GOOD ON THE DANCEFLOOR

GOOD ON THE DANCEFLOOR
OFFICIAL
Twitter
MySpace(Label)

レーベル/パーティ"GOOD ON THE DANCEFLOOR"のオフィシャル・ブログです。

[ABOUT US]
東京発のレーベル/パーティ。Arctic Monkeysの曲名から名づけられたこの集団は、上の世代には持ち得ない、自らの世代ならではの感覚を証明することを目的として、2007年6月に結成。バンド/DJ/デザイナー/ライター/フォトグラファーなど、現在複数のメンバーによって構成されている。個々での活動に加え、GOOD ON THE DANCEFLOORとしてもイヴェントやパーティーを不定期に開催。2009年秋にはレーベル初のコンピレーションCD『ALT A NATIVE SYNDICATE』をリリースし、国内をはじめ、北米/欧/豪にも配信リリースしている。

contact me :P
info@goodonthedancefloor.com

[NEWS]
2009年9月にリリースされ、日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、熱心な海外インディ・リスナーから、国内新世代インディ・バンド・ファンまで、多方面から絶賛の声を浴びた、東京の新世代レーベル"GOOD ON THE DANCEFLOOR"による、今後活躍が期待される新型バンドを集結させたコンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』。紅一点として参加したNu clear classmateが待望の単独作を遂にリリース!
------------------------------------------------------------
USインディ新世代と共振するサウンドに、コケティッシュな女性ヴォーカルを乗せた、日本発のキッチュな個性。この最新EPでは、Washed OutなどのGlo-Fi、Nite Jewelらが牽引するインディ・シンセ・ディスコ、そして時流のエレクトロ・ポップなどを、軽やかに横断している。わずか半年ほど前にリリースされたレーベル・コンピ収録曲と比べると、目が覚めるほどの音楽的な飛躍ぶり。ただ今メキメキと成長中の新世代二人組に、ぜひ注目を!
-小林祥晴-
------------------------------------------------------------
失礼を承知で正直に言うと、彼女たちがここまでの作品を仕上げてくるとは全く思っていませんでした。日々から逃げ出したい気持ち、マリア様に包まれてただただ安らかに眠っていたいという欲望と、それが叶わざる願いであることが転化した、やすりのような手触りの不機嫌な殺気。2010年に生きていく感覚そのままの音楽です。
-田中亮太(JET SET KYOTO/mogran'BAR)-
------------------------------------------------------------
Nu clear classmate 『Lick The Star』
2010/04/16 ON SALE
GOOD-1002 / including 5 songs 1,300yen (tax out)
1. Blank World
2. Causeless Pain
3. The Nearest Faraway
4. I Know I Know
5. I Leave The Parade Wearing A Dress

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

[NEXT PARTY]
????????????

全ての公演のチケットは予約を受付けております(一部除く)。
予約をご希望される場合は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります。
下記のチケット予約フォームからもお気軽にご予約が可能です↓↓↓


[RELEASE INFORMATION]
【GOOD ON THE DANCEFLOOR】のレーベル部門が、新たに【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】として始動!!!!!! 記念すべき第一弾リリースとして、初のレーベル・コンピレーションCDを2009年9月25日にリリース!!
------------------------------------------------------------
海の向こうの同世代へのシンパシーと、隣り合う君とのディスコミュニケーション。2つの同時代性の狭間で軋む音、火花。青く、眩しい。
-田中亮太 (CLUB SNOOZER / JET SET)-
------------------------------------------------------------
世界と同感覚で進行中の東京インディー・シーンをリアルに感じられる、グッド・コンピレーション! この衝動と感覚を忘れずに、リリースを続けてくれることを期待しています!
-JUN (80kidz)-
------------------------------------------------------------
GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK compilation
V.A. 『ALT A NATIVE SYNDICATE』
2009/09/25 ON SALE
GOOD-1001 / including 10 songs 1,800yen (tax out)
1. To Pieces / AAPS
2. Spin of School / Nu clear classmate
3. Social Evils and a Potato [Hamon Mix] / The New House
4. Jr. / White Scooper
5. Marble Nuts / Nu clear classmate
6. Tailors of OZ / AAPS
7. Up Bends / White Scooper
8. Pale Boy / The New House
9. Marble Nuts [Bamian Remix] / Nu clear classmate
10. Up Bends [Lapin Remix] / White Scooper

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

White Scooper 1st CD 『Thousand Valleys』
2008/06/10 ON SALE
GOOD-001 / including 7 songs 500yen (tax out)
1. C.Farmeres
2. Behind The Lights
3. Ya Ya Ya
4. Proco
5. Vigger
6. Nightram
7. Mornin' Giraffe
Art work by SAFARI.

取り扱い店舗
■JET SET (京都/下北沢)
【HP】【地図】【WEB通販】
■disk union各店
お茶の水駅前店、神保町店、新宿本館B1、下北沢店、吉祥寺店、
中野店、国立駅前店、池袋店、町田店、淵野辺店、稲田堤店、
横浜関内店、横浜西口店、津田沼店、千葉店、柏店
【HP】【店舗一覧】
■Sunrain Records (高円寺)
【HP】【地図】【WEB通販】

チケット予約フォーム
こちらでGOOD ON THE DANCEFLOORの各イベントのチケット予約が出来ます。ご利用ください。

名前:
メールアドレス:
日にち/イベント名:
枚数(質問などもどうぞ):

