GOOD ON THE DANCEFLOOR

GOOD ON THE DANCEFLOOR
OFFICIAL
Twitter
MySpace(Label)

レーベル/パーティ"GOOD ON THE DANCEFLOOR"のオフィシャル・ブログです。

[ABOUT US]
東京発のレーベル/パーティ。Arctic Monkeysの曲名から名づけられたこの集団は、上の世代には持ち得ない、自らの世代ならではの感覚を証明することを目的として、2007年6月に結成。バンド/DJ/デザイナー/ライター/フォトグラファーなど、現在複数のメンバーによって構成されている。個々での活動に加え、GOOD ON THE DANCEFLOORとしてもイヴェントやパーティーを不定期に開催。2009年秋にはレーベル初のコンピレーションCD『ALT A NATIVE SYNDICATE』をリリースし、国内をはじめ、北米/欧/豪にも配信リリースしている。

contact me :P
info@goodonthedancefloor.com

[NEWS]
2009年9月にリリースされ、日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、熱心な海外インディ・リスナーから、国内新世代インディ・バンド・ファンまで、多方面から絶賛の声を浴びた、東京の新世代レーベル"GOOD ON THE DANCEFLOOR"による、今後活躍が期待される新型バンドを集結させたコンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』。紅一点として参加したNu clear classmateが待望の単独作を遂にリリース!
------------------------------------------------------------
USインディ新世代と共振するサウンドに、コケティッシュな女性ヴォーカルを乗せた、日本発のキッチュな個性。この最新EPでは、Washed OutなどのGlo-Fi、Nite Jewelらが牽引するインディ・シンセ・ディスコ、そして時流のエレクトロ・ポップなどを、軽やかに横断している。わずか半年ほど前にリリースされたレーベル・コンピ収録曲と比べると、目が覚めるほどの音楽的な飛躍ぶり。ただ今メキメキと成長中の新世代二人組に、ぜひ注目を!
-小林祥晴-
------------------------------------------------------------
失礼を承知で正直に言うと、彼女たちがここまでの作品を仕上げてくるとは全く思っていませんでした。日々から逃げ出したい気持ち、マリア様に包まれてただただ安らかに眠っていたいという欲望と、それが叶わざる願いであることが転化した、やすりのような手触りの不機嫌な殺気。2010年に生きていく感覚そのままの音楽です。
-田中亮太(JET SET KYOTO/mogran'BAR)-
------------------------------------------------------------
Nu clear classmate 『Lick The Star』
2010/04/16 ON SALE
GOOD-1002 / including 5 songs 1,300yen (tax out)
1. Blank World
2. Causeless Pain
3. The Nearest Faraway
4. I Know I Know
5. I Leave The Parade Wearing A Dress

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

[NEXT PARTY]
????????????

全ての公演のチケットは予約を受付けております(一部除く)。
予約をご希望される場合は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります。
下記のチケット予約フォームからもお気軽にご予約が可能です↓↓↓


[RELEASE INFORMATION]
【GOOD ON THE DANCEFLOOR】のレーベル部門が、新たに【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】として始動!!!!!! 記念すべき第一弾リリースとして、初のレーベル・コンピレーションCDを2009年9月25日にリリース!!
------------------------------------------------------------
海の向こうの同世代へのシンパシーと、隣り合う君とのディスコミュニケーション。2つの同時代性の狭間で軋む音、火花。青く、眩しい。
-田中亮太 (CLUB SNOOZER / JET SET)-
------------------------------------------------------------
世界と同感覚で進行中の東京インディー・シーンをリアルに感じられる、グッド・コンピレーション! この衝動と感覚を忘れずに、リリースを続けてくれることを期待しています!
-JUN (80kidz)-
------------------------------------------------------------
GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK compilation
V.A. 『ALT A NATIVE SYNDICATE』
2009/09/25 ON SALE
GOOD-1001 / including 10 songs 1,800yen (tax out)
1. To Pieces / AAPS
2. Spin of School / Nu clear classmate
3. Social Evils and a Potato [Hamon Mix] / The New House
4. Jr. / White Scooper
5. Marble Nuts / Nu clear classmate
6. Tailors of OZ / AAPS
7. Up Bends / White Scooper
8. Pale Boy / The New House
9. Marble Nuts [Bamian Remix] / Nu clear classmate
10. Up Bends [Lapin Remix] / White Scooper

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

White Scooper 1st CD 『Thousand Valleys』
2008/06/10 ON SALE
GOOD-001 / including 7 songs 500yen (tax out)
1. C.Farmeres
2. Behind The Lights
3. Ya Ya Ya
4. Proco
5. Vigger
6. Nightram
7. Mornin' Giraffe
Art work by SAFARI.

取り扱い店舗
■JET SET (京都/下北沢)
【HP】【地図】【WEB通販】
■disk union各店
お茶の水駅前店、神保町店、新宿本館B1、下北沢店、吉祥寺店、
中野店、国立駅前店、池袋店、町田店、淵野辺店、稲田堤店、
横浜関内店、横浜西口店、津田沼店、千葉店、柏店
【HP】【店舗一覧】
■Sunrain Records (高円寺)
【HP】【地図】【WEB通販】

チケット予約フォーム
こちらでGOOD ON THE DANCEFLOORの各イベントのチケット予約が出来ます。ご利用ください。

名前:
メールアドレス:
日にち/イベント名:
枚数(質問などもどうぞ):

