GOOD ON THE DANCEFLOOR

GOOD ON THE DANCEFLOOR
OFFICIAL
Twitter
MySpace(Label)

レーベル/パーティ"GOOD ON THE DANCEFLOOR"のオフィシャル・ブログです。

[ABOUT US]
東京発のレーベル/パーティ。Arctic Monkeysの曲名から名づけられたこの集団は、上の世代には持ち得ない、自らの世代ならではの感覚を証明することを目的として、2007年6月に結成。バンド/DJ/デザイナー/ライター/フォトグラファーなど、現在複数のメンバーによって構成されている。個々での活動に加え、GOOD ON THE DANCEFLOORとしてもイヴェントやパーティーを不定期に開催。2009年秋にはレーベル初のコンピレーションCD『ALT A NATIVE SYNDICATE』をリリースし、国内をはじめ、北米/欧/豪にも配信リリースしている。

contact me :P
info@goodonthedancefloor.com

[NEWS]
2009年9月にリリースされ、日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、熱心な海外インディ・リスナーから、国内新世代インディ・バンド・ファンまで、多方面から絶賛の声を浴びた、東京の新世代レーベル"GOOD ON THE DANCEFLOOR"による、今後活躍が期待される新型バンドを集結させたコンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』。紅一点として参加したNu clear classmateが待望の単独作を遂にリリース!
------------------------------------------------------------
USインディ新世代と共振するサウンドに、コケティッシュな女性ヴォーカルを乗せた、日本発のキッチュな個性。この最新EPでは、Washed OutなどのGlo-Fi、Nite Jewelらが牽引するインディ・シンセ・ディスコ、そして時流のエレクトロ・ポップなどを、軽やかに横断している。わずか半年ほど前にリリースされたレーベル・コンピ収録曲と比べると、目が覚めるほどの音楽的な飛躍ぶり。ただ今メキメキと成長中の新世代二人組に、ぜひ注目を!
-小林祥晴-
------------------------------------------------------------
失礼を承知で正直に言うと、彼女たちがここまでの作品を仕上げてくるとは全く思っていませんでした。日々から逃げ出したい気持ち、マリア様に包まれてただただ安らかに眠っていたいという欲望と、それが叶わざる願いであることが転化した、やすりのような手触りの不機嫌な殺気。2010年に生きていく感覚そのままの音楽です。
-田中亮太(JET SET KYOTO/mogran'BAR)-
------------------------------------------------------------
Nu clear classmate 『Lick The Star』
2010/04/16 ON SALE
GOOD-1002 / including 5 songs 1,300yen (tax out)
1. Blank World
2. Causeless Pain
3. The Nearest Faraway
4. I Know I Know
5. I Leave The Parade Wearing A Dress

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

[NEXT PARTY]
????????????

全ての公演のチケットは予約を受付けております(一部除く)。
予約をご希望される場合は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります。
下記のチケット予約フォームからもお気軽にご予約が可能です↓↓↓


[RELEASE INFORMATION]
【GOOD ON THE DANCEFLOOR】のレーベル部門が、新たに【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】として始動!!!!!! 記念すべき第一弾リリースとして、初のレーベル・コンピレーションCDを2009年9月25日にリリース!!
------------------------------------------------------------
海の向こうの同世代へのシンパシーと、隣り合う君とのディスコミュニケーション。2つの同時代性の狭間で軋む音、火花。青く、眩しい。
-田中亮太 (CLUB SNOOZER / JET SET)-
------------------------------------------------------------
世界と同感覚で進行中の東京インディー・シーンをリアルに感じられる、グッド・コンピレーション! この衝動と感覚を忘れずに、リリースを続けてくれることを期待しています!
-JUN (80kidz)-
------------------------------------------------------------
GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK compilation
V.A. 『ALT A NATIVE SYNDICATE』
2009/09/25 ON SALE
GOOD-1001 / including 10 songs 1,800yen (tax out)
1. To Pieces / AAPS
2. Spin of School / Nu clear classmate
3. Social Evils and a Potato [Hamon Mix] / The New House
4. Jr. / White Scooper
5. Marble Nuts / Nu clear classmate
6. Tailors of OZ / AAPS
7. Up Bends / White Scooper
8. Pale Boy / The New House
9. Marble Nuts [Bamian Remix] / Nu clear classmate
10. Up Bends [Lapin Remix] / White Scooper

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

White Scooper 1st CD 『Thousand Valleys』
2008/06/10 ON SALE
GOOD-001 / including 7 songs 500yen (tax out)
1. C.Farmeres
2. Behind The Lights
3. Ya Ya Ya
4. Proco
5. Vigger
6. Nightram
7. Mornin' Giraffe
Art work by SAFARI.

取り扱い店舗
■JET SET (京都/下北沢)
【HP】【地図】【WEB通販】
■disk union各店
お茶の水駅前店、神保町店、新宿本館B1、下北沢店、吉祥寺店、
中野店、国立駅前店、池袋店、町田店、淵野辺店、稲田堤店、
横浜関内店、横浜西口店、津田沼店、千葉店、柏店
【HP】【店舗一覧】
■Sunrain Records (高円寺)
【HP】【地図】【WEB通販】

チケット予約フォーム
こちらでGOOD ON THE DANCEFLOORの各イベントのチケット予約が出来ます。ご利用ください。

名前:
メールアドレス:
日にち/イベント名:
枚数(質問などもどうぞ):

