GOOD ON THE DANCEFLOOR

GOOD ON THE DANCEFLOOR
OFFICIAL
Twitter
MySpace(Label)

レーベル/パーティ"GOOD ON THE DANCEFLOOR"のオフィシャル・ブログです。

[ABOUT US]
東京発のレーベル/パーティ。Arctic Monkeysの曲名から名づけられたこの集団は、上の世代には持ち得ない、自らの世代ならではの感覚を証明することを目的として、2007年6月に結成。バンド/DJ/デザイナー/ライター/フォトグラファーなど、現在複数のメンバーによって構成されている。個々での活動に加え、GOOD ON THE DANCEFLOORとしてもイヴェントやパーティーを不定期に開催。2009年秋にはレーベル初のコンピレーションCD『ALT A NATIVE SYNDICATE』をリリースし、国内をはじめ、北米/欧/豪にも配信リリースしている。

contact me :P
info@goodonthedancefloor.com

[NEWS]
2009年9月にリリースされ、日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、熱心な海外インディ・リスナーから、国内新世代インディ・バンド・ファンまで、多方面から絶賛の声を浴びた、東京の新世代レーベル"GOOD ON THE DANCEFLOOR"による、今後活躍が期待される新型バンドを集結させたコンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』。紅一点として参加したNu clear classmateが待望の単独作を遂にリリース!
------------------------------------------------------------
USインディ新世代と共振するサウンドに、コケティッシュな女性ヴォーカルを乗せた、日本発のキッチュな個性。この最新EPでは、Washed OutなどのGlo-Fi、Nite Jewelらが牽引するインディ・シンセ・ディスコ、そして時流のエレクトロ・ポップなどを、軽やかに横断している。わずか半年ほど前にリリースされたレーベル・コンピ収録曲と比べると、目が覚めるほどの音楽的な飛躍ぶり。ただ今メキメキと成長中の新世代二人組に、ぜひ注目を!
-小林祥晴-
------------------------------------------------------------
失礼を承知で正直に言うと、彼女たちがここまでの作品を仕上げてくるとは全く思っていませんでした。日々から逃げ出したい気持ち、マリア様に包まれてただただ安らかに眠っていたいという欲望と、それが叶わざる願いであることが転化した、やすりのような手触りの不機嫌な殺気。2010年に生きていく感覚そのままの音楽です。
-田中亮太(JET SET KYOTO/mogran'BAR)-
------------------------------------------------------------
Nu clear classmate 『Lick The Star』
2010/04/16 ON SALE
GOOD-1002 / including 5 songs 1,300yen (tax out)
1. Blank World
2. Causeless Pain
3. The Nearest Faraway
4. I Know I Know
5. I Leave The Parade Wearing A Dress

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

[NEXT PARTY]
????????????

全ての公演のチケットは予約を受付けております(一部除く)。
予約をご希望される場合は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります。
下記のチケット予約フォームからもお気軽にご予約が可能です↓↓↓


[RELEASE INFORMATION]
【GOOD ON THE DANCEFLOOR】のレーベル部門が、新たに【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】として始動!!!!!! 記念すべき第一弾リリースとして、初のレーベル・コンピレーションCDを2009年9月25日にリリース!!
------------------------------------------------------------
海の向こうの同世代へのシンパシーと、隣り合う君とのディスコミュニケーション。2つの同時代性の狭間で軋む音、火花。青く、眩しい。
-田中亮太 (CLUB SNOOZER / JET SET)-
------------------------------------------------------------
世界と同感覚で進行中の東京インディー・シーンをリアルに感じられる、グッド・コンピレーション! この衝動と感覚を忘れずに、リリースを続けてくれることを期待しています!
-JUN (80kidz)-
------------------------------------------------------------
GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK compilation
V.A. 『ALT A NATIVE SYNDICATE』
2009/09/25 ON SALE
GOOD-1001 / including 10 songs 1,800yen (tax out)
1. To Pieces / AAPS
2. Spin of School / Nu clear classmate
3. Social Evils and a Potato [Hamon Mix] / The New House
4. Jr. / White Scooper
5. Marble Nuts / Nu clear classmate
6. Tailors of OZ / AAPS
7. Up Bends / White Scooper
8. Pale Boy / The New House
9. Marble Nuts [Bamian Remix] / Nu clear classmate
10. Up Bends [Lapin Remix] / White Scooper

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

White Scooper 1st CD 『Thousand Valleys』
2008/06/10 ON SALE
GOOD-001 / including 7 songs 500yen (tax out)
1. C.Farmeres
2. Behind The Lights
3. Ya Ya Ya
4. Proco
5. Vigger
6. Nightram
7. Mornin' Giraffe
Art work by SAFARI.

取り扱い店舗
■JET SET (京都/下北沢)
【HP】【地図】【WEB通販】
■disk union各店
お茶の水駅前店、神保町店、新宿本館B1、下北沢店、吉祥寺店、
中野店、国立駅前店、池袋店、町田店、淵野辺店、稲田堤店、
横浜関内店、横浜西口店、津田沼店、千葉店、柏店
【HP】【店舗一覧】
■Sunrain Records (高円寺)
【HP】【地図】【WEB通販】

チケット予約フォーム
こちらでGOOD ON THE DANCEFLOORの各イベントのチケット予約が出来ます。ご利用ください。

名前:
メールアドレス:
日にち/イベント名:
枚数(質問などもどうぞ):

