GOOD ON THE DANCEFLOOR

GOOD ON THE DANCEFLOOR
OFFICIAL
Twitter
MySpace(Label)

レーベル/パーティ"GOOD ON THE DANCEFLOOR"のオフィシャル・ブログです。

[ABOUT US]
東京発のレーベル/パーティ。Arctic Monkeysの曲名から名づけられたこの集団は、上の世代には持ち得ない、自らの世代ならではの感覚を証明することを目的として、2007年6月に結成。バンド/DJ/デザイナー/ライター/フォトグラファーなど、現在複数のメンバーによって構成されている。個々での活動に加え、GOOD ON THE DANCEFLOORとしてもイヴェントやパーティーを不定期に開催。2009年秋にはレーベル初のコンピレーションCD『ALT A NATIVE SYNDICATE』をリリースし、国内をはじめ、北米/欧/豪にも配信リリースしている。

contact me :P
info@goodonthedancefloor.com

[NEWS]
2009年9月にリリースされ、日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、熱心な海外インディ・リスナーから、国内新世代インディ・バンド・ファンまで、多方面から絶賛の声を浴びた、東京の新世代レーベル"GOOD ON THE DANCEFLOOR"による、今後活躍が期待される新型バンドを集結させたコンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』。紅一点として参加したNu clear classmateが待望の単独作を遂にリリース!
------------------------------------------------------------
USインディ新世代と共振するサウンドに、コケティッシュな女性ヴォーカルを乗せた、日本発のキッチュな個性。この最新EPでは、Washed OutなどのGlo-Fi、Nite Jewelらが牽引するインディ・シンセ・ディスコ、そして時流のエレクトロ・ポップなどを、軽やかに横断している。わずか半年ほど前にリリースされたレーベル・コンピ収録曲と比べると、目が覚めるほどの音楽的な飛躍ぶり。ただ今メキメキと成長中の新世代二人組に、ぜひ注目を!
-小林祥晴-
------------------------------------------------------------
失礼を承知で正直に言うと、彼女たちがここまでの作品を仕上げてくるとは全く思っていませんでした。日々から逃げ出したい気持ち、マリア様に包まれてただただ安らかに眠っていたいという欲望と、それが叶わざる願いであることが転化した、やすりのような手触りの不機嫌な殺気。2010年に生きていく感覚そのままの音楽です。
-田中亮太(JET SET KYOTO/mogran'BAR)-
------------------------------------------------------------
Nu clear classmate 『Lick The Star』
2010/04/16 ON SALE
GOOD-1002 / including 5 songs 1,300yen (tax out)
1. Blank World
2. Causeless Pain
3. The Nearest Faraway
4. I Know I Know
5. I Leave The Parade Wearing A Dress

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

[NEXT PARTY]
????????????

全ての公演のチケットは予約を受付けております(一部除く)。
予約をご希望される場合は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります。
下記のチケット予約フォームからもお気軽にご予約が可能です↓↓↓


[RELEASE INFORMATION]
【GOOD ON THE DANCEFLOOR】のレーベル部門が、新たに【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】として始動!!!!!! 記念すべき第一弾リリースとして、初のレーベル・コンピレーションCDを2009年9月25日にリリース!!
------------------------------------------------------------
海の向こうの同世代へのシンパシーと、隣り合う君とのディスコミュニケーション。2つの同時代性の狭間で軋む音、火花。青く、眩しい。
-田中亮太 (CLUB SNOOZER / JET SET)-
------------------------------------------------------------
世界と同感覚で進行中の東京インディー・シーンをリアルに感じられる、グッド・コンピレーション! この衝動と感覚を忘れずに、リリースを続けてくれることを期待しています!
-JUN (80kidz)-
------------------------------------------------------------
GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK compilation
V.A. 『ALT A NATIVE SYNDICATE』
2009/09/25 ON SALE
GOOD-1001 / including 10 songs 1,800yen (tax out)
1. To Pieces / AAPS
2. Spin of School / Nu clear classmate
3. Social Evils and a Potato [Hamon Mix] / The New House
4. Jr. / White Scooper
5. Marble Nuts / Nu clear classmate
6. Tailors of OZ / AAPS
7. Up Bends / White Scooper
8. Pale Boy / The New House
9. Marble Nuts [Bamian Remix] / Nu clear classmate
10. Up Bends [Lapin Remix] / White Scooper

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

White Scooper 1st CD 『Thousand Valleys』
2008/06/10 ON SALE
GOOD-001 / including 7 songs 500yen (tax out)
1. C.Farmeres
2. Behind The Lights
3. Ya Ya Ya
4. Proco
5. Vigger
6. Nightram
7. Mornin' Giraffe
Art work by SAFARI.

取り扱い店舗
■JET SET (京都/下北沢)
【HP】【地図】【WEB通販】
■disk union各店
お茶の水駅前店、神保町店、新宿本館B1、下北沢店、吉祥寺店、
中野店、国立駅前店、池袋店、町田店、淵野辺店、稲田堤店、
横浜関内店、横浜西口店、津田沼店、千葉店、柏店
【HP】【店舗一覧】
■Sunrain Records (高円寺)
【HP】【地図】【WEB通販】

チケット予約フォーム
こちらでGOOD ON THE DANCEFLOORの各イベントのチケット予約が出来ます。ご利用ください。

名前:
メールアドレス:
日にち/イベント名:
枚数(質問などもどうぞ):

ブログ内検索
QRコード
QRコード
検索用

we love

!!! 1965 2 Many DJs 24Hour Party People 80kidz 8otto 100s Abake Abraham Cross Adam Sky Adel Air Akufen Alan Ball Air France The Album Leaf Alter Ego Altz Alphabeat Alloverallareover American Amy Winehouse Apparel Anavan ANDREA CREWS Andrew Kendall Andy Warhol Animal Collective Anna Tsuchiya Annie Aphex Twin The Apples In Stereo The Arcade Fire Arctic Monkeys Art-School Asian Dub Foundation Asian Kung-Fu Generation Ash A Sunny Day In Glasgow Atlas Sound At The Drive-In Audion Au Revoir Simone Aus Autechre The Avalanches Avengers In Sci-Fi badly drawn boy Back Drop Bomb Babyshambles Bamian The Band Apart Bang Gang Deejays Basement Jaxx Battles The Bawdies The Beach Boys Beastie Boys The Beatles Beck Beirut Belle & Sebastian Ben Folds Five Benga Ben Sharn Bernhard Willhelm Best Fwends Biff Bang Pow! Big Star The Birthday Bishi Bjork The Black Ghosts Black Kids Black Rebel Motorcycle Club Blast Head Bloc Party Bloodcat Love Blood Red Shoes Blood Thirsty Butchers Tha Blue Herb Blur Boards Of Canada Bonde do Role Bonjour Records Boom Boom Satellites Boredoms Born Ruffians Boys Noize The Boy Least Likely To The Bravery Breakfast Brian Jonestown Massacre The Brixton Academy Broken Social Scene The Buffalo Bunch The Bumblebeez Bump Of Chicken Buraka Som Sistema Burial Bushmind The Buzzcocks Bright Eyes British Sea Power Busy P Cabanne Cajuan Cajun Dance Party Calvin Harris Camera Obscura Cansei De Ser Sexy The Capes Cassette Playa Cat Power Cazals Chaki The Charlatans The Checks Chemical Brothers Chicks On Speed Chris Cunningham Christian Joy Chromeo C.I.A. Cibo Matto The Cigavettes Citizen Clammbon Clap Your Hands Say Yeah Clark Clarky Cat Chim↑Pom The Clash Coachella Coburn Cocorosie Coldcut Cold War Kids Colette Comanechi Comeback My Daughters Converge Corinne Bailey Rae Cornelius Cornershop Cosmic Wonder Cosmo Vitelli Chairlift The Coral Crackhaus The Cribs Creation Records Cristal Castles Crookers CSS Cubismo Grafico Cubismo Grafico Five The Cure Cut Copy DaDa KingZ Dada Life Daedelus Daft Punk Daggers Damien Hirst Dandi Wind Dan Le Sac vs Scroobius Pip Darek Darkel Darren Emerson Datarock Dandy Warhols David Fincher David Lynch David Sylvian Ddjjs Dead Disco Death From Above 1979 Death In Vegas The Death Set De De Mouse Deep Dish De La Soul Delta Sonic The Departure Derrick May Devendra Banhart DFA Diane Arbus Dick Bruna Digitalism Dinosaur Jr Diplo Dirty Pretty Things Dirty Projectors Disco Drive Disco Teenage Kicks Disco Twins Dizzie Rascal Dj Baku Dj Hikaru Dj Kentaro Dj Mehdi Dj Nobu Does It Offend You, Yeah ? Domino Doopees Doping Panda Douglas Coupland Doves Dreadeye Dreamburger Drocie Dubsided Duffy Eater ECD Echo & The Bunnymen ED Banger Editors Edward Gorey Eight Legs Electric President Electrocute Elmo El Presidente Ellegarden Elliott Smith Eminem The Enemy Enlightenment Erase Errata Erol Alkan Exlovers Escalator Records Esg Everybody Else Excuse Me Factory The Faint Fancy Him Fantastic Plastic Machine Fatboy Slim The Feeling Feist Find Gask The Fits The Flamin Lips Flipper's Guitar Fischerspooner Fishmans Fountain Of Wayne First Aid Kit Foals Foreignland Four Tet Fox N' Wolf France Gall Frank Owen Gehry Franz Ferdinand The Fratellis Friendly Fires Fred PEerry The Free Design Freeform Five Fuck Buttons Fuji Rock Festival The Futureheads Future Terror Gang Of 4 Ganban Night Gangway Gas Book Georgie James George Harrison Gildas & Masaya Glass Candy Glastonbury Festival Glasvegas The Glimmers Gnarls Barkley Going Steady Goldfrapp The Good Life The Good,The Bad And The Queen Goose Gorillaz Golden Silvers The Gossip The Go! Team Graham Coxon Green Day Grind House Group Inou Group Of People Guns N' Bombs Hadouken ! Hal Happy Mondays Hard-Fi Hard To Explain Headman The Heavy Henry Darger Henrik Vibskov Herbert Hercules and Loveaffair Herve Hi-Standard The Hives The Holloways Holy Hail The Hoosiers The Horrors Hot Chip Hot Gossip Hot Hot Heat House of Holland i-D Idlewild iLL I Love You But I've Chosen Darkness I'm From Barcelona In Corridors Individual Orchestra Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin The Infadels InK Institubes Interpol i-WARP Jack Kerouac Jack Penate Jackson And His Computer Band Jacques Tati The Jam James Ford James Holden James Jarvis Jamie Lidell Jan Svankmajer Jay-Z Jean Luc Chainsaw Jeff Mills Jence Jerry Jesse Rose Jet Jimmmy Eat World Joakim Joanna Newsom John Lennon Johnny Boy Johnny Foreigner The Jesus & Mary Chain Johann Johannsson Joy Division Julie Verhoeven Junior Senior Justice KAFKA Kaiser Chiefs Kanye West Kap10Kurt Karafuto Kate Nash Kathy Kavinsky Koko Von Napoo KAWS The Kbc Ken Ishii Ken Yokoyama Keith Kerrier District The Killers The Kills Kings Of Convenience Kings Of Leon Kim Kitsune Klanguage Klaxons The KLF The Knife The Kooks Kraftwerk Kris Menace Kunoku Ladyhawke Lady Sovereign Larrikin Love The La's Late Of The Pier Laura Marling Laurent Garnier LCD Soundsystem Le Tigre LFO Liars The Libertines Lightspeed Champion Lillies and Remains Lillica Libertine ! Lily Allen Limited Express(has gone?) Linda Lindstrom Little Barrie The Little Flames Little Man Tate Locksley Lo-Fi-Fnk Long Blonde Lostage Love Psychedelico Love of Diagrams The Long Blondes Los Campesinos! Lost Penguin Love Is All Luke Vibert Lovely Chords The Lowbrows Low Vision Magnus Carlsson Malajube Mando Diao Magistrates Marios Mark Ronson Martin Margiela The Marz Volta Massive Attack Material Boy Matisyahu Matthew Barney Maximo Park Memphis Industries Merlin Bronques Metamorphose Metro Area Metronomy Mew M-flo MGMT M.I.A. Mice Parade Michel Foucault Michel Gondry Midnight Juggernauts Mika Milo? Forman Ninja Tune Miaou Minor Threat The Mirraz The Misshapes Mixrooffice M/M Paris Moby Modeselektor Modest Mouse Mo-dettes Modular The Mogs Mogwai Mondo Grosso Monica Uranglass Monobright The Moog Cookbook The Morning After Girls Mo'some Tonebender Moving Units Mr Been Mr Oizo MSTRKRFT Mu Mum Mumm-Ra The Music My Bloody Valentine Mylo Mystery Jets Nanamine Nathan Fake Nathan Michel Neon Neon Neon Plastix N.E.R.D Neu! New Cassettes New Order The New House New Young Pony Club Nan Goldin Natalie Wood Neon Neon Nigel Godrich Nightmoves Nightmares On Wax Niki De Saint Phalle Nima Nourizadeh Nine Black Alps Nine Inch Nailes Ninja Tune The Novembers Noze No Age Nu Clear Classmate Nujabes Nyantora Nylon Oasis Oceanlane Ogre You Asshole Olav Basoski Oldenburg Opera Operator Please Optimo The Ordinary Boys Orange Juice The Orb Oskar Fischinger Ox.Eagle.Lion.Man Pacific! Pam Para One Pains of Being Pure at Heart Passions The Pastels Patrick Wolf Pavement Payback Boys Peaches Pedro Winter Pepe California Peter Bjorn And John Peter Saville Peter Max Pet Shop Boys Pharell Williams Phoenix Phantom Planet Phones Pig Radio the pistolas The Pipettes Pixies Placebo Plan B Polysics Poney Poney The Pop Group Pop Levi Portishead Postal Service Prefab Sprout Prefuse 73 Pre-School The Presets Primaly 1 Primal Scream Prodigy Prototypes Psapp Punks Jump Up Queens Of Noize Quentin Tarantino Quiero Club The Raconteurs Radiator Radio 4 Radioclit The Radio Dept. Radiohead Radio Slave Radwimps The Rakes Raphael Just The Ramones The Rapture R.E.M. Ratatat Rauschenberg Rat:att:agg RayGun Razors Edge RazorLight Regina Spektor Rei Harakami Remi Nicole RE:RE:RE:mojojo Resfest Reverend And The Makers Revl9n Rex The Dog Ricardo Villalobos Richard Linklater Richie Hawtin Riddim Saunter Ride Riot In Belgium Ripchord The Robocop Kraus Robot Needs Oil The Roconters Ron Sexsmith The Roots Rough Trade Rosenquist Rovo The Royal We Rubies Royksopp Roy Lichtenstein Rub N Tug Ryan McGinley Rye RyukyuDisko Saam Faramand Saddle Creek Safari Santogold Sasha Savath & Savalas Scissor Sisters Scott Herren Scouting For Girls Scuttle Scritti Politti SebastiAn Sex Pistols The Shakes Shirokuma Shitdisco The Shoes Sigur Ros Simian Mobile Disco Sinden Sing02 Skream Sleater Kinney The Slits Slowly Downward Smashing Pumpkins The Smith Smith N Hack Snoozer Snow Patrol Sofia Coppola Soft The SoftLightes Soft Tigers Solid Groove So Me Something Else Sonic Youth Soulwax Sound Team Space cowboy Spank Rock Spalta Locals The Specials Special Others Spike Jonze Spiler The Spinto Band Squarepusher Stars Stefanie Schneider Stereo Tennis Steve Aoki The Streets Strip Steve The Strokes The Stone Roses Struggle For Pride Studio Voice Studio 4℃ Sub Pop The Subways Suede Sufjan Stevens Sugiuramun Suicide Summer Sonic The Sunshine Underground Supercar Super Furry Animals Superglass SUPER SUPER Supersystem Surkin The Suzan Switch Syrup 16g Tacteel Takagi Masakatsu Talking Heads Tahiti 80 Tangerine Dream Taikoclub Teenage Bad Girl Teenage Fanclub The Teenagers Teki Latex Telefon Telepathe Tel Aviv The Telephones Television Tepr Theoretical Girl Terry Roison Terry Zwigoff Test Icicles These New Puritans Tomas Andersson Tommy Guerrero Thomas Bangalter Thomas Brinkmann Thom Yorke Those Dancing Days Thieves Like Us Tiga Tilly and the Wall Tim Deluxe The Ting Tings Tokyo Police Club Tomas Andersson Tom Middleton Tommy Guerrero To My Boy Tom Ze Tortoise Trafalgar Trash Fashion Travis TTC The Twang Twisted Charms Two Gallants Uffie Ultra Brain Unchain Undercover Underworld U2 Vampire Weekend Vanessa Van Basten Van She Vanshe Technologic Valerie Phillips Vermilion Sands The View Vanity The Velvet Underground Vermilion Sands The Verve The Vines Vincent Markowski Vinyl Junkie Vitalic Von Sudenfed V∞REDOMS Wagon Christ The Wannadies Warp We Are Scientists Weezer Wes Anderson We Start Fires The Whip White Scooper The White Stripes The Whitest Boy Alive Whitey The Who Why? Wichita Wigs Wild Beasts Wire Wolfgang Tillmans XL XTC Yanokami Yatt Yeah Yeah Yeahs Yellow Magic Orchestra Yelle Yo La Tengo Yonderboi Young Lovers Yppah YSP Yuksek Zongamin Zutons 赤犬 浅田次郎 浅野いにお あふりらんぽ 伊坂幸太郎 石野卓球 稲葉英樹 宇川直宏 羽海野チカ 大沢伸一 小沢健二 大竹伸朗 尾田栄一郎 おとぎ話 大人計画 小山田圭吾 棚田康司 ギターウルフ 銀杏Boyz 草間弥生 クラムボン くるり ザ・クロマニヨンズ 小池桂一 サイプレス上野とロベルト吉野 桜井鈴茂 佐藤秀峰 サニーデイサービス 鹿野淳 渋さ知らズ 清水祐也 しりあがり寿 信藤三雄 砂原良徳 スーパーカー スチャダラパー スマーフ男組 曽我部恵一 相対性理論 田島一成 田名網敬一 田中宗一郎 谷川俊太郎 電気グルーヴ 東京事変 タカノ綾 タナカカツキ 田中フミヤ チャットモンチー 谷岡ヤスジ 長尾謙一郎 中込智子 仲真史 中村一義 奈良美智 野田努 ノンポリラジカル ハイロウズ ハナレグミ 髭 藤子不二雄 ブルーハーツ フルカワミキ 古谷実 堀江博久 前野健太 ゆーきゃん ゆらゆら帝国 横尾忠則 松本大洋 村上春樹 珍しいキノコ舞踊団 森見登美彦 やけのはら ラーメンズ リリー・フランキー

T.H.A.N.K.S.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

エンドレス・サマー・シンフォニー
sokabe_20100703232644.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 前々回のポストでは、ついついスチャダラパーの「サマージャム '95」を口ずさんでしまいましたが、絶賛「夏なう」ということで、この季節にピッタリ合う往年の名曲たちを思わず掘り起こしたくなってしまいますよね。そんなノスタルジックな想いに耽りつつな今日この頃ですが、その往年の名曲たちと並んで、今後の夏のサウンド・トラックとして多くの人々の心に刻まれるであろう新たなサマー・ソングが、曽我部恵一より届きました!!

