルー・リードにも「初めて彼の歌を聴いたとき、私は自分が天使の前にいるのだと分かった」と言わせしめた、天使の歌声を持つアントニー・ハガティのソロ名義であるANTONY AND THE JOHNSONSの話題から。

aatj.jpg
M.I.ACOLDPLAYを抑え、イギリスの権威ある音楽賞<マーキューリー・プライズ>を受賞した2005年リリースの『I Am a Bird Now』に続く、4年振りの新作である『The Crying Light』がとんでもなく素晴らしい。
ヴォーカリストとして参加した、昨年のHercules And Loveaffairのアルバムでもとんでもなくセクシーな歌声を披露していた彼だが、この新作でも、収録された10曲中1曲を除いて全ての曲をビートレス(という表現はあまり適切でない気がするが)にすることで、アントニーのどこまでも伸びやかに響き渡る歌声の魅力が最大限に引き出されている。
どの曲でも、ストリングスやピアノによる控えめなオーケストラ・アレンジが彼の歌声をさらに引き立て、全てが一体となって聴く者の目の前の景色を一瞬で塗り替える。
「Epilepsy Is Dancing」の冒頭での流れるようなアントニーの歌声とピアノの音色を一瞬耳にしただけで、きっと貴方もすぐに心を奪われるはずだ。
これは早速、2009年ベストディスク候補の誕生といっても過言ではないだろう。

ちなみに、アントニーがこよなく敬愛する日本の舞踏家、大野一雄に捧げられたというこの作品では、1977年に写真家の池上直哉によって撮影された、大野一雄のポートレイトがジャケットとして使われている。

ANTONY AND THE JOHNSONS / Epilepsy Is Dancing






animalc.jpg
続いては、今やUSネオ・フォーク~フリー・フォークを代表するバンドとまでなった、異能アート・フォーク・ユニットAnimal Collectiveの話題。

animal.jpg
約一年半振りとなった新作『Merriweather Post Pavilion』では、<DOMINO>へ移籍後の初アルバムとなった前作『Strawberry Jam』で顕著だった、エレクトロニクスを多用した煌びやかなポータブル儀式的フリー・フォークはさらに増幅し、まるで太陽の光が眩しく透き通る水面下での胸躍る生命の歓喜を描いたようなプリズミックな作風となっている。
現在の彼らと比べると随分土着的であった『Feels』や『Sung Tongs』をベストに挙げるファンからすると、年々ポップな意匠になっていく彼らに戸惑いを隠せないかもしれないが、シーンのパイオニアである彼らのこの開放的な最新モードは、恐らくより広くの世界とコネクトすることを望んだ結果であり、それはきっと貴方の日常までをもほんのちょっぴり煌びやかに彩ってくれるはずだ。

Animal Collective / My Girls






telepathe.jpg
最後は、耳の早いインディ・キッズの中ではすでにご存知の方も多いと思われる、女性版MGMTとでも称したくなるTelepatheをご紹介。

2月には早くもデビューアルバムのリリースを控えている彼女らは、<DOMINO>がマネジメントを担当し、DIPLOが主宰するレーベル<MAD DECENT>のツアーに参加するなど、すでに世界規模で話題沸騰中。
現在のUSインディ・シーンの一つの特徴でもある、MGMT譲りの沸き立つサイケデリアが詰め込まれたエレクトロ・ポップ・サウンドと、スウェーデンのLykke Liなどとも共振する浮遊感のある幻想的な歌声が魅力的。
彼女らのデビューアルバムでは、今や時の人であるTV On The Radioのデイヴィット・シーテック(FOALSなどのプロデュース経歴を持つ)をプロデューサーとして迎え、もはや世界的なヒットは秒読みといったところ。
自分の読みだと、おそらく今年の<SUMMER SONIC>には間違いなく出演するはず。
というわけで、今のうちに要要要チェック。

Telepathe / So Fine




ry01
ry01 CM(0) 

セックス、ドラッグ、2much crew!
2muchcrew.jpg
いやー、遂にリリースされた2much crewの1stアルバム『BUBBLE YOU』が最高です。

2much crewとは、Struggle For PrideやBUSHMINDらが代表される東京アンダーグラウンド・ハードコア/ヒップホップ/テクノのクロスオーヴァー・シーンで活動する、伝説のD.I.Y野外フェス<RAWLIFE>にも出演経験のある2男MC+1女MC+バンド演奏あり、リズムボックスありの脱力系ミクスチャー(?)バンドのことで、
先にも挙げたBUSHMINDやニュースクール・ハードコア・バンドPAYBACK BOYSのアルバムをチェック済みの方なら、メンバーのYO!マイキーがそれぞれの作品にMCとして参加していたことをご記憶されてる方も多いはず。

