GOOD ON THE DANCEFLOOR

GOOD ON THE DANCEFLOOR
OFFICIAL
Twitter
MySpace(Label)

レーベル/パーティ"GOOD ON THE DANCEFLOOR"のオフィシャル・ブログです。

[ABOUT US]
東京発のレーベル/パーティ。Arctic Monkeysの曲名から名づけられたこの集団は、上の世代には持ち得ない、自らの世代ならではの感覚を証明することを目的として、2007年6月に結成。バンド/DJ/デザイナー/ライター/フォトグラファーなど、現在複数のメンバーによって構成されている。個々での活動に加え、GOOD ON THE DANCEFLOORとしてもイヴェントやパーティーを不定期に開催。2009年秋にはレーベル初のコンピレーションCD『ALT A NATIVE SYNDICATE』をリリースし、国内をはじめ、北米/欧/豪にも配信リリースしている。

contact me :P
info@goodonthedancefloor.com

[NEWS]
2009年9月にリリースされ、日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、熱心な海外インディ・リスナーから、国内新世代インディ・バンド・ファンまで、多方面から絶賛の声を浴びた、東京の新世代レーベル"GOOD ON THE DANCEFLOOR"による、今後活躍が期待される新型バンドを集結させたコンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』。紅一点として参加したNu clear classmateが待望の単独作を遂にリリース!
------------------------------------------------------------
USインディ新世代と共振するサウンドに、コケティッシュな女性ヴォーカルを乗せた、日本発のキッチュな個性。この最新EPでは、Washed OutなどのGlo-Fi、Nite Jewelらが牽引するインディ・シンセ・ディスコ、そして時流のエレクトロ・ポップなどを、軽やかに横断している。わずか半年ほど前にリリースされたレーベル・コンピ収録曲と比べると、目が覚めるほどの音楽的な飛躍ぶり。ただ今メキメキと成長中の新世代二人組に、ぜひ注目を!
-小林祥晴-
------------------------------------------------------------
失礼を承知で正直に言うと、彼女たちがここまでの作品を仕上げてくるとは全く思っていませんでした。日々から逃げ出したい気持ち、マリア様に包まれてただただ安らかに眠っていたいという欲望と、それが叶わざる願いであることが転化した、やすりのような手触りの不機嫌な殺気。2010年に生きていく感覚そのままの音楽です。
-田中亮太(JET SET KYOTO/mogran'BAR)-
------------------------------------------------------------
Nu clear classmate 『Lick The Star』
2010/04/16 ON SALE
GOOD-1002 / including 5 songs 1,300yen (tax out)
1. Blank World
2. Causeless Pain
3. The Nearest Faraway
4. I Know I Know
5. I Leave The Parade Wearing A Dress

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

[NEXT PARTY]
????????????

全ての公演のチケットは予約を受付けております(一部除く)。
予約をご希望される場合は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります。
下記のチケット予約フォームからもお気軽にご予約が可能です↓↓↓


[RELEASE INFORMATION]
【GOOD ON THE DANCEFLOOR】のレーベル部門が、新たに【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】として始動!!!!!! 記念すべき第一弾リリースとして、初のレーベル・コンピレーションCDを2009年9月25日にリリース!!
------------------------------------------------------------
海の向こうの同世代へのシンパシーと、隣り合う君とのディスコミュニケーション。2つの同時代性の狭間で軋む音、火花。青く、眩しい。
-田中亮太 (CLUB SNOOZER / JET SET)-
------------------------------------------------------------
世界と同感覚で進行中の東京インディー・シーンをリアルに感じられる、グッド・コンピレーション! この衝動と感覚を忘れずに、リリースを続けてくれることを期待しています!
-JUN (80kidz)-
------------------------------------------------------------
GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK compilation
V.A. 『ALT A NATIVE SYNDICATE』
2009/09/25 ON SALE
GOOD-1001 / including 10 songs 1,800yen (tax out)
1. To Pieces / AAPS
2. Spin of School / Nu clear classmate
3. Social Evils and a Potato [Hamon Mix] / The New House
4. Jr. / White Scooper
5. Marble Nuts / Nu clear classmate
6. Tailors of OZ / AAPS
7. Up Bends / White Scooper
8. Pale Boy / The New House
9. Marble Nuts [Bamian Remix] / Nu clear classmate
10. Up Bends [Lapin Remix] / White Scooper

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

White Scooper 1st CD 『Thousand Valleys』
2008/06/10 ON SALE
GOOD-001 / including 7 songs 500yen (tax out)
1. C.Farmeres
2. Behind The Lights
3. Ya Ya Ya
4. Proco
5. Vigger
6. Nightram
7. Mornin' Giraffe
Art work by SAFARI.

取り扱い店舗
■JET SET (京都/下北沢)
【HP】【地図】【WEB通販】
■disk union各店
お茶の水駅前店、神保町店、新宿本館B1、下北沢店、吉祥寺店、
中野店、国立駅前店、池袋店、町田店、淵野辺店、稲田堤店、
横浜関内店、横浜西口店、津田沼店、千葉店、柏店
【HP】【店舗一覧】
■Sunrain Records (高円寺)
【HP】【地図】【WEB通販】

チケット予約フォーム
こちらでGOOD ON THE DANCEFLOORの各イベントのチケット予約が出来ます。ご利用ください。

名前:
メールアドレス:
日にち/イベント名:
枚数(質問などもどうぞ):

ブログ内検索
QRコード
QRコード
検索用

we love

!!! 1965 2 Many DJs 24Hour Party People 80kidz 8otto 100s Abake Abraham Cross Adam Sky Adel Air Akufen Alan Ball Air France The Album Leaf Alter Ego Altz Alphabeat Alloverallareover American Amy Winehouse Apparel Anavan ANDREA CREWS Andrew Kendall Andy Warhol Animal Collective Anna Tsuchiya Annie Aphex Twin The Apples In Stereo The Arcade Fire Arctic Monkeys Art-School Asian Dub Foundation Asian Kung-Fu Generation Ash A Sunny Day In Glasgow Atlas Sound At The Drive-In Audion Au Revoir Simone Aus Autechre The Avalanches Avengers In Sci-Fi badly drawn boy Back Drop Bomb Babyshambles Bamian The Band Apart Bang Gang Deejays Basement Jaxx Battles The Bawdies The Beach Boys Beastie Boys The Beatles Beck Beirut Belle & Sebastian Ben Folds Five Benga Ben Sharn Bernhard Willhelm Best Fwends Biff Bang Pow! Big Star The Birthday Bishi Bjork The Black Ghosts Black Kids Black Rebel Motorcycle Club Blast Head Bloc Party Bloodcat Love Blood Red Shoes Blood Thirsty Butchers Tha Blue Herb Blur Boards Of Canada Bonde do Role Bonjour Records Boom Boom Satellites Boredoms Born Ruffians Boys Noize The Boy Least Likely To The Bravery Breakfast Brian Jonestown Massacre The Brixton Academy Broken Social Scene The Buffalo Bunch The Bumblebeez Bump Of Chicken Buraka Som Sistema Burial Bushmind The Buzzcocks Bright Eyes British Sea Power Busy P Cabanne Cajuan Cajun Dance Party Calvin Harris Camera Obscura Cansei De Ser Sexy The Capes Cassette Playa Cat Power Cazals Chaki The Charlatans The Checks Chemical Brothers Chicks On Speed Chris Cunningham Christian Joy Chromeo C.I.A. Cibo Matto The Cigavettes Citizen Clammbon Clap Your Hands Say Yeah Clark Clarky Cat Chim↑Pom The Clash Coachella Coburn Cocorosie Coldcut Cold War Kids Colette Comanechi Comeback My Daughters Converge Corinne Bailey Rae Cornelius Cornershop Cosmic Wonder Cosmo Vitelli Chairlift The Coral Crackhaus The Cribs Creation Records Cristal Castles Crookers CSS Cubismo Grafico Cubismo Grafico Five The Cure Cut Copy DaDa KingZ Dada Life Daedelus Daft Punk Daggers Damien Hirst Dandi Wind Dan Le Sac vs Scroobius Pip Darek Darkel Darren Emerson Datarock Dandy Warhols David Fincher David Lynch David Sylvian Ddjjs Dead Disco Death From Above 1979 Death In Vegas The Death Set De De Mouse Deep Dish De La Soul Delta Sonic The Departure Derrick May Devendra Banhart DFA Diane Arbus Dick Bruna Digitalism Dinosaur Jr Diplo Dirty Pretty Things Dirty Projectors Disco Drive Disco Teenage Kicks Disco Twins Dizzie Rascal Dj Baku Dj Hikaru Dj Kentaro Dj Mehdi Dj Nobu Does It Offend You, Yeah ? Domino Doopees Doping Panda Douglas Coupland Doves Dreadeye Dreamburger Drocie Dubsided Duffy Eater ECD Echo & The Bunnymen ED Banger Editors Edward Gorey Eight Legs Electric President Electrocute Elmo El Presidente Ellegarden Elliott Smith Eminem The Enemy Enlightenment Erase Errata Erol Alkan Exlovers Escalator Records Esg Everybody Else Excuse Me Factory The Faint Fancy Him Fantastic Plastic Machine Fatboy Slim The Feeling Feist Find Gask The Fits The Flamin Lips Flipper's Guitar Fischerspooner Fishmans Fountain Of Wayne First Aid Kit Foals Foreignland Four Tet Fox N' Wolf France Gall Frank Owen Gehry Franz Ferdinand The Fratellis Friendly Fires Fred PEerry The Free Design Freeform Five Fuck Buttons Fuji Rock Festival The Futureheads Future Terror Gang Of 4 Ganban Night Gangway Gas Book Georgie James George Harrison Gildas & Masaya Glass Candy Glastonbury Festival Glasvegas The Glimmers Gnarls Barkley Going Steady Goldfrapp The Good Life The Good,The Bad And The Queen Goose Gorillaz Golden Silvers The Gossip The Go! Team Graham Coxon Green Day Grind House Group Inou Group Of People Guns N' Bombs Hadouken ! Hal Happy Mondays Hard-Fi Hard To Explain Headman The Heavy Henry Darger Henrik Vibskov Herbert Hercules and Loveaffair Herve Hi-Standard The Hives The Holloways Holy Hail The Hoosiers The Horrors Hot Chip Hot Gossip Hot Hot Heat House of Holland i-D Idlewild iLL I Love You But I've Chosen Darkness I'm From Barcelona In Corridors Individual Orchestra Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin The Infadels InK Institubes Interpol i-WARP Jack Kerouac Jack Penate Jackson And His Computer Band Jacques Tati The Jam James Ford James Holden James Jarvis Jamie Lidell Jan Svankmajer Jay-Z Jean Luc Chainsaw Jeff Mills Jence Jerry Jesse Rose Jet Jimmmy Eat World Joakim Joanna Newsom John Lennon Johnny Boy Johnny Foreigner The Jesus & Mary Chain Johann Johannsson Joy Division Julie Verhoeven Junior Senior Justice KAFKA Kaiser Chiefs Kanye West Kap10Kurt Karafuto Kate Nash Kathy Kavinsky Koko Von Napoo KAWS The Kbc Ken Ishii Ken Yokoyama Keith Kerrier District The Killers The Kills Kings Of Convenience Kings Of Leon Kim Kitsune Klanguage Klaxons The KLF The Knife The Kooks Kraftwerk Kris Menace Kunoku Ladyhawke Lady Sovereign Larrikin Love The La's Late Of The Pier Laura Marling Laurent Garnier LCD Soundsystem Le Tigre LFO Liars The Libertines Lightspeed Champion Lillies and Remains Lillica Libertine ! Lily Allen Limited Express(has gone?) Linda Lindstrom Little Barrie The Little Flames Little Man Tate Locksley Lo-Fi-Fnk Long Blonde Lostage Love Psychedelico Love of Diagrams The Long Blondes Los Campesinos! Lost Penguin Love Is All Luke Vibert Lovely Chords The Lowbrows Low Vision Magnus Carlsson Malajube Mando Diao Magistrates Marios Mark Ronson Martin Margiela The Marz Volta Massive Attack Material Boy Matisyahu Matthew Barney Maximo Park Memphis Industries Merlin Bronques Metamorphose Metro Area Metronomy Mew M-flo MGMT M.I.A. Mice Parade Michel Foucault Michel Gondry Midnight Juggernauts Mika Milo? Forman Ninja Tune Miaou Minor Threat The Mirraz The Misshapes Mixrooffice M/M Paris Moby Modeselektor Modest Mouse Mo-dettes Modular The Mogs Mogwai Mondo Grosso Monica Uranglass Monobright The Moog Cookbook The Morning After Girls Mo'some Tonebender Moving Units Mr Been Mr Oizo MSTRKRFT Mu Mum Mumm-Ra The Music My Bloody Valentine Mylo Mystery Jets Nanamine Nathan Fake Nathan Michel Neon Neon Neon Plastix N.E.R.D Neu! New Cassettes New Order The New House New Young Pony Club Nan Goldin Natalie Wood Neon Neon Nigel Godrich Nightmoves Nightmares On Wax Niki De Saint Phalle Nima Nourizadeh Nine Black Alps Nine Inch Nailes Ninja Tune The Novembers Noze No Age Nu Clear Classmate Nujabes Nyantora Nylon Oasis Oceanlane Ogre You Asshole Olav Basoski Oldenburg Opera Operator Please Optimo The Ordinary Boys Orange Juice The Orb Oskar Fischinger Ox.Eagle.Lion.Man Pacific! Pam Para One Pains of Being Pure at Heart Passions The Pastels Patrick Wolf Pavement Payback Boys Peaches Pedro Winter Pepe California Peter Bjorn And John Peter Saville Peter Max Pet Shop Boys Pharell Williams Phoenix Phantom Planet Phones Pig Radio the pistolas The Pipettes Pixies Placebo Plan B Polysics Poney Poney The Pop Group Pop Levi Portishead Postal Service Prefab Sprout Prefuse 73 Pre-School The Presets Primaly 1 Primal Scream Prodigy Prototypes Psapp Punks Jump Up Queens Of Noize Quentin Tarantino Quiero Club The Raconteurs Radiator Radio 4 Radioclit The Radio Dept. Radiohead Radio Slave Radwimps The Rakes Raphael Just The Ramones The Rapture R.E.M. Ratatat Rauschenberg Rat:att:agg RayGun Razors Edge RazorLight Regina Spektor Rei Harakami Remi Nicole RE:RE:RE:mojojo Resfest Reverend And The Makers Revl9n Rex The Dog Ricardo Villalobos Richard Linklater Richie Hawtin Riddim Saunter Ride Riot In Belgium Ripchord The Robocop Kraus Robot Needs Oil The Roconters Ron Sexsmith The Roots Rough Trade Rosenquist Rovo The Royal We Rubies Royksopp Roy Lichtenstein Rub N Tug Ryan McGinley Rye RyukyuDisko Saam Faramand Saddle Creek Safari Santogold Sasha Savath & Savalas Scissor Sisters Scott Herren Scouting For Girls Scuttle Scritti Politti SebastiAn Sex Pistols The Shakes Shirokuma Shitdisco The Shoes Sigur Ros Simian Mobile Disco Sinden Sing02 Skream Sleater Kinney The Slits Slowly Downward Smashing Pumpkins The Smith Smith N Hack Snoozer Snow Patrol Sofia Coppola Soft The SoftLightes Soft Tigers Solid Groove So Me Something Else Sonic Youth Soulwax Sound Team Space cowboy Spank Rock Spalta Locals The Specials Special Others Spike Jonze Spiler The Spinto Band Squarepusher Stars Stefanie Schneider Stereo Tennis Steve Aoki The Streets Strip Steve The Strokes The Stone Roses Struggle For Pride Studio Voice Studio 4℃ Sub Pop The Subways Suede Sufjan Stevens Sugiuramun Suicide Summer Sonic The Sunshine Underground Supercar Super Furry Animals Superglass SUPER SUPER Supersystem Surkin The Suzan Switch Syrup 16g Tacteel Takagi Masakatsu Talking Heads Tahiti 80 Tangerine Dream Taikoclub Teenage Bad Girl Teenage Fanclub The Teenagers Teki Latex Telefon Telepathe Tel Aviv The Telephones Television Tepr Theoretical Girl Terry Roison Terry Zwigoff Test Icicles These New Puritans Tomas Andersson Tommy Guerrero Thomas Bangalter Thomas Brinkmann Thom Yorke Those Dancing Days Thieves Like Us Tiga Tilly and the Wall Tim Deluxe The Ting Tings Tokyo Police Club Tomas Andersson Tom Middleton Tommy Guerrero To My Boy Tom Ze Tortoise Trafalgar Trash Fashion Travis TTC The Twang Twisted Charms Two Gallants Uffie Ultra Brain Unchain Undercover Underworld U2 Vampire Weekend Vanessa Van Basten Van She Vanshe Technologic Valerie Phillips Vermilion Sands The View Vanity The Velvet Underground Vermilion Sands The Verve The Vines Vincent Markowski Vinyl Junkie Vitalic Von Sudenfed V∞REDOMS Wagon Christ The Wannadies Warp We Are Scientists Weezer Wes Anderson We Start Fires The Whip White Scooper The White Stripes The Whitest Boy Alive Whitey The Who Why? Wichita Wigs Wild Beasts Wire Wolfgang Tillmans XL XTC Yanokami Yatt Yeah Yeah Yeahs Yellow Magic Orchestra Yelle Yo La Tengo Yonderboi Young Lovers Yppah YSP Yuksek Zongamin Zutons 赤犬 浅田次郎 浅野いにお あふりらんぽ 伊坂幸太郎 石野卓球 稲葉英樹 宇川直宏 羽海野チカ 大沢伸一 小沢健二 大竹伸朗 尾田栄一郎 おとぎ話 大人計画 小山田圭吾 棚田康司 ギターウルフ 銀杏Boyz 草間弥生 クラムボン くるり ザ・クロマニヨンズ 小池桂一 サイプレス上野とロベルト吉野 桜井鈴茂 佐藤秀峰 サニーデイサービス 鹿野淳 渋さ知らズ 清水祐也 しりあがり寿 信藤三雄 砂原良徳 スーパーカー スチャダラパー スマーフ男組 曽我部恵一 相対性理論 田島一成 田名網敬一 田中宗一郎 谷川俊太郎 電気グルーヴ 東京事変 タカノ綾 タナカカツキ 田中フミヤ チャットモンチー 谷岡ヤスジ 長尾謙一郎 中込智子 仲真史 中村一義 奈良美智 野田努 ノンポリラジカル ハイロウズ ハナレグミ 髭 藤子不二雄 ブルーハーツ フルカワミキ 古谷実 堀江博久 前野健太 ゆーきゃん ゆらゆら帝国 横尾忠則 松本大洋 村上春樹 珍しいキノコ舞踊団 森見登美彦 やけのはら ラーメンズ リリー・フランキー

