GOOD ON THE DANCEFLOOR

GOOD ON THE DANCEFLOOR
OFFICIAL
Twitter
MySpace(Label)

レーベル/パーティ"GOOD ON THE DANCEFLOOR"のオフィシャル・ブログです。

[ABOUT US]
東京発のレーベル/パーティ。Arctic Monkeysの曲名から名づけられたこの集団は、上の世代には持ち得ない、自らの世代ならではの感覚を証明することを目的として、2007年6月に結成。バンド/DJ/デザイナー/ライター/フォトグラファーなど、現在複数のメンバーによって構成されている。個々での活動に加え、GOOD ON THE DANCEFLOORとしてもイヴェントやパーティーを不定期に開催。2009年秋にはレーベル初のコンピレーションCD『ALT A NATIVE SYNDICATE』をリリースし、国内をはじめ、北米/欧/豪にも配信リリースしている。

contact me :P
info@goodonthedancefloor.com

[NEWS]
2009年9月にリリースされ、日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、熱心な海外インディ・リスナーから、国内新世代インディ・バンド・ファンまで、多方面から絶賛の声を浴びた、東京の新世代レーベル"GOOD ON THE DANCEFLOOR"による、今後活躍が期待される新型バンドを集結させたコンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』。紅一点として参加したNu clear classmateが待望の単独作を遂にリリース!
------------------------------------------------------------
USインディ新世代と共振するサウンドに、コケティッシュな女性ヴォーカルを乗せた、日本発のキッチュな個性。この最新EPでは、Washed OutなどのGlo-Fi、Nite Jewelらが牽引するインディ・シンセ・ディスコ、そして時流のエレクトロ・ポップなどを、軽やかに横断している。わずか半年ほど前にリリースされたレーベル・コンピ収録曲と比べると、目が覚めるほどの音楽的な飛躍ぶり。ただ今メキメキと成長中の新世代二人組に、ぜひ注目を!
-小林祥晴-
------------------------------------------------------------
失礼を承知で正直に言うと、彼女たちがここまでの作品を仕上げてくるとは全く思っていませんでした。日々から逃げ出したい気持ち、マリア様に包まれてただただ安らかに眠っていたいという欲望と、それが叶わざる願いであることが転化した、やすりのような手触りの不機嫌な殺気。2010年に生きていく感覚そのままの音楽です。
-田中亮太(JET SET KYOTO/mogran'BAR)-
------------------------------------------------------------
Nu clear classmate 『Lick The Star』
2010/04/16 ON SALE
GOOD-1002 / including 5 songs 1,300yen (tax out)
1. Blank World
2. Causeless Pain
3. The Nearest Faraway
4. I Know I Know
5. I Leave The Parade Wearing A Dress

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

[NEXT PARTY]
????????????

全ての公演のチケットは予約を受付けております(一部除く)。
予約をご希望される場合は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります。
下記のチケット予約フォームからもお気軽にご予約が可能です↓↓↓


[RELEASE INFORMATION]
【GOOD ON THE DANCEFLOOR】のレーベル部門が、新たに【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】として始動!!!!!! 記念すべき第一弾リリースとして、初のレーベル・コンピレーションCDを2009年9月25日にリリース!!
------------------------------------------------------------
海の向こうの同世代へのシンパシーと、隣り合う君とのディスコミュニケーション。2つの同時代性の狭間で軋む音、火花。青く、眩しい。
-田中亮太 (CLUB SNOOZER / JET SET)-
------------------------------------------------------------
世界と同感覚で進行中の東京インディー・シーンをリアルに感じられる、グッド・コンピレーション! この衝動と感覚を忘れずに、リリースを続けてくれることを期待しています!
-JUN (80kidz)-
------------------------------------------------------------
GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK compilation
V.A. 『ALT A NATIVE SYNDICATE』
2009/09/25 ON SALE
GOOD-1001 / including 10 songs 1,800yen (tax out)
1. To Pieces / AAPS
2. Spin of School / Nu clear classmate
3. Social Evils and a Potato [Hamon Mix] / The New House
4. Jr. / White Scooper
5. Marble Nuts / Nu clear classmate
6. Tailors of OZ / AAPS
7. Up Bends / White Scooper
8. Pale Boy / The New House
9. Marble Nuts [Bamian Remix] / Nu clear classmate
10. Up Bends [Lapin Remix] / White Scooper

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

White Scooper 1st CD 『Thousand Valleys』
2008/06/10 ON SALE
GOOD-001 / including 7 songs 500yen (tax out)
1. C.Farmeres
2. Behind The Lights
3. Ya Ya Ya
4. Proco
5. Vigger
6. Nightram
7. Mornin' Giraffe
Art work by SAFARI.

取り扱い店舗
■JET SET (京都/下北沢)
【HP】【地図】【WEB通販】
■disk union各店
お茶の水駅前店、神保町店、新宿本館B1、下北沢店、吉祥寺店、
中野店、国立駅前店、池袋店、町田店、淵野辺店、稲田堤店、
横浜関内店、横浜西口店、津田沼店、千葉店、柏店
【HP】【店舗一覧】
■Sunrain Records (高円寺)
【HP】【地図】【WEB通販】

チケット予約フォーム
こちらでGOOD ON THE DANCEFLOORの各イベントのチケット予約が出来ます。ご利用ください。

名前:
メールアドレス:
日にち/イベント名:
枚数(質問などもどうぞ):