一部では「東京アンダーグラウンド最後の隠し玉」と称されるほどとなったこのアルバムも、ジャケットからもわかるように、どこまでが本気でどこまでが遊びなのかわからない、パンキッシュなヒップホップ/ハードコア/ハウス/ファンク/ブレイクビーツが目白押し。
1曲目の「NEW RAP CITY」では、電気グルーヴの「Popcorn」をサンプリングしたフィジェット・ハウスなトラックに乗せて「あんたもイイカンジ/おいらもイイカンジ/めちゃくちゃ騒ぎまくって踊りまくって/バイバイバイバイバイ!」と騒ぎ倒し、2曲目の「Mama Said Rock You Out」では、ゆるいリズムボックスに乗せてギターを掻き鳴らし、紅一点のナンシー・フミが脱力しきった声で「くだらないことが多過ぎて/空を見上げてツバを吐く/くだらない奴が多過ぎて/すれ違いざまにツバを吐く/ロックンロール/ロックンロール」と歌う。
うーん、この冒頭の2曲だけでもかなり面白い。
他の曲でも、「いつも2much crewがワーとかギャーとか騒いでパッと終わる」「だんだん出来てきた/10年やってこんなもん」と、自虐的なリリックをユーモラスに織り交ぜ、彼らは世間に中指を立てる。
このあまりにもまとまりの無い全20曲、しかもほとんどの曲が2分台、もしくはそれ以下という、正に「ワーとかギャーとか騒いでパッと終わる」この作品は、日本の画一されたギターロック・バンドにはまず持ち得ないパンク・アティチュードと自由自在のエネルギッシュさを兼ね備えていて、これは非常に刺激的。

2much crewの音楽を聴いて、つまらない日常と世間を嘲笑おう。

2much crew / NEW RAP CITY (RAWLIFE 2006)



ry01
ry01 CM(0) 

2009年最初のマストバイ!フランツの新作が相当良い
2009年も始まって早一ヶ月が経とうとしているところですが、いよいよ音楽シーンにもエンジンがかかってきたようです!
とにかく先週は怒涛のリリースラッシュで、UKインディ勢ではFranz Ferdinandの4年ぶりの3rdに、Ninja TuneからはTHE QEMISTSのデビュー作、USインディ勢ではANTONY AND THE JOHNSONSANIMAL COLLECTIVEの新作、さらにはスペインからはCOCONOTのデビュー作、日本勢ではBOGULTA2 MUCH CREWDischarming Manのデビュー作に、サイプレス上野とDJロベルト吉野の2ndという、とんでもないお祭り状態!!
しかも、昨年にリリースされたMr. Oizo<ED BANGER>移籍後の初アルバムと、<SUB POP>からの新たな刺客NO AGEのデビュー作もいよいよ日本盤となってリリースされ、とにかく2009年は力作が勢揃いで、早速財布が大ピンチです。

franz.jpg
が、その中で何を買えば良いのか迷った場合、とりあえずFranz Ferdinandの新作『TONIGHT:FRANZ FARDINAND』は買っておきましょう。
だってコレ、ものすごく良いんですよ!

約4年振りのこの新作でも、これまでのフランツ節ともいえる、英国然りとした粘っこくもキャッチーなメロディのアレックスの歌声と、エッジの効いたポストパンク/ニューウェーヴ・サウンドは健在だが、ヘヴィーな音の鳴りのアップテンポなギターロックが多勢を締めていた前作に比べ、この新作ではBPMを100~110台にまでぐっと落とし、そこにさらにアナログ・シンセの音色を効果的に散りばめることで、セクシーな大人のムードが漂う、艶かしいダンス・グルーヴを彼らは新たに手に入れた。
さすがアラフォー世代、伊達に歳を食っていないわけだ。
しかも、ほぼ全曲がシンガロング可能な激キャッチーなポップソングな上、気まぐれな恋愛に振り回された末の悲劇的な感情を歌ったリリックも、この彼らの新しいモードに非常にマッチしている。
さすがアラフォー世代、伊達に歳を食っていないわけだ。

今回レコーディングにもかなりの工夫があったようで、古い洋館を改築したという彼らの新しいスタジオでは、マイクを天井からぶら下げて揺り動かすことで音のドップラー効果を生み出したり、トランス状態になるまで演奏を繰り返し、ベストテイクだけをコピー&ペーストして繋ぎ合わせることでトラックを構成したり、彼らはスタジオという名の「実験場」で様々なチャレンジを行ったそうだ。
そうして完成した今回収録された12曲は、たしかに、どこを切っても怪しげにグルーヴィー。
これはかなり気持ち良い。
「Take Me Out」や「Do You Want To」クラスのアンセムは残念ながら存在しないが、それでも個々の曲が十二分に輝きを放っている。

そしてこのアルバムのハイライトは間違いなく、終盤「Lucid Dreams」から「Dream Again」の流れだろう。
明晰夢(自分で夢であると自覚しながら見ている夢のこと)と名付けられた前者は、虚無感を消し去るべく強烈な夢に耽る姿を描いた8分にも及ぶ超大作曲で、そして続く後者は、崩壊した夢の残骸の上に座り込み、「僕は夢を見続けることができるだろう/再び夢見るために生きて行くだろう」と、それでもユートピアに想いを寄せる、弱々しくも力強い夢心地な一曲で、どちらも非常に素晴らしい。
この2曲は、早速2009年ベストトラック候補に仲間入りさせることにした。
このアルバムは、「僕は新しい道を見つけたんだ/僕をからかわないでくれ/お前の同情など、僕には不要だ」と新たな始まりを歌う「Ulysses」で始まるように、理想と絶望の中を繰り返し彷徨う僕らにそれでも夢を見続けさせてくれる(「Dream Again」)、怪しげな夜の世界へとナビゲートする、フランツ流の明晰夢(「Lucid Dreams」)なのだ。

Franz Ferdinand / Ulysses




ry01
ry01 CM(2) 