 曽我部恵一といえば、ここ数年は、曽我部恵一BANDとしての活動の本格化や、サニーデイ・サービスでの復活ライヴ&新作リリースなど、毎年フル・アルバムを1、2枚リリースするペースで積極的に活動を続けていますが(しかもその合間に、怒濤のライヴ・サーキットや、鈴木慶一や<ROSE RECORDS>のアーティストの作品のプロデュースなども! 頭が下がります)、ソロ名義としては久々のリリースとなるこの新曲は、なんと、音楽配信サイトototoyにて無料ダウンロード配信という、驚きの形でのリリースとなりました!! (ototoyとは、HQD(24bit/48kHzの高音質wavファイル)形式でのリリースなどを実施している新進音楽配信サイトで、そのCD以上のクオリティを誇る高音質配信は、クラムボンのような超実力派の音響系アーティストなどから大きく支持されるなど、今後要注目なサーヴィスであります)

 この新曲は、古いソウル/ジャズ/ヒップホップのレコードから拝借したと思しき、ドラムやピアノのフレーズをカットアップして作られたジャジー・ヒップホップ的なトラックが印象的ですが、そのヒップホップ・マナーに倣ったサンプリング精神の表れたトラック・メイキングは、<ROSE RECORDS>唯一のヒップホップ・アーティストであるLantern Paradeともよく似ているといえます。そんなアーバン&メロウな極上トラックに、曽我部恵一BANDを代表する名曲「魔法のバスに乗って」のヴァースを彷彿とさせる、ロック・ミュージック特有の言葉のタイム感に捕われることのないラップ調のヴォーカルが乗り、そこで「アイスクリームがとろけるような/暑い暑い夏に」とループして口ずさまれることで、真夏の太陽が照り返すアスファルトの上の陽炎をじっと見つめているかのような、何ともぼんやりと夢見心地な気分を味わうことが出来ます。そして、"Baby, baby, you are the one. You are my sister. You are my brother."と甘く歌い上げるコーラス部分は、夏祭りの会場で隣り合った見知らぬ異性と、同じ時間を共有する喜びを感じ合い、お互い笑顔を交わすようなささやかなユニティ感があり、より一層、この曲のユーフォリックな世界へと心酔してしまいます。

 兎にも角にも、まずは貴方もダウンロードしてご一聴あれ! こちらは7月1日~14日までの期間限定配信となっておりますので、皆さんも是非ともこの曲を手に入れて、これからの季節のサウンド・トラックにしてみるのもオツだと思います!! ダウンロードはこちらから↓↓↓

■ototoy
http://ototoy.jp/feature/index.php/20100701



Lantern Parade - 回送列車が行く



ry01
スポンサーサイト
ry01 CM(0) 

愛なんていらねえよ、夏
pains_20100703215104.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 「お前は渡部篤郎か!」というツッコミがありそうな、今回のポストのタイトルですが、広末涼子を堕とし込もうだなんて毛頭ありません! 我らのAoharu Youthを激スウィートに彩るインディ・バンド、The Pains Of Being Pure At Heartの新曲のタイトルを、ちょっとふざけて訳してみたのでした。

saynottolove.jpg

 というわけで、つい先日、UKの<FORTUNA POP>(最近ではAllo Darlin'のデビュー・アルバムや、The Pipettesのカムバック・シングルをリリースしたインディ・レーベル)より、彼らの新しい7inchシングル「Say Not To Love」がリリースされましたが、皆さんはすでに聴かれましたでしょうか? 彼らがリリースの拠点を置くUSの老舗インディ・レーベル<Slumberland>からはまだリリースされていないので、自分はそちらからのリリース待ちなのですが(出ますよね?)、早速YOUTUBEで試聴してみたところ、相変わらずの甘酸っぱい疾走感を纏った清涼感溢れるシューゲイジング・ポップに一撃でKO! このバンドは何度一目惚れをさせれば気が済むんじゃいと怒り心頭…、いやいや、ベタ惚れなのですが、聴いた瞬間に思わず駆け出したくなるような、新しい季節を迎えんとする煌びやかな胸の高まりと、当たり前のようで当たり前ではない今この瞬間の儚さと焦燥感を物語る、この青春の高揚感と胸の痛みを兼ね合わせたバブルガム・ポップを聴くと、やはり彼らのバンド名の通りちょっぴり切ない気持ちにもなってしまいます。そんなエヴァー・グリーンな輝きを持った彼らの音楽を、今自分がAoharu Youthのサウンド・トラックとして正にタイムリーで聴くことが出来ているということを、上の世代や下の世代に誇ってやりたいものですが、このミュージック・ビデオでも初期衝動の瑞々しい煌めきがよく表れているように、やはり今、彼らの音楽に夢中にならない手はないのだと、改めて思うのでした。

The Pains Of Being Pure At Heart - Say No To Love


Yeah I’m looking for you and I know you’ll be found.
with the parking lot kids, with the loneliest crowd.
And his heart’s on his sleeve.

and your hand’s on the wheel. trying hard not to say.
what you just don’t feel. yeah you just don’t feel

Now you’re looking away. could you plan an escape.
from the places you’ve known, where they know your mistakes?

And you wish he would stop and you wish you weren’t steel.
should you try to do something. that you just don’t feel?

Something’s coming, but nothing ever does.
Something’s coming. you better say no to love.

When everything he says is wrong.
and all you want to feel is “gone”. go on.

When everything he does is wrong.
and all you want to feel is “gone”. go on.




ry01
ry01 CM(0) 

GOOD ON THE DANCEFLOOR 7月のスケジュールをドン!!
 やあこんばんは! ry01です。

 何だか最近蒸し暑い日が続いておりますが、ふっと外見ると子供真っ黒、プール帰りのアイス食ってんの。食ってないねーアイス。行ってないねープール。行ったねープール。みんな徹夜明けレンタカーで…。情けなかったねー、海パンがダサダサで。あれは笑ったなー。行きたいなー、また…。と、気付いたらスチャダラパーの「サマージャム '95」を口ずさんでしまう7月へと突入していました! あっという間に折り返し地点を迎えてしまった2010年の上半期を振り返りながら、ノスタルジックな想いに振り返ってしまう今日この頃。皆さんは如何がお過ごしでしょうか? えっ。「気温と不快指数が上がるばかりで、外に出ると汗かいて嫌になっちゃう。クーラーの効いた部屋でW杯を観て過ごすのが鉄板でしょ」ですと!? とんでもない! こんな暑い、いや、熱い季節にこそ外に出て遊びましょー!!

 というわけで、「貴方の夏を彩り隊」ことGOOD ON THE DANCEFLOORメンバーの7月のスケジュールをドン!!


donky.gif

2010/07/04(SUN.)
donkey vegetable voxxx!!! presents
"ONE MORE DANCE Vol.4 -tour final-"
@Shimokitazawa Shelter
http://www.loft-prj.co.jp/SHELTER
OPEN/START 28:30
ADV 2300yen DOOR 2800yen +1DRINK
【Bands】
donkey vegetable voxxx!!!
http://www.myspace.com/donkeyvegetablevoxxx
APRICOT
http://www.myspace.com/apricotufo
NACANO
http://www.myspace.com/nacano
the chef cooks me
http://www.myspace.com/thechefcooksme
PANORAMA FAMILY(BOOTH LIVE)
http://www.myspace.com/panoramafamily
【DJ】
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)
http://www.myspace.com/ry01good
MOYASHI(moro & seiya from THE NEW HOUSE)
http://www.myspace.com/thenewhousetokyo


 まず今週末4日の日曜日は、下北沢SHELTERにて開催されるdonkey vegetable voxxx!!!のリリース・ツアー/ファイナル"ONE MORE DANCE Vol.4 -tour final-"に自分がDJとして出演します!

 donkey vegetable voxxx!!!といえば、Nu clear classmateのchick繋がりで親交が深く、毎年恒例の新年会"Niw! Collection '09/'10"でも二年連続で共演を果たした、男女混合のエキセントリックなニューウェーヴ/ディスコ・パンク・バンドですが、遂にこの日は、今年3月に<Niw! Records>からドロップされたフル・アルバム『TOMATO EARTHQUAKE』のリリース・ツアーの集大成となります! こんなめでたい日にDJとして誘って頂けて感謝&おめでとうございます!! 共演バンドも、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのハートウォーミング・ポップ・バンドthe chef cooks me(じつは5年前に横浜FADでライヴを観たことがあります)に、donkey vegetable voxxx!!!の前身バンドUnited Skates時代からの盟友であるダンサブルなポップ・パンク・バンドAPRICOT、元PENPALSのHAYASHI氏率いるエレクトロ・ポップ・バンドNACANO、先日<Niw! Records>からリリースされた「威風堂々/WALK THIS WAY」の7inchシングルではdonkey vegetable voxxx!!!をフィーチュアしたオールドスクール・ヒップホップ・ユニットPANORAMA FAMILYといった、豪華面々が大集合! そしてDJには私ry01と、自分と同世代で最も仲の良いバンドの一つでもあるThe New HouseのmoroとseiyaによるDJユニットMOYASHIが出演ということで、オープンからクローズまで、全く休む暇なしの一大パーティーとなりそうです! さらにシークレットで、あの偉大なる諸先輩方によるオールスター・バンドが出演するとか…? というわけで、パンク・キッズもインディ・キッズも、この日はSHELTERに大集合ですよ!!


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

100710.jpg

2010/07/10(SAT.)
less quantic presents
"relation #1"
@Shibuya Home
http://www.toos.co.jp/home/
OPEN/START 18:00
ADV/DOOR 1500yen +1DRINK
【Bands】
less quantic
http://www.myspace.com/pess1m1st1c
静カニ潜ム日々
http://www.myspace.com/shizukanihisomuhibi
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
【DJ】
DJ YU


 続いて10日の土曜日は、渋谷LUSHにて開催されるless quanticによる自主企画"relation #1"にWhite Scooperが出演します! そうです!! いよいよこの日、White Scooperが復活します!!!!!!

 3月の"EMPIRE FESTIVAL"以降は制作に没頭していた我らがWhite Scooperですが、いよいよ再始動ということで、強力な新曲たちを引っさげてここに帰還!! ライヴ・セットは全曲新曲になるとか、そんな本気か冗談かわからない真しやかな噂が流れていますが、先日彼らの制作現場に顔を出してみた際に、新曲のデモをいくつか聴かせてもらったところ、彼らが新たなフェイズを迎えたことを伝えるその充実した内容に、驚きを隠せませんでした。この新曲たちがライヴで鳴らされることを想像すると、自分も今から楽しみです。

 主催の個性派ガレージ/ポストロック・バンドless quanticや、叙情系エモーショナル・ロック・バンド静カニ潜ム日々など、自分も初めてライヴを観るバンド/DJばかりなので、とても楽しみです。新たな季節を迎えるWhite Scooperのライヴを是非とも目撃しにいらしてください!!


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2010/07/11(SUN.)
"EXXENTRIC DUO" -難波ROCKETS 20th Anniversarry-
@Namba ROCKETS
http://www.namba-rockets.com
OPEN 15:30 START 16:00
ADV 2000yen DOOR 2500yen +1DRINK
【Bands】
ドラトリック・リス(ドラびでお&クリトリック・リス)
http://www.myspace.com/clitorick
http://www.myspace.com/doravideo
BOGULTA
http://www.myspace.com/bogulta
moja
http://www.myspace.com/moja777
uhnellys
http://www.myspace.com/uhnellys
桜重奏サーティーン
http://www.myspace.com/sakurajyuso13
ワニのいる生活
http://www.myspace.com/konrinzai99
ANOTHER PERFECT PERSON
http://www.myspace.com/anotherperfectperson
ガガキライズ
www.myspace.com/gagakirise
いちぢくぢる
http://www.myspace.com/itidikudiru
Nu clear classmate
http://www.myspace.com/nuclearclassmate
モナリザス
【FOOD】
はいから亭


 そして最後は、11日に難波ROCKETSにて開催される、大阪名物の情熱(と下ネタ)系サラリーマンはいから氏による企画"EXXENTRIC DUO"にNu clear classmateが出演します!

 はいから氏といえば、White Scooperの初関西ライヴであった"EXXENTRIC DANCE"や、3つのライヴ・ハウス/スタジオを駆使し、関西/東京のバンド&DJが入り乱れた、反骨精神丸出しの一大フェス"FMW"(FUCK ●INA●I W●E●Lの略!!)を主催するなど、ライヴハウスを中心とした関西のインディ・バンド・シーンをアップリフティングする、その積極的なオーガナイズによって、関西だけでなく関東のバンドマン/ファンからも愛される人物ですが、この日は彼の手による初のデュオ企画が行われます! ラインナップも、「関西ゼロ世代」を象徴するエキセントリック2トップであるBOGULTAやドラトリック・リス(ドラびでお&クリトリック・リスによるユニット)などが、さらに東京からは、サンプラーで紡ぐヒップホップのグルーヴが艶かしい魅力を生み出すuhnellysや、Lightning Boltも真っ青の爆音ハードコア・バンドmoja、そして我らがNu clear classmateをはじめとした個性的な面々が集まるなど、流石のブッキング・センス! フードには、はいから氏お手製のはいからカレー(毎度売り切れ続出!)もあるので、腹ペコのキッズたちには是非とも彼のカレー(駄洒落ではないです!)をお勧めします!

 Nu clear classmateも、5月の"mogran' bar"以来となる2ヶ月振りの関西でのライヴで、大阪でのライヴとなると、昨年の"FMW"以来となる9ヶ月振りのライヴとなりますので、是非とも大阪周辺にお住まいの皆さんはこの日は難波ROCKETSに大集合でよろしくお願い致します!!


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 といった感じで、早足で7月のGOOD ON THE DANCEFLOORメンバーのスケジュールをお知らせしました! 全ての公演はメールでのチケット予約も受付けていますので、チケット予約をご希望される場合は、「日にち」「お名前」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければ予約を承ります! どのパーティーにも、ガシガシ遊びにいらしてくださいね! それでは良い7月を!!!!!!


ry01
ry01 CM(0) 

Just drink some beer, and dance!!!!!!
dd.jpg lilas.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 08年にスタートし、毎年恒例の新年会的パーティーとして年初に開催されている、J-Indiesっ子御用達の<Niw! Records>によるレーベル・ナイト"Niw! Collection"に三年連続で参加させて頂いている我らGOOD ON THE DANCEFLOORですが、そのパーティーでも何度も共演させて頂いている松田"chabe"岳二氏率いるオールスター・バンドCubismo Grafico Fiveの、オリジナル・アルバムとしては4年振りとなる新作『DOUBLE DOZEN』がいよいよ来週の7月7日(七夕の日!)にリリースとなります!!

 その新作より、リード・トラックとして「Chukit」のミュージック・ビデオが到着したのですが、なんとこのビデオには、横浜が誇るmostオルタナティヴ・パーティー"LEF!!!"や"reclash"をオーガナイズするDJのWSZ80氏と、MiilaLOVE AND HATESTWEE GRRRLS CLUBとして活動するmoe嬢といった親交のあるお二人をはじめ、Comeback My Daughtersの高本氏、YOUR SONG IS GOODのヨシザワ"モ~リス"マサトモ氏、Riddim Saunterのkc氏などなど、友人知人先輩のミュージシャンの方々が立て続けに登場する、こちらも何ともオールスターな内容!! 明け方(もしくは夕方?)の薄暗い空の下、砂浜を背に、メロウなインディ・トイ・ポップ調の曲に合わせて、さりげない所信表明のように一人一人がリラックスして歌う姿は、とてもノスタルジックな甘酸っぱさがありますが、彼らの歌声を通して、それぞれが背負った十人十色の「せいかつと暮らし」が表れているようで、ささやかな演出でありながら、とても力強いビデオとなっております。

 と、真面目な感想を書いてみましたが、最終的に何が言いたいのかというと、このビデオでのmoeさんが可愛過ぎだということ。特に最後の"DANCE"と言い放つときの表情といったら…。勿論、WSZ80氏のアスリートのような凛々しさにもハッとさせられましたよ! お二人の名アクター/アクトレスっぷりに拍手!

Cubismo Grafico Five - Chukit



ry01
ry01 CM(0) 

The Raptureの新曲に全俺が泣いた
raputure.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 先日自分がTwitterで何度かツイートした、The Raptureの新曲はすでに皆さん聴かれましたでしょうか?