ブログ内検索
QRコード
QRコード
検索用

we love

!!! 1965 2 Many DJs 24Hour Party People 80kidz 8otto 100s Abake Abraham Cross Adam Sky Adel Air Akufen Alan Ball Air France The Album Leaf Alter Ego Altz Alphabeat Alloverallareover American Amy Winehouse Apparel Anavan ANDREA CREWS Andrew Kendall Andy Warhol Animal Collective Anna Tsuchiya Annie Aphex Twin The Apples In Stereo The Arcade Fire Arctic Monkeys Art-School Asian Dub Foundation Asian Kung-Fu Generation Ash A Sunny Day In Glasgow Atlas Sound At The Drive-In Audion Au Revoir Simone Aus Autechre The Avalanches Avengers In Sci-Fi badly drawn boy Back Drop Bomb Babyshambles Bamian The Band Apart Bang Gang Deejays Basement Jaxx Battles The Bawdies The Beach Boys Beastie Boys The Beatles Beck Beirut Belle & Sebastian Ben Folds Five Benga Ben Sharn Bernhard Willhelm Best Fwends Biff Bang Pow! Big Star The Birthday Bishi Bjork The Black Ghosts Black Kids Black Rebel Motorcycle Club Blast Head Bloc Party Bloodcat Love Blood Red Shoes Blood Thirsty Butchers Tha Blue Herb Blur Boards Of Canada Bonde do Role Bonjour Records Boom Boom Satellites Boredoms Born Ruffians Boys Noize The Boy Least Likely To The Bravery Breakfast Brian Jonestown Massacre The Brixton Academy Broken Social Scene The Buffalo Bunch The Bumblebeez Bump Of Chicken Buraka Som Sistema Burial Bushmind The Buzzcocks Bright Eyes British Sea Power Busy P Cabanne Cajuan Cajun Dance Party Calvin Harris Camera Obscura Cansei De Ser Sexy The Capes Cassette Playa Cat Power Cazals Chaki The Charlatans The Checks Chemical Brothers Chicks On Speed Chris Cunningham Christian Joy Chromeo C.I.A. Cibo Matto The Cigavettes Citizen Clammbon Clap Your Hands Say Yeah Clark Clarky Cat Chim↑Pom The Clash Coachella Coburn Cocorosie Coldcut Cold War Kids Colette Comanechi Comeback My Daughters Converge Corinne Bailey Rae Cornelius Cornershop Cosmic Wonder Cosmo Vitelli Chairlift The Coral Crackhaus The Cribs Creation Records Cristal Castles Crookers CSS Cubismo Grafico Cubismo Grafico Five The Cure Cut Copy DaDa KingZ Dada Life Daedelus Daft Punk Daggers Damien Hirst Dandi Wind Dan Le Sac vs Scroobius Pip Darek Darkel Darren Emerson Datarock Dandy Warhols David Fincher David Lynch David Sylvian Ddjjs Dead Disco Death From Above 1979 Death In Vegas The Death Set De De Mouse Deep Dish De La Soul Delta Sonic The Departure Derrick May Devendra Banhart DFA Diane Arbus Dick Bruna Digitalism Dinosaur Jr Diplo Dirty Pretty Things Dirty Projectors Disco Drive Disco Teenage Kicks Disco Twins Dizzie Rascal Dj Baku Dj Hikaru Dj Kentaro Dj Mehdi Dj Nobu Does It Offend You, Yeah ? Domino Doopees Doping Panda Douglas Coupland Doves Dreadeye Dreamburger Drocie Dubsided Duffy Eater ECD Echo & The Bunnymen ED Banger Editors Edward Gorey Eight Legs Electric President Electrocute Elmo El Presidente Ellegarden Elliott Smith Eminem The Enemy Enlightenment Erase Errata Erol Alkan Exlovers Escalator Records Esg Everybody Else Excuse Me Factory The Faint Fancy Him Fantastic Plastic Machine Fatboy Slim The Feeling Feist Find Gask The Fits The Flamin Lips Flipper's Guitar Fischerspooner Fishmans Fountain Of Wayne First Aid Kit Foals Foreignland Four Tet Fox N' Wolf France Gall Frank Owen Gehry Franz Ferdinand The Fratellis Friendly Fires Fred PEerry The Free Design Freeform Five Fuck Buttons Fuji Rock Festival The Futureheads Future Terror Gang Of 4 Ganban Night Gangway Gas Book Georgie James George Harrison Gildas & Masaya Glass Candy Glastonbury Festival Glasvegas The Glimmers Gnarls Barkley Going Steady Goldfrapp The Good Life The Good,The Bad And The Queen Goose Gorillaz Golden Silvers The Gossip The Go! Team Graham Coxon Green Day Grind House Group Inou Group Of People Guns N' Bombs Hadouken ! Hal Happy Mondays Hard-Fi Hard To Explain Headman The Heavy Henry Darger Henrik Vibskov Herbert Hercules and Loveaffair Herve Hi-Standard The Hives The Holloways Holy Hail The Hoosiers The Horrors Hot Chip Hot Gossip Hot Hot Heat House of Holland i-D Idlewild iLL I Love You But I've Chosen Darkness I'm From Barcelona In Corridors Individual Orchestra Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin The Infadels InK Institubes Interpol i-WARP Jack Kerouac Jack Penate Jackson And His Computer Band Jacques Tati The Jam James Ford James Holden James Jarvis Jamie Lidell Jan Svankmajer Jay-Z Jean Luc Chainsaw Jeff Mills Jence Jerry Jesse Rose Jet Jimmmy Eat World Joakim Joanna Newsom John Lennon Johnny Boy Johnny Foreigner The Jesus & Mary Chain Johann Johannsson Joy Division Julie Verhoeven Junior Senior Justice KAFKA Kaiser Chiefs Kanye West Kap10Kurt Karafuto Kate Nash Kathy Kavinsky Koko Von Napoo KAWS The Kbc Ken Ishii Ken Yokoyama Keith Kerrier District The Killers The Kills Kings Of Convenience Kings Of Leon Kim Kitsune Klanguage Klaxons The KLF The Knife The Kooks Kraftwerk Kris Menace Kunoku Ladyhawke Lady Sovereign Larrikin Love The La's Late Of The Pier Laura Marling Laurent Garnier LCD Soundsystem Le Tigre LFO Liars The Libertines Lightspeed Champion Lillies and Remains Lillica Libertine ! Lily Allen Limited Express(has gone?) Linda Lindstrom Little Barrie The Little Flames Little Man Tate Locksley Lo-Fi-Fnk Long Blonde Lostage Love Psychedelico Love of Diagrams The Long Blondes Los Campesinos! Lost Penguin Love Is All Luke Vibert Lovely Chords The Lowbrows Low Vision Magnus Carlsson Malajube Mando Diao Magistrates Marios Mark Ronson Martin Margiela The Marz Volta Massive Attack Material Boy Matisyahu Matthew Barney Maximo Park Memphis Industries Merlin Bronques Metamorphose Metro Area Metronomy Mew M-flo MGMT M.I.A. Mice Parade Michel Foucault Michel Gondry Midnight Juggernauts Mika Milo? Forman Ninja Tune Miaou Minor Threat The Mirraz The Misshapes Mixrooffice M/M Paris Moby Modeselektor Modest Mouse Mo-dettes Modular The Mogs Mogwai Mondo Grosso Monica Uranglass Monobright The Moog Cookbook The Morning After Girls Mo'some Tonebender Moving Units Mr Been Mr Oizo MSTRKRFT Mu Mum Mumm-Ra The Music My Bloody Valentine Mylo Mystery Jets Nanamine Nathan Fake Nathan Michel Neon Neon Neon Plastix N.E.R.D Neu! New Cassettes New Order The New House New Young Pony Club Nan Goldin Natalie Wood Neon Neon Nigel Godrich Nightmoves Nightmares On Wax Niki De Saint Phalle Nima Nourizadeh Nine Black Alps Nine Inch Nailes Ninja Tune The Novembers Noze No Age Nu Clear Classmate Nujabes Nyantora Nylon Oasis Oceanlane Ogre You Asshole Olav Basoski Oldenburg Opera Operator Please Optimo The Ordinary Boys Orange Juice The Orb Oskar Fischinger Ox.Eagle.Lion.Man Pacific! Pam Para One Pains of Being Pure at Heart Passions The Pastels Patrick Wolf Pavement Payback Boys Peaches Pedro Winter Pepe California Peter Bjorn And John Peter Saville Peter Max Pet Shop Boys Pharell Williams Phoenix Phantom Planet Phones Pig Radio the pistolas The Pipettes Pixies Placebo Plan B Polysics Poney Poney The Pop Group Pop Levi Portishead Postal Service Prefab Sprout Prefuse 73 Pre-School The Presets Primaly 1 Primal Scream Prodigy Prototypes Psapp Punks Jump Up Queens Of Noize Quentin Tarantino Quiero Club The Raconteurs Radiator Radio 4 Radioclit The Radio Dept. Radiohead Radio Slave Radwimps The Rakes Raphael Just The Ramones The Rapture R.E.M. Ratatat Rauschenberg Rat:att:agg RayGun Razors Edge RazorLight Regina Spektor Rei Harakami Remi Nicole RE:RE:RE:mojojo Resfest Reverend And The Makers Revl9n Rex The Dog Ricardo Villalobos Richard Linklater Richie Hawtin Riddim Saunter Ride Riot In Belgium Ripchord The Robocop Kraus Robot Needs Oil The Roconters Ron Sexsmith The Roots Rough Trade Rosenquist Rovo The Royal We Rubies Royksopp Roy Lichtenstein Rub N Tug Ryan McGinley Rye RyukyuDisko Saam Faramand Saddle Creek Safari Santogold Sasha Savath & Savalas Scissor Sisters Scott Herren Scouting For Girls Scuttle Scritti Politti SebastiAn Sex Pistols The Shakes Shirokuma Shitdisco The Shoes Sigur Ros Simian Mobile Disco Sinden Sing02 Skream Sleater Kinney The Slits Slowly Downward Smashing Pumpkins The Smith Smith N Hack Snoozer Snow Patrol Sofia Coppola Soft The SoftLightes Soft Tigers Solid Groove So Me Something Else Sonic Youth Soulwax Sound Team Space cowboy Spank Rock Spalta Locals The Specials Special Others Spike Jonze Spiler The Spinto Band Squarepusher Stars Stefanie Schneider Stereo Tennis Steve Aoki The Streets Strip Steve The Strokes The Stone Roses Struggle For Pride Studio Voice Studio 4℃ Sub Pop The Subways Suede Sufjan Stevens Sugiuramun Suicide Summer Sonic The Sunshine Underground Supercar Super Furry Animals Superglass SUPER SUPER Supersystem Surkin The Suzan Switch Syrup 16g Tacteel Takagi Masakatsu Talking Heads Tahiti 80 Tangerine Dream Taikoclub Teenage Bad Girl Teenage Fanclub The Teenagers Teki Latex Telefon Telepathe Tel Aviv The Telephones Television Tepr Theoretical Girl Terry Roison Terry Zwigoff Test Icicles These New Puritans Tomas Andersson Tommy Guerrero Thomas Bangalter Thomas Brinkmann Thom Yorke Those Dancing Days Thieves Like Us Tiga Tilly and the Wall Tim Deluxe The Ting Tings Tokyo Police Club Tomas Andersson Tom Middleton Tommy Guerrero To My Boy Tom Ze Tortoise Trafalgar Trash Fashion Travis TTC The Twang Twisted Charms Two Gallants Uffie Ultra Brain Unchain Undercover Underworld U2 Vampire Weekend Vanessa Van Basten Van She Vanshe Technologic Valerie Phillips Vermilion Sands The View Vanity The Velvet Underground Vermilion Sands The Verve The Vines Vincent Markowski Vinyl Junkie Vitalic Von Sudenfed V∞REDOMS Wagon Christ The Wannadies Warp We Are Scientists Weezer Wes Anderson We Start Fires The Whip White Scooper The White Stripes The Whitest Boy Alive Whitey The Who Why? Wichita Wigs Wild Beasts Wire Wolfgang Tillmans XL XTC Yanokami Yatt Yeah Yeah Yeahs Yellow Magic Orchestra Yelle Yo La Tengo Yonderboi Young Lovers Yppah YSP Yuksek Zongamin Zutons 赤犬 浅田次郎 浅野いにお あふりらんぽ 伊坂幸太郎 石野卓球 稲葉英樹 宇川直宏 羽海野チカ 大沢伸一 小沢健二 大竹伸朗 尾田栄一郎 おとぎ話 大人計画 小山田圭吾 棚田康司 ギターウルフ 銀杏Boyz 草間弥生 クラムボン くるり ザ・クロマニヨンズ 小池桂一 サイプレス上野とロベルト吉野 桜井鈴茂 佐藤秀峰 サニーデイサービス 鹿野淳 渋さ知らズ 清水祐也 しりあがり寿 信藤三雄 砂原良徳 スーパーカー スチャダラパー スマーフ男組 曽我部恵一 相対性理論 田島一成 田名網敬一 田中宗一郎 谷川俊太郎 電気グルーヴ 東京事変 タカノ綾 タナカカツキ 田中フミヤ チャットモンチー 谷岡ヤスジ 長尾謙一郎 中込智子 仲真史 中村一義 奈良美智 野田努 ノンポリラジカル ハイロウズ ハナレグミ 髭 藤子不二雄 ブルーハーツ フルカワミキ 古谷実 堀江博久 前野健太 ゆーきゃん ゆらゆら帝国 横尾忠則 松本大洋 村上春樹 珍しいキノコ舞踊団 森見登美彦 やけのはら ラーメンズ リリー・フランキー