ブログ内検索
QRコード
QRコード
検索用

we love

!!! 1965 2 Many DJs 24Hour Party People 80kidz 8otto 100s Abake Abraham Cross Adam Sky Adel Air Akufen Alan Ball Air France The Album Leaf Alter Ego Altz Alphabeat Alloverallareover American Amy Winehouse Apparel Anavan ANDREA CREWS Andrew Kendall Andy Warhol Animal Collective Anna Tsuchiya Annie Aphex Twin The Apples In Stereo The Arcade Fire Arctic Monkeys Art-School Asian Dub Foundation Asian Kung-Fu Generation Ash A Sunny Day In Glasgow Atlas Sound At The Drive-In Audion Au Revoir Simone Aus Autechre The Avalanches Avengers In Sci-Fi badly drawn boy Back Drop Bomb Babyshambles Bamian The Band Apart Bang Gang Deejays Basement Jaxx Battles The Bawdies The Beach Boys Beastie Boys The Beatles Beck Beirut Belle & Sebastian Ben Folds Five Benga Ben Sharn Bernhard Willhelm Best Fwends Biff Bang Pow! Big Star The Birthday Bishi Bjork The Black Ghosts Black Kids Black Rebel Motorcycle Club Blast Head Bloc Party Bloodcat Love Blood Red Shoes Blood Thirsty Butchers Tha Blue Herb Blur Boards Of Canada Bonde do Role Bonjour Records Boom Boom Satellites Boredoms Born Ruffians Boys Noize The Boy Least Likely To The Bravery Breakfast Brian Jonestown Massacre The Brixton Academy Broken Social Scene The Buffalo Bunch The Bumblebeez Bump Of Chicken Buraka Som Sistema Burial Bushmind The Buzzcocks Bright Eyes British Sea Power Busy P Cabanne Cajuan Cajun Dance Party Calvin Harris Camera Obscura Cansei De Ser Sexy The Capes Cassette Playa Cat Power Cazals Chaki The Charlatans The Checks Chemical Brothers Chicks On Speed Chris Cunningham Christian Joy Chromeo C.I.A. Cibo Matto The Cigavettes Citizen Clammbon Clap Your Hands Say Yeah Clark Clarky Cat Chim↑Pom The Clash Coachella Coburn Cocorosie Coldcut Cold War Kids Colette Comanechi Comeback My Daughters Converge Corinne Bailey Rae Cornelius Cornershop Cosmic Wonder Cosmo Vitelli Chairlift The Coral Crackhaus The Cribs Creation Records Cristal Castles Crookers CSS Cubismo Grafico Cubismo Grafico Five The Cure Cut Copy DaDa KingZ Dada Life Daedelus Daft Punk Daggers Damien Hirst Dandi Wind Dan Le Sac vs Scroobius Pip Darek Darkel Darren Emerson Datarock Dandy Warhols David Fincher David Lynch David Sylvian Ddjjs Dead Disco Death From Above 1979 Death In Vegas The Death Set De De Mouse Deep Dish De La Soul Delta Sonic The Departure Derrick May Devendra Banhart DFA Diane Arbus Dick Bruna Digitalism Dinosaur Jr Diplo Dirty Pretty Things Dirty Projectors Disco Drive Disco Teenage Kicks Disco Twins Dizzie Rascal Dj Baku Dj Hikaru Dj Kentaro Dj Mehdi Dj Nobu Does It Offend You, Yeah ? Domino Doopees Doping Panda Douglas Coupland Doves Dreadeye Dreamburger Drocie Dubsided Duffy Eater ECD Echo & The Bunnymen ED Banger Editors Edward Gorey Eight Legs Electric President Electrocute Elmo El Presidente Ellegarden Elliott Smith Eminem The Enemy Enlightenment Erase Errata Erol Alkan Exlovers Escalator Records Esg Everybody Else Excuse Me Factory The Faint Fancy Him Fantastic Plastic Machine Fatboy Slim The Feeling Feist Find Gask The Fits The Flamin Lips Flipper's Guitar Fischerspooner Fishmans Fountain Of Wayne First Aid Kit Foals Foreignland Four Tet Fox N' Wolf France Gall Frank Owen Gehry Franz Ferdinand The Fratellis Friendly Fires Fred PEerry The Free Design Freeform Five Fuck Buttons Fuji Rock Festival The Futureheads Future Terror Gang Of 4 Ganban Night Gangway Gas Book Georgie James George Harrison Gildas & Masaya Glass Candy Glastonbury Festival Glasvegas The Glimmers Gnarls Barkley Going Steady Goldfrapp The Good Life The Good,The Bad And The Queen Goose Gorillaz Golden Silvers The Gossip The Go! Team Graham Coxon Green Day Grind House Group Inou Group Of People Guns N' Bombs Hadouken ! Hal Happy Mondays Hard-Fi Hard To Explain Headman The Heavy Henry Darger Henrik Vibskov Herbert Hercules and Loveaffair Herve Hi-Standard The Hives The Holloways Holy Hail The Hoosiers The Horrors Hot Chip Hot Gossip Hot Hot Heat House of Holland i-D Idlewild iLL I Love You But I've Chosen Darkness I'm From Barcelona In Corridors Individual Orchestra Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin The Infadels InK Institubes Interpol i-WARP Jack Kerouac Jack Penate Jackson And His Computer Band Jacques Tati The Jam James Ford James Holden James Jarvis Jamie Lidell Jan Svankmajer Jay-Z Jean Luc Chainsaw Jeff Mills Jence Jerry Jesse Rose Jet Jimmmy Eat World Joakim Joanna Newsom John Lennon Johnny Boy Johnny Foreigner The Jesus & Mary Chain Johann Johannsson Joy Division Julie Verhoeven Junior Senior Justice KAFKA Kaiser Chiefs Kanye West Kap10Kurt Karafuto Kate Nash Kathy Kavinsky Koko Von Napoo KAWS The Kbc Ken Ishii Ken Yokoyama Keith Kerrier District The Killers The Kills Kings Of Convenience Kings Of Leon Kim Kitsune Klanguage Klaxons The KLF The Knife The Kooks Kraftwerk Kris Menace Kunoku Ladyhawke Lady Sovereign Larrikin Love The La's Late Of The Pier Laura Marling Laurent Garnier LCD Soundsystem Le Tigre LFO Liars The Libertines Lightspeed Champion Lillies and Remains Lillica Libertine ! Lily Allen Limited Express(has gone?) Linda Lindstrom Little Barrie The Little Flames