GOOD ON THE DANCEFLOOR

GOOD ON THE DANCEFLOOR
OFFICIAL
Twitter
MySpace(Label)

レーベル/パーティ"GOOD ON THE DANCEFLOOR"のオフィシャル・ブログです。

[ABOUT US]
東京発のレーベル/パーティ。Arctic Monkeysの曲名から名づけられたこの集団は、上の世代には持ち得ない、自らの世代ならではの感覚を証明することを目的として、2007年6月に結成。バンド/DJ/デザイナー/ライター/フォトグラファーなど、現在複数のメンバーによって構成されている。個々での活動に加え、GOOD ON THE DANCEFLOORとしてもイヴェントやパーティーを不定期に開催。2009年秋にはレーベル初のコンピレーションCD『ALT A NATIVE SYNDICATE』をリリースし、国内をはじめ、北米/欧/豪にも配信リリースしている。

contact me :P
info@goodonthedancefloor.com

[NEWS]
2009年9月にリリースされ、日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、熱心な海外インディ・リスナーから、国内新世代インディ・バンド・ファンまで、多方面から絶賛の声を浴びた、東京の新世代レーベル"GOOD ON THE DANCEFLOOR"による、今後活躍が期待される新型バンドを集結させたコンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』。紅一点として参加したNu clear classmateが待望の単独作を遂にリリース!
------------------------------------------------------------
USインディ新世代と共振するサウンドに、コケティッシュな女性ヴォーカルを乗せた、日本発のキッチュな個性。この最新EPでは、Washed OutなどのGlo-Fi、Nite Jewelらが牽引するインディ・シンセ・ディスコ、そして時流のエレクトロ・ポップなどを、軽やかに横断している。わずか半年ほど前にリリースされたレーベル・コンピ収録曲と比べると、目が覚めるほどの音楽的な飛躍ぶり。ただ今メキメキと成長中の新世代二人組に、ぜひ注目を!
-小林祥晴-
------------------------------------------------------------
失礼を承知で正直に言うと、彼女たちがここまでの作品を仕上げてくるとは全く思っていませんでした。日々から逃げ出したい気持ち、マリア様に包まれてただただ安らかに眠っていたいという欲望と、それが叶わざる願いであることが転化した、やすりのような手触りの不機嫌な殺気。2010年に生きていく感覚そのままの音楽です。
-田中亮太(JET SET KYOTO/mogran'BAR)-
------------------------------------------------------------
Nu clear classmate 『Lick The Star』
2010/04/16 ON SALE
GOOD-1002 / including 5 songs 1,300yen (tax out)
1. Blank World
2. Causeless Pain
3. The Nearest Faraway
4. I Know I Know
5. I Leave The Parade Wearing A Dress

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

[NEXT PARTY]
????????????

全ての公演のチケットは予約を受付けております(一部除く)。
予約をご希望される場合は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります。
下記のチケット予約フォームからもお気軽にご予約が可能です↓↓↓


[RELEASE INFORMATION]
【GOOD ON THE DANCEFLOOR】のレーベル部門が、新たに【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】として始動!!!!!! 記念すべき第一弾リリースとして、初のレーベル・コンピレーションCDを2009年9月25日にリリース!!
------------------------------------------------------------
海の向こうの同世代へのシンパシーと、隣り合う君とのディスコミュニケーション。2つの同時代性の狭間で軋む音、火花。青く、眩しい。
-田中亮太 (CLUB SNOOZER / JET SET)-
------------------------------------------------------------
世界と同感覚で進行中の東京インディー・シーンをリアルに感じられる、グッド・コンピレーション! この衝動と感覚を忘れずに、リリースを続けてくれることを期待しています!
-JUN (80kidz)-
------------------------------------------------------------
GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK compilation
V.A. 『ALT A NATIVE SYNDICATE』
2009/09/25 ON SALE
GOOD-1001 / including 10 songs 1,800yen (tax out)
1. To Pieces / AAPS
2. Spin of School / Nu clear classmate
3. Social Evils and a Potato [Hamon Mix] / The New House
4. Jr. / White Scooper
5. Marble Nuts / Nu clear classmate
6. Tailors of OZ / AAPS
7. Up Bends / White Scooper
8. Pale Boy / The New House
9. Marble Nuts [Bamian Remix] / Nu clear classmate
10. Up Bends [Lapin Remix] / White Scooper

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

White Scooper 1st CD 『Thousand Valleys』
2008/06/10 ON SALE
GOOD-001 / including 7 songs 500yen (tax out)
1. C.Farmeres
2. Behind The Lights
3. Ya Ya Ya
4. Proco
5. Vigger
6. Nightram
7. Mornin' Giraffe
Art work by SAFARI.

取り扱い店舗
■JET SET (京都/下北沢)
【HP】【地図】【WEB通販】
■disk union各店
お茶の水駅前店、神保町店、新宿本館B1、下北沢店、吉祥寺店、
中野店、国立駅前店、池袋店、町田店、淵野辺店、稲田堤店、
横浜関内店、横浜西口店、津田沼店、千葉店、柏店
【HP】【店舗一覧】
■Sunrain Records (高円寺)
【HP】【地図】【WEB通販】

チケット予約フォーム
こちらでGOOD ON THE DANCEFLOORの各イベントのチケット予約が出来ます。ご利用ください。

名前:
メールアドレス:
日にち/イベント名:
枚数(質問などもどうぞ):