T.H.A.N.K.S.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

THX EMPIRE FES!!!!!!
4435795402_89b796ebc0.jpg

やあこんばんは! ry01です。

先日このブログでもお伝えした通り、先週末は"EMPIRE FESTIVAL"でした!
GOOD ON THE DANCEFLOORのアーティストのライヴ/DJを観にいらしてくださった皆さん、ありがとうございました!!

参加された皆さんは、当日の現場の興奮を味わえたことかと思いますが、いやー、本当に素晴らしいフェスティヴァルでしたね。全てのアーティストのパフォーマンスが素晴らしかったのは勿論、夕方から朝までの長丁場を、ポジティヴに楽しみ切るオーディエンスの皆さんのパワフルさがあってこその大成功だったのではないでしょうか。皆さん、本当に元気!
そして、この勇敢な試みを完遂したPILLS EMPIREに最大のリスペクトを! 彼らはブッキングや運営をはじめ、当日も会場を所狭しと歩き回り、おそらくは全てのアクトのパフォーマンスを観た上で、自分らもライヴを二度も行い、しかもそのどちらも圧倒的な貫禄を見せ付けるパフォーマンスだったという、素晴らしいオーガナイザー・シップを発揮しておりました。誰よりもタフに現場をエンジョイし、きっちりフェスの落とし前を付ける、その漢気溢れる心意気には感服! 先日から配信させて頂いているJK対談でも触れていましたが、これは彼らの誠意溢れる行動力と、それによって得ることが出来た信頼という絆があってこそ作り出せた、正に彼らにしか成し得ないフェスティヴァルだったと思います。そしてそれを一人でも多くのオーディエンス(500人ものお客さんが集まったそうです!)とシェアしようと努力する、情熱溢れるリレーションシップには感心しっぱなしでした。自分と同い歳とは思えない、その立派な行動力に、賛辞を送りたいです。

一日を通して、アーティストとオーディエンスが本当に良い空気感をシェア出来ていたと思うのですが、GOOD ON THE DANCEFLOORのアーティストも、ここ最近ではベストのパフォーマンスが出来たのではないでしょうか! 先手のNu clear classmateは、VJと生ドラムを加わえた最新ライヴ・セットを用いて、『Lick The Star』に収録される新曲群を中心に披露していましたが、Glo-FiなNCCの最新モードを上手く表現出来ていたのではないかと思います。そしてトリのWhite Scooperは、TachiとHanaが脱退前最後のライヴということもあり、感慨深いステージとなりましたが、まさかのアンコールなどもあり、メンバー卒業の門出を祝う、素晴らしいパフォーマンスになりました。総じて、どちらも愛されているバンドなんだなと、頑固親父目線で浸っていたのですが笑、沢山の共演者が居た中で、わざわざGOOD ON THE DANCEFLOORのアーティストを観にいらしてくださった皆さんには改めて感謝を! 本当にありがとうございました!! ちなみにCLUB SNOOZERの田中亮太氏は、White Scooperに対して「EMPIRE FESTIVALベスト・バンド」とまで言ってくださっり、感謝感激でございます!

この日のWhite ScooperとNu clear classmateのライヴ・フォトはこちらからご覧になれます↓↓↓

■GOOD ON THE DANCEFLOOR Flickr (Photo by saki)
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03/sets/72157623501199603/



そしてこの日の自分はというと、3時間もの長丁場のDJの合間を縫って、なるべく多くのアーティストを観たいなと思い、積極的に動き回ってみたのですが、実際それほど多く観ることが出来ませんでした。。。自分が観たアーティストを順番に羅列させて頂くと、DJ→The Telephones→The Quandata→DJ→Tidy Boy→Monica Uranglass→Baffalo'3→DJ→The Cigavetts→DJ→Nu clear classmate→DJ→BlieAN→Plasticzooms→DJ→White Scooper→GOOD打ち上げ笑→Kenta Hirano→The Brixton Academy→WSZ80→PILLS EMPIRE→前田博章→Free Throwといった感じでした。特に印象に残っているパフォーマンスは、やはりPILLS EMPIREとThe Brixton Academy! 深夜のPILLS EMPIREは、シンセを使わない、シンプルなギター/ベース/ドラム編成でのハードコア調のアレンジが意外にハマっており、その前のThe Brixton Academyは、VJ環境も整ったホームともいえるMARZで、フロア中をモッシュ&ダンスで埋めつくす、正にパーティーなライヴを繰り広げていました。久し振りに観たところだと、The Telephonesのライヴは以前のようなキレがなく(Kingsなどで観た際はキレキレだったと憶えているのですが)、同系列で語られるMonica Uranglassは、素晴らしくアッパーなパフォーマンスを披露していました。とにかく、色々なバンド/DJを観ることが出来、非常に勉強になりました!

最後に自分のDJセットリストをアップしておきますので、3時間の長丁場の中で何か気に入った曲がありましたら、是非ともチェックしてみてください!

10/03/13(SAT.)
"EMPIRE FESTIVAL" SET LIST

■Opening
Corinne Bailey Rae - Put Your Records On
High Places - The Storm
Discovery - I Want You Back
Kate Nash - Foundation
Jamie Lidell - Wait For Me
El Guincho - Antillas
Girls - Laura
Slow Club - It Doesn't Have To Be Beautiful
The Magnetic Fields - We Are Having a Hootenanny
Conor Oberst and The Mystic Valley Band - Slowly (Oh So Slowly)
Rumi - 公共職業安定所
Shing02 - 44戒
S.L.A.C.K. - That's Me
Jay-Z - Thank You
Matisyahu - We Will Walk
Amerie - Why R U
Jamie.T - Sticks 'n' Stones
Royksopp - Happy Up Here
Passion Pit - Little Secrets
サイプレス上野とロベルト吉野 - Wonder Wheel
Weezer - World Has Turned And Left Me Here
The Soft Pack - C'mon
The Drums - Saddest Summer

■2nd set
Beastie Boys - Fight for Your Right
Lily Allen - Fuck You
White Scooper - Up Bends [Lapin Remix]
Anarushin - This My Love
The Brixton Academy - Night Club [Gape! Remix]
Delphic. - Doubt
HNC - Kitten's Brakes
The New House - Social Evils and a Potato [The Pegasus House That Animal Built Remix]
De De Mouse×Chemical Brothers - Hey Boy, Hey East End Girl