Little Man Tate Locksley Lo-Fi-Fnk Long Blonde Lostage Love Psychedelico Love of Diagrams The Long Blondes Los Campesinos! Lost Penguin Love Is All Luke Vibert Lovely Chords The Lowbrows Low Vision Magnus Carlsson Malajube Mando Diao Magistrates Marios Mark Ronson Martin Margiela The Marz Volta Massive Attack Material Boy Matisyahu Matthew Barney Maximo Park Memphis Industries Merlin Bronques Metamorphose Metro Area Metronomy Mew M-flo MGMT M.I.A. Mice Parade Michel Foucault Michel Gondry Midnight Juggernauts Mika Milo? Forman Ninja Tune Miaou Minor Threat The Mirraz The Misshapes Mixrooffice M/M Paris Moby Modeselektor Modest Mouse Mo-dettes Modular The Mogs Mogwai Mondo Grosso Monica Uranglass Monobright The Moog Cookbook The Morning After Girls Mo'some Tonebender Moving Units Mr Been Mr Oizo MSTRKRFT Mu Mum Mumm-Ra The Music My Bloody Valentine Mylo Mystery Jets Nanamine Nathan Fake Nathan Michel Neon Neon Neon Plastix N.E.R.D Neu! New Cassettes New Order The New House New Young Pony Club Nan Goldin Natalie Wood Neon Neon Nigel Godrich Nightmoves Nightmares On Wax Niki De Saint Phalle Nima Nourizadeh Nine Black Alps Nine Inch Nailes Ninja Tune The Novembers Noze No Age Nu Clear Classmate Nujabes Nyantora Nylon Oasis Oceanlane Ogre You Asshole Olav Basoski Oldenburg Opera Operator Please Optimo The Ordinary Boys Orange Juice The Orb Oskar Fischinger Ox.Eagle.Lion.Man Pacific! Pam Para One Pains of Being Pure at Heart Passions The Pastels Patrick Wolf Pavement Payback Boys Peaches Pedro Winter Pepe California Peter Bjorn And John Peter Saville Peter Max Pet Shop Boys Pharell Williams Phoenix Phantom Planet Phones Pig Radio the pistolas The Pipettes Pixies Placebo Plan B Polysics Poney Poney The Pop Group Pop Levi Portishead Postal Service Prefab Sprout Prefuse 73 Pre-School The Presets Primaly 1 Primal Scream Prodigy Prototypes Psapp Punks Jump Up Queens Of Noize Quentin Tarantino Quiero Club The Raconteurs Radiator Radio 4 Radioclit The Radio Dept. Radiohead Radio Slave Radwimps The Rakes Raphael Just The Ramones The Rapture R.E.M. Ratatat Rauschenberg Rat:att:agg RayGun Razors Edge RazorLight Regina Spektor Rei Harakami Remi Nicole RE:RE:RE:mojojo Resfest Reverend And The Makers Revl9n Rex The Dog Ricardo Villalobos Richard Linklater Richie Hawtin Riddim Saunter Ride Riot In Belgium Ripchord The Robocop Kraus Robot Needs Oil The Roconters Ron Sexsmith The Roots Rough Trade Rosenquist Rovo The Royal We Rubies Royksopp Roy Lichtenstein Rub N Tug Ryan McGinley Rye RyukyuDisko Saam Faramand Saddle Creek Safari Santogold Sasha Savath & Savalas Scissor Sisters Scott Herren Scouting For Girls Scuttle Scritti Politti SebastiAn Sex Pistols The Shakes Shirokuma Shitdisco The Shoes Sigur Ros Simian Mobile Disco Sinden Sing02 Skream Sleater Kinney The Slits Slowly Downward Smashing Pumpkins The Smith Smith N Hack Snoozer Snow Patrol Sofia Coppola Soft The SoftLightes Soft Tigers Solid Groove So Me Something Else Sonic Youth Soulwax Sound Team Space cowboy Spank Rock Spalta Locals The Specials Special Others Spike Jonze Spiler The Spinto Band Squarepusher Stars Stefanie Schneider Stereo Tennis Steve Aoki The Streets Strip Steve The Strokes The Stone Roses Struggle For Pride Studio Voice Studio 4℃ Sub Pop The Subways Suede Sufjan Stevens Sugiuramun Suicide Summer Sonic The Sunshine Underground Supercar Super Furry Animals Superglass SUPER SUPER Supersystem Surkin The Suzan Switch Syrup 16g Tacteel Takagi Masakatsu Talking Heads Tahiti 80 Tangerine Dream Taikoclub Teenage Bad Girl Teenage Fanclub The Teenagers Teki Latex Telefon Telepathe Tel Aviv The Telephones Television Tepr Theoretical Girl Terry Roison Terry Zwigoff Test Icicles These New Puritans Tomas Andersson Tommy Guerrero Thomas Bangalter Thomas Brinkmann Thom Yorke Those Dancing Days Thieves Like Us Tiga Tilly and the Wall Tim Deluxe The Ting Tings Tokyo Police Club Tomas Andersson Tom Middleton Tommy Guerrero To My Boy Tom Ze Tortoise Trafalgar Trash Fashion Travis TTC The Twang Twisted Charms Two Gallants Uffie Ultra Brain Unchain Undercover Underworld U2 Vampire Weekend Vanessa Van Basten Van She Vanshe Technologic Valerie Phillips Vermilion Sands The View Vanity The Velvet Underground Vermilion Sands The Verve The Vines Vincent Markowski Vinyl Junkie Vitalic Von Sudenfed V∞REDOMS Wagon Christ The Wannadies Warp We Are Scientists Weezer Wes Anderson We Start Fires The Whip White Scooper The White Stripes The Whitest Boy Alive Whitey The Who Why? Wichita Wigs Wild Beasts Wire Wolfgang Tillmans XL XTC Yanokami Yatt Yeah Yeah Yeahs Yellow Magic Orchestra Yelle Yo La Tengo Yonderboi Young Lovers Yppah YSP Yuksek Zongamin Zutons 赤犬 浅田次郎 浅野いにお あふりらんぽ 伊坂幸太郎 石野卓球 稲葉英樹 宇川直宏 羽海野チカ 大沢伸一 小沢健二 大竹伸朗 尾田栄一郎 おとぎ話 大人計画 小山田圭吾 棚田康司 ギターウルフ 銀杏Boyz 草間弥生 クラムボン くるり ザ・クロマニヨンズ 小池桂一 サイプレス上野とロベルト吉野 桜井鈴茂 佐藤秀峰 サニーデイサービス 鹿野淳 渋さ知らズ 清水祐也 しりあがり寿 信藤三雄 砂原良徳 スーパーカー スチャダラパー スマーフ男組 曽我部恵一 相対性理論 田島一成 田名網敬一 田中宗一郎 谷川俊太郎 電気グルーヴ 東京事変 タカノ綾 タナカカツキ 田中フミヤ チャットモンチー 谷岡ヤスジ 長尾謙一郎 中込智子 仲真史 中村一義 奈良美智 野田努 ノンポリラジカル ハイロウズ ハナレグミ 髭 藤子不二雄 ブルーハーツ フルカワミキ 古谷実 堀江博久 前野健太 ゆーきゃん ゆらゆら帝国 横尾忠則 松本大洋 村上春樹 珍しいキノコ舞踊団 森見登美彦 やけのはら ラーメンズ リリー・フランキー