ブログ内検索
QRコード
QRコード
検索用

we love

!!! 1965 2 Many DJs 24Hour Party People 80kidz 8otto 100s Abake Abraham Cross Adam Sky Adel Air Akufen Alan Ball Air France The Album Leaf Alter Ego Altz Alphabeat Alloverallareover American Amy Winehouse Apparel Anavan ANDREA CREWS Andrew Kendall Andy Warhol Animal Collective Anna Tsuchiya Annie Aphex Twin The Apples In Stereo The Arcade Fire Arctic Monkeys Art-School Asian Dub Foundation Asian Kung-Fu Generation Ash A Sunny Day In Glasgow Atlas Sound At The Drive-In Audion Au Revoir Simone Aus Autechre The Avalanches Avengers In Sci-Fi badly drawn boy Back Drop Bomb Babyshambles Bamian The Band Apart Bang Gang Deejays Basement Jaxx Battles The Bawdies The Beach Boys Beastie Boys The Beatles Beck Beirut Belle & Sebastian Ben Folds Five Benga Ben Sharn Bernhard Willhelm Best Fwends Biff Bang Pow! Big Star The Birthday Bishi Bjork The Black Ghosts Black Kids Black Rebel Motorcycle Club Blast Head Bloc Party Bloodcat Love Blood Red Shoes Blood Thirsty Butchers Tha Blue Herb Blur Boards Of Canada Bonde do Role Bonjour Records Boom Boom Satellites Boredoms Born Ruffians Boys Noize The Boy Least Likely To The Bravery Breakfast Brian Jonestown Massacre The Brixton Academy Broken Social Scene The Buffalo Bunch The Bumblebeez Bump Of Chicken Buraka Som Sistema Burial Bushmind The Buzzcocks Bright Eyes British Sea Power Busy P Cabanne Cajuan Cajun Dance Party Calvin Harris Camera Obscura Cansei De Ser Sexy The Capes Cassette Playa Cat Power Cazals Chaki The Charlatans The Checks Chemical Brothers Chicks On Speed Chris Cunningham Christian Joy Chromeo C.I.A. Cibo Matto The Cigavettes Citizen Clammbon Clap Your Hands Say Yeah Clark Clarky Cat Chim↑Pom The Clash Coachella Coburn Cocorosie Coldcut Cold War Kids Colette Comanechi Comeback My Daughters Converge Corinne Bailey Rae Cornelius Cornershop Cosmic Wonder Cosmo Vitelli Chairlift The Coral Crackhaus The Cribs Creation Records Cristal Castles Crookers CSS Cubismo Grafico Cubismo Grafico Five The Cure Cut Copy DaDa KingZ Dada Life Daedelus Daft Punk Daggers Damien Hirst Dandi Wind Dan Le Sac vs Scroobius Pip Darek Darkel Darren Emerson Datarock Dandy Warhols David Fincher David Lynch David Sylvian Ddjjs Dead Disco Death From Above 1979 Death In Vegas The Death Set De De Mouse Deep Dish De La Soul Delta Sonic The Departure Derrick May Devendra Banhart DFA Diane Arbus Dick Bruna Digitalism Dinosaur Jr Diplo Dirty Pretty Things Dirty Projectors Disco Drive Disco Teenage Kicks Disco Twins Dizzie Rascal Dj Baku Dj Hikaru Dj Kentaro Dj Mehdi Dj Nobu Does It Offend You, Yeah ? Domino Doopees Doping Panda Douglas Coupland Doves Dreadeye Dreamburger Drocie Dubsided Duffy Eater ECD Echo & The Bunnymen ED Banger Editors Edward Gorey Eight Legs Electric President Electrocute Elmo El Presidente Ellegarden Elliott Smith Eminem The Enemy Enlightenment Erase Errata Erol Alkan Exlovers Escalator Records Esg Everybody Else Excuse Me Factory The Faint Fancy Him Fantastic Plastic Machine Fatboy Slim The Feeling Feist Find Gask The Fits The Flamin Lips Flipper's Guitar Fischerspooner Fishmans Fountain Of Wayne First Aid Kit Foals Foreignland Four Tet Fox N' Wolf France Gall Frank Owen Gehry Franz Ferdinand The Fratellis Friendly Fires Fred PEerry The Free Design Freeform Five Fuck Buttons Fuji Rock Festival The Futureheads Future Terror Gang Of 4 Ganban Night Gangway Gas Book Georgie James George Harrison Gildas & Masaya Glass Candy Glastonbury Festival Glasvegas The Glimmers Gnarls Barkley Going Steady Goldfrapp The Good Life The Good,The Bad And The Queen Goose Gorillaz Golden Silvers The Gossip The Go! Team Graham Coxon Green Day Grind House Group Inou Group Of People Guns N' Bombs Hadouken ! Hal Happy Mondays Hard-Fi Hard To Explain Headman The Heavy Henry Darger Henrik Vibskov Herbert Hercules and Loveaffair Herve Hi-Standard The Hives The Holloways Holy Hail The Hoosiers The Horrors Hot Chip Hot Gossip Hot Hot Heat House of Holland i-D Idlewild iLL I Love You But I've Chosen Darkness I'm From Barcelona In Corridors Individual Orchestra Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin The Infadels InK Institubes Interpol i-WARP Jack Kerouac Jack Penate Jackson And His Computer Band Jacques Tati The Jam James Ford James Holden James Jarvis Jamie Lidell Jan Svankmajer Jay-Z Jean Luc Chainsaw Jeff Mills Jence Jerry Jesse Rose Jet Jimmmy Eat World Joakim Joanna Newsom John Lennon Johnny Boy Johnny Foreigner The Jesus & Mary Chain Johann Johannsson Joy Division Julie Verhoeven Junior Senior Justice KAFKA Kaiser Chiefs Kanye West Kap10Kurt Karafuto Kate Nash Kathy Kavinsky Koko Von Napoo KAWS The Kbc Ken Ishii Ken Yokoyama Keith Kerrier District The Killers The Kills Kings Of Convenience Kings Of Leon Kim Kitsune Klanguage Klaxons The KLF The Knife The Kooks Kraftwerk Kris Menace Kunoku Ladyhawke Lady Sovereign Larrikin Love The La's Late Of The Pier Laura Marling Laurent Garnier LCD Soundsystem Le Tigre LFO Liars The Libertines Lightspeed Champion Lillies and Remains Lillica Libertine ! Lily Allen Limited Express(has gone?) Linda Lindstrom Little Barrie The Little Flames Little Man Tate Locksley Lo-Fi-Fnk Long Blonde Lostage Love Psychedelico Love of Diagrams The Long Blondes Los Campesinos! Lost Penguin Love Is All Luke Vibert Lovely Chords The Lowbrows Low Vision Magnus Carlsson Malajube Mando Diao Magistrates Marios Mark Ronson Martin Margiela The Marz Volta Massive Attack Material Boy Matisyahu Matthew Barney Maximo Park Memphis Industries Merlin Bronques Metamorphose Metro Area Metronomy Mew M-flo MGMT M.I.A. Mice Parade Michel Foucault Michel Gondry Midnight Juggernauts Mika Milo? Forman Ninja Tune Miaou Minor Threat The Mirraz The Misshapes Mixrooffice M/M Paris Moby Modeselektor Modest Mouse Mo-dettes Modular The Mogs Mogwai Mondo Grosso Monica Uranglass Monobright The Moog Cookbook The Morning After Girls Mo'some Tonebender Moving Units Mr Been Mr Oizo MSTRKRFT Mu Mum Mumm-Ra The Music My Bloody Valentine Mylo Mystery Jets Nanamine Nathan Fake Nathan Michel Neon Neon Neon Plastix N.E.R.D Neu! New Cassettes New Order The New House New Young Pony Club Nan Goldin Natalie Wood Neon Neon Nigel Godrich Nightmoves Nightmares On Wax Niki De Saint Phalle Nima Nourizadeh Nine Black Alps Nine Inch Nailes Ninja Tune The Novembers Noze No Age Nu Clear Classmate Nujabes Nyantora Nylon Oasis Oceanlane Ogre You Asshole Olav Basoski Oldenburg Opera Operator Please Optimo The Ordinary Boys Orange Juice The Orb Oskar Fischinger Ox.Eagle.Lion.Man Pacific! Pam Para One Pains of Being Pure at Heart Passions The Pastels Patrick Wolf Pavement Payback Boys Peaches Pedro Winter Pepe California Peter Bjorn And John Peter Saville Peter Max Pet Shop Boys Pharell Williams Phoenix Phantom Planet Phones Pig Radio the pistolas The Pipettes Pixies Placebo Plan B Polysics Poney Poney The Pop Group Pop Levi Portishead Postal Service Prefab Sprout Prefuse 73 Pre-School The Presets Primaly 1 Primal Scream Prodigy Prototypes Psapp Punks Jump Up Queens Of Noize Quentin Tarantino Quiero Club The Raconteurs Radiator Radio 4 Radioclit The Radio Dept. Radiohead Radio Slave Radwimps The Rakes Raphael Just The Ramones The Rapture R.E.M. Ratatat Rauschenberg Rat:att:agg RayGun Razors Edge RazorLight Regina Spektor Rei Harakami Remi Nicole RE:RE:RE:mojojo Resfest Reverend And The Makers Revl9n Rex The Dog Ricardo Villalobos Richard Linklater Richie Hawtin Riddim Saunter Ride Riot In Belgium Ripchord The Robocop Kraus Robot Needs Oil The Roconters Ron Sexsmith The Roots Rough Trade Rosenquist Rovo The Royal We Rubies Royksopp Roy Lichtenstein Rub N Tug Ryan McGinley Rye RyukyuDisko Saam Faramand Saddle Creek Safari Santogold Sasha Savath & Savalas Scissor Sisters Scott Herren Scouting For Girls Scuttle Scritti Politti SebastiAn Sex Pistols The Shakes Shirokuma Shitdisco The Shoes Sigur Ros Simian Mobile Disco Sinden Sing02 Skream Sleater Kinney The Slits Slowly Downward Smashing Pumpkins The Smith Smith N Hack Snoozer Snow Patrol Sofia Coppola Soft The SoftLightes Soft Tigers Solid Groove So Me Something Else Sonic Youth Soulwax Sound Team Space cowboy Spank Rock Spalta Locals The Specials Special Others Spike Jonze Spiler The Spinto Band Squarepusher Stars Stefanie Schneider Stereo Tennis Steve Aoki The Streets Strip Steve The Strokes The Stone Roses Struggle For Pride Studio Voice Studio 4℃ Sub Pop The Subways Suede Sufjan Stevens Sugiuramun Suicide Summer Sonic The Sunshine Underground Supercar Super Furry Animals Superglass SUPER SUPER Supersystem Surkin The Suzan Switch Syrup 16g Tacteel Takagi Masakatsu Talking Heads Tahiti 80 Tangerine Dream Taikoclub Teenage Bad Girl Teenage Fanclub The Teenagers Teki Latex Telefon Telepathe Tel Aviv The Telephones Television Tepr Theoretical Girl Terry Roison Terry Zwigoff Test Icicles These New Puritans Tomas Andersson Tommy Guerrero Thomas Bangalter Thomas Brinkmann Thom Yorke Those Dancing Days Thieves Like Us Tiga Tilly and the Wall Tim Deluxe The Ting Tings Tokyo Police Club Tomas Andersson Tom Middleton Tommy Guerrero To My Boy Tom Ze Tortoise Trafalgar Trash Fashion Travis TTC The Twang Twisted Charms Two Gallants Uffie Ultra Brain Unchain Undercover Underworld U2 Vampire Weekend Vanessa Van Basten Van She Vanshe Technologic Valerie Phillips Vermilion Sands The View Vanity The Velvet Underground Vermilion Sands The Verve The Vines Vincent Markowski Vinyl Junkie Vitalic Von Sudenfed V∞REDOMS Wagon Christ The Wannadies Warp We Are Scientists Weezer Wes Anderson We Start Fires The Whip White Scooper The White Stripes The Whitest Boy Alive Whitey The Who Why? Wichita Wigs Wild Beasts Wire Wolfgang Tillmans XL XTC Yanokami Yatt Yeah Yeah Yeahs Yellow Magic Orchestra Yelle Yo La Tengo Yonderboi Young Lovers Yppah YSP Yuksek Zongamin Zutons 赤犬 浅田次郎 浅野いにお あふりらんぽ 伊坂幸太郎 石野卓球 稲葉英樹 宇川直宏 羽海野チカ 大沢伸一 小沢健二 大竹伸朗 尾田栄一郎 おとぎ話 大人計画 小山田圭吾 棚田康司 ギターウルフ 銀杏Boyz 草間弥生 クラムボン くるり ザ・クロマニヨンズ 小池桂一 サイプレス上野とロベルト吉野 桜井鈴茂 佐藤秀峰 サニーデイサービス 鹿野淳 渋さ知らズ 清水祐也 しりあがり寿 信藤三雄 砂原良徳 スーパーカー スチャダラパー スマーフ男組 曽我部恵一 相対性理論 田島一成 田名網敬一 田中宗一郎 谷川俊太郎 電気グルーヴ 東京事変 タカノ綾 タナカカツキ 田中フミヤ チャットモンチー 谷岡ヤスジ 長尾謙一郎 中込智子 仲真史 中村一義 奈良美智 野田努 ノンポリラジカル ハイロウズ ハナレグミ 髭 藤子不二雄 ブルーハーツ フルカワミキ 古谷実 堀江博久 前野健太 ゆーきゃん ゆらゆら帝国 横尾忠則 松本大洋 村上春樹 珍しいキノコ舞踊団 森見登美彦 やけのはら ラーメンズ リリー・フランキー

T.H.A.N.K.S.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

アトム ビート!!!
今日は GOODメンバー RYOちゃん SAKIちゃんZAKちゃんとイベントへ行ってまいりました!!