ブログ内検索
QRコード
QRコード
検索用

we love

!!! 1965 2 Many DJs 24Hour Party People 80kidz 8otto 100s Abake Abraham Cross Adam Sky Adel Air Akufen Alan Ball Air France The Album Leaf Alter Ego Altz Alphabeat Alloverallareover American Amy Winehouse Apparel Anavan ANDREA CREWS Andrew Kendall Andy Warhol Animal Collective Anna Tsuchiya Annie Aphex Twin The Apples In Stereo The Arcade Fire Arctic Monkeys Art-School Asian Dub Foundation Asian Kung-Fu Generation Ash A Sunny Day In Glasgow Atlas Sound At The Drive-In Audion Au Revoir Simone Aus Autechre The Avalanches Avengers In Sci-Fi badly drawn boy Back Drop Bomb Babyshambles Bamian The Band Apart Bang Gang Deejays Basement Jaxx Battles The Bawdies The Beach Boys Beastie Boys The Beatles Beck Beirut Belle & Sebastian Ben Folds Five Benga Ben Sharn Bernhard Willhelm Best Fwends Biff Bang Pow! Big Star The Birthday Bishi Bjork The Black Ghosts Black Kids Black Rebel Motorcycle Club Blast Head Bloc Party Bloodcat Love Blood Red Shoes Blood Thirsty Butchers Tha Blue Herb Blur Boards Of Canada Bonde do Role Bonjour Records Boom Boom Satellites Boredoms Born Ruffians Boys Noize The Boy Least Likely To The Bravery Breakfast Brian Jonestown Massacre The Brixton Academy Broken Social Scene The Buffalo Bunch The Bumblebeez Bump Of Chicken Buraka Som Sistema Burial Bushmind The Buzzcocks Bright Eyes British Sea Power Busy P Cabanne Cajuan Cajun Dance Party Calvin Harris Camera Obscura Cansei De Ser Sexy The Capes Cassette Playa Cat Power Cazals Chaki The Charlatans The Checks Chemical Brothers Chicks On Speed Chris Cunningham Christian Joy Chromeo C.I.A. Cibo Matto The Cigavettes Citizen Clammbon Clap Your Hands Say Yeah Clark Clarky Cat Chim↑Pom The Clash Coachella Coburn Cocorosie Coldcut Cold War Kids Colette Comanechi Comeback My Daughters Converge Corinne Bailey Rae Cornelius Cornershop Cosmic Wonder Cosmo Vitelli Chairlift The Coral Crackhaus The Cribs Creation Records Cristal Castles Crookers CSS Cubismo Grafico Cubismo Grafico Five The Cure Cut Copy DaDa KingZ Dada Life Daedelus Daft Punk Daggers Damien Hirst Dandi Wind Dan Le Sac vs Scroobius Pip Darek Darkel Darren Emerson Datarock Dandy Warhols David Fincher David Lynch David Sylvian Ddjjs Dead Disco Death From Above 1979 Death In Vegas The Death Set De De Mouse Deep Dish De La Soul Delta Sonic The Departure Derrick May Devendra Banhart DFA Diane Arbus Dick Bruna Digitalism Dinosaur Jr Diplo Dirty Pretty Things Dirty Projectors Disco Drive Disco Teenage Kicks Disco Twins Dizzie Rascal Dj Baku Dj Hikaru Dj Kentaro Dj Mehdi Dj Nobu Does It Offend You, Yeah ? Domino Doopees Doping Panda Douglas Coupland Doves Dreadeye Dreamburger Drocie Dubsided Duffy Eater ECD Echo & The Bunnymen ED Banger Editors Edward Gorey Eight Legs Electric President Electrocute Elmo El Presidente Ellegarden Elliott Smith Eminem The Enemy Enlightenment Erase Errata Erol Alkan Exlovers Escalator Records Esg Everybody Else Excuse Me Factory The Faint Fancy Him Fantastic Plastic Machine Fatboy Slim The Feeling Feist Find Gask The Fits The Flamin Lips Flipper's Guitar Fischerspooner Fishmans Fountain Of Wayne First Aid Kit Foals Foreignland Four Tet Fox N' Wolf France Gall Frank Owen Gehry Franz Ferdinand The Fratellis Friendly Fires Fred PEerry The Free Design Freeform Five Fuck Buttons Fuji Rock Festival The Futureheads Future Terror Gang Of 4 Ganban Night Gangway Gas Book Georgie James George Harrison Gildas & Masaya Glass Candy Glastonbury Festival Glasvegas The Glimmers Gnarls Barkley Going Steady Goldfrapp The Good Life The Good,The Bad And The Queen Goose Gorillaz Golden Silvers The Gossip The Go! Team Graham Coxon Green Day Grind House Group Inou Group Of People Guns N' Bombs Hadouken ! Hal Happy Mondays Hard-Fi Hard To Explain Headman The Heavy Henry Darger Henrik Vibskov Herbert Hercules and Loveaffair Herve Hi-Standard The Hives The Holloways Holy Hail The Hoosiers The Horrors Hot Chip Hot Gossip Hot Hot Heat House of Holland i-D Idlewild iLL I Love You But I've Chosen Darkness I'm From Barcelona In Corridors Individual Orchestra Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin The Infadels InK Institubes Interpol i-WARP Jack Kerouac Jack Penate Jackson And His Computer Band Jacques Tati The Jam James Ford James Holden James Jarvis Jamie Lidell Jan Svankmajer Jay-Z Jean Luc Chainsaw Jeff Mills Jence Jerry Jesse Rose Jet Jimmmy Eat World Joakim Joanna Newsom John Lennon Johnny Boy Johnny Foreigner The Jesus & Mary Chain Johann Johannsson Joy Division Julie Verhoeven Junior Senior Justice KAFKA Kaiser Chiefs Kanye West Kap10Kurt Karafuto Kate Nash Kathy Kavinsky Koko Von Napoo KAWS The Kbc Ken Ishii Ken Yokoyama Keith Kerrier District The Killers The Kills Kings Of Convenience Kings Of Leon Kim Kitsune Klanguage Klaxons The KLF The Knife The Kooks Kraftwerk Kris Menace Kunoku Ladyhawke Lady Sovereign Larrikin Love The La's Late Of The Pier Laura Marling Laurent Garnier LCD Soundsystem Le Tigre LFO Liars The Libertines Lightspeed Champion Lillies and Remains Lillica Libertine ! Lily Allen Limited Express(has gone?) Linda Lindstrom Little Barrie The Little Flames Little Man Tate Locksley Lo-Fi-Fnk Long Blonde Lostage Love Psychedelico Love of Diagrams The Long Blondes Los Campesinos! Lost Penguin Love Is All Luke Vibert Lovely Chords The Lowbrows Low Vision Magnus Carlsson Malajube Mando Diao Magistrates Marios Mark Ronson Martin Margiela The Marz Volta Massive Attack Material Boy Matisyahu Matthew Barney Maximo Park Memphis Industries Merlin Bronques Metamorphose Metro Area Metronomy Mew M-flo MGMT M.I.A. Mice Parade Michel Foucault Michel Gondry Midnight Juggernauts Mika Milo? Forman Ninja Tune Miaou Minor Threat The Mirraz The Misshapes Mixrooffice M/M Paris Moby Modeselektor Modest Mouse Mo-dettes Modular The Mogs Mogwai Mondo Grosso Monica Uranglass Monobright The Moog Cookbook The Morning After Girls Mo'some Tonebender Moving Units Mr Been Mr Oizo MSTRKRFT Mu Mum Mumm-Ra The Music My Bloody Valentine Mylo Mystery Jets Nanamine Nathan Fake Nathan Michel Neon Neon Neon Plastix N.E.R.D Neu! New Cassettes New Order The New House New Young Pony Club Nan Goldin Natalie Wood Neon Neon Nigel Godrich Nightmoves Nightmares On Wax Niki De Saint Phalle Nima Nourizadeh Nine Black Alps Nine Inch Nailes Ninja Tune The Novembers Noze No Age Nu Clear Classmate Nujabes Nyantora Nylon Oasis Oceanlane Ogre You Asshole Olav Basoski Oldenburg Opera Operator Please Optimo The Ordinary Boys Orange Juice The Orb Oskar Fischinger Ox.Eagle.Lion.Man Pacific! Pam Para One Pains of Being Pure at Heart Passions The Pastels Patrick Wolf Pavement Payback Boys Peaches Pedro Winter Pepe California Peter Bjorn And John Peter Saville Peter Max Pet Shop Boys Pharell Williams Phoenix Phantom Planet Phones Pig Radio the pistolas The Pipettes Pixies Placebo Plan B Polysics Poney Poney The Pop Group Pop Levi Portishead Postal Service Prefab Sprout Prefuse 73 Pre-School The Presets Primaly 1 Primal Scream Prodigy Prototypes Psapp Punks Jump Up Queens Of Noize Quentin Tarantino Quiero Club The Raconteurs Radiator Radio 4 Radioclit The Radio Dept. Radiohead Radio Slave Radwimps The Rakes Raphael Just The Ramones The Rapture R.E.M. Ratatat Rauschenberg Rat:att:agg RayGun Razors Edge RazorLight Regina Spektor Rei Harakami Remi Nicole RE:RE:RE:mojojo Resfest Reverend And The Makers Revl9n Rex The Dog Ricardo Villalobos Richard Linklater Richie Hawtin Riddim Saunter Ride Riot In Belgium Ripchord The Robocop Kraus Robot Needs Oil The Roconters Ron Sexsmith The Roots Rough Trade Rosenquist Rovo The Royal We Rubies Royksopp Roy Lichtenstein Rub N Tug Ryan McGinley Rye RyukyuDisko Saam Faramand Saddle Creek Safari Santogold Sasha Savath & Savalas Scissor Sisters Scott Herren Scouting For Girls Scuttle Scritti Politti SebastiAn Sex Pistols The Shakes Shirokuma Shitdisco The Shoes Sigur Ros Simian Mobile Disco Sinden Sing02 Skream Sleater Kinney The Slits Slowly Downward Smashing Pumpkins The Smith Smith N Hack Snoozer Snow Patrol Sofia Coppola Soft The SoftLightes Soft Tigers Solid Groove So Me Something Else Sonic Youth Soulwax Sound Team Space cowboy Spank Rock Spalta Locals The Specials Special Others Spike Jonze Spiler The Spinto Band Squarepusher Stars Stefanie Schneider Stereo Tennis Steve Aoki The Streets Strip Steve The Strokes The Stone Roses Struggle For Pride Studio Voice Studio 4℃ Sub Pop The Subways Suede Sufjan Stevens Sugiuramun Suicide Summer Sonic The Sunshine Underground Supercar Super Furry Animals Superglass SUPER SUPER Supersystem Surkin The Suzan Switch Syrup 16g Tacteel Takagi Masakatsu Talking Heads Tahiti 80 Tangerine Dream Taikoclub Teenage Bad Girl Teenage Fanclub The Teenagers Teki Latex Telefon Telepathe Tel Aviv The Telephones Television Tepr Theoretical Girl Terry Roison Terry Zwigoff Test Icicles These New Puritans Tomas Andersson Tommy Guerrero Thomas Bangalter Thomas Brinkmann Thom Yorke Those Dancing Days Thieves Like Us Tiga Tilly and the Wall Tim Deluxe The Ting Tings Tokyo Police Club Tomas Andersson Tom Middleton Tommy Guerrero To My Boy Tom Ze Tortoise Trafalgar Trash Fashion Travis TTC The Twang Twisted Charms Two Gallants Uffie Ultra Brain Unchain Undercover Underworld U2 Vampire Weekend Vanessa Van Basten Van She Vanshe Technologic Valerie Phillips Vermilion Sands The View Vanity The Velvet Underground Vermilion Sands The Verve The Vines Vincent Markowski Vinyl Junkie Vitalic Von Sudenfed V∞REDOMS Wagon Christ The Wannadies Warp We Are Scientists Weezer Wes Anderson We Start Fires The Whip White Scooper The White Stripes The Whitest Boy Alive Whitey The Who Why? Wichita Wigs Wild Beasts Wire Wolfgang Tillmans XL XTC Yanokami Yatt Yeah Yeah Yeahs Yellow Magic Orchestra Yelle Yo La Tengo Yonderboi Young Lovers Yppah YSP Yuksek Zongamin Zutons 赤犬 浅田次郎 浅野いにお あふりらんぽ 伊坂幸太郎 石野卓球 稲葉英樹 宇川直宏 羽海野チカ 大沢伸一 小沢健二 大竹伸朗 尾田栄一郎 おとぎ話 大人計画 小山田圭吾 棚田康司 ギターウルフ 銀杏Boyz 草間弥生 クラムボン くるり ザ・クロマニヨンズ 小池桂一 サイプレス上野とロベルト吉野 桜井鈴茂 佐藤秀峰 サニーデイサービス 鹿野淳 渋さ知らズ 清水祐也 しりあがり寿 信藤三雄 砂原良徳 スーパーカー スチャダラパー スマーフ男組 曽我部恵一 相対性理論 田島一成 田名網敬一 田中宗一郎 谷川俊太郎 電気グルーヴ 東京事変 タカノ綾 タナカカツキ 田中フミヤ チャットモンチー 谷岡ヤスジ 長尾謙一郎 中込智子 仲真史 中村一義 奈良美智 野田努 ノンポリラジカル ハイロウズ ハナレグミ 髭 藤子不二雄 ブルーハーツ フルカワミキ 古谷実 堀江博久 前野健太 ゆーきゃん ゆらゆら帝国 横尾忠則 松本大洋 村上春樹 珍しいキノコ舞踊団 森見登美彦 やけのはら ラーメンズ リリー・フランキー

T.H.A.N.K.S.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK始動!!!!!!
やあこんばんは!ry01です。

昨夜のGOOD ON THE DANCEFLOORにとって半年振りのパーティー、
"ALT A NATIVE SYNDICATE"にご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました!!!!!!
皆様のおかげで素晴らしいパーティーにすることが出来ました!!
年初の"Niw!コレ"に続き、一つの理想系のパーティーを行えた実感があります。
このパーティーを楽しみ尽くしてくださった皆さん、出演して頂いたアーティストの皆さん、支えてくださったMARZの平さんをはじめとしたスタッフの皆さん、そしてGOODメンバー、皆さんのポジティヴに「楽しもう!」という心があってこその大成功だったと思います。本当に感謝感謝です!