 The Raptureといえば、02年にリリースされたゼロ年代を代表するクラブ・アンセム「House Of Jealous Lover」によって、「ディスコ・スタイルのパンキッシュなポスト・パンクで踊る」という新しい風をダンスフロアに送り込み、LCD Soundsystemと並び00年代を象徴する一つの大きなムーヴメントであった「ロックとダンス・ミュージックのクロスオーヴァー」のシーンをリードしてきた存在ですが、06年にリリースされた2ndアルバム『Pieces of the People We Love』以降、08年のMIX CD『DJ Kicks』以外には何の音沙汰もなしという状態が続いていましたが、新しいディケイドを迎え、待ちに待った彼らの新曲が遂に到着! 今のところライヴでのみの披露となっているので、曲のタイトルも正式な音源リリースの日程も不明ですが、兎にも角にも、まずはこのビデオをご覧になってみてください!!



 「The Raptureとは歌心のバンドだ」と確信を持っている自分からすると、まず序盤の、天高くまで伸びやかに歌い上げるルークの歌声を聴いただけで、これまでの彼らのライヴでも体験してきた、ダンサブルなディスコ・パンクでオーディエンスを煽り続けながらも、感情豊かな歌声を持ってして、グッド・メロディを丁寧に紡ぐごとによって生まれる高揚感が蘇り(それだけにマットの脱退は痛かったのですが)、それだけで「The Raptureここに帰還!!!!!!」と感激してしまいます。しかしその後は、四つ打ちのキックと裏を刻むハイハットという、至ってシンプルなディスコ・パンクのビートへと移るので、「あら、彼らにしては随分わかりやすい曲なのね」と拍子抜けしてしまう方も多いかもしれませんが、まだまだ早合点することなかれ。そこからなだれ込むような展開を魅せるコーラス部分では、低い重心から徐々にアップリフティングさせる八つ打ちのキックと、その間を取ってダイナミックに鳴らされるクラッシュ・シンバル、そしてメロディアスな彩りを与えるチープな音色のシンセ・フレーズによって、お涙頂戴な程に美しいメロディ・ラインがより一層と際立たされるなど、かなり意識的にアンセミック且つドラマティックなアレンジが施されており、「歌心」のバンドとして巧ましい程の気概を感じさせます。自分は「もしやThe Rapture史上最高のグッド・メロディを誇る曲なのでは?」と興奮してしまった程です。

 シーンを跨ぐアンセムというのが久しく生まれない昨今ですが、クラスタの断片化が進むテン年代において、The RaptureやKlaxonsのような偉大なる歌心を持ったバンドたちは、かつてのOasisやRadioheadが持っていた「大きな物語」を生み出す求心力を獲得することによって、再び「全てを繋ぐ」存在になれる可能性があるのではないかと、楽しみに見守っているところです。なので、この新曲も早いところ音源化希望! クラブの明け方にかけたい一曲です。



 そういえば先日、White ScooperのメンバーたちとYOUTUBEを観ていて、この昔のテレビ番組での「House of Jealous Lover」のライヴ映像を発見したのですが、妙にマンチェ・スタイルな服装と、躁的に狂いながらも、テレビ番組なのでどうしてもシュールに映ってしまうパフォーマンス、そして最後のルークのどや顔に大爆笑。こんな可笑しい映像があったとは…。

The Rapture - House of Jealous Lover



ry01
ry01 CM(0) 

「Since I Left You」から10年…。「My Baby Left Me」
rox.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 今日気付いたことなのですが、The Avalanchesによる00年代を代表するアーバン・ソウル・クラシック「Since I Left You」がリリースされてから、今年でちょうど10年が経つのですね。このシングルと、同名タイトルのアルバムが、『NME』や『SNOOZER』をはじめとした海外/国内の有力音楽誌から00/01年ベスト・トラック&アルバムの一枚として大きな賞賛を浴びたことで、多くのインディ・リスナーの記憶に残っていらっしゃるかと思います。自分はそのときまだ15歳だったので、クラブでアンセムとなっている様子までは知らないのですが、この名曲が数多くの夜を彩ったであろうことは容易に想像がつきますし、今でもたまにクラブでかかっていることを目(耳)にすると、10年経っても色褪せることのない、文字通りのクラシックとして、パーティー・ピープルの涙腺を刺激続けていることを実感します。

 それから10年の年月が経った今年、そのクラシックを彷彿とさせる素晴らしい名曲に出会うことが出来ました。それは、これまでにもThe StrokesBelle & Sebastianを輩出し、最近ではMistery Jetsが移籍を果たした、UKの老舗名門レーベル<Rough Trade>よりデビューしたばかりの女性ソウル・シンガーRoxの「My Baby Left Me」という曲。

 なむせ返るほどのスモーキー・ヴォイスを誇るAmy Winehouseと、艶のある瑞々しいウィスパリング・ボイズを誇るCorinne Bailey Raeの魅力を併せ持った、セクシュアルで色鮮やかな歌声が特徴的なこの新人シンガーは、この曲では、バンドの生演奏を全面的にフィーチュアしたオールド・スクールな甘茶ソウル・ナンバーをバックに、タイトルの通り"My baby left my sad. He didn't do nothing right. My baby left me. My baby left me dry.(私の愛する人は悲しみの中、去って行った/彼が正しいことなんて一つもなかった/私の愛する人は私の基から去って行った/至ってドライに)"と感情たっぷりに歌い上げます。リリックを一見すると、終焉した恋愛にノスタルジックな想いを馳せる少女の、酷くやるせない姿が思い浮かびますが、しかしここで彼女は、午後の日溜まりの中で優雅に伸びをするかのように、晴れやかな歌声を披露しているのです。それは「Since I Left You」での、"Since I left you. I found the world so new.(あなたの基を去ってからというもの/私は新しい世界を見つけることが出来た)"というフレーズが心地良くメロウにループされる様ともよく似ています。どちらの曲でも、ちょっぴりの哀愁に浸りながら、失意の底で見つけた新しい世界への期待感と、そこへ旅立つ輝きを持った開放感が歌われておりますが、それが激甘で夢見心地なグルーヴに乗ることで、ノスタルジアを鮮やかに払拭するほどの紛うことなき煌めきを放っています。別れをこんなにドラマティックにポジティヴに描くことが出来るだなんて、これもポップ・ミュージックの魔法の一つですよね。クラシック化希望!!

Rox - My Baby Left Me



The Avalanches - Since I Left You




 ちなみに彼女は、7月後半に<Hostess>より、アルバム『Memoirs』で日本デビューすることも決まっておりますので(輸入盤はすでに発売中)、この日本でも近々ライヴを観ることが出来るかも知れませんね! アッパーな「I Don't Believe」などは、とてもライヴ映えしそうです。

Rox - I Don't Believe



ry01
ry01 CM(0) 

あれっ、KELEのソロ曲とWILEYのあの曲って…
 随分似ていませんか?


Kele - Tenderoni




Wiley - Wearing My Rolex




 シークエンスのフレーズがそっくり!!!!!!!!!!!!

 ま! カッコイイから良いんですけどね!!(ちなみにWileyの曲は二年前、Keleの曲はつい先日リリース)


kele.jpg

 KeleことBloc Partyのヴォーカリストであるケリー・オケレケによる、初となるソロ・アルバム『The Boxer』は先週にリリースされたばかりですが、このアルバムでは、00年代中盤のボルティモア・ブレイクス/エレクトロ・ヒップホップ・ムーブメントを牽引した存在Spank RockのXXXCHANGE(トリプルエクスチェンジ)をプロデューサーに迎え、3rdアルバム『Intimacy』やその前後にリリースされたシングル「Flux」で顕著であった、ダンス・ミュージックへのアプローチを全面解禁!! このリード・トラックである「Tenderoni」にしても、キックとスネアの重心の高低差を活かした、ゴムのように伸縮性豊かなフィジェット・ハウス的ビートを取り入れており、今の彼が如何にダンスフロアの啓示を受け、ビート・ジャンキーへと変貌したかがよく見て取れます。まあ、このUSギャングスタ・ラッパーのようなジャケットのアートワークには笑ってしまいましたが!

 7inchシングルにはXXXChange Dubによるリミクスも収録されており、こちらはよりダンスフロア仕様!!

Kele - Tenderoni [XXXChange Dub]



ry01
ry01 CM(0) 

LOSTAGEの孤独と集団性
lostage_20100627120803.jpg lostage_.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 日本のインディーズ・シーン(「インディ」ではなく、ここでは敢えて「インディーズ」と書きます)を追いかけていらっしゃる方で、尚かつTwitterに登録されている方の中では、自分のお気に入りのミュージシャン/バンドマンをフォローしていらっしゃる方も多いことかと思いますが、今年の頭ぐらい(だと思うのですが)から、フォロー・リストの中で、白黒の落書きのような似顔絵イラストをアイコンにしているミュージシャン/バンドマンをよく見かけるようになったことかと思います。じつはあの似顔絵、全てLOSTAGEのヴォーカリストである五味岳久氏によるものなんですね。って、そんなことは自分が改めて説明するまでもなく、すでに皆さん知っていますよね。すみません。

 LOSTAGEといえば、04年に<UK Project>内に立ち上げた自身のレーベル<qoop music>よりデビュー・ミニ・アルバム『P.S. I Miss You』をリリースするや否や、その日本情緒溢れる叙情的でエモーショナルなポスト・ハードコア・サウンドが高く評価され、日本のインディーズ・シーンをフックアップするイヴェント"Set You Free"周りのキッズを中心に火が突き、USオルタナティヴ/ハードコア・パンクを好む洋楽リスナーからも注目されるなど、デビュー時から実力派として高い人気を誇る奈良出身のバンドですが、今年よりバンド名の表記を小文字の「lostage」から大文字の「LOSTAGE」へと変え、つい先日、フル・アルバムとしては4枚目となる新作『LOSTAGE』をリリースしました。

 メンバーの脱退、新たなバンド名への変換を経て、そして新たなディケイドを迎え、心機一転、セルフ・タイトルを冠したこの新作では、バンドの構成が3ピースとなったことで、これまでの魅力であった、ディストーションが効いた2本のギターが艶かしく絡み付くことで生まれるドラマティックな世界観は薄まったものの、楽器数が少なくなったことで、ギュッとタイトに引き締まったアンサンブルの魅力が新たに生まれ、そのダイナミック且つフィジカル性を強調したパワフルな演奏によって、自らの音楽に新たなドラマを呼び起こすことに成功しています。そのスリリングなまでに研ぎ澄まされた演奏と、「せーの」で一発取りしたかのようなラフなレコーディングを敢えて活かしたローファイなプロダクションが功を奏し、『P.S. I Miss You』以前のデモCD(名曲「2:50」なども収録されている!)期を彷彿とさせる、カッター・ナイフを首元に突きつけられたかのような、鋭利な初期衝動がアルバム全体に迸っています。「裸婦」のようにサックスを迎えた曲では、ボトムをしっかりとキープするジャジーなベース・ラインに乗せて、サックスとギターがセクシュアルに交わることで、『NO NEW YORK』期のNYノー・ウェイヴ・バンドからの影響と思しき怪しげな不良性を醸し出すなど、新たな一面も垣間見せており、決して初期衝動と孕んだノスタルジアには浸ること無く、しっかりと顔を上げ前進する姿が見て取れます。

 そんな彼らは、このアルバムをリリースする前に、前述した通り、五味岳久氏による似顔絵イラストが様々なミュージシャン/バンドマンに大受けし、彼の描いたアイコンを使うことが一躍大ブームとまでになり、Twitterから生まれた新たなコミュニティのようなものとして、笑いも含めて非常に話題になっていたのですが、多くのミュージシャン/バンドマンがこぞってアイコンを彼のイラストに変えていく様子を、じつは自分は「ちょっとカッコ悪いなあ」と思って傍観していたのでした。元々は、彼と特別に親しい関係を持つ友人の為に描いたであろうことかと想像出来ますし、このアイコンたちにも、そして描いた彼自身、描いてもらったミュージシャン/バンドマン自身にも何の悪意もないと思うのですが、アイコンが生まれた出自からコミュニティ意識が徐々に歪曲していくことで、自分にとっては単に群れているようにしか映らなかったのでした。アーティストたるもの、オルタナティヴな視点を持ってして、自らの個性を磨いていくのが命題だと思っているので、同じ囚人服を着て喜び、くだらないツイート(深夜の打ち上げノリとはいいますが)をやり取りする姿には、ちょっぴり幻滅したものです。アンダーグラウンドのコミュニティというのは、DJ BAKUの<POP GROUP>によって今年開催された"KAIKOO POPWAVE FESTIVAL"のように、「じつは繋がっていた」という意外性などが楽しかったりするので、こうやって目に見えた形で「俺たち仲良いっしょ!」といったコミュニティ意識を見せつけられると、ただ群れを成して強がっているようで、やはりカッコ悪いです。

 LOSTAGE自身も、せっかく「ひとり」といった曲のように、孤独のフラストレーションを爆発させ、ディストーションの蒼い煌めきに昇華させる術を知っているのですから、勿体ないことをして自分の音楽の価値を下げることはして欲しくないなと思った次第です。

LOSTAGE - ひとり




 そういえば一ヶ月ほど前に、Twitterで「Fugaziって何の略だったかなあ…」というぼんやりしたツイートをしたときに(そのときはド忘れしていました)、正しい略称を教えてくださった皆さん、ありがとうございました。そうでした、"Fucked Up, Got Ambushed, Zipped In"でしたね。『マジックディスク』(Asian Kung-Fu Generationのアルバムではなく、彼らの提供する、お気に入りのディスクを登録して音楽の魔法の輪を楽しむアプリの方)では、Minor Threatの『Complete Discography』を4枚目ぐらいのマジックディスクに選んだ人間としては、Fugaziも大のお気に入りバンドなので、LOSTAGEのようにワシントンD.C.のポスト・ハードコアに大きく影響を受けたバンドというのは、元々とても好みの音なのです。なので、今後のLOSTAGEに期待するのは、ポスト・ハードコア本来の「ポスト」精神を継承し、様々な音楽からの影響を取り入れて、所謂エモのフォーマットを突き抜けること。この新作を含め、すでにフル・アルバムを4枚リリースしていることですし、次回は音楽的挑戦が多く見られる作品であったらいいなとか、まあ、あくまで一ファンの希望なのですが。

 しかしまあ、Fugaziは本当にかっこいいバンドですよね。この名曲「Waiting Room」も、レゲエ/ダブの影響と思しき、重心を低くしてゆったりとグルーヴを紡ぐリズム・セクションと、そのリズムの隙間を軽やかにスケーティングするイアン・マッケイの歌い回しが素晴らしいですね。うーん、何度観てもカッコイイ。

Fugazi - Waiting Room



ry01
ry01 CM(0) 

Katy Perryちゃんの新作が楽しみだったり不安だったり
katyperry.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 ワールド・カップの熱狂(日本vsデンマーク戦)の裏で黙々と更新中でございます。


 約一年程前、このブログの「新世代アメリカン・ポップ・クイーンの座は誰の手に!?」というポストにて、新世代女性アメリカン・ポップ・スターの一人として、自分が激推しするKaty Perryちゃんを紹介したことがありましたが、来たる8月24日にリリースされる彼女の2ndアルバム『Teenage Dream』からの第一弾シングル「California Gurls feat. Snoop Dog」のミュージック・ビデオが到着!! カラフルに彩られたお菓子の国で、元気一杯にはしゃぎ回るケイティの姿がキュートで眩しいですが、この着色料や甘味料など添加物をたっぷりと振りかけた激甘なビデオを観ていると、それだけで胸焼けを起こしそうになりますね。中盤~終盤にかけてのSnoop Dogのあしらわれっぷりも笑えるので、そちらも要注目!! ウェッサイの顔役をこんなチョイ役扱いするだなんて…。

Katy Perry - California Gurls feat. Snoop Dog



 トラック自体は、Justice辺りが得意としそうな、ファンク譲りの裏拍を取るギター・カッティングやベース・ラインを活かしたエレクトロ・ハウスで、ここ数年の欧米のアイドルたちのエレクトロ化を考えると、まあ、妥当なラインといえますが、前作『One Of The Boys』の「I Kissed a Girl」や「Hot N Cold」のプロデュースを手掛けたDr. Luke(Avril LavigneやBritney Spearsを手掛ける売れっ子プロデューサー!)が引き続きこの曲でも仕事をしており、凡百の二流アイドルとは一線を画す、流石の完成度となっております。

 ただ、唯一不満があるとすれば、大したことを歌っていないということ。Dr. Lukeが手掛けたトラックと、ケイティの艶かしい歌声はバリ最高なので、じゃあリリックも調べてみようと思い、検索してみたところ、「世界中を旅して、楽園でバカンスして、ハメ外してサイコー」的なリリックでした。前作での、リリシストとフェミニストの両方として秀逸なスキルを披露した彼女に恋をしていた人間としては、えー、何それなわけです。曲が良かっただけに、ちょっとガッカリしてしまいました。

 前述した「新世代アメリカン・ポップ・クイーンの座は誰の手に!?」のポストでも紹介していたように、前作での彼女は、「I Kissed a Girl」では「女の子にキスしちゃった/そしたら気持ち良かった」というレズビアン的なキワどいリリックで女子も男子もお茶の間もPTAも騒然とさせたり、「One Of The Boys」では「私は男たちの物になりたくなんてないの/だからチャンスをちょうだい/今夜それを証明してみせるんだから/私は一人の女の子でありたいの/パールみたいに煌くんだから/男たちの物になんて絶対になりたくないわ」と男性の尻を蹴飛ばす勝気な女子像を力強く唱えたり、はたまた「Thinking Of You」では「私は別の彼と一緒にいてもあなたのことをいつも考えてしまうの/あなたは私にとってたった一人の存在だった」と過去を悔やむ弱気な女の子の姿になったり、一見男勝りに見えて実は誰よりも乙女な心を持つ、破天荒な女の子の二面性のある心象風景をうまく描き切っていて、言葉巧みなリリック・センスを持ってしてリスナーを楽しませてくれていたのですが、この毒にも薬にもならないあっけらかんとした「California Gurls」のリリックには、思わずうーんと腕を組んでしまいます。「あなたって人間は/女の子が自分の服装に悩むみたいに気持ちがコロコロ変わる人ね」と意志のハッキリしない軟弱男を一蹴し、さらに「あなたは一つの場所に留まろうとしない/早くここから出て行ってちょうだい」と歌う「Hot N Cold」なんて最高だったのですが。

 というわけで、アルバムの到着が楽しみな反面、同じぐらい不安なのでした。ファイトだ、ケイティちゃん。

Katy Perry - Thinking Of You



ry01
ry01 CM(0) 

EMINEM新作『Recovery』の活用法
eminem.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 00年代に最も成功したアーティストとしても知られるEMINEMの復活後第二弾となる新作『Recovery』が、遂に昨日、全世界同時リリースとなりましたが、この新作のユニークな活用法を紹介するテレビ・コマーシャルが到着!