On the B.E.A.T!!!!!

とっても楽しかったです。皆さんバキバキな選曲でテンションあがりました!
あー もっと居たかったぜ!

***

さてさて
鉄腕アトムハリウッド映画デビュー!?
ASTROBOYというタイトルで全米公開されるんです!
CGアニメーションで!!!
http://www.astroboy-themovie.com/

でもやっぱり手塚先生が書くアトムが可愛いなって思うんです。


↑もちろん私の携帯の着うたは この曲!
そっらっをこえてー!!と上高田少年合唱団がメールも電話も知らせてくれます。笑


あーアトムみたな可愛いアニメーションのPV作ってもらいたーい!!

あ!!!
カートゥーンネットワーク!!!!(お家映らないんだけれどね笑)
オギー&コックローチみたいなのも素敵!
Oggy and the Cockroaches !!!


どなたかお願いします!!

いや 逆も!!!
アニメーションのための曲作りたいです。
映像に合わせて作ってみたいです。

お願いします !!!!!!

***

宣伝したうえに話しが逸れてしまいましたが 謝


アメリカではアトム。
日本ではMWが今年の夏に上映されるっていうんだから驚き!
http://tezukaosamu.net/jp/news/n_4.html

MWは今までアトム(キャラクターとしてのアトム)しか知らなかった私からすると本当に衝撃でした。

是非 原作読んで頂きたいです。

善と悪を突き詰めた手塚先生ならではの作品!!


それでは 良い週末を!!!

CHICK
スポンサーサイト
chick fish CM(1) 

つけ麺パート2
お久しぶりです

木曜なんでTachiが書きます


今、名古屋です

今までは通ってた大学が関東にあって一人暮らしをしていたのですが、単位を取り終わって一人暮らしを終了したため名古屋に帰って来たわけです

ドラムもっと上手くなりたいんで4月からは名古屋でドラムを勉強させていただきやす!

もちろん、White Scooperは続けますが・・・。交通費がバカ高くなりそうです

一番ドラムをガッツリやれる方法を考えた結果、名古屋を選択したわけですが、また関東の方で一人暮らしをする事も考えなければいけなくなるかもしれないですね



そんな事は置いておいて、この間また美味しいつけ麺屋を発見しました!

西日暮里にある「つけ麺Tetsu」っていう所です


どっか美味しいつけ麺屋さんないかなとヤホーで検索していたらここを発見しました

ヤホーでは関東つけ麺ランキング第1位に輝いていたので知ってる人も多いかもしれませんが僕は初めて知りました


それで早速、先々週の「灰汁美」の時にも登場した体重110kgOverのA君を誘って行きました

いや!!おいしかったですよ!!!さすがヤホー1位だなと思いました。

何というか、どこかが突出した癖のある味ではなくて、本当にバランスのとれた味って感じですね


プロ野球選手で例えるなら松井稼頭央って感じです

悟空かベジータかって言われたら悟空です

スラムダンクで例えるなら、強いて言うならば翔陽の藤馬ですかね・・・。

後スネアドラムで例えるならmade in YAMAHAです


とにかくバランスがよいって事が言いたかった訳です。バランスがいいから万人に受け入れられるんでしょうね!


↓ちなみにこんな感じです
b0603g-tsuke.jpg


言ってみて失敗だったと言うことは、ないと思います

お暇があったら是非行ってみてください!!

では今週はこの辺で、また

tachi CM(2) 

SUMMER SONIC 09 第一弾発表 !!!
sy1
Sonic Youth

metronomyss09
Metronomy

zakです。
(二つ記事書いたので下も見てね)

いよいよ登場!
8/7、8、9と三日間開催となったサマソニ、第一弾発表はこちらです↓

Linkin Park/My Chemical Romance
Nine Inch Nails/The Specials/The Flaming Lips
Aphex Twin/CSS/The Enemy/Klaxons
Mogwai/Paramore/Placebo
Sonic Youth/Soulwax/Teenage Fanclub
Boys Like Girls/Cancer Bats/Datarock/Enter Shikari/
Ghostland Observatory/Girl Talk/Hollywood Undead/Kid Sister/Kyte
Lady Gaga/Lenka/Little Boots/Mando Diao/Matisyahu/Metronomy
Mew/Mercury Rev/Mutemath/N.A.S.A./Red Light Company
Saosin/2 many DJ’s/The Vaselines/VV Brown/Yuksek…and more!!
http://www.summersonic.com/

フジっぽいメンツもちらほら。
意外な感じです。


・・・The Vaselines !!!!!!


しかしフジならともかくサマソニで三日間も体力持つかな~??

zak
Zak CM(0) 

「あいまい」がテーマの展示会
zakです!告知です!

ただいま日暮里のギャラリーで開かれている展覧会

ae
-非円唇・前舌・狭めの広母音-

に出展参加しています。
僕は絵画1点、合同製作の映像作品1点の参加です。
ちなみに一昨日はオープニングパーティでした
(遊びに来てくれた皆様ありがとう!!!)

来月の8日までやっています。
入場無料ですので是非お越しください。
静かでオープンなとっても素敵なギャラリーです。

ae2
─非円唇・前舌狭めの・広母音─

@HIGURE17_15 contemporary art studio
http://higure1715cas.bufsiz.jp
2009/02/24~2009/03/08
11:00~20:00(※最終日のみ~16:00)





本日のビデオ
The Ting Tings "We Walk"


The Ting Tingsの新しいビデオですよ!

zak
Zak CM(0) 

GOOD ON THE ゆるブログ vol.13【だるい】
ego.jpg

やあこんばんは!ry01です。

一昨日のWhite ScooperのFuzitaブログでも書いてあった通り、
EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXXのアルバムが相当良い!!!!!!

自分は今までEGO-WRAPPIN'をちゃんと聴いたことがなかったのですが、この新作は、活動を共にするバックバンド"THE GOSSIP OF JAXX"との連名での初作品ということもあり、彼らが鳴らすエネルギッシュなパンク・ジャズの魅力に思わず夢中になってしまいました!
THA BLUE HERBの07年作『Life Story』でも艶かしい歌声を披露していた中納良恵のヴォーカルが特に素晴らしく、この新作でもエモーショナルに響く彼女の歌声が、大胆に生々しく展開されるバンドの演奏をガシガシと引っ張ります。

ミュージックビデオにもなった「だるい」は、怪しげに忍び寄るピアノの旋律と「だるい/毎日がだるい」というフレーズが特徴的。
というか、中納良恵が可愛いです。

EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX / だるい




というわけでFuzita君、CD貸してください!笑


ry01
ry01 CM(0) 

GOOD ON THE ゆるブログ vol.12【LOVE PSYCHEDELICO再評価的な】
やあこんばんは!ry01です。

ちょっとタイミングを逃してしまいましたが、先週の土曜日は【A】に【PACKAGE】に、GOOD ON THE DANCEFLOORメンバーが出演者として参加した熱いパーティーがありました!
【A】の様子はsakiが写真と共にレポートしているように、White Scooper×NCC×AAPS×The Brixton Academyの4バンドによるガチンコ勝負が繰り広げられた、それはもう激熱な一夜でした!
NITESさんやTSKKAさんのDJも最高で、日本の新世代インディ/エレクトロが凝縮された、非常に濃い内容のパーティーでしたね。
遊びに来てくださった皆さん、お誘い頂いたAAPSの皆さん、本当にありがとうございました!

package[1].flyer表[完成]

そして僕はというと、【A】の前の時間に、青山蜂にて産声を上げた新パーティー【PACKAGE】にてDJをさせて頂きました。
オープンの時間からDJスタートだったのですが、寝坊してしまったり道に迷ってしまったり、蜂に着いた頃にはすでにオープン10分前を切っていて非常に焦った状況でのDJでしたが、とても楽しくプレイさせて頂きました!
誘ってくれたpigboneBROTHERzのみんな、どうもありがとう!

オープンの時間だったので最初はBPM110ぐらいでゆるーく、途中からイケイケな感じのセットリストになりました。
こんな感じのセットリストです↓

2009/02/21(SAT.)
pigboneBROTHERz presents "PACKAGE vol.1" SET LIST

Wouldn't It Be Nice / The Beach Boys
Life Is Better feat. Narah Jones / Q-Tip
Can't Stop Moving / Sonny J
Eple / Royksopp
2000007 feat. TTC / Modeselektor
Rock The House / Gorillaz
I mean love me / LOVE PSYCHEDELICO
Athene / Hercules and Love Affair
In The Rain / Estelle
Seattle feat. Emmy the Great / The BPA
I Could Say / Lily Allen
Club Action / Yo Majesty
Tokyo Arcade Mode / KinKieS
24/7 / GALBITCH
Extraball / Yuksek
Erreur Jean feat. ERRORSMITH / Mr. Oizo

LOVE PSYCHEDELICOは中学生の時に買った1stを引っ張り出してみたのですが、この曲、凄まじくやばいです。
Franz Ferdinandの新作すら霞んで見える、BPM100の怪しくも激グルーヴィーなフュージョン・ロックです。やばいです。

一曲目はビーチボーイズのこの曲!