T.H.A.N.K.S.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ALT A NATIVE SYNDICATE続報!!!!!!
やあこんばんは!ry01です。
今回は、いよいよ発売まで一ヶ月を切った、GOOD ON THE DANCEFLOORにとって初のコンピレーションCD『ALT A NATIVE SYNDICATE』の続報です!!


さてさて、6月のGOOD ON THE DANCEFLOORのパーティー"ALT A NATIVE SYNDICATE"内で発表がされたこのコンピレーションCDですが、ここで改めておさらいさせて頂きます↓↓↓
いよいよジャケットも完成しました!収録曲も発表です!!

-----------------------------------------------------------------------------
gooddisk.gif

日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、多方面から絶賛の声を浴びた、White Scooperの初音源『Thousand Valleys』をリリースしたことでも知られる、東京発の新世代アーティスト集団【GOOD ON THE DANCEFLOOR】のレーベル部門が、この秋より新たに【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】として始動!!!!!!
記念すべき第一弾リリースとして、初のレーベル・コンピレーションCDを2009年9月25日にリリース!!

海外のThe Strokes~The Rapture~2 Many DJ's~Arctic Monkeys~Klaxonsらが象徴する、00年代のインディ・ロック/エレクトロのムーヴメントを通過し、この日本国内でもクロスオーヴァーな感覚を持って遂に自らのアイデンティティを鳴らし始めた新型バンドたちによる、「2010年世代」の出現ともいえるダンス/オルタナティヴな新世代サウンドを1枚にまとめたコンピレーションCD!
GOOD ON THE DANCEFLOOR初の全国流通作品!!

海の向こうの同世代へのシンパシーと、隣り合う君とのディスコミュニケーション。
2つの同時代性の狭間で軋む音、火花。青く、眩しい。
田中亮太 (CLUB SNOOZER / JET SET)

世界と同感覚で進行中の東京インディー・シーンをリアルに感じられる、グッド・コンピレーション!
この衝動と感覚を忘れずに、リリースを続けてくれることを期待しています!
JUN (80kidz)


good1001_jacket2.jpg

GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK compilation
V.A. / ALT A NATIVE SYNDICATE
発売日:2009年9月25日
価格:税込1,890円 (税抜1,800円)

収録曲/アーティスト
1. To Pieces / AAPS
2. Spin of School / Nu clear classmate
3. Social Evils and a Potato [Hamon Mix] / The New House
4. Jr. / White Scooper
5. Marble Nuts / Nu clear classmate
6. Tailors of OZ / AAPS
7. Up Bends / White Scooper
8. Pale Boy / The New House
9. Marble Nuts [Bamian Remix] / Nu clear classmate
10. Up Bends [Lapin Remix] / White Scooper

Art Direction & Designed by deminil.

【Buy Area】
Packages: Japan
i-Tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand


■White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
whitescooper.jpg
海外のムーヴメントを敏感に取り入れ、独自のダンス/オルタナティヴ・サウンドでひたすら観客を踊らせ、終いには自分達も踊る、国内で類を見ない5人組ニューウェーヴ・バンド。08年6月に"GOOD ON THE DANCEFLOOR"からリリースした初音源『Thousand Valleys』が、日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ多方面から絶賛の声を浴び、MYSPACEをはじめインディ・ロック/エレクトロに敏感な世代より熱烈な支持を得る。UKのインディ・バンドMATHS CLASSの来日公演のサポートなど、最新型パーティーでのライブ・パフォーマンスや、音楽雑誌"MARQUEE"誌の「次世代エレクトロポップ特集」や、"indies issue"誌の「MYSPACE世代の現在地」「09年期待のニューカマー」といった特集でもクローズアップされ注目を浴びる。

■Nu clear classmate
http://www.myspace.com/nuclearclassmate
nuclearclassmate_20090829162117.jpg
自らのジャンルを「SUICIDE POP」と名乗る、アンディー・ウォーホルを敬愛して止まないライオット・ガール&ボーイによるエレクトロ・ユニット。Zakが鳴らすダークで乾いたビートと、chickによるガーリーで甘美なメロディがマッシュ・アップされ、キュートでメランコリックなチェルシー・ストームを引き起こす。07年末にリリースされた初音源『another tripe』は、ライブ会場と..など一部のセレクト・ショップでの販売にも関わらず即完売。ライブでは、SAFARIやOMOCHIといったグラフィック・アーティストによるVJや、ファッション・ブランド..とコラボレーションを果たすなど、音楽とアートをMIXした破天荒なライブ・パフォーマンスを武器に、カフェや展示会など活動の場所を選ばずフロアをライオット中。

■AAPS
http://www.myspace.com/tuneaaps
aaps_20090829162139.jpg
TOKYOで活動するノイズ/シンセ/パンクバンド。2009年夏に1st 7"vinyl "SATELLITES"をリリース予定。アンダーグラウンド・パーティー"CAUSE ME PAIN"を休止後、自らオーガナイズするパーティー"A"を不定期に行っている。

■The New House
http://www.myspace.com/thenewhousetokyo
thenewhouse_20090829162042.jpg
加熱するTOKYO INDIE~ELECTROシーンの盛況をチラッと横目にしながら、2008年突如現れた5人組バンド。平均年齢22才。爆発する初期衝動と、様々な音楽的要素を含有したインディ・サウンドで、デビュー前にも関わらず渋谷、新宿、下北沢のライブハウスを中心に話題を拡大。今年6月にはNEILS CHILDRENジャパン・ツアー、PILLS EMPIRE&QUATTRO主催のフェスに参加、7月にPLASTICZOOMS、Buffalo'3のレコ発、8月に「STYLE BAND TOKYO」、「SNOOZER×SECOND ROYAL」が主催するイベントにそれぞれ出演。9月には、ニュー・ヨークのガールズ・バンドVIVIAN GIRLSとの共演も決定するなど、国内外&ジャンル問わずに活動中。初の正規音源となる待望のデビュー・シングル、「KILL THE HOUSE」をアナログ盤限定で8月にリリース予定。現在はデビュー・アルバムのリリースに向け、イギリス人エンジニアとレコーディングの日々。

-----------------------------------------------------------------------------

以上が今回のコンピレーションCDの全貌になります!
そうなんです、いよいよ音源とアートワークも完成しました!!

今回のコンピレーションついて改めて説明をさせて頂くと、
一部セレクト・ショップのみでの販売にも拘わらず、08年リリースの初音源『Thousand Valleys』が多方面から絶賛の声を浴びた、エッジの効いたニューウェーヴ・バンドWhite Scooperや、都内のアンダーグラウンド・パーティーにて毎度フロアをライオットするパフォーマンスを魅せる、ざらついたローファイなエレクトロ・ポップと甘い女性ヴォーカルが魅力的なNu clear classmateといった<GOOD ON THE DANCEFLOOR>所属バンドをはじめ、Jインディっ子御用達の<Niw! Records>のコンピレーションCDに収録されたことでもすでに話題の、エキセントリックなシンセ・パンク・バンドAAPSに、京都のダンス・ミュージック・レーベル<Second Royal>よりこの秋デビューすることが決まっている、テムズビート~Animal Collective直系の豊潤なインディ・ロックを鳴らすThe New Houseという個性派4組が、全曲新録音源で参加したスペシャル・コンピレーションCDになります!各バンド未発表曲&ライブでもすでにお馴染みのあの曲がいよいよ音源化!そしてThe New Houseに至っては初の正式音源になります!!
さらには、80kidzのレーベル<kidz rec.>のコンピレーションに参加していたことでも記憶に新しい、3人組ニュー・スクール・DJユニットKinKieSのLapinと、初期のGOOD ON THE DANCEFLOORのパーティーでのパフォーマンスが今や伝説となっている謎の覆面ユニットBamianによる、それぞれのリミックスも収録した計10曲がここに揃いました!!

