GOOD ON THE DANCEFLOOR

GOOD ON THE DANCEFLOOR
OFFICIAL
Twitter
MySpace(Label)

レーベル/パーティ"GOOD ON THE DANCEFLOOR"のオフィシャル・ブログです。

[ABOUT US]
東京発のレーベル/パーティ。Arctic Monkeysの曲名から名づけられたこの集団は、上の世代には持ち得ない、自らの世代ならではの感覚を証明することを目的として、2007年6月に結成。バンド/DJ/デザイナー/ライター/フォトグラファーなど、現在複数のメンバーによって構成されている。個々での活動に加え、GOOD ON THE DANCEFLOORとしてもイヴェントやパーティーを不定期に開催。2009年秋にはレーベル初のコンピレーションCD『ALT A NATIVE SYNDICATE』をリリースし、国内をはじめ、北米/欧/豪にも配信リリースしている。

contact me :P
info@goodonthedancefloor.com

[NEWS]
2009年9月にリリースされ、日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、熱心な海外インディ・リスナーから、国内新世代インディ・バンド・ファンまで、多方面から絶賛の声を浴びた、東京の新世代レーベル"GOOD ON THE DANCEFLOOR"による、今後活躍が期待される新型バンドを集結させたコンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』。紅一点として参加したNu clear classmateが待望の単独作を遂にリリース!
------------------------------------------------------------
USインディ新世代と共振するサウンドに、コケティッシュな女性ヴォーカルを乗せた、日本発のキッチュな個性。この最新EPでは、Washed OutなどのGlo-Fi、Nite Jewelらが牽引するインディ・シンセ・ディスコ、そして時流のエレクトロ・ポップなどを、軽やかに横断している。わずか半年ほど前にリリースされたレーベル・コンピ収録曲と比べると、目が覚めるほどの音楽的な飛躍ぶり。ただ今メキメキと成長中の新世代二人組に、ぜひ注目を!
-小林祥晴-
------------------------------------------------------------
失礼を承知で正直に言うと、彼女たちがここまでの作品を仕上げてくるとは全く思っていませんでした。日々から逃げ出したい気持ち、マリア様に包まれてただただ安らかに眠っていたいという欲望と、それが叶わざる願いであることが転化した、やすりのような手触りの不機嫌な殺気。2010年に生きていく感覚そのままの音楽です。
-田中亮太(JET SET KYOTO/mogran'BAR)-
------------------------------------------------------------
Nu clear classmate 『Lick The Star』
2010/04/16 ON SALE
GOOD-1002 / including 5 songs 1,300yen (tax out)
1. Blank World
2. Causeless Pain
3. The Nearest Faraway
4. I Know I Know
5. I Leave The Parade Wearing A Dress

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

[NEXT PARTY]
????????????

全ての公演のチケットは予約を受付けております(一部除く)。
予約をご希望される場合は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります。
下記のチケット予約フォームからもお気軽にご予約が可能です↓↓↓


[RELEASE INFORMATION]
【GOOD ON THE DANCEFLOOR】のレーベル部門が、新たに【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】として始動!!!!!! 記念すべき第一弾リリースとして、初のレーベル・コンピレーションCDを2009年9月25日にリリース!!
------------------------------------------------------------
海の向こうの同世代へのシンパシーと、隣り合う君とのディスコミュニケーション。2つの同時代性の狭間で軋む音、火花。青く、眩しい。
-田中亮太 (CLUB SNOOZER / JET SET)-
------------------------------------------------------------
世界と同感覚で進行中の東京インディー・シーンをリアルに感じられる、グッド・コンピレーション! この衝動と感覚を忘れずに、リリースを続けてくれることを期待しています!
-JUN (80kidz)-
------------------------------------------------------------
GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK compilation
V.A. 『ALT A NATIVE SYNDICATE』
2009/09/25 ON SALE
GOOD-1001 / including 10 songs 1,800yen (tax out)
1. To Pieces / AAPS
2. Spin of School / Nu clear classmate
3. Social Evils and a Potato [Hamon Mix] / The New House
4. Jr. / White Scooper
5. Marble Nuts / Nu clear classmate
6. Tailors of OZ / AAPS
7. Up Bends / White Scooper
8. Pale Boy / The New House
9. Marble Nuts [Bamian Remix] / Nu clear classmate
10. Up Bends [Lapin Remix] / White Scooper

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

White Scooper 1st CD 『Thousand Valleys』
2008/06/10 ON SALE
GOOD-001 / including 7 songs 500yen (tax out)
1. C.Farmeres
2. Behind The Lights
3. Ya Ya Ya
4. Proco
5. Vigger
6. Nightram
7. Mornin' Giraffe
Art work by SAFARI.

取り扱い店舗
■JET SET (京都/下北沢)
【HP】【地図】【WEB通販】
■disk union各店
お茶の水駅前店、神保町店、新宿本館B1、下北沢店、吉祥寺店、
中野店、国立駅前店、池袋店、町田店、淵野辺店、稲田堤店、
横浜関内店、横浜西口店、津田沼店、千葉店、柏店
【HP】【店舗一覧】
■Sunrain Records (高円寺)
【HP】【地図】【WEB通販】

チケット予約フォーム
こちらでGOOD ON THE DANCEFLOORの各イベントのチケット予約が出来ます。ご利用ください。

名前:
メールアドレス:
日にち/イベント名:
枚数(質問などもどうぞ):