Wouldn't It Be Nice / The Beach Boys




3月は18日に新宿MARZで、21日には西荻窪Bin SparkでDJをやります!
21日は、昨年11月の【THURSDAY PEOPLE!】に出演して頂いたde!nialと、今回DJでもプレイしたKinKiesとの共演ですので、是非遊びにいらっしゃってください◎

2009/03/21(SAT.)
"The Big Jugs Experience Tokyo 7"@西荻窪Bin Spark
http://www.turning-promotion.co.jp/bsp/
OPEN/START 18:00
ADV/DOOR 2000yen w/1DRINK
【Bands】
MOLICE
http://www.myspace.com/themolice
GiMME UM
http://www.myspace.com/gimmeum
de!nial
http://www.myspace.com/danielkun
royalinserts
http://www.myspace.com/royalinserts1000
【DJs】
KinKieS
http://www.myspace.com/wearekinkies
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)
http://www.myspace.com/ry01good
DJ Grant (ABIKYOKAN)
DJ Terry Kani



ry01
ry01 CM(0) 

ティガレックスに勝てなくなった
どうもh029.jpgです。


EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXXヤバす!!

そんなことより「ざ・ラーメンズ」がフフョウです・・・

みんなして面白さが分からんと言ってきやがります・・・

面白く見るためにアドバイスを!

1.見ながら隠された本当の意味を考えてください
2.いろんな知識(社会・言葉の意味など)がないと面白くないです
3.てかただの笑いじゃございません、アートです
4.仁さんコバけんの表情や仕草もすんげぇ大事

それらを踏まえて今週の・ラーメンズ」





色々考えたが今日はこれ
fuji5y CM(0) 

hanaの車窓から

だからちょっと押さないでよー


並んでくんなきゃ
見れないって。



hanaの車窓はピンボール。


どうも。
サンデー長澤です。

みなさんをピンボールレベルの小さな世界にご招待。


ん?世界の車窓?


んなもんテレビでみてよ。


心の広さもピンボール。


どうも。
サンデー長澤です。

さて、今日はmixiできになったこの人について話たいと思います。


チャ・サスーンさん


おさえるポイントはココ


1私トラックを買って会社をやりたい


2あら?きづいたら運転免許試験に775回失敗


3かかった受験料は、約63万よ


4きづいたら私68歳


5でもやっぱりトラックにのりたいの


6ヴィダルサスーン?そんなの関係ねぇ

7そんな私、チャ・サスーン。


はい。
一言でいうと、

『す』

二言目で

『ご』


三言目で


『い』


人間この努力ですよ。

やればできなくもなくなくなくない?

…みたいな。


目の前の大きな壁にぶつかったら

ぜひ、チャ・サスーンさん思い出してみてください。


困ったときのチャ・サスーン。

あると思います。


世の中色んなことあるよね。


仕事疲れしてるピーポー

恋に悩むピーポー

ピンクな2人は林家ぺーパー

トマトになりたいプチトマト

うん。
みんな色々あるんです。

壁なんて思うからつらいんだよ。

意外に目の前にあるのはおーきな紙かもよ?

越えなくていいよ。

突っ切ってやぶっちゃえ。


弱いと思うから弱い だけ。

みんな同じ細胞からできてんだから。


そんな長澤虚弱体質。

説得力のかけらもないと思った君。

イエーイ
ナイスレスポンス。

さて今日はこのへんで。




チャ・サスーンって十回いって?

というどうでもいい意見


チャサスーンチャサスーンチャササッ…

というクレーム


意外に難しいです

というメッセージ


そこそこ受付てます。


では。サンデー長澤でした。

hana
hana CM(0) 

'A'21/02/09@MARZ
こんばんは、sakiです:)
土曜担当ですけどせっかくですから昨日の写真どん!
'A' by AAPS @Shinjuku MARZ
whitescooper1.jpg
White Scooper

nuclearclassmate.jpg
Nu Clear Classmate:NCC

thebrixtonacademy.jpg
The Brixton Academy:TBA

aaps.jpg
AAPS

いやー楽しかったですね:)))

昨日来ていただいた方もこれなかった方写真みてみてください:D♡
Flickr
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03/sets/72157614289029116/


saki
テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽
saki CM(3) 

Aじゃないかー
さむさむ

こんばん和

ベーシストReinaです←


はいはい

皆さん新宿MARZへダッシュ!!!!

ライブですよー!!!!

みんな来てねッ(キラッ☆



花粉症がキツすぎて不安でいっぱいです

歌いながらくしゃみしたらごめんなさい








Re!na
Re!na CM(0) 

卵と羊男
chickです!

さてさて明日ライブです!!
黒いマントを翻し挑みたいと思います。





↑是非是非振り付け覚えて遊び来てください☆
一緒に踊ってくれたら 嬉しいです

***

みんな村上春樹氏好きですか??

私はとても好きなのだけれど
春樹好きっていう子に会うとつい目がハートマークになっちゃうくらい。(!!!!)
私が羊好きなのも そのせいだと思う。

遅ればせながら スピーチの訳を読みました。
もう みんな読んだかな?


http://d.hatena.ne.jp/sho_ta/20090216/1234786976


http://d.hatena.ne.jp/m_debugger/20090218/1234917019

色々思ったけれど
私の側にいてくれる卵ちゃん卵くんたちを大切にしていきたいって思いました。

****
それでは明日!!

音楽の続く限りステップ踏まなくちゃ にこ

ドキドキするー

chick




chick fish CM(1) 

"A"
AAPS presents
"A"
2/21(土)24:00スタート。
GOOD ON THE DANCEFLOORからはWhite Scooper、Nu clear classmateが出演 !!!
みんなで遊びに来てください!
今回は豪華ですよーー

a.jpg

2009/02/21(SAT.)
AAPS presents "A"
@新宿MARZ
http://www.marz.jp/html/news.html
OPEN/START 24:00
ADV/DOOR 2500yen +1DRINK

■LIVE
AAPS
http://www.myspace.com/tuneaaps
The Brixton Academy
http://www.myspace.com/thebrixtonacademy
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
Nu clear classmate
http://www.myspace.com/nuclearclassmate

■DJ
K.I.N.K
http://www.myspace.com/bdgrfx
NITES
http://www.myspace.com/nightsmusik
TSKKA(AAPS)
http://www.myspace.com/tuneaaps


チケット予約は予約フォームから
または
info@goodonthedancefloor.com
宛てに、
名前/イベント名『A』/枚数
を書いて送ってください!

ではまた明日:)

zak
Zak CM(0) 

ミーハーな僕による旬なネタ
どうもこんばんわ。毎週木曜はTachiが担当します。もう金曜になってしまいましたけどね・・・。

それにしても、この間初めてブログを書いたと思ったらもう1週間も経ってしまったんですね。人生なんてあっという間なんですね。


さてさて、先ほど僕は一生懸命ブログを書いていたのですが、パソコンがフリーズしてパーになってしまったので、今回は手短に行きたいと思います。

僕はミーハーなので旬なネタで!!


今年のR-1は中山功太でしたね。

僕前から中山功太好きだったんですよ。対義語ネタも面白いし、あんなにしゃべってるのによく噛まないなぁって感じだし、後毎年R-1の決勝に残ってた位の実力がある割にそこまでテレビ出て来ないし人気がない所がよかったですよね。

でもこれからはそこそこテレビにも出てくるんでしょうね。でも正直この人、トークは何か気負いすぎって感じであんまり面白くはないですね・・・。

この人はトークの輪の中に紛れて話すっていうよりも、完全に自分のターン!ってなったら力を発揮するタイプなんでしょうね。僕もそっちタイプなんで何か凄いわかる気がします。


そんでそんで、この前中山功太のネタをyoutubeで探していたら、違う人なんですが面白い人を発見しました。

R藤本って言う人なんですけど知ってますか??

僕はそれで初めて知ったんですけどこの人、べジータのネタをやるそうです。

僕はドラゴンボールで言ったら完全にベジータ派なので、結構ツボだんたんですが。



何度見ても面白いです!


ではでは、今週はこの辺にしておきたいと思います。

以上、手短バージョンでした。では!
tachi CM(1) 

POP ART その2 ラウシェンバーグ!!!
はーいZakです。
ry01兄さんも書いてましたが、今日はchickとsakiとで新宿And Aに展示してあるdeminilの作品見てきました。
というか、もらえます!
お近くのAnd Aへ急げーー



さて今日はポップ・アートのお話の第2弾

rauschenberg_tracer
Robert Rauschenberg "Tracer"(1963)

本日は
Robert Rauschenberg(ロバート・ラウシェンバーグ)というアーティスト。

"ネオダダ"というくくりでも呼ばれる人で、
とりあえずポップ・アートが生まれるための基礎を作っちゃった人の一人。

前回のローゼンクイストの話で書いたように、
1950年代は抽象表現主義がもっとも盛んだったけども
1960年代に入るとポップアート含め色んなスタイルがどっと増えていきました。
このラウシェンバーグはちょうどその2つに時代をつなぐような時期に頭角を現してきた人。
だから1955年あたりかな。ローゼンクイストのちょっと先輩ですね。

だからラウシェンバーグはその作品自体も、ちょうど抽象表現主義とポップの中間のような作品です。

rauschenberg_bed
Robert Rauchenberg "Bed"(1955)

例えば彼の代表作のひとつに
1955年制作の『ベッド』という作品があります。
どう思いますか、これ。
汚い??