T.H.A.N.K.S.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

GOOD ON THE DANCEFLOORが選ぶ2010年上半期ベスト・ディスク
gorillazz_20100715230139.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 暦もいつの間にか7月へと突入し、2010年もいよいよ折り返し地点を迎えました! もう夏ですよ、夏!!!!!! 海開きに花火にフェスに、ついつい浮かれポンチになってしまいがちなこの季節ですが、毎年この時期になると、この半年間自分が何をして過ごして来たか、ついつい振り返ってしまいますよね? 音楽も然り、「今年は何を聴いたかなー」と思わず考えてしまうもの!

 というわけで今回のポストでは、GOOD ON THE DANCEFLOORメンバーがセレクトした2010年上半期ベスト・ディスクをドドンと発表!! GOODメンバーがそれぞれ選んだベスト・ディスク/ベスト・トラック/ベスト○○を網羅したこの特集! 「あ、これ私も好き!」「えー、何であれが選ばれていないの!?」「むしろ私はry01君が好き!」「いや、僕はsilkのことが好き過ぎてもう我慢(ry」と一喜一憂しながら楽しんで読んで頂ければと思います!!

 それではGOOD ON THE DANCEFLOORメンバーによる上半期ベスト・ディスクをどうぞ!!!!!!



foals.jpg

chick (Nu clear classmate)
http://twitter.com/ncctokyo

■ベスト・ディスク
FOALS 『Total Life Forever』
Toro Y Moi 『Causers of This』
Beach House 『Teen Dream』
Active Child 『Curtis Lane』
相対性理論 『シンクロニシティーン』

■ベスト・トラック
環ROY - Break Boy in the Dream feat. 七尾旅人


■ベスト漫画
『I MY モコちゃん』 画・文: 死後
http://dailyvitamin.jp/2010/05/7474

 こんにちは。Nu clear classmate(http://www.myspace.com/nuclearclassmate)のchickです! ベスト・ディスクどうでしょうか? 何だか海を連想させるアルバムばかり選んじゃった気がします。海嫌いなんだけどな;) チルウェイヴ/グローファイの音楽って、ドラッグの匂いがするのにピュアなところが良いなって思う。カセットテープとかビデオテープとかアナログな雰囲気も好き。

 ベスト漫画のモコちゃんですが、「あいまいでふわふわした漫画」と作者の死後さん(永井ひでゆきさん)の言葉がまず素敵すぎる。私もあいまいでふわふわした音楽を作っていきたいな。「なんかかわいい」っていう、その「なんか」を大切にしたいって思う。あとプリキュー精神(プリーズ・エクスキューズ・ミー・サンキュー)も忘れたくないやね;) モコちゃんの存在は私にとって、とても重要なのです。

 実は私BLOG書いているので、良かったら読んでみてください;)

 ■chick or fish? (Nu clear classmate BLOG)
 http://daisylemon.exblog.jp/





thieves.jpg

Zak (White Scooper/Nu clear classmate)
http://twitter.com/zak_eastwood

■ベスト・ディスク
Thieves Like Us 『Again And Again』(A)
The Chemical Brothers 『Further』(B)
Gorillaz 『Plastic Beach』(C)
LCD Soundsystem 『This Is Happening』(D)
Mystery Jets 『Serotonin』(E)

■ベスト・トラック
Mystery Jets - Serotonin


■ベスト・イヴェント
Nu clear classmate 『Lick The Star』 発売!!
http://goodonthedancefloor.blog122.fc2.com/blog-entry-410.html

 A) New Order大好きな僕が大好きなだけです。ヘロヘロのボーカルと、コーラスがかかった巻き弦、かろうじて意思のあるビート、最高。B) これぞケムズな作品で彼ら的にはそんなに新しいことは無いんだけど、ダンスにおける脱ダフトパンクやサイケデリック傾向が時代の流れのいま、彼らは完全に先頭に行っている。どの曲も積極的に攻めの姿勢を感じるし気持ちよい。関係ないけど5曲目「Horse Power」のヒヒーンはピエール滝の体操30歳を思い出してしまいます。C) 過去2作と比較して、音楽好きのための音楽になっているかもしれないが、よく聴ける。シンプルすぎて恥ずかしいベースラインも、音が良すぎるせいで程良いアクとして取り込めてしまう。7曲目「Empire Ants」は、デーモンの別プロジェクト「The Good, The Bad & The Queen」で見せたようなの得意のロマンチックで輝くようなメロディと、Gorillazが2ndで手に入れたビートの強い圧力が合わさった名曲。D) 最後までLCD Soundsystemを通してくれました。エレクトロの喧騒が過ぎ去った後、逆になんだかこの隙間がある、デモのような肌触りがしっくりきます。「作り込んでない可愛さ」を良く知ってる。必然性がない音が増えた気がするのはタイトルのせい? E) 泣ける。また、みんなで天を仰いで歌える曲ばっかり書いてきました。アコギ一本で歌っても相当良い曲、加えてこのアレンジの引き出しの多さ。全体的にカラッとして粒が立ちつつ、全てのパートにリヴァーブが多めなのもしっかりトレンド。こんなレベル高いバンド他にいるのか!?