ブログ内検索
QRコード
QRコード
検索用

we love

!!! 1965 2 Many DJs 24Hour Party People 80kidz 8otto 100s Abake Abraham Cross Adam Sky Adel Air Akufen Alan Ball Air France The Album Leaf Alter Ego Altz Alphabeat Alloverallareover American Amy Winehouse Apparel Anavan ANDREA CREWS Andrew Kendall Andy Warhol Animal Collective Anna Tsuchiya Annie Aphex Twin The Apples In Stereo The Arcade Fire Arctic Monkeys Art-School Asian Dub Foundation Asian Kung-Fu Generation Ash A Sunny Day In Glasgow Atlas Sound At The Drive-In Audion Au Revoir Simone Aus Autechre The Avalanches Avengers In Sci-Fi badly drawn boy Back Drop Bomb Babyshambles Bamian The Band Apart Bang Gang Deejays Basement Jaxx Battles The Bawdies The Beach Boys Beastie Boys The Beatles Beck Beirut Belle & Sebastian Ben Folds Five Benga Ben Sharn Bernhard Willhelm Best Fwends Biff Bang Pow! Big Star The Birthday Bishi Bjork The Black Ghosts Black Kids Black Rebel Motorcycle Club Blast Head Bloc Party Bloodcat Love Blood Red Shoes Blood Thirsty Butchers Tha Blue Herb Blur Boards Of Canada Bonde do Role Bonjour Records Boom Boom Satellites Boredoms Born Ruffians Boys Noize The Boy Least Likely To The Bravery Breakfast Brian Jonestown Massacre The Brixton Academy Broken Social Scene The Buffalo Bunch The Bumblebeez Bump Of Chicken Buraka Som Sistema Burial Bushmind The Buzzcocks Bright Eyes British Sea Power Busy P Cabanne Cajuan Cajun Dance Party Calvin Harris Camera Obscura Cansei De Ser Sexy The Capes Cassette Playa Cat Power Cazals Chaki The Charlatans The Checks Chemical Brothers Chicks On Speed Chris Cunningham Christian Joy Chromeo C.I.A. Cibo Matto The Cigavettes Citizen Clammbon Clap Your Hands Say Yeah Clark Clarky Cat Chim↑Pom The Clash Coachella Coburn Cocorosie Coldcut Cold War Kids Colette Comanechi Comeback My Daughters Converge Corinne Bailey Rae Cornelius Cornershop Cosmic Wonder Cosmo Vitelli Chairlift The Coral Crackhaus The Cribs Creation Records Cristal Castles Crookers CSS Cubismo Grafico Cubismo Grafico Five The Cure Cut Copy DaDa KingZ Dada Life Daedelus Daft Punk Daggers Damien Hirst Dandi Wind Dan Le Sac vs Scroobius Pip Darek Darkel Darren Emerson Datarock Dandy Warhols David Fincher David Lynch David Sylvian Ddjjs Dead Disco Death From Above 1979 Death In Vegas The Death Set De De Mouse Deep Dish De La Soul Delta Sonic The Departure Derrick May Devendra Banhart DFA Diane Arbus Dick Bruna Digitalism Dinosaur Jr Diplo Dirty Pretty Things Dirty Projectors Disco Drive Disco Teenage Kicks Disco Twins Dizzie Rascal Dj Baku Dj Hikaru Dj Kentaro Dj Mehdi Dj Nobu Does It Offend You, Yeah ? Domino Doopees Doping Panda Douglas Coupland Doves Dreadeye Dreamburger Drocie Dubsided Duffy Eater ECD Echo & The Bunnymen ED Banger Editors Edward Gorey Eight Legs Electric President Electrocute Elmo El Presidente Ellegarden Elliott Smith Eminem The Enemy Enlightenment Erase Errata Erol Alkan Exlovers Escalator Records Esg Everybody Else Excuse Me Factory The Faint Fancy Him Fantastic Plastic Machine Fatboy Slim The Feeling Feist Find Gask The Fits The Flamin Lips Flipper's Guitar Fischerspooner Fishmans Fountain Of Wayne First Aid Kit Foals Foreignland Four Tet Fox N' Wolf France Gall Frank Owen Gehry Franz Ferdinand The Fratellis Friendly Fires Fred PEerry The Free Design Freeform Five Fuck Buttons Fuji Rock Festival The Futureheads Future Terror Gang Of 4 Ganban Night Gangway Gas Book Georgie James George Harrison Gildas & Masaya Glass Candy Glastonbury Festival Glasvegas The Glimmers Gnarls Barkley Going Steady Goldfrapp The Good Life The Good,The Bad And The Queen Goose Gorillaz Golden Silvers The Gossip The Go! Team Graham Coxon Green Day Grind House Group Inou Group Of People Guns N' Bombs Hadouken ! Hal Happy Mondays Hard-Fi Hard To Explain Headman The Heavy Henry Darger Henrik Vibskov Herbert Hercules and Loveaffair Herve Hi-Standard The Hives The Holloways Holy Hail The Hoosiers The Horrors Hot Chip Hot Gossip Hot Hot Heat House of Holland i-D Idlewild iLL I Love You But I've Chosen Darkness I'm From Barcelona In Corridors Individual Orchestra Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin The Infadels InK Institubes Interpol i-WARP Jack Kerouac Jack Penate Jackson And His Computer Band Jacques Tati The Jam James Ford James Holden James Jarvis Jamie Lidell Jan Svankmajer Jay-Z Jean Luc Chainsaw Jeff Mills Jence Jerry Jesse Rose Jet Jimmmy Eat World Joakim Joanna Newsom John Lennon Johnny Boy Johnny Foreigner The Jesus & Mary Chain Johann Johannsson Joy Division Julie Verhoeven Junior Senior Justice KAFKA Kaiser Chiefs Kanye West Kap10Kurt Karafuto Kate Nash Kathy Kavinsky Koko Von Napoo KAWS The Kbc Ken Ishii Ken Yokoyama Keith Kerrier District The Killers The Kills Kings Of Convenience Kings Of Leon Kim Kitsune Klanguage Klaxons The KLF The Knife The Kooks Kraftwerk Kris Menace Kunoku Ladyhawke Lady Sovereign Larrikin Love The La's Late Of The Pier Laura Marling Laurent Garnier LCD Soundsystem Le Tigre LFO Liars The Libertines Lightspeed Champion Lillies and Remains Lillica Libertine ! Lily Allen Limited Express(has gone?) Linda Lindstrom Little Barrie The Little Flames Little Man Tate Locksley Lo-Fi-Fnk Long Blonde Lostage Love Psychedelico Love of Diagrams The Long Blondes Los Campesinos! Lost Penguin Love Is All Luke Vibert Lovely Chords The Lowbrows Low Vision Magnus Carlsson Malajube Mando Diao Magistrates Marios Mark Ronson Martin Margiela The Marz Volta Massive Attack Material Boy Matisyahu Matthew Barney Maximo Park Memphis Industries Merlin Bronques Metamorphose Metro Area Metronomy Mew M-flo MGMT M.I.A. Mice Parade Michel Foucault Michel Gondry Midnight Juggernauts Mika Milo? Forman Ninja Tune Miaou Minor Threat The Mirraz The Misshapes Mixrooffice M/M Paris Moby Modeselektor Modest Mouse Mo-dettes Modular The Mogs Mogwai Mondo Grosso Monica Uranglass Monobright The Moog Cookbook The Morning After Girls Mo'some Tonebender Moving Units Mr Been Mr Oizo MSTRKRFT Mu Mum Mumm-Ra The Music My Bloody Valentine Mylo Mystery Jets Nanamine Nathan Fake Nathan Michel Neon Neon Neon Plastix N.E.R.D Neu! New Cassettes New Order The New House New Young Pony Club Nan Goldin Natalie Wood Neon Neon Nigel Godrich Nightmoves Nightmares On Wax Niki De Saint Phalle Nima Nourizadeh Nine Black Alps Nine Inch Nailes Ninja Tune The Novembers Noze No Age Nu Clear Classmate Nujabes Nyantora Nylon Oasis Oceanlane Ogre You Asshole Olav Basoski Oldenburg Opera Operator Please Optimo The Ordinary Boys Orange Juice The Orb Oskar Fischinger Ox.Eagle.Lion.Man Pacific! Pam Para One Pains of Being Pure at Heart Passions The Pastels Patrick Wolf Pavement Payback Boys Peaches Pedro Winter Pepe California Peter Bjorn And John Peter Saville Peter Max Pet Shop Boys Pharell Williams Phoenix Phantom Planet Phones Pig Radio the pistolas The Pipettes Pixies Placebo Plan B Polysics Poney Poney The Pop Group Pop Levi Portishead Postal Service Prefab Sprout Prefuse 73 Pre-School The Presets Primaly 1 Primal Scream Prodigy Prototypes Psapp Punks Jump Up Queens Of Noize Quentin Tarantino Quiero Club The Raconteurs Radiator Radio 4 Radioclit The Radio Dept. Radiohead Radio Slave Radwimps The Rakes Raphael Just The Ramones The Rapture R.E.M. Ratatat Rauschenberg Rat:att:agg RayGun Razors Edge RazorLight Regina Spektor Rei Harakami Remi Nicole RE:RE:RE:mojojo Resfest Reverend And The Makers Revl9n Rex The Dog Ricardo Villalobos Richard Linklater Richie Hawtin Riddim Saunter Ride Riot In Belgium Ripchord The Robocop Kraus Robot Needs Oil The Roconters Ron Sexsmith The Roots Rough Trade Rosenquist Rovo The Royal We Rubies Royksopp Roy Lichtenstein Rub N Tug Ryan McGinley Rye RyukyuDisko Saam Faramand Saddle Creek Safari Santogold Sasha Savath & Savalas Scissor Sisters Scott Herren Scouting For Girls Scuttle Scritti Politti SebastiAn Sex Pistols The Shakes Shirokuma Shitdisco The Shoes Sigur Ros Simian Mobile Disco Sinden Sing02 Skream Sleater Kinney The Slits Slowly Downward Smashing Pumpkins The Smith Smith N Hack Snoozer Snow Patrol Sofia Coppola Soft The SoftLightes Soft Tigers Solid Groove So Me Something Else Sonic Youth Soulwax Sound Team Space cowboy Spank Rock Spalta Locals The Specials Special Others Spike Jonze Spiler The Spinto Band Squarepusher Stars Stefanie Schneider Stereo Tennis Steve Aoki The Streets Strip Steve The Strokes The Stone Roses Struggle For Pride Studio Voice Studio 4℃ Sub Pop The Subways Suede Sufjan Stevens Sugiuramun Suicide Summer Sonic The Sunshine Underground Supercar Super Furry Animals Superglass SUPER SUPER Supersystem Surkin The Suzan Switch Syrup 16g Tacteel Takagi Masakatsu Talking Heads Tahiti 80 Tangerine Dream Taikoclub Teenage Bad Girl Teenage Fanclub The Teenagers Teki Latex Telefon Telepathe Tel Aviv The Telephones Television Tepr Theoretical Girl Terry Roison Terry Zwigoff Test Icicles These New Puritans Tomas Andersson Tommy Guerrero Thomas Bangalter Thomas Brinkmann Thom Yorke Those Dancing Days Thieves Like Us Tiga Tilly and the Wall Tim Deluxe The Ting Tings Tokyo Police Club Tomas Andersson Tom Middleton Tommy Guerrero To My Boy Tom Ze Tortoise Trafalgar Trash Fashion Travis TTC The Twang Twisted Charms Two Gallants Uffie Ultra Brain Unchain Undercover Underworld U2 Vampire Weekend Vanessa Van Basten Van She Vanshe Technologic Valerie Phillips Vermilion Sands The View Vanity The Velvet Underground Vermilion Sands The Verve The Vines Vincent Markowski Vinyl Junkie Vitalic Von Sudenfed V∞REDOMS Wagon Christ The Wannadies Warp We Are Scientists Weezer Wes Anderson We Start Fires The Whip White Scooper The White Stripes The Whitest Boy Alive Whitey The Who Why? Wichita Wigs Wild Beasts Wire Wolfgang Tillmans XL XTC Yanokami Yatt Yeah Yeah Yeahs Yellow Magic Orchestra Yelle Yo La Tengo Yonderboi Young Lovers Yppah YSP Yuksek Zongamin Zutons 赤犬 浅田次郎 浅野いにお あふりらんぽ 伊坂幸太郎 石野卓球 稲葉英樹 宇川直宏 羽海野チカ 大沢伸一 小沢健二 大竹伸朗 尾田栄一郎 おとぎ話 大人計画 小山田圭吾 棚田康司 ギターウルフ 銀杏Boyz 草間弥生 クラムボン くるり ザ・クロマニヨンズ 小池桂一 サイプレス上野とロベルト吉野 桜井鈴茂 佐藤秀峰 サニーデイサービス 鹿野淳 渋さ知らズ 清水祐也 しりあがり寿 信藤三雄 砂原良徳 スーパーカー スチャダラパー スマーフ男組 曽我部恵一 相対性理論 田島一成 田名網敬一 田中宗一郎 谷川俊太郎 電気グルーヴ 東京事変 タカノ綾 タナカカツキ 田中フミヤ チャットモンチー 谷岡ヤスジ 長尾謙一郎 中込智子 仲真史 中村一義 奈良美智 野田努 ノンポリラジカル ハイロウズ ハナレグミ 髭 藤子不二雄 ブルーハーツ フルカワミキ 古谷実 堀江博久 前野健太 ゆーきゃん ゆらゆら帝国 横尾忠則 松本大洋 村上春樹 珍しいキノコ舞踊団 森見登美彦 やけのはら ラーメンズ リリー・フランキー