ある日、ラウシェンバーグは思いつきで自分のベッドに絵の具を塗りたくり
それを作品としました。
"絵の具を塗りたくる"という行為自体は、激しい筆跡を残すことが画家の個性を表すことにつながるとして、抽象表現主義がよく用いる手法です。
しかし、塗りたくったのはキャンバスではなくて、ベッド。
ここが相当普通じゃないです。

ベッドってのは、芸術とは無縁の、ただの日用品ですからね。

当時は「神聖で崇高な」芸術作品に、俗っぽいものを持ち込んじゃいけない雰囲気がありました。
日用品、俗世間的なもの、大衆文化など・・・
そういうものは出来るだけ芸術から排除し、芸術の純粋さ・崇高さを保とうとしていたのが普通でした。
が、ラウシェンバーグは「芸術行為+日用品」を作品としてしまったのです。

ライシェンバーグは他にも大統領や大量生産品のような日常的・俗世間的イメージと
芸術っぽい行為(この時代は、意味ありげに激しく絵の具を塗ったりする)を組み合わせて
作品にしたてていったわけです。

ちなみに、いろんなイメージを組み合わせる彼独特の手法を、「コンバイン・ペインティング」といいます。
(いいます、というか彼自身が名づけたんだけど)
「コンバイン」というのは『接合』『くっつける』『あわせる』というような意味。
巷にあふれる様々なイメージをパクってきて組み合わせ、画面を構成する。
彼の得意技です。
(ローゼンクイストと違うのは、具体的なイメージを表すときは筆で描くのではなくて、シルクスクリーンまたは実物の貼りこみで行う。絵筆での作業はもっぱら塗る/汚すといった作業に使う。)

そこに「芸術です」という免罪符である、激しい筆のタッチなども入れたりして、ハイ出来上がり。

彼いわく、激しい筆跡を作品に入れるのは
「抽象表現主義への尊敬と皮肉両方を込めている」
とのこと。
彼の持つ皮肉とユーモア、そして芸術にはなんでも使っていいんだ!という自由さが感じられます。


ラウシェンバーグが注目を浴びた1955年。
そしてその5年後に一気に盛り上がるポップ・アート。
ラウシェンバーグの「俗世間・大衆的イメージを芸術と混ぜ合わせ作品にしちゃう」
というやり方をさらに押し進め、
「大衆文化そのものをただ写し取る」
というところまで行っちゃったのがポップ・アートというわけです。
だからラウシェンバーグなくしてポップ・アートは無いのです。



ちなみにラウシェンバーグは立体作品も作ります。
(ベッドもすでに立体だが・・・キャンバス作品もキャンバス自体を立体物として扱っているふしがある。)
もちろん「コンバイン」手法で。
それに関して面白い話があって、彼には「自分ルール」があったらしい。
まず、自分のアパートの外へ出る。
で、自分が住んでいるブロック(区域)を歩いて一周する。
その一周の間に拾い集めたゴミだけを使って作品をつくる。
そんなことをしてたらしいです。
なんだか近所の変な人って感じですけど、
でもこれって日常と芸術の間で行為することがテーマの彼らしいやり方じゃないですか?

ラウシェンバーグは2008年に亡くなりました。
大好きだったのでショックでした。


作品は有名なポップ・アートの作品に比べたら渋めかもしれませんが、
ハッとするような構成センスがあるし、また敢えて混沌さを含ませていて
逆にいつまでたっても現代的な感じがします。
かっこいいでしょ。

Zak

rau_ret

rau_monogram

rau_interv
"Interview"(1955)
Zak CM(2) 

the viewが描く黄金メロディ! 5 Rebbeccas
theview.jpg

やあこんばんは!ry01です。

前回のMihoのブログにもあったように、昨日からAnd A全店でMiho Nomura(deminil)がアートワークを担当したアート・フリーペーパー『wall on vol.4』が配布になっています!
自分も今日早速、仕事帰りに新宿のAnd Aでゲットしました◎
とてもカッコイイ作品なので、是非是非皆さんもAnd Aの各店舗にゲットしに行きましょー!

GOOD ON THE DANCEFLOORのFlickrには、sakiが撮った『wall on vol.4』の写真がアップされていますので、こちらもチェックしてみてください!

■GOOD ON THE Flickr
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03/

photo by saki.

----------------------------------------------------------
ちなみにそのMihoの作品は『WORLD VIEW!』というタイトルらしいのですが、
それならということで、今回のブログはthe viewの話題!

theview_.jpg

the viewといえば、平均年齢18歳の若さで06年にシングル「Wasted Little DJ's」(ド名曲!)でデビュー、翌07年には1stアルバム『Hats Off To The Buskers』が全英初登場1位を記録した、スコットランドの工業都市ダンディ出身の悪ガキ4人組によるロックンロール・バンドのこと。
ちなみに、以前このブログで<2007年ベストディスク特集>を行ったときに、自分は件の『Hats Off To The Buskers』を9位に選び、彼らのことについてこう書いていた。
「父親のレコード棚を漁り、60年代のThe Whoから跳ねるリズムを、70年代のピストルズからぶっきら棒さを、80年代のストーンローゼスから青春の煌めきを、そして90年代のRADIOHEADからは何も学ばず、あろうことかオアシスの馬鹿から歌心を学び、リバティーンズをタイムリーに聴いて育てばまあこうなるわな、的な10代の若者によるガレージロック。」
ふむふむ、なるほど。
そんな彼らは、青春性溢れる煌くメロディにカイルとキーレンのスリリングで歌心のあるヴォーカルを乗せ、颯爽としたガレージ・サウンドで07年のインディ・シーンを駆け抜けていった。

そして09年2月、彼らは2年振りの新作『Which Bitch?』をリリースすることになった。
ようやく20代になった彼らのこの作品を聴いてまず驚くのが、冒頭の「Typical Time 2」から2曲目「5 Rebbeccas」の流れ。
その名の通り前作の最終曲「Typical Time」の続編である「Typical Time 2」は、千鳥足のようなフレーズのピアノとハーモニカが印象的なカイルの弾き語り曲で、この酔いどれ感はアルバムの1曲目としてかなり最適。
しかしその心地良い酔いどれ感も、「5 Rebbeccas」の最初の一音を聴くことですぐに興奮に変わるだろう。
始まりを告げるかのような勇ましいギターのフィードバック・ノイズと、そのノイズを切り裂いて颯爽と登場するキックのリズム、天に向かって唸りを上げるギター・リフが組み合わさるこのイントロを聴くだけで、まず、白飯三杯いける。
その後ヴォーカル・パートへと突入し、そこからはもう全てが黄金メロディ。
どこを切ってもメインコーラスのような珠玉のメロディが、最後まで息をつく暇も無く押し寄せる。
目の前の景色を一瞬で鮮やかに塗り替える、これこそ正に名曲といえよう。

the view / 5 Rebbeccas


オフィシャル・ビデオはこちら↓↓↓(要チェック!)
http://www.youtube.com/watch?v=ACQKTN_GhWU



この冒頭の2曲の他にも、まんまオアシスなビッグ・ロック曲「One Off Pretender」や、ストリングスを織り交ぜオーケストラ風なアレンジを施した「Distant Doubloon」に「Covers」、マーチング・バンド風の「Give Back The Sun」、彼らの最大の魅力である蒼く弾けるソングライティング・センスが爆発した「Temptation Dice」に「Shock Horror」など、アルバム全体を見渡してみてもなかなかの粒揃いだが、兎にも角にもやはり「5 Rebbeccas」に限る。
青春の煌きが溢れんばかりに詰まったこの曲を聴きながら、今こそ声を嗄らして青空の下でモッシュをしよう。
きっと夏フェスのシーズンには日本にやってきてくれるはず!


ry01
ry01 CM(0) 

AND A
こんばんは美保です☆
一週間って早いですね~●~*

さてさて、先日コンセプトショップAND Aから発信されているアートフリーペーパーwall on vol.4の2月号アートワークを担当させていただきました。
今回担当させていただいた2月号が本日2月17日より、全国主要都市15店舗にて配布開始されているそうです。
みなさんお立ち寄りの際には是非お持ち帰りいただきご覧になってみて下さい^^


AndA/wall on
http://www.and-a.com/wallon/index.html
アート・カルチャーの新しいスタイルやメッセージの発信としてスタートしたアートフリーペーパー
「wall on(ウォール・オン)」。

2004年12月よりアートをもっと身近に、そして生活の中に自然と溶け込むものとしてテイクフリーの
ノベルティという形でスタートしました。1年を通し形を変え展開するアートフリーペーパー「wall on」は
毎月第3火曜日に店頭にてご覧いただけます。

アート感溢れるペーパークラフトを是非皆様のライフスタイルの場にそっと溶け込ませ、カジュアルにそれらを
楽しんでみてください。


そして今週から私の大好きな人、物、音楽、その他の何かを紹介していきたいと思います。
第一回目はyamaguchi tomokoさんを紹介させていただきます^^


yamaguchi tomoko

私が始めてyamaguchi tomokoさんの作品を見たのはYUKIのメランコリニスタのジャケットです。
その時私はとても心がキュンとして、スーッと引き寄せられるような気持ちになりました。
それがきっかけで興味を持ち、今では大好きになりました☆
観てるととっても幸せな気持ちになります。

2008年の個展「ききょう」は残念ながら見に行く事が出来なかったのですが、次回は絶対に行きたいと思っています☆
早く見たいよ~


yamaguchi tomokoさん ご本人のコラムより
私の描く女の子はいつも裸にパンツで描かれています。

それは多分 誰もが抱えている
自分の全てを受け入れて欲しくても
全てをさらけ出せない臆病さの表れで
だからみんな少し悲しそうに見えるのかもしれません。



PV/YUKI - メランコリニスタ




未分類 CM(0) 

愉快な魚たち
どうもkatuo001.jpgです。


最近タラオが可愛いい声で人を騙してるかと思うと涙が出ます・・・

最近ワカメが色気付いてわざとパンツを見せてると思うと吐き気がします・・・

最近サザエ姉さんが変な髪形なのがとても恥ずかしいです・・・

最近ハナザワさんのアタックがドを超えて寒気すら覚えます・・・

最近ナカジマが危ない宗教団体とつるむ様になって勧誘してきます・・・

僕の見方はダメ男・・・じゃなかった、マスオさんだけです・・・




今日の「ざ・ラーメンズ」金部です

ちなみに僕は放送委員会でした。



ピュアすぎる仁さんカワュス


「コーージカ」
「安さ爆発ビーックビックビック桜や」
「ヤマダ年金」
「変イイェ~イ」
「作戦名勇気」
「何事もなかったことムーヴ」
「新しい世界へ」


ばいばいFuzita
fuji5y CM(1) 