 White Scooper/Nu clear classmateのZakです。上半期はなんと言ってもNccのEP発売。制作はじんわりと苦労しましたが、聴くにはスカッとした快作に仕上がったのではないかと思います。White Scooperは表面的にはかなりだんまり決め込んでますけど、曲をどんどん貯めていますんで今後の展開をお楽しみに。

 個人的な近況ですけど、引っ越したので新鮮な気分で楽しくやってます。駐車場も借りたので運転が楽しい。本当は90年代のだっさいフィアットのパンダが買いたいんだけど、お古のHONDAの90年代の車が活躍中。今年の夏秋はたくさん旅したいな。音楽とか、自分の作品のために良いものを吸収したい。夏には瀬戸内国際芸術祭へ
行くつもりなので行く人はどこかで会いましょ。





gorrilaz.jpg

FuJita (White Scooper)

■ベスト・ディスク
Gorillaz 『Plastic Beach』
Jonsi 『Go』
Javelin 『No Mas』
Hot Chip 『One Life Stand』
Bonobo 『Black Sands』

■ベスト・トラック
Four tet - Angel Echoes


■ベスト漫画
『SCATTER』 作: 新井英樹
http://www.enterbrain.co.jp/product/comic/beam_comic/09255201.html

 今年も金に物をいわせガッツリ買ったが消化出来てませんが、その中でも好んで聞いたもの挙げました! 逆に買ってないものは全く聴いていません...。その他、本に関しては色々教えてもらい、新井英樹がヤバかった! 後は日本橋ヨヲコ、三宅乱丈、五十嵐大介etc... それぞれの続編が気になります!! 夏に新刊がどっばっと出る予定なので読んでみてはいかが!? では、今年も恒例のフジ2010で会いましょう( *`ω´)





wildnothings.jpg

silk (White Scooper)

■ベスト・ディスク
Wild Nothing 『Gemini』
Glasser 『Tremel』
DOM 『Sun Bronzed Greek Gods』
Serena Maneesh 『No.2: Abyss In B Minor』
The Miracles Club 『Light Of Love』

■ベスト・ソング
SERENA MANEESH - I Just Want To See Your Face


■ベスト・スポット
葛西臨海公園
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index026.html

 海行きたいなー。あー、山も行きたい。夏だし。夏に限らず、いつも何かワクワクするようなことをしなくちゃあ。今年上半期はすごいたくさんのことがあったような、気がします! 半年経つと全部いい感じのことだったんじゃないかって思えて、きます! さて、わたくしはベストVINYLです。ほとんど12inchですが…。ベストディスクというか、この曲イイ! っていう、それぞれにベストトラックが入ってるお気に入りディスクを選びました。ふへへ。それでは下半期も宜しくお願いします~。





andymori.jpg

FUMI 44 (DJ)

■ベスト・ディスク
andymori 『ファンファーレと熱狂』
The Drums 『The Drums』
Four Tet 『There Is Love In You』
Caribou 『Swim』
Toro Y Moi 『Causers of This』

■ベスト・トラック
Dorian - Disco 6.0 (early summer disco)
http://maltinerecords.cs8.biz/75.html

■ベスト・パーティー
Mogran' Bar @Live House nano
http://www.flickr.com/photos/21666139@N03/sets/72157624100006442

 母親の制止を振り切ってサーフィンに行くナードな若者の姿に、時代の閉塞感を切り裂く凛々しいイメージを託したThe Drums「Let's Go Surfing」というアンセムで幕を開けた2010年代。そうした新しい時代への希望と絶望が入り交じるなかで、僕は甘くメランコリックなFour Tetの新作をよく聴いていました。インディ・ロックでは、モダンR&BをフューチャーしたToro Y MoiやVampire Weekendの新作が非常に素晴らしく、新しいジャンルに僕の意識を向けさせてくれました。日本でもとにかく傑作が多かった! Turntable Films、Hotel Mexico、Lillies and Remains、OKAMOTO'S、モーモールルギャバン、De De Mouse、七尾旅人、トクマルシューゴ、サニーデイ・サービス、ASIAN KUNG-FU GENERATIONなど、インディからメジャーに至るまで、豊富な音楽的参照点を持った多数の力作がありました。その中でも、しなやかなビートと伸びやかな歌声、そして鋭い言語感覚で、僕らの生きている世界のリアリティを圧倒的な強度で描き出してくれたandymoriに僕は心惹かれました。またMaltine Recordsに代表される若々しいネット・レーベルの盛り上がりも今後が楽しみ。ベスト・トラックに選んだDorian「Disco 6.0 (early summer disco)」は最高にアガれる夏のパーティー・アンセムなので、ぜひダウンロードしてみてください! かっこいい音楽、素敵な空間、楽しい人達が揃う良いパーティーでは、素晴らしい多幸感を味わえますよね。今年の夏もそんな多幸感を求めて、パーティーに繰り出します!