ブログ内検索
QRコード
QRコード
検索用

we love

!!! 1965 2 Many DJs 24Hour Party People 80kidz 8otto 100s Abake Abraham Cross Adam Sky Adel Air Akufen Alan Ball Air France The Album Leaf Alter Ego Altz Alphabeat Alloverallareover American Amy Winehouse Apparel Anavan ANDREA CREWS Andrew Kendall Andy Warhol Animal Collective Anna Tsuchiya Annie Aphex Twin The Apples In Stereo The Arcade Fire Arctic Monkeys Art-School Asian Dub Foundation Asian Kung-Fu Generation Ash A Sunny Day In Glasgow Atlas Sound At The Drive-In Audion Au Revoir Simone Aus Autechre The Avalanches Avengers In Sci-Fi badly drawn boy Back Drop Bomb Babyshambles Bamian The Band Apart Bang Gang Deejays Basement Jaxx Battles The Bawdies The Beach Boys Beastie Boys The Beatles Beck Beirut Belle & Sebastian Ben Folds Five Benga Ben Sharn Bernhard Willhelm Best Fwends Biff Bang Pow! Big Star The Birthday Bishi Bjork The Black Ghosts Black Kids Black Rebel Motorcycle Club Blast Head Bloc Party Bloodcat Love Blood Red Shoes Blood Thirsty Butchers Tha Blue Herb Blur Boards Of Canada Bonde do Role Bonjour Records Boom Boom Satellites Boredoms Born Ruffians Boys Noize The Boy Least Likely To The Bravery Breakfast Brian Jonestown Massacre The Brixton Academy Broken Social Scene The Buffalo Bunch The Bumblebeez Bump Of Chicken Buraka Som Sistema Burial Bushmind The Buzzcocks Bright Eyes British Sea Power Busy P Cabanne Cajuan Cajun Dance Party Calvin Harris Camera Obscura Cansei De Ser Sexy The Capes Cassette Playa Cat Power Cazals Chaki The Charlatans The Checks Chemical Brothers Chicks On Speed Chris Cunningham Christian Joy Chromeo C.I.A. Cibo Matto The Cigavettes Citizen Clammbon Clap Your Hands Say Yeah Clark Clarky Cat Chim↑Pom The Clash Coachella Coburn Cocorosie Coldcut Cold War Kids Colette Comanechi Comeback My Daughters Converge Corinne Bailey Rae Cornelius Cornershop Cosmic Wonder Cosmo Vitelli Chairlift The Coral Crackhaus The Cribs Creation Records Cristal Castles Crookers CSS Cubismo Grafico Cubismo Grafico Five The Cure Cut Copy DaDa KingZ Dada Life Daedelus Daft Punk Daggers Damien Hirst Dandi Wind Dan Le Sac vs Scroobius Pip Darek Darkel Darren Emerson Datarock Dandy Warhols David Fincher David Lynch David Sylvian Ddjjs Dead Disco Death From Above 1979 Death In Vegas The Death Set De De Mouse Deep Dish De La Soul Delta Sonic The Departure Derrick May Devendra Banhart DFA Diane Arbus Dick Bruna Digitalism Dinosaur Jr Diplo Dirty Pretty Things Dirty Projectors Disco Drive Disco Teenage Kicks Disco Twins Dizzie Rascal Dj Baku Dj Hikaru Dj Kentaro Dj Mehdi Dj Nobu Does It Offend You, Yeah ? Domino Doopees Doping Panda Douglas Coupland Doves Dreadeye Dreamburger Drocie Dubsided Duffy Eater ECD Echo & The Bunnymen ED Banger Editors Edward Gorey Eight Legs Electric President Electrocute Elmo El Presidente Ellegarden Elliott Smith Eminem The Enemy Enlightenment Erase Errata Erol Alkan Exlovers Escalator Records Esg Everybody Else Excuse Me Factory The Faint Fancy Him Fantastic Plastic Machine Fatboy Slim The Feeling Feist Find Gask The Fits The Flamin Lips Flipper's Guitar Fischerspooner Fishmans Fountain Of Wayne First Aid Kit Foals Foreignland Four Tet Fox N' Wolf France Gall Frank Owen Gehry Franz Ferdinand The Fratellis Friendly Fires Fred PEerry The Free Design Freeform Five Fuck Buttons Fuji Rock Festival The Futureheads Future Terror Gang Of 4 Ganban Night Gangway Gas Book Georgie James George Harrison Gildas & Masaya Glass Candy Glastonbury Festival Glasvegas The Glimmers Gnarls Barkley Going Steady Goldfrapp The Good Life The Good,The Bad And The Queen Goose Gorillaz Golden Silvers The Gossip The Go! Team Graham Coxon Green Day Grind House Group Inou Group Of People Guns N' Bombs Hadouken ! Hal Happy Mondays Hard-Fi Hard To Explain Headman The Heavy Henry Darger Henrik Vibskov Herbert Hercules and Loveaffair Herve Hi-Standard The Hives The Holloways Holy Hail The Hoosiers The Horrors Hot Chip Hot Gossip Hot Hot Heat House of Holland i-D Idlewild iLL I Love You But I've Chosen Darkness I'm From Barcelona In Corridors Individual Orchestra Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin The Infadels InK Institubes Interpol i-WARP Jack Kerouac Jack Penate Jackson And His Computer Band Jacques Tati The Jam James Ford James Holden James Jarvis Jamie Lidell Jan Svankmajer Jay-Z Jean Luc Chainsaw Jeff Mills Jence Jerry Jesse Rose Jet Jimmmy Eat World Joakim Joanna Newsom John Lennon Johnny Boy Johnny Foreigner The Jesus & Mary Chain Johann Johannsson Joy Division Julie Verhoeven Junior Senior Justice KAFKA Kaiser Chiefs Kanye West Kap10Kurt Karafuto Kate Nash Kathy Kavinsky Koko Von Napoo KAWS The Kbc Ken Ishii Ken Yokoyama Keith Kerrier District The Killers The Kills Kings Of Convenience Kings Of Leon Kim Kitsune Klanguage Klaxons The KLF The Knife The Kooks Kraftwerk Kris Menace Kunoku Ladyhawke Lady Sovereign Larrikin Love The La's Late Of The Pier Laura Marling Laurent Garnier LCD Soundsystem Le Tigre LFO Liars The Libertines Lightspeed Champion Lillies and Remains Lillica Libertine ! Lily Allen Limited Express(has gone?) Linda Lindstrom Little Barrie The Little Flames Little Man Tate Locksley Lo-Fi-Fnk Long Blonde Lostage Love Psychedelico Love of Diagrams The Long Blondes Los Campesinos! Lost Penguin Love Is All Luke Vibert Lovely Chords The Lowbrows Low Vision Magnus Carlsson Malajube Mando Diao Magistrates Marios Mark Ronson Martin Margiela The Marz Volta Massive Attack Material Boy Matisyahu Matthew Barney Maximo Park Memphis Industries Merlin Bronques Metamorphose Metro Area Metronomy Mew M-flo MGMT M.I.A. Mice Parade Michel Foucault Michel Gondry Midnight Juggernauts Mika Milo? Forman Ninja Tune Miaou Minor Threat The Mirraz The Misshapes Mixrooffice M/M Paris Moby Modeselektor Modest Mouse Mo-dettes Modular The Mogs Mogwai Mondo Grosso Monica Uranglass Monobright The Moog Cookbook The Morning After Girls Mo'some Tonebender Moving Units Mr Been Mr Oizo MSTRKRFT Mu Mum Mumm-Ra The Music My Bloody Valentine Mylo Mystery Jets Nanamine Nathan Fake Nathan Michel Neon Neon Neon Plastix N.E.R.D Neu! New Cassettes New Order The New House New Young Pony Club Nan Goldin Natalie Wood Neon Neon Nigel Godrich Nightmoves Nightmares On Wax Niki De Saint Phalle Nima Nourizadeh Nine Black Alps Nine Inch Nailes Ninja Tune The Novembers Noze No Age Nu Clear Classmate Nujabes Nyantora Nylon Oasis Oceanlane Ogre You Asshole Olav Basoski Oldenburg Opera Operator Please Optimo The Ordinary Boys Orange Juice The Orb Oskar Fischinger Ox.Eagle.Lion.Man Pacific! Pam Para One Pains of Being Pure at Heart Passions The Pastels Patrick Wolf Pavement Payback Boys Peaches Pedro Winter Pepe California Peter Bjorn And John Peter Saville Peter Max Pet Shop Boys Pharell Williams Phoenix Phantom Planet Phones Pig Radio the pistolas The Pipettes Pixies Placebo Plan B Polysics Poney Poney The Pop Group Pop Levi Portishead Postal Service Prefab Sprout Prefuse 73 Pre-School The Presets Primaly 1 Primal Scream Prodigy Prototypes Psapp Punks Jump Up Queens Of Noize Quentin Tarantino Quiero Club The Raconteurs Radiator Radio 4 Radioclit The Radio Dept. Radiohead Radio Slave Radwimps The Rakes Raphael Just The Ramones The Rapture R.E.M. Ratatat Rauschenberg Rat:att:agg RayGun Razors Edge RazorLight Regina Spektor Rei Harakami Remi Nicole RE:RE:RE:mojojo Resfest Reverend And The Makers Revl9n Rex The Dog Ricardo Villalobos Richard Linklater Richie Hawtin Riddim Saunter Ride Riot In Belgium Ripchord The Robocop Kraus Robot Needs Oil The Roconters Ron Sexsmith The Roots Rough Trade Rosenquist Rovo The Royal We Rubies Royksopp Roy Lichtenstein Rub N Tug Ryan McGinley Rye RyukyuDisko Saam Faramand Saddle Creek Safari Santogold Sasha Savath & Savalas Scissor Sisters Scott Herren Scouting For Girls Scuttle Scritti Politti SebastiAn Sex Pistols The Shakes Shirokuma Shitdisco The Shoes Sigur Ros Simian Mobile Disco Sinden Sing02 Skream Sleater Kinney The Slits Slowly Downward Smashing Pumpkins The Smith Smith N Hack Snoozer Snow Patrol Sofia Coppola Soft The SoftLightes Soft Tigers Solid Groove So Me Something Else Sonic Youth Soulwax Sound Team Space cowboy Spank Rock Spalta Locals The Specials Special Others Spike Jonze Spiler The Spinto Band Squarepusher Stars Stefanie Schneider Stereo Tennis Steve Aoki The Streets Strip Steve The Strokes The Stone Roses Struggle For Pride Studio Voice Studio 4℃ Sub Pop The Subways Suede Sufjan Stevens Sugiuramun Suicide Summer Sonic The Sunshine Underground Supercar Super Furry Animals Superglass SUPER SUPER Supersystem Surkin The Suzan Switch Syrup 16g Tacteel Takagi Masakatsu Talking Heads Tahiti 80 Tangerine Dream Taikoclub Teenage Bad Girl Teenage Fanclub The Teenagers Teki Latex Telefon Telepathe Tel Aviv The Telephones Television Tepr Theoretical Girl Terry Roison Terry Zwigoff Test Icicles These New Puritans Tomas Andersson Tommy Guerrero Thomas Bangalter Thomas Brinkmann Thom Yorke Those Dancing Days Thieves Like Us Tiga Tilly and the Wall Tim Deluxe The Ting Tings Tokyo Police Club Tomas Andersson Tom Middleton Tommy Guerrero To My Boy Tom Ze Tortoise Trafalgar Trash Fashion Travis TTC The Twang Twisted Charms Two Gallants Uffie Ultra Brain Unchain Undercover Underworld U2 Vampire Weekend Vanessa Van Basten Van She Vanshe Technologic Valerie Phillips Vermilion Sands The View Vanity The Velvet Underground Vermilion Sands The Verve The Vines Vincent Markowski Vinyl Junkie Vitalic Von Sudenfed V∞REDOMS Wagon Christ The Wannadies Warp We Are Scientists Weezer Wes Anderson We Start Fires The Whip White Scooper The White Stripes The Whitest Boy Alive Whitey The Who Why? Wichita Wigs Wild Beasts Wire Wolfgang Tillmans XL XTC Yanokami Yatt Yeah Yeah Yeahs Yellow Magic Orchestra Yelle Yo La Tengo Yonderboi Young Lovers Yppah YSP Yuksek Zongamin Zutons 赤犬 浅田次郎 浅野いにお あふりらんぽ 伊坂幸太郎 石野卓球 稲葉英樹 宇川直宏 羽海野チカ 大沢伸一 小沢健二 大竹伸朗 尾田栄一郎 おとぎ話 大人計画 小山田圭吾 棚田康司 ギターウルフ 銀杏Boyz 草間弥生 クラムボン くるり ザ・クロマニヨンズ 小池桂一 サイプレス上野とロベルト吉野 桜井鈴茂 佐藤秀峰 サニーデイサービス 鹿野淳 渋さ知らズ 清水祐也 しりあがり寿 信藤三雄 砂原良徳 スーパーカー スチャダラパー スマーフ男組 曽我部恵一 相対性理論 田島一成 田名網敬一 田中宗一郎 谷川俊太郎 電気グルーヴ 東京事変 タカノ綾 タナカカツキ 田中フミヤ チャットモンチー 谷岡ヤスジ 長尾謙一郎 中込智子 仲真史 中村一義 奈良美智 野田努 ノンポリラジカル ハイロウズ ハナレグミ 髭 藤子不二雄 ブルーハーツ フルカワミキ 古谷実 堀江博久 前野健太 ゆーきゃん ゆらゆら帝国 横尾忠則 松本大洋 村上春樹 珍しいキノコ舞踊団 森見登美彦 やけのはら ラーメンズ リリー・フランキー

T.H.A.N.K.S.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

4月の終わり
chocolat.jpg

ピンク色のふわふわした時期があっという間に終わって
なんとなく地に足がついてきた最近
沢山沢山おもしろい人にかこまれてるって実感する。
かっこいい人も素敵な人も沢山。

そういう人たちと触れあっていられるのはとっても幸せなことなんだよって
もっと自分に言い聞かせたい。

まだ春の雰囲気が自分の中で抜けきってないせいか
今とっても楽しいって思えてることが、どこかひらひら飛んでっちゃう気がする。
するするってなくなっちゃう気がする。

そのまんまフリーズさせて箱の中にしまえればいいのに。

でもやっぱりそんなことできないから
魅力的なんだろうし、やめられないんだろうな。


O2カフェ、本日のスイーツはガトーショコラでした:3♡

saki
スポンサーサイト
saki CM(0) 

ARTIST FILE 2009
p_bogers_tuf


あいーZakです。
現在国立新美術館で開催されている
「アーティスト・ファイル 2009」
という展覧会に行ってきました。

国内外で活動している作家からスタイル関係なく学芸員注目の作家を集め紹介するというもの。
今回で2回目みたいですが初めて行きました。


2回目となる今回は

Peter BOGERS
平川滋子
石川直樹
金田実生
宮永愛子
村井進吾
大平實
齋藤芽生
津上みゆき

の9名。


僕は津上みゆきさんとピーター・ボーゲルスの作品が面白かった。


津上さんの作品は抽象表現主義ぽいんだけど、でもやたら質感とかズームイン/アウト感がある!
…と思っていたらどうやらこれは全部風景の記憶らしい。なるほど。
今回の展覧会の中で持って帰りたい作品を決めるとした、それは彼女の作品のうちのひとつです。


ボーゲルスの作品はこの展覧会唯一の映像作品。
同時に複数の映像が映し出される作品"Shared Moments"は
神的な第三者的複眼目線。
他人事だと思って楽しく眺めている時間と、
こちらと直に繋がってしまうゾッとする瞬間との落差でドキドキ。

"The Unified Field"は音を効果的に使った作品。
実際に会場を歩いてみると面白いことが。
(そしてその歩いている鑑賞者ごと眺めてみるのもよし)

人間が地球上に大量にいて、自由だから好き勝手バラバラに動いてるつもり、なんだけど
実際本当にそうなの??なーんて思ってしまうような映像&音声コントロールによる演出。
映像自体がYouTube的にありふれているだけにこのちょっとの操作が非常に面白い。

Peter Bogersのサイト
http://www.peterbogers.com/
"The Unified Field"もあなたのコンピュータからちょっと体感できます。
http://www.peterbogers.com/work/Installations%20sculpture/2006_UnifiedField/UnifiedFieldVideopag400X336.htm



アーティスト・ファイル2009
2009年3月4日(水)~5月6日(水)
毎週火曜日休館 ※ただし5月5日は開館
開館時間
10:00から18:00まで

・『アーティスト・ファイル 2009』 国立新美術館サイト内特設ページ
http://www.nact.jp/exhibition_special/2009/03/af2009.html


Zak
テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術
Zak CM(0) 

かさびあんええやん
kasabian.jpg

やあこんばんは!ry01です。
Kasabianの新曲「Vlad the Impaler」のビデオがいつの間にやらYOUTUBEにアップされていますね!