そして昨日は、サプライズ発表有りのスペシャル・パーティーだったのですが、
そのサプライズの全貌をこの場で改めて発表!!!!!!


gooddisk_logo.jpg

We'll start a new record label!
Our first release is label compilation.
Included in...
White Scooper, Nu clear classmate, AAPS, The New House!!!!!!
Release in 25th September!


日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、多方面から絶賛の声を浴びた、White Scooperの初音源『Thousand Valleys』をリリースしたことでも知られる、東京発の新世代アーティスト集団【GOOD ON THE DANCEFLOOR】のレーベル部門が、
この秋より新たに【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】として始動!!!!!!
記念すべき第一弾リリースとして、初のレーベル・コンピレーションCDが2009年9月25日にリリース決定!!

海外のThe Strokes~The Rapture~2 Many DJ's~Arctic Monkeys~Klaxonsらが象徴する、00年代のインディ・ロック/エレクトロのムーヴメントを通過し、この日本国内でもクロスオーヴァーな感覚を持って遂に自らのアイデンティティを鳴らし始めた新型バンドたちによる、「2010年世代」の出現ともいえるダンス/オルタナティヴな新世代サウンドを1枚にまとめたコンピレーションCD!
GOOD ON THE DANCEFLOOR初の全国流通作品!!


GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK compilation
"ALT A NATIVE SYNDICATE" 参加アーティスト


White Scooper
ws_20090628000941.jpg

Nu clear classmate
ncc_20090628001010.jpg

AAPS
aaps_20090628001036.jpg

The New House
thenewhouse.jpg

【Buy Area】
Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand

more info coming soooooon!!!!!!

logo design by deminil.
-----------------------------------------------------------------------------

というわけで、新レーベル【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】を始動します!!!!!!!!!!!!
その第一弾リリースとして、レーベル・コンピレーションCDを9月25日にリリースすることが大決定!

このコンピレーションでは、White ScooperやNu clear classmateといった<GOOD ON THE DANCEFLOOR>所属バンドをはじめ、Jインディっ子御用達の<Niw! Records>のコンピレーションCDに収録されたことでもすでに話題の、バキバキにエキセントリックなエレクトロ・バンドAAPSに、京都のダンス・ミュージック・レーベル<Second Royal>よりこの夏に7inchデビューを果たす、テムズビート~Animal Collective直系の豊潤なインディ・ロックを鳴らすThe New Houseという、昨夜のパーティーでも共演を果たした個性派4バンドの音源が収録されます!
そしてこの作品は、GOOD ON THE DANCEFLOORにとっては初の全国流通作品!
さらに国内だけではなく、欧米と豪州圏へはi-tunesでのリリースもカヴァーしていますので、世界へ向けてのリリースでもあります!!
それぞれのバンドが、独自の表現方法で「今」の音を鳴らしてみせた、真の意味での国産オルタナティヴ・サウンドが詰め込まれた"ALT A NATIVE SYNDICATE"なコンピレーションになること必至!!

今のところ発表できる情報は以上ですが、その他の詳細は随時発表していきます!!!!!!
とにかく、間違いなく楽しいことになりますので、発売まで是非お楽しみにしていてください!!



そして、今回の【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】始動に合わせて、MySpaceをリニューアル致しました!
コンピレーションCDに参加する4バンドの初出音源がアップされていますので、是非是非ご覧になってみてください!!
White Scooperは音源としては約一年振り、Nu clear classmateも約半年振り以上の新曲です!
しかもAAPSの「Satellites」と、The New Houseの「Kill The House」に至っては、それぞれのMySpaceで公開されているものとは別の、7inchリリース・ヴァージョンになりますので、これは要注目です!

■GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK
http://www.myspace.com/goodonthedancefloorjpn


各バンドとも、今後の収録曲の発表もどうぞお楽しみに!!

ちなみに、【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】発足に合わせて作られた上記の新レーベル・ロゴは、以前までGOOD On THE DANCEFLOORとして共に活動をしていた、SAFARIdeminilにアートワークを手掛けて頂きました!
カタカナを押し出したロゴに目を惹かれた方も多いのでは!
「国産オルタナティヴ」という言葉を強調した僕らの姿勢を、このレーベル・ロゴを通して視覚的にも伝えていきたいと思います!!





というわけで、以上がサプライズの内容でした!!
昨夜のNu clear classmateのライブでの発表時には大きく沸きましたが、皆さんのリアクションが非常に嬉しかったです!!!!!!

パーティー当日の様子はまた後日書き込みますので、sakiが撮影した写真のほうもどうぞお楽しみに◎


ry01
スポンサーサイト
ry01 CM(0) 

オルト・ア・ネイティヴ・シンジケイト!!!!!!!!!!!!
やあこんばんは!ry01です。

残すところ24時間後!!
いよいよ今夜は、GOOD ON THE DANCEFLOORにとって約半年振りのミッドナイト・パーティー、
"ALT A NATIVE SYNDYCATE"の開催です!!!!!!!!!!!!

090626flyer_m.jpg

2009/6/26(FRI.)
GOOD ON THE DANCEFLOOR presents
"ALT A NATIVE SYNDICATE"
@Shinjuku MARZ
http://www.marz.jp/html/news.html
OPEN/START 24:30
ADV/wtih flyer 1500yen DOOR 2000yen +1DRINK
(プレゼント有り!!!)
【Bands】
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
Nu clear classmate
http://www.myspace.com/nuclearclassmate
AAPS
http://www.myspace.com/tuneaaps
The New House
http://www.myspace.com/thenewhousetokyo
【DJs】
NITES(PERFECT SKIN)
http://www.myspace.com/nightsmusik
YONE(The Brixton Academy)
http://www.myspace.com/thebrixtonacademy
TSKKA(AAPS)
ry01
http://www.myspace.com/ry01good
【VJ】
OMOCHI
【Photo】
saki
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03/

東京発の新世代アーティスト集団/レーベル<GOOD ON THE DANCEFLOOR>による久方振りのミッドナイト・パーティーは、年初に代官山UNITで開催された"Niw! Collection '09"でのSALOONフロアの熱狂を経て、約半年振りに新宿MARZに帰還!
GOOD ON THE DANCEFLOORからは、昨年リリースされた初音源『Thousand Valleys』が80kidzのメンバーをはじめ多方面から絶賛の声を浴びたニューウェーヴ・バンドWhite Scooperと、自らのジャンルを「SUICIDE POP」と名乗るライオット・ガール&ボーイによるエレクトロ・ポップ・バンドNu clear classmateが、そして<Niw! Records>の最新コンピへの参加が決定したエキセントリック・ニューウェーヴ・バンドAAPSに、いよいよこの夏に<Second Royal>から7inchデビューとなるインディ・ロック・バンドThe New Houseまでもが参戦!
DJ陣には、アンダーグラウンド・パーティー"PERFECT SKIN"主催のNITES、初の全国流通CD『TBA』が現在話題沸騰中のThe Brixton AcademyのYONE、そしてAAPSからはTSKKA、GOOD DJsからはry01が、さらには毎度NCCのライブでもトリッキーな映像で盛り上げるOMOCHIをVJに迎えた、正に<GOOD ON THE DANCEFLOOR>な黄金ラインナップ!
しかも当日は驚きのサプライズ発表もアリ!!!???

art work by saki.

※Nu clear classmateのライブは、KABIのハンドメイドによるアクセサリーを身に付けてのコラボレーション・ライブの予定でしたが、アーティストの一身上の都合により、Nu clear classmateのみでのライブに変更となりました。
------------------------------------------------------------------------

というわけで、「正にGOOD!!」な黄金ラインナップでの開催です!!!!!!
新メンバーsilkが加わり、新編成となってからの初ライブとなるWhite Scooper、
The Brixton Academyのリリース・パーティーや"teenage kicks"でもフロアをライオットし続けてきたNCC、
自身の楽曲も収録された『FIVE ON THE MOVE』<Niw!>のコンピレーションCDが今週発売となったAAPS、
<Second Royal>からの7inchリリースを控え、各所でのライブが現在話題沸騰中のThe New Houseという、
個性派4組のインディ・バンドに加え、大阪遠征直前で大興奮モードなThe Brixton AcademyのYONE氏、キレのあるセレクトで"A"などのインディ・パーティーを沸かせているNITES氏、そしてAAPSのTSKKA氏がDJでフロアを沸かせます!
そしてVJには、NCCのライブで毎度鮮やかな視覚攻撃を放っているOMOCHIさんが参戦!

タイムテーブルもドドンと発表しちゃいます!!

24:30 OPEN/START
24:30~24:40 ry01
24:40~25:20 YONE
25:20~25:40 Nu clear classmate
25:40~26:10 AAPS
26:10~26:40 NITES
26:40~27:10 White Scooper
27:10~27:40 TSKKA
27:40~28:10 THE NEW HOUSE
28:10~28:40 NITES
28:40~29:00 ry01
29:00 END

非常に内容の濃いラインナップですよー!もはや休む暇がありません!!

さらに、来場者プレゼントとサプライズ発表があるのも今夜の大きな醍醐味です!!
まず会場に入った際にプレゼントが配布されますが、手に取った瞬間に「ん?何だコレは??」と「?」マークが付くこと必死なプレゼントになっております笑
サプライズ発表に関するヒントが隠されていますので、「うーん、これは何を意味するんだ!?」とワクワクしながらパーティーを楽しんでしまってください!
ちなみに肝心の発表は、トップバッターのNu clear classmateが務めることになりましたので、お見逃しのないようによろしくお願いします!!!!!!
いやー、もう早く発表したくてうずうずしています!
少なからずとも皆さんが驚いて喜んで頂けることかと思っていますので、どうぞお楽しみにしていてください!