そして、定期的にGOOD ON THE DANCEFLOOR DISKのMySpaceをチェックしてくださっていた方にとってはすでにご存知の情報でもあるかと思いますが、今回のリリースに際して、80kidzのJUNさんと、音楽雑誌<SNOOZER>で執筆をされているライターの田中亮太さんという、尊敬するお二方にコメントを頂くことが出来ました。JUNさん、亮太さん、本当にありがとうございました!
いざこの4バンドの新曲+リミックスを並べて聴いてみても、自分が目指していた理想のレーベル・コンピレーションとして、お二方に頂いた素敵なコメントに恥じぬ、非常に充実した作品を創り上げることが出来たと自負しております。

ちなみに今回のマスタリングは、ゆらゆら帝国Jerry Lee Phantomの諸作や、OGRE YOU ASSHOLEの新作のレコーディング・エンジニアを務める、PEACE MUSICの中村宗一郎氏に手掛けていきました!
もう、皆さんに早く聴いて頂きたくて仕方がないです!!!!!!

そしてアートワークに関しても、かなり気合いの入った仕上がりになっております!
今回のアートワークは、以前GOOD ON THE DANCEFLOORとして活動を共にしていたアート・クリエイション・ユニットSAFARIdeminilが手掛けたものなのですが、今回のコンピレーションの内容を正に視覚で伝えているともいえる、フレッシュでカラフルなジャケットがとても可愛いですよね。
京都在住のdeminilとは、何度も電話で打ち合わせを繰り返して作り上げたのですが、外側から見えるジャケットの表面以外にも、実はいろいろと工夫が凝らされています!
自分が今年買ったCD/レコードの中で、最も「買って良かった!」と思ったものはTHE WHITEST BOY ALIVEWAVVESのそれぞれの2ndと、neco眠るの新しいEPなのですが、彼らの素晴らしいユーモアに満ち溢れたアートワークが物語っているように、やはりパッケージとしてリリースする以上、ジャケットのアートワークというのはもっともっと遊べるものであり、家に帰って封を開けた瞬間に嬉しくなってしまうような、そういった楽しみがあるべきものだと思い、そういった意味でも今回のアートワークは、自分たちのアティチュードがバッチリ視覚的にも表現されたものが出来上がったと思っております!
一つ目のお楽しみはまず店頭に並んでいる実物を見てから、そして二つ目のお楽しみは実際に手に入れて封を開けてみてからなので、いやー、早く手に取って頂きたいです!!


さてさて、随分と長くなってしまいましたが、今回のコンピレーションCDの魅力を少しでもお伝えすることが出来ればと思いました!
いよいよ発売まで一ヶ月を切り、すでに各レコードショップでは予約受付が開始されていますので、是非最寄の店舗でご予約をして頂けると嬉しいです!!タワーレコード、HMV、JET SET、ディスクユニオンでは、それぞれ特典も付けさせて頂く予定なのでどうぞお楽しみに!
勿論、WEB通販もご利用できますので、まずは下記のそれぞれのサイトをチェックして頂けると幸いです↓↓↓

■amazon.co.jpでご購入される方はコチラ
■Tower Recordsでご購入される方はコチラ
■HMVでご購入される方はコチラ
■JET SETでご購入される方はコチラ
■disk unionでご購入される方はコチラ


そして来たる9/1(火)には、今回のコンピレーション収録曲の一部がGOOD ON THE DANCEFLOOR DISKのMySpaceにて遂に公開されます!!!!!!
MySpace内では参加バンドによるリレーブログも行われていますので、こちらもお見逃しなく!!

■GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK
http://www.myspace.com/goodonthedancefloorjpn


というわけで、発売までの残り一ヶ月をガッツリ盛り上げていく所存ですので、是非皆さんもフォローして頂けると幸いです!!
共に盛り上げていきましょー!!!!!!
発売までどうぞお楽しみに!!!!!!!!!!!!!


ry01
スポンサーサイト
ry01 CM(0) 

パーリラ ダンシン・イン・セプテンバー!
やあこんばんは!ry01です。
タイトルはEarth Wind and Fireのあの名曲のあのフレーズから御拝借。
というわけで今回は、ちょっと気が早いですが、9月のGOOD ON THE DANCEFLOORメンバーの活動予定と、今週末に開催される素敵なパーティーをいくつかご紹介!

-----------------------------------------------------------------------------
ncc_20090829001627.jpg

まず9月の一発目を飾るのは、久方振りのNu clear classmateのライブ!
来週末の4日の金曜日深夜に、渋谷CHELSEA HOTELにて開催されるライブ&DJイベント"bop! bop! bop!"に出演します!

2009/09/04(FRI.)
"bop! bop! bop!"
@Shibuya Chelsea Hotel
http://www.chelseahotel.jp/
OPEN/START 24:00
ADV 2000yen WITH GREEN:1500yen+1DRINK
(緑色を身に付けて来て頂いた方)
【Bands】
Nu clear classmate
http://www.myspace.com/nuclearclassmate
donky vegetable voxxx!!!
http://www.myspace.com/donkeyvegetablevoxxx
【DJs】
CHIX
BAMBi
kazuki
xoxo
TAKA
tur-046
【VJ】
4:00

この日は、年初の"Niw! Collection '09"でも共演させて頂いたり、6月にNCCが"disco TEENAGE KICKS"に出演した際にサポート・ベーシストとして参加して頂いたダイスケさん率いる、donkey vegetable voxxx!!!も出演ということで、相性抜群の2バンドがライブでフロアを盛り上げます!
緑を身に付けてきて頂いた方はエントランスで500円引きとなるので、是非皆さんミドレンジャーな格好で遊びにいらしてください!笑

-----------------------------------------------------------------------------

boy_20090829094438.jpg

続いてはWhite Scooper
彼らは12日の土曜日深夜に、渋谷屋根裏にて開催される"TAMURA ROCK FESTIVAL '09"に出演します!

2009/09/12(SAT.)
"TAMURA ROCK FESTIVAL '09"
@Shibuya Yaneura
http://shibuya-yaneura.com/
OPEN/START 23:00
w/flyer 2500yen DOOR 3000yen +1DRINK
【Bands】
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
トライバルズ
【DJs】
Death Is Not My Aim(disco TEENAGE KICKS)
http://www.myspace.com/deathisnotmyaim_tokyo
OSUSHI DISCO JOKEYS(OSUSHI DISCO)
RS(disco TEENAGE KICKS)
POPPO(HATO BOYS)
APAP(TOWER RECORDS)
PONZ(TAMURA ROCK FESTIVAL)
and more...

この日は、渋谷の円山町に店を構える、<CANDY>や<HAIGHT>系列のユーズド&ヴィンテージ古着ショップ<BOY>の店長である奥富君がオーガナイズするパーティー!
ちなみにDJ陣のOSUSHI DISCO JOKEYSとは、年初の"Niw! Collection '09"でもDJ出演して頂いた、ddjjsのNOFEAR君とJUNior君、そしてBAZZ君ら"Too Young DJ's"クルーが中心となり、今年3月より定期的に開催しているDJパーティー"OSUSHI DISCO"のDJたち!彼らとは久しぶりの共演なので楽しみです!僕よりも三つも年下なのに、皆センス抜群ですよ!!
その他にも"disco TEENAGE KICKS"のDeath Is Not My Aimに、さらにはシークレット(?)ゲストで、ROCK IN JAPAN FES.などにも出演する、陰鬱な佇まいが特徴的な某バンドのフロントマンの方がDJをされるとか!

-----------------------------------------------------------------------------

そして自分のDJスケジュールはというと、3つの素敵なパーティーにお誘い頂きました!

まず一つ目は、12日の土曜日深夜に中目黒OVOにて、
続いて2つ目は、シルバーウィーク真っ最中の21日の月曜日深夜に渋谷HAZARDにてDJをさせて頂きます!
この二つの詳細はまた後日!!

そして三つ目は、ななななんと、自分にとって憧れの両パーティー、eeteeとボロフェスタのコラボレーション・パーティーにお誘い頂きました!

090926_pre_front_s_20090829101017.jpg

2009/09/26(SAT.)
"東京ボロフェスタ×eetee"

@Shimokitazawa CLUB251+440(four forty)+BASEMENT BAR
http://www.club251.co.jp/
http://www.toos.co.jp/basementbar/
OPEN/START 19:00 CLOSE 05:00
(440(four forty)のみ23:30 OPEN)
ADV 2500yen DOOR 3000yen +1DRINK

【Bands】
Limited Express (has gone?)
イルリメ
TUCKER
ズボンズ
2MUCH CREW
赤い疑惑
KIRIHITO
グッバイマイラブ
漁港
moools
ロボピッチャー
Wack Wack Rhythm Band
櫻井響
ALOHA
スーパーノア
HOSOME
中村好伸
ZEN-LA-ROCK&BTB&LUVRAW&Mr.MELODY&NK-SUNSHINE
ゆーきゃん

【DJs】
西村道男(Nur.)
やけのはら
藤澤志保
田中亮太(CLUB SNOOZER)
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)
関口紘嗣(粋/H2G FACTORY)
Kai Kunimoto(Unfinished Sympathy)
神啓文(Getting Better / Free Throw)
DJ FUKUYOKA(Sunrain Records)
eyama(新宿Rolling Stone / Nur.)
藤本ケイジョウ(NEO CLASSICS)
WSZ80(reclash / LEF!!!)
DeeJayおしゃれ(naghty tripper)

【Party Navigator】
MC土龍&西村道男

【VJ】
eetee
Sachiko Hara

【DECO】
嫁入りランド

【FOOD】
eetee食堂
お腹HELL

【CDR専門店】
高円寺 Sunrain Records

【おもしろ本屋さん】
吉祥寺 BASARA BOOKS

TOTAL INFO:
http://borofesta.recommuni.jp/
http://eetee.tv/

このパーティーに対する自分の深い想いについてはまた改めて書かせて頂きますが、まずはこのラインナップを見てください!!うひょーーー!!!!!!超豪華!!
バンドでは、昨年の"THURSDAY PEOPLE"では<meets あらかじめ決められた恋人たち>名義で出演して頂いたこともある、我が心の師ゆーきゃんさんをはじめ、Limited Express (has gone?)ロボピッチャーといったボロフェスタ首謀バンドの皆さんに、今年の上半期ベストディスク特集にて自分がベストの1枚に挙げたことでも記憶に新しい2Much Crewなどなど、名前を挙げだしたらキリがないほど個性バリバリなアーティストが勢揃いです!!
そしてDJ陣には、先日の"DISCO SANDINISTA!"で見事復活を遂げた西村道男さん、そしてeyama君をはじめとしたeeteeクルーに、いよいよ9月25日に発売になるGOOD ON THE DANCEFLOORのレーベル・コンピレーションCDにコメントを執筆して頂いたCLUB SNOOZERの田中亮太さん、横浜を代表するパーティー"reclash"をオーガナイズする濱の良心WSZ80さん、同じく横浜出身のやけのはらさんなどなど、自分も大大大興奮しっぱなしのラインナップ!
さらにはVJにデコレーションにフードにレコ屋に本屋までもが入り乱れ、この秋口最強のお祭りパーティーになること間違いなしなので、是非今からスケジュールを空けておいてください!自分も楽しむ側としてめちゃめちゃ楽しみでーす!!



というわけで、GOODメンバーが出演する9月の各パーティーをお見逃しなく!!
ちなみに明日の夜は、デイタイムの時間帯には新宿MARZにて、PILLS EMPIREPLASTICZOOMSBaroqueらが出演するThe Brixton Academyの12inch EPのリリース・パーティーが、
そして深夜の時間帯には渋谷LA FABRIQUEにて、7月の"DISCO!×GOOD vol.2"ではキュートに華麗にフロアを盛り上げて頂いた<TWEE GRRRLS CLUB>の皆さんと、先日のFreak Affairでも共演したWonderBoy君も参加する<Threepee Boys>とのコラボレーション・パーティー"TWEE GRRRLS CLUB vs Threepee Boys"が、
そして日曜の夜は渋谷O-nestにて、二年前の第一回目にWhite Scooperが出演したことも今や懐かしい<STYLE BAND TOKYO>の、The New HouseLillies and Remainsなどが出演する二周年記念パーティーが開催されます!
それぞれの素敵なパーティーで、去り行く夏の最後を噛み締めながら、思いっきり楽しんでしまいましょう!!
それでは、また会場でお会いしましょう◎


ry01
ry01 CM(0) 

ポン・デ・フロア
ws_20090828022501.jpg

やあこんばんは!ry01です。
皆さん、前回のビートルズ特集は読んで頂けましたでしょうか??
まだチェックされていない方は是非!大いにビートルズを語り合いましょう!