グルーヴィー且つサイケデリックなビッグ・ビートと、テロリスト風の怪しいジャケットで一躍話題を呼んだデビューから早5年、彼らにとっての3rdアルバム『West Ryder Pauper Lunatic Asylum』のリリースを目前に控え、<SUMMER SONIC 09>にも室内ステージのヘッドライナーとして来日が決定するなど、再び活動が活発になってきました。
ほぼ毎年欠かさず来日している親日家でも知られる彼らは、自分もこれまでに4回ほどライブを観たことがありますが(自分のようにフェスで何度も観てる人は結構多いのではないでしょうか)、ここ最近の<SUMMER SONIC 07>と<FUJI ROCK FESTIVAL 2008>でのパフォーマンスは正に圧巻のものでした!
スタジアム・ロック好きとしては、圧倒的なパワーでねじ伏せる彼らのビッグなロックにメロメロなわけです。

今回の新曲も、今までの路線通り、そのまんま初期のThe Chemical Brothersなのですが、大手を振って戦車のごとく闊歩するマッドなブロック・ロッキン・ビーツは、腰を揺らして踊る事に関してはやはり即効性抜群。
これはアルバムも楽しみです!

Kasabian / Vlad the Impaler




全然関係のない話ですが、
26日の日曜日はThe New HouseThe Suzanを観に下北沢Daisy Barに遊びに行きます!
遊びに行かれる方は会場でお会いしましょう!このイベントです。


ry01
ry01 CM(0) 

新世代アメリカン・ポップ・クイーンの座は誰の手に!?
urban.jpg

やあこんばんは!ry01です。
今回は、自国のみならず世界のメインストリームを魅了する、3人の新世代女性アメリカン・ポップ・スターの話題!


何故今回こんな話題かというと、年初に発表された、イギリスの国民的ラジオ局<BBC>が選んだ「Sound of 2009」にてLittle BootsRa Rouxといった女性アーティストたちが上位を占めていたように、ここ最近のトレンドとして、80'sエレクトロ・ポップを装った女性アーティストの台頭というのがありますが、猫も杓子も似たようなヨーロッパ圏のエレクトロ・ポップに食傷気味だった自分にとっては、R&Bやヒップホップをはじめとしたアメリカ産のアーヴァン・ポップのほうが断然面白いよなー、と思うわけです。

そんな中、Metronomyのジョセフ・マウントやFranz Ferdinandのアレクッス・カプラノスといった00年代を代表するポップ・ミュージシャンたちが、何かのインタビュー内で「下手なインディ・バンドのギター・ロックより、お茶の間のテレビやラジオで流れるメインストリームのR&Bのほうがよっぽど音楽として先鋭的だ」と口を揃えて語っていたのが印象的だったのですが、古くはMADONNA(そもそも80'sエレクトロ・ポップを現代に蘇らせたのは、彼女の05年作『Confessions on a Dance Floor』のはず)から、00年代以降もMissy EliotBeyonce、最近ではRihannaEstellといった実力派女性アーティストたちが世界のチャートを席巻しているように、彼女らは革新的なサウンド・プロダクションと身に纏い、時代の先を行くアーヴァン・ポップによって世界のメインストリームをその度に鮮やかに更新していったものです。
その流れだと、Britney Spearsの作品などを手掛けているStargateがプロデュースした、宇多田ヒカルのUtada名義による最新作『This Is The One』も、アメリカのモダンR&B路線を踏襲する、なかなかの力作でしたね。

というわけで今回は、現在最も世界から注目を集める3人、
Lady GagaとKeri HilsonとKaty Perryを改めてピックアップ!

ladygaga_.jpg

まずは、つい先日、UKのシングル&アルバム・チャートを見事に同時制覇したLADY GAGAの話題から。

個人的に、今夏の<SUMMER SONIC 09>での隠れ大本命として期待を寄せる彼女は、「US版・安室奈美恵」とでもいうべき、ニュー・エレクトロ・ムーヴメント以降の派手なロッキン・エレクトロ風R&Bトラックと、絡み付くような艶めかしいヴォーカルが特徴的。
昨年末にリリースされたデビュー作『The Fame』も、けたたましく鳴り響くハイブリッドなシンセ・フレーズが強烈な「Just Dance」「Lovegame」や、Paris Hiltonの「Stars Are Blind」にも似たリゾート風トロピカル・ポップ「Eh, Eh (Nothing Else I Can Say)」、Amerieの名曲「1 Thing」を彷彿させるダイナミックなドラム・パターンが印象的な「Beautiful, Dirty, Rich」、エレクトロ・ハウスの代表格Space Cowboyと飛ぶ鳥も落とす勢いの売れっ子ギャングスタ・ラッパーFLO RIDAをゲストに迎えた「Starstruck」などなど、なかなか良い曲が多いです。

しかし、自分の周りを含めどうも日本ではイマイチ盛り上がっていない様子で、ちょっぴり寂しい想いをしていたものですが、ななななんと、GOOD ON THE DANCEFLOORの名前の由来ともなったバンド、Arctic Monkeysが彼女の代表曲「Poker Face」を最近カヴァーしたという情報をゲットし、「さすがアレックス・ターナーはわかっていらっしゃる!!」と思わずガッツポーズを決めてしまったものです。
そう、この曲はとても良いんですよ。リリックも素晴らしい!

Lady Gaga / Poker Face






kerihilson_.jpg

続いては、「女性版Ne-Yo」とも称されるKeri Hilson(ケリー・ヒルソン)をご紹介。

元々はソングライター/プロデューサーとしてMary J. BligePussycat Dollsらへの楽曲提供やバッキング・ヴォーカルとしての参加など、これまで裏方としてアメリカのメインストリームを支えてきた彼女は、その後TimbalandNasといったトップクラスの男性アーティストにフィーチャリング・ヴォーカルとして招かれること数曲、下積み経験を経て遂にソロ・アーティストとしてデビューをする運びとなったというわけ。
3月末にリリースされたデビュー作『In a Perfect World...』は、Timbalandが自らプロデュースの指揮を取り、さらには08年度グラミー賞にて最多ノミネートされたLil Wayneをはじめ、Keyshia ColeAkonなど、現代のアーヴァン・ポップ・シーンをリードする面々のゲスト参加により、デビュー作にしてかなり濃厚な仕上がり。

その中でも、業界トップクラス中の最トップ・アーティストKanye WestとNe-Yoが参加した「Knock You Down」は白眉の出来で、トリッキーな最新型メロウR&Bを聴かせてくれます。

Keri Hilson ft. Kanye West & Ne-Yo / Knock You Down






katyperry_.jpg

さてさて随分長くなってしまいましたが、最後は、
5月に行われるMTVが主宰するミュージック・ビデオの祭典<VMAJ>への来日出演が決定しているKaty Perry

昨年末に発行されたGOOD ON THE DANCEFLOORによる初のフリーペーパー<GOOD MAG.>にて、彼女のデビュー作『One Of The Boys』がギリギリ滑り込みで100位にランクインしていたので憶えていらっしゃる方もいるかもしれませんが、あれは半分僕の意地でランクインさせました笑
世界16カ国で1位、全米シングル7週連続1位、全英シングル5週連続1位という、昨年夏にリリースされた「I Kissed A Girl」が世界的に大ヒットを飾り、その曲中にて歌われる「女の子にキスしちゃった/そしたら気持ち良かった」というレズビアン的なキワどいリリックに女子も男子もお茶の間もPTAも話題騒然、さらにその様子を見て大先輩Madonnnaまでもが「お気に入りの新人」として期待を寄せるほどに。
その後にリリースされた前述したデビュー作では、アメリカン・アイドル・ロック然りとした、太陽をたっぷりと浴びた清涼感溢れる楽曲が大半を占める中、ここでも彼女のリリシストとしてのセンスは大爆発。
ハツラツとしたパワーッポップ調のタイトル曲では、「私は男たちの物になりたくなんてないの/だからチャンスをちょうだい/今夜それを証明してみせるんだから/私は一人の女の子でありたいの/パールみたいに煌くんだから/男たちの物になんて絶対になりたくないわ」と男性の尻を蹴飛ばす勝気な女の子を、
名バラード曲「Thinking Of You」では、「私は別の彼と一緒にいても/あなたのことをいつも考えてしまうの/あなたは私にとってたった一人の存在だった」と過去を悔やむ弱気な女の子を、
といったように、一見男勝りに見えて実は誰よりも乙女な心を持つ、破天荒な女の子の二面性のある心象風景をうまく描き切っていて、リリックをチェックするだけでもかなり楽しめます。

<MODULAR>風のエレクトロ・ポップ曲「Hot n Cold」でも、
冒頭から「あなたって人間は、女の子が自分の服装に悩むみたいに、気持ちがコロコロ変わる人ね」と意志のハッキリしない軟弱男を一蹴し、さらに「あなたは一つの場所に留まろうとしない/早くここから出て行ってちょうだい」というフレーズが続き、うひゃー、これは世の草食系男子は肩身が狭くなってしまうこと請け合いですね。
自分が女の子だったら間違いなく彼女の世界観に入れ込んでいると思います。
女子の皆さんは特に要チェックですよ!

Katy Perry / Hot n Cold
ry01 CM(0) 

ABCDEFGHIJKNCC
ncc3.jpg

やあこんばんは!ry01です。

すでにsakiとZak(ブログおひさ!)がイベント・フォトとビデオをアップしてくれましたが、
先週土曜日はThe Brixton Academyのリリース・パーティーでした!
この日はGOOD ON THE DANCEFLOORからNu clear classmateも参加させて頂きましたが、遊びに来てくださった皆さん、本当にありがとうございます!!!!!!
自分も皆さんと一緒にThe Brixton Academyのリリースを祝えたことが光栄ですし、
一参加者としても、本当に素晴らしいリリース・パーティーだったと思います。
AAPSFARON SQUAREといった個性溢れる最新型ニューウェーヴ・バンドが揃ったラインナップにしても、日本の最新インディをリプリゼントする意味で、とても重要なパーティーだったのではないでしょうか!

我らがNu clear classmateはというと、フロアでのゲリラ・ライブということで、
相変わらずライオットなパフォーマンス!
歌って踊って叫んでヒゲダンスし、さらにOMOCHIさんが怪しくハイブリッドなVJでまくし立て、もうやりたい放題。
当日、自分はDJブースからビデオ撮影をしていたのですが、Zak君がアップしてくれた「tindra」に続き、
「The Third Week」のライブ映像もすでにアップされていますので、是非是非チェックしてみてください↓↓↓
暗闇ライオットー!!