 深夜の通販番組を装ったコマーシャルの中では、この新作が、ビーチや葬式の場での盛り上がりに一役買ったり、野菜やチーズを切ったり、コースターやフリスビーとして活用出来ることを薦めているのですが、何ともEMINEMらしい自虐的なユーモア・センスには思わず苦笑。これはかなりくだらないですねー。





 さて、気になる新作の中身はどうなのかというと、iLLの新作に続いてこちらも未聴なのですが、Lil WayneRihannaなど、今のUSアーバン・ポップ・シーンをリードするラッパー/シンガーも参加しているとのことなので、そのコラボレーションの出来なども含めて非常に楽しみです。昨年リリースされた復活第一弾アルバム『Relapse』に、前述したLil WayneやKanye West、そして先日華々しく全米チャート1位デビューを飾ったDrakeが参加した「Forever」などが追加収録されたリパッケージ盤『Refill』では、初期の『The Slim Shady LP』や『The Marshall Mathers LP』を彷彿とさせる、相手の足元を素早く抉るかのようなキレのあるライム&フロウを取り戻しており、「いよいよスリム・シェイディが帰って来た!」と興奮させられたものですが、さて、この新作ではどうなっていることでしょう。

 アルバムに先駆けてリリースされたシングル「Not Afraid」は、自分を鼓舞する情熱系の応援歌に聴こえないこともありませんが、これ程までにクリーンな感情を持ち合わせるようになった彼の姿を見て、戸惑う方も多くいらっしゃるかもしれませんね。この祈りにも似たピュアなラップは、The Streetsことマイク・スキナーのように彼を新たな境地へと導くのか、それとも退屈へと導くのか、見届けてみるのも面白いかもしれません。

EMINEM - Not Afraid




Eminem - Forever feat. Drake, Kanye West and Lil Wayne



ry01
ry01 CM(0) 

死ぬまでD.A.N.C.E.
ill.gifill.gifill.gif
ill.gifill.gifill.gif
ill.gifill.gifill.gif


 やあこんばんは! ry01です。



 A「うわっ、初っ端から目がチカチカして気持ち悪っ。誰だよ、こんな画像を貼ったのは。吐きそう…」

 ∀「あ、でも俺はこういうマッドなノリ、結構好きだよ。癖になるっていうか」

 A「えー、お前それ変人だよー。こんなのどう見ても気持ち悪いじゃん。目にも悪そう」

 ∀「そっかなー。俺には心地良いんだけどなー。俺が頭おかしいのかなー」



 ハイ! そんな症状にお悩みでiLL皆さまには、Dr. ry01より、昨日リリースされたばかりのiLLの新作『∀』に収録された、向井秀徳とのコラボレーション曲「死ぬまでDANCE」を処方させて頂きます!

 98年世代を代表するバンドSUPERCARのソングライターとしてカリスマ的な人気を誇り、解散後もコンスタントにアルバムをリリースしてきた、ナカコーこと中村弘二によるソロ・プロジェクトであるiLLによるこの新作は、前述したZazen Boyzの向井秀徳をはじめ、同時代を共に闘い抜いて来たPOLYSICSclammbonのようなバンドたちから、SUPERCARから大きく影響を受けたであろうASIAN KUNG-FU GENERATIONthe telephonesのような一つ二つ下の世代のバンドたち、逆に大きく影響を与えたであろう山本精一や勝井祐二のような偉大なる先人たち、国内のみならず海外まで飛び回るALTZDJ NOBUmoodmanといった超絶実力派DJたち、はたまたABRAHAM CROSSのようなクラスト・ハードコア・パンクのバンドまで、個性派揃いのゲスト・ミュージシャンたちを迎えた、超豪華一大コラボレーション・アルバムなのです!

 と、散々煽っておきながら、自分はまだこの新作を聴いていないのですが、このラインナップを目にしただけで、どんな化学反応が生まれるのかワクワクしてしまうのは、iLLな証拠でしょう。

 応急処置として、リリースに合わせて到着した新作からのミュージック・ビデオ「死ぬまでDANCE」を何度もリピートしてみているのですが、いやはや、この曲は良いですね。エレクトロニカやテクノといったエレクトロニック・ミュージックからの影響を基に、生のバンド演奏を敢えて排除し、レイヤーを重ねるように綿密にエディットされたハイブリッドな電子音が心地良かった1stアルバム『Sound by iLL』にやられた人間としては、続く2nd『Dead Wonderland』でのドローン/サッド・コアへの変換は、世界との同時代性から生まれたものとして理解は出来たものの、その後の『ROCK ALBUM』『Force』での初期~中期のSUPERCAR時代を懐かしむようなシンプルなギター・ロック・スタイルの曲たちにイマイチ入り込むことが出来ず、長年のファンとしてはやや寂しい想いをしていたのですが、彼の尖ったサウンド・メイキング・センスが再び呼び戻されたこの新曲には思わずガッツ・ポーズ!! 必要最低限のフレーズのループのみで構成されたアシッド風味のミニマル・エレクトロ・ハウスに乗せて、向井秀徳の得意技ともいえる、落語家が小咄をするかようなリズミカルな歌い回しを用いて、彼がZazen Boysでもレペゼンする諸行無常の世界における、「死ぬまでダンス」という永久不変の願いが歌われることで、相反するアンビヴァレントな感情こそがダンスのステップを踏み続けさせているのだという事実に気付かされます。このマッドなビデオを気に入ってしまったが最後、貴方もダンスのステップを止めることが出来ないでiLLはずです。

iLL+向井秀徳 - 死ぬまでDANCE



ry01
ry01 CM(0) 

"BP×SBT×CNBS"大盛況のうちに終了!!!!!!
DSC02670.jpg

DSC02667.jpg

DSC02660.jpg

DSC02664.jpg

DSC02672.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 去る18日の金曜日は、渋谷axxcisにて開催された"British Pavilion×CANNABIS×STYLE BAND TOKYO"にNu clear classmateと自分が出演して参りました! 遊びにいらしてくださった皆様、共演者の皆様、そしてお誘いくださったTomoさんやテリーさんをはじめ主催の皆様、本当にありがとうございました! 3つステージをフルに使い、今をときめく国内外様々なアクトが登場したこの夜は、フェス並みの大大大盛況で、とにかく熱気が凄かったです。600人近くもの人が集まったそうですが、朝まで皆さんタフに楽しみ切っていましたね! フロアを歩くごとに友人知人に遭遇するという、東京のインディ・シーンの縮図のような、異常に濃厚な空間でした笑

 Nu clear classmateはVODKA STAGEのトップ・バッターのライヴ・アクトとして出演しましたが、早い時間から沢山の人に集まって頂き、感謝感激でした! 続く自分のDJも楽しんでプレイさせて頂くことが出来ました。この日は、いつもライヴ写真を撮影してくれているsakiが不在だったので、自分が変わりにNccのライヴ写真を撮影してみたのですが、いやあ、写真って難しい…。いつも鮮やかに写真に収めてくれているsakiはすごいですね…。

 自分のDJのセットリストも念の為アップしておきます!

10/06/18(FRI.)
"British Pavilion×CANNABIS×STYLE BAND TOKYO" SET LIST

Nu clear classmate - Causeless Pain [White Scooper Remix]
Phoenix - Fances [Delphic Remix]
Golden Filter - Hide Me
M.I.A. - XXXO feat. Jay-Z
Ash - True Love 1980
Spangle Call Lili Line - Dreamer
Lindstrom & Christabelle - Baby Can't Stop [Aeroplane Vocal Remix]
Super Flu - Bukkake Beyonce
The xx - Crystalized [Rory Philips Remix]
Crystal Castles - Celestica
LCD Soundsystem - One Touch
Javelin - On It On It
The Hundred In The Hands - Tom Tom
Rustie - Inside Pikachu's Cunt
Toro Y Moi - Low Shoulder
Ruby Suns - Cinco



 M.I.A.の新譜はリリースが延期になってしまいましたが、Ja-Zをフィーチュアしたこのキラー・トラックを聴いて、首を長くして待ちましょー!!

M.I.A. - XXXO feat. Jay-Z



ry01
ry01 CM(0) 

ピタゴラスイッチでOK GO!!!!!!の次はコレ!!
okgo2_20100621013247.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 今回のポストではOK GOの最新ミュージック・ビデオの紹介をば!

 OK GOといえば、これまでも「A Million Ways」での気の抜けた阿呆丸出しの振り付けのダンス一発撮りビデオや、「Here It Goes Again」でのルーム・ランナーを用いて同じ手法で撮影された同じく一発撮りビデオなど、ユーモア溢れるミュージック・ビデオの数々が話題となり、YOUTUBEを中心に爆発的な閲覧回数を記録し、一気に話題をかっさらったUSの4人組バンドとして広く知られている存在ですが、2月にリリースされた彼らの最新アルバム『Of The Blue Colour Of The Sky』(新作については、以前ポストした「ピタゴラスイッチでOK GO!!!!!!」に譲ります)から二曲目のカットとなる「End Love」のミュージック・ビデオが到着!

 今回のビデオでも、彼らのこれまでのビデオでの最大の魅力であった、敢えてローファイなディレクションに拘ることで生まれる、独特のシリアスな笑いに満ち溢れているので、まずは一度ご覧になってみてください。しかしまあ、ビデオがカッコイイと曲も3割増しでカッコ良く聴こえてきますよね。この曲好きになりました!

OK GO - End Love



ry01
ry01 CM(0) 

僕が総理大臣になったら
manifest.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 昨年歴史的政権交代を果たしたものの、つい先日、鳩山元首相が志半ばに辞任していった昨今、小学校の通学路から聞こえてきそうな言葉をタイトルに冠した今回のポストですが、来たる6月30日にリリースされるRADWIMPSの新曲「マニフェスト」について。前回のポストでは神聖かまってちゃんについて書いていたので、「こいつ、物好きだなあ…」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、まあ、ちょっと付き合ってやってください。

 「僕が総理大臣になったら」という、聴く人によってはタイムリー過ぎて不謹慎にすら感じるかもしれないフレーズで始まるこの新曲は、タイトルで「マニフェスト」とある通り、政権公約じみた宣言書的なリリックが耳を惹きますが、ここで実際に歌われているのは社会的な事柄ではなく、「セカイ系」の文脈を丁寧になぞるかのような、「君と僕」だけの世界での公約。冒頭での「僕が総理大臣になったら/日本国民一人一人から一円ずつだけもらって/君と一億円の結婚をしよう」「僕が総理大臣になったら/一日を25時間にして/最後の一時間だけはみんな/愛の営みの為に使おう」というラインをはじめ、初めての恋愛体験に夢中になっている小中学生による、夜中に眠りに耽る前に行う妄想の如く、幼稚で自己中心的なリリックたちが目立ちます。専門分野で語る部分ではないにしろ、多少の興味を持って現在の政治に触れている自分のような人間からすると、この曲を初めて耳にしたときは、前述したように不謹慎に感じてしまったのですが、聴く人によってはこれ以上ないピュアな表現として映ることもあるのでしょう。何となく、想像がつきます。その後も「いくら無駄と言われようが/君の家まで電車を走らせよう/終点は僕の家までにしよう」「その代わりといっては何だけど/日本の国民一人一人の/一番大切な人の誕生日を休みにしてあげよう」など、あまりにも閉鎖的でうんざりとするリリックたちが並び、中盤に差し掛かる頃には、わはは、これが現代のアンセムになってしまったら困るなと、日本の国民性に対して心配の情すら浮かんできてしまうのですが、うーん、果たしてこの曲が、彼らのファンをはじめ、所謂MUSICAやロッキング・オンがプッシュする日本のロック・バンドを愛するリスナーたちにはどのように受け取られるか、とても興味があります。

 その辺は、このブログを読んでくださっている皆さんのご意見もお聞きしたいところですが、どちらにせよ、このバンドのヴォーカリストである野田洋次郎が描くリリックというのは、非常に言葉巧みだなと思いました。初めてこの曲を聴いたのはラジオ番組でのことだったのですが、最初の「僕が総理大臣になったら」というフレーズを耳にした瞬間、グッと惹かれるものはありましたからね。さて、本当にどうなってしまうんでしょう、この曲は。この国は。

RADWIMPS - マニフェスト



ry01
ry01 CM(0) 

25才の夏休み
sinsei.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 今回のポストは、当初は16日の水曜日にアップするつもりだったのですが、ドタバタしてしまい更新が遅れてしまいました…(更新が完了した今現在は20日の日曜日)。というのも、自分は去る19日に誕生日を迎え、晴れて25歳となったわけですが(祝! アラサーの仲間入り!)、今の自分のメンタリティと共通する部分が多い、神聖かまってちゃんの「23才の夏休み」という曲を24歳のうちに紹介しておきたかったのでした(叶いませんでしたが…)。

 先週のポスト「死ねよ佐藤、お前の為に」では、彼らの新曲「夕方のピアノ」を紹介させて頂いたので、彼らの音楽的魅力についてはそちらのポストに譲りますが、今年の3月にリリースされたミニ・アルバム『友達を殺してまで。』にも収録されていた疾走現実逃避系シューゲイジング・ポップ・パンクであるこの曲に、ひとまず耳を傾けて頂けたらと思います。リリックも併せてどうぞ。

神聖かまってちゃん - 23才の夏休み


僕は今年で23才/少し顔がやつれてる
「夏が来た」/なんて言っても/どこにもいかない/予定がないからね

ギアをあげて今も過ごしています/ひどすぎる夏休み走り出す
君が僕にくれたあのキラカード/その背中に貼り付けてやるよ

君の貯金はいくらあるんだい/そんなことは僕にかんけーない
「夏が来た」/だって今年も/僕はきっと何もしないです

チャリをこぎ続けて20歳を過ぎた/気ずかないフリをして走り出す
君が僕にくれたあのキラカード/その背中にはりつけてやるよ

23才になっちまったと/九十九里浜に叫んでしまったよ
そして33才さ/サンサン太陽がむかつくぜ、むかつくぜ
そういや君はどうしているのかな

チャリをこぎ続けて過ごしています/くだらねぇ夏休み走り出す
君は今どこにいる/何をしている/僕には関係ないのにね
だけど気にしてしまう僕がそこにいるのさ/変わり果ててく様を走らせる
君が僕にくれたあのキラカード/その背中に貼り付けてやるよ/今すぐに



 自分がこの曲を初めて耳にしたときは、このオールド・スクールなポップ・パンク的意匠には特に惹かれなかったのですが、何よりもリリックが上手いなと思いました。この曲の主人公として、一向にうだつのあがらないまま23歳の夏を迎えてしまった青年の落胆した顔が目に浮かびますが、思春期を過ぎて対面した新たなる絶望と、自らの意思と相反して走り続ける現実を目の前にし、彼はナード的に斜に構えた視点を持ってして、たまに目を反らしながらも、何とかして前を見つめようとします。「君が僕にくれたあのキラカード/その背中に貼り付けてやるよ」というラインでは淡いノスタルジアに耽ける様子が、「23才になっちまったと/九十九里浜に叫んでしまったよ/そして33才さ/サンサン太陽がむかつくぜ」という自分が最も感心したラインでは、自虐的でありながらも自己のフラストレーションを不器用にも解放しようとする様子が描かれており、の子の巧みな言葉選びのセンスが凝縮された一曲でもあるといえます。

 そう、自分が最近になって神聖かまってちゃんに惹かれるようになった理由は、じつは彼らの表現にはポジティヴィティがしっかりと存在しているから。自分が彼らの音楽を初めて耳にしたとき、「夕方のピアノ」について書いたポストでも『「現代の病」を象徴する存在』とも書いた通り、歪んだ現代によって生まれたとても痛々しい表現だと思い、この音楽の出自は理解出来るものの、共感することは出来ませんでした。しかし、一ヶ月ほど前に、前回のポストの最後でも紹介した、NHKの音楽番組での彼らのライヴ映像を初めて観て、その考えが一気に変わりました。このとき披露していた「ロックンロールは鳴り止まないっ」は、ドラマーであるみさこの「ワン! ツー! スリー! フォー!」のカウントで始まるのですが、カウントに合わせてスティックを弾き叩く彼女の笑顔は、「現代の病」という言葉を換気させるネガティヴなものではなく、とても晴れやかにすら映りました。ヴォーカルのの子が「ロックンロールは鳴り止まねえんだよっ」と吐き捨てる姿も、反抗精神の鑑として美しくすらありましたし、最後に「俺は今こそ輝いているのであって、俺の時代であるのである。今こそが!」とMCも、己が置かれた『「現代の病」を象徴する存在』という状況に非常に自覚的であることがよく伝わりました。その直後に「イッツ・マイ・ジェネレーション!」と叫ぶ辺りも、とても素晴らしいと思います。一見して病的に映る彼らの表現には、自己を解放しようとするポジティヴな煌めきがあるということを知ることが出来、そこから一気に彼らの音楽に惹かれるようになったというわけです。まあ勿論、「計算ドリルを返してください」と連呼する「学校に行きたくない」など、まだ共感することの難しい曲もあったりはするのですが。

 そしてもう一つ彼らの音楽に惹かれるようになった理由として、以前Twitterでもツイートしましたが、彼らの切実な表現を支えるみさこのドラムが、とても初期衝動に溢れていて良いなと。前述したNHKの音楽番組でのライヴ演奏も気に入りましたが、特に好きなのがこの「23才の夏休み」のライヴ映像。終始プレイにキレがありますが、コーラスに入る手前の、キックとスネアのコンビネーションで「ズパンッ!!」と勢いよく曲に疾走感を与えるフレーズは、何度観ても興奮させられるものがあります。

神聖かまってちゃん - 23才の夏休み [Live at Shibuya eggman on 3rd March, 2010]



ry01
ry01 CM(0) 

明日はBP×SBT×CNBS Special Night!!!!!!
 やあこんばんは! ry01です。

 以前のポストでもお知らせしましたが、いよいよ明日、渋谷axxcisにて開催される"British Pavilion×CANNABIS×STYLE BAND TOKYO"のトリプル・コラボレーションによるスペシャル・パーティーに、Nu clear classmateと自分が出演します!! 改めて詳細をドン!!!!!!