ブログ内検索
QRコード
QRコード
検索用

we love

!!! 1965 2 Many DJs 24Hour Party People 80kidz 8otto 100s Abake Abraham Cross Adam Sky Adel Air Akufen Alan Ball Air France The Album Leaf Alter Ego Altz Alphabeat Alloverallareover American Amy Winehouse Apparel Anavan ANDREA CREWS Andrew Kendall Andy Warhol Animal Collective Anna Tsuchiya Annie Aphex Twin The Apples In Stereo The Arcade Fire Arctic Monkeys Art-School Asian Dub Foundation Asian Kung-Fu Generation Ash A Sunny Day In Glasgow Atlas Sound At The Drive-In Audion Au Revoir Simone Aus Autechre The Avalanches Avengers In Sci-Fi badly drawn boy Back Drop Bomb Babyshambles Bamian The Band Apart Bang Gang Deejays Basement Jaxx Battles The Bawdies The Beach Boys Beastie Boys The Beatles Beck Beirut Belle & Sebastian Ben Folds Five Benga Ben Sharn Bernhard Willhelm Best Fwends Biff Bang Pow! Big Star The Birthday Bishi Bjork The Black Ghosts Black Kids Black Rebel Motorcycle Club Blast Head Bloc Party Bloodcat Love Blood Red Shoes Blood Thirsty Butchers Tha Blue Herb Blur Boards Of Canada Bonde do Role Bonjour Records Boom Boom Satellites Boredoms Born Ruffians Boys Noize The Boy Least Likely To The Bravery Breakfast Brian Jonestown Massacre The Brixton Academy Broken Social Scene The Buffalo Bunch The Bumblebeez Bump Of Chicken Buraka Som Sistema Burial Bushmind The Buzzcocks Bright Eyes British Sea Power Busy P Cabanne Cajuan Cajun Dance Party Calvin Harris Camera Obscura Cansei De Ser Sexy The Capes Cassette Playa Cat Power Cazals Chaki The Charlatans The Checks Chemical Brothers Chicks On Speed Chris Cunningham Christian Joy Chromeo C.I.A. Cibo Matto The Cigavettes Citizen Clammbon Clap Your Hands Say Yeah Clark Clarky Cat Chim↑Pom The Clash Coachella Coburn Cocorosie Coldcut Cold War Kids Colette Comanechi Comeback My Daughters Converge Corinne Bailey Rae Cornelius Cornershop Cosmic Wonder Cosmo Vitelli Chairlift The Coral Crackhaus The Cribs Creation Records Cristal Castles Crookers CSS Cubismo Grafico Cubismo Grafico Five The Cure Cut Copy DaDa KingZ Dada Life Daedelus Daft Punk Daggers Damien Hirst Dandi Wind Dan Le Sac vs Scroobius Pip Darek Darkel Darren Emerson Datarock Dandy Warhols David Fincher David Lynch David Sylvian Ddjjs Dead Disco Death From Above 1979 Death In Vegas The Death Set De De Mouse Deep Dish De La Soul Delta Sonic The Departure Derrick May Devendra Banhart DFA Diane Arbus Dick Bruna Digitalism Dinosaur Jr Diplo Dirty Pretty Things Dirty Projectors Disco Drive Disco Teenage Kicks Disco Twins Dizzie Rascal Dj Baku Dj Hikaru Dj Kentaro Dj Mehdi Dj Nobu Does It Offend You, Yeah ? Domino Doopees Doping Panda Douglas Coupland Doves Dreadeye Dreamburger Drocie Dubsided Duffy Eater ECD Echo & The Bunnymen ED Banger Editors Edward Gorey Eight Legs Electric President Electrocute Elmo El Presidente Ellegarden Elliott Smith Eminem The Enemy Enlightenment Erase Errata Erol Alkan Exlovers Escalator Records Esg Everybody Else Excuse Me Factory The Faint Fancy Him Fantastic Plastic Machine Fatboy Slim The Feeling Feist Find Gask The Fits The Flamin Lips Flipper's Guitar Fischerspooner Fishmans Fountain Of Wayne First Aid Kit Foals Foreignland Four Tet Fox N' Wolf France Gall Frank Owen Gehry Franz Ferdinand The Fratellis Friendly Fires Fred PEerry The Free Design Freeform Five Fuck Buttons Fuji Rock Festival The Futureheads Future Terror Gang Of 4 Ganban Night Gangway Gas Book Georgie James George Harrison Gildas & Masaya Glass Candy Glastonbury Festival Glasvegas The Glimmers Gnarls Barkley Going Steady Goldfrapp The Good Life The Good,The Bad And The Queen Goose Gorillaz Golden Silvers The Gossip The Go! Team Graham Coxon Green Day Grind House Group Inou Group Of People Guns N' Bombs Hadouken ! Hal Happy Mondays Hard-Fi Hard To Explain Headman The Heavy Henry Darger Henrik Vibskov Herbert Hercules and Loveaffair Herve Hi-Standard The Hives The Holloways Holy Hail The Hoosiers The Horrors Hot Chip Hot Gossip Hot Hot Heat House of Holland i-D Idlewild iLL I Love You But I've Chosen Darkness I'm From Barcelona In Corridors Individual Orchestra Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin The Infadels InK Institubes Interpol i-WARP Jack Kerouac Jack Penate Jackson And His Computer Band Jacques Tati The Jam James Ford James Holden James Jarvis Jamie Lidell Jan Svankmajer Jay-Z Jean Luc Chainsaw Jeff Mills Jence Jerry Jesse Rose Jet Jimmmy Eat World Joakim Joanna Newsom John Lennon Johnny Boy Johnny Foreigner The Jesus & Mary Chain Johann Johannsson Joy Division Julie Verhoeven Junior Senior Justice KAFKA Kaiser Chiefs Kanye West Kap10Kurt Karafuto Kate Nash Kathy Kavinsky Koko Von Napoo KAWS The Kbc Ken Ishii Ken Yokoyama Keith Kerrier District The Killers The Kills Kings Of Convenience Kings Of Leon Kim Kitsune Klanguage Klaxons The KLF The Knife The Kooks Kraftwerk Kris Menace Kunoku Ladyhawke Lady Sovereign Larrikin Love The La's Late Of The Pier Laura Marling Laurent Garnier LCD Soundsystem Le Tigre LFO Liars The Libertines Lightspeed Champion Lillies and Remains Lillica Libertine ! Lily Allen Limited Express(has gone?) Linda Lindstrom Little Barrie The Little Flames Little Man Tate Locksley Lo-Fi-Fnk Long Blonde Lostage Love Psychedelico Love of Diagrams The Long Blondes Los Campesinos! Lost Penguin Love Is All Luke Vibert Lovely Chords The Lowbrows Low Vision Magnus Carlsson Malajube Mando Diao Magistrates Marios Mark Ronson Martin Margiela The Marz Volta Massive Attack Material Boy Matisyahu Matthew Barney Maximo Park Memphis Industries Merlin Bronques Metamorphose Metro Area Metronomy Mew M-flo MGMT M.I.A. Mice Parade Michel Foucault Michel Gondry Midnight Juggernauts Mika Milo? Forman Ninja Tune Miaou Minor Threat The Mirraz The Misshapes Mixrooffice M/M Paris Moby Modeselektor Modest Mouse Mo-dettes Modular The Mogs Mogwai Mondo Grosso Monica Uranglass Monobright The Moog Cookbook The Morning After Girls Mo'some Tonebender Moving Units Mr Been Mr Oizo MSTRKRFT Mu Mum Mumm-Ra The Music My Bloody Valentine Mylo Mystery Jets Nanamine Nathan Fake Nathan Michel Neon Neon Neon Plastix N.E.R.D Neu! New Cassettes New Order The New House New Young Pony Club Nan Goldin Natalie Wood Neon Neon Nigel Godrich Nightmoves Nightmares On Wax Niki De Saint Phalle Nima Nourizadeh Nine Black Alps Nine Inch Nailes Ninja Tune The Novembers Noze No Age Nu Clear Classmate Nujabes Nyantora Nylon Oasis Oceanlane Ogre You Asshole Olav Basoski Oldenburg Opera Operator Please Optimo The Ordinary Boys Orange Juice The Orb Oskar Fischinger Ox.Eagle.Lion.Man Pacific! Pam Para One Pains of Being Pure at Heart Passions The Pastels Patrick Wolf Pavement Payback Boys Peaches Pedro Winter Pepe California Peter Bjorn And John Peter Saville Peter Max Pet Shop Boys Pharell Williams Phoenix Phantom Planet Phones Pig Radio the pistolas The Pipettes Pixies Placebo Plan B Polysics Poney Poney The Pop Group Pop Levi Portishead Postal Service Prefab Sprout Prefuse 73 Pre-School The Presets Primaly 1 Primal Scream Prodigy Prototypes Psapp Punks Jump Up Queens Of Noize Quentin Tarantino Quiero Club The Raconteurs Radiator Radio 4 Radioclit The Radio Dept. Radiohead Radio Slave Radwimps The Rakes Raphael Just The Ramones The Rapture R.E.M. Ratatat Rauschenberg Rat:att:agg RayGun Razors Edge RazorLight Regina Spektor Rei Harakami Remi Nicole RE:RE:RE:mojojo Resfest Reverend And The Makers Revl9n Rex The Dog Ricardo Villalobos Richard Linklater Richie Hawtin Riddim Saunter Ride Riot In Belgium Ripchord The Robocop Kraus Robot Needs Oil The Roconters Ron Sexsmith The Roots Rough Trade Rosenquist Rovo The Royal We Rubies Royksopp Roy Lichtenstein Rub N Tug Ryan McGinley Rye RyukyuDisko Saam Faramand Saddle Creek Safari Santogold Sasha Savath & Savalas Scissor Sisters Scott Herren Scouting For Girls Scuttle Scritti Politti SebastiAn Sex Pistols The Shakes Shirokuma Shitdisco The Shoes Sigur Ros Simian Mobile Disco Sinden Sing02 Skream Sleater Kinney The Slits Slowly Downward Smashing Pumpkins The Smith Smith N Hack Snoozer Snow Patrol Sofia Coppola Soft The SoftLightes Soft Tigers Solid Groove So Me Something Else Sonic Youth Soulwax Sound Team Space cowboy Spank Rock Spalta Locals The Specials Special Others Spike Jonze Spiler The Spinto Band Squarepusher Stars Stefanie Schneider Stereo Tennis Steve Aoki The Streets Strip Steve The Strokes The Stone Roses Struggle For Pride Studio Voice Studio 4℃ Sub Pop The Subways Suede Sufjan Stevens Sugiuramun Suicide Summer Sonic The Sunshine Underground Supercar Super Furry Animals Superglass SUPER SUPER Supersystem Surkin The Suzan Switch Syrup 16g Tacteel Takagi Masakatsu Talking Heads Tahiti 80 Tangerine Dream Taikoclub Teenage Bad Girl Teenage Fanclub The Teenagers Teki Latex Telefon Telepathe Tel Aviv The Telephones Television Tepr Theoretical Girl Terry Roison Terry Zwigoff Test Icicles These New Puritans Tomas Andersson Tommy Guerrero Thomas Bangalter Thomas Brinkmann Thom Yorke Those Dancing Days Thieves Like Us Tiga Tilly and the Wall Tim Deluxe The Ting Tings Tokyo Police Club Tomas Andersson Tom Middleton Tommy Guerrero To My Boy Tom Ze Tortoise Trafalgar Trash Fashion Travis TTC The Twang Twisted Charms Two Gallants Uffie Ultra Brain Unchain Undercover Underworld U2 Vampire Weekend Vanessa Van Basten Van She Vanshe Technologic Valerie Phillips Vermilion Sands The View Vanity The Velvet Underground Vermilion Sands The Verve The Vines Vincent Markowski Vinyl Junkie Vitalic Von Sudenfed V∞REDOMS Wagon Christ The Wannadies Warp We Are Scientists Weezer Wes Anderson We Start Fires The Whip White Scooper The White Stripes The Whitest Boy Alive Whitey The Who Why? Wichita Wigs Wild Beasts Wire Wolfgang Tillmans XL XTC Yanokami Yatt Yeah Yeah Yeahs Yellow Magic Orchestra Yelle Yo La Tengo Yonderboi Young Lovers Yppah YSP Yuksek Zongamin Zutons 赤犬 浅田次郎 浅野いにお あふりらんぽ 伊坂幸太郎 石野卓球 稲葉英樹 宇川直宏 羽海野チカ 大沢伸一 小沢健二 大竹伸朗 尾田栄一郎 おとぎ話 大人計画 小山田圭吾 棚田康司 ギターウルフ 銀杏Boyz 草間弥生 クラムボン くるり ザ・クロマニヨンズ 小池桂一 サイプレス上野とロベルト吉野 桜井鈴茂 佐藤秀峰 サニーデイサービス 鹿野淳 渋さ知らズ 清水祐也 しりあがり寿 信藤三雄 砂原良徳 スーパーカー スチャダラパー スマーフ男組 曽我部恵一 相対性理論 田島一成 田名網敬一 田中宗一郎 谷川俊太郎 電気グルーヴ 東京事変 タカノ綾 タナカカツキ 田中フミヤ チャットモンチー 谷岡ヤスジ 長尾謙一郎 中込智子 仲真史 中村一義 奈良美智 野田努 ノンポリラジカル ハイロウズ ハナレグミ 髭 藤子不二雄 ブルーハーツ フルカワミキ 古谷実 堀江博久 前野健太 ゆーきゃん ゆらゆら帝国 横尾忠則 松本大洋 村上春樹 珍しいキノコ舞踊団 森見登美彦 やけのはら ラーメンズ リリー・フランキー