GOOD ON THE ゆるブログ vol.6【THE COLOURFUL LIFE】
flyer0117_g.gif
あわわわわ、ドタバタしているうちに【Niw! Collection'09】から早10日経っていました!
お礼のご挨拶が遅れてしまいましたが、当日遊びに来てくださった皆さん、素晴らしいパフォーマンスを繰り広げた出演者の皆さん、関わってくださったスタッフの皆さん、そして今回お誘い頂いた<Niw! Records>の皆さん、
本っっっ当にありがとうございます!!!!!!!!!!!!
皆さんのおかげでパーティーを大成功させることができました!
あの場にいた皆さんには直接触れて頂いたかと思いますが、僕らGOOD ON THE DANCEFLOOEが理想としていた、カラフルでPOPでポジティヴでパワフルな、正に「THE COLOURFUL LIFE」な素晴らしいパーティーだったと思います。
(ちなみに「THE COLOURFUL LIFE」は【GOOD MAG.】のサブタイトルでもありますが、自分のモットーでもあります)
あの空間を共有できたこと、そして何より皆さんの笑顔が本当に嬉しかったです!
新年から幸先良いスタートを切ることができました◎

というわけで、Zak君もFlickrのURLを貼っていましたが、当日の様子をsakiが写真に収めてくれましたので、是非是非写真でも楽しんでみてください!!

rakugaki.jpg
皆さんが書いてくださったメッセージボード!
「FREE SEX」やら、皆さん好き放題書いていて、後から見直すと楽しいです笑

huusen.jpg
当日はsakiの指揮の下、SALOONフロアをGOOD ON THE DANCEFLOOR流にカラフルにデコレーション!

ws_20090127001242.jpg
この日のWhite Scooperは初のDJセット!
むむ!?何故か覆面の5 many DJs!!

ncc_20090127001348.jpg
ゲリラ感のあるフロアライブで毎度沸かせるNCC
この日も新曲大連発!MySpaceでも聴けますよ◎

saloon.jpg
SALOONフロアは終始大入り!バーも盛り上がっていました!!

moriagari3.jpg
フロアでも皆さん盛り上がってくれていて、こちらもテンション上がります↑

wsfuji.jpg
White Scooper×NCC!
Fuzitaがガンつけてます!

zakdemi.jpg
Zakとdeminilのおちゃらけコンビ!

newhouse.jpg
前回のZak君の記事でも紹介している、THE NEW HOUSEの面々とry01!

ddjjsry01.jpg
最後はry01とddjjsのB2Bで締め!

wa2.jpg
大ラストはくるりの「ワンダーフォーゲル」!
皆、手を繋いで輪になって踊ってくれていて嬉しかったです!!



といった感じで、当日のパーティーフォトはFlickrでもご覧になれます!
他にもまだまだ素敵なフォトが沢山ありますので、是非是非チェックしてみてください◎

■GOOD ON THE Flickr
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03/sets/72157612714018784/

Photo by saki.



というわけで、2009年もGOOD ON THE DANCEFLOORは精力的に活動をしていきますので、今年も何卒よろしくお願い致します!!!!!!
それではまた、ライブ会場などでお会いしましょう! :)


ry01
ry01 CM(0) 

THE NEW HOUSE
thenewhousehub
photo(c)saki

先日はTHURSDAY PEOPLE!vol.01にも出演したTHE NEW HOUSEのアコースティックギグを観に行きました。
すごい面白かった!
ライブハウスではないので音環境は良く無いけれども、ガチャガチャした感じが逆に音一つ一つを大切なものさせてくれるような演奏でした。
2/3に新宿MARZでライブをするとのことなので気になった方は行ってみてはいかがでしょ。

zak
テーマ : お気に入りアーティスト
ジャンル : 音楽
Zak CM(2) 

THANKYOU
nc9rakugaki
Niw!Collection'09終了 !
ご来場ありがとうございました !!!
(これはみなさんの落書き !!!)

check check check
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03/sets/72157612714018784/

Zak
テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽
Zak CM(0) 

いよいよ今週末はNiw! Year Party!!!!!!
いよいよ今週末は2009年一発目のパーティーであり大新年会、
【Niw! Collection'09】が代官山UNITにて開催されます!!!!!!!!!!!!

改めて今回のパーティーを紹介させて頂きます!


GOOD ON THE DANCEFLOORの2009年一発目のパーティーは、
ななななんと、【FUJI ROCK FESTIVAL '08】でCSSやTHE GO! TEAM、FOALSらと共演を果たしたriddim saunter、【COUNTDOWN JPAN 08/09】にて年越しカウントダウンを担うFRONTIER BACKYARD、9月に行われたMARZ×GOOD ON THE DANCEFLOORによるコラボ・パーティー【THURSDAY PEOPLE!】でのエキセントリックなライブも記憶に新しいAAPSらが出演する、Jインディっ子御用達<Niw! Records>のレーベルパーティー【Niw! Collection'09】にGOOD ON THE DANCEFLOORが特別参戦!!!!!!
08年2月に行われた【Niw! Collection '08】でもsaloonフロアを掻き回したGOOD ON THE DANCEFLOORが、新たに素敵なゲスト陣を迎え、またもや旋風を巻き起こします!!!!!!

flyer0117_g.gif
2009/01/17(SAT.)
"Niw! Collection'09 -Happy Niw! Year-" @代官山UNIT
http://www.unit-tokyo.com/
OPEN/START 23:00
ADV 2800yen DOOR 3300yen +1DRINK