超ふぁっきゅー☆
やあこんばんは!ry01です。

昨年もCSSDuffySantogoldThose Dancing Daysといった女性アーティストたちの活躍には目を見張るものがありましたが、そんな彼女らに心を奪われたボーイズ&ガールズは今年もシーンから目を離すことなかれ。
2009年も実力派女性アーティストたちから素晴らしい作品が多数届いております!!

lilyallen_.jpg

というわけで、2000年代後半を代表する女性ポップ・スターといえばこの人、Lily Allen
世界中で大ヒットを記録した06年リリースのデビュー作『Alright, Still』に続く、2ndアルバム『It's Not Me, It's You』が非常に素晴らしい。

前作収録の「Smile」や「LDN」といった曲がシングル単位でも大ヒットし、「あなたの泣き顔を見ると笑ってしまうの」「あなたの下半身ってホント役立たず」といった、毎度歯に衣着せぬ等身大なリリックが幅広くリスナーから共感を得て一躍大スターとなった彼女は、その後もプライベートの発言でも周囲を驚かせ続け、毎度週刊誌のゴシップ欄を賑わせることに。
おそらく誰もが「このままセレブのまま終わってしまうのか?」と彼女の先行きに不安を覚えたはずだが、この3年ぶりの新作では、前作で成功したプレッシャーをものともせず、肩の力の抜けたエレクトロ・ポップに乗せて彼女は伸びやかに素晴らしい歌声を聴かせてくれる。

そう、この新作では、前作で顕著だったスカやレゲエといったカリプソ風の陽気なサウンド・プロダクションは影を潜め、今作のプロデューサーであるGreg Kurstinの適確なエレクトロ・ポップ的プロダクションが、新たにリリーの歌声の魅力を最大限に引き出すことに成功している。
彼が参加する、日本でも「トリハチ」という愛称(実際誰も言っているところを聞いたことがないが)で知られているエレクトロ・ポップ・バンド、The Bird And The Beeの昨年のアルバム『Ray Guns Are Not Just the Future(邦題:ナツカシイ未来)』も素晴らしかったが、彼の場合、現在英米で大ヒットを記録しているLADY GAGAのようなエレクトロのイケイケな部分(故に時に下品)を全面的に押し出したアーティストたちとは真逆の、控えめでいやらしさのない、ヴォーカルと各楽器から発せられる音をバランスよく構成するサウンド・プロダクションが非常に素晴らしい。
それは一曲目「Everyone's At It」を聴けばすぐにわかるが、イントロ部分ではピアノとドラムが跳ねるように鳴り響き、間奏部分ではシンセベースが効果的に散りばめられ、それぞれの音に注目して聴き進めるだけでもかなり楽しめる。

サウンド面で大きく変化を遂げたこの新作では、リリーの書くリリックも少し大人な変化を遂げている。
先に挙げた「Everyone's At It」では、「私たち/何でみんな正直に言えないんだろう/みんなやってるって」とドラッグが蔓延するイギリス社会に向けて警鐘を鳴らし、
「Him」では、「彼は自らの意思を失って何も決められなくなっている/誰が正しくて間違っているかなんて知らないんだよ/でもこれがあんまりにも長引いてしまっていることには気付いているはずなんだ」と終わりの見えない戦争について冷静に捉え、これまでの彼女のリリックには存在しなかった、社会的な目線が新たに加わったのがこの新作の特徴でもある。
そして恋愛について歌われた曲でも、「I Could Say」では破綻した恋愛関係を悔やむ姿や、「Who'd Have Known」では二人だけのこの瞬間が永遠に続くことを願う姿が描かれていて、そういった少し大人なラヴ・バラードがアルバムの中でも良いアクセントになっている。

とはいっても、「Fuck You」では「超ファッキュー/あんたがすることも/あんたの仲間も大嫌い/言ってる事も意味わかんないし/マジ時代遅れ」と中指を立て、「Not Fair」では「ベッドの中のあなたはサイアク」とコキおろし、「Never Gonna Happen」では「地球がひっくり返るぐらいハッキリしてない?/私たちは何も起きていないし/これからも何も起きないの/それ、余計にウザくなるだけだから」と勘違い男たちをバッサリ切り落とすリリーらしい直接的なリリックも健在で、これまた世の男性陣は怯えながら過ごすことになるかもしれない。

先行シングル曲「The Fear」では、「もう自分の中で何が正しくて何がホントかなんてわからない/自分の心もわからない/ねえ、いつになれば何もかもはっきりするの/怖くて飲み込まれそう」とセレブとなった自分に襲い掛かる虚実を淡々と描いていて、こいういった部分でも彼女の成長がよくわかる。

Lily Allen / The Fear



この新作、全部生演奏で完璧にライブをこなすことが出来れば相当すごいことになりそう。
07年に引き続き、今年もフジロックに出演してくれることを切に願っています。


ry01
ry01 CM(1) 

GOOD ON THE ゆるブログ vol.11【今週末はパーティー2本立て】
やあこんばんは!ry01です。
なんだかお久しぶりですね!

というのも、先週からGOOD ON THE DANCEFLOORメンバーによる毎日ブログが始まった為、
自分も一読者として完全に読む側になって楽しんでいました笑
みんな思い思いに記事を書いていて面白いですよね!
特に、一週間のトリを務めたhanaのブログは、皆の期待に応える素晴らしい貫禄っぷり。恐れ入りました。
それぞれGOODメンバーのキャラクターもこれから徐々に見えてくると思うので、
興味を持ったメンバーには是非イベントなどで話しかけてみましょう。
もしくはファンレターを送ってみるのも良いかもしれません(あ、自分にも!)。

------------------------------------

去る土曜日は世間ではバレンタイン・デーでしたが、皆さんはどのように過ごされましたか??
自分はというと、チョコレートのチョの字も無い、いつも通りの休日でした。
吉祥寺のkomagura cafeでカフェオレを飲んだぐらいです。
仕事も休みなので義理チョコをもらえるわけもなく、逆チョコ・ブームに乗るわけでもなく、
普通に東方見聞録で飲んでいました。

そんな自分のようにパッとしないバレンタイン・デーを過ごしてしまったボーイズ&ガールズも、
今週末に行われるGOODメンバーが出演するパーティーで鬱憤を晴らしましょう!!
もちろんラブラブなカップルたちも、ハッピーな雰囲気をそのままにパーティーで盛り上がってしまいましょう!!

a.jpg

まず、今週末21日の土曜日に新宿MARZで行われる【A】に、
GOOD ON THE DANCEFLOORからはWhite ScooperとNCCが出演します!!

昨年秋に新宿MARZで3ヶ月連続で開催された【THURSDAY PEOPLE!】の第一回目のパーティーでも、
エキセントリックなエレクトロ・パンクでフロアを熱狂させたAAPSが主宰するこのパーティーは、
White ScooperとNCCの他に、新作EP『TBA』の全国発売が決定した、
<MODULAR>を彷彿させる80’sニューウェーヴ・サウンドが印象的なインディバンドThe Brixton Academyに、
DJ陣にはAlphaville RecordsのK.I.N.K氏に、先日の【Niw!コレ】でもクールな選曲が光ったNITES氏、
そしてAAPSのTSKKA氏という、東京の最新インディ/エレクトロ・シーンを象徴するラインナップが集結した激マストなパーティー!!
特に、兼ねてから親交の深いニューウェーヴ・バンド4組による新世代ガチンコ勝負は見逃せません!!
そういえば、先日The Brixton Academyのライブで新曲を聴いてしまったのですが、とんでもなく名曲過ぎて驚きました。
White Scooperもこの日は新曲が多めになるとのことなので、どうぞお楽しみに!

相当熱い一夜になることは間違い無いので、要チェックでよろしくお願いします↓

2009/02/21(SAT.)
AAPS presents "A"@新宿MARZ
http://www.marz.jp/html/news.html
OPEN/START 24:00
ADV/DOOR 2500yen +1DRINK
【LIVE】
AAPS
http://www.myspace.com/tuneaaps
The Brixton Academy
http://www.myspace.com/thebrixtonacademy
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
Nu clear classmate
http://www.myspace.com/nuclearclassmate
【DJs】
K.I.N.K
http://www.myspace.com/bdgrfx
NITES
http://www.myspace.com/nightsmusik
TSKKA(AAPS)
http://www.myspace.com/tuneaaps

チケット予約をご希望される場合は、「2/21(土)新宿MARZ」「お名前」「枚数」をご記入の上、
info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります。
まだまだ予約受付中ですので、ガシガシご連絡ください!!





package[1].flyer表[完成]

そして同じ日にもう一つ!
このパーティーの前に私ry01は、青山蜂で行われる【PACKAGE vol.1】にDJとして出演します!!