T.H.A.N.K.S.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

She Talk Silent Night
やあこんばんは!ry01です。

先週末は、The Brixton Academyのパーティー"Dare vol.3"にてDJでした!
遊びにいらしてくださった友人知人の皆さん、ありがとうございました◎

約一ヶ月半振りにライブを観たThe Brixton Academyは、来年2月にリリースされる待望の1stフル・アルバム『Vivid』より新曲も披露し、相変わらずロマンティックが止まらないキュン死必至のパフォーマンス!
さらにはクロージングとしてスペシャル・アコースティック・セットまで飛び出し、今年最後のライブを甘~く締め括っていました。
ゲスト出演していたCrystalShe Talk Silenceの二組も、それぞれ独自の世界観へと引っ張り込む気迫のパフォーマンスで、どちらのライブも素晴らしかったですね!
特に、今回はソロ・パフォーマンスとなったShe Talk Silenceは、ベッドルームの気怠さとディストーションの煌きが組み合わさり、まるで残骸の上で咲く一輪の花のような、オルタナティヴとしての美意識の高さがビリビリと伝わってくるパフォーマンスでした。
彼女の1st 7inchシングル『Quiet Sun』はJET SETなどで購入出来ますので、要チェックです!

She Talk Silence - Quiet Sun



ちなみに自分のDJのセットリストはこんな感じでした↓↓↓

Luciano - Los Ninos de Fuera
The Very Best - Rain Dance feat. M.I.A.
Wave Machines - I Go I Go I Go
The Pains of Being Pure at Heart - Higher Than the Stars [Saint Etienne Visits Lord Spank Remix]
Delphic. - Counterpoint [Woolford Remix]
Vitalic - Flashmob
White Scooper - Up Bends [Lapin Remix]
七尾旅人×やけのはら - Rollin' Rollin' [SKYFISH Remix]
The Brixton Academy - Night Club [Gape! Remix]
The New House - Social Evils and a Potato [The Pegasus House That Animal Built Remix]

Lucianoのこの曲は、新作であり大傑作である『Tribute Of The Sun』の冒頭を飾る、ポータブル儀式的な子供たちのハンド・クラップと言葉の掛け合いのループが気持ち良い、高揚感のある一曲!

Luciano - Los Ninos de Fuera






さてさて、話は変わりまして、今夜はいよいよクリスマス・イヴ!
皆さんはどのように過ごされる予定でしょうか??

自分を含めて独り身の方は(泣)、ついつい孤独感を感じてしまう日ではありますが、「クリスマスの予定なんて何も入っちゃいないぜ!(わよ!)」的なボーイズ&ガールズに打って付けのパーティーがコレ!

2009/12/24(THU.)
"ALRIGHT vol.40 MERRY X'MAS&忘年会スペシャル"
@Shibuya LUSH
http://www.toos.co.jp/lush
OPEN/START 23:30
ADV/DOOR 1800yen +1DRINK
※鍋の具材持参の方にはクリスマスプレゼント有り!
【GUEST DJs】
Terry(BRITISH PAVILION/Pop iT!)
八木橋一寛(MELODIC SUNSHINE/BRITISH PAVILION)
江原優(MIGHTY POP/MELODIC SUNSHINE)
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)
小倉健一(新宿Rolling Stone)
佐川創一(ROCKERS/HAPPY MONDAY)
浜風サンタ(from Saint Helena Island)
and more more more!!!
【ALRIGHT DJs】
星原喜一郎(New Action!/soultoday/COUNTDOWN JAPAN 0809 WEST)
神啓文(Getting Better/FREETHROW/COUNTDOWN JAPAN 0809)
遠藤孝行(新宿Rolling Stone/Freak Affair)
多々良言水(ELA)
小高浩一郎
【FOOD】
年忘れ鍋


自分にとって年内最後のDJとなるのは、この"ALRIGHT"のクリスマス&年末スペシャル!
またの名は難民キャンプといわれているそうですが笑
この日はクリスマス・イヴにも拘わらず、"BRITISH PAVILION"のTerryさんに、8月の"Freak Affair presents SCREAM"で共演させて頂いた八木橋さん、新宿Rollomg StoneのレジデントDJである遠藤さんに小倉君、"Love action"の平野健太さんの主催する"ETHER"でも共演させて頂いた多々良さん、Free Throwの神さん、そして主催の星原君などなど、自分も交流のある、ロックDJとして活躍されている方々が大集合!!
「イヴの日こそ踊りたい!」というパーティー・フリークスの皆さんは是非渋谷LUSHへ!
年忘れ鍋もありますので、DJを楽しみながら飲んで騒いでのクリスマス・パーティー&忘年会にしましょう!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

そして今週末は、White Scooperの年内最後のライブもあります!

2009/12/27(SUN.)
sl-cisco presents
"SALON DE OOMPA LOOMPA vol.5"
@天王町Orange County Brothers
http://ocb.zouri.jp/
OPEN/START 18:00
ADV 500yen
【Bands】
Yucca
http://www.myspace.com/yuccasounds
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
Joshua Comeback
http://www.myspace.com/joshuacomeback
less quantic
http://www.myspace.com/pess1m1st1c
sl-cisco
http://www.myspace.com/slcisco


年内最後のWhite Scooperのライブは、"STYLE BAND TOKYO"への出演や、UKの<actionpop! records>からのリリース経験のある、千葉のニューウェーヴ/ポスト・パンク・バンド、sl-ciscoが主催する"SALON DE OOMPA LOOMPA vol.5"になります!
この日は、AFRICAEMOのメンバーとしても音楽ライターとしても知られる、金子厚武氏が参加するローファイ・ポップ・バンドJoshua Comebackに、ラウンジーなインディ・ポップが魅力のYucca、攻撃的なガレージ・サウンドが強烈なless quanticとの共演!
横浜近郊にお住まいの方は是非!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

どちらのパーティーもチケットの予約を受け付けておりますので、
チケット予約をご希望される場合は、「日にち」「お名前」「枚数」をご記入の上、
info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければ予約を承ります!