■3rd set
Joe Goddard - Apple Bobbing
Clark - Look Into The Heart Now
Louderbach - Notes
Four Tet - Love Cry
The Pains of Being Pure at Heart - Higher Than the Stars [Saint Etienne Visits Lord Spank Remix]
Delphic. - Counterpoint [Woolford Remix]
Samiyam - Return
The Field - The More That I Do
Fuck Buttons - Surf Solar
Nu clear classmate - I Leave the Parade Wearing a Dress
Simian Mobie Disco - Cruel Intentions feat. Beth Ditto

■4th set
The La's - There She Goes [BBC Live Session Ver.]
The Raveonettes - Last Dance
Desire - Mirroir Mirroir
Neon Indian - Deadbeat Summer
Cold Cave - Love Come Close
Dam-Funk - Scratchin' 4 Funk's Future
The New House - Path to Freedom
Charlotte Gainsbourg - IRM
Wave Machines - I Go I Go I Go
The Very Best - Rain Dance feat. M.I.A.
Crocodiles - Refuse Angels

■5th set
The Brixton Academy - Left Behind [Nu Clear Classmate Scilla Remix]
Memory Tapes - Bicycle
La Roux - Bullet Proof [Gunhead Remix]
DEXPISTOLS - New Jack House feat. JON-E
Hadouken! - Evil
2562 - Sperfight
Zomby - Godzilla
Africa HiTech - Blen
Bjork - Hyper-Ballad [Eccy Remix]
Massive Attack - Babel

■6th set
Hot Chip - One Life Stand
Two Door Cinema Club - Something Good Can Work
OK GO - Skyscrapers
Yeasayer - Ambling Alp
Phoenix - Fances [Delphic. Remix]
Dexpistols & M.S.K. - House in My House
New Order - Blue Monday
七尾旅人×やけのはら - Rollin' Rollin' [SKYFISH Remix]
Tim Deluxe - It Just Won't Do
Basement Jaxx - Raindrops
Mika - We are Golden

■Closing
くるりとユーミン - シャツを洗えば



そういえば、Corinne Bailey Raeのフジロック出演が決定しましたね!!!!!!

Corinne Bailey Rae - Put Your Records On



ry01
スポンサーサイト
ry01 CM(0) 

Nu clear classmate "Lick The Star" 大解禁!!!!!!
good1002s_20100312225025.jpg

やあこんばんは! ry01です。

先日もこのブログでもお知らせさせて頂きました、来たる4月9日にNu clear classmateのNEW EP『Lick The Star』のリリースが大決定!!!!!! GOOD ON THE DANCEFLOOR DISKより、待望の第二弾リリースでございます!

発売日まで一ヶ月を切り、なんとこのタイミングで収録曲とジャケットを大解禁!!!!!!!!!!!!
Nu clear classmateのMySpaceでは、「Causeless Pain」と「Blank World」の2曲がフル・サイズでご試聴頂けます! 下記のURLに急いでアクセスしてみてください!!

■Nu clear classmate MySpace
http://www.myspace.com/nuclearclassmate


そして、YouTubeにアップしたプロモーション用ビデオでは、なんと全曲試聴可能!!!!!!
少しずつではありますが、『Lick The Star』の世界観をどうぞ味わいください!!!!!!



MySpaceもYouTubeも、発売までにガシガシ再生してしまってくださいね!!!!!!!!!!!!



good1002.jpg

Nu clear classmate 『Lick The Star』

発売日:2010年4月9日
価格:税込1,365円 (税抜1,300円)

『Lick The Star』収録曲
1. Blank World
2. Causeless Pain
3. The Nearest Faraway
4. I Know I Know
5. I Leave The Parade Wearing A Dress

Art Directed by OMOCHI.


-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
ここには日本のポップ・シーンの新たな胎動があります。 -田中宗一郎
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
もはや海外勢に追いつきたいという力みさえなく、
より奔放に同時代的な音楽を鳴らす。 -小林祥晴
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
(SNOOZER 2009年12月号より抜粋)

2009年9月にリリースされ、日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、熱心な海外インディ・リスナーから、国内新世代インディ・バンド・ファンまで、多方面から絶賛の声を浴びた、東京の新世代レーベル"GOOD ON THE DANCEFLOOR"による、今後活躍が期待される新型バンドを集結させたコンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』。紅一点として参加したNu clear classmateが待望の単独作を遂にリリース!

自らのジャンルを「SUICIDE POP」と名乗る彼らは、Passion Pitのユーフォリックで甘くメロウなシンセ・ポップと、The Big Pinkのヒリヒリとしたローファイ/オルタナティヴ・ロック、La RouxやLittle Bootsなどに代表されるガーリーなエレクトロ・ポップの、正に中間ともいえる豊かな音楽性を武器にし、さらには90年代の日本が残した偉大なるバンドSUPERCARの青く煌く初期衝動と音楽的探究心を持ち合わせ、散りじりになった全てのトライブを繋ぎ得る、全く新たなオルタナティヴ・サウンドを鳴らすことに成功している。
この5曲入りEPも、現在のUSを中心とした最新モード"Glo-Fi"(ダークでメランコリーなシンセ・ポップ)とシンクロする楽曲群を軸に、ロマンチックなタッチのポジティヴに突き抜けたエレクトロ・ポップ曲など、それぞれ異なる5つの世界観が目くるめく展開される、Nu clear classmateによる18分のショート・フィルム・ファンタジーとなっている。

すでに音楽雑誌<SNOOZER>や<MARQUEE>などでも「日本のインディ・ロックの新しい胎動」として、大きくピックアップされている通り、前述した『ALT A NATIVE SYNDICATE』に参加しているThe New HouseやWhite Scooper、AAPSをはじめ、The MirrazやPILLS EMPIRE、The Brixton Academy、Lillies and Remains、PLASTIC ZOOMSなどとも同じシーンで活躍し、ガールズ・インディ・コミュニティ"TWEE GRRRLS CLUB"周辺のパンク/オルタナティヴ・アティテュードとも共振する、独自の活動方針でアッパー・グラウンドを揺さぶる彼らの、この記念すべき初EPは、今後の日本のインディ・シーンのマスター・ピースとなることは間違いないだろう。

【Buy Area】
Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand, Canada
ry01 CM(0) 

特別対談: The View of JAP MUSIC from Youth Culture
やあこんばんは! ry01です。

今回のブログは、先日行われた対談企画の話題!

そうなんです、Twitterでは随時報告させて頂いていましたが、先週末の土曜日に、女子高生二人と対談させて頂きました! で、今回その対談の内容を全てテキストに起こしたのですが、このブログには掲載はせずに、メールでの限定配信という形で発表させて頂きます! 詳細は下記の通りです!!!!!!



特別対談: The View of JAP MUSIC from Youth Culture

2010年3月6日、渋谷のとあるカフェにて行われた、女子高生二人との対談。リアルタイムにユース・カルチャーに触れている二人と意見を交し合うことで、ジェネレーション・ギャップも含めた、リスナー視点から見た日本の音楽シーンの現状を浮き彫りにすることが目的。

■対談参加者
R: ry01/加藤綾一。GOOD ON THE DANCEFLOOR主宰。24歳。東京都在住。
T: 女子高生T。18歳。神奈川県在住。
A: 女子高生A。18歳。神奈川県在住。

■議題
1. 音楽の情報を得る為によく利用するツール/メディア/場所は?
2. ロッキング・オンと<MUSICA>の影響力は絶大か?
3. <SNOOZER>と<ele-king>のジャーナリズムとは?
4. EMPIRE FESTIVALはどのように映るか?
5. <KAIKOO>はどのように映るか?
6. アジアン・カンフー・ジェネレーションはどのように映るか?
7. The Telephonesはどのように映るか?
8. The New Houseはどのように映るか?
9. GOOD ON THE DANCEFLOORはどのように映るか?
10. テレフォンズ騒動はその後どうなった?
11. 00年代の海外のインディ・ロックは聴くか? 鬱ロックとは?
12. クラブ・ミュージックは聴くか?
13. 過去の音楽を遡ることは興奮的か?
14. 学校ではどんな音楽が流行っているか?
15. 月に何枚ぐらいの音源を買うか?
16. 今CDは、若い世代の間では本当に「マスタ」と呼ばれているのか?
17. mixiやTwitterはいつから使っているか? 面白いか?
18. 若い世代の間ではどういった娯楽が流行っているのか?
19. 今の日本はどう感じるか?
20. 将来は明るいか?