その他にも、アート・スペースや装飾など、GOODのパーティーならではのお楽しみを沢山ご用意していますので、皆さんの週末の高揚感をこのパーティーにぶつけて頂ければ幸いです◎
きっと皆さん給料日直後だと思いますので、是非是非朝まで楽しく飲みましょう笑

チケット予約は当日21時まで受付けておりますので、まだ予約をされていない方はお早めに!
チケット予約をご希望される場合は、「6/26(金)新宿MARZ」「お名前」「枚数」をご記入の上、
info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければ予約を承ります!!


それでは今夜は共に素敵な夜にしましょう!!
会場でお待ちしておりますー!!!!!!


ry01
ry01 CM(0) 

kicks→KZ→80kidz
090619-009.jpg

やあこんばんは!ry01です。
いやー、先週からの風邪が悪化してしまいました。。。
明日は久方振りのGOODのパーティーだというのに!!


さて、先週末はパーティー続きだったのですが、
上の写真は、金曜日に開催された"teenage kicks"でのNu clear classmateのライブの様子です!
OMOCHIさんの鮮やかなVJと、急遽ベーシストとして参加した、donkey vegetable voxxx!!!のダイスケさんのベースラインがマッチングー!でしたね!!
これはもしかすると、NCCがバンド形態でライブを行う日が近々やってくるのかもしれません!?
期待してみましょう!!!!!!
ちなみにこの日、DJの時間帯にVJをされていたのはステレオテニスのひとみさんでした!
ひとみさんはいつも可愛い!!


そしてその次の日は、私ry01は、PILLS EMPIREQUATTROの共同企画にして一大ロック・フェス、
"KZ"のアフター・パーティーにてDJをして参りました!
まず自分は本編の時間から遊びに行っていたのですが、新宿MARZ、Marble、Motionの3店舗ぶち抜きで行われたこのイベントでは、それぞれお客さんがお目当てのアーティストを観るために会場を行き来し、常にどの会場でも盛り上がりを見せていました。正にフェス!
ちなみに、自分が実際に観たバンドは、
KuNoKu→The New House→NaLas→My Way My Love→6EYES→moja
→QUATTRO→Veni Vidi Viciouns→PILLS EMPIRE
です。普段なかなか観る機会が無いバンドが多かったので、実際にいろいろ観れて勉強になりました。
トリのPILLS EMPIREは圧巻!もっともっと彼らの曲を聴いてみたいですね~。

本編が終わり、ヒラケンさんとつけ麺を食べに行った後、いよいよ"AFTER KZ"が開催!
名立たるロックDJパーティーでレジデントをされている方々とのDJだったので、どういったセットでいくか非常に迷いましたが、自分はあくまでも自分らしくいかせて頂きました!!
踊ってくださった方々に感謝です◎
当日のセットリストはこんな感じです↓↓↓

"AFTER KZ" SET LIST
I Go I Go I Go / Wave Machines
You Make Me Dizzy / The Young Lovers
Mind Dimension / Tiga
Summertime / Wiley
WTF feat. Kid Sister & Pase Rock / Tittsworth
Solta O Frango [Tofubeats Remix] / Bonde Do Role
Bubblegum / Thunderheist
New Rap City / 2 Much Crew
Afro Jacker / Machines Don't Care
Walker / Shadow Dancer
Remedy / Little Boots
Beautiful, Dirty, Rich / Lady Gaga
One Day / The Juan Maclean
Flying Sausor / iLL
Night Club [Gape! Remix] / The Brixton Academy
Brother Sport / Animal Collective

最後のブリクストンとアニコレのマッシュアップはもうちょっと上手くやりたかたのですが!汗
Lady Gagaを初めてDJでかけました!

Lady Gaga - Beautiful, Dirty, Rich




そして週が明けて今週火曜日は、恵比寿リキッドルームに80kidzのライブを観に行って参りました。
その際の感想として、某SNSサイトで書いた自分の日記を引用させて頂きます。
-----------------------------------------------------------------------------
いやー、すごく良かったです。
演奏の話はとりあえず置いておくとして、去年のGANBAN NIGHTで観たときよりも、各段に良いライブでした。
『This is My Shit』の曲が堂々と鳴り響いていたし、リミックス曲をほとんどやらなかったのも、歌モノ曲でMAYUさんとAliさんが歌いまくっていたのも良かった!

何よりも感動したのが、自分はフロア後方で観ていたのだけど、前にカップルが2組いて。
片方は、これは失礼な話だけど、明らかにクラブに一度も行ったことが無さそうな感じのカップルで、でも二人で手を挙げてニコニコしながらすっごい踊っていて、曲間に手を繋いで「最高だね」みたいなことを言っていたのを見て、まずちょっとウルッとなってしまって。
で、もう片方のカップルはというと、明らかに彼女のほうが彼氏に無理矢理連れて来られた感じで、途中まではずっと腕を組んで観ていたのだけど、徐々にリズムに合わせて体を動かすようになってきて、最後の最後には彼氏と一緒に手を挙げてハンドクラップして盛り上がっていて、それを見てまたちょっと泣きそうになってしまった。
音楽って良いなあと。

やっぱり80kidzは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONだと思った。
これは自分が思いつく限りの最大のリスペクトの言葉で、うーん、うまく伝われば良いのだけど。
ちなみに00年代にデビューした日本のバンドで、自分が一番好きバンドはアジカンです。
-----------------------------------------------------------------------------
というわけで、とても良いライブだったということです。元気もらいました!!
今年のフジロックに遊びに行かれる方は、二日目の深夜はレッドーマーキーに集合しましょう!!!!!!



といった感じで、先週末から今週頭までを振り返ってみました!
そしてい、よいよ明日はGOOD ON THE DANCEFLOORにとって約半年振りのミッドナイト・パーティー、
"ALT A NATIVE A SYNDICATE"が大大大開催されます!!!!!!
この後に続けて告知をしますので、要チェックでよろしくお願いしますー!


ry01
ry01 CM(0) 

My Nameレポと今週末
090612-014.jpg

やあこんばんは!そしておはようございます!ry01です。
この記事を書いたら即効で寝て、朝出勤でございます。

もう先週末の話ですが、渋谷ROOTSで開催された新DJパーティー"My Name vol.01"にお越し頂いた皆さん、本当にありがとうございました!!!!!!
ゆるーくワイワイと飲んで楽しめるパーティーを目指していたのですが、皆さんのおかげでとても良い雰囲気のパーティーにすることが出来ました!
皆さんにとっても、音楽と人が気軽にコミュニケーション出来る場であってもらえたのであれば、僕も嬉しいです。
とはいっても、ただゆるーく飲むだけではなく、出演者の皆さんがそれぞれナイスなDJをしてくださったので、僕もDJブースに終始張り付いていました笑

090612-001.jpg
YONEさんは<DFA>もの多めのフロア仕様!
手前にいるのはヒラケンさん!

090612-003.jpg
某ブリクストンアカデミーのリズム隊のお二人!
この後アストロホールにハシゴ→そのまま家に帰って曲作りだったそうです!

090612-007.jpg
ヘッドロックされる卓球の愛ちゃんさん。
モーニング娘の「LOVEマシーン」をヴァイナルでかけるとは!笑

090612-013.jpg
TSKKAさんインディ仕様!
初めて聴いたロングセット良かったです!


当日の自分のセットリストはこちら↓↓↓

09/06/12(FRI.)
"My Name vol.1" SET LIST

You Make Me Dizzy / The Young Lovers
Blinded By The Light / The Streets
Archangel / Burial
Rusty Nails / Moderat
Notes / Louderbach
Bits & Pieces / Junior Boys
What You Need / Tiga
Love You Madly / The Young Lovers
Happy House / The Juan Maclean
Asobi / Zazen Boys
Max Motion / ALTZ
Red F / Dan Deacon

初めてダブステップを織り交ぜてみました!
真夜中~明け方の怪しい感じを出していこうと思ったのですが、DENONのCDJに大苦戦しました汗
むー、リベンジしたいです!

また第二回も近々開催できたらと思うので、是非次回も"My Name"をチェックよろしくお願いします!!





話は変わって今週末は、GOODメンバーが出演するパーティーが二本立て!!

まず19日の金曜日は、「Tokyo Post Modern Trash Rock Partyyy」こと"disco teenage kicks"の初のガールズパーティーにNu clear classmateが、
そして20日の土曜日は、新宿MARZ、Marble、Motionを三店舗ぶち抜きで行われる、PILLS EMPIREとQUATTROによる大ロック・パーティー"KZ"のアフターパーティーにてry01がDJとして出演!!

共に要チェックですよーーー!!!!!!

----------------------------------------------------------------------------
teenage.jpg

2009/06/19(FRI.)
disco teenage kicks presents
"kicks girls"
@Shibuya LA FABRIQUE
http://lafabrique.iflyer.jp/venue/access
OPEN/START 23:30
GIRLS 2000yen DOOR 3000yen WF 2500yen +1DRINK
【DJs】
PUNKADELIX
http://www.myspace.com/alicelosthighway
http://www.myspace.com/tkoxxx
RS(TEENAGEKICKS)
MITTY
EMIKO(SEX/LINDA TUNE)
http://www.myspace.com/sssexsssex
Chery Bomb(Spank!)
Dorothy(Nude Trump)
HISOKA(Shouts/TEENAGE KICKS)
【LIVE】
Nu Clear Classmate feat. VJ OMOCHI
http://www.myspace.com/nuclearclassmate
【VJ】
STEREO TENNIS
http://www.myspace.com/stereotennis
※写真付きID必須。20歳以下の方の入場は出来ません。

PUNKADELIXやSEXのEMIKOさんといった女性DJ陣をはじめ、昨年10月に幕張メッセで行われた"GANBAN NIGHT"でのユーモア溢れるVJが記憶に新しいSTEREO TENISのひとみさんとも初の共演なので、NCCも気合が入っているのではないのでしょうか!
今回のNCCのライブには、スペシャルゲストとしてdonkey vegetabule voxxxxxx!!!!のベーシスト、ダイスケさんが急遽参加決定!そしてVJにはOMOCHIさん!!
いつもと違うNCCが観れるかもしれません!!??