福岡出身のパーティー・ボーイズたちによって新たに始められるこのパーティーは、
ロック/インディ/エレクトロ/ヒップホップなど何でもアリとのことなので、
自分もガッツリ、ロックDJで攻めていこうと思います!!
普段なかなかかけることのできない曲たちも思いっきりかけようと思うので、
是非是非こちらのパーティーにも遊びにいらっしゃって下さい!
今から何をかけようか、ワクワクしております◎

2009/02/21(SAT.)
pigboneBROTHERz presents "PACKAGE vol.1"@青山蜂
http://www.aoyama-hachi.net/
OPEN/START 22:00
ADV/DOOR 2000yen w/1DRINK
【DJs】
pigboneBROTHERz
LIBERTY(MELLOW JAM MONDAY/RISING GENERATION)
ry01(disk union/GOOD ON THE DANCEFLOOR)
NAOKICKS
HERO-SHIT(KIK)
KOUHEI(KIK)
kanari sanefuji
GIRRY
DAXX
AND MORE FANTASTIC DJs.





というわけで、今週末は共にパーティーを楽しみましょう!!!!!!
会場でお待ちしております◎


ry01
ry01 CM(1) 

笑点のあとには…
...more
hana CM(3) 

地元静岡は26℃
plumflower.jpg

はじめましてこんばんは、sakiです:)
役割?内緒です:3

Reinaちゃんと一緒に土曜日更新していきますよ
1日で2人分のブログが見れるということでねお得ですねー

今日の1枚はせたがや梅まつり
小田急線梅が丘駅からすぐ
来週末あたりが一番見ごろかな?

花粉症で鼻がつまっちゃう前に是非:))


14日にバレンタインの話題なんてもう耳にたこだぜ
バレンタインなんてなくなればいいのに
なんて意見もちらほらですが敢えてチョコ話題。
なぜかってうちがこの世で1番好きな食べ物がチョコレートだから♡

逆チョコ365日大歓迎です:3

ここでおすすめチョコレートCadburyDAILY MILK
dailymilk.jpg

好きですCadbury。パッケージの色もすき。
Buttonシリーズもおいしいけど30秒でなくなっちゃいます。
もうひとつおすすめはイタリアのチョコスプレッドnutella
nutella3.jpg

ふたつとも毎日食べてましたねー
気持ち悪い?
しょうがないんですもうチョコホリックなので:3

日本でも買えますよ、是非どうぞ。

明日はWSのはなちゃんです♡お楽しみに!

saki
saki CM(3) 

夢見るプラネット
こんばん和

White ScooperのオタクgirlことReinaです

(言うほどオタクではないのは内緒)


はてさて
バレンタインですって、今日

逆チョコの風潮が大して世間に浸透してなくて残念ですが…

今って色んなチョコあるんですね

宇宙をモチーフにしたチョコとか
半球が10個くらい惑星にみたてて並んでて
カラフルキラキラで

めちゃめちゃ可愛かったですよ


心なしか今日はお菓子が入ってると思われる紙袋を持った男性が多いように思います

GOODメンズはどうだったのでしょうw


そんなバレンタインもあと10分で終わり

とゆーことでここで締め







Re!na
Re!na CM(1) 

NCC GAME と ヒョウタンツギ探偵団
こんばんは ;)
chickです。
金曜日担当になりました。
宜しくお願いします。おじぎ

kisekae

えへへ。画像可愛いでしょ☆

NCCのゲーム出来ました!!!
着せ替え 着せ替え。。♪


http://www11.atpages.jp/nuclearclassmate/ncc.swf

PCから遊んでね。
音楽も背景も変わるんだよー!!!
かゆきちゃんお手製です。らったった♪

***


さてさて

私が一番好きなキャラクターはヒョウタンツギなのだけれど。。。


hyotanntugi


手塚治先生の漫画に度々登場するキャラクターです。

私 ヒョウタンツギを上手に書けるようにノートに書いていてね、
(こないだはライブだし腕に書いちゃいました!)

でも普段もよく腕とか手とかに書いていて。
友達の腕にも気にせず書いています ;)


そんなヒョウタンツギ 非常に謎が多くて

何と !!!

ヒョタンツギ探偵団がいらっしゃるのです!!!!!!

↓以下ヒョウタンツギ探偵団より。。

「ヒョウタンツギの存在は、
今や「なんだかよく分からないモノ」のままで放置できる状態ではない。
菌糸類学会での発表以来各界からは異論が沸き連日国会を賑わしているが、
それは日本はもとより世界に対する「危機的状況をはらむ何か」であると言う真実が、
覆い隠すことのできない実体としてそこに隠されているからである。」

ヒョウタンツギ探偵団はヒョウタンツギに対して様々な説を立てています。

動物説
キノコ説
宇宙人説
etc....

ヒョウタンツギ探偵サイトはこちら!!!
http://www.scn-net.ne.jp/~yato/hyoutan/theory/theory.htm

うーん。謎は深まるばかり。。。
そしてヒョタンツギへの愛も深まるばかり。。。。

上手いこと言っちゃたので
この辺で!!!

see ya soooooooon!!!!!

一応ヒョウタンツギのウィキペディアです ☆

chick








chick fish CM(2) 

ラーメン つけ麺 ボク○○
どうもこんばんわ

White ScooperドラムのTachiと言います
毎週木曜は僕が担当しま~す
まぁたわいのない話でもしていきたいと思うので木曜日も見てやってください


さてさて、まぁ私事なのですが最近ラーメンにハマり始めました。
まだ全然ラーメン通でもないしそこまで舌が肥えてるわけでもありませんが、いいもんですね!
中国4000年の歴史はダテじゃないですね

そんでそんで、コッテリ系を中心に色々食べていたんですが、最近おいしいつけ麺屋を発見しました


灰汁美っていうとこ知ってますか??これ「あくび」って読むんです

まぁここはそうコッテリを売りにした所ではないのですが、醤油で麺太目で肉柔らかでとってもおいしいですね!(あんま言葉で表現するの得意じゃないんでごめんなさい・・・。)

まぁまだ浅いんですけど、今の所食べたつけ麺の中で一番おいしいですね!

店員さんもとっても感じのいい人です。

調べた所によると前から池袋で営業していたらしいのですが、最近板橋区に来たみたいですね
お近くの人は一度行ってみると良いと思います。近くなくても行った甲斐はあると思います

↓こんな感じです




あくび



またここのお店のいいとこって、麺の量が結構多いんですよね!苦学生の味方です!

並盛で300g
中盛で400g
大盛で500g
特盛で600g(確か)

これでも結構多いんですけど一番上に 山盛900gがあるんですよ!

そんでこの間体重90kg代のU君とOVER110kgのA君と3人で食べに行ったのですが、僕とU君は無難に大盛を注文したのですが、A君は

A君「山で!」

店員「本日6人目ですね!」


でもA君はしっかり完食したから偉いんですよね!まぁ山盛注文しといて残すのはあまりにも格好悪い話なのですが・・・。

でも店を出た後、僕とU君は普通なのですがA君は相当苦しい様で

A君「ちょ!君たち歩くの速い・・・・。」

僕とU君「面倒くせ~~!」


まぁそうなりますわね・・・。

しかもA君は日頃から、

A君「ダイエットしたい」

って言ってるのにもうこれだけで大体1kg太っているわけで・・・。ほんの30分位の間に


や、でもそれはそうと本当に1回位は行く価値はあると思うのでお暇があった是非一度行ってみてください!いいと思います!!


まぁ今回はこの辺にしときたいと思います。ではまた来週!

Tachi






tachi CM(2) 

POP ART その1 ローゼンクイスト!!!
rosenquist_f-111
James Rosenquist "F-111" (1965)

はいーZakです。
最近はお仕事探し中ですhaha
僕は水曜日更新します。

今日はアートのお話。

みなさん「ポップ・アート」っていうの聞いたことあると思います。
アメリカで1960年代半ばを頂点にしたムーブメント。
有名なのはアンディ・ウォーホルとか、リキテンスタインとかね。
学校でもらった美術の本に載ってるはず!

その中でも今日はポップ・アーティストの巨匠の一人、
James Rosenquist(ジェームズ・ローゼンクイスト)というアーティストを紹介しようと思います。

ローゼンクイストは20代の半ばに看板描きのバイトをしてました。
そしてポップアートの時代がニューヨーク内で同時多発的に始まる1960年(当時27歳)に、その看板描きの技法をそのまま巨大なキャンバスにうつす。
日用品、ロケット、大統領・・・ニューヨークに生活しテレビや雑誌を観てる人ならおなじみのイメージを、
ごった煮にして看板サイズの絵にしました。

そんなことしちゃうなんてパンクですねー
美術の歴史の残ってる人というのは、その時代においてパンク行為を行えた人間のことなんです。

その当時の美術界は「抽象表現主義」というものが支配的でした。
すごいシンプルにいうと、
具体的・写実的に描くことを重視しないで、
もっと自分の感情を絵にぶつけたりだとか、
筆跡や色や形といった絵の基本的な要素だけを表現しようとするものが主流でした。
絵画制作というのは高尚で、一度きりで、神聖なものだと。

でもそのモチベーションは永遠には続かず、行き詰ってくる。

そして1960年に入るとポップ・アートが登場。
当時の美術界でやっちゃいけないことを100%やっちゃった人たちがポップ・アーティストでした。
でも、ポップ・アートの、具体的で、カラフルで、はっきりとしている画面は新鮮でした。
しかも描くものが広告のパクリ、有名人、そこらへんの商品パッケージ。
そんなものをわざわざキャンバスに描いてギャラリーに展示するといういびつさ、知的ないたずら感覚は、アートの世界に現代性とユーモアを復権させたというわけです。



さて、ローゼンクイストの話。
彼の作品は、まったく関係なさそうなイメージをどんどん並べる。
写真の切り抜きでつくったコラージュみたいに。
でもコラージュと違うのは、「わざわざ」全部手で描いていること。
大きな違いです。
しかも、やたらデカい。
(看板描き屋の技術をそのまま芸術に使ったところが"ポップ"!!!)