shinsei_20100715223336.jpg

ry01 (Label & Party Organizer/DJ/Writer)
https://twitter.com/ry01_GOTDF

■ベスト・ディスク
神聖かまってちゃん 『友達を殺してまで。』
川本真琴 feat. Tiger Fake Fur 『音楽の世界へようこそ』
三輪二郎 『レモンサワー』
トクマルシューゴ 『Port Entropy』
ROCKASEN 『Welcome Home』

■ベスト・トラック
神聖かまってちゃん - ロックンロールは鳴り止まないっ


■ベスト手前味噌ながら飯を三度抜いて購入すべき作品
Nu clear classmate 『Lick The Star』 (GOOD ON THE DANCEFLOOR DISKリリース第二弾!!)
http://goodonthedancefloor.blog122.fc2.com/blog-entry-409.html

 「レディ・ガガに勝てない日本のロック」と言われる何年も前からすでに自分は、ほとんどの「日本のロック」と、それにまつわるビジネスに対してかなり疲弊していた。オリコンのチャートなどに代表されるメインストリームの音楽は言わずもがな、所謂「ロック」「オルタナティヴ」とされているアーティスト/メディア/レコ屋ですら、乱暴に言うと、よくもまあ本質から目を反らし続け、カルチャーの発展を妨げるようなことをしてくれるものだと、憤りに近いものを感じていた。提灯記事しか書けないメディアと、取るに足らない音楽を作り続けるアーティストによる、双方の機嫌を伺い合った出来レースが見たいわけではなく、単純に自分は素晴らしい音楽に恋をしたいだけなのだから。しかし素晴らしい音楽というものはときに、大きな資本を持った存在によって端に追いやられてしまうことがある。この業界に入り込むほどに、結局は金なのかと何度も残念な気持ちにさせられた。これでも自分は、他の誰よりも日本の音楽カルチャーの発展を願っている。レーベルを始めたり、文章を書くことで現状を打破しようと思う自分の気持ちも理解してもらいたいものだ…。なんて、別に理解してもらわなくても構わないのだが。

 と、そんな苛つく毎日を過ごしていたところ、ここに来て神聖かまってちゃんの登場である。『友達を殺してまで。』というタイトルにして、「最近の曲なんかもう/クソみたいな曲だらけさ」とはよく言ったものだ。ディスコミュニケーション上等ということなら、自分はとても共感する。そしてもしこれが、新自由主義のふるいにかけられ淘汰された現代のユースの悲痛な叫びであり、そして自己のフラストレーションを不器用にも解放しようとする姿なのだとしたら、自分は涙が出そうになる。彼らは、「役目は終わりさ」とされた「銀のディスク」を「駅前のTSUTAYAさん」で借りて、こんなにも迸る衝動を受け取っているのだから。

 とは言ったところで、今後この苛つきが収まるわけではなさそうなので、最後に捨て台詞を吐かせてもらうことにする。うるせー、くだらねー、舐めんな、ふざけんな。お前らが何と言おうが、ロックンロールは鳴り止まねえんだよっ。





naomi.jpg

saki (Photographer/Drawing Artist)

■今年この作品に出会えてよかったベスト5
『告白』 中島哲也監督/『告白』湊かなえ
『Naomi (痴人の愛)』谷崎潤一郎/Anthony H. Chambers訳
『ティファニーで朝食を』 Truman G. Capote/村上春樹訳
『Sex and the City2』 Michael Patrick King監督
『The Human Chair (人間椅子)』 江戸川乱歩/James B. Harris訳

■ベスト・ビア
ヒューガルデンホ・ワイト

 ビールが美味しい季節になってきましたね、今晩は。ヒューガルデンは瓶ではなく生が絶対です。アリスもNINEもパルナサスも中島監督の「告白」は超えられませんでした。ナオミは1920年代を感じさせないモダンさというか、90年経った今を生きる23の私は彼女みたいに鋭く尖っていないよなと、どきっとさせてくれた本でした。ナオミに負けず劣らず素敵なキャラクターのホリーですが、入れ込んでしまったのは春樹さんの訳。オードリーが演じるホリーとは、別のホリーを見させて頂きました。緑の怪物の話も切なくて好きです。夏と卒業を目前にして浮き足立ってしまっているランキングになってしまいました。月末の苗場で一緒に踊りましょう。




-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 というわけで、以上がGOOD ON THE DANCEFLOORメンバーによる2010年上半期ベストディスク特集でした! 皆さんのお気に入りの作品はランクインしていましたでしょうか? なかった場合はクレームを入れてやりましょう!笑

 それぞれメンバーごとにセレクトが大きく異なりましたが、その中でも、GorillazとToro Y MoiとFour Tetが二票ずつ獲得していたのが印象的でした。いやー、どちらも素晴らしい作品でしたね。他にも傑作の多かった2010年上半期でしたが、下半期も素晴らしい作品に出会えることを願いながら、年末の正式なベスト・ディスク特集をガッツリと力を入れて行う為に、引き続き様々な音楽を楽しんでいこうと思います!! 特に秋以降は、GOOD ON THE DANCEFLOORのパーティーが月刊化されたり、音源のリリースも予定していますので、下半期もGOOD ON THE DANCEFLOORをどうぞよろしくお願い致します!!!!!!


ry01
スポンサーサイト
ry01 CM(0) 

9月の神聖かまってちゃんのライヴが楽しみ過ぎて僕はもう我慢出来ない
shinsei_20100710124021.jpg

 やあこんにちは! ry01です。

 この一ヶ月間で彼らをピックアップするのはもう三度目となりますが、最新シングル「夕方のピアノ」を七夕にリリースしたばかりの神聖かまってちゃんが、新曲「ベイビーレイニーデイリー」のミュージック・ビデオを突如としてYOUTUBEで公開開始していたのをご存知でしたか?