男子も女装大歓迎らしいので、女子も男子もびっきりお洒落をして楽しみましょー!

----------------------------------------------------------------------------

2009/06/20(SAT.)
"AFTER KZ"
@Shinjuku Marble
http://marble-web.jp/
OPEN/START 23:30
ADV/DOOR 1500yen w/1DRINK
※本編"KZ"の半券持込で2drink付き1000yen!
【DJs】
タイラダイスケ(FREETHROW/soultoday)
弦先誠人(FREETHROW/puke!)
神啓文(FREETHROW/Getting Better)
Taiyo Sawada(Hard To Explain)
前田博章(puke!)
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)
Kenta Hirano(On the B.E.A.T!!!)

詳細はコチラ↓
http://www.pillsempire.com

PILLS EMPIREやQUATTRO、The New Houseが出演する"KZ"本編はもちろん必見なのですが、こちらのアフターパーティーも要チェック!!
名立たるロックDJパーティーのレジデントを務める方々ばかりなので、自分も気合いが入っております!
若さでは負けないと思うので、なんとか一矢報いたいところ!!
しかもトップバッターと思いきや、わりと中盤の時間帯でしたので、ガッツリ皆さんを楽しませられるように頑張りますー!!
エントランス代も、本編のチケット半券があれば実質ドリンク代だけで入場できますので、是非是非"KZ"の余韻をそのままに、朝まで踊って楽しみましょう◎



というわけで、今週末は各会場でお会いしましょー!


ry01
ry01 CM(2) 

5月に紹介し切れなかった盤を申し訳程度に その2
やあこんばんは!ry01です。

結局前回のブログから早一週間。。。
むー、最近はなかなか定期的な更新が出来ずにすみません泣
もはや6月も終盤に差し掛かってきたこの時期なので、「今更5月の作品を紹介されても!」と思うかもしれませんが、書かないままだと気持ちが前に進まないので、念のため紹介させてください!
今回はクラブ・ミュージック編!!


□■Techno / Electro■□

juanmaclean.jpg

The Juan Maclean 『The Future Will Come』

ニューヨークはブルックリンが世界に誇るディスコ・パンク・レーベル<DFA>にて、LCD Soundsystemと共に看板アーティストとして活躍する彼らの、4年振りの2ndアルバムにして09年ベストディスク大本命作。
丹念に作りこまれたディスコ・サウンドに舌を巻くばかり。全てが神過ぎます。

The Juan Maclean - One Day






tiga.jpg

Tiga 『Ciao!』

セクシー・エレクトロ番長Tiga先生による待望の2nd。
もはや全曲がJustin Timberlakeの「Sexy Back」のようなエロさ。
途中のニューウェーヴ・バンド風トラックにしても、大ラストのドラマティックな超尺トラック「Love Don't Dance Here Anymore」(なんて切ないタイトル!)にしても、流石の出来です。

Tiga - Shoes






thefield.jpg

The Field 『Yesterday And Today』

BattlesやTom Yorkeのリミクスもこなす、ドイツの名門テクノ・レーベル<KOMPAKT>が送り出すスウェーデン人テクノ・アーティストの2nd。
現在のインディ・ロック・シーンともタイムリーで共振する、シューゲイジングなミニマル・テクノがひたすら気持ち良いです。しゅわわ~。

The Field - The More That I Do






moderat.jpg

Moderat 『Moderat』

昨年のRadiohead来日公演のオープニング・アクトを務めたことでも記憶に新しいModeselektorと、新進エレクトロニカ~ダブステップ・トラックメイカーのApparatの二組による注目コラボ作。
ぶっちゃけ、それぞれのソロ作より出来が良いです。
ちなみにこの二組、昨年リリースされたBoys NoizeのMIX CD『BUGGEDOut!』でも共に収録されていましたよね。

Moderat - Les Grandes Marches






younglovers.jpg

The Young Lovers 『The Young Lovers』

マイケル・ジャクソン「Thriller」ネタの「Cheap Thrills」でお馴染み、フィジェット・ハウスの代表格Herveの変名ユニットによる初アルバム。
下世話でバウンシーなフィジェット・ハウスからは敢えて路線を変更し、ジャズやクラシックの要素を組み込んだ、怪しげで大人なムード溢れるダークなトラックが目白押し。

The Young Lovers - You Make Me Dizzy






□■Hip Hop (Overseas)■□

ladysovereign.jpg

Lady Sovereign 『Jigsaw』

UKの女性グライム・アーティスト、愛するソヴァリンちゃんの2年半振りの2nd。
エレクトロを上手に取り入れたハイブリッドなヒップホップ・トラックに乗せて、今回もパワフルなラップを聴かせてくれます。
シングル曲「So Human」はThe Cureネタ。

Lady Sovereign - So Human






wiley.jpg

Wiley 『See Clear Now』

Dizzee Rascalと共にUKグライム・シーンの顔役を務める、国民的アンダーグラウンド・ラッパーの最新作。
今回の作品でも、Daft Punkの「Aerodynamic」をモロに使った「Summertime」など、トリッキーなトラックが目白押し。

Wiley - Summertime






□■Hip Hop (Japanese)■□

seeda.jpg

SEEDA 『SEEDA』

TERIYAKI BOYZへのDISソング「TERIYAKI BEEF」でも話題になった、00年代後半の日本語ラップ・シーンを語る上では外せない実力はラッパーの引退作。
日本のアンダーグラウンド・ヒップホップの中では珍しく、Kanye WestやT-Painの最近の作品を髣髴とさせる、USメインストリームの空気を纏ったトラックが新鮮。
VERBALはビーフ合戦に乗らなかったけども、勝てない試合だと踏んだのでしょう。

SEEDA & OKI - TERIYAKI BEEF






djbaku.jpg

DJ BAKU 『JAPADAPTA』

いとうせいこうからブルーハーブ、そしてNORIKIYOまで、日本語ラップの歴史を網羅した日本人ラッパーのトラックのみで構成されたMIX CD。
BorisやスターリンにTurtle Islandなど、ロック・サイドから放たれる日本のレベル・ミュージックを間に挟む気の効き具合も感動的。

DJ BAKU - JAPADAPTA INTERVIEW




といった感じで、5月に紹介し切れなかった盤たちを2回に分けご紹介させて頂きました!
気になった作品がありましたら是非チェックしてみてください!!


ry01
ry01 CM(0) 

梅雨
どうも        です。

もうすぐGOODのイベントですね

因みに26日の深夜です

金曜の夜・・・むふふふふ
土曜の朝・・・うえええええ

こんな感じで行く予定
ご想像にお任せしますが・・・

どうぞ是非ご想像通りに付き合って下さい


fuji5y CM(0) 

My name is slim shady...
やあこんばんは!ry01です。
こんばんはというか、もはやおはようございますの時間!?

何でこんな時間まで起きていたのかというと、今夜は渋谷ROOTSにてDJパーティー"My Name"が開催されるので、それに向けてDJの練習をしていたわけです!
The New Houseのmoro☆とseiyaと自分の3人で新しく始めるパーティーなので、やはり気合を入れて挑みますとも!

記念すべきvol.1は、今月26日に行われる久方振りのGOOD ON THE DANCEFLOORのパーティー"ALT A NATIVE SYNDICATE"の前哨戦として、AAPSのTSKKAさんや、The Brixton AcademyのYONEさんにDJとして参加して頂きます!
さらには、John's GuerrillaやVeni Vidi Viciousなどのミュージック・ビデオのディレクターを務めるMani君に、「卓球の愛ちゃんとニシコリ」というブラック・ユーモアなネーミング・センスが光る謎のDJまでもが参加決定!
この渋谷ROOTSは、ソファーなどにゆったりと座りながら飲めるバーのような箱で、エントランス代もドリンク込みで1500円なので、是非是非気軽に飲みにいらして頂けると嬉しいです!

----------------------------------------------------------------------------
2009/6/12(FRI.)
"My Name vol.1"
@Shibuya ROOTS
http://www.roots1998.com/
OPEN/START 22:00 CLOSE 29:00
ADV 1500yen w/1DRINK
【DJs】
MOYASHI(The New House)
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)
TSKKA(AAPS)
YONE(The Brixton Academy)
manism(KuNoKu/manifilms)
卓球の愛ちゃんとニシコリ

~以下ふざけ過ぎてボツにされてしまったパーティー紹介文~
My name is slim shady...
2009年初夏、エミネムのカムバックに合わせるかのように(?)、The New Houseのmoro☆とseiya、そしてGOOD ON THE DANCEFLOORのry01の三人がリアルBeat-Boyを目指すべく、「踊りたい/回したい/飲みたい」のパーティー三本柱に「友達作りたい」を加えてがっぷり四つで挑む新パーティー!
見晴らし最高、居心地最高なHIGH PLACESに移転した渋谷ROOTSを盛り上げるのは、マッドなDJ達 and you!
要はあなたの名前を知りたいんです…。

タイムテーブル↓↓↓
22:00~ FREE TIME
23:00~ MOYASHI
23:50~ YONE
24:40~ manism
25:40~ 卓球の愛ちゃん
26:40~ TSKKA
27:40~ ry01
28:30~ B2B
29:00 END

渋谷ROOTSへの行き方↓↓↓
92n907D.jpg
【Access】
渋谷駅より徒歩3分。
109を左手に見て、文化村通りを東急本店に向かって直進。
ドンキホーテのある交差点を渡り、そのまま真っすぐデパート沿いを進んで、右手にあるビルの5階になります。地下にmoduleの入ってるビルです。



そして今週末は、日曜日にNu clear classmateのライブもあります!!
1月の"Niw! Collection '09"でもUNITフロアに出演していた男女混合のカラフルなディスコ・パンク・バンド、donkey vegetable voxxx!!!が主催するイベント"ONE MORE DANCE"に出演!
メロディック~スカ・パンク・バンドが多くを占める中、この日のNCCはどんなパフォーマンスを魅せてくれるのか!?