BP_SN_omote3.jpg

2010/06/18(FRI.)
British Pavilion Special Night
"British Pavilion×CANNABIS×STYLE BAND TOKYO"
@Shibuya axxcis
http://www.axxcis.net/
OPEN/START 21:00
ADV 3000yen DOOR 3500yen +1DRINK

【Bands】
ROMANCE (from UK) / Psysalia Psysalis Psyche / Moja
The Suzan / Gimme Um / BlieAN / AFRICAEMO / The John's Guerrilla
Nu clear classmate / Crystal /Dominica / DACOTA SPEAKER
The Mammals / aM / CHECZ NO REPUBLIC / LED NAKED
and secret bands!!!!!!

【DJs】
British Pavilion(Terry/八木橋一寛/Kuma/Daichi Tada and more)
中村 義響 (The Pegasuss) / GALLIANO (CANNABIS) / The Tarmans (CANNABIS)
Baroque(Kidz rec) / Kinkies(Kidz rec) / TOMO (STYLE BAND TOKYO)
Buffalo’3 / Black Neon Party / si oux / SANAI(REACT,Synesthesize,the ANTS)
SAKURA (TWEE GIRRRLS CLUB) / YO-SUKE!!! (BAAANG!!!) / ケンジ(Rolling Stone)
江原優(Mighty Pop/Melodic Sunshine) / yusaku fujita a.k.a. DJ Mista (club passione)
ry01 (GOOD ON THE DANCEFLOOR) / musiqconcierge(beyond/dBUKi/reclash)
星原喜一郎(NEW ACTION!/soultoday) / Postman Group(From Mont Blanc) / Disrupt

【Special Performance】
紫ベビードール

【VJ】
NI-W

【Live Painting】
Mao Simmons

主催: British Pavilion / CANNABIS / STYLE BAND TOKYO
協力: BAAANG!!!



 パーティーの詳細については以前のポストをご覧頂ければと思うのですが、いよいよタイムテーブルも発表されましたので、ここでもドドンとご紹介! こうやって3フロア並ぶと、夏フェスのようで爽快ですね!!

815208_17781913_147large.jpg

 Nu clear classmateは22時から、自分は22時半からのスタートになります! Nccはライヴ・アクトとしてVODKA STAGEのトップ・バッターになりますので、是非とも早い時間から遊びにいらして頂けるとありがたいです! 初っ端からエンジン全開でパーティーを楽しみましょう! ちなみにsecret bandというのは、GOOD ON THE DANCEFLOORのパーティーにも出演して頂いたことのある、あの黒い帝国バンドとのこと。あ、このヒントではわかってしまいますよね…。

 この錚々たるラインナップを一夜で観れることはなかなか無いかと思いますが、この激熱なパーティーでのNu clear classmateと自分のライヴ&DJこそ是非とも見逃すことなかれ!! チケット予約をご希望される場合は、「6/18(金)」「お名前」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければ予約を承ります。メール予約は当日の20時まで受付していますので、親しいパーティー・ピープルをお誘い合わせの上、ガシガシ遊びにいらしてくださいね! それではまた明日!!


ry01
ry01 CM(0) 

GJ☆ジャケット大賞 5月度
onra.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 今回のポストでは、前回のポストに引き続き「GJ☆ジャケット大賞」を発表! この「GJ☆ジャケット大賞」とは、月毎に「GJ☆(グッジョブ)」と思ったアートワークのCD/レコード・ジャケットを選出し、ベスト3までを表彰して勝手に盛り上がるという、何とも自分の趣味丸出しな企画。現在、三日連続で3、4、5月分のGJ☆ジャケットを発表中ですが、今回はいよいよ5月分の発表! やっと時代に追いつきました。5月度分はこんな感じになりました!



 栄えある5月度の第一位は、ONRAの3rdアルバム『Long Distance』に大決定!!!!!! 暮れ行く夕刻の空の色鮮やかなセンチメンタリズムと、深夜2時の街の明かりの艶やかな煌きという、移り変わりゆく街の情景を大胆にもざっくりと斜めに切って並べることで、夜遊びの興奮を換気させる美しいコントラストを生み出しています。

 ONRAと名乗る、このパリ在住のアジア系フランス人ビート・メイカーは、Flying LotusHudson Mohawkeなど"Low End Theory"以降ともいえるコズミックなブロークン・ヒップホップ(前回、前々回のポストでも頻出しているタームなので、改めて「ブロークン・ヒップホップ」について少し説明を。ヒップホップのリズムを基に、切り刻んだ様々なサンプリング・ネタを使ってビートを再構築する、コラージュ・アートのようなチグハグ感を敢えて活かしたエレクトロニック・ミュージック)を下地に、前々作『Chinoiseries』では、大昔のカンフー映画の劇中BGMをサンプリングしたかのようなユニークなチャイニーズ風コラージュを、前作『1.0.8』では、ガムランやケチャのようなインドネシアの民族音楽や、シタールなどのインドの民族楽器をサンプリングしたオリエンタル&エキゾチック風コラージュを披露し、世界中のビート・マニアを唸らせる知る人ぞ知る存在となっておりましたが、この新作では、その中華~中東をフィーチュアしたワールド・レストラン的ブロークンヒップホップからガラリと一変し、ジャケットからもプンプンと匂う、近未来型の激アーバン&メロウなエレクトロ・ファンクへと大変身! このハイブリッド且つスムースなサウンド・コラージュは、年初に行った「2009年ベスト・ディスク100枚」企画でも15位に大抜擢されたDam-Funkなど、Jay Dilla以降の<Stones Throw>勢を彷彿とさせますが、相変わらずのブロークン・ヒップホップ愛がサウンドの中心にどっしりと構えていたり、Toro Y MoiWashed OutなどのGlo-Fi勢が得意とするウェット&ブリージングな音作りともシンクロしていたり、世界の最新のビートの良いところ取りともいえるこの贅沢な内容に、再び世界中のビート・マニアがガッツ・ポーズを掲げることは間違いないでしょう。自分にとっても、2010年ベスト・アルバム候補の一つでもある、非常に重要な作品です。

ONRA - Long Distance ft. Oliver DaySoul






woods.jpg

 続いて第二位は、Woodsの5thアルバム『At Echo Lake』!! 頭の中のお花畑が満開な、脱力感バリバリの落書き風のドローイングが良い味を出しています。クレジットにはアートワークについて特に書かれていなかったので、もしかするとメンバーの手によるものかもしれませんね。

 まず自分は、彼らがアルバムをすでに5枚もリリースしていたことに驚きだったのですが、現在のUSインディ・シーンを追いかけている皆さんにとっては最早お馴染みの存在ですよね。彼らが主宰するレーベル<Woodsist>といえば、これまでにもVivian GirlsCrystal Stiltsなどの作品をリリースしたり、昨年だけに限ってもWavvesReal Estateのデビュー・アルバムをリリースするなど、NO AGEが主宰する<Post Present Medium>や、The Pains Of Being Pure At Heartなどをリリースする<Slumberland>と並んで現在のUSローファイ・インディ・ポップ/サーフ・ガレージ・ポップ・シーンを代表するレーベルでありますが、首領より届けられたこの新作は、これまでのやさぐれたファズ・ギター・サウンドはそのまま引き継ぎながらも、60年代のカントリー・フォークやサイケデリック・ポップからの影響と思しき(というかそのまま)、SSW(シンガー・ソングライター)的な作風が楽しめる一枚となりました。曲によっては、The Bandを彷彿とさせる(というか、これもそのまま)、アコースティック・ギターの緩やかなコード・ストロークとアルペジオのアンサンブルが生み出すアトモスフェリックなサウンド・スケープが味わえるなど、彼らのソングライティングの新たなる一面も垣間見えます。このアナログで劣悪な録音環境(そういえば、Times New Vikingなどはカセット・テープで録音しているらしいですね)にしても、リヴァーブ強めのヴォーカル&コーラスにしても、ノスタルジアを100%濃縮還元した、徹底的な60年代的音作りには最早感涙モノ。勿論、今のUSインディ・シーンにはそういったバンドは腐るほど居るわけですが、それらの劣化コピーの二番煎じなバンドとは一線を画す、上にも挙げた現在のUSインディ・シーンをリードするバンドたちに共通していえるのは、とにかく曲が書けること。音楽的進歩はほぼ皆無ながらも、蒼く煌めく初期衝動と青春性がある彼らの音楽に僕らが夢中になってしてしまうのも、きっと「うた」に恋をしているということなのでしょう。

Woods - Blood Dries Darker






lcd.jpg

 そして第三位は、LCD Soundsystemの3rdアルバム『This Is Happening』!! スーツを身に纏ったジェイムズ・マーフィーが静かにダンスのステップを踏む様子を捉えた、一枚写真を用いたシンプルなアートワークですね。この写真は裏側にも続いており、ジャケットを広げるとジェイムズが立っている画になります。これはLPでこそ映えそうなアートワークですが、自分は懐事情から、結局CDで買ってしまいました。むーん、LPで欲しかったですね…。

 この潔いアートワークが物語るように、この新作は、ジェイムズのソロ・プロジェクトとして活動してきたLCD Soundsystemの最後の作品となることがすでにアナウンスされています。元相方ティム・ゴールズワージーと共にレーベル<DFA>を設立し、00年代前半を最盛期とするディスコ・パンク・ムーヴメントをUSとUKを中心として起こし、そしてそれを機に、現在まで脈々と続く世界的トレンド「ロックとダンス・ミュージックのクロスオーヴァー」の潮流を生み出した彼の功績は、改めて言うまでもなく偉大ですが、その彼がソングライターとして現役を退くとあって、正しく『This Is Happening』な作品というわけです。と、多くの音楽雑誌のレヴューに書かれていそうなありきたりな出だしで恐縮なのですが、兎にも角にもこれは彼のLCD Soundsystemとしてのラスト・ダンスなわけで(そこに至った理由などを知りたい方は、『SNOOZER』4、6月号での彼のインタヴューを読んで頂くことをお薦めします)、00年代に思春期の多くを過ごしたミュージック・ラヴァーとしては、こちらもスーツのジャケットを羽織るかネクタイを締めるかぐらいの静粛な面持ちで迎えてしまいます。

 果たして、完成したラスト・アルバムの出来はどうなのかというと、まず、クラウト・ロックよろしくな反復の美学を踏襲した心地良いBPM90台(珍しい!)のミニマル・ディスコ・パンク曲「Dance Yrself Clean」(名曲!)でゆったりと静かに幕を開ける辺りから、すでに終わりに向かっているかのようなノスタルジアが溢れ出ていて、早速涙腺が緩んでしまいます。しかし、続く「Drunk Girls」は、コロコロと無邪気に転がるシンセ・フレーズに乗せて、無邪気に「Drunk Girls!!」と叫ぶジェイムズの姿が微笑ましかったり、そこからのノイジーな2曲「One Touch」と「All I Want」(ちょっとストロークスみたい)では、生粋のディスコ・パンク親父として健在している姿を確認して感動したり、決してノスタルジック一辺倒ではないことがすぐにわかります。脱力ヘタレ・エレクトロ・ポップ「I Can Change」を挟み、アルバム後半は7~9分台の長尺曲たちが並びますが、その中でも!!!(chk chk chk)よろしくなパンキッシュなファンク・ナンバー「Pow Wow」での、今年のフジ・ロックのハイライトになること間違いなしの圧倒的な鉄壁のグルーヴを前にし、思わずガッツ・ポーズを決めることでしょう。そして遂に迎える大ラスト曲、その名も「Home」は、このアルバムのノスタルジックな幕開けが嘘かのように、彼は小気味よくスキップの歩を刻むかのように去っていきます。前作ではラストに「New York, I Love You But You're Bringing Me Down」と感情たっぷりに歌っていたことを考えると、意外とあっけなく終わってしまうものだなと、肩すかしを食らう方もいらっしゃるかもしれませんね。

 総じて、「LCD Soundsystemとしてのラスト・ダンス」という事実に引っ張られてしまうアルバムではありますが、そういったノスタルジックな話題を差し置いても、この美しさすらある徹底したミニマリズムと、ダンスフロアでのドラマチックな熱狂、そしてほんの少しの落胆とメランコリーが組合わさって生まれるこの青春狂想曲は、10代のとある一夜のクラビングの如く、まごうことなきピュアな輝きがあります。とはいっても、うーん、まだレヴューを書くには早かったと思わせるほど、自分の中で噛み砕き切っていないアルバムなのですが、とりあえず大ラスト曲「Home」の大々ラストでの"If you're afraid of what you need look around you. You're surrounded it won't get any better so good night."というリリックには大号泣。LCD Soundsystemが終わろうとも、この曲を聴けば、彼はこれからもダンスフロアに立ち続けてくれるのです。

LCD Soundsystem - Drunk Girls



LCD Soundsystem - Home



 というわけで、5月度の「GJ☆ジャケット」の発表でした! 6月度分もお楽しみに!!


ry01
ry01 CM(0) 

GJ☆ジャケット大賞 4月度
flylo.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 今回のポストでは、前回のポストに引き続き「GJ☆ジャケット大賞」を発表! この「GJ☆ジャケット大賞」とは、月毎に「GJ☆(グッジョブ)」と思ったアートワークのCD/レコード・ジャケットを選出し、ベスト3までを表彰して勝手に盛り上がるという、何とも自分の趣味丸出しな企画。現在、三日連続で3、4、5月分のGJ☆ジャケットを発表中ですが、4月度分はこんな感じになりました!



 栄えある4月度の第一位は、Flying Lotusの3rdアルバム『Cosmogramma』に大決定!!!!!! 「Cosmo(宇宙)」と「Gramma(基礎原理)」の二つのワードが組み合わされたタイトルの通り、宇宙が誕生するビッグ・バンの瞬間を、尖らせた鉛筆一本を手に、直線のみを用いて描いたかのような、モノトーンならではのシャープ&ソリッドなインパクトがあるアートワークですね。

 Flying Lotusことスティーヴン・エリソンによるこのソロ・プロジェクトは、UKの老舗エレクトロニック・ミュージック・レーベル<WARP>に移籍後に発表した前作『Los Angels』での、電子音を通じて原始空間と宇宙空間をタイムレスに行き来するかのような、洗練化されたコズミック&トライバル・ブロークン・ヒップホップが高く評価され、一躍<WARP>の次世代を代表するアーティストとして上り詰める程になりました。昨年秋に<WARP>のショウケースとして四年振りに開催された"electraglide"にも出演し、ベスト・アクトの呼び声が高かったことでも記憶に新しいですよね(自分はレイハラカミを優先してしまった為、残念ながらほとんど彼のライヴを見ることが出来なかったのですが…)。

 そんな彼による二年振りとなるこの新作では、まず冒頭曲「Clock Catcher」での、スクウィー(Skweee: ジャンル名。多種多様化されたダブステップから派生し、フィンランドやスウェーデンを中心としたスカンディナヴィア半島の国々から生まれた、最新のエレクトロ・ファンク・ミュージック)じみたウォブリーな8ビットの電子音から、繊細なハープの音色へと流れ込む、エキセントリックなサンプリング・コラージュが耳を惹きますが、相変わらずのビート・ジャンキーっぷりには舌を巻くばかりです。と、驚きも束の間、続く「Pickled!」ではSquarepusherよろしくな躁病的なドリルンベースのビートと、達者なジャズ/フュージョン・プレイヤーもあんぐりと口を開けてしまいそうな、うねりを上げる超絶ベース・ラインの組み合わせに、続けざまのKOを食らうこと間違いないでしょう。ジョン・コルトレーンを叔父に、アリス・コルトレーンを叔母に持つ彼ですが、初めてモダン・ジャズの要素がハッキリと表れた曲だといえます。

 その後も、自らが得意とするマッドなブロークン・ヒップホップを下地に、ZombyIkonikaのようなカラフルな8ビット・ダブステップや、Dam-FunkONRAのようなアーバン&メロウなエレクトロ・ファンクなど、世界の最新ビートを惜しむことなく取り入れるその様は、エレクトロニック・ミュージック版Radioheadともいえます。実際に、トム・ヨークからも熱いラヴ・コールを受けている彼ですが、この新作ではトムがゲスト・ヴォーカルとして参加した「..And The World Laughs With You」という曲もあったり、ジャンルは違えど、やはり世界をリードする先鋭的なアーティストたちというのは、どこかシンパシーがあるものなのですね。

Flying Lotus - ...And the World Laughs With You feat. Thom Yorke






walls.jpg

 続いて第二位は、Wallsのデビュー・アルバム『WALLS』!! 桜(かと思われる)の樹木に人の横顔のシルエットを重ね、そこに煙り立つシューゲイジングなエフェクトを組み合わせることで、儚げ且つ甘く夢見心地なアートワークとなりました。

 この如何にも検索しづらいユニット名を名乗る二人組シューゲイザー/アンビエント・ポップ・ユニットである彼らは、昨年末に12inchでリリースされたThe FieldのリミクスEP『Yesterday And Today Remixes』にて「Leave It」のリミキサーとして大抜擢を受け、この度前述したThe FieldやMatias Aguayoなどのリリースでも知られる、ドイツを代表するテクノ/アンビエント・レーベル<KOMPAKT>から華々しくデビューを果たしたというわけです。