最後に、今年の私的クリスマス・ソングをどうぞ!
メリー・クリスマス!!!!!!

Florence and the Machine - You've Got the Love



ry01
スポンサーサイト
ry01 CM(0) 

Tokyo Brand New Wave(中村義響氏命名)繋ぎ
20091207-R0019365.jpg

やあこんにちは!ry01です。
ここ二週間は体調を悪くしてしまい、ブログの更新がご無沙汰になってしまっていました!


前回の記事でも書いた通り、月初の週末は、AFRICAEMOが主宰する"Touch Party vol.3"と、The New Houseも所属する京都のインディ・レーベル<Second Royal>が主催する"Freaky!"にてDJをして参りました!
(ちなみに上の写真は、<Second Royal>主宰・小山内社長のブログから拝借させて頂きました)

まず"Touch Party vol.3"の方はというと、来年頭にNEWリリース予定のAFRICAEMOがのパフォーマンスがぶっ飛んでいたのは勿論のこと、共演させて頂いた<新宿Rolling Stone>のeyama君に、"ALRIGHT"の星原君をはじめ、これまた遊びに来てくれていた<新宿Rolling Stone>小倉君という、同年代DJ同士でいろいろ話しをすることが出来て楽しかったです!
DJの皆さんのプレイも勉強になることばかりで、ついつい見入ってしまいました。

自分は(ほぼ)クローズ担当だったので、先日のエレグラでのLFOを見習い、BPM135~140のかなりアッパー志向で挑んででみたのですが、結果的に皆さんの心をそれなりに掴めたようで良かったです◎
ちなみに"Touch Party"では、vol.1では自分、vol.2ではWhite Scooperをお誘い頂いているので、自分はほぼ準レギュラーです笑

この日のセットリストはこんな感じでした↓↓↓

09/12/04(FRI.)
"Touch Party vol.3" SET LIST

Tavito Nanao×Yakenohara - Rollin' Rollin' [SKYFISH Remix]
Luciano - Los Ninos de Fuera
The Young Lovers - Love You Madly
Vitalic - Flashmob
Dizzee Rascal - Can't Tek No More
HNC - Kitten's Breaks
The New House - Social Evils and a Potato [The Pegasus House That Animal Built Remix]
Delphic. - Conuterpoint
Das Pop - Underground

東京ガールズ・インディ・コミュニティTWEE GRRRLS CLUBのメンバーでもお馴染み、YUPPA嬢によるソロ・ユニットHNCの、月初に遂にリリースされた新作アルバム『Cult』収録の「Kitten' Breaks」から、The New Houseの「Social Evils and a Potato」のThe PEGASUSSによるリミックスへの繋ぎは、してやったりなTokyo Brand New Wave(中村義響氏命名)繋ぎ!
アルバムも最高なので是非チェックしてみてくださいー!!

HNC - Kitten's Breaks(LOVE AND HATES plays!)




そして"Freaky!"の方はというと、京都からやって来たセカロイ・クルーの皆さんや、ANARUSHIN"people, normal"の皆々さん(いろいろお話し出来て嬉しかったです!)のプレイを観て大いに勉強しつつ、自分もガッツリ楽しませて頂きました!
特に、HALFBY高橋さんの多彩なリズム・トラック(ほとんど同じリズムの曲が登場しない!)を矢継ぎ早に繋ぐプレイや、Handsomeboy Technique森野さんのキラー・トラックを連続ボムなプレイには感動もの!!
お二人のプレイを観て、自分の目指すDJのスタイルがより明確になりました。

で、自分はどうだったのかというと、そんな偉大な先輩方の前で良いところを見せたかったはずが、思いっ切り空回りしてしまい、悔やんでも悔やみ切れないDJをしてしまいました。。。
"Freaky!"を楽しみに来た皆さんにも申し訳ないぐらいです。。。
むー、どんな場所でも冷静に対応できる、的確なモニタリング技術を磨かなければいけませんね、自分は。

もう思い出すだけで何回も落ち込めますが、念の為セットリストを↓↓↓

09/12/05(SAT.)
"Freaky!" SET LIST

Joe Goddard - Apple Bobbing
Neon Indian - Deadbeat Summer
Atlas Sound - Walkabout
The Pains of Being Pure at Heart - Higher Than the Stars [Saint Etienne Visits Lord Spank Remix]
Prefab Sprout - Ride
Blast Head - Sky High
Jack Penate - Tonight's Today
The New House - Social Evils and a Potato [The Pegasus House That Animal Built Remix]
HNC - Kitten's Breaks
The Very Best - Rain Dance feat. M.I.A.
Wave Machines - I Go I Go I Go

この日もThe New House→HNC(この辺りの繋ぎは良かったです)の繋ぎで、さらにそこからのThe Very Best繋ぎ!
この曲では来年新作リリース予定のM.I.A.(超超超楽しみ!!)をフィーチャリングしています!!

The Very Best - Rain Dance feat. M.I.A.




--------------------------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

といった感じで、月初に開催された二つのパーティーを振り返ってみましたが、パーティーはまだまだ終わりません!
前回の記事にも詳細を書いてありますが、今夜はThe Brixton Academyのパーティー"Dare"にてDJです!!

1219omote.jpg

2009/12/19(SAT.)
Love action presents
"Dare! vol.3"
Shimokitazawa Daisy Bar
OPEN/START 24:00
ADV 2000yen DOOR 2500yen
【Bands】
The Brixton Academy
Crystal
She Talks Silence
【DJs】
black neon party(reclash/vanity)
wizzjones (petticoat CRASH)
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)
kenta hirano(Love action/ETHER)
yone(TBA/Love action)
【VJ】
#9


ライブ・アクトには、あのTacteelが主催するフランスの<Institubes>からもリリース経験のあるCrystal(7月の"Dare"のライブ&DJも独特でした!)に、秋にリリースされた7inchもVivian Girlsのサポート・アクトも最高だったShe Talks Silence(「Bedroom New Wave」と名乗っているのが素敵です)、DJ陣には、"Touch Party vol.3"でも共演したBlack Neon Partyに、インディ御意見番wizzjonesことアサミさん、そして"Love action"クルーのヨネさんとヒラケンさんという、ガッチリのラインナップ!
ブリクストンも年内最後のライブとのこと!!

チケット予約をご希望される場合は、「日にち」「お名前」「枚数」をご記入の上、
info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければ予約を承りますので、ガシガシご連絡ください◎
自分は割と朝方のDJなので、ハシゴされる方も大歓迎です!!


それではまた今夜、下北沢でお会いしましょー!


ry01
ry01 CM(0) 

ry01のここ空いてますよ(春日風に)
やあこんばんは!ry01です。

さて、今年も残すところあと一ヶ月ということで、各所では忘年会などが開かれ始めている頃だと思いますが、
クラブやライブハウスの現場でも、激ホットなパーティーが目白押しの季節になって参りました!

そんな中、私ry01も、今月は4本の素敵なパーティーでDJをさせて頂きます!!

1204omote.jpg

2009/12/04(FRI.)
"Touch Paty vol.3"
Shibuya LUSH
OPEN/START 24:00
ADV 2000yen DOOR 2500yen
【Bands】
AFRICAEMO
DACOTA SPEAKER
thai kick murph
【DJs】
Baroque(kidz rec.)
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)
星原喜一郎(New Action!/soultoday/COUNTDOWN JAPAN 08/09 WEST)
Black Neon Party(reclash)
eyama(eetee/nur./新宿rolling stone)
Body Fantasies(Touch Party)
【VJ】
cryv
【FOOD】
Kenil's Curry


11月後半に無事レコーディングを終えた(はず)のAFRICAEMOがお送りする2009年最後の“Touch Party”!
今回は3BANDs+6DJsで朝まで遊びましょう!
バンドは東大フェスKOMAMORPHOSEの主催者でもあるレーベルNEUMANNから今年デビューした次世代ポップ・バンド<thai kick murph>に、ZAZEN BOYS meets DUBな発明的3ピース<DACOTASPEAKER>が出演。
もちろん<AFRICAEMO>もがっつりやります!
DJ陣は、kidzrecからデビュー・シングルを発表し、先日はBOYS NOIZEとの共演を果たすなど勢いに乗る<Baroque>、12月に30回目を迎える横浜発のオールジャンルPARTY“reclash”より<Black Neon Party>、素晴らしいコンピレーションを発表したばかりの“GOOD ON THE DANCEFLOOR”を主宰する<ry01>、今年AFRICAEMOも出演させていただいたナイスPARTY“New Action!”主宰、笑顔がステキな<星原喜一郎>、新宿Rolling Stoneや“eetee”でもおなじみの<eyama>、そしてAFRICAEMOよりABE+IMANAKAによる、肉体の神秘<BodyFantasies>!
これで楽しくないはずがない! IS THIS IT?THIS IS IT!