----------------------------------------------------------------------------
2009/06/14(SUN.)
dvv!!! presents
"ONE MORE DANCE Vol.1"
@Waseda ZONE-B
http://zone-b.jp/
OPEN 16:30 START 17:00
ADV 1500yen DOOR 1800yen +1DRINK
【Bands】
All of Me
http://www.myspace.com/allofmejp
BASSUI
http://www.myspace.com/bassuijp
CIGUATERA ATTACK!!(大阪)
http://www.myspace.com/ciguateraattack
donkey vegetable voxxx!!!
http://www.myspace.com/donkeyvegetablevoxxx
Free Kick(北海道)
http://www.myspace.com/skapunkfreekick
KiLLKiLLS(ex.けちゃっぷmania)
http://www.myspace.com/killkills
Nu clear classmate
http://www.myspace.com/nuclearclassmate
ジュリアナアゲイン(富山)
http://www.myspace.com/julianaagain

※6/14(日)の公演のチケットは予約を受付けております。
予約をご希望される場合は、「お名前」「6/14」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければ予約を承ります。



それでは良い週末を!!


ry01
ry01 CM(0) 

5月に紹介し切れなかった盤を申し訳程度に その1
やあこんばんは!ry01です。

6月が始まり、あっという間に10日が過ぎてしまいましたが、5月後半にブログを小まめに更新出来なかったことを未だに悔やんでおります…。
紹介したかった作品が山ほどあったのに!!

というわけで、今回と次回の記事で連続して、5月に紹介し切れなかった作品を少しずつですが紹介させて頂くことにしました!
いつもの記事と比べて各作品のレビューは激減ですが、どれも良い作品ばかりなので、是非YOUTUBEのビデオなどをチェックしてみてください!!


□■US Indie■□

passionpit.jpg

Passion Pit 『Manners』

昨年末から代表曲「Sleepyhead」がアンセムとなっていた、注目ドリーミー・ポップ・バンドのデビュー作。
夢見心地なサウンド・プロダクションと、もはや70年代ソウルなメロディラインが素晴らしいです!

Passion Pit - The Reeling






conoroberst.jpg

Conor Oberst and the Mystic Valley Band 『Outer South』

自分がアメリカ大陸で最も敬愛するシンガー・ソングライターである、Bright EyesことConor Oberstによる、バンド編成での最新作。
Bright Eyes諸作に比べ、風通しの良いカントリー/フォーク・ロックが揃っています。

Conor Oberst and the Mystic Valley Band - Nicorette






□■UK Indie■□

horrors.jpg

The Horrors 『Primaly Colours』

ゴシック色の強いサイケ・ガレージ・バンドだったThe Horrorsが大化け!
この新作では、シューゲイザーやネオアコからの影響を匂わせる煌びやかなギター・サウンドと、CANやNeu!にも似たミニマルなビートが印象的。

The Horrors - Who Can Say






graham.jpg

Graham Coxon 『The Spining Top』

いよいよこの夏にBlurにカムバックを果たす、天才ギタリストの最新ソロ作。
この爪弾くアコースティック・ギターの素晴らしい音色を聴いていると、Blur再結成ライブを観に行ける人が羨ましくてしょうがないです。
彼ゲストとして参加した、4月にリリースされたPete Dohertyのソロよりも、この作品のほうが遥かに良いのではないでしょうか。

Graham Coxon - Sorrow's Army






juniorboys.jpg

Junior Boys 『Begone Dull Care』

相変わらずロマンティックが止まらないエレクトロ・ポップ・バンドによる3rd。
Passion Pitにメロメロの方は、きっと彼らの音楽も気に入るはず。
むしろPassion Pitより大人でセクシーです。たまりません。

Junior Boys - Hazel






□■J-indie■□

elmo.jpg

Elmo 『Still Remains』

今年頭に2 much crewの傑作『Bubble You』をリリースしたことでも知られるWD SOUNDSより、東京の新型カオティック・ハードコア・バンドの最新EP。
というより、ヴォーカルの彼とは元々職場が一緒だったのです。
Struggle For PrideもBREAKfASTもABRAHAM CROSSも、全部彼に教えてもらいました。自分にとってのハードコア師匠!







nisen.jpg

にせんねんもんだい 『FAN』

先日のNO AGEの来日公演でも素晴らしいパフォーマンスを披露していた、日本が誇るガールズ3ピースのミニマル・ノイズ・バンド。
まるでNeu!がDerrick Mayの「Strings of Life」を演奏しているかの如し!

にせんねんもんだい - ミラーボール




次回はクラブ・ミュージック編です!


ry01
ry01 CM(0) 

GOOD ON THE ゆるブログ vol.17【GJ☆ジャケット:5月度】
manics_20090606102538.jpg

やあこんにちは!ry01です。

今回は毎月恒例【GJ☆ジャケット】の発表!!
月毎に「GJ☆(グッジョブ)」(元ネタはハチクロですよ)と思ったアートワークのCD/レコード・ジャケットを選出し、ベスト3までを表彰して勝手に盛り上がるという、なんとも個人の趣味丸出しなこの企画。


栄えある5月度の第一位に輝いたのは、
Manics Street Preachersの2年振りとなる9thアルバム『Journal For Plague Lovers』!!

マニックスといえば、92年に『Generation Terrorists』でデビューしたイギリスを代表するオルタナティヴ・ロック・バンドのこと。
デビュー時には「30曲入り2枚組のデビューアルバムを作って、世界中でNo.1を取って解散する」と大袈裟な解散宣言をしたり、その発言がハッタリでないことを証明する為に、メンバーのリッチー・ジェイムスが自らの腕に剃刀の刃で「4 REAL」という文字を切り刻んだり、彼らの代表曲「Motown Junk」では「ジョン・レノンが撃たれたとき、俺は笑ってやったんだ」という過激なリリックを盛り込んだり、その奇行っぷりで毎度周囲を驚かせていた彼らは、94年に3rdアルバム『The Holy Bible』をリリース直後にリリックを手掛けていたリッチーが突如として失踪し、不遇の形で現在の3ピースという編成になるという、痛々しい過去を持つバンドでもあります。
消息不明となった後も、家族やバンド側の要望でメンバーとしてクレジットされていたリッチーは、14年間の捜索も実らず、昨年になってイギリスの裁判所から死亡宣告届が発せられ、正式に「死亡」とされたわけなのですが、今回の作品ではリッチーが残した散文を元にリリックを構成するという、彼らなりの忌まわしき過去への落とし前であり、そしてリッチーへの友情を超えた愛情の証であり、彼らが通過しなければならなかった作品なのだったのだと思います。

今回のジャケットのアートワークで、『The Holy Bible』と同じくJenny Savilleの作品を起用しているのも、偶然ではなく必然だったのではないでしょうか。
このジャケットからも表れているように、今回の作品では、ハード・ロックから初期グランジへと移行する時代の狭間の熱狂を切り取ったかのような、デビュー当初の鮮やかさと危うさを兼ね備えた初期衝動に塗れています。
この作品を時代錯誤の産業廃棄物と呼ぶか、それとも、彼らの留まることのない情熱が生んだ原点回帰作と呼ぶか、それはあなた次第。

Manic Street Preachers / Peeled Apples






grizzlybear.jpg

続いて第二位は、Grizzly Bearの3rdアルバム『Veckatimest』!

今年になって創立20周年を迎えた、イギリスが誇るテクノ/エレクトロニカの総本山レーベル<Warp>が送り出す、アメリカはブルックリン出身の異能フォーク・バンドであるこの灰色クマたんは、00年代のUSネオ・フォークを代表するAnimal CollectiveDevendra Banhartらと並べて語られることが多いですが、昨年Fleet Foxesをスルーしてしまった(The New Houseのモロ君に「なんで<GOOD MAG.>の年間ベストディスクに入っていないんだ!?」と怒られました笑)自分としては、その借りを返すべく、彼らのことはプッシュしておかなければと思います!

前述したバンドたちと同じくアンチ・ロック・イズムを感じさせる彼らの、アコースティック・ギターとコーラスが織り成す暖かなハーモニーからは、クラシック音楽からの影響を強く感じさせ、湿り気のあるサイケデリックな音像と、流れるような美しいメロディーラインからは、『Sgt. Pepper's~』『ホワイト・アルバム』期のビートルズの黄金律を髣髴とさせます。
つまり、相当素晴らしい音楽をやっているということです。

ちなみに、今回のジャケットのアートワークを手掛けたWilliam J. O'brienのサイトでは、彼のドローイング作品やとトーバックなどのグッズも観ることができます。可愛い!

■William J. O'brien
http://www.wobwobwob.com/

ビデオにもなっている「Two Weeks」は、まるでビーチ・ボーイズな大名曲!
メンバーのとぼけた表情がなんとも良いですね笑
先週末の"On the B.E.A.T!!!"でヒラケンさんがスピンしていたFred Falkeのリミクスも素晴らしいです!!

Grizzly Bear / Two Weeks






killerbong.jpg

そして第三位は、Killer Bongの『Lost Tapes』!