まったく関係ないものが隣り合っていても、何かしら関係を想像(創造)してしまうのが人間のクセ。
何を想像する?
全然想像できない?

絵を観て思う、
『で、何なんだ!』

うん、そのとおり、実はまったく意味がないかもしれない。
そもそもな話、僕らの都市生活に意味なんてあるかどうか。
人間のこの世なんて、ただ色んなものが無関係にひしめいてるだけかも・・・

そうだとしたらやたらリアルな絵という風にも思えてくる。

ローゼンクイストの絵は、画面全体がきれいなんです。
だから世の中のごちゃごちゃだって、楽しいし美しくもある。


現在御歳76歳。
現役です。
ごっつくて陽気なじいさんです。
って会ったことはないけど。


James Rosenquist Official Site
http://www.jimrosenquist-artist.com/


Zak


rosenquist1
"Marilyn Monroe I "(1962)

rosenquist2
"Dishes"(1964)

rosenquist3
"Speed of Light"(2000)
幅14メートル!
テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術
Zak CM(2) 

フレーフレー!ボーイズ&ガールズ
thekiss

こんにちはー!mihoです☆
えーと、曜日ごとにブログ担当が変わるがわるするということで、火曜日はmiho(deminil)になりますのでどうぞみなさんよろしくお願いしますー!

さてみなさん、今月はもうすぐでバレンタインデーですね!まってました!と言う方も多いのではないでしょうか?まぁその逆の方も多いんでしょうけれど、、、
私は実際バレンタインデーとか好きな人に渡すとなると、すごい意識しちゃうタイプなんで何かと躊躇ってしまう事が多いんですけどねー。なので今まではギリチョコが多かったです。
もったいないです本当に。届かなそうで届きそうなこの感じねー
同じようなタイプの方、、頑張りましょうね今年こそ!笑 ファイトです!

まぁでも男の子たちもドキドキだよね。ん~うきうき?かな~

素敵なバレンタインデーにしましょうね^^




この曲最近友達に教えてもらったんだけど、歌詞すごく共感だな~

pyoto:the kiss
未分類 CM(2) 

Happy Monday
どうもpic01.jpgです。。。。。。

今回月曜担当のトウフです!
一応White ScooperのFuzitaって人間をやらせてもらってますトウフです!

もう火曜日になってしまったが関係ないです!

今日は皆さんにHappy Mondayと題して楽しい動画をご覧あれ


「ざ・ラーメンズ」





この楽しさがわっかったら君はもう片桐仁だ!

因みにもじゃもじゃな方です

因みにこばけんがネタ作ってます!


「だれもいないよ」
「何でも聞いてるよ」
「焼うどんお願いします」
「そうか間違えた」
「夢かぁ~い」
「パン」

俺が面白くなくてもラーメンズは面白いから


次回もお楽しみに・・・・・・・じゃねぇよなぁ
あぁぁぁ面白くなりたい・・・・


まぁ明日の火曜日はキューチーガーリュのミホしゃんですよ
fuji5y CM(2) 

Air France
airfrance.jpg
スウェーデンにて<MODULAR>的存在感を放つインディ・レーベル、
<Sincerely Yours>から昨年末にリリースされたミニ・アルバムがあっという間に完売してしまったことで話題となった、新型エレクトロ・ポップ・バンドAir France

ドリーミーなサウンド・テクスチャーが魅力的な彼らの、
超パーフェクト・アンセム「No Excuse」のミュージック・ビデオが遂に到着!!

改めて聴いてみても、やはりこの曲は完璧過ぎ。
歌のメロディも、ギター・フレーズも、シンセの被せ方も、全部やば過ぎ。
過ぎ行く夏に想いを馳せるあの焦燥感と、青春ならではの甘酸っぱさがギッシリ詰まっています。

Air France / No Excuses


というわけで激マスト!



話は変わって、今週からこのブログで新企画が始まります!
その新企画というのは、曜日ごとにGOODメンバーを割り振り、「笑っていいとも!」形式で毎日ブログがアップされていくという、なんとも愉快な企画!
皆さんがまだ触れたことの無い、各GOODメンバーの新たな一面に触れることが出来るかもしれません笑

というわけで引き続きこのブログは要チェックでよろしくお願いします!
今のうちにブックマークよろしくです◎


ry01
ry01 CM(0) 

White Scooper×NCC×AAPS×The Brixton Academy
a.jpg

【Niw! Collection '09】での熱狂をそのままに、
再来週の21日はAAPSが主宰するパーティー【A】が新宿MARZにて開催されます!!

前回はriddim saunterとour favorite fabというNiw! Recordsの道産子バンドたちによって行われたパーティーですが、今回はGOOD ON THE DANCEFLOORからもWhite ScooperとNCCが出演決定!
さらには昨年コラボ・パーティー【DISCO!×GOOD】を共に開催したThe Brixton Academyも出演ということで、兼ねてから親交の深いニューウェーヴ・バンド4組による、新世代ガチンコ勝負になること間違いなし!!

イベントの詳細は以下の通りです↓

2009/02/21(SAT.)
AAPS presents "A"@新宿MARZ
http://www.marz.jp/html/news.html
OPEN/START 24:00
ADV/DOOR 2500yen +1DRINK
【LIVE】
AAPS
http://www.myspace.com/tuneaaps
The Brixton Academy
http://www.myspace.com/thebrixtonacademy
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
Nu clear classmate
http://www.myspace.com/nuclearclassmate
【DJs】
K.I.N.K
http://www.myspace.com/bdgrfx
NITES
http://www.myspace.com/nightsmusik
TSKKA(AAPS)
http://www.myspace.com/tuneaaps


DJ陣にはAlphaville RecordsのK.I.N.K氏に、先日の【Niw!コレ】でもクールな選曲が光ったNITES氏、そしてAAPSのTSKKA氏という、海外最新インディをこよなく愛する3人のプレイも非常に楽しみです!
今後の日本のインディ・シーンを占う激マストなパーティーであることは間違いないので、是非是非皆さん遊びにいらっしゃって下さい!

チケット予約を希望される方は、「2/21(土)新宿MARZ」「お名前」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければ取り置きを承ります。



ちなみに、現在発売中の音楽雑誌<indies issue>最新号の【ベストニューカマー2008】年というコーナーにて、White Scooperがピックアップされています!!
ライターの金子厚武さんの書き方が、個人的にちょっと面白おかしかったです笑
書店/CDショップで是非チェックしてみてください◎

■indies issue
http://blog.livedoor.jp/indies_issue/


ry01
ry01 CM(0) 

ノーマン・クック完全復活!!The BPA!!!!!!
bpa.jpg

皆さんお待まちかねの、あのパーティー番長がいよいよ帰ってきました!!!!!!

そう、パーティー番長といえばご存知Fatboy Slimことノーマン・クックのこと!
近年ではFatboy Slim名義での活動は影を潜めていましたが、この度、
彼の新プロジェクトThe BPAがデビューアルバム『I Think We're Gonna Need a Bigger Boat』をリリース!!

bpa_jacket.jpg

なんとこの作品、構想40年/制作期間30年(!?)、なんでも英国ブライトンの港の倉庫で長年眠っていたリールテープが発見されたことがきっかけで生まれたという、奇跡のプロジェクトによる音源集なのです。
参加アーティストも、パンク・ロックを生んだ張本人Iggy Popに、歴史を代表するポスト・パンク・バンドTalking HeadsのヴォーカリストDavid Byrne、USを代表するフォーク・シンガーRufus Wainwrightの妹であるMartha Wainwright、英国<テムズ・ビート>のシーンから一躍大ブレイクを果たしたシンガー・ソングライターJamie T、UKアンダーグラウンド・ヒップホップであるグライム・シーンの顔役であるDizzee Rascalなど、それぞれ全く異なるシーンで活躍する顔ぶれが一同に集結した、なんとも豪華なラインナップ。

作品の内容も、Fatboy Slim名義での04年リリース作『Palookaville』で見せたゆるいカリプソ風ビートを引き継ぎ、個々のコラボ・アーティストの魅力を遺憾なく発揮したハッピーなパーティー・ミュージックが目白押し!
Fatboy SlimというスーパースターDJの呪縛から開放されたノーマンが、友人と共に無邪気に音と戯れている様子が想像できて、なんだか微笑ましいです。

そしてなんといってもこのビデオ!
自分が昨年のベスト・ミュージック・ビデオに選んだ「Toe Jam」は、最高に下品でアホアホな内容!!
全裸の男女に混じって、ノーマン自身も下半身をブンブンと振り回します。
いやー、ホントこのビデオ最高!

THE BPA / Toe Jam feat David Byrne and Dizzee Rascal




ちなみにこのアルバムのオープニングは、Iggy Popが歌う、80年代を代表するネオアコ・バンドThe Monochrome setの「He's Frank」のカヴァー!
このビデオ、ちょっと失礼なのでは?笑

The BPA / He's Frank (Slight Return) feat Iggy Pop




珠玉のパーティー・トラック揃いのこのアルバムの中でベスト・トラックを決めるとしたら、Emmy The Greatが歌う「Seattle」でしょう!
Laura MarlingFlorence and The Machineと共にUKネオフォーク・シーンを牽引する女性シンガー・ソングライターである彼女の、素晴らしい歌声が堪能できます。
しかも可愛い!

The BPA / Seattle feat Emmy The Great




※オマケ
Emmy The Greatが好き過ぎるので、新曲「First Love」もついでに要チェックでよろしお願いします!!
ホント、溜め息が出るほど良いです。可愛いです。

Emmy The Great / First Love



ry01
ry01 CM(0) 


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。