NCC×OMOCHI "The Third Week" at MARZ 18/04/09



sakiが撮影したイベント・フォトもチェックチェック!!
きっと貴方も写っているはず◎

■GOOD ON THE Flickr
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03/sets/72157616938892293/

☆オマケ☆
名物ギタリストの夢の共演
yonefuji.jpg



The Brixton Academyの素晴らしいリリース・パーティーに刺激受けまくりの今日この頃、
さてさて、GOOD ON THE DANCEFLOORもいよいよ次のパーティーの開催が決定しました!
次回の日程は6月26日の金曜日!!
1月の代官山UNITでの【Niw!】コレを経て、GOOD ON THE DANCEFLOORのパーティーが遂に新宿MARZに帰還!!!!!!

すでにWEBサイトとMYSPACEでは一足先にラインナップが一部発表されていますので、
是非是非要チェックしてみて下さい↓↓↓

■MYSPACE
http://www.myspace.com/goodonthedancefloorjpn
■HP
http://www.goodonthedancefloor.com

そしてZak君も書いていましたが、6月のパーティーの前の5月に、GOOD ON THE DANCEFLOORはちょっと新しいことをします。
詳しくはまた後日このブログでも発表しますので、どうぞお楽しみに!!


ry01
ry01 CM(0) 

寿司食いたい
ひさびさのZakです。
18日のTBA release party来てくれたみなさまありがとう!
ちょっと酒がまわって気持ち悪かったんですけど最高でしたなーー
(あんまり記憶ないけど)
sakiが撮った写真が面白いので見てね
www.GOODONTHEDANCEFLOOR.com

これry01撮影の動画

暗い・・・
VJのOMOCHIさんのプレイがすんごい良いのでライブで是非見て欲しいな

それとthe brixton academyのCDどんどん売れてるようなので、気になる方は早めにゲットしたほうが良さそう。
枚数限定みたいなので!


さて5月のGOOD ON THE DANCEFLOORはちょっと新しいことします。
詳細は後日!


Zak
Zak CM(0) 

ぴんくのぞうくんくもがすき
ncc1.jpg

Flickr
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03/sets/72157616938892293/

今日はひさしぶりの雨でしたね。
heavy rain. 重たいよね。雨粒が重たい。

うちは傘に縁がないので、買っても買っても消えてしまいます。
傘に愛着がないからいけないのかしら。
毎日雨だったけど傘持たなくてよかった日々を懐かしく思います。

荷物は少ない方がいい。
日常生活でも旅行中でもそれは同じ。
トランクは空きがないと何にも詰められなくなってしまうものね。

いっぱいになってしまったトランクはどうしたらいいのかという疑問。

荷物を捨てるか、ケースを増やすか、トランクを大きくするか。
捨てるのも増やすのも、大きくするよりは簡単だろうな。
知らないうちになくなってるものもあるしね。

トランクを大きくするってことは
それまで自分が「これでちょうどいいだろ」って思ってたこと
大きさ、形、重さ、デザイン
それを変えなくちゃいけないってことであって
それはやっぱり大変なことだと思うのだよね。

動機であったり、意気込みであったり、あるいは他に選択肢がないのかもしれないけれども。

難しい。
でもやっぱり、自分の力量を超えたトランクは持ち運べないんだよなーと感じます。


クランキーチョコレートには中毒性があると思う。

saki
saki CM(0) 

審判の時
どうもd3e43b2243d313fc.jpgです。

TBAのリリースパーティーHighでした
有給使って良かった!

MARZのアクエリアスを平さんにもらった
鬼アクエリアスでした!
あんなに優しくないアクエリは初めてです。。。

その後はいつものコーラにシフトですがテンションは↑↑↑↑です

今回も怒られた、私・社会人・もうすぐ24.。。


最近は出費が多く今日も手持ちがなかったがカードを召喚しようかと思ったが
MPが足りず召喚を断念。。。結果的には良かったのです。

25日にMP回復予定

今日はこれを見てHP回復に努めよう

私の明日へのバイブル「ざ・ラーメンズ」!!



今回は短いので2本

fuji5y CM(0) 

明日新宿で一緒に踊ろうよ!!!!!!!!
ついに!!!!!!!
明日!!!!!!!

1112212147_239m.jpg

2009/04/18(SAT.)
The Brixton Academy presents
New CD『TBA』Release party
@Sjinjuku MARZ

OPEN/START 18:00
ADV 2000yen DOOR 2300yen +1DRINK
【Bands】
The Brixton Academy
Nu clear classmate
FARON SQUARE
AAPS

【DJs】
oi oi oi on!!!
カジヒデキ

【VJ】
#9
OMOCHI

NCC×OMOCHI
見逃さないで!!!!

楽しみしててください!!!
またまた NCC やらかします!

サンプルCDも持っていきますので
是非受け取ってください!!!

明日会えるの楽しみ!!!!!!

99.jpg

↑このマークが何かだなんて
明日来ちゃえば分かりまーす にひひ;)



CHICK



chick fish CM(0) 

Deerhunter来日!やっほーい!!
deerhunter_.jpg

やあこんばんは!ry01です。

今回は、つい先日、6月に来日が決定したばかりのDeerhunterの話題!!

deer_akron720.jpg

昨年末にリリースされた、彼らにとっての3rdアルバムであり、現在のアメリカン・オルタナティヴ・シーンの金字塔とでも言うべき『MYCROCASTLE』は、GOOD ON THE DANCEFLOORによるフリーペーパー<GOOD MAG.>の「2008年ベストディスク特集」にて8位に選出されるなど、軒並み各音楽誌・WEBサイトにてベスト・アルバムに選出されるほどの大傑作となりました。
そのときのレビューで、
「プレイヤーの再生ボタンを押した瞬間、まるで深い霧に包まれた迷いの森の奥深くから風に乗ってゆっくりと聴こえてくる葉と葉の擦れる音のような、湿り気のあるサイケデリックなギター・サウンドが一瞬で体内にすーっと入り込んでくる。そして森はこう囁きかける。「こっちにおいで/こっちにおいで」と。ATLAS SOUNDとしてもソロ作を発表したブラッドフォード・コックスが率いる、アトランタ出身のDEER HUNTERの3作目は、草食動物になったSONIC YOUTHとでもいうべき心地良いやわらかなフィードバック音に覆われている。深くリヴァーブのかかったアルペジオが描く、触れたら消えてしまいそうな幽玄とした摩訶不思議な世界観は、ときにピアノや鉄琴などを織り交ぜ、やさしく耳元で鳴り響く。ブラッドフォードの魅惑的なサイケな歌声とキャッチーなメロディー・ラインも非常に素晴らしい。<4AD>から7INCHでリリースされた「NOTHING EVER HAPPEND」は、思わずキッズもガッツポーズな名オルタナ曲。ホント、かっこいい。」
と自分も述べていたように、彼らのサイケデリックなフィードバック・ギター・サウンドに魅了されてしまった方も多いはず!

そしてこの度、Spiral Chord54-71といった国産オルタナティヴ・ロック・バンドや、GANG GANG DANCEWOMENといった世界の個性派インディ・バンドをリリースするレーベル<contrarede>の招聘により、Akron/Familyとのカップリング来日ツアーが実現!!
Akron/Familyもサイケデリックなフリーフォーク/プログレッシヴ・ロックを鳴らす要注目バンドなので、これは共に見逃せません!!
(といっても、自分はDeerhunterのみが出演する6/4のo-nestでの公演を観に行くのですが)

Deerhunterの最新ライブ映像がほぼ丸ごと観れる動画を発見したので、これを観てライブ当日まで予習しておきましょう!

Deerhunter Live @ Noise Pop 2009



contrarede presents
DEERHUNTER & AKRON/FAMILY
Japan tour 2009

■DEERHUNTER & AKRON/FAMILY
6/8 (mon)
Shibuya, O-west (03-5784-7088)
DEERHUNTER / AKRON/FAMILY
open 18:00 / start 19:00
adv 5,000yen / 5,500yen (without drink)
PIA(P: 322-857), LAWSON(L: 76277) ,
e+ (http://eplus.jp)

6/9 (tue)
Osaka, FANDANGO (06-6308-1621)
DEERHUNTER / AKRON/FAMILY
open 18:00 / start 19:00
adv 5,000yen / 5,500yen (without drink)
PIA(P: 322-861), LAWSON(L: 51896) ,
e+ (http://eplus.jp)

■DEERHUNTER other show
6/4 (thu)
Shibuya, O-nest (03-3462-4420)
DEERHUNTER / and more…
open 18:00 / start 19:00
adv 3,800yen /4,300yen (without drink)
PIA(P: 322-897), LAWSON(L: 76280),
e+ (http://eplus.jp)

6/5 (fri)
Kyoto, METRO (075-752-4765)
DEERHUNTER / and more…
open 18:00 / start 19:00
adv 3,800yen / 4,300yen (without drink)
PIA(P: 323-191), LAWSON(L:52455 )

6/7 (sun)
Nagoya, K.D Japon (052-251-0324)
DEERHUNTER / and more…
open 18:00 / start 19:00
adv 3,800yen / 4,300yen
PIA(P: 322-932), LAWSON(L: 45615),
e+ (http://eplus.jp)

■AKRON/FAMILY other show
6/10 (wed)
Nagoya, APOLLO THEATER (052-261-5308)
AKRON/FAMILY / and more…
open 19:30 / start 20:00
adv 3,800yen / 4,300yen (without drink)
PIA(P: 323-009), LAWSON(L: 45622) ,
e+ (http://eplus.jp)

6/11 (thu)
Kyoto, METRO (075-752-4765)
AKRON/FAMILY / and more…
open 18:00 / start 19:00
adv 3,800yen / 4,300yen (without drink)
PIA(P:323-195 ), LAWSON(L:52463 )

6/12 (fri)
Shindaita, FEVER (03-6304-7899)
AKRON/FAMILY / and more…
open 18:00 / start 19:00
adv 3,800yen / 4,300yen (without drink)
LAWSON(L: 77460 )


ry01
ry01 CM(0) 

右見て左見て右見て進め
こんばんは、tachiです

今日は、人生何があるかわからないなって事を書きます


今日(もう昨日になりますが)道を歩いていて、まだ横断歩道に足を踏み入れる前でしたが信号が赤になりそうだったので、少し迷いましたが小走りで渡りました

するとその10秒後


「どっっしゃ~ん!!   ゴロゴロゴロ!」


後ろを振り返ったら、さっき渡った横断歩道に車が横転していました

車と車が衝突したようです


先に渡ってたからよかったものの、次の信号待っていたらOUTでした

ちょっとゾッとしました


あと、僕も車の免許は持っているので運転気をつけよ~って思いました。

そこで思い出したのですが、数年前に名古屋市にはこんなポスターがありました


「交通ルールにオレ流は、ない!!」

っていうので、ポスターには中日の落合監督が大きく載ってたのですが、そのポスターの端の方に



「野球は9回の攻防でゲームセット、人生は飲酒運転とスピード違反でゲームセット」



これちょっと面白いですよね、本当は笑っちゃいけないんですけど・・。



まぁとにかく世の中いつ危険が降りかかってくるのかはわからないので、皆さんも外に出たときには気をつけましょう


ではおやすみなさい




tachi CM(1) 