 この新曲は、TM NETWORKをかまってちゃん流にトラッシーにカヴァーしたかのような、昭和末期の歌謡曲じみた一曲ですが、歌詞の中では「雨が降っていた方が/人たちは生きやすい/傘の中の僕/傘の中の君/そんな好きだから/雨の中の僕/女々しい自分を/傘で隠さないように」という、雨に濡れる=世間からはみ出た存在である自分を自己陶酔的に慰めるかのようなリリックが印象に残ります。新自由主義から生まれた新貧困層が容赦なく淘汰されるこの現代社会において、たしかに雨の中の自分こそが居心地が良いと思う気持ちもわからないことはないのですが、公共の電波を用いて「ロックンロールは鳴り止まねえんだよっ」と言い放った彼らを支持する身としては、現状を受け入れて無個性の均一化に染まるよりも、やはりレジスタンスであって欲しいなと思ったりするのでした。というわけで、この曲はまだ判断保留ですかね。

神聖かまってちゃん - ベイビーレイニーデイリー




 まあ、この曲のことよりも、ここ最近になって彼らの音楽に惹かれるようになった身である自分は、9月11日に渋谷AXにて行われる彼らの企画が楽しみでしょうがないのでした。彼らのライヴを初めて観ることが出来るのは勿論、共演に川本真琴ですよ!? 今年リリースされた彼女の9年振りとなる新作『音楽の世界へようこそ』を愛聴している人間としては、観に行かない手はないのです。『川本真琴なんて「るろうに剣心」の人でしょ? 何をそんなに騒いでいるの?』と考える方もいることかと思いますが、「1/2」などでもお馴染みのように、彼女の独特な言語感覚が反映されたリリックたちが、天真爛漫な歌声に乗せてメロディアスに跳ね回ることで生まれる高揚感は、岡村靖幸をも惚れさせるほどの、正に唯一無二のものなのです。

 新作からは、名バラッド曲「アイラブユー」がミュージック・ビデオとしてカットされており、しっとりと感情豊かに歌い上げる姿がここでは見て取れますが、元気一杯に駆け回る彼女の歌声も勿論この新作では聴くことが出来ますので、是非ともご一聴あれ!!

川本真琴 feat. TIGER FAKE FUR - アイラブユー



川本真琴 - 1/2




ry01
ry01 CM(0) 

告白
kokuhaku.jpg

 やあこんにちは! ry01です。

 去る先週末、話題の邦画『告白』を吉祥寺プラザで鑑賞してきました。

 中学校教師が終業式のホームルームにて「生徒に娘を殺された」と告白する場面で始まるこのショッキングな作品は、殺人事件を巡る生々しい憎悪や絶望を孕んだ人間関係や、各登場人物のグロテスクなまでの人物描写によって、その内容が賛否両論&話題騒然となり、"2009年本屋大賞"を受賞するまでとなった湊かなえによるこの原作を、『下妻物語』『嫌われ松子の一生』などでメガホンを振ったことでも知られる中島哲也を監督に迎えることで、幼児殺人やいじめといった現代社会の病的な一面が描かれた内容ながらも、エンタテインメントとしての興奮と高揚感を持った、鮮やかな魅力を放っております。

 前述した松たか子演じる中学校教師・森口悠子の告白に始まり、この物語の鍵を握る登場人物たちの告白が続くという、ストーリー・テリング的な一人語りの手法をメインとしながらも、110分通してまったく集中力を切らさせることなくドラスティックにストーリーが進んで行く様は、スリリングな緊張感と爽快感を同時に味わうことが出来、終演後も心地良い脱力感を残して映画館を後にすることが出来ました。

 総じてこの作品は、浅野いにおの『虹ヶ原ホログラフ』にも似た、ゼロ年代以降の情報過多故の心の飽食と虚無感が生んだ、歪んだ愛憎がひしめく、感情過多の感傷的表現に溢れた作品ともいえますが、『DEATH NOTE』をも軽く凌駕する綿密に描かれた人間関係とトリック、そして大袈裟なまでの華やかな演出と絶望的な闇の描写のギャップによって、観る者の心を掴み続けて一時も離さないーそして揺さぶり続けるースペクタクル・エンタテインメントとして、高い完成度を誇る作品となっております。

 細かいストーリーについてここで告白してしまっては台無しなので、是非とも映画館に足を運んでみてください。劇中のバック・グラウンド・ミュージックでは、RadioheadやThe xxといった世界の叙情を鳴らすバンドたちをはじめ、Borisや渋谷慶一郎といった日本を代表する革新派アーティストたちの曲が絶妙なタイミングで鳴らされているので(中にはAKB48なども!)、音楽好きの方は勿論、そうでない方もより一層、この作品の世界観にズブズブとはまってしまうこと間違いなしでしょう。クライマックスで流れるBorisの「決別」には、思わず鳥肌が立ちました。


『告白 』予告編



Radiohead - Last Flowers (Live at the Basement)



Boris - 決別



ry01
ry01 CM(0) 

Vote For The Exxentric Bands!!!!!!
 やあこんばんは! ry01です。

 今週末の11日の日曜日は参議院選挙ということで、今頃皆さんも、候補者の情報や各政党のマニフェストなどをチェックされている真っ最中でしょうか? かく言う自分も、今回の参院選についていろいろとリサーチしていたところです。一人一人の一票自体は小さいことかもしれませんが、それが積み重なることで、自分が住むこの国の未来が左右されるかもしれないことを考えると、しっかりと考えて悔いのない一票を投じたいものですよね。

 そんな中、我らがGOOD ON THE DANCEFLOORは、投票日に前後してライヴ活動で大忙し! 自分は土曜日の期日前投票に行きますが、皆さんも投票前後にこちらの二つのパーティーを楽しんでみては如何でしょうか!


100710.jpg

2010/07/10(SAT.)
less quantic presents
"relation #1"
@Shibuya Home
http://www.toos.co.jp/home/
OPEN/START 18:00
ADV/DOOR 1500yen +1DRINK
【Bands】
less quantic
http://www.myspace.com/pess1m1st1c
静カニ潜ム日々
http://www.myspace.com/shizukanihisomuhibi
White Scooper
http://www.myspace.com/whitescooper
【DJ】
DJ YU


 まず10日の土曜日は、渋谷LUSHにて開催されるless quanticによる自主企画"relation #1"にWhite Scooperが出演! 3月の"EMPIRE FESTIVAL"以降の制作期間を経て、いよいよライヴ復活となります!!