■配信方法
info@goodonthedancefloor.com
上記のメール・アドレス宛に、タイトルに「対談配信希望」と入力し、空メールを送信ください(携帯も可)。



以上がメインの議題となっております! 今回の対談で議論された話題/疑問などを皆さんとシェアすることで、何かしらの新しい感覚を生み出すことが出来ればと思いました。普段から音楽に深く関わっていらっしゃる方々には、是非ともご一読頂きたい内容です。が、ブログやサイトなどでの公開は今のところ予定がなく、メールでの限定配信となります(手動での返信になりますので、実際に返信されるまでのタイムラグはご了承ください)。

何故ブログなどで発表せずに配信限定なのか?

と疑問に思った方もいらっしゃるかと思うのですが、このような発表の方法を選んだのは、Twitterで自分をフォローしてくださっている400人強の方々、マイミクをさせて頂いている200人強の方々、そしていつもブログを読んでくださっている方々、諸々含めて1,000人規模で今回の議論をシェアすることが出来れば、より濃密なコミュニケーションを取ることが出来るのではと考えた結果です。勿論、不特定多数の方々とも話題をシェア出来ることが理想ですが、先日TwitterでThe Telephonesについて問題提起させて頂いた際に、直接的にも間接的にも、肯定も批判も、予想以上のリアクションがありましたので、この度はこのような方法を取らせて頂きました。

なので、とりあえずは、興味をお持ち頂いた方にお読みになって頂ければと思いました。ただ一つ言えるのは、日本のどの既存のメディアも、おそらく今回の対談で話し合われたトピックについて、全くクローズアップ出来ていないと思います。一番リアルな議論がここにはあります。非常に意義のある対談となりましたので、是非とも一人でも多くの方にご一読頂けることを願っています。この議論について、本当に1,000人がシェアすることが出来れば、きっと何かを変えることが出来るのではないかと思っています。

というわけで、少し真面目になってしまいましたが、本当に素晴らしい対談となりましたので、是非とも沢山の方にご一読頂けることを願っております! 配信をご希望される場合は、info@goodonthedancefloor.com宛に、タイトルに「対談配信希望」と入力し、空メールを送信ください! 携帯からの配信希望も承っておりますので、通勤通学のお供にお読みになって頂けると幸いです! 先にTwitterで告知後、これまでも本当に沢山の配信希望とご感想を頂きましたが、予想以上のリアクションを頂けて、本当に嬉しい限りでございます! お読みになって頂いた方は、是非ともご感想などを頂けるとありがたいです! 今後の参考にさせて頂きますので!!

兎にも角にも、まずは配信希望のメールを頂ければと思いますので、皆さんからのリクエストをお待ちしております!

ry01
ry01 CM(0) 

EMPIRE FESTIVAL de 帝国祭
やあこんばんは! ry01です。

今回のブログは、いよいよ今週末に開催が迫った、PILLS EMPIREが仕掛ける一大フェスティヴァルについて!

PILLS EMPIREといえば、以前もこのブログにて、昨年11月にリリースされた彼らの1stアルバム『Mirrored Flag』のレヴューを書かせて頂きましたが、元々はGOOD ON THE DANCEFLOORのパーティー"THURSDAY PEOPLE"にも出演して頂いたこともある、同世代として非常にシンパシーを抱いているバンドなのであります! 毎度彼らの暴動寸前のライヴ・パフォーマンスには仰天し、パンク叱りとした挑発的な発言などにも刺激を受け続けていましたが、この度彼らは、東京の新世代インディ・バンド・シーンの一大発起ともいえる巨大フェスティヴァル、"EMPIRE FESTIVAL"を開催することとなりました! これまた、彼らのシーンの中心を背負おうという気概溢れる行動には、思わず目からウロコ! 彼らの最新のブログ記事にもありましたが、これほどのビッグ・パーティーを仕掛けることが出来るバンドは、まず他にいないはず。これだけの実力派バンド/DJを集めることの出来る、シーンをクロスオーヴァーして絶対的な信頼を得ている彼らの、実に誠実な部分が伝わる、勇気溢れる一大発起だと思います。

まあ、自分が蛇足を加え続けてもこのフェスの素晴らしさを濁すだけなので、兎にも角にも、まずはこの強烈なラインナップをご覧ください!

2010/03/13(SAT.)
PILLS EMPIRE MIRRORED FLAG RELEASE TOUR FINAL
"EMPIRE FESTIVAL"
@Shinjuku MARZ/Marble/Motion
OPEN 15:30 START 16:00 (END 29:00)
ADV 3000yen DOOR 3500yen +1DRINK
★MARZ⇔Marble⇔Motion往来自由
【Bands】
PILLS EMPIRE
The Beaches
the telephones
Love And Hates
Golden Katies!!
QUATTRO
The John's Guerrilla
psysalia psysalis psyche
BlieAN
PLASTICZOOMS
Buffalo' 3
6eyes
TIDY BOY
Monica Uranglass
OLDE WORLDE
The Brixton Academy
The Cigavettes
White Scooper
Nu Clear Classmate
The Quandata
【DJs】
タイラダイスケ(Freethrow/soultoday)
弦先誠人(Freethrow/puke!)
神啓文(Freethrow/Getting Better)
Terry(British Pavilion/Tequila 69)
WSZ80(reclash/LEF!!!)
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)
Kenta Hirano(LOVE ACTION)
TOMO(STYLE BAND TOKYO)
前田博章(puke!)
片平実(Getting Better)

【EMPIRE FESTIVAL OFFICIAL SITE】
http://www.pillsempire.com/empire-fes


ここ二年間で台頭してきた、海外の00年代以降のインディ・ロックに大きく影響を受けた、東京の新型インディ・バンドたちを大集結させた、正に新しいディケイドをキックオフさせる鮮烈なラインナップ! いやー、改めて素晴らしいですね。以前、同じくMARZ/MOTION/Marbleの3会場で行われた、PILLS EMPIREとQUATTROの共同主催による"KZ"のラインナップに加え、今回のフェスでは、White ScooperとNu clear classmate、そして私ry01という、GOOD ON THE DANCEFLOORのバンド/DJを大フィーチュア! このオファーを頂いたときは、本当に嬉しかったものです泣 うーん、さすがPILLS EMPIRE。良いところ突いてきます! しかもこの素晴らしいランナップの中で、なんとWhite ScooperはMarbleのトリを任せて頂いたので、ここは何としてでもGOOD ON THE DANCEFLOORクルーでこのフェスに華を添えたいものです! 勿論、他のバンド/DJも素晴らしい方々ばかりなので、このフェスが最高にエキサイティングなのは間違いなしなのですが、是非ともGOOD ON THE DANCEFLOORが拠点を置くMarbleにガシガシ遊びにいらしてください! 後悔させません!!

"EMPIRE FESTIVAL"のオフィシャル・サイトでは、すでにタイム・テーブルも発表されていますので、ご確認の上、夏フェスの如く当日の予定表をあーでもないこーでもないと妄想してみてください! このタイムテーブルを見ると、本当にアガりますから! (これを作る作業は、絶対楽しかったと思われます!) チケットはすでにソールド・アウトしてしまったので、申し訳ありませんがバンド予約などが出来ないのですが、早い段階でチケットを確保されていた皆さんは、共に当日の祝祭空間を楽しみましょう!!!!!! それではMarbleで!!!!!!!!!!!!


ry01
ry01 CM(0) 

やっぱり人生ハードコアっす
やあこんばんは! ry01です。

今回のブログでは、最近観たライヴの中でも特に印象に残っている、日米を代表する二つのハードコア・バンドをご紹介!

sfp.jpg

まず一つ目にご紹介するのは、先月の27日に新大久保EARTHDOMにて開催された、kuruucrewによる豪華企画"○○"で観た、日本を代表するノイズ・ハードコア・バンド、Struggle For Pride。

06年にavex(!)からリリースされたアルバム『You Bark, We Bite』が、先日出版された『ゼロ年代の音楽 壊れた十年』(野田努、三田格、松村正人、磯部涼、二木信の5人による共著)でも「ゼロ年代を象徴する150枚のアルバム」として選出されるなど、リリース以降、評価が高まるばかりの大傑作をディスコグラフィに持つ彼ら。自分も、「00年代を代表する10枚のアルバムは?」と聞かれたら、迷わずこの作品をその内の1枚として選びますが、同じようなセレクトをされる方も多いのではないでしょうか。彼らの最大の魅力といえば、その荒くれ立ったノイズ・ディストーションによる暴力的なまでのサウンド・シャワーと、堰を切ったかのように怒濤の如く感情が駆け巡るファスト・コアが一体となることで生まれる、ハードコア独特のストイシズムとは真逆の、歓喜に満ち溢れたユーフォリックな衝動。これはライヴを体験した方は理解して頂けると思うのですが、彼らのノイズを浴びながら、SFPポッセがモッシュとダイヴを繰り返す様は、最早ハウス的ともいえるユニティ感すら醸し出しています。そして自分もその中に飛び込むのですが、いやー、これが本当の「歓喜」の音楽なんだと、毎度感動させられます。