サンデー長澤火曜日更新の巻
人間ってうちのめされたときとか壁にぶちあたったとき自分を非議する。


でも今までのこととか自分が進んできた道を後悔するよりも、誇らしくおもったほうがいいと思うんだ。 どんなことであれどんな自分であれ。

自分で自分の価値はさべるべきじゃないよ。 自分が評価してあげないと、今の自分がもったいないし否定になっちゃう。

自分をだめにするのも良くするのも、環境とかは関係すると思うけど結局は自身の気持ちの持ちようでしょ。

山より大きな猪はでないんだって。

何かにぶち当たったときに
『モウダメダー』

なんて思うけど、実はすごい小さなことなの。


構えて越えられないことはなかなかないんだよ日々の中に。
私は決してポジティブなんかじゃないよ。
ただ自分自身を否定したくないだけ。
口にだしてみて勇気づけて自分の背中を押してあげてるだけ。
人になにか言われるより一番勇気づく。


今考えてること、行動してること、こうして日々を送ってることは自分だからこそなんだからマイナスに考えることなんて何もないよ。

作り上げてきたものって他人にはわからなくてもとっても価値あるものだとおもうし。

あー今日は天気が最高にいいなー

とか


風が気持ちー


とか


レタスがお買い得だ

とか


幸せにおもうことってたくさんあるんだよね実は。

そーゆう気持ちも日々大切にして感じてあげて。

自分を追い込まないでもっと自分を大切にね。

逃げ道なんていくらつくってもいいんじゃないかと思うけど。
一本道よりたくさんある方が選択肢も広がるし。無理に自分を追い込む必要なんてないよ。

お先真っ暗っていうけど。 当たり前。
作ってくんのは自分なんだから。

先がみえてるほうが少ないでしょ。

だから今があるんでしょ?

動く力が存在するんでしょ?

泣きだいときは泣け
ばいいし

笑いたいときは思う存分笑えばいいし


悩むときはとことん悩めばいい

人生はシンプルでいい。

前に進むには前をちゃんと向く。


他人と比べる前に自分に負けない努力をしてみる。


みんな弱いの。

でも出来るはずなの。

大丈夫


大丈夫。


hana CM(0) 

お久しぶりです!
どうも4765787f69430f44.jpg
です。

今日も天気がいいな馬鹿野郎
おかげで財布の紐が緩みっぱなしですタイ!

初夏ですなぁ~

ほほ笑みの国「タイ」が大変なことになってますね!

あそこは面白い国だよぉ!
4年前ぐらいに行ったけど笑ったね!


・・・そっちのほほ笑みかぁ~い

・・・

・・・

・・・

取り乱しました・・・てか今の分かるかなぁ!?

会社には新人が入ってきたらしいけど一度も見ていません

なので私はまだ新人です⇒ニートって職業ないかなぁ

今週お誕生日の人おめでとう⇒なんか知り合いでいっぱいいるんでまとめちゃいましたw

私からのささやかなプレゼントを「ざラーメンズ」



お誕生日なのにこわぁ~
fuji5y CM(0) 

T!!B!!A!!
090406-003.jpg

やあこんばんは!ry01です。
怒涛の連続更新ですよ!!

先日もこのブログでお伝えした通り、
GOODメンバーも大リスペクトする東京最新型ニューウェーヴ・バンドThe Brixton Academyが、
去る4月8日に新作EPにして初の全国流通盤『TBA』をリリースしました!!!!!!
写真はタワーレコード新宿店での展開ぶり。うおお!これはアガります!!

The Brixton AcademyとはGOOD ON THE DANCEFLOORを立ち上げた当初から関わりがあり、White Scooperを自身をイベントに呼んで頂いたり、昨年秋にはコラボレーション・パーティー【DISCO! DISCO! DISCO!×GOOD ON THE DANCEFLOOR】を共に行うなど、最も交流のあるバンドの一つなので、こうやって彼らの作品が全国のCDショップに並んでいるところを見ると非常に興奮します!!

10連の視聴機のトップですよ@タワーレコード新宿店
090406-002.jpg

バウンシーなベース・ラインが特徴的な、怪しげな夜の幕開けを感じさせる「Stranger」、
ドリーミーなシンセ・フレーズがポップに鳴り響く、情熱的な「Turn Around」、
高揚感も甘酸っぱさも含まれた、深夜のクラブで繰り広げられるドラマを描いた「Night Club」という、
ライブでもお馴染みの3曲+αが収録されたこの作品は、これまでに彼らにライブに足を運んだ経験のある早耳リスナーにとっても、国内のギターロック・ファンにとっても、海外最新インディ/エレクトロを追いかけるキッズにとっても、日本に住む音楽リスナーとしては正に激マストな一枚!
彼らのように、海外の最新インディに影響を受けた音楽を鳴らすバンドの作品が、こうやって大展開されている様子はなんとも痛快で、新たな日本のインディ・ロックの始まりを感じさせます。

こちらはJET SET下北沢店の様子↓↓↓
090406-005.jpg

おっ!なんとWhite Scooperの『Thousand Valleys』も一緒に並べられていますよ!
さらにお隣はHandsomeboy Techniqueのアルバムだったので、これには大興奮!!

JET SETで購入すると、限定特典として『NIGHTCLUB REMIXES』がゲットできるのですが、
The Brixton Academyを代表するアンセム「Night Club」を、
80kidzのJUNさんによる新ユニットTiny Bit Associatesがダークなチップ・チューン風に、
同名義による別リミックスではトロピカルなパーティー・ポップ風に、
そしてTHE PEGASUSSPassion Pitを彷彿とさせるドリーミー・シンセ・ポップ風に、
さらにGAPE!がアシッドなハード・ミニマル風に料理していて、それぞれを聴き比べるだけでかなり楽しめます!

JET SET限定特典に関してはコチラ


090418_20090402045209.jpg

というわけで、『TBA』が激マストなのは言わずもがな、来週末にはリリース・パーティーも行われます!
この日は東京最新インディ/エレクトロ・バンドが大集結!!!!!!

2009/04/18(SAT.)
The Brixton Academy presents
New CD『TBA』Release party
@Sjinjuku MARZ
http://www.marz.jp/html/news.html
OPEN/START 18:00
ADV 2000yen DOOR 2300yen +1DRINK
【Bands】
The Brixton Academy
http://www.myspace.com/thebrixtonacademy
Nu clear classmate
http://www.myspace.com/nuclearclassmate
FARON SQUARE
http://www.myspace.com/faronsquare
AAPS
http://www.myspace.com/tuneaaps
【DJs】
oi oi oi on!!!
カジヒデキ
http://www.myspace.com/hidekikajiofficial
【VJ】
#9
http://season9.xxxxxxxx.jp

この日はAAPSやFARON SQUAREといったGOOD ON THE DANCEFLOORお馴染みのバンドたちも、皆でリリースを祝いに駆けつけます!
GOOD ON THE DANCEFLOORからもNu clear classmateが出演!!
そしてVJでは、【Niw!コレ】でも素敵なVJで会場を盛り上げたOMOCHI氏が参戦決定です!
フロアライブならではの、ライオットなパフォーマンスがこの日も爆発なるか!?

というわけで、この春一番のマスト・パーティーになることは間違いないので、日本の最新インディロック・ファンの皆さんは要チェックでよろしくお願い致します!
GOOD ON THE DANCEFLOORもお祝いの気持ちを込めて、このパーティーの最初から来られた方には、GOOD ON THE DANCEFLOOR特性パス・ステッカーを特別に配布しちゃいます!!
ほぼ好きなだけ配布しちゃいますので、早めに来られることをオススメします(無くなり次第終了となります)。

チケット予約はまだまだ間に合いますので、「4/18新宿MARZ」「お名前」「枚数」をご記入の上、
info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります!



とにかく、CDをまだゲットされていない方は今すぐお店に駆けつけましょう!
そしてCDをゲットされた方は、リリース・パーティーまでに彼らの最新ニューウェーヴ・サウンドを十二分に満喫してしまってください!!!!!!


ry01
ry01 CM(0) 

今年もWARPが止まらない!! だって20周年ですもの
warp.jpg


やあこんばんは!ry01です。

今回は、創設20周年を迎えた、テクノ/エレクトロニカ・ミュージックの総本山<Warp Records>の話題!


07年にBATTLESの大傑作アルバム『Mirrored』をリリース以降、好リリースが続くこの老舗エレクトロ・ミュージック・レーベルは、<GOOD MAG.>の「2008年ベストアルバム特集」でも多くのアーティストが扱われていたように、AutechreSquarepusherといったベテラン勢、Flying Lotusのような若手勢、Gang Gang DanceBorn Ruffiansといったバンド勢、はたまたJamie Lidellのようなソウル・ミュージックまで、昨年も素晴らしい作品が立て続けにリリースされ、現在何度目かの黄金期を迎えているといっても過言ではないでしょう!

そして今年に入ってもその勢いは留まることを知らず、Harmonic 313Tim Exileといった中堅アーティストの移籍後初作品や、若干22歳の次世代ビート・トラック・メイカーHudson MohawkのデビューEP、南アフリカ産のダンス・ミュージック<クワイト>を進化させた「TOWNSHIP FUNK」がクラブ・アンセムとなったDJ MUJAVAのリミックス12 inch、さらには奇才ギルモア・スコット・ヘレンのプロジェクトPREFUSE 73の新作、さらにさらに同じくスコット・ヘレンの新プロジェクトDiamond Watch Wristsのデビュー作など、
うはー、もう書き連ねるだけで目が回ってしまいそうなくらいの充実っぷり!!!!!!

そしてなんと!!
90年代の<WARP>を代表するアンビエント・ミュージック・アーティスト、リチャード・D・ジェームスの最重要プロジェクトAphex Twin<SUMMER SONIC 09>へ(!)、そしてかつて<パンク・ジャズ>とも形容されたエキセントリックなドリルン・ベース・サウンドが特徴のSquarepusherが<TAICOCLUB>への出演が決定するなど、正に20周年を祝祭するに相応しい活動っぷりには目を見張るものがあります!!
自分も<WARP>を追いかけるものとして、興奮しっぱなしです。


clark.jpg

そして今月末にはCLARKの来日も決定!!!!!!

昨年リリースされた、ラウドなハード・テクノを打ち出した一大転機作『Turnig Dragon』は、PILLS EMPIREのKokubu君から「<GOOD MAG.>のベスト100に入っていないのは問題だ!」と言われるほど(Kokubu君こそ、Vampire Weekendをトップ10に入れなかったのは大問題だがね!笑)、テクノ・ファンを唸らせる出来(すみません、前作『Body Riddle』にあまり引っかからなかったのでスルーしていました)でしたが、早くも3月に新作EP『Growls Garden』をリリースしたばかりの彼の、昨年の<渚音楽祭>から一年振りとなる来日公演とあって、これは絶対に見逃せません!!