まず5日の金曜日は、これまでもvol1、vol.2と続けて、自分とWhite Scooperをお誘いして頂いた、
AFRICAEMOの主催する"Touch Party vol.3"に出演!!
先日Boys Noizeと共演したばかりのBaroqueに、海外アーティスト御用達のパーティー"Vanity"のレジデントDJであるBlack Neon Party、AFRICAEMOのメンバーから成るBody FantasiesらエレクトロDJsと、"ALRIGHT"の星原君、新宿Rolling StoneのレジデントDJであるeyama君らロックDJsがぶつかり合います!
この日は、渋谷Trunp Roomにて"STYLE BAND TOKYO"のパーティー(Johnny ForeignerのDJセットや、The New Houseのライブもあります!)もありますが、そちらのパーティーとハシゴをされる方は1500yenのディスカウントを取ることも出来るそうなので、LUSHとTrump Romomをハシゴされるパーティー・アニマルの方は是非ご連絡ください!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

2009/12/05(SAT.)
"FREAKY!"
Shinjuku OTO
OPEN/START 22:00
ADV/DOOR 2500yen w/2DRINK 
web discount 2000yen w/2DRINK
【Guest DJs】
中村義響(The PEGASUSS)
金森圭二郎(KATE)
mayu(80kidz)
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)
tomoh(people, normal/soundscape)
ANARUSHIN
【DJs】
高橋孝博(HALFBY)
松野光紀(FREDO)
森野義貴(Handsomeboy Technique)
JUN(80kidz)
SARUDOG(MU-STARS)
NARUTO
DAIKOKU
小山内信介(SECOND ROYAL RECORDS)


続いて5日の土曜日は、新宿OTOにて開催される<Second Royal>のパーティー"FREAKY!"の年末スペシャルに出演!
<Second Royal>といえば、皆さんもご存知のThe New Houseが所属する京都のインディ・レーベルですが、この日はレーベルを代表するHALFBY高橋氏にHandsomeboy Technique森野氏、FREDO松野氏、そしてレーベル・オーナーの小山内氏に加え、ゲストDJとして、京都で開催されている<Second Royal>の9月のパーティーに友情出演したことでも記憶に新しい80kidzのJUN氏とMAYU嬢(残念ながらMAYU嬢は年内一杯での脱退を発表したばかりですが)、そしてHandsomenoy TechniqueやThe New Houseのリミックス・ワークが最高過ぎるThe PEGASUSSこと中村義響氏、さらには京都が誇るインディ・コミュニティ"people, normal"のtomoh氏と、4人組DJユニットANARUSHINまでもが大集結!
こんな超豪華ラインナップの中で、自分がDJをやってしまって良いのでしょうか汗
しかし自分としては、京都のtomoh氏とANARUSHINと共演させて頂けるのが非常に楽しみです!
<Second Royal>のMySpaceでは、ANARUSHINによるThe New House「Kill The House」のリミックスが試聴出来ますので、東京の皆さんも要チェック!!試聴はコチラから

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

1219omote.jpg

2009/12/19(SAT.)
Love action presents
"Dare! vol.3"
Shimokitazawa Daisy Bar
OPEN/START 24:00
ADV 2000yen DOOR 2500yen
【Bands】
The Brixton Academy
Crystal
She Talks Silence
【DJs】
black neon party(reclash/vanity)
wizzjones (petticoat CRASH)
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)
kenta hirano(Love action/ETHER)
yone(TBA/Love action)
【VJ】
#9


そして19日の土曜日は、これまでにもコラボレーション・パーティー"DISCO! DISCO! DISCO!×GOOD ON THE DANCEFLOOR"を開催したこともある、盟友The Brixton Academyの主催する"Dare! vol.3"に出演します!
この日は、The Brixton Academyのアンセム曲「Turn Around」をリミックスしたことでも知られるCrystalに、自らのジャンルを「Bedroom New Wave」と形容するShe Talks Silence(7inchシングルが最高です!)らライブ・アクトに加え、DJ陣には、4日のAFRICAEMOのパーティーでも共演するBlack Neon Partyに、インディ御意見番wizzjones、そして"Love action"クルーのyoneとkenta hiranoがガッチリとフロアを盛り上げます!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

2009/12/24(THU.)
"ALRIGHT vol.40 MERRY X'MAS&忘年会スペシャル"
Shibuya LUSH
OPEN/START 23:30
ADV/DOOR 1800yen +1DRINK
※鍋の具材持参の方にはクリスマスプレゼント有り!
【GUEST DJs】
Terry(BRITISH PAVILION/Pop iT!)
八木橋一寛(MELODIC SUNSHINE/BRITISH PAVILION)
江原優(MIGHTY POP/MELODIC SUNSHINE)
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)
小倉健一(新宿Rolling Stone)
佐川創一(ROCKERS/HAPPY MONDAY)
浜風サンタ(from Saint Helena Island)
and more more more!!!
【ALRIGHT DJs】
星原喜一郎(New Action!/soultoday/COUNTDOWN JAPAN 0809 WEST)
神啓文(Getting Better/FREETHROW/COUNTDOWN JAPAN 0809)
遠藤孝行(新宿Rolling Stone/Freak Affair)
多々良言水(ELA)
小高浩一郎
【FOOD】
年忘れ鍋


そして今年最後のDJになるであろう24日の金曜日は、渋谷LUSHにて開催される"ALRIGHT"の年末スペシャルに出演!
この日はクリスマス・イヴにも拘わらず、"BRITISH PAVILION"のTerryさんに、8月の"Freak Affair presents SCREAM"で共演させて頂いた八木橋さん、新宿Rollomg StoneのレジデントDJである遠藤さんに小倉君、ヒラケンさんの主催する"ETHER"で共演させて頂いた多々良さん、Free Throwの神さん、そして主催の星原君などなど、自分も交流のある、ロックDJとして活躍されている方々が大集合!!
自分を含め独り身の方(泣)や、「イヴの日こそ踊りたい!」というパーティー・フリークスの皆さんは是非渋谷LUSHへ!
年忘れ鍋もありますので、DJを楽しみながら飲んで騒いでのクリスマス・パーティー&忘年会にしましょう!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------------



ちなみに今回の記事のタイトルは、クリスマス・イヴに全く予定のない自分を皮肉して書いたものなのですが、
私ry01のここは絶賛空いていますので、是非それぞれのパーティーに遊びにいらしてください!笑
という不純な感情(冗談ですよ!)を抜きにしても、最高に楽しいこと間違いなしのパーティーばかりなので、
今月は色々なパーティーでお会いできることを楽しみにしておりまーす!!

チケット予約をご希望される場合は、「日にち」「お名前」「枚数」をご記入の上、
info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければ予約を承りますので、ガシガシご連絡ください◎


ry01
ry01 CM(0) 

ALT A NATIVE SYNDICATE on iTMS intl.
itunes_us2.jpg

GOOD ON THE DANCEFLOORにとって初のレーベル・コンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』がリリースされて、早二ヶ月が経ちましたが、このブログをご覧頂いている皆さんはすでにゲットして頂けていましたでしょうか?
まだゲットされていない方は、即レコード・ショップに駆け込んで頂くか、JET SETのWEB通販(The PEGASUSSやBAZZ君のリミックスを含む、超強力特典CD-Rが付いてきます!)をご利用頂きたかったのですが、なんと、海外在住の方でもこのコンピレーションの音源をゲットすることが可能になりました!