さてさて、前々回の記事でもお伝えした通り、先週の金曜日はAFRICAEMO主催の"Touch Party vol.2"でした!
遊びに来てくださった皆さん、そして誘って頂いたAFRICAEMOの皆さん、ありがとうございました!
バンドとDJが放つ刺激的な音を楽しみながら、飲んで騒いで踊っての「お触りパーティー」でしたね。
自分としては、オープニングを飾った若干20歳の純希君のDJと、クロージングのBody FantasiesのDJ、そしてAFRICAEMOの気迫のライブが特に楽しかったです!

我らがWhite Scooperは初のフロア・ライブでしたが、9月にリリースされるコンピレーションCD『ALT A NATIVE SYNDICATE』収録の「Jr.」がスペシャル・アレンジで飛び出すなど、普段よりもアグレッシヴなパフォーマンスを展開してくれていました。
どんなアレンジだったかは、ライブに来て頂いた方だけのお楽しみ◎

GOOD ON THE DANCEFLOORのFlickrでは、sakiが撮影した当日のパーティー・フォトがご覧になれますので、是非チェックしてみてください!
GOODメンバーの変顔多いです笑

■GOOD ON THE Flickr
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03/sets/72157622032444307/

africaemo.jpg

sakihanachick.jpg

chickry01_20090828032849.jpg





ところで大分日にちが経ちますが、自がDJとして出演した、7/31(金)に開催された"ETHER"@中目黒OVOと、8/31(土)に開催されたFreak Affair presents "SCREAM"@下北沢CLUB QUEのセットリストをブログのほうに記していなかったので、念のためアップしておきます!

09/07/31(FRI.)
"ETHER" SET LIST
Up Bends [xxxxx Remix] / White Scooper
Santa [in summer full version] / ALTZ
MONKIKI / ULTRA BRAIN
Steroids feat. UFFIE / MR. Oizo
Life Magazine / Cold Cave
Headlock / Esser
Let's Be Mates / Lady Sovereign
Wearing My Rolex / Wiley
WTF feat. Kid Sister and Pase Rock / Tittsworth
Pon de Floor feat. VYBZ Kartel / Major Lazer
Hustler / Simian Mobile Disco
Love You Madly / The Young Lovers
Night Club [Gape! Remix] / The Brixton Academy
Born Slippy Nuxx / Underworld

一曲目のWhite Scooperは、9月にリリースされるコンピレーションCD収録の新曲のリミックスです!こっそりかけちゃいました笑
そしてこのビデオ、かなり下世話で阿呆阿呆!
YOUTUBEではすでに削除されてしまっているようです笑

Major Lazer - Pon de Floor feat. VYBZ Kartel




09/08/01(SAT.)
Freak Affair presents "SCREAM" SET LIST
Palmitos Park / El Guincho
Wonder Wheel / サイプレス上野とロベルト吉野
Eple / Royksopp
2000007 feat. TTC / Modeselektor
Rock The House / Gorillaz
The Boxer feat. Tim Burgess / Chemical Brothers
Hit From The Morning Sun / Mongrel
Return of the 木村dub / やけのはら
Nothing To Worry About / Peter Bjorn and John
Real Love / Mary J. Blige
Treat Me Like Your Mother / The Dead Weather
World Has Turned And Left Me Here / Weezer
I Wanna Kill / Crocodiles
Love Comes Close / Cold Cave
5 Rebbeccas / The View

この日はヒップホップ中心のセット!サ・上・と・ロ・吉!!

サイプレス上野とロベルト吉野 - WONDER WHEEL




9月も素敵なパーティーでDJをやらせて頂きますので、そちらもまた後日お知らせしまーす!!


ry01
ry01 CM(0) 

21世紀のザ・ビートルズ
snoozer.jpg

やあこんばんは!ry01です。
ここ最近はサボり気味でしたが(オイ)、久しぶりにブログっぽい記事を書いちゃいますよ~。


というのも、自分が敬愛する音楽雑誌<SNOOZER>の最新号の、『21世紀のザ・ビートルズ』特集というのが非常に面白い内容なんです!
これは、ビートルズの全オリジナル作品がデジタル・リマスタリングされ、いよいよ来月の9月9日に全世界同時でリリースされることを受けての特集で(ちなみにリマスタリングが施されるのは、ビートルズの全カタログがCD化された1987年以来のことで、しかもこれを機に旧盤は廃盤となる)、内容も、この世界的に盛り上がりを見せるタイミングで、<SNOOZER>独自の観点を持ってして「ビートルズを21世紀に取り戻す為に批評を行う」といったもの。
しかしこの特集では、ビートルズの功績を手放しで称えることに終始せず、むしろ神格化が進む一般的な評価に対して、「ビートルズを歴史から引きずり落とすこと」を目的として現代的な切り口でビートルズの所業を再査定し、しかもそれを「出来るだけ大胆に、出来るだけ無責任に」と念を押して行っているのが非常に面白いです。
たしかに、例え「素晴らしく良い」とされているものでも、「皆が素晴らしいというから、自分も素晴らしいと思う」といったような、自分のアイデンティティとはいえない(時には危険な)考え方をするよりも、「何故素晴らしいのか?」と微分して考えることが何事も大切ですよね。

今回の特集のメインを飾るのは、編集長の田中宗一郎氏による、ビートルズの全211曲を10点満点で評価するという、気が遠くなるような企画と、<SNOOZER>の誌面でも度々執筆をされている音楽ライターの方々が「自分のお気に入りの10曲」を選ぶという、ビートルズに対してより多面的な観点を作り出すという企画。
後者の企画では、<remix>編集長の野田努をはじめとし、岡村詩野氏、田中亮太氏、小林祥晴氏、そして田中宗一郎氏という、超強力なライター陣が各々の視点でビートルズ観を書いているのですが、それならば、自分のような20代前半の若者のビートルズ観というのがあっても良いのでは??と思い立ち、今回の記事を書いてみました。
そうです、「俺ビートルズ観」です。
「別に、お前のビートルズ観なんて聞きたかないよ!」という方もいらっしゃるかと思いますが、でもこの<SNOOZER>の特集が伝えたかったことは、きっとそんな息苦しいことではないはずです。逆に、これは是非とも多くの方に読んで頂きたいです。

さて、前置きが長くなりましたが、自分のビートルズ観をまとめてみましたので、どうか最後までお付き合いください!



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
まずは、自分の立場を明確にしておくと、自分が初めてビートルズをアルバム単位で聴いたのは18、19歳のときで(勿論、それまでにも街のBGMやテレビのCM、有線などで彼らの曲には幾度となく触れる機会はあった)、だがそれは、一般的なロック音楽好き少年としては少し遅いぐらいの初体験であった。まあ、自分は洋楽を進んで聴き始めたのが専門学校に入学してからなもので、仕方がない。

彼らのオリジナル作品全てに初めて触れて、まず自分に襲った感覚というのは、「なんだよ、自分が新しいと思って聴いていた現代のポップ・ミュージックたちのマテリアルって、ビートルズが60年代に全てやり切ってしまったことだったんじゃん!」という衝撃だった。というのも、自分は彼らのことを、ただのノリの良いオーソドックスなロックンロール・バンドだと勘違いしていた。ところがどっこい、彼らは非常に豊かな音楽性を持っていて、その頃自分が夢中になって聴いていた、所謂ストロークス以降の00年代のロックンロール/ポスト・パンク/ニューウェーヴ/リヴァイヴァル・バンドたちは勿論、Radioheadの『OK Computer』『KID A』以降ともいえる複雑なスタイルのポスト・ロック~エレクトロニカや、テレビやラジオで耳にするヒット・チャートのポップスまで、その基ともいえることをビートルズが遥か40年以上前に全てやり切っていたという、恐ろしい事実。これはある意味、ビートルズ以降の音楽には発明がなかったといえるのかもしれない、と妙に不安になったものだ。自分が今聴いている音楽は、ただの何かの焼き増しなのかと。それは半分正解であって、半分ハズレでもあるのだが、この話は長くなるので置いておく。まあ、どちらにせよ、ビートルズとの出会いは衝撃だったというわけ。こんなに豊かで素晴らしい音楽に、これまで触れたことのない自分を恨めしく思ったものだ。


自分がビートルズを好きな所以は二つほどある。

まず一つ目は、革新的な音楽性。ビート感たっぷりのロックンロールに乗せて、ワイルド且つスウィートでソウルフルなコーラス・ワークで聴く者の心を躍らせた、初期の音楽性だけでも十分に魅力的なはずなのに、彼らはその後、フォークやカントリー、室内楽などのクラシック音楽、そしてインド音楽など、様々な音楽的引き出しを積極的に獲得しにいくことで、そしてオーヴァー・ダビングやテープの逆回転といった録音技術の発明からサイケデリックなサウンド・テクスチャーを得ることで、中期~後期にかけて、毎度作品ごとに革新的な音楽性を持ってそれぞれの傑作をものにすることになる(しかも、各作品ごとのインターヴァルが約半年~1年というのも驚愕)。これは、飽くなき音楽への探究心があったからこそで、実際に年代ごとに順を追って各作品を聴いてみるとよくわかるのだが、本当に感服させられる。あなたにいくつかお気に入りのバンドがいるとして、毎度作品ごとに音楽的に新たな挑戦を試みて、それが結果(各作品の出来)としても伴っているバンドがどれだけいるだろうか。これはなかなか簡単に出来ることではない。自分がRadioheadやくるり、SUPERCARが好きな理由は、そういった意味で彼らは現代のビートルズだと思うからだ。

そして二つ目は、普遍的な「うた」。先にも述べたとおり、自分が初めて彼らの作品をアルバム単位で触れたのは18、19歳の頃だが、それ以前にも彼らの曲は、様々なシチューエーションで何度も耳にしたことがあり、「Help!」や「Hard Day's Night」、「All You Need Is Love」などは空で歌えるほど、馴染みがあったもの。一度もCDやレコードからは聴いたことがないのに、それでも何故か歌うことが出来たのだ。これはおそらく、国籍/年齢/性別に関係なく、ほぼ全世界の人々にいえることではないのだろうか。彼らのデビューからまもなく50年が経とうとする現在に、ロックの「ロ」の字も知らない小学生が「へるぷ!あにさーばーでぃ!!」と歌えるほど、彼らの「うた」は普遍的な「うた」として歌い継がれている。勿論、そんなバンドは他にはいない。これは、彼らの圧倒的なまでのソングライティング・センスの賜物であり、そしてジョン・レノンとポール・マッカートニーという歴代最強のシンガー二人の歌声が、如何にビートルズとしての屋台骨を支えてきていたか、その事実に他ならない。これは蛇足かもしれないが、自分は仕事柄、よく企業宛に電話をかけることが多いのだが、保留音を「Yesterday」「Hello Good Bye」「Michelle」などビートルズの曲ににしている企業は珍しくない。これもなかなかすごいことだ。


以上の「自分がビートルズを好きな所以」を踏まえ、今回の<SNOOZER>の企画を真似て、自分の好きな10曲を選んでみた。


■■My Favorite 10 The Beatles Songs■■

1. Tomorrow Never Knows



2. She Said She Said



3. Paperback Writer



4. Lucy In The Sky With Diamonds



5. Twist And Shout



6. Good Day Sunshine



7. A Day In The Life



8. In My Life



9. Day Tripper



10. Hard Day's Night



「革新的な音楽性」のラインでいえば、インド音楽からの影響と思わしきサイケデリアをエレクトロニックに仕上げた「Tomorrow Never Knows」、後のニューウェーヴ/ポスト・パンクに繋がる鋭角的なリズムが特徴的な「Paperback Writer」、イントロのアルペジオが「不思議の国のアリス」的な幻惑世界へと誘う「Lucy In The Sky With Diamond」、街の雑踏などのミュージック・コンクレートや映画音楽をドラマチックに取り入れた「A Day In The Life」などは外せなかった。

そして「普遍的なうた」のラインでいえば、やや気怠いスウィートなメロディとコーラスの重なりがひたすら心地良い「She Said She Said」、誰もが声を張り上げて歌うことの出来る王道中の王道ロックンロール・ナンバー「Twist And Shout」、晴れ渡る空の気持ち良さが表れたパワーポップ曲「Good Day Sunshine」、メロディアスなギター・リフとピアノのフレーズがやさしく包む「In My Life」、イントロのギターとベースのユニゾンに思わずガッツ・ポーズな「Day Tripper」、最初の一音のコード・ストロークからアウトロのアルペジオまで目まぐるしく展開が続けられる「Hard Day's Night」などは、自分のギターポップ好きとしての観点も含めて、堪らなく好きな曲たち。

もしかすると、このランキングを見て「幼稚だ」と思う方もいるかもしれないが、客観的な目線や相対的な価値観をなるべく除いて、単純に、自分が好きな10曲を選んでみただけなので、別にそう思われても全然構わないし、日本に住む24歳の青年の一つの価値観として、「あ、そうなんだ」ぐらいに思ってもらえればと思う。
ちなみに一番好きなアルバムは『Revolver』で、次が『ホワイトアルバム』。
あと、『Past Masters』のvol.1と2の収録曲では、シングル曲は『1』なので聴いたことがあったのだが、まだ聴いたことのない曲が何曲かあるので、今度探して聴いてみよう。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



というわけで、以上が自分のビートルズ観でした!
「自分が何故ビートルズを好きか?」といった理由や、自分のお気に入りの10曲など、改めて考えてみるのもなかなか面白い作業でした。
本文中にも『日本に住む24歳の青年の一つの価値観として、「あ、そうなんだ」ぐらいに思ってもらえればと思う』と書いたとおり、これはあくまでも自分の価値観であり、それ以上でもそれ以下でもありませんが、ビートルズに限らず、それぞれの音楽に対する個々人のアイデンティティを読んだり書いたりするのは、作品に対する一つの切り口として非常に意義のあることだと思っています。なので、<SNOOZER>の行った今回の企画は大賛成です。だって大事なのは、そこから何かしらの議論を生むことですよね、タナソウさん??このブログを読んでいらっしゃるのかはわかりませんが。あ、でも亮太さんがこれを読んでくださっているのであれば嬉しいのですが笑 皆さんもお時間があれば、お気に入りの10曲などを考えてみるのも楽しいと思います!特に、自分と同世代、もしくは下の世代の方のビートルズ観というのが非常に気になります。

とりあえず自分は、お金を貯めてリマスター盤を全部集めてみるのも良いかなと思いました!
また聴いてみて、新しい発見があるかもしれませんからね◎
来たる9月5日を首を長くして待ちましょう!!!!!!


ry01
ry01 CM(0) 

お触り禁止のTouch Party!
やあこんばんは!ry01です。
前回のフジロック完全レポから大分日にちが空いてしまいました汗

さてさて明日の夜は、GOOD ON THE DANCEFLOORが誇る新型ニューウェーヴ・バンドWhite Scooperが出演するホットなパーティーが開催されます!