この日も、七尾旅人Nice ViewMelt Bananaなど、歴戦の強者アーティストたちとの共演でしたが、その中でも彼らのライヴは、凄まじいまでのポジティヴィティを放っており、辺りが光に包まれるような感覚にすらなりました。現在のUSを代表するノイズ・ハードコア・バンドNO AGEが最高なのは言わずもがなですが、日本にはそれすらも超える煌めきを放つバンドがいることを、僕らは胸を張って誇るべきなのです。

Struggle For Pride at CHAOS PARK






isis.jpg

そしてもう一つは、先日、1年振りの来日公演を大成功に収めた、USを代表するポスト・ハードコア・バンドISIS。

ポスト・ロックからヘヴィ・ロック、エレクトロニカまでを飲み込む、ウォール・オブ・ノイズ・サウンドを構築する彼らは、これまでもフジ・ロック・フェスティヴァルのホワイト・ステージへの出演や、sunn o)))やBorisなどとも共演することとなった、Daymare Recordingsが主催した昨年の"leave them all behind"での来日など、これまでにも独自のハードコア・サウンドで多くの日本人ファンを獲得してきました。

自分は3年振りに彼らのライヴを観たのですが、高い美意識を持って放たれる彼らのフィードバック・ノイズを目の当たりにして、これは自己陶酔という意味で、シューゲイザーとも共通項があるのだなあと思いました。とはいえ、シューゲイザーというと、自分の足元に目を落とし、ギターを気怠く掻き鳴らすのが有りふれたイメージですが、彼らのサウンドからは、拳を強く握り締め、天を見上げて咆哮するかのような、力強い陶酔を感じることが出来ます。今回のライヴでも、完全無欠の鉄壁のアンサンブルをバックに、噎せ返るほどの熱量を帯びたアーロン・ターナーの叫びは、激情的な情景を想像させるほど、素晴らしいものでした。またフジ・ロックでも観たいですね!

ISIS -Holy Tears



ry01
ry01 CM(0) 

リヴェンジ・オブ・キング・オブ・ナード
HotChip_20100307015853.jpg

やあこんばんは! ry01です。

今回のブログでは、我らがキング・オブ・ナードの新作についてご紹介!

hotchipone.jpg

そう、GOOD ON THE DANCEFLOORが全力を持って推薦したい現代のキング・オブ・ナード(オタク)とは、去る2月に新作『One Life Stand』をリリースしたHot Chipのこと。それは、初期のWeezerJimmy Eat Worldかという、彼らの冴えない風貌を見てもらえばすぐに理解して頂けるかと思います。が、しかし、彼らの本当のナードイズムを示しているのは、その雑食な音楽性なのです。

07年にリリースされた、彼らが手掛けたMIX CD『DJ KICKS』では、ヒップホップからエレクトロニカ、ニューウェーヴ、ソウルまでをも横断する、シーンきっての音楽オタクっぷりが遺憾なく発揮されていましたが、08年にリリースされ、<GOOD MAG.>でも年間チャート9位に食い込んだ前作『Made in the Dark』に続く、4枚目のアルバムとなったこの新作は、Kanye Westなどのメインストリームのポップスにすら対抗し得る、リヴェンジ・オブ・ナードともいえる快作となりました!

まず冒頭のM1「Thieves in the Night」では、初期のYMOやKraftwerkを彷彿させるオールド・スクールなテクノ・ポップを、続くM2「Hand Me Down Your Love」では、タメの効いたピアノ・フレーズが印象的なディープ・ファンクを、M3「I Feel Better」では、オートチューンを駆使したモダンR&Bを、M5「Brothers」では、朝6時のフロアの穏やかな高揚を感じさせるピアノ・ハウスを、といったように、一曲毎に異なったバッグ・グラウンドを見せ付ける彼らの、ミュージック・ラヴァーを唸らせる豊潤な音楽的視点には、思わず誰もが脱帽することでしょう。M6「Slush」やM9「Keep Quiet」などのバラッド曲での、感情豊かに歌い上げている姿も非常に素晴らしく、アルバムの一つのハイライトにもなっています。

そして、彼らのもう一つ魅力といえば、リード・トラックであるM4「One Life Stand」でも披露されているように、その豊富な知識をもってして、絶妙なバランス感覚でミックスされる音色とフレーズ。Metronomyのそれとも似た、気を抜けば脱線してしまいそうな、不協和音めいた上モノのアンサンブルには舌を巻くばかり。めくるめく展開を繰り広げるこの曲を聴いて、ナードを自負する皆さんはガッツポーズを決めてやりましょう!

Hot Chip - One Life Stand



ry01
ry01 CM(0) 

ピタゴラスイッチでOK GO!!!!!!
okgo_20100306102434.jpg

やあこんばんは! ry01です。

今回のブログでは、みんな大好きOK GOの最新ビデオをご紹介!

OK GOといえば、気の抜けた阿呆丸出しの振り付けのダンスを一発撮りしただけの「A Million Ways」のビデオが、YOUTUBEを中心に爆発的な再生回数を記録し、一気に話題をかっさらったUSの4人組バンド。視聴者がその奇妙なダンスを模倣し、動画サイトに自らのダンスの映像を次々とアップするという現象まで巻き起こした彼らは、YOUTUBE世代初のカリスマ・バンドといっても過言ではないでしょうか。その後、ルーム・ランナーを用いて同じ手法で撮影された「Here It Goes Again」のビデオも話題となり、彼らのユーモア・センスに、おそらく誰もが舌を巻いたことでしょう。

okgo.jpg

4年半振りとなった新作『Of the Blue Colour of the Sky』では、Princeに溺愛するMaroon 5が、Arcade Fireの交響曲めいたアンセミックなチェンバー・ポップに感化され、さらにLed ZeppelinのハードなB級ギターリフを冗談でコピーして、USのモダンR&Bをバンド演奏で再現しているかのような、唯一無二といえるハード・ロッキン・ファンク・ポップが見事に開花! おそらく、ここまで劇的な変化を遂げたのは、MGMTClap Your Hands Say Yeahなどの作品を手掛けた、プロデューサーを務めたDave Fridmanの功績かと思われますが、これまでも愛嬌溢れるインディ・ポップで聴く者を魅了していた彼らを、これほどまでにファンタスティックにメイクアップさせるだなんて、相変わらず良い仕事をしていますね。全体をカラフルに彩る、ゴージャスなプロダクションが目を引きます。

か、しかし、彼らの最大の魅了といえば、あのアイデアフルなビデオ! このアルバムのリード・トラックである「This Too Shall Pass」のビデオでは、一見してわかる通り『ピタゴラスイッチ』でもお馴染みの、物理学を応用した自動装置の、めくるめく物体運動をフィーチュア! 奇天烈なフォルムをした彼らの楽曲と相まって、一筋縄ではいかないファンタジスタっぷりを発揮しています。この尽きることのない偉大なるユーモアに拍手!

OK GO - This Too Shall Pass




OK GO - Here It Goes Again



ry01
未分類 CM(0) 

ボーイズ・オン・ザ・ラン
boyz_20100304190101.jpg

やあこんばんは! ry01です。

今回のブログでは、先日観に行った映画『ボーイズ・オン・ザ・ラン』の感想をば!