■SALOON FLOOR■
GOOD ON THE DANCEFLOOR
http://www.myspace.com/goodonthedancefloorjpn

【LIVE】
■Nu clear classmate
ncc_20081227210556.jpg
http://www.myspace.com/nuclearclassmate
自らのジャンルを「SUICIDE POP」と名乗る、アンディーウォーホルを敬愛して病まないライオットガール&ボーイによるエレクトロ・バンド。Zakのダークな乾いたビートとchickによるガーリーで甘美なメロディーがマッシュアップされ、キュートなチェルシーストームを引き起こす。音楽とアートをMIXし、カフェや展示会など活動の場所を選ばずフロアをライオット中。

■applebonker
apple.jpg
http://www.myspace.com/applbnkr
ステージ上に所狭しと積み上げられた機材の山とデスクトップ、そして生楽器とを完全に融合したステージングも噂のクラブ界の《恐るべき子供たち》。国内最大の屋内レイヴ【WIRE08】に新人ながら参加し、ステージにてハイブリッドなパフォーマンスを披露する。待望の第一弾作品集『Good Boys Manipulate The Music』を10月22日にリリース。

【DJs】
■kaaanji(AFTER DARK)
kaaanji.jpg
http://www.myspace.com/kaaanji
杜の都仙台が誇るindie/electroパーティー【AFTER DARK】主宰。これまでにGildas & Masaya(kitsune)、kim(the presets)、paul james(vanity)、DEXPISTOLS、PONY DJsといったハイセンスなGuest DJを迎え開催。UK ROCK/NEW WAVE/POST PUNKを音楽的なルーツに持つ彼の鋭角的でdarkなセレクトには定評があり、仙台のみならず都内にもその活動の場を拡げている。

■ddjjs(Too Young dj's (R.I.P))
ddjjs.jpg
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2895891
音楽雑誌<remix>の「2008年エレクトロロック事情」でも取り上げられ、DEX PISTOLSやYATTら今のシーンを象徴する面々までもが顔を出す、全員ほぼティーン・エイジャーのDJクルーたちによる伝説的パーティー【Too Young dj's】(R.I.P)の中心を担った二人組パンクスDJs。オーディエンスを熱狂的にシンガロングさせるDJプレイは間違いなく必見。

■BAZZ(Too Young dj's (R.I.P))
bazz.jpg
http://www.myspace.com/radiobazz
東京に突如現れたToo young ひとり 2many DJs。2008年正月に公開したミックスが波紋を呼ぶ。流行のエレクトロハウス、フィジェットハウスはもちろん、Kraftwerk、Pete Shelley(Buzzcocks)、Gorillaz、The Rolling Stones、さらにはMarilyn MansonやMissy Elliott、Ne-Yoまでもがレコードの一本録りにも関わらず違和感なく手を繋いだ55分間のありえないミックスが話題を呼び、世界中で一万六千人にダウンロードされる。(現在記録更新中)

■NITES(PERFECT SKIN)
nites.jpg
http://www.myspace.com/nightsmusik
AAPS、FARON SQUAREの面々と共に【CAUSE ME PAIN】(R.I.P)を主催し、【STYLE BAND TOKYO】【DISCO! DISCO! DISCO!×GOOD ON THE DANCEFLOOR】などのエレクトロ/インディロック・パーティーでのキレたセンスのDJプレイで次々と観る物の心を掴む。2008年11月より、kaaanji、Mayu(80kidz)、石動丸倫彦(AVALON)と共にアンダーグラウンド・パーティー【PERFECT SKIN】を始動させる。

■White Scooper(DJ SET)
ws_20081227210622.jpg
http://www.myspace.com/whitescooper
海外のシーンに振り回されることなく、独自のニューウェーヴ・サウンドでひたすら観客を踊らせ、終いには自分達も踊る、日本で類を見ないニューウェーヴ・バンド。2008年6月に<GOOD ON THE DANCEFLOOR>からリリースした初音源『Thousand Valleys』が、80kidzのメンバーをはじめ、多方面から絶賛の声を浴び、音楽雑誌<MARQUEE>では次世代エレクトロポップ特集の一環として取り上げられるほどの注目を浴びる。

■YONE(The Brixton Academy)
tba.jpg
http://www.myspace.com/thebrixtonacademy
VAN SHEやCUT COPYなど、<MODULAR>を彷彿させる80’sニューウェーヴ・サウンドが印象的なインディバンド、The Brixton Academyのギタリスト。最近ではカジヒデキの主催するインディロック・パーティー【BLUE BOY CLUB】などでDJとしても活躍中。

■ry01(GOOD DJs)
ry01_20081227210604.jpg
http://www.myspace.com/ry01good
新世代アーティスト集団/レーベル<GOOD ON THE DANCEFLOOR>主宰。日本の新世代インディロックを盛り上げるべく、パーティーのオーガナイズの他、フリーライター、DJとしてもこっそり活動中。

【VJs】
■SAFARI
safari_20081227210609.jpg
http://www.myspace.com/safarisafasafari
新世代アーティスト/クリエイターたちによるフリーアートマガジン『S』への参加でも知られる、deminilが参加するオール・アート・クリエイション・プロジェクト。GOOD ON THE DANCEFLOORの各パーティー、White ScooperのライブでのレギュラーVJを経て、現在は京都にて制作活動中。