T.H.A.N.K.S.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

JAPANESE HIPHOP AND ME
やあこんばんは!ry01です。

前回の記事で、今週末に自分が出演するDJパーティーを二つご紹介しましたが、それぞれのパーティーの前後に、現在の日本のヒップホップ・シーンに刺激を受け続けている自分にとって、外すことの出来ないパーティーが二つあることをご存知ですか!


まず一つ目は、31日の金曜日に渋谷O-EASTで行われる、
DJ BAKUの『THE 12 JAPS』のリリース・パーティー!!!!!!

詳しくはコチラの動画を↓↓↓


以下オフィシャル・サイトからの引用
-----------------------------------------------------------------------------
DJ BAKUが「邂逅/KAIKOO」してきた、現在の日本のヒップホップ・シーンを代表 する12人のラッパーをフィーチャリングしたアルバム『THE 12JAPS』が遂にリリースされる。DJ BAKUがこのタイミングで仕掛けなければ成立しなかったであろう奇跡的なアルバムだ 。ここでくり広げられているのは、ラッパーが己のスタイルとプライドを賭けて凌ぎを削 る、熾烈なスタイル・ウォーズだ。そんなアルバムのリリース・パーティとなれば、アー ティストにとっては一瞬の油断が命取りになる。
北海道・札幌からは、6年もの服役生活を経て復活したB.I.G JOEを加えフル・メンバーでの帰国後関東初ライブとなるMIC JACK PRODUCTION、神奈川・相模からは、ヒップホップ・カルチャーとルーディーに 遊び続けるSD JUNKSTA、東京・新宿からは、00年代の東京ヒップホップ・シーンの火付け役、 MSCが登場する。
さらに、カリスマ達が虎視眈々と乱入の機会を伺う。
2009年7月31日、ジャップ・ラッパーによるスタ イル・ウォーズの火蓋が切って落とされる。
-----------------------------------------------------------------------------

djbaku_20090730191510.jpg

日本語ラップ曲のみで構成されたMIX CD『JAPADAPTA』を5月にリリースしたばかりのDJ BAKUによる、この『THE 12 JAPS』は、先の紹介文でも挙げられているように、北の大地を代表するヒップホップ・グループMIC JACK PRODUCTIONB.I.G JOEに、そのB.I.G JOEに憧れラップを始めたTHA BLUE HERBのILL-BOSSTINO、世界を跨ぎ活動するShing02(余談ですが、自分のry01というネーミングは彼が元ネタです)、90年代を代表するヒップホップ・グループBUDDHA BRANDのNIPPS、日本の縮図である新宿のストリートからはMSCの漢、神奈川の相模原を拠点にするグラフィティ/ブレイクダンス/ラッパー/DJ集団SD JUNKSTAよりNORIKIYO、ULTIMATE MC BATTLEで昨年優勝した般若ら、現在の日本のアンダーグラウンド・ヒップホップ・シーンを代表する12人のMCをフィーチャリングした、日本語ラップの金字塔ともいえる作品で、この日はそのリリースパーティということで、豪華な面々が大集結!!