0821__.jpg

2009/08/21(FRI.)
AFRICAEMO presents "Touch Party Vol.2"
@Shimokitazawa CLUB251
http://www.club251.co.jp/
OPEN/START 23:30
ADV 2000yen DOOR 2500yen +1DRINK
【Bands】
AFRICAEMO
http://www.myspace.com/africaemo
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
【DJs】
Baroque(kidz rec.)
http://www.myspace.com/baroquesak
2BOY(MILKBOY)
http://www.myspace.com/2boyxxx
WSZ80(reclash)
http://www.myspace.com/djwsz80
井上純希(Freak Affair)
Body Fantasies(Touch Party)
【VJ】
cryv(blue stars night)
http://www.myspace.com/cryv
【Food】
SPICE GIRLZ (Mong Mong Curry)

[Touch Party]
サッカー日本代表の南アフリカ・ワールドカップ出場にちょっとだけ喜んでいるAFRICAEMOが、4強目指して開催する“Touch Party”。インディ・ダンスのクラブ・イベントからの流れを汲み、毎回素晴らしいバンドとDJを揃え、踊れて、ノレて、時にはだらっともできる最高の空間作りを目指す。とはいえライブハウスのバンドとストイックに向き合う感じも嫌いではないので、その中間、いいトコ取りができればサイコー。
“Touch Party”の“Touch”には、文字通り体が触れ合うような緊密で親密なパーティーでありたいとう願望と同時に、“琴線に触れる、感動させる”という意味もあるとかないとか。
おさわりは禁止。下手なナンパは速攻ガン無視。BGMは“ビリー・ジーン”。


というわけで、昨年のフジロックにも出演したカオティック・ポスト・ロック・バンド、AFRICAEMOが主催する"Touch Party"の第二弾にWhite Scooperが出演します!
前回の第一弾では自分もDJとしてお誘い頂きましたが、今回のパーティーでもライブ・アクト2組に加え、DJ陣では、80kidzのレーベル<Kidz Rec.>のコンピレーションCDにも参加したことでも記憶に新しいエレクトロ・ユニットBaroqueに、先日4周年を迎えた横浜が誇るジャンルレス・パーティー"reclash"を主催するWSZ80氏、9月で15周年(!)を迎える老舗DJパーティー"Freak Affair"のレジデントDJを務める純希君、そしてAFRICAEMOのメンバーによるBody Fantasiesなどなど、超強力なラインナップ!
真夏の週末にピッタリな"お触りパーティー"になること間違いなし!!

チケット予約もギリギリまで受付けていますので、
予約をご希望される場合は、「8/21(金)下北沢CLUB 251」「お名前」「枚数」をご記入の上、
info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります!

それでは明日はCLUB 251でお待ちしておりますー!


ry01
ry01 CM(0) 

フジロック完全レポート!!!!!!【三日目】
■7/26(日)

10時前に自然と目覚める。前日深夜まで遊んでいても、富士夫の朝は早い。しかし藤ちゃんはまだぐったり。朝イチでPOLYSICSが観たかったので、すぐに準備をし、一人で会場へ向かう。この日はどんより曇り空。いよいよ最終日かー、と、まだ一日が始まったばかりにも拘わらず、名残惜しむようにゲートで記念撮影。

DSC02312.jpg

真っ直ぐにホワイトへ向かうと、ちょうどPOLYSICSが始まる!朝イチなのにお客さんギッシリ!ようやく初めてライブを観ることが出来たのだけど、さすが世界基準、ハヤシをはじめとするメンバーの徹底したエンターテイメントっぷりに感動。思わずちょっと泣きそうになる。THE KNACKの『My Sharona』のカヴァーまで飛び出す!「ピーチパイ・オン・ザ・ビーチ」では皆でビッピキピッピッピー!!カヨの佇まいが本当に可愛かった!付き合って欲しい!!

このあたりでお腹が空いてきたので、ライブ終盤戦で抜け出し、隣のところ天国へ。昨年に引き続き、川辺でまったりと天国バーガーを食す。これが絶品!そのまま一人でしばらく川遊び。苗場の川の水は、両足入れて立つのが困難なほどキンキンに冷えている!ちょうど日差しも少し出てきた頃だったので、皆も思い思いに川遊びを楽しむ。

DSC02333.jpg

DSC02320.jpg

DSC02329.jpg

DSC02325.jpg

しばらく涼しんでいると、隣のホワイトではHoly Fuckのライブが始まり、そのまま川辺でまったり聴く。これまた気持ち良い!まるで!!!のライブから鬼気迫る暑苦しさ(これが最高なのだけど)を取り除いたような、極上エレクトロ・ファンク。気持ちえ~。

途中でオレンジへと移動。ようやく地面のぬかるみは乾いていたので、座りながらJuana Molinaを観る。天然サイケデリアな世界観のあまり、うとうと寝そうになる。妖術的で素晴らしい歌声。

DSC02337.jpg


ここで藤ちゃんと合流。隣のヘヴンに移動すると、ちょうどDachamboが始まる。いきなり人力トランス・パワー全快で、みんな狂ったように踊る。グルーヴ感が半端ない!ディジュリドゥ(オーストラリアの先住民が使っていた木管楽器)も煽りに煽る。ひたすら踊っていると、雲間から差す日差しが暑い!

途中で抜け出し、髭ちゃんを観にレッドへと向かう。06年のROCK IN JAPAN FES.以来!DJが新メンバーとして加入したらしい、という噂を聞いていたので、ビッグ・ビート風の一曲目には納得(ステージ上はよく見えなかった)。その後は「溺れる猿が藁をもつかむ」→「ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク」→「黒にそめろ」→「ドーナツに死す」という、毒度の高い曲が並ぶ素晴らしい流れ。髭ちゃんの描くリリックはやはり鋭いなー、と再確認。"溺れる猿が藁をもつかむ/ぬかるんでいて抜け出せない/悪臭漂う死体/漂う死体になってしまった/迷宮/もういいかい?/この問題は解決しない/永久/金輪際/お前にだけは会いたくない"とか歌ってしまうんだから、ホント最高。その後の「ミスター・タンブリンマン」も最高。以前、White scooperのZak君と「くるりとSUPERCARのポジションを担う次の世代は誰か?」という話しをしていたときに、「髭はさすがに違うかー」とお互い言っていたものの、もしかすると一番近いポジションにいるのは髭ちゃんだったりするのかも。この辺りでグリーンに向かう為、「ブラッディ・マリー、気をつけろ!」を背にしながら移動。おっおー!おおー!

早めにグリーンに着いたので、前方ブロックに移動。すると、すぐにJIMMY EAT WORLDが始まる。彼らの代表作『Breed American』はエモの一つのピーク・ポイントとでもいうべき作品だと思っていて、自分にとってもかなりお気に入りの一枚。05年に行われた彼らの単独公演にも足を運んでいたのだけど、そのときは「Sweetness」でダイブをしたのが良い思い出。ライブは初っ端から「Bleed American」 →「A Praise Chorus」という、『Breed American』からの選曲で大興奮!しかしここで急に雨が降り出し、すぐさま土砂降りとなる。前方ブロックの地面もあっという間に水溜りとなる。が、ファンの皆はそんな悪天候に構うことなく盛り上がる!この光景がとても美しかった。みんなJIMMY EAT WORLDが好きなんだね。というか、JIMMY EAT WORLDというバンド名の時点ですごく好きです、自分も。

6曲ぐらい観てから抜け出した頃、ちょうど雨が上がり、De De Mouseを観る為ホワイトへ移動。着いた頃にはちょうど「Baby Star Jam」!苗場で聴けるだなんて最高!2年振りに観たライブは、ラップトップで一人で行っていた以前の形から大きく変わり、ラップトップ&シンセ+ツインドラム(!)+シンセもう一台という、生のビートを取り入れた編成になっていて驚く!そして人力ブレイク・ビーツにやられる。ラストは「East End Girl」で締め!良いすね。

その後ヘヴンへ移動すると、サニーデイ・サービスのライブが終盤戦に差し掛かっていた。「サマー・ソルジャー」など、甘い甘い恋の歌をこれでもかというほど聴かされる。新曲もやっていた。この時間帯、ヘヴンにはやけにカップルが多く、「畜生!」と思いながら観る。「音源も作りたいと思っているし、ツアーもやりたい」と曽我部恵一がMCで話すも、実際のバンド演奏&歌い回しを観る限り、正直、曽我部恵一BANDとの区別がよくわからない。自分のようにサニーデイに対してそれほど入れ込んでいない人間からすると、今サニーデイで活動する意義があまり感じられなかった。でもソカバンは好きです。

途中で飽きた為、朝霧食堂に移動し、クリーム・シチューを買って食べる。ペンネがもっちりで美味しかった!
そのままシチューを食べながらホワイトに移動し、Clap Your Hands Say Yeahを観る。自分にとって彼らは、00年代にデビューしたインディ・バンドの中で最も信頼しているバンドの一つで、どれぐらい信頼しているのかというと、彼らの1stと2ndは、90年代に例えるならばWeezerの1stと2ndだと思っているぐらい、それほど好きなバンド。07年のフジ最終日レッドでのトリのライブでは、音が悪かった為、イマイチ彼らの作り出すローファイな音の質感が掴みづらかったものだけど、今回はいよいよホワイトでの出演ということで、音も抜けが良い。ヴォーカルのアレックス・オンワースの麦わら帽子もチャーミング!新曲で始まった序盤は演奏がヘロヘロ過ぎて危うかったものの、その後は「In This Home On Ice」「Is This Love?」「The Skin Of My Yellow Country Teeth」など、名曲連発。ユルいながらも、しっかり自分たちの世界観を描いていた。特に終盤の「Heavy Metal」が最高でした。アレックスは間違いなくUSで五本の指に入るソングライターであり詩人だと思う。そして素晴らしい歌い手でもある。うーん、3rdが楽しみで仕方ないです。

その後はすぐにグリーンへ移動し、BRAHMANを観る。まるでアスリートともいうべき、白熱のパフォーマンス。彼らは、自らの信念に対してひたすらストイックだから好き。自分がこういうのもアレだけども、彼らはしっかりハードコア・パンクをやっていると思う。ブルーハーブがドキュメントDVDを作る際に、ブラフマンをお手本にしたという話も非常に頷ける。とはいっても、自分は熱心に彼らの音楽を聴いているわけでもないので、ほとんど同じ曲に聴こえてしまう部分もあったりする。でも、トシロウのあの圧倒的なカリスマ性を持ったパフォーマンスを観ているだけで満足。飛距離をおいてマイクをグッと掴んで叫ぶ歌い方がカッコイイ。何曲か観てからすぐに退散。

その後はまたヘヴンへ戻り、ROVOを観る。昼間のDachamboもかなり良かったけども、ROVOのライブはさらにその上をいく完成度。やはり格が違う…!ガッツリ踊ってやりたいものの、足腰が疲れていた為座って見届ける。

ROVO終了後、渋さ知らズオーケストラを観たい欲求に駆られながら、ヘヴンのカフェ内のベンチに座ってまったり休憩。またホットココアを飲む。体が暖まる。ここで藤ちゃんとまた合流。しばらく休憩してから、苗場食堂付近にあった江ノ島産の海の幸が食べることの出来るお店に行き、鮪の頬肉丼というものを食す。これがめちゃめちゃ美味しかった!食事中に辺りはすっかり暗くなり、良い雰囲気に。

DSC02341.jpg

その後は早めにホワイトに移動し、今年のフジで最も楽しみにしていたAnimal Collectiveが始まるのを待つ。ホワイトは大勢のお客さんでギッシリ!まだライブが始まっていないにも拘わらず、まるで、今や伝説となった07年のバトルスのときのような興奮に包まれる。するとパンダ・ベアをはじめとするメンバーが登場し、鳥のさえずりや森のざわめきなど、自然音のサンプリングを鳴らし始めると、すぐさまホワイトはアニコレ・ワールドに。その場でサンプリングをループさせ、レイヤーを丁寧に重ねていきながら、じわじわと高揚感を煽っていく。ヒップホップのリズムを変拍子でループさせたり、こりゃ堪らん。一気に高揚させることはせずに、ひたすらアニコレの焦らしプレイが続き、あー、もう頭がおかしくなりそう!となった頃に「My Girls」!会場は一気に盛り上がる!!そして「Fireworks」!!アニコレの中でもかなり好きな曲!フジではサマソニのように花火は上がらないものの、あの場所にいた皆の心の中に、とびっきり鮮やかな花火を打ち上げてくれたのではないでしょうか。そして最後は「Brothe Sport」!皆狂ったように踊って大団円!!佇まいや世界観を含め、パーフェクトなパフォーマンスだった!