■The Interstellar Overdrive
mahesa.jpg
http://namicho.com
インドネシア出身のmahesa almeidaによるVJプロジェクト。日本のアニメ/特撮文化への愛情を、独自のダンサブルな視点でVJにMIX。エレクトロニカ・プロジェクトbikeとしても活動中。

■OMOCHI
omochi.jpg
フリーアートマガジン『IIIIIIIIIII』への参加や、去る9月に開催された野外フェス【Sense Of Wonder】にて個展<I am You.>を行ったことでも知られる、グラフィック/デザイン/VJなど幅広く活動をするアーティスト。VJとして【CANDY 2nd Anniversary Party】などに参加。

【Photographer】
■saki
saki.jpg
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03
GOOD ON THE DANCEFLOORグラスゴー支部より帰還した女性フォトグラファー。これまでのGOOD ON THE DANCEFLOORのパーティーでも独自の視点でフロアをPOPにデコレーションし、空間プロデューサーとしても大きな役割を担う。

■UNIT FLOOR■
Niw! Records
http://www.myspace.com/niwrecords
【LIVE】
FRONTIER BACKYARD
http://www.myspace.com/frontierbackyard
riddim saunter
http://myspace.com/riddimsaunter
AAPS
http://www.myspace.com/tuneaaps
Fed MUSIC
http://www.myspace.com/fedmusicjp
LITTLE MASTA with maximum vibration
http://www.myspace.com/littlemasta
donkey vegetable voxxx!!!
http://www.myspace.com/donkeyvegetablevoxxx
Panorama family
http://www.myspace.com/panoramafamily
E-Motoroll
【DJs】
Gakuji"CHABE"Matsuda(CUBISMO GRAFICO)
http://www.myspace.com/cubismografico
Katchin'
http://www.myspace.com/katchinpresentsdogdayafternoon
Akira Tsuneoka
TA-1(Riddim Saunter)
TUKKA(AAPS)


INFO: SMASH
http://www.smash-jpn.com
TICKET: ぴあ(P:308-396)、ローソン(L:76502)、e+、岩盤
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

というわけで、Niw! RecordsのレーベルナイトにGOOD ON THE DANCEFLOORが特別参戦致します!!!!!!

今回GOOD ON THE DANCEFLOORが担当するsaloonフロアには、仙台が誇るindie/electroパーティー<AFTER DARK>からはkaaanji、今や伝説として語り継がれる東京都青少年直情型パーティー<Too Young dj's>からはddjjsとBAZZ、08年11月に始動したばかりのアンダーグラウンド・パーティー<PERFECT SKIN>からはNITES、<MODULAR>勢も顔負けのインディ・バンドThe Brixton AcademyからはYONEというDJ陣に加え、<WIRE08>にも出演したapplebonkerがライブアクトとして出演! VJ陣もインドネシア出身の日本通The Interstellar Overdrive、野外フェス<Sense Of Wonder>にて個展を行ったOMOCHIがフロアを視覚的に盛り上げること間違いなし!
GOOD ON THE DANCEFLOORクルーからはライオットガール&ボーイNCCがライブで、White Scooperは本邦初公開のDJセットで、活動拠点を京都に移したSAFARIはVJで、ry01はDJとして出演!そしてGOOD ON THE DANCEFLOORグラスゴー支部より帰ってきたsakiもフォトグラファーとして強力バックアップ!

と、これだけでもとんでもないラインナップなのですが、さらにUNITフロアには<Niw! Records>クルーが鉄板のラインナップで待ち構えているという、
正に「どんだけーーー!!!!!!」な新年会!!
2009年を楽しむ為には正にマストーーー!!!!!!なパーティーなわけです!


只今チケットもソールドアウト寸前とのことなので、まだの方は急いでどうぞ!!
ローソンチケットではまだ若干数残っているようです!

MYSPACEやモバイルサイトでも情報がチェックできますので、以下も要チェックでお願いします↓

GOOD ON THE DANCEFLOOR
■MYSPACE
http://www.myspace.com/goodonthedancefloorjpn
■HP
http://www.goodonthedancefloor.com
■BLOG
http://goodonthedancefloor.blog122.fc2.com
■mixiコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2531399
■Mobile
http://www.goodonthedancefloor.com/mobile


というわけで超特大版でお送りする大新年会!!
是非是非皆さんも遊びにいらっしゃって下さい!!!!!!

saloonで乾杯しましょう!!

ry01
ry01 CM(0) 

【GOOD MAG.】配布箇所拡大中!!!!!!
早いもので、2009年が始まってからすでに一週間が経ちました!
皆さんは年末年始の休みで【GOOD MAG.】をゲットして頂けましたでしょうか??
「まだゲットしていない!」「ゲットしたいけど置いてある場所がわからない!」「そもそも【GOOD MAG.】って何??」という方に、今回は【GOOD MAG.】について改めてお知らせさせて頂きます!!

bestdiscs3-002.jpg
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
音楽とアートを繋ぎ、上の世代には持ち得ない00年代ならではの感覚を証明することを目的として集まった、バンド、DJ、VJ、イラストレーター、デザイナー、ライター、フォトグラファーらによって構成されるアーティスト集団GOOD ON THE DANCEFLOORが、この度初のフリーペーパーを創刊することになりました!!
その名も【GOOD MAG.】!!!!!!