 M83のドリーミーなシューゲイザー・ポップをよりソフトにし、初夏の香りを振りかけたかのような音楽性が特徴の彼らですが、この作品では、昨今のGlo-Fi系インディ・バンドとも共振するウェットな音作りを基軸に、一位にも挙げたFly Lo的ブロークン・ヒップホップ的リズム・アプローチや、逆回転させたサンプリング・フレーズなどをコラージュすることで、深い霧に包まれた森で甘くまどろむかのような、メランコリックなチル・アウト的サウンド・スケープを味うことが出来ます。これからの季節に重宝する一枚となりそうですが、是非とも夏のフジロックでの森林浴のお供にしたいですね。

Walls - Soft Cover People






hole.jpg

 そして第三位は、Holeの4thアルバム『Nobody's Daughter』!! マリー・アントワネットの肖像を用いていますが、斬首刑となった彼女の最期を示すかのように、大胆にも首から上を切り取ったものになっています。これは同じく娼婦であったコートニー・ラヴの彼女への共感から生まれたアートワークだそうです。

 そう、この12年振りとなる新作で彼女は、娼婦として歩み、カート・コバーンと出会い、二人の間に娘を授かり、しかし今では親権を剥奪されてしまった一人の母親として、切実な願いを赤裸々に告白しています。リリックの中で"down"というワードが多く登場する通り、自ら命を絶ってしまった愛する夫カートや、絶望に打ちひしがれる自身についても告白しておりますが、このメランコリーに包まれながら、終わることのないしがらみに頭を抱える彼女の姿は、優男の尻を蹴り上げる反抗的な彼女自身のパブリック・イメージとは違い、不安に悩まされる弱々しい少女のように映り、驚く方もいるかもしれません。

 この作品は、彼女曰く「全ての父親のいないベイビーたち、母親のいないベイビーたち、そして全ての父親のいない娘たち」に捧げられているとのことですが、『Nobody's Daughter』というアルバム・タイトルが表しているように、ビッチとして歩んで来た彼女自身の経験と、母親としての愛娘への切実な愛情が重なることで、単に悲劇のヒロインではなく、ソウルフルに"Fuck"とメッセージを放つ一人の女性として、やはり彼女らしい力強いフェミニズムがはっきりと表れた作品となっています。

 いくつかの曲では、惜しくも07年に解散してしまったテムズ・ビートを代表するインディ・バンド、Larrikin Loveのギタリストであったミッコ・ラーキンをソングライティングのパートナーとして迎えていますが、中でも、アルバム序盤のハイライトとなっているカートへのラヴ・ソングでもある名バラッド「Honey」などでは、穏やかなコード・ストロークを魅せるなど、このバンドに新しい風を送り込んでいます。この曲でのコートニーのガラついた歌声には鬼気迫るものがあり、カートへの心髄な愛情が伝わります。

Hole - Honey




 というわけで、4月度の「GJ☆ジャケット」の発表でした! 続く5月度分もお楽しみに!!


ry01
ry01 CM(0) 

GJ☆ジャケット大賞 3月度
neco2_20100613052622.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 今回のポストでは、3月以降、更新がピタリと止まっていた「GJ☆ジャケット大賞」がいよいよ再開! 長らく更新しておらず申し訳ございません…。この「GJ☆ジャケット大賞」とは、月毎に「GJ☆(グッジョブ)」と思ったアートワークのCD/レコード・ジャケットを選出し、ベスト3までを表彰して勝手に盛り上がるという、何とも自分の趣味丸出しな企画。間隔が空いてしまった分、本日から三日連続で3、4、5月分のGJ☆ジャケットを発表させて頂きます! というわけで、今回のポストではまず3月度分から!



 栄えある3月度の第一位は、neco眠るの7inchシングル「猫がニャ~て、犬がワンッ!」に大決定!!!!!! YOUR SONG IS GOODSAKEROCKらが所属する、日本を代表するパーティー・ミュージック・レーベル<カクバリズム>よりリリースされるや否や、すぐさま完売してしまったこの限定7inchシングルを、皆さんは逃さずにゲットされましたでしょうか?

 以前このブログにて、昨年分の「GJ☆ジャケット 7月度」を発表した際にも、彼らのEP『EVEN KICK SOYSAUCE』を一位に選んだことがありますが、今回のジャケットでも、関西が誇る鬼才イラストレイター鈴木裕之氏による脱力猫のイラストが相変わらず最高にキレています! 表面だけではなく、インナー・ブックレットにも上半身裸の気味の悪い猫が描かれているなど、彼のイラストを隅から隅まで楽しもうとする程に爆笑必至なのですが、アートワークを前面に押し出すことの出来るフィジカル・リリースの形態を最大限に活かし、至る所で視覚を楽しませくれるそのユーモアと心意気はもはや感涙モノ!

 関西の女性ブレイクコア・アーティストDODDODOの曲を、二階堂和美の天真爛漫な歌声を迎え、ファニーな青春ビザール・パーティー・チューンとしてカヴァーした表題曲は、昨年のベスト・トラックの一つとしてお馴染みの一曲ですが、この度、激エクスクルーシヴな一曲としてB面に限定収録されたイルリメのリミクスも秀逸なのです! このリミクスでは、BPMを120台前半までぐっと落とし、「Lemonadeからの影響か?」と思わず妄想してしまう、トロピカルな脱力シンセとトライバルな跳ねて飛び上がるリズムが心地良い、ダンサブルなインディ・ポップに激変。ヴォーカルに加えられた悪趣味なヴォイス・チェンジャー的エフェクトも、より一層と脱力感を煽ります。すでに完売してしまったこの7inchシングルですが、どこかで眠った在庫を見つけたならば、すぐさまゲットするべきなのはお約束ですよ!

neco眠る with 二階堂和美 - 猫がニャ~て、犬がワンッ!






erykbd.jpg

 続いて第二位は、Erykah Baduの5枚目となるオリジナル・アルバム『New Amerykah Part Two: Return of the Ankh』!! Greatful DeadやQueen Of The Stone Ageなどのアートワークを手掛けるEmek Studiosによる、アンドロイド化したバドゥと、毒々しい紫色の奇抜な植物たちのイラストが、何とも怪しい雰囲気を醸し出しています。

 97年にアルバム『Baduizm』で華々しくシンガーとしてデビューし、R&Bやヒップホップにジャズやソウルのテイストを取り入れるそのスタイルが「ネオ・ソウル」と形容され、グラミー賞の「ベストR&Bアルバム」部門でも受賞を果たすなど、今では大御所の風格さえ纏う程となったエリカ様。この新作に地続きとなる前作『New Amerykah Part One: 4th World War(邦題は「第4次世界大戦」!!)』は、Flying LotusなどのUS西海岸ブロークン・ヒップホップを取り入れることで「R&B版RADIOHEAD」と称されるなど、大胆な音楽的挑戦が施された傑作でしたが、Part 2となるこの新作は、オールド・スクール・スタイルのメロウ&スムースなソウル・ナンバーが並ぶ、オーセンティックな仕上がりとなりました。リード・トラック「Window Seat」のミュージック・ビデオでは、Matt & Kimの「Lessons Learned」のアイデアを頂戴したストリーキング・パフォーマンスが話題となり、猥褻罪で逮捕されるなど、すでに曰く付きですが、日曜日のカフェ・テラスで午前の太陽の光にまどろみながら聴きたい、穏やかな一曲です。

Erykah Badu - Window Seat






ddls.jpg

 そして第三位は、Daedelusの最新EP『Righteous Fists Of Harmony』!! 妖怪絵巻のような日本画タッチのオリエンタルなイラストが思わず目を引きます。

 Daedelusといえば、第二位に選出したErykah Baduのレヴュー内でも触れた、LAを拠点とするFlying LotusなどのUS西海岸ブロークン・ヒップホップ・シーンをリードするエレクトロニカ/ブレイクビーツ・アーティストですが、この新作は、これまで作品をリリースしてきたUKの老舗ブレイクス・レーベル<Ninja Tune>ではなく、Fly Lo自らが主催するレーベル<Brainfeeder>よりリリースとなりました。LAのビート・ジャンキーたちの巣窟であるパーティー"Low End Theory"(ライヴ・パフォーマンスを録音した音源もリリース済み!)の日本版として来日したり、07年の"Taico Club"では彼の図太いモミアゲのインパクトすら霞む超絶パフォーマンスを披露したり、この日本でも強烈な印象を残している彼によるこの新作では、フル・アルバムとしては最新となる08年作『Love to Make Music To』でのエレクトロを通過した力強いビートは陰を潜め、06年の特大傑作『Denies The Day's Demise』(個人的には06年ベスト・アルバム!!)ともよく似た、50年代の西洋の映画音楽をサンプリングしたかのようなオーケストラ的な柔らかなハーモニーと、電子音が紡ぐアンビエント的なバックグラウンドとエレクトロニカの繊細なビートが組合わさることで、夕暮れ時のベッドルームで寝ぼけ眼をこするのような、唯一無二ともいえるドリーミーな世界観を表現しています。EPの後半では、彼の愛妻ローラとのブラジリアン・フォーク・ユニットThe Long Lostでの活動の延長線上といえる、ローラの歌声と、ボッサノヴァ風フレーズを奏でるアコースティック・ギターをフィーチュアした曲が収録されており、一枚のEPで2つの顔が楽しめる作品となっております。

Daedelus - An Armada Approaches






 というわけで、まずは3月度の「GJ☆ジャケット」の発表でした! 続く4月度分もお楽しみに!!


ry01
ry01 CM(1) 

Free Art Magazine S Exhibition "SHOWCASE" に遊びに行ってきました
 やあこんばんは! ry01です。

 昨日は、先日のポストでもお伝えした、フリー・アート・マガジン『S』(http://fam-s.main.jp)が主催する展示会"Free Art Magazine S Exhibition 'SHOWCASE'"に遊びに行ってきました!

 実際に『S』に参加したアーティストたちの作品が一挙に集められた今回の展示では、各アーティストの現在を代表する作品が展示されている他に、最新号となる『Vol.5』(今回は冊子ではなく、なんと一枚ずつフライヤー状に印刷したものをパッケージしたもの!)も配布するなど、それぞれの個性が余すことなく発揮された空間となっておりました! ギャラリーでは、『S』のエディターでもある須田浩介君と紫藤浩史君が出迎えてくれたり、久しぶりの再会と新しい出会いもありました! 毎度彼らには沢山の刺激を受け続けています。リスペクト! 当日の様子を写真に収めてみましたので、いくつかご紹介させて頂きます。展示は明日まで行われていますので、是非とも皆さんも足を運んでみてください! 展示の詳細はこちら

DSC02633.jpg

DSC02634.jpg

DSC02635.jpg

DSC02636.jpg

DSC02639.jpg

DSC02640.jpg

DSC02642.jpg

DSC02644.jpg

DSC02645.jpg

DSC02647.jpg

DSC02648.jpg

DSC02649.jpg


ry01
ry01 CM(0) 

くるり 俺の15曲+α
quruli_20100611100908.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 昨夜は、前々回のポストでもお伝えしていた通り、新宿Rolling Stoneにて開催された、恒例の"BANDITS"にてDJでした! この日はくるり特集ということで、彼らの数多くの名曲たちを中心に、初の日本人のみのセットに挑戦してみたのですが、如何でしたかね? 事前に練習をしてみたときに、くるりの中期以降の曲は意外とビートが強いことに気付き、「おっ、これはもしかして全曲繋いでいくのもアリなのでは?」と考え、BPM80程のゆったりとした曲たちからスタートし、最終的に135あたりまで徐々にピッチを上げていく形で、自分としては割と上手くまとまったのかなあと思っております。間に挟んだくるり以外の曲も、彼らと同世代の日本人のアーティストをセレクトしてみたので、聴く方によっては、おそらく、ちょっとノスタルジックな雰囲気もありましたね。セットリストはこんな感じでした!

10/06/09(SAT.)
"BANDITS" presents くるり特集 SET LIST

くるり- ハローグッバイ
くるり - かごの中のジョニー
曽我部恵一 - 土曜の夜に
くるり - Mind The Gap
くるり - 恋人の時計
くるり - Baby I Love You
くるり - 赤い電車
中村一義 - 1, 2, 3
SUPERCAR - Sunday People
くるり - リバー
くるり - 冬の亡霊
くるり - 水中モーター
くるり - ばらの花 [Rei Harakami Remix]
くるり - ばらの花
七尾旅人 × やけのはら - Rollin' Rollin' [SKYFISH Remix]
MO'SOME TONEBENDER - We are Lucky Friends
くるり - もののけ姫 [Live at 京都磔磔]
くるり - Revolver
くるり - さっきの女の子


くるり - ハローグッバイ



 上手くDJが出来たかなという反面、「○○特集」という特定のアーティストをメインで扱うDJというのが初めてのチャレンジだったので、いろいろと反省点もありました。ちょっとくるりを多くかけ過ぎてしまったかもしれませんね。もう少し、アーティストのバックボーンなどが映るセットだと良かったのかもしれませんね。勉強します!

 ちなみに、このポストのトップには『ワルツを踊れ』のジャケットを貼りましたが、くるりのディスコグラフィの中で、自分が最も好きなくるりのアルバムです! 当時『のだめカンタービレ』にハマっていた自分にとって、オーケストラのアンサンブルを用いて一つの大きなメロディを描く、クラシック音楽を通過した岸田繁のソングライティングというのがジャストだったわけです。このアルバムのリリース後にパシフィコ横浜で行われた、ウィーン・アンバサーデ・オーケストラを招いてのコンサートにも足を運んだのですが、『ワルツ』の世界観がオーケストラの手を借りて完成する瞬間を目撃することが出来、とてもスペシャルな一夜でした! あの夜を体験出来たことは、自分の人生の自慢ですね(上に貼った「ハローグッバイ」のライヴ映像もその日のもの)。

 皆さんもそれぞれの作品に思い入れがあることかと思いますが、「どのアルバムがベストか?」と考えてみるのもなかなか楽しいことなので、是非とも皆さんのお気に入りの作品を今度教えてくださいね!


ry01
ry01 CM(0) 

死ねよ佐藤、お前の為に
shinsei.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 何だか挑発的というか、全国の佐藤さんに嫌われてしまいそうなタイトルのポストですが、これは7月7日にリリースされる神聖かまってちゃんの新曲「夕方のピアノ」のリリックから抜粋したものですので、あしからず。

 神聖かまってちゃんといえば、Peer Castやニコニコ動画などの動画配信サイトでのゲリラ的生放送をはじめ、2ちゃんねらー的なチャットを用いたリアル・タイムのコミュニケーションを駆使し、今ではサブカル的人気を誇るまでになった、このテン年代に最も話題となっているバンドですが、皆さんも一度は彼らの曲を耳にしたことがあることかと思います。

 そんな彼らによる、メジャー・デビューを前にして限定リリースされるこのシングルは、相変わらずといって良い程の、夕暮れの音楽室から聴こえてきそうな日本情緒溢れるノスタルジックなピアノ・フレーズに乗せて、聴く者をあざけ笑うかのようなボイス・チェンジャーを通した奇声が鳴り響く、「神聖かまってちゃん印」とでもいうべきトラッシーなパワー・ポップ曲となっております。

 このポストのタイトルにも記したように、コーラス部分で「死ねよ佐藤/お前の為に/死ね/死ね」と連呼しているのが印象に残りますが、これを聴いた多くの人は、相当の嫌悪感を覚えることになると思います。「死ね」と言われて、歌われて、気持ちが良いわけがありませんからね。しかし、彼らは「死ね」と歌わざるを得なかった、というのは、ヴォーカルの「の子」の出自を辿ればすぐにわかることだと思います(各自でぐぐってみてください)。で、実際に問題なのは、この表現がまかり通る現代というものがアリなのか、ナシなのかということ。我々がつい先日通過した00年代というのは、『ソラニン』でもお馴染みの浅野いにお的表現で例えるならば、情報過多故の心の飽食といえる時代だったわけですが、インターネットを主としたコミュニケーションの断片化からの充足化を経て、様々なケースが「まあ、ある話だよね」と、薄っぺらい共感を得る/求める時代であったともいえます。そこで、この「現代の病」を象徴する存在として、神聖かまってちゃんのデビューが歓迎されたということは簡単に理解出来るのですが、果たして、このあまりにパーソナルで切実な叫びを、「音楽」として受け入れることが出来るかどうか。それは各々の判断に任せますが、社会学的にも、とりあえずこの曲に耳を傾けることは、決して無意味なことではないと思います。

神聖かまってちゃん - 夕方のピアノ 






 ちなみに、自分はこのNHKの音楽番組でのライヴ映像を観て、ちょっと泣きそうになりました。アウトロでのMCで「イッツ・マイ・ジェネレーション!」と叫んでいるあたり、かなり自覚的なバンドなのだと思いました。

 そう、ロックンロールは鳴り止まねえんだよっ。

神聖かまってちゃん - ロックンロールは鳴り止まないっ



ry01
ry01 CM(0) 

Predawn's like a star
predawn_a01.jpg predawn.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 このブログを読んでくださっている方々の中では、国内の新しい世代のバンド/シンガー・ソングライター/トラックメイカー/DJたちによる、日本独自のインディ・シーンというものを熱心にチェックされている方も多いかと思うのですが、すでに関係各所で話題沸騰中の新星女性シンガー・ソングライターPredawnのデビューEP『手のなかの鳥』を皆さんはすでに聴かれましたか?