原作は、現在週刊スピリッツで『アイ・アム・ア・ヒーロー』を連載中の花沢健吾、監督は、劇団ポツドールに所属する三浦大輔、そして主演は、10代のキッズを中心に心を鷲掴みにして離さない、銀杏BOYZの峯田和伸。この布陣を見ただけで、原作のファンだった自分は、瞬間的に「これは必ず観に行かなければ!」という衝動に駆られたものです。

この『ボーイズ・オン・ザ・ラン』は、仕事もプライヴェートも冴えない、実家暮らしの29歳男・田西敏行が、同僚の植村ちはるに恋心を抱くことから物語が始まります。誕生日に一人虚しくテレクラに通ったり、念願の彼女が出来たときも、目の前の欲望にかまけてしまったり、ことごとく迷走し続ける田西の、そんな何処にでもある、何てことのないありふれた日常の中での、世間から「負け犬」のレッテルを貼られた男の、目も向けられないまでに生々しくも阿呆な欲望の葛藤を絶妙に描き切っているのが、この作品の最たる魅力かかと思います。

原作をご存知の方は、田西の一喜一憂が、実写ならではのユーモアをもってして忠実に描かれていることに、思わず苦笑してしまう場面が多いはず。そして原作をご存知でない方も、きっと田西の一進一退をむず痒く、ときに大笑いしながら見守るのでしょう。
この作品は、前述した通り、「負け犬」論を生むこととなった、小泉政権以降の格差社会のほんの末端を描いたものであり、それ以上でもそれ以下でもないのですが、すっ転び続ける田西も、最後なはしっかりとファイティング・ポーズをとります。が、そこでハッピー・エンドとなっては、感情過多で感傷的なだけの平々凡々な作品になってしまいますが、この作品の最後の最後には、結局田西は再び打ちのめされ、頭を抱えたままエンドロールへと向かいます。最終的に田西が手にしたのは、虚無感なのか、それとも弱々しい誇りなのか。

ところで、この映画のメイン・テーマは、銀杏BOYZの「ボーイズ・オン・ザ・ラン」なのですが、12分にも及ぶこの曲のビデオは、自分にとって2009年ベスト・ビデオの一つです。

最近、「銀杏BOYZは有りかなしか?」ということをよく考えていたのですが、00年代の絶望と希望を掃溜めの中で歌う彼らもまた、田西の生き様とよく似ていると思うわけです。それがロックンロール本来の魅力である「セクシュアルな表現」とは程遠いグロテスクなものでも、その虚無の中に弱々しい誇りを見い出せるのであれば、彼らの音楽が存在する意義はあるのかなと思いました。何より彼らには、「銀河鉄道の夜」や「夢で逢えたら」のような夢見心地なまでのロマンティックも、「人間」や「駆け抜けて性春」のようなグロテスクなまでの生々しさも、「東京」や「漂流教室」のような繊細な心象風景の描写もあり、思春期の若者が彼らの表現を渇望するのもよくわかるような気がします。

ビデオの2分20秒辺りに登場する高校生の、「何で勉強なんてあるんだよ? 何で学校なんてあるんだよ? もっと高校生活は楽しいはずだったのに、何でだよ!? 全員死ねば幸せになれる。何で毎日死にたいんだよ!?」という悲痛な叫びは、情報過多故の心の飽食の時代を迎えた今、蚊帳の外の出来事ではなく、誰にだって持ち得る狂気なのではないでしょうか。しかしこのビデオも、映画と同じく、最後には「闘って駄目でも、勝つまで諦めない。死ぬまで、いや、天国に行っても諦めない」と、別の男性が弱々しくを宣言しています。彼の姿が、映画での田西のファイティング・ポーズとダブって見えるのは、僕の気のせいでしょうか。
 
銀杏boyz - ボーイズ・オン・ザ・ラン




映画『ボーイズ・オン・ザ・ラン』予告編




ry01
ry01 CM(0) 

【GJ☆ジャケット大賞 2月度】
softpack.jpg

やあこんばんは! ry01です。

前回の記事に引き続き、今回は「GJ☆ジャケット大賞」の2月度のグランプリを発表!
月毎に「GJ☆(グッジョブ)」と思ったアートワークのCD/レコード・ジャケットを選出し、ベスト3までを表彰して勝手に盛り上がるという、なんとも個人の趣味丸出しなこの企画。


栄えある第一位に輝いたのは、The Soft Packのデビュー・アルバム『The Soft Pack』!!!!!!
メンバーがたむろしている様子を撮りおろしただけの、何の装飾もない一枚写真ではありますが、彼らの静かなる革命の宣言が聞こえてくるような、虚飾を一切取り払った、男気溢れる勇ましいアートワーク!

USはサンディエゴ出身の彼らは、2008年半ばまではバンド名をThe Muslimsと名乗り、ブルックリンの<1928 RECORDINGS>から、穴空きジャケットとして話題となったセルフ・タイトルのLPをリリースし、熱心なインディ・ファンの間では熱狂的に迎えられたことでも知られていますが、この度The Soft Packと改名し、10年代を颯爽とキックオフさせる快作を作り上げてくれました!

The Libertinesのリズミカルに跳ねるビートと、The Strokesのキレのあるタイトな演奏、The Viewの青く煌めく青春性、そしてDinosaur Jr.のささくれ立ったディストーション・ギターが一体となり、正にロックンロール最強の一手といっても過言ではないほど、汗を迸らせながら溌剌と輝くガレージ・ロックがここでは鳴り響いています。その音塊からは、彼らの出自でもある往年のUSインディ・ロックの一つの特徴ともいえる、埃立つアメリカの大地を蹴って駆け抜ける、爽快な情景もが頭を過ぎります。

ギターを初めて握ったキッズが、渾身のストロークで最初の一音をアンプから鳴り響かせた瞬間の、煌めきと初期衝動を感じさせる彼らのロックンロールは、10年前のThe Strokesの登場を彷彿とさせるような、または彼らの不在の穴を十二分に埋めるような、ロックンロール本来のダイナミズムを取り戻した、改革宣言ともいえるのではないでしょうか。

The Soft Pack - C'mon






yeasayer.jpg

続いて第二位は、Yeasayerの2ndアルバム『Odd Blood』!!!!!!
石像をモチーフにしたエキセントリックなCGグラフィックに、ニスでうっすらと描かれた古代文字風の模様(実際に手に取らないとわかりませんが)、目を引く金色のステッカー(こちらも実際の製品盤のみですが)、そしてカラフルなノイズに埋め尽くされた内側のジャケットも、全てが素晴らしく刺激的な会心のアートワーク!

今年のフジロックにも出演が決定し、日本でも「ヤー!セイ・ヤー!!」という歓喜の雄叫びが聞こえてきそうな今日この頃ですが、元々彼らは、Animal CollectiveTV on the Radioなど、世界を代表する超実力派バンドたちがひしめく、ニューヨークはブルックリン出身ということで、この新作に期待を寄せていた方も多いのではないでしょうか。

この新作では、Vampire Weekendの新作をiPodで聴きながら、密林の奥地に足を踏み込み、祈りのダンスに没頭する原住民と邂逅するような、そんなハイブリッドなポータブル儀式的な高揚感を味わわせてくれます。アルバムを通してのソング・ライティングも多彩で、早くも2010年ベスト・トラックの呼び声高い、先行シングル「Ambling Alp」では、ハイ・ライフ/アフロ・ビートの影響が色濃く滲み出たトロピカルなインディ・ポップを、続く「Madder Red」では、Dirty Projectorsも舌を巻くであろう、伸びやかなコーラスの重なり合いでハーモニーを紡ぐチェンバー・ポップを、さらに続く「I Remember」では、School of Seven Bells顔負けのシューゲイジングなエレクトロニカを、中盤の「Love Me Girl」では、USのモダンR&Bとピアノ・ハウスを組み合わせたかのような奇妙なエレクトロ・ポップを、と、書き上げるとキリがないほど、無数の音楽的引き出しを余すことなく魅せつける、恐ろしいまでに雑食な音楽性は、やはりブルックリンのバンドといったところでしょうか。

兎にも角にも、まずはこの「Ambling Alp」を聴き込んで、この夏のフジロックでは大合唱したいところです!