予告番外編であるこのvol.0は、2008年ベスト・ディスク特集です!
2008年は本当に様々な作品がリリースされましたが、そこは音楽大好きっ子のGOOD ON THE DANCEFLOOR、年間ベスト100を作ってしまいました!!
音楽メディアのように黙っていてもサンプル盤が届けられる環境にはいない私たちが、好奇心と自らの審美眼を頼りに聴き漁り、どんな音楽メディアにもカヴァーし切れないモダンでブリリアントなチャートを作り上げました。
カラフルなジャケットたちと共に2008年を彩った100枚を紹介していく、GOOD ON THE DANCEFLOOR的ディスクガイドでもあります!
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

つまり【GOOD MAG.】とはその名の通り、GOOD ON THE DANCEFLOORメンバーによって作られたフリーペーパーのことで、まだ昨年末に創刊されたばかりのブランニュー・マガジンです!!
今回はvol.0として、2008年ベストディスク特集を行ってみたのですが、GOOD ON THE DANCEFLOORならではの、とても面白いフリーペーパーが出来上がりました!

近年稀に見る大豊作だった2008年を振り返ったときに、ランキングを作ろうとしてもベスト30や50では全然紹介し切れないことに気付き、「それならベスト100まで作ってしまおう! 」と思いこの度フリーペーパーとしてお届けすることになりました!
僕らの周りには生活を彩る素敵な音楽が沢山存在します。
それを自分を含め20歳そこそこのGOOD ON THE DANCEFLOORメンバーがランキングとして形にすることで、00年代ならではの感覚を伴った、何らかのガイドになればと思いました!
そして、ジャンルや資本に左右されることのない自分達がこうやって相対的なチャートを作ることには意味があると考えています。
今回のフリーペーパーでは100枚全てのディスクにレビューが添えられているので、かなり読み応えもあると思います!
GOOD ON THE DANCEFLOORメンバーそれぞれがチョイスしたベストディスクの発表も行われているので、気が合うメンバーを探してみるのも面白いかもしれません笑

現在以下の場所で【GOOD MAG.】をゲットすることができます↓↓↓

■ディスクユニオン
お茶の水駅前、神保町、池袋、新宿本館(BF、6F)、下北沢、吉祥寺、国立駅前、町田、横浜関内、横浜西口、淵野辺、稲田堤、津田沼、千葉、柏、北浦和
■渋谷
TOWER RECORDS渋谷店(3F)、HMV渋谷(3F)、岩盤、テクニーク
■原宿
ESCALATOR RECORDS
■新宿
TOWER RECORDS新宿店(7F)、HMV新宿SOUTH、HMV新宿EAST、新宿MARZ
■池袋
TOWER RECORDS池袋店(6F)、HMV池袋サンシャイン60通り(2F)
■下北沢
JET SET下北沢店、RECOfan下北沢店、mona records
■吉祥寺
BANANA RECORD吉祥寺店、百年、イルカッフェ
■横浜
DRAGON CLUB、横浜BAY HALL、HMV横浜VIVRE
■川崎
HMV川崎DICE、HMVラゾーナ川崎
■高崎
club FLEEZ
■仙台
CLUB SHAFT
■名古屋
file-under、club buddha、cafe domina
■大阪
sept mignon 7、SUNHALL、BIG CAT
■京都
JET SET京都店
■神戸
HMV三宮

設置箇所は現在全国に拡大中!
設置のご協力をして頂ける店舗様も同時に探しております。
もしご興味がある店舗様は、info@goodonthedancefloor.com宛にお気軽にご連絡ください!

「家の近くに設置している場所が無い!」「どうしてもゲットしたい!」
という個人の方もご安心下さい!
90円切手を貼った返信用の定型サイズの封筒を同封し、以下宛先までご郵送頂ければすぐにこちらからお送りさせて頂きます。
(その際は、必ず返信先の住所もあらかじめ返信用封筒にご記入ください)

〒184-0013
東京都小金井市前原町4-16-14-105
GOOD ON THE DANCEFLOOR
GOOD MAG.係 加藤宛


以上の方法で是非是非【GOOD MAG.】をゲットしてみてください!!!!!!
大きさも手のひらサイズなので、移動中やちょっとした時間に気軽読むことも出来ます!
ブログでは紹介し切れなかった素晴らしい作品たちがまだまだ沢山掲載されていますので、是非2008年の音楽シーンを振り返る際はお供にどうぞ!

来週の【Niw! Collection '09】でも若干量お持ちしますので、そこでも是非是非ゲットしてみてください!!
どうぞお楽しみに!!!!!!


ry01
ry01 CM(0) 

GOOD ON THE ゆるブログ vol.5【新年のご挨拶】
DSC01657__20090105072210.jpg
というわけで、明けましておめでとうございます!!!!!! !!!!!!

※写真は帰省中、箱根駅伝観戦の為に地元神奈川県平塚の海岸に向かうも、付いた頃にはまさかの全ランナー通過後という凡ミスをしてしまった後の心の落胆に相反する平塚海岸の煌めき

2008年お世話になった皆様、今年もどうぞよろしくお願い致します!
2009年これから出会う皆様、はじめまして、GOOD ON THE DANCEFLOORと申します!
何卒よろしくお願いします!!!!!!

皆さんはお正月を如何お過ごしでしたか??
GOOD ON THE DANCEFLOORメンバーはそれぞれ実家に帰ったり、年賀状を送りあったりして正月気分を満喫していました笑


さてさて、2009年のGOOD ON THE DANCEFLOORはというと、もちろん今年も活発的に活動していきます!!!!!!