アニコレ終了後、Weezerを観る為に早歩きでグリーンに移動。グリーンに近づくと聴こえてきたのが、White Stripesの「Seven Nation Army」のカヴァー!初っ端から謎!笑 自分にとってWeezerは思春期を代表する一つのバンドで、まるで泣き虫の男の子が、たまに後ろを振り返りながらも力強く歩を進めるかのような、そして、手に取ったギターのディストーションで憂鬱を振り払おうとするかのような、そんな蒼い初期衝動に溢れているから好き。そしてその衝動はきっと、女性にも作用しているはず。蛇足だけど、銀杏boyzの「あいどんわなだい」という曲で"純情ガールな君と/Weezer聴きたい"というフレーズがあるのだけど、これには非常に共感したもの。というわけで、なかなかの思い入れのある彼らのライブは、その後も「Undone」「Say It Ain't So」「My Name Is Jonas」「Good Life」など初期の名曲をたっぷり披露。『Make Blieve』収録の隠れ名曲「Perfect Situation」もバッチリ!思わず自分もキッズに戻り、エアー・ギターでシンガロング。新曲も2曲ぐらい聴けた!10月にアルバムをリリースするそう。この辺りで、ホワイトにRoyksoppを観に戻らなければいけなかった為、グリーンから去ろうとすると、なんとここで「Photograph」!自分がWeezerで一番好きな曲!!このタイミングで嬉し過ぎ!声を張り上げて歌う!!いやー、もう思い残すことはないなー、と再び去ろうとすると、なんとなんと、そのままBlurの「Song 2」のカヴァー!うっそー!?皆でフゥフー!!とシンガロング!最高!!

と、大分時間を食ってしまったので、急いでホワイトに移動。超早歩きで移動すると、なんとかRoyksoppのオープニングに間に合う!White ScooperのZak君&藤ちゃん曰く「天井知らずのアゲっぷり」という噂のRoyksoppは、序盤はアンビエントなトラックでゆったりと立ち上がり、打って変わっての「Happy Up Here」で文字通り一気にハッピーな空気に!女性ヴォーカル(Karin Dreijer?)が加わっての「The Girl And The Robotplay」「Only This Moment」などの歌モノ曲ではヴォーカルも煽る!今回は曲を繋いで展開するわけではなく、所謂ロックのライブ的な、一曲一曲を区切りを持って演奏する形。メンバーも仮面ライダーのようなコスプレをして登場したり、間のMCでは、しゃがれ声で「ほ、本当にありがとうございます!」(全部濁点を付ける感じ笑)と、流暢な日本語で喋っていたのも笑えた!こういったエレクトロニカのアーティストで曲を繋げずにライブをするのは冒険だと思うのだけど、でも、一曲一曲のクオリティがしっかりしているから成せる技だよな、と感心。大盛り上がりだった生「Eple」では、アンビエントとヒップホップを融合させるだなんてなかなかの発明だよなー、としみじみ。ラストの「Poor Leno」では感動しながらガシガシ踊る。いやー、カッコイイ。アンコールでは初期の曲?と説明しながら謎のハード・テクノをプレイしていた。謎。

アンコールを途中で抜け出し、Basement Jaxxを観る為、再び超早歩きでグリーンに戻る。着いた頃にはまだ始まっていなかったので、オアシスよりの丘の上で始まるのを待つ。メイン・ステージ最後のアクトということで、フィールドはお客さんで一杯!もしかするとオアシスやフランツより集まっていたかも?みんな踊りたいんだね!と、自分も嬉しくなる!ライブが始まると、お約束の大所帯バンドが登場!しかもメンバーの構成が大体黒人という、超実力派集団。ひたすら豪勢な生音ダンス・グルーヴと、黒人ヴォーカル&コーラスで皆が盛り上がらないわけがなく、初っ端から乱痴気騒ぎのお祭り大宴会状態!正に後夜祭!「Hush Boy」のイントロもホーン隊がバッチリ演奏!なんじゃこりゃ!!いちいち豪華過ぎる!!笑 アコースティック・ヴァージョンの「Romeo」など、もはや溜息が出てしまうほどの完成度。なんじゃこりゃ。

Basement Jaxxでガッツリ踊るも、真裏の苗場食堂でのneco眠るが気になった為、一瞬抜け出しオアシスへ移動。苗場食堂に着くと、ちょうど「Oba Tune」!こちらもまるでお祭りのような雰囲気!ステージとは言い難い苗場食堂で、皆でメンバーを囲って即席盆踊り大会!ずっと観てみたいと思っていたバンドだったので、自分もえいやえいやと盛り上がる!うひゃー、これは楽しい!!

DSC02345.jpg

しかし、苗場食堂はグリーンから近いため、グリーンのBasement Jaxxの音がチラチラ聴こえてきて誘惑をする。うーん、でももうちょっとneco眠りたい!が、ここで「レインドローップ♪」というフレーズが聴こえてくる。こ、これはもしや!とグリーンへダッシュ!やっぱり「Raind Drops」だ!!皆で超踊りまくる!新曲にして早くもハイパー・アンセムとなっていた!この光景がまた美しかった。終盤には彼らの代表曲「Where's Your Head At」「Dou Your Things」も飛び出し、丘の上でガシガシと踊る。皆も、悔いが残らないように踊り狂う。最後は「Bingo Bango」で大団円!いやー、贅沢させて頂きました。

終了後はオアシスに移動し、藤ちゃんと再び合流。夜ごはんとしてまたドネルケバブを食べる。やはり安定して美味しい。
するとすぐにレッドではSonny Jが始まったので観に行く。白人だと思っていたSonny Jはじつは黒人で、太っちょの良いおじさんといった風貌。これまた黒人のドラムとヴォーカルを迎え、ライブスタート!いきなり「Enfant Terrible」でハッピーな空間に!ただ、Basement Jaxxの後というのは非常に酷なもので、比較するとどうしてもしょぼく観えてしまった。でもたぶん、世界中の99.9%のバンドは、Basement Jaxxの後に観るとしょぼく観えると思う。なので仕方がない。とはいいつつも、「Can't Stop Moving」などは本当にアガる!ヴォーカルもナイス。最後にはエレクトロ風のセルフ・リミクスもプレイし、多幸感溢れるステージだった!

その後はしばらくオアシスで休憩。三日間ほとんど休みなしではしゃぎまわっていると、流石に足腰が悲鳴を上げていた。回復を待ち、のんびりとくだらない話をする。
休憩後、ルーキー・ア・ゴーゴーでのマヒルノが観てみたかった為、パレス・オブ・ワンダーに移動。と、遠い…。フジ参加三年目で初めて訪れたパレスは、夜の学園祭的な、おかしなアトラクションが一杯!大回転する空中ブランコや、どデカいゴリラのオブジェなどが沢山!でもこういう、無くても差し支えないけど、あったら絶対に楽しいものを用意する精神が素敵です。
そんなパレスで、初めて観たマヒルはエキセントリックなライブを繰り広げていた。

DSC02350.jpg

マヒルノをチラ見した後、石野卓球のDJで締めたかった為、再びレッドに戻る。と、遠いよ…。序盤の卓球は流石のテクノDJ。何度もピーク・ポイントを作り出し、しっかりアゲる。自分も踊ろうとするも、足腰痛すぎて立てない…。座り込んでは立ち上がり踊って、踊っては座り込んで、また座り込んでは立ち上がり踊っての繰り返し。何故ここまで踊ろうとするのか。だってもうフジ終わっちゃうんだよ!なんとか踊り繋ぐも、自分も藤ちゃんも限界が来た為、宿に戻ることに。
帰り際に、大ラストとしてGANBANブースでの80kidzのJUNさんとAli&さんのDJを観る。さよなら苗場。
ちなみに、毎年恒例で駐車場にいる「フジロックの最後はTRFで締める会」的な集まりは今年は居ませんでした。ちょっと寂しかった。

というわけで怒涛の三日間が終了。最後は藤ちゃんと風呂で疲れを労い合いました。



-----------------------------------------------------------------
ハイ、といった感じで、フジ三日間のレポートでした!!
書き出すととんでもない長さになってしまいましたが、楽しんで読んで頂けたのであれば書いた甲斐があります!泣
やっぱりフジは、一年に一回だけ出現するユートピアだと思いました。
あの三日間は、毎年本当に楽しいですね。

というわけで、来年も是非遊びに行きたいと思います!
このブログを読んで「あ、楽しそう!」と思った方は、是非来年苗場で乾杯しましょー!!

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました◎


ry01
ry01 CM(0) 

フジロック完全レポート!!!!!!【二日目】
■7/25(土)

前日は4時半就寝で、体が相当疲れ切っていたにも拘らず、朝9時に自然と目が覚める。カーテンを開けると外は晴れ!うおっしゃー!!ようやく晴れた!!!!!!晴れというだけで疲れも吹っ飛び(それだけ前日の大雨が酷かった)、すぐに支度をして藤ちゃんと会場に向かう。ハンナちゃんはまだお休み中。

二日目の一発目は9mm Parabellum Bulletを観る為、真っ直ぐホワイトへ移動。別に全然好きではないのだけど、オリコンでトップ10に入るぐらいの人気バンドなので、何か得るものはないかと、一応観に行く。こういった機会でもなければ間違いなく観ない。ホワイトに着くとすでにライブは始まっていて、うはー、ヴィジュアル系みたいだなー、昔<MUSICA>のレビューで田中宗一郎氏が「X JAPANみたい」と書いていたけど、その気持ちすごいわかるなー、と思いながら素通りしてヘヴンへ。十分でした。

毎年昼過ぎから行動を始める自分にとって、朝のホワイト⇔ヘヴン間ののんびりとした雰囲気がとても新鮮で(人が少ない!)、緑の山道にものすごく心癒された。とりあえず朝からビールで乾杯!超美味しい!!朝食としてタイラーメン焼きそばのようなものを食べる。
そしてヘヴンではTom Fruendというシンガー・ソングライターがすでに演奏中で、これがとてもハート・ウォーミングで良いライブだった!最後の弾き語りにちょっと感動。藤ちゃんが「ヘヴンには泣きの神様が居る」という名言を残す。

その後はボード・ウォークを使ってグリーンに戻る。川が増水の為、一日目は封鎖されていたホワイト→グリーン行きのボード・ウォークがこの日は復活。緑の中を気持ち良く歩く。空気が美味しい!
ドラゴンドラのチケットを買った後、本場のアフロ・ビートに一度は触れてみたいと思い、グリーン後方の丘に座りながらSeun Kuti & Egypt 80を観る。ミニマルでトライバルなビートと、煽るホーンが心地良かった!やっぱり本場のオリジナルな人たちはすごい。

ハンナちゃんがようやく会場に到着したので、三人で揃ってドラゴンドラに乗る。昨年は乗れなかったので、かなり楽しみにしていた二年振りのドラゴンドラ!上空からの景色&急降下に大興奮!!

DSC02234_20090802195043.jpg

DSC02236_20090802195051.jpg

DSC02237_20090802195057.jpg

ドラゴンドラから降りると、デイドリーミングはこの景色!天気も晴れで、絶好のチルアウト・スペースになっていた!空気がさらに一段と美味しい!!最高に居心地が良い!!!!!!

DSC02244.jpg

DSC02242.jpg

DSC02245_20090802195642.jpg
Mr. & Ms.デイドリーミングこと藤ちゃん&ハンナちゃん!

DSC02243.jpg
もぐら君と記念撮影!with 藤ちゃん!