Yeasayer - Ambling Alp






loscampesinos.jpg

そして第三位は、Los Campesinos!の2nd(実質は3rdですが)アルバム『Romance is Boring』!!!!!!
膝元から零れ落ちる鮮烈なまでの赤い血が、このバンドの魅力をよく表しているのではないでしょうか。

というのも、自分は以前<GOOD MAG.>の『2008年ベスト・ディスク100枚』の企画で、彼らのデビュー・アルバムについて『彼らのことを適切に表現する言葉があるとしたら「世界のハチクロ・バンド」、これに限るだろう。おもちゃ箱をひっくり返したような忙しない曲調に乗せ、男女7人が大合唱コーラスを繰り広げるその様からは、今を生きることに対してひたすら真っすぐな「ハチミツとクローバー」の登場人物達による、泣いて笑っての青春劇を思わず連想させられる』と書いたことがありましたが、この例えは非常に的を射た表現だという自負があります。

この新作では、壮大に、そして勇敢に幕を開ける冒頭の交響曲風の「In Medias Res」などにも表れているように、まるで自分探しの旅から帰ってきた竹本君のような、哀愁感と郷愁感を身に纏っていて、彼らの思春期から青年期への成熟を感じずにはいられません。とはいっても、身体は成長しても頭はこんがらがったままで、泣いて笑ってすっ転んでのドタバタ劇は相変わらず。しかし、この人間臭さこそが彼らの最たる魅力であり、それ故に、これほどまでに聴く者の心を鼓舞し続ける、正真正銘のポジティヴ・パンクを鳴らすことが出来ているのではないでしょうか。

Los Campesinos! - Romance is Boring






というわけで、GOOD ON THE DANCEFLOORが選ぶ2月度の「GJ☆ジャケット」は如何でしたでしょうか?
3月の発表もどうぞお楽しみに!


ry01
ry01 CM(0) 

【GJ☆ジャケット大賞 1月度】
beachhouse.jpg

やあこんばんは! ry01です。

今回のブログでは、昨年の1月から7月までの間にひっそりと行われ、意外にも好評だった企画『GJ☆ジャケット大賞』をここに復活させることを宣言します! 思えば昨年8月以降、ブログを更新しなければというプレッシャーと闘いながら、結局サボってしまいましたが、そんな自分とはもうおさらば! 新しい自分、こんにちは! 今月はブログ強化月間とします! と、余計な言い訳は置いておいて、今年はこの『GJ☆ジャケット大賞』を毎月行っていく所存ですので、是非ともこのブログを引き続きチェックお願いします!


というわけで、遅ればせながら、まずは1月の大賞から発表させて頂きます!

1月の大賞は、上にも掲載している通り、Beach Houseの3rdアルバム『Teen Dream』に決定!!!!!!
夢見がちな思春期を表したアルバム・タイトルの通り、真っ白なジャケットにうっすらと滲む、霞んで消えてしまいそうなベージュのゼブラ柄が印象的ですね。

アメリカはボルチモア出身、心地良い脱力を感じさせるサイケデリックなソフト・ロックを身に纏い、浮遊感のあるヴォーカリゼーションを聴かせる、フランス人の女性ヴォーカルを含む男女混合バンドである彼らは、熱心なインディ・リスナーを中心にすでに大きな支持を得ていて、現在のUSインディ・シーンをリードするバンドの一つといっても最早過言ではないでしょうか。なんとこの新作は、グランジ・ブームの真っ只中にはNirvanaを、最近ではCSSやFleet Foxesなどを輩出した名門インディ・レーベル<SUB POP>からのリリースということで、これまでの作品よりもグッと外の世界へと視界が広げられた、甘くドリーミィな仕上がりとなっております。

この、聴く者を穏やかに包み込むギターのアルペジオと男女混声のコーラス、そして暖かなオルガンの音色によるアンサンブルは、WavvesTimes New Vikingの冗談めいたディストーションとも、Girlsの夏の焦燥を感じさせるフィード・バック・ノイズとも違う、まるで雪原の上で静かに佇んでいるような、そしてそのままゆっくりとホワイト・アウトしていくかのような、メランコリックなエスケーピズムを味わわせてくれます。

先行シングル・カットされた「Norway」も、北欧の凛とした空気の中でまどろむような、夢見心地な一曲です。

Beach House - Norway






charlotte.jpg

続いて第二位は、Charlotte Gainsbourgの3rdアルバム『IRM』!!!!!!
思わずハッとさせられる、シャルロットの妖艶な振り向き顔が魅力的な、モノクロのワン・ショットです。

この新作では、Beckをコンポーザー/プロデューサーとして招くことで、彼の最新作『Modern Guilt』の世界観をそのままに、シャルロットの瑞々しくも生々しい歌声が前面に表れた、シリアスと華麗さを兼ね備えた傑作を作り上げることに成功しました。もう少し細かく書くと、『Modern Guilt』にてプロデューサーのDanger Mouseが実践した、リヴァーブを深く効かせた打楽器と、地を這うベースラインによって生み出されるトライバルなビートに、独特のアトモスフィアを感じさせる弦楽器とコーラス・ワークを重ねることで生まれる、まるでゆっくりとしたスピードで地球の周りを漂う衛星のような浮遊感のあるサイケデリックなプロダクションを、Beck自身が完全にモノにすることで、シャルロットの歌声の魅力が何倍にも引き上げられ、奇妙なまでのケミストリーを生み出しています。

このタイトル曲では、ドタバタとした跳ねるビートが印象的ですが、自分はよく、この曲とThe New Houseの「Path to Fredom」をDJで繋げています!

Charlotte Gainsbourg - IRM






fourtet.jpg

そして第三位は、Four Tetの5年振りとなる5thアルバム『There is Love in You』!!!!!!
円形のカラフルなイメージが散りばめられた、平熱のユーフォリアを感じさせるアートワークが魅力的です。

この新作では、無機質な電子音から成る、メランコリックなミニマル・テクノが通演低音として鳴り響き、それはまるで透き通るまでに洗練された硝子細工のように、心の奥底の純真無垢な感情に「悲しみの中でもダンスのステップを止めないよう」訴えかけてきます。この反復を美とする柔らかな音像は、時に心の虚無までも映し出し、時に理想郷までも映し出す、華麗な奇術師のように、一時の夢心地な時間を演出するサウンド・トラックともいえるのではないでしょうか。

リード曲「Love Cry」の12inchでは、BBCの「Sound of 2010」にもノミネートされた新星ダブステップ・アーティスト、Joy Orbisonがリミクスを手掛けているので、こちらも要チェック!

Four Tet - Love Cry [Joy Orbison Remix]




というわけで、本当に久々となった「GJ☆ジャケット大賞」でしたが、如何でしたでしょうか? 多少早足での紹介になってしまった部分もあるので、次回以降はじっくりと紹介が出来るよう心掛けていきます! もう暦も3月になってしまったので、近日中に2月度の選出も行いますので、そちらも是非とも楽しみにしていてください!

ry01
ry01 CM(0) 

THANX FOR COMING "COCOON"!!!!!!
cocoon1.jpg

やあこんばんは! ry01です。

いつの間にか暦も三月になり、徐々に春の陽気を感じたり、フジロックやTAICO CLUBの第一弾ラインナップが発表されたりと、何かと浮き足立つ季節になってきました! もうすぐSUMMER SONICのラインナップも発表されるのかと思うと、尚更ワクワクですよね!

さて、すでに開催から二週間が経ってしまいましたが、原宿のデザイン・フェスタ・ギャラリーにてヴァレンタインデーに開催した、GOOD ON THE DANCEFLOORとVIRUSによるグループ展"COCOON"の当日の写真をアップ! 今回の展示では、ギャラリー全体を巨大な繭に見立てたインスタレーションを中心に、GOOD ON THE DANCEFLOORからは、White ScooperのZakと、毎度パーティーでのフォト・シューティングやデコレーションを担当してくれているsakiが、今回の為に作り上げたオブジェ作品などを展示し、ギャラリーの一室とは思えない異空間を生み出していました。さらにレセプション・パーティーでは、Nu clear classmateとryeによるライヴ・パフォーマンスに、momoによるコンテンポラリー・ダンス、そしてThe New Houseのリズム隊から成るMoyashiや自分のDJも加わることで、視覚と聴覚の両方を刺激する、全く新しいアート・エキシビションを開催することが出来たのはないかと思っております!

それでは当日の写真をドドンとご紹介!

c2.jpg

c3.jpg

c4.jpg

c5.jpg

c6.jpg

c7.jpg

c8.jpg

c9.jpg

c10.jpg

c11.jpg

c12.jpg

c13.jpg

c14.jpg

c15.jpg

c16.jpg

c16_20100301235734.jpg

c17.jpg

c18.jpg

c19.jpg

c20.jpg


デザイン・フェスタ・ギャラリーのブログでも取り上げて頂きました! 好評で何よりです! 今回グループを代表して、GOOD ON THE DANCEFLOORからはZakが、VIRUSからはHayashi君がインタヴューを受けていましたが、そちらも後日記事として掲載して頂けるようです!

http://www.designfestagallery.com/diarypro/diary.cgi?date=20100213

生インタヴューの様子↓↓↓



ryeのライヴ映像↓↓↓



今後もアート・エキシビションと音楽をコラボレートしたイヴェントなどを行えていけたらと思っていますので、また次回開催する際は、皆さんも是非とも遊びにいらしてくださいー!


ry01
ry01 CM(0) 


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。