0117mag.gif

まず1/17には、新年一発目のパーティーとして代官山NUITで行われる【Niw! Collection'09 -Happy Niw! Year-】にsaloonフロア担当として特別参戦します!
新年会的な役割もあるこのパーティーは、豪華ラインナップで送る新年超特大版!!
2009年を勢い良くキックオフさせるためにも激マストなパーティーです!
パーティーピーポーは全員集合でお願いします!!

詳細はコチラ↓
http://goodonthedancefloor.blog122.fc2.com/blog-entry-177.html

そして、年末に創刊した初のフリーペーパー【GOOD MAG.】も現在配布箇所拡大中!!!!!!
GOOD ON THE DANCEFLOORがチョイスした2008年ベストディスク100枚を全レビュー付きで紹介する、激マストなディスクガイド!!
なかなか好評のようで、HMV渋谷や岩盤ではあっという間に無くなってしまっていたそうです!
現在は以下の場所で設置して頂いているので、こちらも是非是非ゲットよろしくお願いします!!
今後も配布箇所が追加され次第随時アップしていきます!

■ディスクユニオン
お茶の水駅前、神保町、池袋、新宿本館(BF、6F)、下北沢、吉祥寺、国立駅前、町田、横浜関内、横浜西口、淵野辺、稲田堤、津田沼、千葉、柏、北浦和
■渋谷
TOWER RECORDS渋谷店(3F)、HMV(3F)、岩盤、テクニーク
■新宿
TOWER RECORDS新宿店(7F)、HMV新宿SOUTH、HMV新宿EAST、新宿MARZ
■池袋
TOWER RECORDS池袋店(6F)、HMV池袋サンシャイン60通り(2F)
■下北沢
JET SET下北沢店、RECOfan下北沢店、mona records
■吉祥寺
BANANA RECORD吉祥寺店、百年
■横浜
DRAGON CLUB、横浜BAY HALL
■高崎
club FLEEZ
■名古屋
file-under
■京都
JET SET京都店



そして、明日はいつもお世話になっている新宿MARZにてWhite Scooper新年一発目のライブです!
もちろんそこでも【GOOD MAG.】を配布しますー!!
明日はMARZとMOTIONの合同新春イベントということで、もうとにかくバンド祭!
9月の【THURSDAY PEOPLE!】にも出たTHE JACKSも出ます!
彼らのことが大好きなので非常に楽しみです!しかも彼らはまだ10代!!
振舞い酒やお年玉抽選会もあるようなので、2009年ライブ初めに是非是非!
White Scooperは新曲もあるかも??

2009/01/06(TUE.)
"新春シャンソンショー"@新宿MARZ+新宿MOTION
http://www.marz.jp/html/news.html
http://motion-web.jp/
※MARZ⇔Motion往来自由
OPEN 18:00 START 18:30
ADV 2000yen DOOR 2500yen 通し券 3000yen +1DRINK
■1月6日
【Bands】
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
THE JACKS
http://www.myspace.com/wearethejacks
dry as dust
http://www.myspace.com/dryasdust
The Picotettes
http://www.myspace.com/thepicotettes
CANDiDi
http://www.myspace.com/candidiest
HITOE
http://www.myspace.com/hitoeotih
allport diary
http://www.myspace.com/allportdiary
Cuckoo
http://www.myspace.com/favoritecuckoo
日の毬
http://www.myspace.com/kouhey0210
乱舞虎
http://www.myspace.com/midaremautora


チケット予約をご希望される方は、「1/6(火)シャンソンショー」「お名前」「枚数」を記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければ予約を承ります。
シンシュンシャンションショー(噛んじゃう!)にて共に新年を祝いましょう!!


ry01
ry01 CM(0) 

Zak BEST DISC 2008
css200812


新年あけましておめでとうございます!
Zakです。

みなさま、いかがお過ごしですか。
コタツに入って昨年末に収録された正月用のTV番組みてまったりしてますかー?

僕は、年の初めはさだまさし観た後は、某番組観ててまして朝まで起きてしまいました
その後は昼まで寝てたけど、夢の中でも田原総一郎が出てきました。

さてさて、僕が選ぶ2008年のベストディスクを発表しようしようしようと思って年が明けてしまいました。
すでにGOOD MAG.にて発表されておりますゆえ、見た方もいると思いますがここでも。
僕のコメント付きで。

1.Black Kids / Partie Traumatic
2.Mystery Jets / Twenty One
3.Thieves Like Us / Play Music
4.Hot Chip / Made In The Dark
5.The Dandy Warhols / ...Earth To The Dandy Warhols...
6.Cut Copy / In Ghost Colours
7.CSS / Donkey
8.MGMT / Oracular Spectacular
9.Foals / Antidotes
10.Late Of The Pier / Fantasy Black Channel