そうです、リリース情報解禁当初から告知していた、海外のiTunes Music Storeでの配信がようやく開始されました!!(大変お待たせ致しました!泣)
当初予定していたUS、UK、EURO圏(France、Italiaなどなど)、Australia、New Zealandに加え、Canadaでもご購入が可能ですので、海外在住の方でこのブログを読まれている方がいらっしゃいましたら、是非この機会にiTunes Music Storeをご利用ください!
元々、MySpaceなどを通じて、音源を気に入って頂いた国外の方にも気軽にご購入して頂けるように出来たらと考えていたので、これで日本人の方以外にも、日本人ならではのオルタナティヴなサウンドが詰まった『ALT A NATIVE SYNDICATE』が届けば良いなと思っております。

というわけで、是非とも各国のiTunes Music Storeにて検索をしてみてくださいー!

iTunes Music Storeのご利用はこちらから



そして海外のiTunes Music Storeでの配信開始に合わせて、MySpaceやtwitterにて先行公開していた、
White Scooperの新しいミュージック・ビデオ「Jr.」をこのブログでも改めて公開!!

White Scooper - Jr.


Directed by Hannah Kim.


ちなみに、今回のビデオの監督であるキム・ハンナ嬢は、
夏にアップしたフジロック完全レポートでもお馴染みの韓国からの留学生の子で、現在はパリに留学中!
帰国が楽しみですね◎


ry01
ry01 CM(0) 

今更エレグラ寸評
warp_20091125004623.jpg

やあこんばんは!ry01です。

先日の記事でもお伝えしていた通り、今回は遅ればせながら、先月の21日に幕張メッセで開催された一大エレクトロニック・ミュージック・パーティー、"electraglide presents Warp20"のレポートをお届けします!!


イギリスを代表する老舗テクノ・レーベル<WARP>の創設20周年を記念するShow Caseとして四年振りに復活した今回の"electraglide"では、00年代以降の<WARP>を象徴する若手アーティストらを中心に、シーンの土台を作り上げてきたベテラン勢、さらに個性派日本人アーティスト勢を加えた、超豪華なラインナップが揃い踏みでしたが、自分が観ることが出来たアクトを下記にそれぞれ寸評させて頂きます↓↓↓

Hudson Mohawke
現在の<WARP>勢で最もノリに乗っているといっても過言ではない、若干23歳、期待の新世代ビート・メイカーである彼の、初アルバム『Butter』でも表現されていた、超巨大化した赤ん坊が宇宙人の乗ったUFOを捕まえておもちゃ箱に次々放り投げていくようなフリーキーな世界観は、そのままライブでも完全再現!
が、基本的にライブ中は、ラップトップからトラックを流しっ放し+イコライザーを少々いじる程度だった為、ライブ・パフォーマンスならではのカタルシスを表現出来るまでには至っていませんでしたが、あの支離滅裂なトンデモ音楽を広大なフロアで大音量で聴けるだけでも、十二分に楽しめるものではありました!

Hudson Mohawke - Butter Snips




!!!
世界最強クラスのダンス・アクトといっても過言ではない彼らの、自分にとっても07年の単独来日公演とフジロック以来となるこの日のライブでは、各所での事前インタビューでも語っていた通り、次作に収録されると思わしき新曲群がセットリストの半分以上を占めていました!
以前と比べてみても、現在Free Bloodとして活動をしているVol.ジョンの脱退の重大さを痛烈に感じますが、それでも、恒例ともいえるニックのヒゲダンスのような世話しないパフォーマンスと、暑苦しい叫びが馬鹿テク・バンドを引っ張り、相変わらずの極上ダンス・グルーヴを放っていました。
<DFA>的ミニマルなディスコ・パンク・グルーヴと、モダンR&Bにも目配せをしたリズム・タッチとヴォーカリゼーションが一体となった新曲群がとにかく最高であり、しかし逆に、じつはオーソドックスなファンク・バンドに落ち着いてしまっているのではないかという懸念もありつつ、自分はライブを楽しんでいましたが、「All My Heroes Are Weirdos」や「Must Be the Moon」など3rdアルバム『Myth Takes』収録曲はやはり問答無用の盛り上がり!そして最後は「Intensify」で大団円!!

!!! - Must Be The Moon




Battles
07年のフジロックのホワイト・ステージでのライブがすでに伝説となっている彼らも、この日はセットリストの大半が新曲の内容!
知性とユーモアとテクニックに裏付けされた、独自のポスト・ロックが詰め込まれた大傑作『Mirrored』を作り上げたプレッシャーなどは一切ないかのような、リラックスした雰囲気さえも感じさせつつ、相変わらず聴き手の予想をするりと裏切る超絶アンサンブルが目白押しで、各曲のクオリティには思わず舌を巻いてしまうほど。バンド・キッズは思わず全員ガッツ・ポーズのプレイヤービリティを誇る彼らですが、凡百のポスト・ロック・バンドと彼らとの大きな差は、やはりユーモアの装備の違いだということを再確認。
特に、後半に演奏されたヒップホップのリズムのフュージョン風な新曲は、フロアの空気を一瞬で変えてしまう程、神掛かったアンサンブルを聴かせてくれました!偶然一緒に観ていたThe New Houseモロ君と大興奮!!
そして続け様に「Race In」「Atlas」と『Mirrored』の人気曲が続き、会場は狂気乱舞の阿波踊り大会に!
フジロックのときもそうでしたが、「Atlas」での不法集会のような一体感はこの日のハイライトでした。

Battles - Atlas




Andrew Weatherall
自分にとってDJ初見となるウェザオール御大は、初の本人名義作『A Pox On The Pioneers』でも披露していた、凍て付いた氷の鋭さと、乱反射の煌きを持ったアシッド・テクノを中心とした、ストイックなセット!
Battles後の熱を暗闇のフロアへとクールダウンさせるそのプレイで、自分もガシガシ踊らせて頂きました!
次は是非とも、6時間ぐらいのロング・セットを観てみたいものです。



Chris Cunningham
世界を代表する鬼才フィルム・ディレクターによる、音と映像の奇怪なコラボレーション!
ハードコアなブレイク・コア~ドラムンベースなどをバックに、Aphex Twinの「Window Licker」やHorrorsの「Seena is a Parasite」のミュージック・ビデオや、彼が手掛けたプレイステーション(あの有名ゲーム機)のCMなどをカット・アップ/リエディットした映像や、映画「STAR WARS」の戦闘シーンのサンプリング、さらには裸の男女が殴り合っていたり、ヒトラーの演説を組み込んだり、積極的にタブーを犯す超絶クオリティの映像の数々を目の前にすることで、日常では決して味わうことの出来ない、怖いもの見たさな感情が呼び起こされ、そのリミッターを越えた瞬間のスリルとショックが怒涛の如く押し寄せてきます。
(特に、生命の一つの象徴でもある、女性の下腹部(子宮)を何度も殴りつけている映像や、男性が性器の皮をズルリと剥く瞬間の映像などは、誰しもが心の奥底に抱える狂気を象徴しているようでした)
ただ、「音と映像のコラボレーション」というよりも、ややビデオ発表会になってしまっているきらいもありましたが、それでもChris Cunninghamのパンクスとしてのキレた表現に、改めて感服させられました。
立ち尽くして見入るよりも、踊り狂うのが正解です、コレは。