何故自分が今日本語ラップに夢中なのかというと、彼らは自らのラップによって、多くの日本人が目を背ける、崩壊寸前の現実と社会を静かに暴き出しているから、つまり言葉にリアリティがあるから。
逆に言ってしまえば、多くのJ-POPが歌っている内容にリアリティなんて無いわけです。
多くのロッキンジャパン的な日本語ギターロックだってそうですし、エレクトロは大したこと歌っていないわけですし、ほとんどが見て見ぬふりなのが当たり前。
そんな中で、彼らの言葉のリアリティは一層増すわけで、自分も夢中になってしまったというわけです。
あと、ラッパーは上昇志向があるから好きです。

なので、その現場の熱を感じ取るには打ってつけ!
ということで、この『THE 12 JAPS』のパーティーは外せないわけです!!
自分はヒップホップのライブ体験が少ないので、今からこのパーティーが楽しみでしょうがないです。

『THE 12 JAPS』と、このパーティーの詳細については特設サイトを要チェック!
http://www.pop-group.net/12japs/

DJ BAKU - PHOENIXION 09 feat.B.I.G.JOE & JAPANESE HIPHOP AND ME feat.ILL-BOSSTINO






そして次の日、8月1日の土曜日のデイタイムには、
ターンテーブリストの世界一を決める大会"DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS"の、
日本代表決定戦JAPAN FINALがリキッドルームで行われます!

dmc09_1.jpg

-----------------------------------------------------------------------------
全国の埋もれた才能を直線一騎で世界に導くDMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS。
2009年度シングル・バトル両部門の日本代表決定戦 JAPAN FINALが、現代のコロッセウム、恵比寿LIQUIDROOMで開催決定!!!!シングル部門では、6~7月で開催される全国6ブロック(北海道/東北/関東/東海/関西/九州)の勝者と、ティーンズ代表DJ FUMMY、昨年度のキングDJ CO-MAが防衛チャンプとして、ファイナルのステージで勝負を決する!一方、バトル部門では、1対1の駆け引きで全てが決まるサウンドクラッシュ。ディフェンディングチャンプDJ BUNTAと、全国から選りすぐられた7名を加えたトーナメント戦で代表を決定!ゲストテーブリストには、02年DMCの頂点にアジア圏から初めて頂点に辿りついたDJKENTAROが、和笛奏者である籐舎貴生とパーフェクトなライブを決めた2004年以来のゲストプレイで登場!シングル・バトル各1つのみ用意された代表枠を賭け、激戦必至のターンテーブル上の闘いが始まる!
-----------------------------------------------------------------------------

ヒップホップの文化に浸るほど、バトルDJにも興味が沸いてきた為、実際に目撃しに行ってきます!
どんなテクニックが飛び出すか、これまた非常に楽しみ!!
なんとこの日は、2002年のワールド・チャンピオンに輝いたDJ KENTAROも特別出演!!





というわけで、ここ最近ヒップホップに夢中な自分にとっては鬼のように楽しみな二日間!!なのでしたー!


ry01
スポンサーサイト
ry01 CM(0) 

"Ether" and Freak Affair presents "SCREAM"
DSC02245.jpg

やあこんばんは!ry01です。

フジロックからすでに早4日!未だに苗場が恋しいですね~。
とりあえず、Fuzita君とHannaちゃんのアホ写真を一枚アップしておきますが、
別途レポはガッツリ書きますのでどうぞお楽しみに!


さてさて、フジロックが終わっても勿論パーティーは終わらないわけで、まずは今週末の告知から!
今週末は2つのパーティーにDJとしてお誘い頂きました!!

まず31日の金曜日は、以前お誘い頂いたDJパーティー"On the B.E.A.T!!!"のクルーを務める、パーティー兄さん平野健太さん&クール・ビューティーmarことミサトちゃん&インディ女番長ことhiromiさんの3人によるニュー・パーティー"Ether"にてDJをします!

0731_20090730175646.jpg

2009/07/31(FRI.)
"ETHER"
Nakameguro OVO
OPEN/START 22:00
ADV/DOOR 1500yen w/1DRINK
【DJs】
kenta hirano(On the B.E.A.T!!!)
mar(mihalik)
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)
yusaku fujita(MELODICA TONITE)
newblackvinyl
sosweet
tomomi tatara(ALRGHT)
hiromi

平野健太さんは80'sニューウェーヴ~最新インディに詳しかったり、marことミサトちゃんは攻めのテクノDJだったり、hiromiさんは本邦初公開のDJだったり、一晩で様々なジャンル/スタイルの選曲を楽しめること間違いなし!
"On the B.E.A.T!!!"で共演した、イギリスのBBCで働いていたというマークことnewblackvinylも急遽出演決定!
OVOは、ソファーありクッションありのくつろげる箱のようなので、週末の仕事終了後に、シャレオツな中目黒に一杯飲みにいらしてください!





そして月が変わり8月1日の土曜日は、老舗パーティー"Freak Affair"の、年に一回だけゲスト陣を迎えて行われる特別編"SCREAM"でDJをします!

-----------------------------------------------------------------------------
2009/08/01(SAT.)
Freak Affair presents "SCREAM"
Shimokitazawa CLUB Que
OPEN/START 23:00
ADV/DOOR 2000yen w/1DRINK
【DJs】
村圭史
大沢睦生(WILLY)
遠藤孝行(ROLLING STONE)
井上純希
八木橋一寛(MELODIC SUNSHINE/BRITISH PAVILION)
WonderBoy(Threepee Times)
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)

★GUEST DJ PROFILE★
八木橋一寛(MELODIC SUNSHINE/BRITISH PAVILION)
Indie Rock専門レコード店「TINY RECORDS」代表。その主催パーティーである「MELODIC SUNSHINE」と英国発最新ロックをPLAYする老舗ロックパーティー「BRITISH PAVILION」でレジデントDJを務める。「MELODIC SUNSHINE」ではこれまでにHAVEN、ASOBI SEKSUなどの来日アフターパーティーを成功させ、「BRITISH PAVILION」ではSUMMER SONIC、FUJI ROCK FESTIVALに出演を果たした。Independente Rockの再定義をテーマに掲げた最新Indie Rockだけに留まらない国や年代を超えたPopでDeepな選曲でオーディエンスを沸かす。
http://www.tinyrecords-web.com/

WonderBoy(Threepee Times)
毎月第一週目の日曜日、渋谷OrganBarでのPARTY『Threepee Times』を軸に様々なPARTYに出演。
80kidz、YATT、ANI(スチャダラパー)、AFRA、SECOND ROYAL等々多彩なアーティストと共演を果たす。猫好きのBASS MUSIC好き。
WonderBoy BLOG
http://anarchy-disco.blogspot.com/
Threepee Times BLOG
http://threepeetimes.blogspot.com/

ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)
新世代アーティスト集団/レーベル"GOOD ON THE DANCEFLOOR"主宰。日本の新世代インディ・ロックを盛り上げるべく、パーティー/レーベルのオーガナイズの他、フリーライター、DJとして活動中。鋭いセンスに基づく各パーティーでのオーガナイズによって、日本の最新インディ・シーンをオーヴァーグラウンドへとフックアップすることに尽力し、レーベルのオーガナイザーとしても、音楽雑誌"MARQUEE"誌や"indies issue"誌でインタビューが掲載されるなど、新時代の旗手として評価を得る。フリーペーパー"GOOD MAG."の編集長としても、08年末に配布された「2008年ベストディスク特集」号を企画し、ベスト100位までの各作品のレビュー、紙面のデザインなどを担当する。
http://www.goodonthedancefloor.com

毎度恒例のテキーラ・ショットガン・サービスや、フリークのDJが「今」の気分をコンパイルしたCDを前売り購入&先着20名に用意しています。
-----------------------------------------------------------------------------

あわわ、とんでもないDJ陣に囲まれてしまいました!
ただでさえレギュラーDJ陣の皆さんだけでも凄い方ばかりなのに、なんとWonderBoy君まで!
むむー、これはなかなかのプレッシャーではありますが、それぞれDJの皆さんの素敵なプレイが味わえること間違いなしです!勿論僕も一矢報えるように頑張ります!!