【1】単純に一番聴いたBlack Kids。ライブも楽しかった。全曲シングルにしていいくらい名曲揃いのデビューアルバムなんぞオアシス以来あったのか。ポップネス、シンセの80'sさ、クラップ、Cure~Bloc Partyの泣きそうなヴォーカルと、Go!Teamのようなカラッとした女性コーラス/ラップの掛け合いがなんと気持ちが良いことか。あとこの音。音が丸い。まるで90年代!でも野暮ったくない。DFAもエロールアルカンもジェイムズフォードもまずこんな音を丸めない。音の丸みが新しさを感じさせるように生きているこのバランスがビックリ。バーコードバトラーじゃなかったバーナードバトラーは2008の天才。その話と関係するけど、The Strokesの音の先鋭化がクールと同意義になっていた2000年代半ばとその行き詰まりは、見事に良い曲がちゃんとかけるかどうかに入れ替わってきている。2008年は特にそれを感じた。みんな普通の頭じゃこんな曲かけないだろ、っていう力作ばかり。今はね、特にエレクトロ勢は中途半端に「曲っぽくする」のが一番つまらない。そんな歓喜は終わった。クリック/ミニマルのほうがはるかに気持ちよいもの。皆、かっこいいとかかっこわるいが大事じゃないことを思い出した。全力で歌って精神を躍らせるんだ。【2】Mystery Jetsは1stが大好きなものの、2ndはがっかりして終わると予想してた。が違った!これ以上よい作品があるか。この80's加減が鼻につくかどうかで好き嫌いが分かれると思うが、僕は大歓迎。やたら素敵すぎるアレンジ力はそのままに、やっかいなプログレ感は抜き取られた。得意なコーラスがしっかりフーチャーされ、はっとする音やメロがちりばめられる。【3】曲なのかなんなのかわからないようなギリギリな雰囲気のなかで、ペラペラのシンセとパットドラムで鳴らされるスネアだけが小気味よく響く。大きい音圧や急展開でビックリさせてやろうというような作り方ではなく、聴く者の耳を集中させ、あるいはまた無感覚にする。大げさなバンドやユニットが多い中、彼らはニューウェーヴが始まったばっかりの時代のような、「よく出来ていない雰囲気」をそのままコピーし、室内的に小さくまとめる。本当によく出来ていない。でもそれがスタイル。マジでやってるのによく出来ていない人たちとは格段の違い。【4】まさしくリベンジオブナード。夜な夜なクラブに通うイケメンじゃないオタクでも、パーティピーポーを熱狂させられる。それはセンス、知識、頭の良さがあるから。これは本当に頭が良過ぎな作品。耳にくすぐったいように音を組むのが天才的。よく練られているのにもかかわらず、ダンスチューンからバラッドまであるのにもかかわらず、この小気味よさはなんだろう!時間かけすぎでぐっしょりとなった料理とは違って、手際が良いせいなのだろうか、前菜やメインディッシュからデザートまで何を食っても美味い。なんかまだ100%本気出してない気がする。他の人に出来なくてHOT CHIPにしか出来ないことがありすぎる気がする。【5】The Dandy Warhols大好き。相変わらずの音。【6】ダフトパンクのダンス感とサンプリング術をニューオーダーを下敷きにバンドに取り込んだCut Copyの新作は、エレクトロ時代の"Loveless"(My Bloody Valentine)。曲と曲の間にクッションがあるため揺らぎのなかからまた次の曲に繋がるような心地よさはまさにそれだ。シャッフルやプレイリストで聴くのとはまた違うよさがある。どうせ携帯プレイヤーに取り込んで聴いてしまうから、まぁアルバムは一曲でも良い曲あれば売れるよね、というこの時代に、この意欲作。オーストラリアの良レーベルModularの代表バンドは2008年アルバムを出しまくり、どれも本当に良い曲を持っている。だがアルバム単位で見ると、The Presetsの謎の巨大化、Van Sheのアルバム全体のちぐはぐさ、Ladyhawkeの曲の良く出来て無さに比べてとてつもなくCut Copyが完璧だった。【7】誰もが待ってたCSS。チープな打ち込みは影をひそめ、バンドのダイナミズムを前に出した今作。といっても奇麗にまとめられた音作りのおかげで何度も何度も聴けるフレンドリーさは前作同様。歌もラップよりもメロディを大切にするようになったが、楽しいコーラスは忘れない。というか今回やたらアドリアーノ歌ってる気がする。【8】もっとも驚いた一枚。このサイケデリックな異世界感覚はMEWの登場以来の衝撃。音が渋くておっさん受けしそうだななんて思ったら女子人気高いらしい、ネコ系男子。【9】キングオブテケテケ。本当に良くできています。セッションの楽しさを前に出そうとしてうざったくなってしまうバンドは多いけど、これはきちんとヒリヒリしたところで止められてる。バンドメンバー全員の音が均等という2000年代的なサウンドワークの中に、しっかりアイデアが詰められてる。あと声が本当に好き。2ndも大期待。【10】まるでコンピアルバムみたいな、今年一番の変態作。


とにかく昨年はたくさん良いアルバムが出ました。
とても10枚じゃ語りきれない!
そんなだからGOOD MAG.0号でもベスト100になっちゃいました。
是非GOOD MAG.ゲットして、知らないものがあったらチェックしてみてくださいねー。
そして今年も良い年になるといいなと思います。
GOOD ON THE DANCEFLOORも新しいニュースをどんどんお送りしますのでお楽しみに。

1/6に新宿MARZにてWHITE SCOOPERのライブがあるのでそこでお会いしましょう。
GOOD MAG.も持って行きますよー

ではでは、2009年もみんなで一緒に飲みましょう !!!

Zak


お年玉
僕のアルバムベスト10の曲から、いくつか選んだビデオをどうぞ。

Mystery Jets / Half In Love With Elizabeth


Thieves Like Us / Fass


Cut Copy / Lights & Music


CSS / Rat Is Dead (Rage)



テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽
Zak CM(2) 


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。