DSC02253.jpg

デイドリーミングを包む空気が本当に気持ち良い!みんな笑顔!!
奥のステージでは環ROYがライブ中で(念願の初ライブ!)、ナイスなラップを披露してくれていた!最後の曲では、「フィッシュマンズを聴きながらヒップホップをやってみた」というMCで「Midnight Breaking Fishman」が始まり、皆ゆらゆらと揺れて音楽に身を委ねる。彼の場合、ラップや佇まいからヒップホップ独特のマッチョイズムへのアンチが感じられるのがとても魅力的。第二のShing02になってください。

DSC02248.jpg

DSC02251.jpg

環ROYのライブが終了し、続いてサ上とロ吉ことサイプレス上野とロベルト吉野が登場!オープニングから「サ・上・と・ロ・吉!」のコール&レスポンスもバッチリ!彼らは、ライブでのわかりやすいコール&レスポンス講座や、「プチャヘンザ率(Put your hands up)」という言葉を使ったりして、ヒップホップの楽しさをユーモラスにキャッチーに伝えているから好き。最後はブースの柵を取っ払い、お客さんを全員巻き込んでの「Wonder Wheel」!皆でサ上を囲みプチャヘンザ!!

DSC02273.jpg

のんびり辺りを歩きながらライブを観ていると、逆側の芝生では、ヴァイオリンとコントラバスとアコースティック・ギターを持った謎の三人組がパフォーマンスをしていたので、藤ちゃんとのんびり座りながら観る。有名曲を替え歌で歌ったり、終始可笑しなパフォーマンス!

DSC02262.jpg

丘の上に登って景色を堪能していたり、あやみんさん&ちやっさんコンビ、ごんのかみ&小杉山に遭遇したり、のんびりと過ごす。そろそろまたドラゴンドラに乗って帰ろうとすると、謎の体操のお兄さんと動物オールスターが山小屋から登場し、皆でラジオ体操をすることに!こういったサプライズがあるからフジは堪らない!山の上での大勢でのラジオ体操は本当に気持ち良く、疲れた体がよくほぐれる!最後の深呼吸のときの空気の美味しさといったら!昨日のオアシスのライブよりも、お客さん同士の一体感があった気がする笑

DSC02281.jpg

DSC02283.jpg

その後はDJ BAKUの野外レイヴ仕様なイケイケのDJセット(『The 12 Japs』収録の「Wakeman」もスピン!)を聴きながら、帰りのドラゴンドラに乗る。降りた頃には、ちょうどComeback My Daughtersのライブが終了…。ドーーーン。フジで彼らのライブを観るのを夢見ていた人間なので、見逃してしまったのはちょっと残念。「Bite Me」聴きたかったなー。彼らの1stと2ndはとても素晴らしいアルバムです。

グリーンで演奏中のJETを尻目に、まずは腹ごしらえということでオアシスへ。ここでまた玉子豚飯を食す。美味しい。オアシスを歩いていると、偶然Riddim Saunterのハマさんと遭遇!今年は普通に遊びに来たとのこと。
グリーンに着くと、JETは早くも終盤。新曲を一曲聴けたものの、ほとんど記憶に残っていない。これでも自分は、わざわざ武道館に単独ライブを観に行くほどJETのことを愛しているのだけど、Super Flyとコラボをしたあたりから彼らに対して懐疑心を頂いているのも事実。さて、3rdはどうなるのでしょうか。最後は「Stand Up」で終了。ギターの音が異常に良かったです。

その後は一人でホワイトに移動し、トイレに並びながらMelvinsを観る。うひょー、カッコイイ!息のピッタリ合ったツイン・ドラムが良かった!ヴォーカルの人の髪の毛がなんだかとんでもないことに。

そのままヘヴンに移動し、キャンドルのあるテントの中に座りながらThe Ska Flamesを観る。ほんとはゆらゆら踊りたかったものの、朝から動き回っていたので、疲れのあまりうたた寝。スカフレイムスを聴きながらの昼寝だなんて、贅沢。

目が覚めてからはレッドに移動。歩く途中、ホワイトでZazen Boysのライブがちょうど始まる!冒頭のジャム・セッションでは、向井秀徳がチャルメラのフレーズをシンセで弾いたり、さすがの変態っぷり。そして2曲目は「Cold Beat」!ドラムが超変態!このまましばらく観たい欲求に駆られつつ、急いでレッドに向かう。

何故ならレッドでは、現在自分がアメリカ大陸で最も敬愛しているシンガー・ソングライター、Bright Eyesのライブがあるから!到着するとちょうどライブが始まる。07年のサマソニでのミニ・オーケストラを交えた大所帯のバンドセットとは打って変わって、今回はコナーと、ギタリストが一人、シンセとホーン兼任が一人、女性のコーラスが一人という、ドラムレスのミニマムな編成。ほぼ弾き語りのような内容で、選曲も『I’m Wide Awake,It’s Morning』(大名盤!)と『Cassadaga』から中心のセットリストで、一曲一曲の良さが染み渡る、素晴らしいライブだった。夜に移り行く中で、暖かい極上のフォーク・ソングを皆堪能していた。前回のライブではやらなかった「We Are Nowhere And It's Now」が聴けて良かった!本当に名曲。やっぱりコナーは大好きなソングライターです。

その後は再びホワイトに移動し、ようやく来日が実現したBad Brainsを観る。USハードコア黎明期のレジェンドというだけあって、前方には熱心なハードコア・ファンが集まる。自分はハードコアに関する知識は浅いものの、彼らの掲げるPMA(Positive Mental Attitude)の精神には非常に影響を受けていたので、これは見逃せまいと前方へ。登場したメンバー4人はすっかり良いおじさんの風貌でも、鳴らす音はバリバリにカッコイイ!特にHR至っては即身仏のような佇まいで、一曲一曲演奏が終わるごとに手を合わせて感謝のお辞儀をしているのが印象的だった。他のメンバーもやはり演奏が上手い!あのヘヴィなギター・リフに、キッズは皆心を皆鷲づかみにされていたはず。音がやや小さい気がしたので、さらに前に行き、モッシュ・ピットで観る。凄まじい盛り上がりっぷり!彼らならではのレゲエ~ダブ系の曲は、演奏の上手さも相まって本当に心地良く、皆ゆらゆらと揺れる。初期衝動という部分では初期の自身を超えられないとしても、その分円熟を帯びた堂々としたパフォーマンスだった!

終了後はレッド向かって移動。オアシスで鮎の塩焼きを買い、レッドでDinosaur Jr.を観ながら食す。07年のサマソニでも観ていたのと、新しいアルバムがそれほど好きではなかったので、特に期待をせずに後方から観る。ちょうど「The Wagon」でアガる!前回観たときのような爆音ではなかったので、聴きやすかったです。でもすぐに退散。

足腰が疲れていたので早めにグリーンに行き、シートを敷いて座ってFranz Ferdinandが始まるのを待つ。少し眠る。するとすぐにメンバーが現れライブ開始!なんと、いきなり「No You Girls」→「Do You Want To」→「The Dark of the Matinee」という名曲連発な流れ!しかもパフォーマンスがとんでもなく良い!初見のフランツ、こんなに良いとは!こんなに良いライブをされては、トリの時間帯以外は出せないよなあ、とスマッシュの抜擢に納得。オアシスなんかより全然良い!女子も男子も皆盛り上がる!セクシーですな。そして「Take Me Out」では鬼の盛り上がり!いやあ、改めて聴くと素晴らし過ぎです、この曲。リリックも最高!途中でPublic Enemyを観に移動するつもりのはずが、結局本編全部観てしまいました。本当に素晴らしかった!(ちなみにアンコールでは「Lucid Dreams」の超尺ヴァージョンをやったそうで。超観たかった…)

フランツをアンコール前に抜け出し、三度ホワイトに移動。着いた頃にはPublic Enemyのライブは終盤戦。トイレに並びながら観る。2ターンテーブル+バンドという生音に拘ったセットで、最高にアップリフティング!チャックDのラップもキレキレ!これは豪勢だなー、と思わず舌鼓。ただ、思っていたよりもコール&レスポンスのやり取りがスムーズにいかず、盛り上がりに欠けていたのが少し勿体無かった。アンコールまでの間もグダグダ過ぎ。メンバーはやけに「自分たちのサイトで新譜をチェックしてくれよな!」ということを仰っておりました。

トリ終了後、ところ天国で藤ちゃんと落ち合い、偶然居合わせたファイアー・パフォーマンスを観る。静かな山の夜に、レイハラカミの曲をBGMに繰り広げられる、美しく軌道を描く炎のパフォーマンスはなんだかチルアウトな気分だった。というか、まさか苗場でハラカミさんの曲を聴けるとは!大好きです、レイハラカミ。

DSC02297.jpg

DSC02289.jpg

その後はレッドに移動し、80kidzを観る。フロアはライブ開始前から異常な盛り上がりで、メンバーが登場するやいなや、さらに皆のテンションはハイに!これはまるで、2年前のフジで、同じく二日目深夜のレッドにてSIMIAN MOBILE DISCOとJUSTICEが演出していたエレクトロ・ムーヴメントのピーク・ポイントを、この日本でオリジナルの手法で再現したかのような、凄まじい盛況っぷり。以前もブログに書いた通りですが、80kidzの活動方法や姿勢の部分で非常に影響を受けているので、こうやってフジでライブを観れるのは非常に感慨深かったです。

終了後はオアシスで夜ごはん。ドネルケバブを食べる。安定して美味しい!しばらく座ってまったりした後、グリーンとオアシス間の川に行こうとするも、寒さのあまり断念。ワールド・レストランでクレープを食す。レッドからはThe Bloody Beetrootsが投下したダフトパンクの「One More Time」が聴こえてくる。

自分たちもレッドへ移動し、The Shoesを観る。が、疲れ過ぎていた為に座って聴くも、目を閉じた瞬間に眠りの世界へ…。藤ちゃん、一人で踊らせてしまってごみん…。しばらく寝ていると、藤ちゃんが宿に帰るとのことで見送る。するとライブはもう終盤で、最後は「Knock Out」!やはりこの曲はカッコイイ!最後だけガシガシ踊る。

その後はハンナちゃんと合流し、CrookersのDJでひたすら踊る。彼らは昨年のGANBAN NIGHTでの隠れMVPであり、ニュー・エレクトロ末期~フィジェット・ハウスの流れの中で、自分にとって最も信頼出来るアーティストの一つです。フィジェットもの中心かと思いきや、昨日のDIPLOのようにバイレ・ファンキ多め。ちょっと期待していたセレクトとは違ったものの、やっぱり最高!

4時頃まで踊り続け、そろそろ帰ろうかとGANBANブースを横切ると、ちょうど石野卓球がDJ中でした。精力的や!
そこから宿に帰って5時半過ぎに就寝。今日もお疲れ様、自分!

というわけで三日目に続く!!


ry01
ry01 CM(0) 

フジロック完全レポート!!!!!!【一日目】
やあこんばんは!ry01です。

というわけで今回はフジロックの完全レポート!!!!!!
もうすでに一週間が経ってしまいましたが、このブログを読んでくださっている皆さんの中にも「フジロックに遊びに行った!」という方も多いのではないのかと思うのですが、僕もバッチリ楽しんできました!!
今年で3年連続の参加だったのですが、いやー、本当に毎年楽し過ぎますよね。

というわけで、少し日にちが経ってしまいましたが、このブログでもフジの興奮をお伝えする為、ガッツリとレポートを書かせて頂きます!!以下話し言葉だったり関係の無い話が多かったりで恐縮ですが、より臨場感を伝えることが出来ていれば幸いです!

それでは、総歩行距離130km、総勢54アーティストのライブ・レポートをどうぞ!!!!!!