というわけで、どちらも最高に楽しいパーティーになること間違いないので、是非週末は踊りにいらしてください!
チケット予約をご希望される場合は、「日にち」「お名前」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければ予約を承ります!!
真夏の夜を共に楽しみましょー!!!!!!


ry01
ry01 CM(0) 

GOOD ON THE ゆるブログ vol.18【GJ☆ジャケット:6月度】
skyfish.jpg

やあこんばんは!ry01です。

今回は毎月恒例【GJ☆ジャケット】の発表!!
月毎に「GJ☆(グッジョブ)」と思ったアートワークのCD/レコード・ジャケットを選出し、ベスト3までを表彰して勝手に盛り上がるという、なんとも個人の趣味丸出しなこの企画。
今月は発表が大分遅れてしまいましたね…。

栄えある6月度の第一位に輝いたのは、
SKYFISHの待望となるデビュー・アルバム『Raw Price Music』!!

目にも留まらぬ速さで空中を飛び回る、B級ミステリーな未確認生物「スカイフィッシュ」を名乗るこのトラック・メイカーの初の単独名義作は、「ヒップホップ界の突然変異、速くて見えないSKYFISH流ミュータント・ヒップホップ」というキャッチ・コピーの通り、ヒップホップからドラムンベース、ダブステップ、ダンスホールにレイヴまで、パワフルに鳴り響くゲットー・ミュージックが目白押し!
アンダーグラウンド・ヒップホップ・シーンの紅一点的存在の女性MCであるRUMIのライブDJや、様々なラッパー・グループを渡り歩いてきた実力派MC鎮座DOPENESSへのトラック提供など、これまで様々なラッパーとのコラボで培ってきたスキルが大爆発しています。
今回のアルバムでも、鎮座DOPENESSがオープニングを飾り、EccyFraggmentなど様々なトラック・メイカーとのコラボ経歴を持つ環ROY、レペゼン新宿のラッパー&DJ集団MSCからは漢、そして活動の地を札幌より東京に移したCIAZOO、レペゼン渋谷は宇田川町のZEN-LA-ROCKなど、各トラックで個性派MCを大フィーチャー!この強者MCたちのライムが一気に聴けるだなんて、相当贅沢です。

その中でも、前述したRUMIが参加した「Judgement」のリリックが素晴らし過ぎるのでアップしておきます!

SKYFISH - Judgement feat RUMI

あれがイイ"らしい"/これがイイ"らしい"/"らしい"ばかりで不確からしい
借りてきた知識で理論武装か?/彷徨う議論でまた炎上か?
情報と結論/イコールかのように猛威振るう単一な報道
ホント?/ウッソ!/ウソだったって本当?/翻弄される平成ボロボロ世論
何ch映したって同じニュースで/2chのほうがあるかもね信憑性
物言い品位ねえが/禁じて/これが無いだけマシ/報道規制
後ろ盾?/不気味だねえ/諭吉が手を振るスポンサーか宗教か?
あいにくこちら規制の無い世界で下す/indipendent judgement

数と量で洗脳する広告/ご苦労だが見ているのは質
いつまでも金がありゃ続く?/ランキングって今いくらで買える?
はみ出ると叩かれるKY/私?/敢えて空気読みません!
金と広告/欲に権力/それじゃ奪えないものがここにはある
我は情報を咀嚼する/悶着も上等/ラッパーですもの!
歯があるんだから噛み砕くこと/情報丸呑みじゃ起こす消化不良
音楽を音だけで終わらせぬ/もがくと増すリスクと格闘
どう書くと伝わる?/もう学問だけじゃ判別出来ぬ
ノーダウト!/アウト!/言われても止まらぬ走者
己の判断は己で下す/判断基準/研ぎ澄ます
Listen!/情報と結論は別物でしょう?
腹空かしたって鼻は利く/臭いものには食いつかぬジャッジ
己の直感でする/だって私/美味しいモノしか食べないタチです


YOUTUBEに動画は無かったのですが、彼のMySpaceでほぼ全曲試聴出来ますので、是非一度このパワフルなラップを耳にしてみてください!!他の曲も素晴らしいです!

■SKYFISH
http://www.myspace.com/djskyfish





majorlazer_20090724000958.jpg

続いて第二位は、話題のスーパー・ユニット、
Major Lazerのデビュー・アルバム『Guns Don't Kill People... Lazers Do Major Lazer』!!

なんとこのユニットは、欧米圏外の第三世界のビートを現代風に取り入れた、ボルティモア・ブレイクスやバイレ・ファンキといった00年代のベース・ミュージック・シーンをリードしてきたDIPLOと、06年の超ド級の特大フロア・アンセム「A Bit Patchy」といったキラー・トラックのリリースや、ブリストルの裏番長Trickyの最新作のプロデュースなども手掛けたSwitchという、世界中のビート・ジャンキーから注目を浴び続ける大物二組による奇跡のコラボ・ユニットなわけで、無論、この作品も間違いない内容!
そもそもM.I.ASantigold(Santogoldから改名)を世に送り出した黄金タッグなわけですから、彼らの仕事にハズレがあるわけが無いのです。

この作品では、バイレ・ファンキをベースに、ダンスホールやレゲトン、レゲエ・ミュージックの要素がこれまでの彼らの作品以上に盛り込まれていて、真夏にピッタリの仕上がり。
彼らはフジロック初日、昼過ぎのホワイト・ステージに出演することも決定していますが、炎天下の中、頭を空っぽにして馬鹿踊りしてやりたいものです。

Major Lazer - "Hold The Line" ft. Mr. Lexx and Santigold








dirtyprojectors.jpg

そして第三位は、ニューヨークはブルックリンより、
Dirty Projectors<Domino>移籍後の初アルバム『Bitte Orca』!!

LCD SoundsystemThe Juan MacLeanといった<DFA>所属アーティストや、Animal CollectiveBlack DiceGrizzly BearGang Gang DanceHigh Placesといった強烈な個性派アーティストたちが渦巻くブルックリンで、彼らは07年に、USハードコア・シーン黎明期を代表するバンドBlack Flagの歴史的1stアルバム『Damaged』(81年作)を彼らなりに再構築するという、奇天烈な内容の前作『Rise Above』をリリースしたことで一気に世界から注目を集め、現在のブルックリン勢の中でも確固たるポジションを獲得することが出来ました。

今回の作品では、メロディアスな男女の多声コーラスと、アコースティックとエレクトロニクスがバランス良く的確に散りばめられた各楽器のアンサンブルによる、クラシック音楽にも似たゆるやかで豊潤なハーモニーが、USインディの一つの大きな魅力ともいえるローファイな質感で織り成されていて、なんとも心地良いです。

Dirty Projectors - Stillness Is The Move






いつもはベスト3までの紹介ですが、番外編として、6月はUSオルタナ系のジャケットで良い作品が多かったので一部をご紹介↓↓↓

Marz Volta 『Octahedron』
marzvolta.jpg

Sonic Youth 『The Eternal』
sonicyouth.jpg

Dinosaur Jr. 『Farm』
donosaurjr.jpg


というわけで、以上、6月度の【GJ☆ジャケット】でした!
7月度の発表もどうぞお楽しみに!!


ry01
ry01 CM(0) 

南能無限祭
nanomugen.jpg

やあこんばんは!ry01です。
今回は、いよいよ今週末の19、20日に開催される、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが主催する"NANO-MUGEN FES. 2009"の話題!