新作EPからのリード・トラック「Growls Garden」のライブ映像がYOUTUBEにアップされていたので、これを観て当日のフロアを妄想しましょう!

CLARK / Growls Garden (live)



『Body Riddle』収録の「Ted」のビデオも有名!超カッコイイです。
※昆虫が苦手な人は要注意!!

CLARK / Ted




warp20_20090411212119.jpg

そして今回の来日公演では、マッドでアヴァンギャルドなトラックによって宇宙を描いてみせた<WARP>移籍作『Listening Tree』をリリースしたTim Exileと、Flying Lotus譲りの最新型インスト・ヒップホップを鳴らした『Polyfork Dance』でデビューしたばかりのHudson Mohawkまでもが共に来日ということで、ビート・ジャンキーの皆さんは大興奮間違いなしでしょう!
世界を代表する個性派の共演にやられてしまいましょう!!

Tim Exile / Family Galaxy



Hudson Mohawke / Polkadot Blues



来日公演の詳細はコチラから



ちなみに、Tim Exileはゲームまで作ってしまったようです。
どうやって遊ぶのかよくわかりません!!










ry01
ry01 CM(0) 

ミュージック・フロム・ザ・でっかいピンク
bigpink.png

やあこんにちは!ry01です。

今回は、前回の記事で紹介したAir Franceに続き6月に日本デビューとなる、
<SUMMER SONIC 09>にも出演が決定したサイケデリック・エレクトロ・バンド、The Big Pinkの話題!

tooyoung.jpg

KLAXONSTHE TEENAGERSCRYSTAL CASTLESらを輩出した、UKインディ・レーベル<MEROK>を主宰するMILOとROBBIEが結成したこのバンドは、英<NME>誌の2009年ニューカマー特集では表紙を飾るなど今最も話題のバンドの一つ。

つい先日<Escalator Records>のサブ・レーベル<Big Love>からも12inchリリースされたばかりの、昨年リリースされ話題となったシングル「Too Young To Love」は、MGMTをさらに増幅させた沸き立つサイケデリアと、My Bloody ValentineTHE JESUS AND MARY CHAINを彷彿とさせる、フィードバック・ノイズや深く歪ませたギターサウンドで描くシューゲイザー・サウンドと、浮遊感漂う甘いメロディが魅力的。
それを現代風にエレクトリックにアップデートするそのセンスの良さは、正にUKインディ・シーンを引っ張ってきた裏方の本領発揮といったところ。
「愛し合うには早すぎたんだろう」というタイトルの時点ですでに激甘酸っぱいです!
Loveずっきゅん。

The Big Pink / Too Young To Love




velvets.jpg

The BreedersDeerhounterなどUSインディ・バンドを多くリースする英老舗インディ・レーベル<4AD>から今月末にリリースされるシングル「Velvet」は、Nine Inch Nails直系のゴシック・インダストリアルな金属的なサウンドが強烈。
しかしまあ、「Velvet」の曲名にしろ、The Bandの歴史的名作から引用されたと思わしきバンド名にしろ、どこか60年代のサイケデリック・ロックを匂わせます。
うーん、これはアルバムが楽しみ!!

The Big Pink / Velvet



ry01
ry01 CM(0) 

エアーフランスじゃないよ エールフランス
airfrance2.jpg

やあこんばんは!ry01です。

今回は、以前にも紹介した、スウェーデンにて<MODULAR>的な役割を果たすインディ/エレクトロ・レーベル、
<Sincerely Yours>が誇る新時代エレクトロ・ポップ・バンド、Air Franceが遂に日本デビューということで改めて大大大プッシュ!!!!!!

airfrance_20090411141838.jpg

今回初の日本盤としてリリースされるのは、共に現在入手困難となっている06年作 『On Trade Winds EP』と、08年作『No Way Down EP』をカップリングした10曲入りアルバム『No Way Down』。
3月末には輸入盤がリリースされていたので、すでにゲットされた方もいるかと思います。

そんな彼らの最大の魅力は、淡い逃避感が表れたこのジャケットからも感じられる、北欧ならではの透明感溢れるデイドリーミングなシンセ・ポップ・サウンド。
<MODULAR>の看板アーティストThe Avalanchesが引き合いに出されるように、サンプリングとストリングスのメロディ・ラインで描く桃源郷のような世界観は、時には草原を駆け抜けるような清涼感を、時には夏が過ぎ行く甘酸っぱい焦燥感を、夢心地なまでに味わわせてくれます。

ソフトなエレクトロ・ポップ・サウンドを基調に、グリーグやシベリウスといった作曲家が代表される北欧圏のクラシック音楽からの影響や、The KLFを思わせるチルアウト/アンビエント・テクノ、さらにはハウスやレイヴ、ダブやワールド・ミュージックといった様々なダンス・ミュージックの要素を組み合わせ、それをスウェディッシュなネオアコ風の肌触りに昇華させてしまう手法は、正に彼ら独特のもの。
草原で横になり、目を閉じてそよ風を感じながら聴きたいものです。

中でも、超ウルトラS級アンセムの「No Excuse」は感涙必死の青春甘酸っぱソング!!
歌のメロディも、ギター・フレーズも、シンセの被せ方もパーフェクト!!!!!!

Air France / No Excuse




とびっきり甘く夢心地なチルアウト・ナンバー「Windmill Wedding」を聴くと、風車が立ち並ぶ北欧の草原で二人きりで結婚の誓いを結ぶような、逃避感と多幸感にずっとまどろんでいたくなります。

Air France / Windmill Wedding



というわけで激マストー!!!!!!


ry01
ry01 CM(0) 

僕らはいつどこで道に迷い、何を失った?
lostage.jpg

やあこんばんは!ry01です。
未だに風邪が治りません。トホホ。

今回は、3月度の【GJ☆ジャケット】特集の中でも、OGRE YOU ASSHOLEと共に「この日本でアーリー90'sの初期衝動を蘇らせる存在」として紹介した、lostageの話題!
というのも、3月末にリリースされた彼らの3rdアルバム『GO』が素晴らしい内容なのです!

oyo0F_000.jpg

先にも挙げたOGRE YOU ASSHOLEと共に、USのアーリー90'sのオルタナティヴ・シーンの空気を日本で蘇らせる彼らは、OGRE YOU ASSHOLEがPavementのふらつき足のローファイ・インディ・ポップからの影響を感じさせるのに対し、彼らのエッジー且つ激情的なギター・サウンドからは、FUGAZIのポスト・ハードコアからの影響を顕著に感じ取ることが出来る。

FUGAZIといえば、ロックの価値観であった「セックス、ドラッグ、ロックンロール」に対するアンチテーゼとして、「DON'T SMOKE, DON'T DRINK, DON'T FUCK」の理念を掲げたストレート・エッジ思想で知られる、イアン・マッケイが率いた伝説的ハードコア・パンク・バンドMinor Threatの解散後に結成された、ワシントンDCを拠点にするインディー・レーベル<Dischord>を代表するバンドのこと。
彼ら自身も以前インタビュー記事などでフェイバリットに挙げていた通り、後に<エモ>という一つのジャンルとして(意味を歪曲されて)築かれることになる、叫び声を上げるヴォーカルと、ディストーションの効いたへヴィーなギター・リフと多彩なリズムによって描かれる激情的な世界観は、まさにFUGAZIそのもの。

しかし彼らは、日本語の抑揚を生かした叙情的なメロディーを組み合わせることで、独自の世界観を手に入れることに成功している。
それは04年のインディ・デビュー作『PS. I. miss you』の時点でその魅力はすでに発揮されていて、当時自分も初めて彼らのライブを目撃したときは、日本のバンドとは思えないオルタナティヴな佇まいと、全くのオリジナリティーといっても良い、日本情緒溢れる激情的な世界観に思わず腰を抜かしたもの。

そして彼らのもう一つの魅力は、00年代的な感覚を持ったリリック。
「迷子の世代」「喪失の世代」というバンド名である彼らは、この記事のタイトルでも「僕らはいつどこで道に迷い、何を失った?」とわざとらしく書いてみたように、先が見えない未来との対峙や、理想と現実の狭間での葛藤/喪失感など、情報過多故の心の飽食を増幅して感じさせる(感じることの出来る)、00年代的ともいえる空気感をうまく描き切ったリリックが特徴的。
これは以前このブログでも紹介した、00年代を代表する漫画家、浅野いにお諸作の世界観ともリンクする。

この新作も、ハード・ロック譲りのギター・リフと、唸りを上げる歪んだベース・ライン、エッジの効いたドラミングによって一気にまくし立てる冒頭曲「SF」や、ポスト・ロック的に2本のギターが絡み合う「サーカス」「SUNDAY」、初期の名曲「2:50」を彷彿とさせる叙情性溢れる「噂」など、これまでのlostageサウンドをさらに推し進めた粒揃いな楽曲と、不機嫌に虚無感を歌う五味岳久のヴォーカルの魅力が遺憾なく発揮された充実作といえよう。

lostage / Surrender



こちらは3年前にリリースされた1stアルバムの冒頭曲↓↓↓

lostage / Television City



ry01
ry01 CM(0) 

お久しぶりです
お久しぶりです。木曜のtachiです


3週間前は大学の学部の友達と卒業旅行


先々週は大学の部活の友達と卒業旅行


先週はド忘れで3週間ばかり休んでしまいました


今日からまた書きます



最近つけ麺食べてません


ダイエットしてます


僕太りました


実家暮らしになって食べる量が増えたのです


数日前に証明写真を撮ったのですが一人暮らしの時より明らかに膨らんでました顔が


というわけでつけ麺特集しばらくお休みします


僕はドラマーなんでたまにはドラマーらしいことを書きたいと思います


この人凄いぞシリーズ


マイク・マンジーニって人


この人、シングルストローク(左右交互打ち)が世界一です


普通の人




こんな感じです








こんな感じです


とても真似できません


でもこれどこで使うんでしょうね


世の中には色々な世界記録がありますが、割と地味な方だと思います見た目


因みにこの人、エクストリームの元ドラマーらしく今はどこかの大学教授なんだとか


ね、ちょっとドラマーっぽいでしょ


ではではまた





tachi CM(2) 

closerparty.jpg


昨日はcryv presents "CLOSER PARTY vol.5"@Shinjuku MARZ/Motion
White Scooper出演でしたよ:)
Flickr
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03/sets/72157616340363431/


妹が今日、東京タワー水をお土産に買ってきてくれました。
ペットボトルの普通の水なのだけど
ボトルの形が東京タワー!

もったいなくて飲めないね:O


saki
saki CM(0) 

本日White Scooper!!!
wsjjp2

本日ライブです !!!
1000円だからみんなで来よう !!!