■7/23(木)
フジ前日。仕事後に実家のある神奈川は平塚へと帰り、車をピックアップして武蔵小金井の我が家へ。土砂降りの雨に、「おいおい、明日の苗場は大丈夫なのかい」と心配になる。
自宅に車を停めた後、ブログを書いたり荷物の準備をしていると、あっという間に朝の4時。全然寝る時間が無い!一応20分だけ寝る…。


■7/24(金)
今年はWhite ScooperのFuzita君(以下藤ちゃん)と、韓国からの留学生Hannahちゃん(以下ハンナちゃん)の3人での参加ということで、武蔵小金井の自宅からまずハンナちゃんをピックアップし、環八を経て関越に。高坂のパーキング・エリアで藤ちゃんをピックアップ。この時点で超土砂降り。そして苗場に近付くほど、濃霧過ぎて車の外真っ白。もはや休憩の為に外に出るのも億劫だったので、ガンガン走り、3時間半ほどで会場付近の宿に到着。外出準備中の藤ちゃん&ハンナちゃん。

DSC02185_20090730234836.jpg

DSC02186.jpg

DSC02187.jpg

この時点で雨は大分弱まっていたものの、会場に向かうにつれ、また強まってくる。かなり強くなる。ゲートで記念撮影なんてしている場合じゃないほど。自分はわりとちゃんとしたカッパを用意していたのだけど、あっという間に中に雨が滲みてくる。カッパの意味無いじゃん!
会場に着くと、グリーン・ステージでは東京スカパラダイス・オーケストラが演奏中。フジ・ロッカーは皆たくましく、前方にはスカパラ・ファンがカラフルなレインコートに身を包んで踊っている。いやあ、今年もフジにやって来ましたなあ!と実感が沸き、自分たちも小躍り。しかし大雨。The New Houseのメンバーに偶然出会うも、土砂振り過ぎてうまく話せず。

まず自分たちは、ASA-CHANG & 巡礼を観る為にフィールド・オブ・ヘヴンに移動。大分遅刻してヘヴンに到着。とりあえずビールで乾杯!初見のASA-CHANGは、ヘヴンを囲む大自然と、それに溶け込むパーカッションが心地良く、初っ端から感動。しかもめちゃめちゃビールが合う。「やっぱりフジはマジックが起きるね」と3人でしみじみ。

その後は皆でグリーン・ステージへと移動し、White Liesが始まるのを待つ。この時が一番の土砂降りで、自分のカッパはもう意味を果たしておらず、中の服まで滲み放題。「すでにカッパも服も靴もビショビショで、この先の三日間、一体どうなってしまうんだ…」と、大雨の中呆然とする。もう消えて失くなってしまいたいと思うほど辛かった。
で、待つこと数十分、White Liesのライブが始まる。自分はSnow PatrolやEditorsのようなスタジアム・バンドに目が無いので、彼らも割と気に入っているバンドではあったものの、ただ、演奏はまだまだだなー、と思いながらぼんやりと観る。途中で移動しようかと思いつつ、でもどうせなら「Death」聴きたいよなー、と粘る。そしたら最後にやりました。この曲だけ貫禄が垣間見えて良かった!この辺りから雨が弱くなる。

White Lies終了後、Ebony Bones!が観たかったのでホワイト・ステージに移動。歩いている途中、「The Muzik」が聴こえてくる!ダッシュ!!ホワイトに着くと、ステージ上にはあのジャケ通りのエキセントリックなコスチュームを身に纏ったエボニーが大はしゃぎしていて驚く。ジャケそのまんまや!そのままトイレに並びながら観る。音源のほうはやけに演奏が良かったのが印象的だったのだけど、ライブでのバンド演奏はパッとしないもので、良くも悪くもチンドン屋でした。

途中でところ天国に移動し、早めに昼食を取ることに。毎年恒例のハイジ・カレー!今年は温キャベ入り。やっぱり美味しい!藤ちゃんも合流し、パラソルの下で食べながら今後の作戦会議。
昼食後は、レッド・マーキーのM83と迷うも、ホワイトに戻りMajor Lazerを観る。うひょー!腰に来るビートが気持ち良い!頭を空っぽにしてガシガシ踊る。途中、ステージ上に日本人のお姉さんが二人現れ、セクシーなレゲエ・ダンスで観客を煽る。レゲエ・ダンスとは、犬神家の一族のようなポーズでお尻を小刻みに振る、アレです。一人の男として、じっくり目を凝らして観る。お姉さん二人の活躍も相まって、皆アホのように踊る。

がしかし、ヘヴンではSAKE ROCKが始まっていたため、これは見逃せんということで途中退場。初見のサケロックは、着いた頃にはちょうど「今の私」を演奏中で、またーりなムード。そしてここから後半戦ということで、ガラリと雰囲気を変えて「菌」!自分が『ホニャララ』で一番好きな曲だ!が、ハマケン、全然吹けていない!笑 まあ、難しいフレーズだよなー、と思いつつも、最高な曲なのでゆらゆら踊る。サケロックは、日本情緒溢れる「暮らし」と「生活」の音がするから好きだ。まるで「サザエさん」を観ているかのように、日常でついつい置いてけぼりにしてしまう、暖かい大切な感情を彼らは鳴らしている。その後は「京都」を挟み、最後はハマケンがアドリブでおかしなフレーズを叫び、それに合わせてドラムの伊藤大地がドラミングする「対決」コーナー!これは毎回やっているものなのかな??「山の神様仏様!」の爆笑フレーズが飛び出したり、完全にハマケンから放たれる魅力に皆やられていた!いやー、笑わせてもらった!

その後は、Lily Allenを観る為にグリーンへ移動。途中の道が激混みだった為、少し遅刻。すでに一曲目「Everyone's At It」が始まっていた!オール生演奏のバンド・セットで、セッション風になったり、エレクトロっぽいアレンジにしてみたり、リリーもカオス・パッドを使ってググイと煽る。が、最初の2、3曲はバンドの演奏もイマイチで、立ち上がり微妙だなーと思うも、Kaiser Chiefsの「Oh My God」のカヴァー→「Everyting's Just Wonderful」→「LDN」→「Back To The Start」の流れは完璧!リリーの歌もキレキレ。MCで一人でケラケラと笑っているのも可愛い。その後のタバコを吹かしながらの「He Wasn't」→「Littlest Things」→「Smile」の流れも最高!最後は、皆で中指を立ててファックオフ・サインを決めながらの「Fuck You」→エレクトロ風の長尺アレンジになった「Not Fair」で大団円!!いやー、良いものを見せてもらいました。

Lily Allen終了後はレッドに移動し、オアシスで買ったもち豚を食べながらThe Virginsを観る。予想していたよりも演奏がうまい!不良じみた危なっかしさはなく、全然安心して観れる。ラプチャーなんかよりも全然上手いんじゃじゃいでしょうか。MAROON 5ってこんな感じなのかなー、と思いながらもち豚を食い進める。ヘイ、リッチ・ガール!

その後はPATTI SMITHをチラ見しながら(笑顔の素敵な方でした)、ホワイトのハナレグミを観に行く。ホワイトは人がギッシリ!序盤の「あいのわ」→「音タイム」→「家族の風景」という流れに早くも感動。永積タカシの歌声が素晴らし過ぎ。途中、スペシャル・ゲストとしてスチャダラパーのBOSEが登場し、なんと、「今夜はブギーバック」のラップを披露!「良くないコレ?/良くなくない?/良くなくなくなくなくなくない!?」のフレーズを皆叫ぶ!BOSEは煽るのも上手。終盤は打って変わって、「光と影」をじっくり聴かせる。これまた感動。ちょっと泣きそうになる。永積タカシは素晴らしいソングライターですね。
ハナレグミのライブ時@ホワイト・ステージ↓↓↓

DSC02197.jpg

ハナレグミ終了後はヘヴンに移動。体が冷えていたのでカフェでホット・ココアを飲みながら、座ってまったりTortoiseを観る。音響系やポスト・ロックの先駆者として知られるTortoiseについては、自分はつい先日リリースされた新譜で初めてちゃんと聴いたようなもので、これまでの彼らを熱心に聴いてきたファンではなかったものの、ほほー、演奏上手いなー、てかジャズだなー、てかVJ綺麗だなー、と彼らの世界観に思わずのめり込む。めちゃめちゃ良い!そしてお客さんも暖かい。辺りも暗くなってきたので、Totoiseの音楽をBGMにして夜のヘヴンを楽しむ。

DSC02215.jpg

DSC02222.jpg

DSC02224.jpg

そのままGONGを観るためにふらりとオレンジ・コートに移動。が、昼間の大雨のせいで地面がドロドロの沼のようになっている!スニーカー(勿論雨でグショグショ)の自分は奥まで進めず、入り口付近で踊る。これまたVJが不思議系で良かったです。ちょっとだけ観て、またすぐにヘヴンに移動。
オレンジ付近もライトニングがすごく綺麗!

DSC02205.jpg

DSC02200.jpg

DSC02208.jpg

そしてTortoise終了後は、SIMIAN MOBILE DISCOを観るためにレッドへ向かうも、この辺りから急にまた大雨が降り出す。皆避難するようにレッドの軒下へ。中は人で一杯に!そんな大入りの状況で始まった彼らのライブは、序盤は「Sleep Deprivation」で静かに立ち上がりを見せたかと思うと、いきなり「It's the Beat」!会場もすぐさま沸く!自分もガシガシ踊る!が、前日が20分睡眠だったため、ここに来て睡魔に襲われ、10分ほど立ったまま眠ってしまう。体は踊りたいのに…!目が覚めてからは、体力もやや回復したので再びガシガシ踊る。「Hustler」など1stアルバムのキラー・チューンは勿論、「Synthesise」などの新曲群が素晴らしくカッコイイ。ライブ・アレンジも全体を通しての流れも完璧。しかし、極上のセットに感動しながらひたすら踊り続けるも、どうしてもトイレが我慢出来なくなり、終盤で途中退場。無念過ぎる…。

そのままトイレに並んでいると、まもなくoasisが始まる時間に!焦る。今年の1日目のトリは、オアシスとクラムボンのどちらを観るか相当迷ったものの、最近のライブのセットリストが素晴らしかったオアシスを優先することに。自分はオアシス派かブラー派かと聞かれたら、頭の中ではブラーのほうが音楽的に素晴らしいとは理解していても、心と体は完全にオアシス派な人間なので05年のSummer Sonic以来となる彼らのライブをじつは結構楽しみにしていた。おそらく同年代の中では、自分は最もオアシスを愛している人間だという自負がある。音楽雑誌<remix>の野田努氏や桑田晋吾氏の言葉を借りるとするなら、彼らの音楽は大きな物語を見せてくれるから好きだ。正にワーキングクラス・ヒーロー。
トイレが済むと、ちょうどオープニングのSEが!大雨の中、グリーンへダッシュする。1曲目は「Rock'n'Roll Star」!思わず1曲目から大感動!!というわけでもなく、ん??リアムの歌が全然良くない。何だコレ、やる気あるのか?ふざけてる??大名曲にも拘わらず自分の気持ちはさっぱり盛り上がらず、その後も「Roll With It」「Songbird」「Slide Away」など、前回のサマソニのセットリストには含まれなかった自分の好きな曲たちが並ぶも、リアム絶不調。なんだこれー、途中退散してクラムボンを観に行ったろかー、と気持ちが揺らぐ。心なしか、お客さんの盛り上がりもやや欠けている気がする。がしかし、ノエルがヴォーカルをとる「The Masterplan」は素晴らしい出来。お兄ちゃんは絶好調。見習え、弟。ノエルを信じてグリーンに留まる。するとあっという間に終盤になり、最後は「Wonderwall」→「Supersonic」→「Live Forever」→「Don't Look Back In Anger」→「Champagne Supernova」というアンセム5連発。リアムがヴォーカルの曲は相変わらず良くないものの、アコースティック・ヴァージョンの「Don't Look Back In Anger」での合唱(大合唱というほどではなかった気がする)はそれなりに感動。ファンの暖かな気持ちが伝わったか、ラストの「Champagne Supernova」ではようやくリアム復活。これはすごく良かった!が、大ラストの「I am The Walrus」は余計だった。総じて、4年振りに観たオアシスのライブは、聴きたかった隠れ名曲を沢山聴けたのは良かったけども、前回のサマソニのライブのほうが50倍良かったです。

その後は、大雨の寒さから免れる為レッド・マーキーに避難(川が増水の為、オールナイトフジは中止…)。昼間は雨が上がっていたものの、ほぼ一日中雨に打たれっぱなしだったので、体が冷え切っていた。しかしそんな体調とは裏腹に、この日の深夜のレッド・マーキーは辺境ビートが目白押し!まずはEYヨのDJでちょいちょい踊る。初体験だったEYヨのDJは、この後に控えるDiploを意識してか、ボルティモア・ブレイクスやバイレ・ファンキ中心のセットだったのには驚き。流石、何でも掘っているんだなー、と感服。

続いて、昨年の<GOOD MAG.>のベストディスク特集でも15位に選出していたGang Gang Dance。序盤は呪術的なジャム・セッションが延々と続き、レッド・マーキーは怪しいディープな世界へと豹変。ここで藤ちゃんとハンナちゃんは疲れのあまりリタイア。二人は先に宿に戻る。正直、自分も疲れ切っていて眠い…。が、ちょうどこの辺りからヴォーカルが入る曲も演奏され、一気に目が覚める。「House Jam」もカッコイイ!睡魔と闘うかのごとく、トライバルなビートに合わせて踊りまくる!流石のブルックリン勢でした。

ライブ終了後、オアシスで夜ごはんを食べる。毎年数回は食べる玉子豚飯を食す。豚丼に目玉焼きが2つ乗っているだけのものなのだけど、これが妙に落ち着く。
栄養補給も済み、いざDiplo!と勇んでレッド・マーキーに入ろうとすると、入り口付近でThe New Houseのメンバーとまた遭遇!みっちゃんとモロ君と三人でDiploのDJを楽しむ。どんなDJかと思ったら、ダフトパンクやプロディジー、La Roux(Skreamのドラムンベース・リミクスのほう!)など、大ネタを多く挟んだ阿呆阿呆な内容!昼間のMajor Lazerに引き続き頭を空っぽにしてガシガシ踊る。PeachesやSwitchも乱入!最高ー!

その後はBraka Som Sistemaがライブ。これまたオリジナルな辺境ビートで、ホント、今日のレッド・マーキーは豪華だよなーとしみじみ思いながら、気持ち良く踊る。が、眠気がMAXだった為、ここで宿に戻る。
宿は徒歩圏内といえ、それでも30分ほどかかり、着く頃には心身ともにぐったり。風呂に入りすぐに眠る。あ、眠る前にロビーで冷たいココアを飲むのが、とてもリラクゼーションでした。お疲れ、自分。

というわけで二日目に続く!!


ry01
ry01 CM(0) 


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。