このブログでも、リリースの度に彼らについて触れてきましたが(彼らのこれまでの活動については、以前アップした「アジカンを検証する」という記事で詳細が見れます)、改めて、この日本で彼らほど「音楽をより身近なものとして広く浸透させる」ことに尽力してきたバンドは居ないと思うのです。
「日本一敷居の低いロックフェス」として03年よりほぼ毎年開催されているこの自主フェスでも、彼らの審美眼の基、バンド同士のリレーションシップとリスペクトが顕著に表れた、洋邦バランス良く揃ったラインナップと、横浜アリーナという室内最大級のキャパを誇る会場で開催されることも含め、彼らは「これまでに貴方が触れたことの無い音楽に、今ここで触れてもらう」こと、つまり、新しい世界へのきっかけ作りを率先して担っていて、その誠心誠意には毎度感服します。

今回のラインナップも、UKからは、5月度の「GJ☆ジャケット」で1位に選出したManic Street Preachersをはじめ、Hard-FiThe Young Punx!が、そしてUSからは、初来日となるUSインディ界の至宝オルタナ/パワー・ポップ・バンドNada Surfに、昨年のフジロック出演も記憶に新しいピアノマンBen Foldsという充実した海外勢に対し、国内からはOgre You Assholeにスピッツ、ユニコーンなどが参戦!
正直、国内勢では特に興味の無いアーティストも何組かいたりはするのですが、自分と同じような考えの方も、これをきっかけに一度ライブを観てみてるも良いのかもしれません。
自分は今回は遊びには行けませんが、自分も04、05年と遊びに行ったフェスなので(敬愛するASHが出演した05年は特に素晴らしかったです!ちなみに、ELLEGARDENがあそこまで人気が出たのも、このフェスがきっかけだと思います)、お時間がある方は是非!


ちなみに、"NANO-MUGEN FES."開催時に毎回恒例でリリースされるコンピレーションCDがあるのですが、今回のコンピレーションも、実際の"NANO-MUGEN FES."には出演しませんが、奈良が誇るポスト・ハードコア・バンドlostageの音源なども収録されていたり、なかなか面白い内容!

特に一曲目を飾るアジカンの新曲「夜のコール」が秀逸。
地に足の着いたリズム隊と、軽やかなギターのアンサンブルが魅力のパワー・ポップ調の曲に乗せて歌われる、『サーフブンガク カマクラ』を経てようやく花開いた、後藤正文の直接的なリリックがお見事。やはり、ゴッチは日本語をよく勉強していると思います。

コーラス部分の、
"言葉にすれば遠く/いつからか臆病になった/想うだけではきっと/僕はどこへも行けないよ
言葉だけでは遠く/それでもまた詩(うた)を読んで/凍え切った君を乗せてベッドルームから
一歩/別世界に連れ出したいから"
というリリックが特に素晴らしいです。

ブリッジ部分の、
"全ての想いを言葉にするのは無理でしょう/それでも僕らは言葉から逃げられないだろう
全てが行き詰って/そんな時代になった/音楽はすでにあって/僕たちは何を歌うの?"
も良いですね。

ASIAN KUNG-FU GENERATION - 夜のコール


最近のライブでは、ミニ・オーケストラやTENORI-ON(ヤマハが開発した光と音の電子楽器)を用いているようなので(しかも一曲目から「マイネーム」という素晴らしいセットリスト!)、もしかすると彼らは、今一番脂が乗っている時期なのかもしれません。
自分も06年末のツアー以来彼らのライブを観れていないので、近々また観たいものです。



ちなみにこのコンピレーションに、スピッツの「8823」が収録されていてかなりアガりました!
The Policeも真っ青の、レゲエの要素をミックスさせた清涼感たっぷりのギターロックで、とにかくド名曲です。
この曲が収録されている『ハヤブサ』は、スピッツのディスコグラフィの中でも上位に位置する名盤なので、是非チェックしてみてください!

スピッツ - 8823


"君を自由に出来るのは/宇宙でただ一人だけ"
というリリックも最高ですね!



"NANO-MUGEN FES. 2009"
【7/19-20 2days】ASIAN KUNG-FU GENERATION(JP), MANIC STREET PREACHERS(UK), BEN FOLDS(US), NADA SURF(US), HARD-FI(UK), THE YOUNG PUNX!(UK)
【7/19 only】ストレイテナー(JP), the HIATUS(JP), OGRE YOU ASSHOLE(JP), 清 竜人(JP)
【7/20 only】スピッツ(JP), ユニコーン(JP)、サカナクション(JP)
opening act:FARRAH(UK) 開場中、Jez & Michelleによるアコースティックライブ


ry01
ry01 CM(0) 

DISCO!×GOOD PHOTOS!!!!!!
goods_20090715235445.jpg

やあこんばんは!ry01です。

先週末に開催された、GOOD ON THE DANCEFLOORとThe Brixton Academyによるコラボレーション・パーティー、"DISCO! DISCO! DISCO!×GOOD ON THE DANCEFLOOR vol.2"にご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました!!!!!!
約一年振りの大復活となった"DISCO!×GOOD"でしたが、先月末の"ALT A NATIVE SYNDICATE"に引き続き、皆様のおかげで楽しいパーティーにすることが出来ました◎
毎度パーティーをする度に、遊びに来てくださった皆さんからエネルギーを頂いていることを深く実感します!
皆さんも楽しんで頂けたのであれば嬉しいです!!!!!!

この日は、トリを務めたThe Brixton Academyをはじめ、White ScooperThe New HouseといったGOOD ON THE DANCEFLOORお馴染みのバンド勢による熱いパフォーマンスに加えて、東京ガールズ・インディ・シーンをリードするLOVE AND HATESTWEE GRRRLS DJsのフレッシュでキュート且つ男勝りなパワフルなライブ&DJがとても鮮烈でしたね!
なかなか無い組み合わせなので、皆さんにとっても新鮮だったのではないでしょうか◎
すでに見た目で僕はノックアウトでしたが笑
そしてブリクストン・クルーの#9君とYONEさんもナイスVJ&DJでしたね!

というわけで、当日のパーティー・フォトをsakiがFlickrにアップしてくれましたので、遊びに来てくださった方も、残念ながら来れなかった方も、是非是非チェックしてみてくださいー!

■GOOD ON THE Flickr
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03/sets/72157621206815221/

photo by saki.

brixton_20090715235518.jpg

ws2.jpg

loveandhates3.jpg

newhouse_20090715235700.jpg

sumire.jpg

twee.jpg

no9_20090715235939.jpg

ncc_20090716000010.jpg


ちなみに自分のDJのセットリストはこんな感じでした↓↓↓
ブルックリン勢で固め打ち!

09/07/11(SAT.)
"DISCO! DISCO! DISCO!×GOOD ON THE DANCEFLOOR vol.2" SET LIST

The Storm / High Places
Stillness Is The Move / Dirty Projectors
Two Weeks / Grizzly Bear
Earnings Plus Interest / Black Dice
Athene / Hercules And Love Affair
My Girls / Animal Collective



アニコレといえば、いよいよ来週はフジロック!
苗場で乾杯しましょう◎


ry01
ry01 CM(0) 

09年上半期ベストディスク特集!!!!!!
bestdisc.jpg

やあこんばんは!ry01です。

暦も7月となり、2009年もいよいよ折り返し地点を迎えました!
もう夏ですよ、夏!!!!!!
七夕祭に海開きにフェスに、ついつい浮かれポンチになってしまいがちなこの季節!!