2009/04/06(MON.)
cryv presents "CLOSER PARTY vol.5"
@Shinjuku MARZ/Motion
(MARZ⇔Motion往来自由!)
http://www.marz.jp/html/news.html
http://motion-web.jp/

OPEN 18:00 START 18:30
ADV/DOOR 1000yen +1DRINK

【Bands】
cryv
http://www.myspace.com/cryv
沖野俊太郎(OCEAN, ex.VENUS PETER)
http://blog.indianrope.com/
LOTUS GUITAR(from ASH & 伊藤大助 from クラムボン)
http://www.myspace.com/lotusguitar
nanocycle
http://www.myspace.com/nanocycle
CAUCUS
http://www.myspace.com/caucus
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
obscure
http://www.myspace.com/obscureweb
Kate Sikora
http://www.myspace.com/katesikora
vapour trail
http://www.myspace.com/vapourtrail
【DJs】
chicchi(bluestars night)
http://www.myspace.com/bluestarsnight

yoroshiku !!! :)))

Zak
Zak CM(0) 

お腹が減ってちかgs、、、

過去の私の脳内は何ともあくどい人間であった。



hana




そして私はこの世を繰り返し生きてくのである。


hana



そして私は生れ変わったのだ。

これにはイエスキリストも尻もちだ。


hana




こうして私は日々を生活しているのである。




hana




そんな私の四文字熟語は

左脳重視

だそうだ。



そして脳内フェチは

髭と尻でいっぱいだ。



ココだけは声を大にして言いたい。



私は笑顔と筋肉でいっぱいなんだよ。



だてにフェチってないのだ。



桜が満開な今日この頃。



私の脳内も咲き乱れているのである。



hana CM(0) 

GOOD ON THE ゆるブログ vol.15【GJ☆ジャケット:3月度】
wavves.jpg

やあこんばんは!ry01です。
風邪ですが寝込まずブログを更新中!

さて、久々のGOOD ON THE ゆるブログは、毎月恒例【GJ☆ジャケット】の発表!
月毎に「GJ☆(グッジョブ)」と思ったアートワークのCD/レコード・ジャケットを選出し、ベスト3までを表彰して勝手に盛り上がるという、なんとも個人の趣味丸出しなこの企画。

栄えある3月度の第一位に輝いたジャケットは、WAVVESの2ndアルバム『WAVVVES』!!
アメリカはサンディエゴの弱冠22才の宅録青年によるこのバンドは、今年始めに<WOODIST>からリリースされたデビュー作『WAVVES』で日本のインディ・キッズの注目をも一気にかっさらい、間髪付けずにVampire WeekendやCajun Dance Partyのリリースでも知られるUK最大のインディ・レーベル<XL Recordings>傘下の<YOUNG TURKS>からシングル「So Bored」をリリースし、そして早くも2ndアルバムを完成させてしまいました!
バースト気味に不機嫌に鳴り響くローファイ・ガレージ・パンクは、2月度の【GJ☆ジャケット】の第一位に輝いたThe Pains Of Being Pure At Heartともリンクする、蒼く煌くアーリー90'sのオルタナティヴな初期衝動を彷彿させます。
荒々しいノイジーなサウンドの中に、ベッドルームの内向的な感覚が見え隠れし、それがなんとも00年代的な感覚で鳴り響いているのが新鮮で魅力的。
ジャケットも、スケボーで滑っていたら庭の茂みに突っ込んでドーーーン!という、わけのわからない感じが最高です!
封入されているポスターもこれまた最高なので、これは是非ゲットしてチェックしてみてください!!

WAVVES / So Bored






ogreyouasshole.jpg

続いて第二位に輝いたのは、OGRE YOU ASSHOLEのメジャー・デビュー・シングル「ピンホール」!!
そう、USインディ・シーンでアーリー90'sリヴァイヴァルをリードするのがWAVVESやNO AGEなら、この日本にもアーリー90'sの初期衝動を蘇らせる、OGRE YOU ASSHOLEとlostageという素晴らしい2バンドがいるのです!
USインディ・シーンの首領であるModest Mouseの来日時に、メンバーにサインを求めたところ「Ogre You Asshole(鬼クソったれ)」というメッセージを腕に書かれた、というエピソードをそのままバンド名にしたという、出自自体がUSインディに影響受けまくりのこの4ピース・バンドは、Pavementチルドレンとでも言うべき、ふらつき足のローファイ・ギター・サウンドが非常に魅力的。
とはいっても単なるPavementのコピー・バンドに留まることはなく、彼らは日本語の抑揚を生かした情緒溢れるメロディをプラスすることで、まるで夕暮れを背に神社の砂利道や河原の土手を歩くようなノスタルジックとセンチメンタルを感じさせ、少年時代の思い出に思いを馳せるような、弱々しくも甘酸っぱい感覚がこのジャケットにもよく現れています。
箱庭的な桃源郷が描かれたミュージック・ビデオも素晴らしいです!

OGRE YOU ASSHOLE / ピンホール



この曲はオープニングの二本のギターのアンサンブルだけで軽く泣けます↓↓↓

OGRE YOU ASSHOLE / しらない合図しらせる子






whitestboyalive.jpg

そして第三位に輝いたのは、The Whitest Boy Aliveの2ndアルバム『Rules』!!
ノルウェーの人気アコースティック・デュオ、Kings Of Convenienceのアーランド・オイエ率いるこのバンドは、日本でも90年代初頭に一大ムーヴメントとなった<渋谷系>にも通じる、ラウンジ・ミュージック的なネオアコ・サウンドが特徴的。
Fred Falkeによる「Golden Cage」のリミックスが<KITSUNE MAISON>にも収録されたことで一気にクラブ・ピープルからも支持を得て、待望のリリースとなった今作では、「オーヴァー・ダビング一切禁止!」という縛りの元、一発録りならではの程よい緊張感をもったバンド・アンサンブルが披露されていて、バンドのグルーヴとアーランドの素晴らしい歌心をより一層楽しむことが出来ます。
今作のタイトル『Rules』の頭文字である「R」が人の列によって作られているこのジャケットも、ユーモアがあってとても可愛いです。ちなみに、CDの盤面やブックレットのアートワークも最高です!
「Golden Cage」を軽く凌駕する傑作曲「Courage」も要チェックでお願いします↓↓↓

The Whitest Boy Alive / Courage




というわけで3月度の【GJ☆ジャケット】は如何でしたか??
また4月度の発表もどうぞお楽しみに!!


ry01
ry01 CM(1) 

乱太郎 ~日本の祭事に魅せられて~
specialothers.jpg

やあこんばんは!ry01です。

今回の記事のタイトルを見て「?」と思われた方も多かったでしょう!
今回は、新年度の幕開けを飾る傑作アルバム『PB』をリリースしたばかりのSPECIAL OTHERSの話題!!

SPECIAL OTHERSといえば、フジロックやSUMMER SONICといったロック系フェスから、METAMORPHOSEといったクラブ・ミュージック系のフェスにも引っ張りだこの、横浜が誇るインスト・ジャム・バンドのこと。
ジャム・バンドならではの、各楽器が紡ぎ出す音色のアンサンブルによって生み出されるダイナミックなグルーヴ感と、情緒豊かなわびさびを上手く取り入れたソング・ライティングが魅力的な彼らの楽曲は、まるで世界中を旅しているかのように様々な情景を感じることが出来、ライブでの彼らのパフォーマンスに触れて一発で虜になってしまった人もおそらく多いはず。

pb.jpg

最新アルバム『PB』では、彼らの代表曲である「Good Morning」や「Laurentech」のような、涙腺を刺激するほどにノスタルジック全快な曲調は敢えて抑えられ、タイトル曲「PB」が代表されるように、目くるめくアンサンブルがアグレッシブに展開するアップテンポな楽曲が多く占めているのも、新たな始まりを感じさせる春のムードに非常によくマッチしていて、なんとも爽快!
最終曲「Sunrise」にてワールド・ミュージックの要素も取り入れているあたりも、前作でのポンチャック(韓国の大衆音楽)などからの影響に引き続き、彼らの野心的な音楽性を感じることが出来、やはり信頼できます。

で、この記事のタイトルにもあった通り、彼らは「乱太郎」という、50年に一度、太陽が複数に見える現象「散陽」時に栃木県で行なわれている祭事に遂に出演したそうで、その祭事をモチーフにした「PB」のビデオが今回作られているので要チェック!

YOUTUBEが直接貼れなかったので、以下URLをクリックしてみてください↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=SDoql8Pzp2Q

太古の昔から祭事や儀式に音楽は自然と寄り添ってきたように、彼らの生み出すグルーヴと、真っ直ぐで素直な音色は、人間の本能的な部分を自然と開放し、多くの人々の心を揺り動かすのだと思います。



というわけで、彼らの素晴らしいライブ映像をご紹介!

こちらは昨年のフジロックでのライブ映像↓↓↓
この日の彼らのパフォーマンスは、キャンドルが灯ったフィールド・オブ・へブンの幻想的なムードにマッチしていて、非常に感動的でした。

SPECIAL OTHERS / Laurentech~AIMS (LIVE@FUJI ROCK FEST'08)


今年もフジロックで見たいっす~。


ry01
ry01 CM(0) 

あの娘に1ミリでもちょっかいかけたら殺す
やあこんばんは!ry01です。

いやー季節の変わり目ということで、思いっきり風邪をひいてしまいました…。
全然そんな予兆無かったんですけどね。


というわけで今日は一日家で寝込んでいるのですが、健康体であれば、
今夜渋谷PLUGで行われるSLYE RECORDSのパーティーに遊びに行きたかったです…泣

SLYE RECORDSというのは、新進気鋭のトラック・メイカーEccy(エクシー)がメイン・プロデューサーを務める、日本の新世代アンダーグラウンド・ヒップホップ・シーンをリードする最重要レーベルのこと。
THA BLUE HERBと並んで、90年代後半から現在までの日本語ヒップホップ・シーンを代表するアクトである
Shing02がフィーチャリングされたEccyのソロ・デビュー作『ULTIMATE HIGH』を07年秋にリリースしたことを皮切りに、昨年はDa.Me.Records(ダメレコーズ)環ROYとのコラボ・ユニットである環ROY×Eccy名義でのアルバムや、あるぱちかぶとhaiiro de rossiといった注目の若手ラッパーの作品の次々とリリースし、並行してレーベル主催のパーティーを開催するなど、新世代の台頭をアピールする精力的な活動っぷりに自分もすっかり夢中になっていました。
Eccyは自分と同年齢(23歳)なので、SLYE RECORDS周りの活動には常に刺激を受けまくっています。

orokamono.jpg

そのSLYE RECORDSのレーベル・パーティーということで今日はどうしても遊びに行きたかったのですが、その中でも要注目なのが、つい先月ミニアルバム『人類救済』をリリースしたばかりのオロカモノポテチ
前々号の<remixi>内でも、「銀杏BOYZからの影響を公言するラッパーが遂に現れた」という形で紹介されていた彼の初のソロ作品は、銀杏BOYZの「あの娘に1ミリでもちょっかいかけたら殺す」のギター・フレーズをサンプリングした同タイトル曲をはじめ、マッチョイズムなメイン・ストリームのヒップホップとは一線を画す、00年代以降の若者に宿るナードな感覚をラップで描く作風が非常に魅力的。

冒頭の、なんと銀杏BOYZの安孫子真哉、チン中村、村井守が実際に参加(!)した「人類救済」では、

神様/神様/応答せよ/地球はめちゃめちゃ黒かった
人間全員好きなのに/赤ん坊だけが白かった/このままじゃ何も救えない
そう思って目が覚めた/正にぐちゃぐちゃ/俺の部屋
いつも通りの見慣れた部屋/俺はただのニートだったわ
ホント/ホント/死にたくないよ/いつでも/いつでも/生きていたいよ
60億の涙の雨/人類救済/人類救済

という、使命感を感じて自分自身を奮い立たせるも、結局何もすることが出来ない自分に嫌悪感を覚える、なんとも現代的なリリックが白眉もの。

オロカモノポテチ / 人類救済




彼のフリースタイルのラップが見れる「夜明け前」の動画も要チェック!