東京のアンダーグランド・ヒップホップ~ハードコア・シーン界隈で活動を続ける音楽家集団THINK TANKのメンバーでもある彼のこの新作は、タイトルの通り数々のカセットテープをサンプリング・ソースにし、それをダーティーにエディットし直した、全56トラック80分という気が狂ったコラージュ・アートのような超絶問題作!
自分もこのアーティストについては詳しくは知らないのですが、まるでこれは、Madlibが昨年リリースした、J Dillaトリビュート・カラーを打ち出したインスト・ヒップホップ・アルバム『Beat Konducta』シリーズを髣髴させる、漆黒の現実とメロウな夢を描いた一大サンプリング作品です。

ジャケットのアートワークも彼の手によるものらしいのですが、彼の音楽のマッドな異世界観がうまく表れています!
彼の作品を集めたアート・ブック『Black Book』も是非一度観てみたいものです。

※YOUTUBEなどに特に音源が無かったので、ディスクユニオンのサイトで試聴してみてください↓
http://diskunion.net/portal/ct/detail/090430HH004



というわけで、以上、5月度の【GJ☆ジャケット】でした!
6月度の発表もどうぞお楽しみに!!


ry01
ry01 CM(0) 

ALT A NATIVE SYNDICATE!!!!!!
やあこんにちは!ry01です。
今日は雨なので、早起きして家でまったりしています◎
昼から出掛けたいので、雨が止むと良いのですが!

さてさて、chickが前々回の記事でもフライヤーをアップしてくれていましたが、今月末に行われる約半年振りのGOOD ON THE DANCEFLOORのパーティー"ALT A NATIVE SYNDICATE"の全出演者が決定しました!!
改めて当日の詳細をドドンとお知らせ!!!!!!

090626flyer_m.jpg

2009/6/26(FRI.)
GOOD ON THE DANCEFLOOR presents
"ALT A NATIVE SYNDICATE"
@Shinjuku MARZ
http://www.marz.jp/html/news.html
OPEN/START 24:30
ADV/wtih flyer 1500yen DOOR 2000yen +1DRINK
(プレゼント有り!!!)
【Bands】
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
Nu clear classmate×KABI
http://www.myspace.com/nuclearclassmate
AAPS
http://www.myspace.com/tuneaaps
The New House
http://www.myspace.com/thenewhousetokyo
【DJs】
NITES(PERFECT SKIN)
http://www.myspace.com/nightsmusik
YONE(The Brixton Academy)
http://www.myspace.com/thebrixtonacademy
TSKKA(AAPS)
ry01
http://www.myspace.com/ry01good
【VJ】
OMOCHI
【Photo】
saki
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03/

東京発の新世代アーティスト集団/レーベル<GOOD ON THE DANCEFLOOR>による久方振りのミッドナイト・パーティーは、年初に代官山UNITで開催された"Niw! Collection '09"でのSALOONフロアの熱狂を経て、約半年振りに新宿MARZに帰還!
GOOD ON THE DANCEFLOORからは、昨年リリースされた初音源『Thousand Valleys』が80kidzのメンバーをはじめ多方面から絶賛の声を浴びたニューウェーヴ・バンドWhite Scooperと、自らのジャンルを「SUICIDE POP」と名乗るライオット・ガール&ボーイによるエレクトロ・ポップ・バンドNu clear classmateが、そして<Niw! Records>の最新コンピへの参加が決定したエキセントリック・ニューウェーヴ・バンドAAPSに、いよいよこの夏に<Second Royal>から7inchデビューとなるインディ・ロック・バンドThe New Houseまでもが参戦!
DJ陣には、アンダーグラウンド・パーティー"PERFECT SKIN"主催のNITES、初の全国流通CD『TBA』が現在話題沸騰中のThe Brixton AcademyのYONE、そしてAAPSからはTSKKA、GOOD DJsからはry01が、さらには毎度NCCのライブでもトリッキーな映像で盛り上げるOMOCHIをVJに迎えた、正に<GOOD ON THE DANCEFLOOR>な黄金ラインナップ!
しかも当日は驚きのサプライズ発表もアリ!!!???

Art work by saki.
-----------------------------------------------------------------

というわけで、今回のパーティーのタイトルが【ALT A NATIVE SYNDICATE】であるように、この東京で真のオルタナティヴ精神を持って自らの音楽/表現を発信している、素晴らしいアーティストの皆さんに集まって頂くことが出来ました!
正にGOOD ON THE DANCEFLOORならではのラインナップになったのではないかと思います!
毎度GOODのパーティーでもお馴染みのWhite ScooperとNu clear classmateに加え、AAPSは<Niw! Records>の『FIVE ON THE MOVE』のコンピレーションがリリース直後、The New Houseに至っては<Second Royal>から待望の7inchデビュー直後という、正にベストタイミングでの出演になります!!
DJ陣も、"Niw! Collection '09"でもナイスなプレイを魅せてくれたNITESさん、AAPSのツッカさん、そしてThe Brixton AcademyのYONEさんも大阪遠征直前にDJをしにきてくれます!
VJには、毎度NCCのライブでトリッキーな映像で盛り上げてくれているOMOCHIさんを迎えます!
ちなみに今回のフライヤーのアートワークは、いつもGOODのイベントで写真撮影をしてくれているsakiによるもの!

そして今回は何といってもサプライズ発表アリということで、さてさて、何が起きるやら!?
きっと皆さんが驚く内容なので、それも楽しみの一つにして頂けたらと思います◎
今回はサプライズパーティーということで、チケット代もいつもより安めに設定してみましたので、給料日後の一番豊かな懐をこのパーティーにぶつけてもらえればと思います笑
好きなだけ飲んでしまいましょー!!

ちなみにWhite Scooperのこの日のライブは、
Reinaに代わり新メンバーのSilkが加入してからの初ライブになります!
久方振りのライブとなるWhite Scooperですが、どんな新モードを見せてくれるか、これは必見です!!
※これまでWhite ScooperのBass/Samplerを担当していたReinaが、一身上の都合によりバンドを脱退する運びとなりました。ReinaとSilkの新しい門出を、それぞれ暖かく見守って頂けると幸いです!

その他にもプレゼントがあったり、今回のパーティーはお楽しみが盛り沢山!!
チケット予約も現在絶賛受付中ですので、予約をご希望される場合は、
「6/26(金)新宿MARZ」「お名前」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければ予約を承ります!
予約はお早めにどうぞ!!


というわけで今月の絞めはこのパーティーで決定!!
是非是非皆さん遊びにいらしてくださいね◎


ry01
ry01 CM(0) 

鹿ハンターと6月のGOOD
090604.jpg

やあこんばんは!ry01です。

昨日はDeerhunterのライブを観に行ってきました!
Deerhunterといえば、昨年リリースされた3rdアルバム『Microcastle』が、各音楽雑誌の2008年ベストディスク特集内で軒並み上位にランクインするほど(ちなみに<GOOD MAG.>創刊号の「2008年ベストディスク特集」内でも第8位に選出!)、現在のUSオルタナティヴ・シーンの中で一等星の輝きを放っているサイケデリック・ギター・バンドのことですが、いやー、ライブがこれまた素晴らしかったです。
まるでMy Bloody ValentineSonic YouthDinosaur Jr.の音楽を同時に味わっているかのような、フィードバック・ノイズとアルペジオで描く甘美な現実逃避感は圧倒的でした。
彼らにしろ、先週観たNO AGEにしろ、実際にライブを生で目撃してみて気付いたのは、初期衝動が全てだと思っていた彼らの音楽には、その衝動と同じくらいに徹底された美意識があるということ。
とにかく出音が素晴らし過ぎでした。こんな音、日本人にはなかなか鳴らせない!
というわけでDeerhunterもNO AGEも、やっぱり観に行っておいて良かったです。

上の写真は、DeerhunterのVo.ブラッドフォードと記念撮影したときの様子!



さてさて、いよいよ6月ということで梅雨に突入ですが、そんな鬱陶しい季節だからこそ、
GOOD ON THE DANCEFLOORは活発的に動いてまいります!
6月のスケジュールをドドンとお知らせ↓↓↓

■LIVE/DJ■
----------------------------------------------------------------------------
2009/6/12(FRI.)
"My Name vol.1"
@Shibuya ROOTS
http://www.roots1998.com/
OPEN/START 22:00 CLOSE 29:00
ADV 1500yen w/1DRINK
【DJs】
MOYASHI(The New House)
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)
TSKKA(AAPS)
YONE(The Brixton Academy)
manism(KuNoKu/manifilms)
卓球の愛ちゃんとニシコリ

まず来週末12日の金曜日は、渋谷ROOTSにてDJパーティー"My Name"のvol.1が開催されます!
そう、すっかり告知が遅くなってしまいましたが、The New Houseのmoroとseiyaと私ry01の3人で新しいDJパーティーを始めることになりました!!
記念すべきvol.1は、今月26日に行われる久方振りのGOOD ON THE DANCEFLOORのパーティー"ALT A NATIVE SYNDICATE"の前哨戦として、AAPSのTSKKAさんや、The Brixton AcademyのYONEさんにDJとして参加して頂きます!
さらには、John's GuerrillaやVeni Vidi Viciousなどのミュージック・ビデオのディレクターを務めるMani君に、「卓球の愛ちゃんとニシコリ」というブラック・ユーモアなネーミング・センスが光る謎のDJまでもが参加決定!
この渋谷ROOTSは、ソファーなどにゆったりと座りながら飲めるバーのような箱なので、それぞれのDJがスピンする音楽に身を委ねて踊るも良し、友達を連れてワイワイと飲み会の場にするも良し、音と人が気軽にコミュニケーションを取ることが出来るパーティーにしたいなと考えています!
エントランス代もドリンク込みで1500円なので、飲み場所に困ったら是非この日は渋谷ROOTSへ!
素敵な音楽と共にお待ちしております!みんなで飲み会しましょう◎

----------------------------------------------------------------------------
2009/06/14(SUN.)
dvv!!! presents
"ONE MORE DANCE Vol.1"
@Waseda ZONE-B
http://zone-b.jp/
OPEN 16:30 START 17:00
ADV 1500yen DOOR 1800yen +1DRINK
【Bands】
All of Me
http://www.myspace.com/allofmejp
BASSUI
http://www.myspace.com/bassuijp
CIGUATERA ATTACK!!(大阪)
http://www.myspace.com/ciguateraattack
donkey vegetable voxxx!!!
http://www.myspace.com/donkeyvegetablevoxxx
Free Kick(北海道)
http://www.myspace.com/skapunkfreekick
KiLLKiLLS(ex.けちゃっぷmania)
http://www.myspace.com/killkills
Nu clear classmate
http://www.myspace.com/nuclearclassmate
ジュリアナアゲイン(富山)
http://www.myspace.com/julianaagain

6月のNu clear classmateは、GOOD ON THE DANCEFLOORのパーティー以外にもライブが2本!
まず1本目は、14日の日曜日に開催される、1月の"Niw! Collection '09"でもUNITフロアに出演していた男女混合のカラフルなディスコ・パンク・バンド、donkey vegetable voxxx!!!が主催するイベント"ONE MORE DANCE"に出演!
メロディック~スカ・パンク・バンドが多くを占める中、この日のNCCはどんなパフォーマンスを魅せてくれるのか!?
ちなみにdonkey vegetable voxxx!!!のデモCDは、ディスクユニオンではすでに売り切れとなってしまっているので、ライブ会場でゲットしましょう!