毎年この時期になると、この半年間自分が何をやってきたか、ついつい振り返ってしまいますよね??
音楽も然り、「今年は何を聴いたかなー」と思わず考えてしまうもの!!
というわけで、今回はGOOD ON THE DANCEFLOORメンバーがチョイスした上半期ベストディスク特集です!
それぞれGOODメンバーが選んだベストディスク、ベストトラック、ベスト○○を網羅したこの特集!!
「あ、これ私も好き!!」「えー、何であれが選ばれていないの!?」「むしろ私はFuzita君が好き!」「いや、僕はchickのことが(以下略)」と一喜一憂しながら楽しんで読んで頂ければと思います!!

それではGOOD ON THE DANCEFLOORメンバーによる上半期ベストディスクをドドンと発表!!!!!!


-----------------------------------------------------------------------------
no9.jpg

Fuzita (White Scooper)

■ベストアルバム
No.9 『usual revolution and nine remix』
The Juan MacLean 『The Future Will Come』
Antony & The Johnsons 『The Crying Light』
Akron/Family 『Set 'Em Wild, Set 'Em Free』
Tortoise 『Beacons Of Ancestorship』

■ベストトラック
Basement Jaxx / Raindrops


■ベスト見たい
太陽の塔 岡本太郎

ベストディスクやると何買ったか思い出すね。改めて聴いてみて新しい発見があっていい。今回も迷いに迷ったがこんな感じです。太陽の塔については題材にした小説読んだら凄く見たくなってしまったんです、見た人是非感想を聞かせてください!
ではフジ09で会いましょう・・・・bye bye





blur.jpg

Zak (White Scooper/Nu clear classmate)

■ベストアルバム
Peter Bjorn and John 『Living Thing』
Sonic Youth 『The Eternal』
Au Revoir Simone 『Still Night, Still Light』
Franz Ferdinand 『Tonight』
Animal Collective 『Merriweather Post Pavilion』

■ベストトラック
Blur / She's So High


■ベストエキシビジョン
Waiting for Video -Works From the 1960's To Today-

好きなのはシンプルなもの。またはドローとしてんのがいいです。どっかとろけるようなね。あとなんか音が良く出来すぎてないやつが好き。いろいろ実験的だった部分の60年代後半と90年前後の音が好き。ということでベスト出したブラー(90'sで一番好きなバンド!)は最初期の曲を選んでみました。まだシュゲーザーバンドとツアーしてたような時期の曲。すごい若い。展覧会、すごい良かったのにアコンチのアホさと何十分も見つめてたイーディのかわいさしか記憶に無い。上映中僕の前のおっさんは熟睡していたが、正しい。ウォーホルの映画は寝るに限る。あと平面じゃないブラウン管テレビに萌。





prodigy_20090707001021.jpg

Hana (White Scooper)

■ベストアルバム
The Prodigy 『Invaders Must Die』
Lal Meri 『Lal Meri 』
The Qemists 『Join the Q』
The Derek Trucks Band 『Already Free』
Lady Gaga 『The Fame』

■ベストトラック
Karin Maria Andersson / Great DJ

■ベストアイドル
大野智

ベストトラックは『Electro Girl Lovers』のKarin Maria Anderssonの「Great DJ」!
正直原曲はあまり好きじゃなかったけどこれで『いいじゃん』と感じました。
でもアルバム全部が好きではないからね。ピンポイントでこれ。
ベストアイドルはこれにつきる。最近オタク化してる次第であります。
今年は野外フェスではなくコンサートに出向きたい次第であります。 はい。





antony.jpg

chick (Nu clear classmate)

■ベストアルバム
Antony and the Johnsons 『The Crying Light』
High Places 『High Places : 03/07 - 09/07』
The Pains of Being Pure at Heart 『The Pains of Being Pure at Heart』
The Horrors 『Primary Colours』
The Juan MacLean 『The Future Will Come』

■ベストトラック
Passion Pit / Reeling


■ベストたい焼き
クリーム

今年上半期は何だかメランコリーなものばかり選んでしまいました。
Antony and the Johnsonsは何と言っても声が美しい。美意識が物凄く高い位置にある。御伽話を1ページ1ページゆっくり大切にめくるような感覚で聴けました。
High Places は森だったり空だったり川だったり色んなところへ連れ出してくれました。このまま飛べるんじゃないかと思ったくらい。;)
ベストソングは「Reeling」!この曲を聴いてPassion Pitに入りたいと心底思った。笑
こんなドリーミーな曲書ける??シンセがビュンビュンしてるけれどちゃんとバンドなのが素敵。
上半期ベスト○○は勿論たい焼き!!!
たい焼きの店見つけたら即入っちゃうもんね。
あんこは相変わらず食べれませんが。。(邪道だって言わないで!)
クリームたい焼き1番!!! 薄皮が好き;)





2much_20090707070504.jpg

ry01(Event/Label Organizer, GOOD DJs)

■ベストアルバム
The Juan MacLean 『The Future Will Come』
Dirty Projectors 『Bitte Orca』
Lilly Allen 『It's Not Me, It's You』
くるり 『魂のゆくえ』
2Much Crew 『Bubble You』

■ベストトラック
Emmy the Great / First Love


■ベストパートナー
しろたん

バランス良く、国外から3枚、国内から2枚選んでみました!
The Juan MacLeanの新作は、LCD Soundsystemの1stと2ndに余裕で肩を並べる、完全無欠の大傑作。00年代の10年間にリリースされた数々のダンス・レコードの中でも、間違いなくトップクラスに位置する内容なのではないでしょうか。パーフェクト過ぎます。
そして、自分にとっての「THE ツボ音楽」が、昨年上半期がVampire Weekendで、下半期がDeerhunterだったとすると、今年の上半期はDirty Projectorsでした。自分は職場でクラシック担当ということもあってか、オーケストラ/室内楽的なアンサンブルを聴かせてくれる音楽が大好物なのですが、質感も含めて、この音はドツボです。
Lily Allenの2ndは、チャートインを果たすことがポップ・ミュージックの全ての役割では決して無いとはいえ、こういった志の高い作品がチャートの上位を飾るのは非常に健康的だと思います。ポップになれない(出来ない)ことを棚に上げ、インディやアヴァンギャルドを気取った輩に、彼女の爪の垢を煎じて飲ませてやりたいものです。彼女の描くリリックと、グレッグ・カースティンのプロダクションも非常に素晴らしい。
日本人がポップ・ミュージックをやるときに、(上手く)日本語で歌えるのであればそれに越したことはないと思っている人間なので、そういった意味でも、自分にとってくるりは世界で一番好きなアーティストです。この新作も、彼らの最高傑作として『ワルツを踊れ』を挙げる自分としては、「LV45」「さよならリグレット」「かごの中のジョニー」「デルタ」「魂のゆくえ」など、好きな曲が多いです。
2Much Crewのデビュー盤では、DJ BAKU諸作や、Struggle for Prideをはじめとした<SEMINISHUKEI>周辺と同じく、この国のアンダーグラウンド・ミュージックの最良の瞬間が鳴り響いています。フィジェット・ハウスからテクノにヒップホップにハードコアにサンバまで、とにかくやりたい放題。思考回路の停止した世の中に対して中指立てまくり。痛快です。
Emmy the Greatはとにかく顔が好み!曲も素晴らしい!!
しろたんは、無類の可愛いもの好きとしては堪らない!もはや家族!!