Chris Cunningham - live @ Electraglide 2005 (Japan) - StarWars




rei harakami
00年代の日本のエレクトロニカ、いや、世界のエレクトロニカを代表する大名盤だと信じて止まない、『Red Curb』と『Lust』という二枚の大傑作をディスコグラフィに持つ、ハラカミ大先生(先ほどから大が多い)のライブを観るのはじつは三年振りということで、もはや「ハラカミさんを観る為のエレグラ」といっても過言ではないほど大興奮していた自分は、Flying Lotusを蹴って駆け付けてきたわけですが、ライブが始まるやいなや、なんと初っ端から「にじぞう」!!ああ、ハラカミさんを信じて良かった…、と、すでに大感動。
ハラカミさんの音楽と向き合うということは、誰もいない公園で、幼少時代に遊んだブランコに寄り添うかのような、もしくは、眠りにつく前に、窓の外から雨粒が落ちる音が聴こえてくるような、皆がどこかに置いてきてしまった「生活」と「暮らし」の中にある『わすれもの』をそっと思い出させてくれる体験でもあるのです。
中盤に演奏された、『Lust』にも収録されている大名曲「Joy」では、変わり映えのない日常をささやかに彩るような、コロコロ転がる電子音の戯れに包み込まれ、思わず涙腺が緩んでしまいました。
曲が終わった瞬間の「ハイっ、おはようございます」というハラカミさんのゆるーいMCも顕在で、<WARP>と余裕で張り合える個性を持つ音楽家のそれとは思えない、何とも微笑ましいキャラクターがまた魅力的なのでした。

rei harakami - にじぞう




LFO
ブリープ・テクノの創始者ということで、清々しく浄化される思いで朝を迎えるのかと思いきや、初っ端から節操なしの激アッパーなレイヴ祭!BPMも135~140台!!マジで!?何だコイツは、ただの阿呆なのか!?と大爆笑!!皆も一瞬戸惑いつつも、この嬉しい裏切りをポジティヴに受け取め、フロアに埋め尽くされたクラバーたちはガシガシと踊りまくる!!これに気を良くしたマーク・ベルはさらにフロアをアゲまくる!!フロアにはアッパーな感情のスパイラルが!!音も爆音で割れまくり!!でも皆一切気にしない!!最後のアクトということで、自分もウヒャーと踊りまくる!!踊りまくる!!踊りまくる!!!!!!
という感じで、気付いたらイベントは終了していました笑

LFO - Freak




以上、自分が今回観ることの出来たアクトですが、上記以外ですと、Flyng LotusClarkとSteve Beckettは少しの時間しか観ることが出来なかったので判断出来ず、DJ Yogurtdot i/oは会場近くのローソンで祝杯を挙げていた為に間に合わず笑、そして田中フミヤO.N.Oもフロア移動の為に見逃してしまい、やや悔しい想いをしております…。
特に、Flying Lotusをベスト・アクトに挙げている方がとにかく多かったのですが、意地でレイハラカミを優先してしまった自分の選択に、やや戸惑いを隠し切れません泣
まあ、それでも素晴らしく刺激的なアーティストを多く観ることが出来たので、大大大満足です!!
いや、やっぱりFlying Lotusを見逃してしまったのは今年一番の後悔かも…。

その他、周りの方々の感想をいろいろ聞く限り、音響や運営の悪さが指摘されていることが多かったのですが、自分は元々音響にはさほど期待していなかったため気になりませんでした。
逆に、それによってBattlesや!!!が過小評価されている感があり、ちょっと残念ではあります。
運営に関しては、導線の確保がされていなかった為、友人とはぐれてしまいましたが泣、まあ、そんな快適な空間を求めていたわけでもないので、これもそんなに気になりませんでした。アルコールや食事をしたかった人は苦労したはずでしょうけど!

で、最後に総評ですが、今回このイベントに参加してみて、<WARP>のアーティストでしか味わうことの出来ない「アート」というものがあるということを改めて強く思いました。
世界で最も尖った個性が集結しているといっても過言ではないほど、音楽やヴィジュアルを通して、ここまで興奮させられるレーベル・ショーケースというのもなかなか無いのでないでしょうか。一生付いて行きたいものです。
"electraglide presents Warp20"のオフィシャル・サイトでは、レーベル・オーナーであるSteve Beckettのインタビューが掲載されていますが、これまでのレーベルの歩みと共に、今後の展望も少し語っていますので、是非チェックしてみてください!
(と思ったらいつの間にか観れなくなっていました!)

というわけで、今後の<WARP>の活動からも目を離すことなかれ!!!!!!


ry01
ry01 CM(0) 

"This Is It" is this it?
091126ws3.jpg

やあこんばんは!ry01です。

これまでも何度か書いていますが、いやはや、twitterが面白いですね!
以前このブログでも、twitterを始めた際に、「同じシーンに身を置くアーティスト、ライター、レコード・ショップ・スタッフ、パーティー・オーガナイザー、音楽ファンなどなどがお互いにツイートし合うことで、より強いコミュニティ意識やシンパシーが芽生え得ているような気がして、とても健康的」「自分の興味のある事柄をより掘り下げる為の情報ツールとしても使える」と書きましたが、実際に使い続けてみて、正にその通りだと実感しています。

最近でも、The New Houseが所属する京都のインディ・レーベル<Second Royal>の小山内さんや、音楽雑誌<SNOOZER>で執筆をされている田中亮太さんや小林祥晴さん、前回の記事でもご紹介させて頂いたPILLS EMPIREの国分君やナオヤ君、若手DJクルー"OSUSHI DISCO JOKEYS"のNOFEAR君やPETA君などなど、皆々さんとツイートをしあう中で、Kid Sisterから前野健太、エレグラにLOW END THEORYCONVERGELIGHTNING BOLTS.L.A.C.K.The Pains of Being Pure at Heart、さらにはマジカルパワーマコの話題までもがお互いのツイートを通してミックスされていて、一音楽好きとして、ジャンルレスに行われる「コレ最高じゃんね!」的なやり取りが堪らなく楽しいわけです。

楽し過ぎる余りに、ついついtwitterばかりをチェックしてしまったりしますが笑、GOOD ON THE DANCEFLOORとしても、最速の情報発信の場としても今後もツイートし続けて参りますので(新譜の一言レビューなども引き続きガシガシ更新します!)、twitterユーザーの方も、まだそうでない方も、是非ともフォロー・ミーお願い致します↓↓↓

twitter_logo_header.png

ry01_20091030133016.jpg

ry01_GOTDF
https://twitter.com/ry01_GOTDF





話は変わりまして、先週の木曜日は、White Scooperと私ry01が揃って出演した"WHAT YOUR FAVOLITE NUMBER vol.04"でしたが、当日のライブ・フォトをsakiがFlickrにアップしてくれましたので、是非チェックしてみてください↓↓↓

□■GOOD ON THE DANCEFLOOR Flickr■□
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03/sets/72157622757263585/


この日はWhite Scooperの他にも、大ネタに次ぐ大ネタのマッシュアップ(UnderworldLinkin ParkDaft Punkまで!)による爆裂パフォーマンスを繰り広げたNIRGILISと、まるでエレクトロのMIX CDかのようにノン・ストップで繋ぐバキバキなガレージ・ロック・サウンドが魅力的なNaLasのライブを楽しみつつ、自分もDJをさせて頂きました!
オープン時のプレイだったので、最初はインディでゆったりと始まり、徐々にテクノ~ヒップホップを織り交ぜてアゲるパターンでしたが、最後のHandsomeboy TechniqueからのWhite Scooperのリミクスという、日本人アーティストの流れが気に入っています!!

The xx - Island
Atlas Sound - Walkabout
The Pains of Being Pure at Heart - Higher Than the Stars [Saint Etienne Visits Lord Spank Remix]
Cold Cave - Life Magazine
Andrew Weatherall - Fail We May, Sail We Must
Luke Vibert - Hot Sick
Vitalic - Your Disco Song
Boys Noize - Jeffer
Dizzee Rascal - Dirtee Cash
Hockey - Learn to Lose
Handsomeboy Technique - Magnificent Mass
White Scooper - Up Bends [Lapin Remix]

Dizzee Rascal - Dirtee Cash




ちなみにこの日は、パーティー終了後に映画『This Is It』を観に行くはずが、なんと新宿バルト9が満席!
結局劇場で観ることが出来ませんでした泣
しかし、悔しさを抱えたまま向かった新宿WIREでの"OSUSHI DISCO JOKEYS"のパーティー(今や伝説となっている、当時10代のDJたちによってオーガナイズされた、東京都青少年直情型パーティー"Too Young DJs"のメンバーを中心として開催しているパーティー)での、TAKE君による乙女系インディ(NOFEAR君曰く笑)、JUNiorことジュン君とOKOKことピッピヤンによるミニマル~ディープ・ハウス、NOFEARことノリ君によるファンク~ディスコ~ソウルなどなど、それぞれのDJによってジャンルが異なりながらも、何でもアリで楽しめるパーティーのヴァイブスに盛り立てられ、朝まで踊って参りました!次の日仕事でしたがね!
最後のノリ君のDJが超良かったんですよ、コレが。
というわけで、映画が観れなかった悔しさは吹っ飛んだので、DVDを心待ちにしようかと思います。
劇場で観れた方は、是非感想きかせてくださいね!


ry01
ry01 CM(0) 

ピルズ・ハウス・アカデミー
tower_shinjuku4_20091129151542.jpg

やあこんばんは!ry01です。

先週木曜日に開催された、White Scooperとry01が出演した"WHAT YOUR FAVOLITE NUMBER vol.04"にお越し頂いた皆様、ありがとうございました!
当日の様子やDJのセットリストは、また今夜ブログにアップ出来たらと思っております。
エレグラの感想もアップ出来ていませんでしたが、そちらももう少々お待ちください!