----------------------------------------------------------------------------
teenage.jpg

2009/06/19(FRI.)
disco teenage kicks presents
"kicks girls"
@Shibuya LA FABRIQUE
http://lafabrique.iflyer.jp/venue/access
OPEN/START 23:30
GIRLS 2000yen DOOR 3000yen WF 2500yen +1DRINK
【DJs】
PUNKADELIX
http://www.myspace.com/alicelosthighway
http://www.myspace.com/tkoxxx
RS(TEENAGEKICKS)
MITTY
EMIKO(SEX/LINDA TUNE)
http://www.myspace.com/sssexsssex
Chery Bomb(Spank!)
Dorothy(Nude Trump)
HISOKA(Shouts/TEENAGE KICKS)
【LIVE】
Nu Clear Classmate feat. VJ OMOCHI
http://www.myspace.com/nuclearclassmate
【VJ】
STEREO TENNIS
http://www.myspace.com/stereotennis
※写真付きID必須。20歳以下の方の入場は出来ません。

そして2本目は、19日の金曜日に開催される、「Tokyo Post Modern Trash Rock Partyyy」こと"disco teenage kicks"に出演!この日はdisco teenage kicksにとって初のガールズ・ナイト!
PUNKADELIXやSEXのEMIKOさんといった女性DJ陣をはじめ、昨年10月に幕張メッセで行われた"GANBAN NIGHT"でのユーモア溢れるVJが記憶に新しいSTEREO TENISのひとみさんとも初の共演なので、NCCも気合が入っているのではないのでしょうか!
男子も女装大歓迎らしいので、女子も男子もびっきりお洒落をして楽しみましょう!

----------------------------------------------------------------------------



■EXHIBITION■
----------------------------------------------------------------------------
mildmeatminchi_20090605020042.jpg

2009/5/24(SUN.)-6/6(SAT.)
meat meet meat presents
Photo Exhibition "mild meat=minch"
@cafe norari:kurari
http://ultrastyle.jp/norarikurari/index.htm
OPEN 10:00 CLOSE 22:00
ADV/DOOR FREE
【Photo】
Ryoko Kato
Saki Watanabe
http://meatmeetmeat.design.officelive.com

GOOD ON THE DANCEFLOORのパーティーでいつも写真撮影やデコレーションを担当しているsakiが、先週に引き続き早稲田のカフェnorari:kurariで写真展を開催中!
明日が最終日になりますので、お時間がある方は是非◎

----------------------------------------------------------------------------

※全ての公演のチケットは予約を受付けております。
予約をご希望される場合は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければ予約を承ります。



といった感じで、6月もGOODメンバーはあちこちで動き回ります!
上記のスケジュールにはまだ掲載していませんが、6/20(土)にも自分が出演するDJパーティーがありますので、そちらも詳細がわかり次第お知らせしますね!

そして今月末にはGOOD ON THE DANCEFLOORの久方振りのミッドナイト・パーティーも控えています!
それについてはまた次回!!!!!!


ry01
ry01 CM(0) 

ジャイアンと色彩のブルース
たった30秒なのに。

笑ってしまう。




6月14日 19日 26日遊び来てね。
週末はNCCみたいな。
みんなもっと遊ぼ?
!!詳細!!

フライヤーがそれぞれ可愛いくて。

19日のteenage kicks!

teenage.jpg


26日我らがGOOD!!

good.jpg


NCCマイスぺも背景変えてみました
NCCの曲聞いてみる

私とにかく水色が好きなので
このフライヤーお気に入り。
水色、紫、緑が好き。

逆に赤とかオレンジがとっても苦手で
赤色の洋服が苦手っていうほうが正しいかな。
何故だか髪の毛だけつい赤く染めてしまいます。(すぐ落ちるけど)


それで
好きな色と嫌いな色で自分のなりたい像が分かるんだって。凄い。
みんなもチェックしてみてね。

http://www.kansaigaidai.ac.jp/teachers/mukoyama/20063/clour.html


CHICK




chick fish CM(0) 

サボっていたわけではありません
やあこんばんは!ry01です。ご無沙汰です。
ここ2週間ちょっと、ずっとブログを更新出来ていませんでしたね。。。

ブログも更新しないで何をしていたのかというと、GOOD ON THE DANCEFLOORでデザフェスに参加したり(初のアート・イベントでした!)、何本かDJをさせて頂いたり、逆にパーティーに遊びに行ったり、NO AGEのライブを観に行ったりしていたのですが、その間もブログで書きたい音楽の話題は山ほどありながらも、全く更新できずにいました。。。
10枚ほど紹介出来ていない作品があるので、近いうちにまとめて記事にしようと思います!


で、いつの間にか6月に突入していたわけですが、先週末はDJ二連チャンでした!

まず金曜は、代々木Zher The Zooにて、いつもGOOD ON THE DANCEFLOORのパーティーやThe Brixton Academyのライブで誰よりも盛り上がりを見せるパーティー兄さん、平野健太さんの主催する"On the B.E.A.T!!! vol.7"でDJをさせて頂きました!
この日は、DJの皆さんのプレイが良かったのは言わずもがな(勉強になりました!)、ヘアメイクをしてもらうことの出来るブースがあったり、遊び心満載のパーティーでとても楽しかったです!

090529-001.jpg
Grizzly Bearを回すヒラケンさん。ナイスセレクト!

090529-005.jpg
メイクアップ中の私ry01。女の子のメイクというものを一度経験してみたかったので、アイライン、マスカラ、そしてまつ毛をグイっとあげてもらいました笑 メイクって面白い!

090529-011.jpg
ナウロマンティックス。
GOOD界隈のパーティーに良く遊びにいらしている方なら、この二人が誰なのかわかりますよね?笑

この日はいつもよりガシガシな感じのセットで挑んだのですが、グライム~エレクトロ・ヒップホップ~日英フィジェット・ハウス対決~テクノ~ブリクストン~名曲でまたーりな流れは、自分でも結構気に入っています◎

"On the B.E.A.T!!! vol.7" SET LIST
Let's Be Mates / Lady Sovereign
Wearing My Rolex / Wiley
WTF / Tittsworth
Solta O Frango [Tofubeats Remix] / Bonde Do Role
Bubblegum / Thunderheist
New Rap City / 2 Much Crew
Afro Jacker / Machines Don't Care
Walker / Shadow Dancer
Crescendolls / Daft Punk
Summertime / Wiley
One Day / The Juan Maclean
Flying Sausor / iLL
Night Club [Gape! Remix] / The Brixton Academy
The Reeling / Passion Pit
Hurricane Jane / Black Kids
In The Rain / Estelle

Wileyの新譜『See Clear Now』をようやくゲット!
Daft Punkの「Aerodynamic」ネタの「Summertime」はやっぱり最高!!

Wiley / Summertime



そして土曜日は、西荻窪Bin Sparkにて、大阪のKevin&Gavinが主催する"The Big Jugs Experience Tokyo 8"でDJをさせて頂きました!
前回と前々回に引き続き、昨年末にリリースされた80kidzのレーベル・コンピレーションCD『Kidz Rec. vol.1』に参加していたことでもお馴染みのKinKieSとの共演ということで、またもや彼らのクイック・プレイを間近でガン見していました笑
自分のセットリストはこんな感じです!

"The Big Jugs Experience Tokyo 8" SET LIST
■1st Set
Courage / The Whitest Boy Alive
Radio Ladio / Metronomy
Paris Is Burning [Cut Copy Remix] / Ladyhawke
I Could Say / Lily Allen
Here He Comes / Tittsworth
Tokyo Arcade Mode / KinKieS

■2nd Set
American Boy feat. Kanye West / Estelle
Steroids feat. Uffie / MR. Oizo
True No.9 Blues (True Romance) / Golden Silvers
Return Of White Rabbit / Ash
Men's needs / The Cribs
Latin America / Quiero Club

■Ending
The Reeling / Passion Pit
Come Saturday / The Pains Of Being Pure At Heart
Who Can Say / The Horrors

『Kidz Rec. vol.2』への参加も決定したメキシコのCSSことQuiero Clubは、久々に聴くと良い感じ!

Quiero Club / Latin America



といった感じで、楽しい週末を過ごすことが出来ました◎
6月もDJが3本ありますので、また改めて告知します!
それではおやすみなさい...zzz

ry01
ry01 CM(0) 

どうも

ようはコバケンの一言目が言いたかった

前にもあげたかも知れんが
23分この動画に時間を費やす事は人生において時間の無駄ではありません!

んで今月久しぶりのW.Sのライブがあるですタイ

んで村上春樹の本気になるね。。。。本、気になるねです

んで太陽の塔がものすごく見たい。。。。って本があるらしいよ

んで何だかわかりません。。。。ウイロウ

んでこれからもよろしく



あぁぁぁ僕にすべての余裕を下さい。。。。
fuji5y CM(0) 


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。