DSCF8858.jpg

saki(meatmeetmeat)

■脳みそを占領したものベスト5
Lumix G1:camel
meatmeetmeat
アンパンマン
鈴木清順
ウユニ塩湖

■ベストドリンク
能古島のノコリータ

インプットよりアウトプットの方が多かった上半期09。
上2つはアウトプットに必要不可欠だった存在。愛人。
下3つは凝り固まりそうな脳みそをとろとろ溶かしてくれた存在。
沢山食べて沢山出そう。




-----------------------------------------------------------------------------
というわけで、GOODメンバーによる上半期ベストディスク特集でした!
皆さんの好きな作品はランクインしていましたか?
無かった場合はクレームを入れてやりましょう!笑

GOODメンバーの一番人気はThe Juan MacLeanでしたね◎
いやー、本当に素晴らしい作品でした。
下半期にこれ以上の作品が出てくるかどうか、心配をしているのは僕だけではないと思うのですが笑、また素晴らしい作品に出会えることを願って、下半期も色々な物事に興味を持って接していきたいです!
下半期は、GOOD ON THE DANCEFLOOR DISKのコンピレーションのリリースもありますし、僕らも精力的に活動していきますよー!!

というわけで、下半期もGOOD ON THE DANCEFLOORをどうぞよろしくお願い致します!!!!!!
まずは、明日のDISCO! DISCO! DISCO!×GOOD ON THE DANCEFLOORでお会いしましょー!


ry01
ry01 CM(0) 

いよいよ今週末は"DISCO!×GOOD vol.2"!!
やあこんばんは!ry01です。

2週間ほど前から風邪をひいていたのですが、先週末の"ALT A NATIVE SYNDICATE"で、GOODメンバーや遊びに来てくださった皆さんに思いっきり伝染してしまったみたいです笑
ちなみに僕もまだ治りませんが…。


が!そんな甘っちょろいことは言ってられません!!
いよいよ今週末は、去る4月にリリースされたEP『TBA』が大きな話題となった、東京最新鋭のニューウェーヴ・バンドThe Brixton Academyとのコラボレーション・パーティー、
"DISCO! DISCO! DISCO!×GOOD ON THE DANCEFLOOR vol.2"が開催されます!!!!!!

090711flyer_front2_20090706042953.jpg

2009/07/11(SAT.)
"DISCO!DISCO!DISCO!×GOOD ON THE DANCEFLOOR vol.2"
@Shimokitazawa ERA
http://www.rinkydinkstudio.com/live/era/
OPEN/START 17:30
ADV 1800yen DOOR 2000yen +1DRINK
【Bands】
The Brixton Academy
http://www.myspace.com/thebrixtonacademy
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
LOVE AND HATES
http://www.myspace.com/loveandhates
The New House
http://www.myspace.com/thenewhousetokyo
【DJs】
TWEE GRRRLS CLUB DJs
http://www.myspace.com/tweegrrrlsclub
YONE(The Brixton Academy)
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)
http://www.myspace.com/ry01good
【VJ】
#9
http://season9.xxxxxxxx.jp
【Photo】
saki(meat meet meat)
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03

Art work by #9.


というわけで、約一年振りに"DISCO! DISCO! DISCO!×GOOD ON THE DANCEFLOOR"が大復活!
GOOD ON THE DANCEFLOORにとっては、昨年6月の"Friday the 13th"以来となる下北沢ERAでの開催ですが、数々の名場面を作ったこの場所で、この日もマジックが起きること大大大必至です!!

今回のパーティーでは、東京ガールズ・インディ代表<TWEE GRRRLS CLUB>から、
ライブ・アクトとして、それぞれソロでも活躍されているMoe(Miila)×Yuppa(Hazel Nuts Chocolate)によるオールドスクール・インディ・ポップ・ユニットLOVE AND HATESが、
そしてDJとして、Alphavilleでも活躍するsumireを中心に、Moe、Yuppa、Satomi(remeber this)、Methyl(Vanity)、Sakuraの6人が、アナログレコードをまるでオモチャのように次々と繋いでいくDJスタイルが話題のTWEE GRRRLS DJsが出演!
さらには、この秋にリリースされるGOOD ON THE DANCEFLOORのコンピレーションCDへの参加も決定した、大注目インディ・バンドThe New Houseも"ALT A NATIVE SYNDICATE"に続いて参戦決定!
加えて、The Brixton Academyクルーからは、YONEと#9がそれぞれDJとVJとして、
GOOD ON THE DANCEFLOORクルーからは、ry01とsakiがそれぞれDJとPhotographerとして参加!
超豪華ラインナップで、暑い熱い夏の始まりに清涼感200%でお届け致します!!!!!!


このブログを読んでくださっている方々の中では、GOOD ON THE DANCEFLOOR界隈のパーティーなどで、これまでにThe Brixton AcademyやThe New Houseのライブを一度はご覧になったことがある方も多いのではないかと思いますが、そんな貴方も、今回の目玉でもある<TWEE GRRRLS CLUB>は要チェック!!

5月に開催された"VICE"主催のパーティーでの、世界で活躍するするヒューマン・ビート・ボクサーAFRAとのコラボレーション・ライブが鮮烈だったLOVE AND HATESは、自身が運営するカセットテープ・オンリーのDIYレーベル<PIT PONY>からリリースされた限定カセットが、JET SETFLAKE RECORDSなど一部セレクト・ショップでの取扱いにも拘わらず大きな話題となり、京都のダンス・ミュージック・レーベル<Second Royal>のパーティーに出演を果たすなど、現在大注目を浴びているユニット!
ローファイなトラックに乗せて、ときに気怠く、ときにパワフルに歌う二人の女性ヴォーカルの駆け引きと、ガーリッシュでボーイッシュな、自由奔放で破天荒なライブ・パフォーマンスは見逃し厳禁です!!!!!!

LOVE AND HATES VS AFRA


勿論DJも要チェックです!!


チケット予約もまだまだ絶賛受付中ですので、
予約をご希望される場合は、「7/11(土)下北沢ERA」「お名前」「枚数」を記入の上、
info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります!

というわけで、今週末は下北沢ERAにて"DISCO!×GOOD"しちゃいましょう!!!!!!


ry01
ry01 CM(0) 

ALT A NATIVE PHOTOS!!!!!!
aaps2.jpg

やあこんばんは!ry01です。
いよいよ7月!夏フェスの季節ですね!!

さてさて、先週末に開催された、GOOD ON THE DANCEFLOORにとっては半年振りのパーティー、
"ALT A NATIVE SYNDICATE"のパーティー・フォトをsakiがFlickrにアップしてくれました!!
当日のパーティーの様子を是非是非チェックしてみてくださいー!

■GOOD ON THE Flickr
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03/sets/72157620723674484/

photo by saki.

Flickrより一部抜粋↓↓↓

chick_silk2.jpg

fusen.jpg

goods2.jpg

ncc5.jpg

ws_20090702234020.jpg

newhouse2.jpg

rakugaki_20090702233652.jpg

kokuchi.jpg

遊びに来て頂いた皆さんのスナップも沢山ありますので、是非Flickrをチェックしてみてくださいねー!


ちなみに、自分のDJのセットリストはこんな感じでした↓↓↓

■Opening
You Say The Stupidest Things / Wave Machines
Headlock / Esser
Night Club [Tiny Bit Associates Midnight Sun Mix] / The Brixton Academy

■Closing
The Muzik / Ebony Bones!
Two Months Off / Underworld
Happy House / The Juan Maclean
Come Saturday / The Pains Of Being Pure At Heart
It's The Falling In Love / Michael Jackson


Underworldのベストトラックといえば、「Born Slippy」でもなく「Rez」でもなく、やっぱりこれでしょう!

Underworld - Two Months Off



そしてMJに最大限のリスペクトを。

Michael Jackson - It's The Falling In Love




そしていよいよ来週末は、The Brixton Academyとのコラボレーション・パーティー第二弾、
"DISCO! DISCO! DISCO!×GOOD ON THE DANCEFLOOR vol.2"の開催です!!
また改めて告知しまーす!!


ry01
ry01 CM(0) 


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。