オロカモノポテチ / 夜明け前


夜が明けたらさよならだから/何度も何度も繰り返しては/一人のことも確かめたくて/わかってるんだけど
宇宙で一番哀しい歌よ/暗闇抜けて君の街まで/届け/光になって/夜を抜けろよ/君のところまで
宇宙で一番哀しい歌よ/どうか届けよ/君のところまで/届け/光になって/夜を抜けろよ/君のところまで



というわけで、今夜のパーティーに遊びに行く方は楽しんできてください!
【Niw!コレ】にも出演して頂いたapplebonkerもDJセットで出演しますよ↓↓↓

2009/04/04(sat)
slye records presents...
"COLDSTEEL vol.1"@SHIBUYA PLUG
open:23:00
adv:2000yen/1d

[Guest Live]
Quarta 330(Hyperdub)
broken haze(raid system, Insector labo)
[Live&DJ]
(from slye)
Eccy / haiiro de rossi / オロカモノポテチ
DJ KEITA / Emufucka
(other)
applebonker(DJ set) / あるま / 小宮守



ry01
ry01 CM(0) 

ばらの花
お久しぶりです。
お腹の調子が悪くちょっとばかし入院していました。
もう随分元気になりました!
マイペースに行きたいと思います。

18日 是非遊びきてね!
久々ライブだよー!
会えるの楽しみにしています!!!

***

さてさて私今まで 矢野顕子さん ちゃんと聞いたことがなかったんだけれど
もう大好きになりました!!!!

父が昔よく聞いていたのですが
当時の私にはさっぱりで。



↓くるりのばらの花唄ってらっしゃる!!!



早速明日にでもアルバム借りに行きます!!!



chick
chick fish CM(0) 

TTTTTTBBBBBBAAAAAA!!!!!!
やあこんばんは!ry01です。

sakiが写真をアップしてくれた通り、先日は花見に行って来ました!
参加メンバーは、GOODメンバーのZakとsaki、そして【Niw!コレ】でもVJをして頂いたOMOCHIさんに、友達のHannnaちゃんを連れて、みんなで小金井公園に行って参りました。
それぞれ弁当やおかずを持ち寄ったりして(自分はおにぎりを握って行きました笑)、桜を見ながらワイワイ飲んで食べてくだらない話を繰り広げていました。
その時はちょうど5分咲きぐらいでしたが、今週末が一番見頃なのかもしれないですね!
たしかに、もう一回ぐらい花見をしておきたいかもしれません。

で、いよいよ4月ということで、新社会人/新入生の皆さんにとってはドキドキ・ワクワク・ハラハラな季節ですね!
自分などは学校はとっくに卒業&もうすぐ社会人4年目に突入なので、4月だからといって劇的な変化があるわけではないのですが、しかし、この季節になるとなんだかソワソワしてしまうのが人の常。
自分もなんだか最近ソワソワ!
気候も暖かくなってきたことですし、何か新しくチャレンジをしてみるのには良い時期かもしれませんね。


というわけで、そんなドキドキ・ワクワク・ハラハラな4月に相応しい、GOODメンバーが出演する素敵なイベントが二つあります!!

まず一つ目にご紹介するのは、4/6(月)White Scooperが出演する"CLOSER PARTY vol.5"から!!

2009/04/06(MON.)
cryv presents "CLOSER PARTY vol.5"
@Shinjuku MARZ/Motion
(MARZ⇔Motion往来自由!)
http://www.marz.jp/html/news.html
http://motion-web.jp/
OPEN 18:00 START 18:30
ADV/DOOR 1000yen +1DRINK
【Bands】
cryv
http://www.myspace.com/cryv
沖野俊太郎(OCEAN, ex.VENUS PETER)
http://blog.indianrope.com/
LOTUS GUITAR(from ASH & 伊藤大助 from クラムボン)
http://www.myspace.com/lotusguitar
nanocycle
http://www.myspace.com/nanocycle
CAUCUS
http://www.myspace.com/caucus
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
obscure
http://www.myspace.com/obscureweb
Kate Sikora
http://www.myspace.com/katesikora
vapour trail
http://www.myspace.com/vapourtrail
【DJs】
chicchi(bluestars night)
http://www.myspace.com/bluestarsnight

この日は、パーティーのオーガナイザーであるハイパー・シューゲイザー・バンドcryvをはじめ、VENUS PETERのメンバーであり小山田圭吾氏と以前バンドを組まれていたこともある沖野俊太郎氏、クラムボンの伊藤大助氏が参加するユニットであるLOTUS GUITARなど、オルタナティヴなサウンド/活動をされているアーティストが大集結したイベント!
しかもMARZとMotionで同時開催ということで、ヴォリューム満点な一夜になること間違いなし!!
個人的はに、唯一ネオ・フォークなKate Sikoraもかなり楽しみです◎
ちなみにWhite Scooperの4月のライブはこの一本のみ!
新曲も多くプレイするはずなので、見逃し大厳禁です!!!!!!



090418_20090402045209.jpg

そうしてもう一つご紹介するのは、4/18(土)に行われる、Nu clear classmateが出演する、GOODメンバーも最大のリスペクトを送る東京最新型ニューウェーヴ・バンド、The Brixton Academyの初の全国流通CD『TBA』の発売を記念した、最新東京インディが集結したスペシャル・リリース・パーティー!

2009/04/18(SAT.)
The Brixton Academy presents
New CD『TBA』Release party
@Sjinjuku MARZ
http://www.marz.jp/html/news.html
OPEN/START 18:00
ADV 2000yen DOOR 2300yen +1DRINK
【Bands】
The Brixton Academy
http://www.myspace.com/thebrixtonacademy
Nu clear classmate
http://www.myspace.com/nuclearclassmate
FARON SQUARE
http://www.myspace.com/faronsquare
AAPS
http://www.myspace.com/tuneaaps
【DJs】
oi oi oi on!!!
カジヒデキ
http://www.myspace.com/hidekikajiofficial
【VJ】
#9
http://season9.xxxxxxxx.jp

Nu clear classmateの4月のライブはこの一本のみ!
この日はAAPSやFARON SQUAREといったGOOD ON THE DANCEFLOORお馴染みのバンドたちも、皆でリリースを祝いに駆けつけます!!
DJでは元祖渋谷系のカジヒデキ氏も参戦!
この春一番のマスト・パーティーになること間違いないので、日本の最新インディロック・ファンの皆さんは要チェックでよろしくお願い致します!


tba_jacket.jpg

いよいよ来週の4/8(水)にリリースされるThe Brixton Academyの最新EP『TBA』は、現在<MUSICA>や<indies issue>などの音楽雑誌でも続々と取り上げられています!
ライブでもアンセムとなっている「Night Club」など、ナイスなトラックたちがギュッと凝縮されたこのEPは、東京新世代インディを語る上では間違いなく外すことの出来ない一枚です!

ちなみに、下北沢と京都のセレクト・ショップ<JET SET>にて購入すると、PEGASUSSとTINY BIT ASSOCIATES、GAPE!によるREMIXを収録したオリジナル特典CD-Rが付いてくるので、自分は<JET SET>でゲットしようかと思います!(すでに一枚持っていますが笑)

以下URLから購入ページに飛べます↓↓↓
http://www.jetsetrecords.net/jp/product/812003462112


indiesissue.jpg

先にも挙げた音楽雑誌<indies issue>の最新号には、「CD-R探検隊」というコーナーにて、White Scooperの『Thousand Valleys』がピックアップされていますので、こちらも併せて是非是非誌面をチェックお願いします!
注:『Thousand Valleys』はプレスCDの為、CD-Rではありません!

indies issue
http://blog.livedoor.jp/indies_issue/



というわけで、春の陽気よりもさらにホットなイベントたちをエンジョイしちゃいましょう!!
それぞれのチケット予約をご希望される場合は、「ご希望の日にち」「お名前」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければ予約を承ります。

それでは会場でまたお会いしましょう◎


ry01
ry01 CM(1) 

ステイシーのお母さんに恋しちゃった!
fow.jpg

やあこんばんは!ry01です。
今回は、春になると自分がいつも真っ先に聴きたくなるバンド、Fountains of Wayneのご紹介!

Fountains of Wayneとは、自分も敬愛するアメリカを代表するパワーポップ・バンドのことですが、先日タワーレコード渋谷店に足を運んだところ、ライブDVD『No Better Place: Live In Chicago』が最近になってリリースされていたことに気付きました!

今回のDVDは2005年にシカゴで行われたライブ公演が収められたものなのですが、テレビ・ショー的なスタジオでのライブの為、ライブのカタルシスよりも、彼ら持ち前のソングライティング・センスの良さを十二分に味わうことのできる作品になっています!
「現代のPET SOUNDS」と比喩しても過言ではないくらいに、全編に渡って黄金メロディーが乱反射していた2003年リリースのアルバム『Welcome Interstate Managers』(超ド名盤!!!!!!)の収録曲を中心に、Cubismo GraficoことチャーベさんもDJで良くかける「Denise」など、数々の名曲が惜しげもなく披露されています。

ちなみに自分は2007年のフジロックで、初日のレッドマーキー大トリであった彼らのライブを観ましたが、とんでもなく素晴らしいライブだったのを鮮明に覚えています。

特に代表曲「Stacy 's Mom」での大合唱と歓声は凄まじいもので、本当に感動してしまいました。
lこの曲は親友であるはずのステイシーの母親に恋心を抱いてしまうという、なんとも甘酸っぱい複雑な感情を描いた、感涙必至の超ウルトラC級ド名曲!
小さい頃にこんな経験があった方も多いのでは…泣

Fountains of Wayne / Stacy 's Mom




もちろん他にも名曲だらけです↓↓↓

Fountains of Wayne / Hey Julie




彼らのアルバムはどれも春ののんびりとした陽気にピッタリなので、気になった方は是非アルバムをチェックしてみてください!
ドライブのお供に持って来いですよ◎



ry01
ry01 CM(0) 


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。