 まずPredawnとは、清水美和子による弾き語りソロ・プロジェクトのこと。シンプルなSSWスタイル(バック・バンドも一切なし)を取りながらも、小柄な身体にアコースティック・ギターを抱えて、一音一音を優しく紡いでいくように爪弾き、か細い喉を震わせて歌声を絞り出す姿は、それだけで圧倒的な存在感があります。彼女の場合、「天使の声」とも称される、しっとりとした透明感のあるウィスパー・ヴォイスと、息づかいすらもメロディを奏でているような発声テクニックが秀逸で、誰よりも優しく耳元で語りかけるその歌声を耳にすると、まるで朝露の香る森林浴の如く、心が穏やかになります。

 自身の作品としては、3曲入りの自主制作盤『10 MINUTES WITH PREDAWN』をリリースするのみながらも、日本のヒップホップ/ダブステップのトラック・メイカーEccyの作品にヴォーカルとして参加していたり、"Fuji Rock Festival '09"や"ap bank '09"などの大規模なロック・フェスティヴァルへ出演するなど、その歌声は知る人ぞ知る存在として高く評価されてきました。自分が彼女の存在を知ったのは昨年の話で、いつもお世話になっているライヴハウスである新宿MARZの店長タイラさんのレコメンドを受けてのことだったのですが、その前後から、この圧倒的な個性を持った歌声は広く認知されるようになった気がします。先月GOOD ON THE DANCEFLOORクルーでお邪魔した京都のインディ・パーティー"mogran' BAR"でも、つい先週末にゲストとしてライヴを行ったようですが、京都の皆さん、如何でしたか? 自分はまだ彼女のライヴを観たことがないので、このEPを聴きながら、彼女の眩い歌声を直に聴くことが出来る日がやって来るのを楽しみにしています。

Predawn - Suddenly




 ところで、彼女について「和製Norah Jones」と例えられていることをよく目にしますが、Norah Jonesはジャズからの影響が色濃いSSWだと思うので、それよりも、Laura MarlingEmmy The Greatのようなインディ・フォーク系のSSWの方が近いのではと思います。あとは、曲単位でいうと、真っ先に思い出したのはCorinne Bailey Raeの「Lile a Star」ですね。彼女は今年のフジ・ロックに出演しますが(1日目のホワイト・ステージ!!)、共演などがあるようでしたら素敵ですよね。この曲は本当に名曲です。

Corinne Bailey Rae - Like a Star



ry01
ry01 CM(0) 

くるり 俺の10曲
quruli_.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 前回のポストの最後でもお知らせしたように、今週9日の水曜日の深夜は、新宿Rolling Stoneにて定期的に開催されている"BANDITS"にてDJです! しかも、なんとこの日は初の特集ということで、くるり特集が行われます!! くるりを愛して止まない自分としては、彼らの名曲たちを中心に、98年世代のバンドたちをはじめ、日本のロックを多くプレイしようと思っていますので、是非とも皆さんにも遊びにいらして頂きたいです。

 というわけで、くるり特集に先駆けて、今回のポストでは「くるり 俺の10曲」と題して、自分が選ぶくるりのベスト10曲を発表させて頂きます! これまでにもこのブログでは、同じように「電気グルーヴ 俺の10曲」や「ビートルズ 俺の10曲」などの特集を行っていましたが、自分が世界で一番愛するバンドとして、特段の愛情を持ってセレクトさせて頂きました。数多くの名曲を持つくるりなので、その中から10曲を厳選するのは至難の業でしたが、自分の趣味嗜好を反映させつつ、こんなランキングになりました。先日、くるりにとって初となる詩集も発売されたことなので、リリックにもフィーチュアしてみました。それでは以下がベスト10です!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『くるり 俺の10曲』

1位 ワンダーフォーゲル



僕が何千マイルも歩いたら/手のひらから大事なものが零れ落ちた
思い出のうた/口ずさむ/繋がらない想いを土に還した

つまらない日々を/小さな躰に/すりつけても減りはしない/少し淋しくなるだけ

ハローも/グッバイも/サンキューも言わなくなって
こんなにもすれ違ってそれぞれ歩いてゆく




2位 THANK YOU MY GIRL



サンキュー・マイ・ガール/今日でさよなら言わなきゃ
どれくらい歩いて来たんだろう/知らなきゃ

今すぐ笑って/すぐ会いに行くよ/名前もつけるよ/涙にも全部

サンキュー・マイ・ガール/いつも出会った日のこと思うよ
いつだって素直になりたいんだ/本当は




3位 ロックンロール



進め/ビートはゆっくり刻む/足早にならず/確かめながら
涙を流すことだけ不安になるよ/この気持ちが止まらないように

裸足のままでゆく/何も見えなくなる/振り返ることなく/天国のドア叩く

たった一かけらの勇気があれば/本当のやさしさがあれば
あなたを思う本当の心があれば/僕は全てを失えるんだ

晴れ渡る空の色/忘れない日々のこと/溶けていく景色はいつも/こんなに迷っているのに
八の字描くように/無限のグライダー飛ぶよ/さよならまた明日/言わなきゃいけないな




4位 デルタ

デルタの主は/ぽつりぽつりと歌ってた
真っ赤な嘘も/人参みたいに/バターで炒めて/食べてしまえと

夕日はいつも/君を泣かしてばかりだな
とてもでっかい太陽が/君を溶かしてしまうのさ




5位 リバー



よくある話/恋の向こう側/河は淀む/涙の雨振らせても

You Take Me Higher/俺祈ってら
たいがいな欲望を持ち続けたまま
滑るんだ/ニアミスするんだ/遠くまで連れて行きたいのに

大人になればわかるのさ/子供のままじゃわからないそうだ




6位 さよなら春の日



行けば哀しい道のりだろう/あなたの瞼の中で泳ぐ

朝が来た来た/夢を捨てなきゃ/昨日のほうが雨降りでした
さらば友よ/隠れず出てこい/くるくる回る日傘/虹が出ました




7位 ばらの花



雨降りの朝で/今日も会えないや/なんとなく
でも少しだけほっとして/飲み干したジンジャーエール/気が抜けて

安心な僕らは旅に出ようぜ/思い切り泣いたり笑ったりしようぜ

最終バス乗り過ごして/もう君に会えない/あんなに近づいたのに遠くなってゆく
だけどこんなに胸が痛むのは/何の花に例えられましょう

ジンジャーエール買って飲んだ/こんな味だったっけな
安心な僕らは旅に出ようぜ/思い切り泣いたり笑ったりしようぜ




8位 WORLD'S END SUPERNOVA



DO BE DO BE DA DA DO
スタンバイしたら/みんなミュージック・フリークス
1.2.3でバック・ビート/ピッチ・シフト/ボーイ/全部持ってて
ラフラフ&ダンス・ミュージック/僕らいつも笑って汗まみれ
どこまでもゆける

1.2.3でバック・ビート/スウィングして粘るベース・ライン
アイ・ラヴ・ユー/皆思う/これだけがメロディ奏でだす
ラフラフ&ダンス・ミュージック/僕らいつもべそかいてばかり
朝が来ないまま

いつまでも/このままでいい/それは嘘/間違ってる
重なる夢/重ねる嘘/重なる愛/重なるリズム




9位 さっきの女の子



ずるずると滑り落ちていく/未来への最終バスから
転げ落ちたんだよ/わかるかい?/取り残された午前一時
そんなんで目を覚ましたら/やり切れないことばっかりで
素直になればなるほど僕は/僕は誰にも負けない/今日は眠る

ヨコハマ過ぎてうとうと/電車の匂いほとほと
前の人が僕の好きな人に似てた/ありがとう/僕はまだまだいけるかな

駅に着いたらテクテク/いつもより遅く歩く
さっきの女の子/可愛かったな/下らないことばかり考えたいかな




10位 言葉はさんかく こころは四角



言葉はさんかくで/こころは四角だな/まあるい涙をそっと拭いてくれ

地下鉄は走ってく/君は髪をなびかせて
君の匂いは/ずっと僕の匂い

いつかきっと君も/恋に落ちるだろう
繋いだお手々を振り払うように

明るい話しよう/暗くならないうちに/この恋が冷めてしまわないうちに
言葉はさんかくで/こころは四角だよ/まあるい涙よ飛んでゆけ




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 以上が自分が選ぶ「くるり 俺の10曲」です! 皆さんが好きな曲もありましたでしょうか? 「デルタ」だけ動画がなかったのが残念ですが、自分も、それぞれの曲とリリックを照らし合わせて改めて聴いてみて、やはり良いことを歌っているバンドだなあと再確認出来ました。本当はそれぞれの曲についての解説も書こうと思ったのですが、名曲たちに蛇足を付けるのも勿体ない話なので、今回はとくに書かないでおくことにします(またの機会にでも)。

 こうやってお気に入りの10曲を並べてみると、くるりの「うた」というのは、失恋や絶望に胸を打ちひしがれた少年が、涙を拭いて、後ろを少し振り返りながらも、しっかりと歩を進めていく様子を描いていることが多いことに気がつきますね。そして「WORLD'S END SUPERNOVA」のような曲では、悲しみの中でもダンスのステップを止めないように、「言葉はさんかく こころは四角」のような曲では、純真無垢な想いが屈折なく君に届くように、強く願っている様子がよくわかります。だからこそ彼らの「うた」は、『SNOOZER』的な表現をすると、正にブルーにこんがらがった少年/少女の為のサウンド・トラックとして、多くのボーイズ&ガールズの共感を呼んで止まないのでしょう。自分もその一人ですね。


 是非とも皆さんも、自分にとっての「俺10曲」をセレクトしてみると楽しいと思います! そしてその10曲を胸に、今週水曜日の"BANDITS"に遊びにいらしてください! eyama君&小倉君のストーンDJsと私ry01が、くるりの名曲たちを存分にプレイしますので! お待ちしております!!

2010/06/09(WED.)
"BANDITS" presents くるり特集
@Shinjuku Rolling Stone
http://www.rockin-rollingstone.com/
OPEN/START 19:00
19:00 - 21:00 CHARGE FREE!
21:00 - ALL NIGHT 200yen w/1DRINK
【DJs】
eyama
小倉健一
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)



ry01
ry01 CM(1) 

HALFBYリリース・パーティー終了! お次は"BANDITS"!!!!!!
cc_.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 昨日は"HALFBY 'The Island of Curiosity' RELEASE TOUR"@新宿OTOにてDJでした! 遊びにいらしてくださった皆さん、お誘いくださった<Second Royal>の皆さん、ありがとうございました! そしてHALFBY高橋さん、改めてリリースおめでとうございます! 毎度盛り上がりを魅せる<Second Royal>のパーティーですが、昨夜は高橋さんとHandsomeboy Techniqueこと森野さんそれぞれのロング・セットを聴くことが出来、一ファンとして踊り倒させて頂きました! 新作からのトラックを絡めた高橋さんのバウンシーなDJも、メタル風ツー・バスの曲(あれは一体!?)で幕開け→ディスコ→ハウス→ヒップホップと縦横無尽に流れ込む森野さんのDJも、最高に楽しかったです! お二人のDJが良過ぎて、その後にDJをバトン・タッチする自分は、DJ前に緊張に押し潰されてしまいそうでしたが、自分としては何とか上手くプレイすることが出来て良かったです。DJ終了後、初めて高橋さんに「DJ良かったよ」と仰って頂けて、感涙モノでした…。というわけで、昨日のセットリストをどうぞ!


10/06/05(SAT.)
"HALFBY 'The Island of Curiosity' RELEASE TOUR" SET LIST

■1st Set
Nu clear classmate - Causeless Pain [White Scooper Remix]
Walls - Hang Four
Rustie - Inside Pikachu's Cunt
Toro Y Moi - Low Shoulder
Javelin - Vibrationz
Ruby Suns - Cinco
Bonobo - Kiara
Gorillaz - Superfast Jellyfish feat. De La Soul & Gruff Rhys
Kylie Auldist - In A Week, In A Day
Lindstrom & Christabelle - Lovesick
Free Energy - Bang Pop
Weezer - The World Has Turned and Left Me Here
Kate Nash - Do-Wah-Doo

■2nd Set
The Hundred In The Hands - Tom Tom
LCD Soundsystem - One Touch
Zombieboy & DJ Trendy - Urban Playboys [White Scooper Neo-Geo Remix]
Crystal Castles - Celestica
Golden Filter - Look Me In The Eye
Louderbach - Notes
Super Flu - Bukkake Beyonce
Lindstrom & Christabelle - Baby Can't Stop [Aeroplane Vocal Remix]
La Roux - Bullet Proof [Gunhead Remix]
These Are Powers - Candyman [Teengirl Fantasy Remix]
Ikonika - Idiot
Africa Hitech - Blen
Bjork - Hyper-Ballad [Eccy Remix]



cc.jpg

 二回目のセットではCrystal Castlesの新曲もプレイしましたが、皆さんはすでに彼らの新作『Crystal Castles』(セルフ・タイトル!)をチェックされましたでしょうか? 下記のリード・トラック「Celestica」を聴いて頂ければわかる通り、前作でのトラッシーなハードコア・エレクトロ・サウンドは陰を潜め、Glass CandyやNite Jewelといった<Italian Do It Better>周辺のシンセ・ディスコ・バンドなどからの影響と思しき、煌びやかで優雅なフォルムに激変。とはいっても、アルバムを通して曲の完成度がバラバラで、曲のタイプもややチグハグという、相変わらず曲が書けないバンドではあるのですが、この「Celestica」は、ちょうど前作と現在のモードの最良の部分を折衷したかのような、メランコリックなアシッド・エレクトロ・ハウスに仕上がっており、お気に入りの一曲です。


Crystal Castles - Celestica






 そして次回のDJは、今週9日の水曜日に新宿Rolling Stoneにて開催される、恒例の"BANDITS"!

2010/06/09(WED.)
"BANDITS" presents くるり特集
@Shinjuku Rolling Stone
http://www.rockin-rollingstone.com/
OPEN/START 19:00
19:00 - 21:00 CHARGE FREE!
21:00 - ALL NIGHT 1000yen w/1DRINK
【DJs】
eyama
小倉健一
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)


 前回は体調不良で出演をキャンセルしてしまったので(本当に申し訳ございません)、しっかりリヴェンジを果たせるよう、気合いを入れて挑みます。しかもこの日は、"BANDITS"の初となる特集とのことで、なんと、「くるり」特集を行います!! 「世界で一番好きなバンドは?」と聞かれたら、「くるり」と即答している自分としては、こういった特集の日にDJをさせて頂けるのは光栄です! 普段からくるり愛を口に出している訳ではないので、おそらく、僕がどれだけくるりが好きなのか、たぶん皆さんご存知ないのでは。ふふふ。せっかくなので、この日は,
98年世代のバンドを中心に、日本人の曲を多めにかけたいなと思っております!

 というわけで、是非ともこの日も遊びにいらしてくださいね! くるりの名曲たちを楽しみ尽くしましょう!!


ry01
ry01 CM(0) 

British Pavilion × CANNABIS × STYLE BAND TOKYO
 やあこんばんは! ry01です。

 先日、大盛況のうちに終了した『Lick The Star』リリース・パーティーでは、VJや鮮やかな衣装などのヴィジュアルを用いて「SUCIDE POP」の魅力を完全開花させたNu clear classmateですが、次回のライヴはこちらになります!!

BP_SN_omote3.jpg

BP_SN_ura2.jpg

2010/06/18(FRI.)
British Pavilion Special Night
"British Pavilion×CANNABIS×STYLE BAND TOKYO"
@Shibuya axxcis
http://www.axxcis.net/
OPEN/START 21:00
ADV 3000yen DOOR 3500yen +1DRINK

【Bands】
ROMANCE (from UK) / Psysalia Psysalis Psyche / Moja
The Suzan / Gimme Um / BlieAN / AFRICAEMO
Nu clear classmate / Crystal /Dominica / DACOTA SPEAKER
The Mammals / aM / CHECZ NO REPUBLIC / LED NAKED
and secret bands!!!!!!

【DJs】
British Pavilion(Terry/八木橋一寛/Kuma/Daichi Tada and more)
中村 義響 (The Pegasuss) / GALLIANO (CANNABIS) / The Tarmans (CANNABIS)
Baroque(Kidz rec) / Kinkies(Kidz rec) / TOMO (STYLE BAND TOKYO)
Buffalo’3 / Black Neon Party / si oux / SANAI(REACT,Synesthesize,the ANTS)
SAKURA (TWEE GIRRRLS CLUB) / YO-SUKE!!! (BAAANG!!!)
江原優(Mighty Pop/Melodic Sunshine) / yusaku fujita a.k.a. DJ Mista (club passione)
ry01 (GOOD ON THE DANCEFLOOR) / musiqconcierge(beyond/dBUKi/reclash)
星原喜一郎(NEW ACTION!/soultoday) / Postman Group(From Mont Blanc) / Disrupt

【Special Performance】
紫ベビードール

【VJ】
NI-W

【Live Painting】
Mao Simmons

主催: British Pavilion / CANNABIS / STYLE BAND TOKYO
協力: BAAANG!!!



 02年よりスタートし、最近の"British Anthems"では独自のブッキングで国内新世代バンドをフィーチュアするなど
、押しも押されぬ人気を誇るロック・パーティー"British Pavilion"のスペシャル・ナイトに、Nu clear classmateと自分がライヴ&DJで出演することになりました! この日はスペシャル・ナイトというだけあり、メインである"British Pavilion"と、Johnny ForeignerやMaths Classなど海外インディ・バンドとの共演も数多いインディ・パーティー"STYLE BAND TOKYO"、最先端のファッション/音楽/アートを発信するセレクトショップ<CANNABIS>のトリプル・コラボレーションで開催されるこのパーティー!!