話は変わって、今回の記事のトップ写真なのですが、これはタワーレコード新宿店の様子です!
試聴機の一番上にあるのが、去る11月11日にリリースされたThe New Houseの待望のデビュー・ミニ・アルバム『Want Alone But Help Me』で、その下にあるが、我らがGOOD ON THE DANCEFLOOR DISKの初のレーベル・コンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』、さらにその下にあるのが、こちらも11月4日にリリースされたばかりのPILLS EMPIREのデビュー・アルバム『Mirrored Flag』です!
この並びを見て思わず興奮してしまい、すかさず写真に収めてきました!!
店頭で見かけた方もいらっしゃるかと思いますが、この並びは素晴らし過ぎますよね~。

元々GOOD ON THE DANCEFLOORのパーティーにも出演して頂いたことのある両バンドですが(The New Houseに関しては、前述の『ALT A NATIVE SYNDICATE』にも参加して頂いています!)、同じ東京のインディ・バンド・シーンで活動し、お互いリスペクトし合う仲間同士の作品がこのように並んで展開されているのを見ると、一つの新しい波を作り出せている実感があります。(タワーレコードのような、メジャー作品も多く扱う店舗だと尚更)
とはいっても、The New HouseとPILLS EMPIREと比べて、自分たちGOOD ON THE DANCEFLOORはまだまだの存在ですが、プッシュしてくださる店舗/媒体/関係者/リスナーの方々の期待に応えられるように、これからも精進して参ります!
とりあえず、まだ『ALT A NATIVE SYNDICATE』をゲットされていない方はお早めにどうぞ!
客観的に考えても、非常に素晴らしく意義のあるコンピレーションだと思っておりますので。


というわけで、今回はそんな素晴らしい仲間たちがこの秋にリリースした作品をご紹介!(遅ればせながら!)

tnh.jpg

まずご紹介するのが、前述したThe New Houseのデビュー・ミニ・アルバム『Want Alone But Help Me』!

今年の春以降の怒涛のライブに次ぐライブで鍛え上げられた、初期The New Houseを代表する6曲が収められたこの作品では、彼らの特徴ともいえる、テムズ・ビート以降のUKインディ・ポップにも似た、リズミカルに跳ね回る各楽器のアンサンブルによって描かれる陽気なジャングリー・ギター・ポップと、USサイケ~フリー・フォークからの影響とも思わしき、ポータブル儀式感覚の歌い回しを魅せるヴォーカルが組み合わさった、天然色のThe New house流ポップ・ワールドを余すことなく味わえます!

各所のレビューなどでも、前述した海外インディ・ポップの影響が大きく取り上げられていますが、それよりも自分が特筆したいのは、そういった海外からの影響云々のしがらみ(この日本で高い意識を持ってポップ・ミュージックをやる場合、付いて回ることだと思うのですが)から解き放たれたかのような、Los Campesinos!Jonny Foreignerにも似た、楽曲全体を覆うカラフルでポジティヴなフィーリングの眩しさ。
これは初めて彼らのライブを観た際(当時はお客さんも全く付いていませんでした)から感じていたことですが、これはなかなかやろうと思って出来ることではないと思いますし、これこそが彼らの最たる魅力ではないでしょうか。
それ故に、洋楽かぶれで終わることなく、彼らが所属している国内インディ・レーベル<Second Royal>がいち早く反応したり、Twee Grrrls Clubのようなインディ・コミュニティが積極的にピックアップをしているのだと思います。

兎にも角にも、6曲収録でトータル・タイムが17分台という、素晴らしき3分間のポップ・ミュージックの魔法が味わえるこのミニ・アルバムを今聴かない手はありません!
『ALT A NATIVE SYNDICATE』に収録されていた「Social Evil and a Potato」も別ヴァージョンが収録されていますので、コンピレーションと併せて要チェックです!!

The New House - Kill The House






pe.jpg

続いてご紹介するのが、こちらも前述したPILLS EMPIREのデビュー・アルバム『Mirrored Flag』!

元々はBB-LTDというバンドのメンバーを元に08年春に結成され、半年後に代官山UNITで開催された"Kings"では、The TelephonesThe BawdiesQUATTROThe Brixton Academyと共に満員御礼の大成功を収め、今年春に恵比寿Liquid Roomで開催された"Kings vol.2"ではベスト・アクトの呼び声も高かった彼らによるこの初作品では、ライブでの人気曲を中心に、Primal Scream『Xtrmntr』やKasabian『Kasabian』といった作品にも通ずる、デジタル時代特有のロックンロールのドライブ感と、ビッグ・ビート~ヒップホップ~トライバルにも目配せをしたなリズム・アプローチが融合された、まるで暴力的な破壊力と美しい流線型のフォルムを兼ね備えた戦闘機のような、攻撃的な楽曲が目白押し!

そして彼らのもう一つの魅力として、毎回の過激なライブ・パフォーマンスでも顕著に表れている、聴く者の感性を威嚇するリリックも外すことは出来ません。
The Mirrazのそれとも共通する部分のある、馴れ合いや習慣に待ったをかける「オイ、お前はそれでいいのか?」という投げかけは、オーバー・ヒートした楽曲に乗せて歌われることでよりリアリティを持ち、耳に入ったその瞬間にハッとさせられます。
大手外資系レコード・ショップなどで、所謂「PUNK」のカテゴリーに分けられる多くの音楽に「PUNK」の理念が宿っていない現在、正に彼らこそがそういった部分に最も意識的で、実際に表現として行っている数少ないバンドだと思います。

ちなみに、一昨日タワーレコード渋谷店にて開催された、彼らとThe New Houseのカップリング・インストア・ライブを目撃しましたが、今の彼らのライブ・パフォーマンスはとんでもないことになっています。
同世代シーン界隈の中で、今最もライブを観ていて刺激をもらえるバンドです!必見!!

PILLS EMPIRE - Demophobia






tba_20091125004703.jpg

そして最後にご紹介するのが、これまでにも"DISCO! DISCO! DISCO!×GOOD ON THEDANCEFLOOR"といったコラボレーション・パーティーを開催するなど、交流の深いバンドであり盟友でもある、
The Brixton Academyの初12inch(!)『TBA』!

この12inchは、今年4月にリリースされた同タイトルのCDシングル盤に、JET SET限定特典であった、80kidzのJUN氏とAsh Ra嬢によるエレクトロ・ポップ・ユニットTiny Bit Associatesと、The New Houseの「Pale Boy」のリミックス・ワークでも周知のThe Pegasussによるリミックス2曲+Tacteelが主宰する<institubes>からもリリース経験のあるラップトップ・ニューウェーヴ・ユニットCrystalによる限定最新リミックスが加えられた強力盤となっております!

バウンシーなベース・ラインが特徴的な、怪しげな夜の幕開けを感じさせる「Stranger」、ドリーミーなシンセ・フレーズがポップに鳴り響く情熱的な「Turn Around」、高揚感も甘酸っぱさも含まれた深夜のクラブで繰り広げられるドラマを描いた「Night Club」の代表曲3曲から、Tiny Bit Associatesによる陽気なトロピカル・ポップ風リミックスに、THE PEGASUSSによるPassion Pitを彷彿とさせるドリーミー・シンセ・ポップ風リミックス、そしてCrystalによるモロな80年代ニューウェーヴ風リミックスまで、どれも聴き逃し厳禁です!!

ちなみに、The Brixton Academyファンの間ではすでに周知だと思われるこのライブ映像は、
じつは自分が突発的に撮影したものだったりします笑

The Brixton Academy - Turn Around




上記3バンドは、今週末に新木場STUDIO COASTにて開催される"British Anthems 2009"に揃って出演することが決定していますので、海外インディ・ロック好きの方々も、是非この機会に彼らのライブに触れてみてください!

□■British Anthems 2009■□


ry01
ry01 CM(0) 


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。