 上記の通り、ラインナップも超豪華! UKからは、Ipso Factの元メンバー率いるロンドンのコールド・ウェイヴ・バンドRomanceが特別出演! <Rough Trade>や<Disc Error>からの音源リリースや、カルチャー誌<Dazed & Confused>の表紙を飾るなど、アート&ファッショナブルな要注目のバンドです。

 国内からは、ライヴ・アクトとしてThe SuzanやPsysalia Psysalis Psyche、AFRICAEMO、Crystalなど、DJとして"British Pavilion"クルーや<STYLE BAND TOKYO>のTOMO氏、<CANNABIS>のGALLIANO氏をはじめ、Nu clear classmateの『Lick The Star』のリミクスを手掛けて頂いた中村義響氏、<Kidz rec>の若手代表Baroqueなど、超豪華ラインナップが揃っております! この錚々たるラインナップを一夜で観れることは、なかなかないのではないのかと思います。


 こちらのチケット予約をご希望される場合は、「6/18(金)」「お名前」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければ予約を承ります。

 この激熱なパーティーでのNu clear classmateと自分のライヴ&DJを見逃すことなかれ!!


ry01
ry01 CM(0) 

Free Art Magazine S Exhibition "SHOWCASE"
s.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 今日はお知らせが一つあります!

 我らが<GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK>のリリース第一弾として、昨年9月にリリースされたレーベル・コンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』のアートワークを手掛けたことでも知られる、京都のドローイング/グラフィック・アーティストdeminilこと野村美保が、東京を中心に配布されているフリー・アート・マガジン『S』(http://fam-s.main.jp)が主催する展示会"Free Art Magazine S Exhibition 'SHOWCASE'"に参加することになりました! おやっ、上の写真の右側にも、見覚えのある作品がありますね! 詳細は下記の通りです。


Free Art Magazine S Exhibition
"SHOWCASE"

6/1(Tue) - 6/12(Sat)
10:00 - 17:00(Closed on Sunday)
[6/12(Sat) 10:00 - 15:00]
Opening Party 6/5(Sat) 16:30-18:00

@GALLERIA PUNTO / 創形美術学校
〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-31-2
TEL: 03-3986-1981 E-mail: sokei@sokei.ac.jp

Free Art Magazine 『S』 Vol.05 にともなって『S』参加アーティストによるエキシビションを開催することになりました! エキシビション・タイトルを"SHOWCASE"と題し、新進気鋭の若手アーティスト16名によるグループ展を行います。Vol.01~Vol.05まで、Free Art Magazine 『S』で紹介されてきた彼らの作品のクオリティや世界観をお楽しみ下さい。

オープニング・パーティーではFree Art Magazine 『S』 vol.5発行の連動企画として、vol.5に参加したアーティスト達のグッズが手に入る、スペシャル版『S』の抽選会をおこないます! 是非、ご参加ください!

【Artists】
大沢知実 / Tomomi Osawa
金澤友紀 / Yuki Kanazawa
勝倉大和 / Hiroto Katsukura
紫藤浩史(Editor) / Hirohumi Shido
須田浩介(Editor) / Kosuke Suda
関根秀星(Editor) / Shusei Sekine
高橋明希 / Aki Tkahashi
利光春華 / Haruka Toshimitsu
野村美保 / Miho Nomura
丸山紗依 / Sayori Maruyama
ミヤタユキ / Yuki Miyata
agoera
ジャムゾンビ / JAMZOMBIE(Yamashiro&Sugar)
YUMONY
102
#9



 フリー・アート・マガジン『S』というのは、紫藤浩史/須田浩介/関根秀星の三人のアーティストが中心となってディレクションを務める、「未来を担う若手アーティスト/クリエイターが、自分たちから世間へ発信していくマガジン」であり、「自分たちで生み出し表現したアート、イラスト、デザインなどのクリエイティブ表現をより多くの人たちに感じてもらいたいという、表現者たちの熱意が集結」し、これまでも定期的にフリー・マガジンを発行するなど、高い志を持って活動を続けているプロジェクトです。

 自分も、これまで発行された号は全て入手していますが、アーティストたちがそれおれ個性が磨き合いながら発信していく様は、ジャンルは違えど、深くリスペクトしております。<GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK>も最初のリリースがコンピレーションだったことを考えると、どこか共通している部分がありますよね。それぞれのアーティストが自分の個性を持ってして、唯一無二といえる表現を繰り広げるカラフルな誌面には、毎度鮮烈な衝撃を覚えています。

 今回の展示では、The Brixton AcademyのVJでも知られる#9や、その相方である102も参加しているので、GOOD ON THE DANCEFLOOR界隈のパーティーに足を運んで頂いている皆さんにも、是非ともこの展示をご覧になって頂きたいですね! 明日にはオープニング・パーティーもあるそうですので、是非とも要チェックでよろしくお願い致します!

ry01
ry01 CM(0) 

Lillies and Remains is Back!!!!!!
lr.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 今年は、The BawdiesやQUATTROの新作や、OLDEWORLDEや(手前味噌ながら)Nu clear classmateのデビュー作など、00年代末に芽を現した日本の若手バンドたちによる充実作が多くリリースされていますが、以前音楽雑誌『SNOOZER』にて、00年代以降の感性を持ってしてオルタナティヴなサウンドを鳴らす、新しい世代のバンドたちをフィーチュアした『非「邦楽」の世代』という特集があったことを憶えていますでしょうか? その特集の中でも早い段階でピックアップされていた、京都発のガレージ・ロック/ニュー・ウェイヴ・バンドLillies and Remainsの新作が満を持していよいよリリースされます!

 08年5月にリリースされたデビューEP『Moralist S.S.』では、トリッキーなソングライティング・センスを持ってして、不敵な笑みを浮かべながら、クール且つ豪快にダークなガレージ・サウンドを鳴らす姿が印象的でしたが、その一年後にリリースされた1stアルバム『Part Of Grace』では、ヘヴィなギター・フレーズと取って代わって、アルペジオの一音一音を丁寧に紡ぐことで生まれる、ネオアコからの影響を伺わせる蒼いメランコリックな世界観を表現し、『非「邦楽」の世代』のバンドたちの中でも飛び抜けた美意識の高さを魅せ付けてた彼ら。アルバムの最後にはリミクスも収録されていましたが、ロンドンのダーク・ニュー・ウェイヴ・バンドMicron63や、Vampire WeekendのメンバーによるBias Chorが手掛けていたのも、センスの良さが滲んでいましたね。

 しかし、このまま耽美的なモードに転換していくのかと思いきや、新作のリリースに先駆けて公開された新曲「Devaloka」では、ミッシェル・ガン・エレファント然りとしたシンプルなガレージ・ロックへと洗練化! この、ストレート且つ、ビッグなスケールを意識したソングライティングには驚きました。大袈裟でベタな展開&エフェクトや、コンプレッサーがやや強めにかかったギター・サウンドを嫌がる人も中にはいるかもしれませんが、より求心力を強めたこのソリッドなガレージ・サウンドを自分は支持したいと思います。エレクトロ・ハウスのトラック・メイカーmetalmouseを共同プロデューサーに迎えたことで、高音と低音のレンジの幅を利かせた、エレクトロニック・ミュージック的なダイナミックな聴かせ方(最後のコーラス前に低音を切ったりすることも!)が出来ているのも大きなポイントかと思います。

 とにかく、この大胆な変貌を聴き逃す手はありません! アルバムも入手次第、レヴューをアップする予定ですので、まずはこの新曲を聴いて、共に首を長く待ちましょう!


Lillies and Remains - Devaloka



ry01
ry01 CM(0) 

HALFBY "The Island of Curiosity" RELEASE TOUR!!!!!!
 やあこんばんは! ry01です。

 前回のポストでは、GOOD ONHEANCEFLOORの三年の歴史をざっと振り返りましたが、四年目に突入したこの6月からも、GOODメンバーは早速働きまくります! まず自分のDJの予定ですが、6月一発目の週末となる今週末は、こちらのパーティーにてDJをさせて頂きます!! 亀!!??

halfby.jpg

2010/06/05(SAT.)
"HALFBY 'The Island of Curiosity' RELEASE TOUR"
@Shinjuku OTO
http://www.club-oto.com/index.html
OPEN/START 22:00
ADV 2000yen DOOR 2500yen w/2DRINK
【DJs】
高橋孝博(HALFBY)
http://www.myspace.com/halfby
森野義貴(HANDSOMEBOY TECHNIQUE)
http://www.myspace.com/handsomeboytechniquejpn
松野光紀(FREDO)
http://www.myspace.com/fredojpn
ANARUSHIN
http://www.myspace.com/anarushin
TWEE GRRRLS CLUB
http://www.myspace.com/tweegrrrlsclub
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)
http://www.myspace.com/ry01good
Osanai(SECOND ROYAL RECORDS)



 先日、クラブ・イヴェントとしてのスタートから10周年を迎えた、京都が誇るインディ・レーベル<Second Royal>を代表する、トラック・メイカー/DJであり、はたまたレコード・ショップ・バイヤー/愛犬家/愛亀家(?)でも知られるHALFBY高橋氏の、三年振りとなる待望の新作『The Island of Curiosity』のリリース・パーティーが新宿OTOにて開催されます! 改めて新作のリリースおめでとうございます!! 定期的に開催されている<Second Royal>の東京でのパーティーでは、ここ最近は自分も毎度DJをさせて頂いていましたが、記念すべきリリースを祝う一夜に参加させて頂くことが出来、大変光栄です! お誘いくださった小山内社長には感謝でございます。

 この日は、主役のHALFBY高橋氏をはじめ、Hondsomeboy Technique森野氏、FREDO松野氏、ANARUSHIN、小山内社長など、お馴染みのセカロイ・クルーが大集合の上、東京を代表するガールズ・インディ・コミュニティTWEE GRRRLS CLUBも出演という、相変わらず豪華なラインナップ! 高橋氏と森野氏によるそれぞれ一時間のロング・セットがパーティーの真中にドッシリと控えていますので(さらにクローズも高橋氏! 貴重!)、自分も<Second Royal>の一ファンとして、たっぷり遊び倒そうと思っています! ちなみに僕のDJは、23時~と27時半~の30分×2です! 後半は森野氏からのバトン・タッチなので、超緊張!!!!!!

halfby_20100604102439.jpg

 ところで、前述した、リリースされたばかりの高橋氏の新作『The Island of Curiosity』を皆さんはすでにお聴きになりましたでしょうか? この作品、お世辞抜きにめちゃめちゃ素晴らしいです。

 スカイ&オーシャン・ブルーな南国の楽園が描かれたジャケット(80kidzのJUN氏による作画!)がまず印象的ですが、そのヴィジュアルをそのままに、思わず体感気温が30℃超えしてしまうトロピカルな煌めきが、アルバムを通して眩しい程に燦々と降り注いでおります。7inchシングルとして先行リリースされた、カリプソなどカリブ音楽からの影響が色濃い脱力系歌モノ曲「Man Of Fire」や、そのシングルのBサイドに収録された、転がるようなカーニヴァル風マーチング・ドラムが印象的な「Hunting Out Of Season」をはじめ、Tough AllianceやAir Franceなど<Sincerely Yours>周辺のソフト・シンセ・ポップ・バンドたちとシンクロする「Blue Condition」や「North Marine Drive」、「Flash Bam」などのトロピカルなインディ・ポップ・ナンバーが並ぶアルバム前半から、以上の最新モードを踏まえ、フィジェット・ハウスを独自解釈した「Juicy」や「Mad Surfin'」などが並ぶアルバム後半に一気に流れ込むこの展開に、体感気温はすでに40℃超え!

 トロピカルなムードを一貫させながらも、楽曲によって使用する楽器の構成がガラリと変わるなど、とにかくヴァラエティ豊かな内容ですが、楽曲それぞれの個性を際立たせているのが、何よりも多彩なリズム・パターン! 曲を繋いでいく毎に、リズム・パターンが目くるめく変化を魅せるのが高橋氏のDJの特徴だと思っているのですが(毎度感動しています)、この新作では、正にそのプレイ・スタイルが大きく反映されているのではないでしょうか。

 なので、DJならではのトラック・メイキングが施されたこの新作を120%味わう為には、今週末のリリース・パーティーに駆け込み、高橋氏のDJで踊り倒すことをお勧めします! 皆さんのVIBESで、OTOを南国にしてしまいましょう!!

HALFBY - Mad Surfin'



 チケットの前売はメール予約のみとなりますので、info@secondroyal.comまで、件名に「メール予約」本文に「日時/会場名/お名前/枚数/連絡先」を明記してお送り頂ければ大丈夫のようです! もしくはinfo@goodonthedancefloor.com宛に同じくご連絡頂ければ予約を承ります! 週末はOTOでお待ちしております!!


ry01
ry01 CM(0) 

GOOD ON THE DANCEFLOOR 設立三周年!!!!!!
good1001.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 暦も変わり、一年の折り返しとなる6月となりましたが、じつは本日2010年6月1日付けで、GOOD ON THE DANCEFLOORは設立丸三年になります! アニヴァーサリーなどにはあまり拘らない性格なのですが、ふと思い出したので、今回のポストではこれまでのGOOD ON THE DANCEFLOORの歩みを少し振り返ってみることにします!



 まず、このGOOD ON THE DANCEFLOORというものは、今ではアーティスト集団/レーベル/パーティーとして皆さんに触れて頂いていると思います。しかし元々は、White ScooperのZakと2人で立ち上げたものなのです。今ではバンド/DJ/ライター/デザイナーなどを含め、7人で活動しておりますが、最初はたったの2人でした。もっと話を戻すと、自分とWhite ScooperのZakは、それぞれ東京と埼玉に暮らす、何の繋がりもないレコ屋勤務フリーターと大学生でしたが、2007年3月に代官山AIRにて行われた<KITSUNE>のパーティーで彼と偶然出会い、意気投合したのをきっかけに、彼とのやり取りを始めるようになりました。その<KITSUNE>のパーティーで彼にもらったCD-Rに入っていたのが、White Scooperの音源。その時点でのWhite Scooperは、ネット上に制作した曲をアップするのみで、ライヴ活動も音源のリリースもしていない、所謂「MySpace世代」の黎明期を象徴するようなバンドでしたが、彼らが鳴らす音楽がやたらカッコイイので、思わず「一緒に何かしないか?」と声を掛けたのがGOOD ON THE DANCEFLOOR立ち上げのそもそものきっかけです。勿論、誘った自分もその時点では、レーベルの「レ」の字も、パーティーの「パ」の字も知らない、オーガナイズには程遠いド素人でしたが、彼も自分も「日本の音楽を中心としたカルチャーの、今のこの悶々とした状況をどうにか打破したい」という気持ちが強く有ったので、彼はアーティストとして、自分はサポート役として、GOOD ON THE DANCEFLOORというアーティスト集団を設立することになったのでした。そこでまず、活動始めの一歩としてGOOD ON THE DANCEFLOORのMySpaceを立ち上げたのが、三年前の今日というわけです。

 当初はWhite Scooperのメンバーと自分のみだったこの集団も、その後、Nu clear classmateやBamianのようなバンドや、sakiやSAFARI(現在は脱退)などのようなフォトグラファー/ドローイング・アーティスト/デザイナーが加入したり、自分もDJやライターとして活動をするようになったり、最近ではFUMI44が新米スタッフ/DJとして加入したことで、今のように「アーティスト集団」として認知して頂けるまでになりました。それぞれの個性も見事にバラバラのこの集団ですが、皆が同じく志していることがあるとすれば、GOOD ON THE DANCEFLOORのオフィシャルのプロフィールにもある通り、「上の世代には持ち得ない、自らの世代ならではの感覚を証明すること」でしょうかね。

 次に、GOOD ON THE DANCEFLOORのこれまでの歴史をざっと振り返ってみます。まずWhite ScooperやNu clear classmateがライヴ活動を始め(自分もDJを開始)、初めてのGOOD ON THE DANCEFLOOR名義でのパーティーを開催したのが一年目。まさかのNiw! Recordsとのコラボレーション・パーティー"Niw! Collection"が始まったのもこの一年目からですね。二回目のパーティーが代官山UNITなのには、流石に驚いたものです。続いて、自主レーベルをスタートさせ、White ScooperのデビューEP『Thousand Valleys』をリリースし、フリーペーパー<GOOD MAG.>を発行したのが二年目。新宿MARZにて三ヶ月連続で開催された伝説的パーティー"THURSDAY PEOPLE!"もありました。そして、ディスクユニオン内の新レーベルとして"GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK"をスタートさせ、初の全国流通となったレーベル・コンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』と、Nu clear classmateの新作EP『Lick The Star』をリリースしたのが三年目。White ScooperのZakとsakiを中心に、アート・サイドを推し出したエキシビジョン・パーティーをデザイン・フェスタ内で開催したり、初めての自分が音楽雑誌『SNOOZER』で執筆したりしたのもこの一年間ですね。

 最近はパーティーを開催するペースが落ちてはいますが、これまでに通産14回開催してきました。パーティーを通じて親交を深めたバンド/DJというのが多いですが、お馴染みなところだと、The Brixton AcademyやThe New House、PILLS EMPIRE、AAPSなどでしょうか。パーティーを通じて、同世代のアーティストたちと切磋琢磨しながら成長出来ている実感があります。ちなみに、昔からGOOD ON THE DANCEFLOORのことをチェックしてくださっている方はご存知だったかもしれませんが、意外なところだと、今をときめくThe MirrazやDJ KYOKOさんに出演して頂いたこともありました。



 というわけで、ざっとこの三年間を振り返ってみました! 基本的に素人の集団なのですが、こうやって振り返ってみると、いろいろ経験することが出来たのだなと、妙に感慨深いです。続けるって大事ですね(しんみり)。設立当初からGOOD ON THE DANCEFLOORのことを追いかけてくださっていた方にも、最近になってGOOD ON THE DANCEFLOORのことを知ってくださった方にも、ちょっとエキサイティングな三年間に映ったのであれば嬉しいです! 四年目となるこれからも、皆さんをエキサイティングさせるべく、日々スキルを磨きながら活動していく所存でございます! すでに楽しいことをいろいろと予定していますので、ぐふふな感じです。なので、是非ともこれからもGOOD ON THE DANCEFLOORのことを面白がって頂けると嬉しいです。ぐへへ。

 最後は、このアーティスト集団の名前として引用させて頂いた、自分が世界一好きなタイトルであるこの曲でお別れ!!


Arctic Monkeys - I Bet You Look Good On The Dancefloor



ry01
ry01 CM(0) 


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。