 この日のライヴ・セットは、なんと、全曲新曲で構成されるという驚きの噂を小耳に挟みましたが、ここ最近の彼らの充実した楽曲制作ペースを踏まえると、かなり多くの新曲が披露されることになりそうです! 先日、彼らのスタジオにていくつか新曲の断片を聴かせてもらいましたが、彼らの最新モードを期待させるには十二分の内容でしたので、自分もこの日の彼らのライヴが非常に楽しみです。主催の個性派ガレージ/ポストロック・バンドless quanticや、叙情系エモーショナル・ロック・バンド静カニ潜ム日々など、バラエティ豊かなラインナップが揃ったこのイヴェントに、新たな季節を迎えるWhite Scooperのライヴを是非とも目撃しにいらしてください!!


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2010/07/11(SUN.)
"EXXENTRIC DUO" -難波ROCKETS 20th Anniversarry-
@Namba ROCKETS
http://www.namba-rockets.com
OPEN 15:30 START 16:00
ADV 2000yen DOOR 2500yen +1DRINK
【Bands】
ドラトリック・リス(ドラびでお&クリトリック・リス)
http://www.myspace.com/clitorick
http://www.myspace.com/doravideo
BOGULTA
http://www.myspace.com/bogulta
moja
http://www.myspace.com/moja777
uhnellys
http://www.myspace.com/uhnellys
桜重奏サーティーン
http://www.myspace.com/sakurajyuso13
ワニのいる生活
http://www.myspace.com/konrinzai99
ANOTHER PERFECT PERSON
http://www.myspace.com/anotherperfectperson
ガガキライズ
www.myspace.com/gagakirise
いちぢくぢる
http://www.myspace.com/itidikudiru
Nu clear classmate
http://www.myspace.com/nuclearclassmate
モナリザス
【FOOD】
はいから亭


 そして翌日11日の日曜日は、難波ROCKETSにて開催される、関西名物の情熱系ハイパー・アグレッシヴ・サラリーマンはいから氏による企画"EXXENTRIC DUO"にNu clear classmateが出演!

 この日は一風変わったデュオ企画ということで、「関西ゼロ世代」を象徴するエキセントリック2トップであるBOGULTAやドラトリック・リス(ドラびでお&クリトリック・リスによるユニット)をはじめ、東京からは、サンプラーで紡ぐヒップホップのグルーヴが艶かしい魅力を生み出すuhnellysや、Lightning Boltも真っ青の爆音ハードコア・バンドmoja、そして我らがNu clear classmateをはじめとした個性的な面々大集合! はいから氏の流石のブッキング・センスには毎度お手上げ! そしてフードには彼お手製のはいからカレー(毎度売り切れ続出!)もあるので、おかわりを視野に入れて腹ペコで挑もうと思います! Nu clear classmateも、5月の"mogran' bar"以来となる2ヶ月振りの関西でのライヴで、大阪でのライヴとなると、昨年の"FMW"以来となる9ヶ月振りのライヴとなりますので、是非とも大阪周辺にお住まいの皆さんはこの日は難波ROCKETSに大集合でよろしくお願い致します!!


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


 どちらのイヴェントもメールでのチケット予約も受付けていますので、チケット予約をご希望される場合は、「日にち」「お名前」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければ予約を承ります! 関東の皆さんも関西の皆さんも、是非とも会場でお会いしましょう!!


ry01
ry01 CM(0) 

夢も希望も砂まみれ
semini.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 先週末の日曜日は、先日のポストでもお伝えしたように、donkey vegetable voxxx!!!のリリース・ツアー・ファイナル"ONE MORE DANCE Vol.4"でした! この日は、The New HouseのmoroとseiyaのDJユニットmoyashiと共にDJをさせて頂きましたが、初っ端からCubismo Grafico Fiveがシークレット・バンドとして突撃出演したり、フロアにてライヴを行ったPANORAMA FAMILYが見事にオーディエンスをプチャヘンザさせたり、そして主役であるdonkey vegetable voxxx!!!がダブル・アンコールに応えて「Fight For Your Right」のカヴァーを二度も爆裂演奏したり、オープンからクローズまで激濃厚な一夜でした! donkey vegetable voxxx!!!の皆さん、改めてリリースおめでとうございます!!

 ライヴではダイヴァーも見られたり、総じてパンキッシュなパーテイーでしたが、自分のDJは、オープンはまったりとBPM85~90のヒップホップをメインで、二回目はパンク・キッズを意識してロック寄りのDJで攻めてみました。それぞれ持ち時間が短かったので、曲数は多くかけれませんでしたが、普段かけれない曲もかけることが出来たので満足です! セットリストはこんな感じでした!

10/07/04(SUN.)
"ONE MORE DANCE Vol.4 -tour final-" SET LIST

■1st Set
ALTZ -Donuts Wants
The New House - Wash My Bones [Vanilla & Manila Oystar Remix]
Javelin - Vibrationz
Ruby Suns - Cinco
Toro Y Moi - Low Shoulder
Gorillaz - Superfast Jellyfish feat. De La Soul & Gruff Rhys
Kylie Auldist - In A Week, In A Day
Lindstrom & Christabelle - Lovesick
やけのはら - Return of the 木村dub
Casper The Ghost - Daydream
Discovery - I Want You Back

■2nd Set
The Soft Pack - C'mon
The Drums - Let's Go Surfing
Kate Nash - Do-Wah-Doo
Das Pop - Underground
Desmond And The Tutus - Peter
Slow Club - It Doesn't Have To Be Beautiful



 オープンのセットでは、07年にリリースされたBUSHMINDの1stアルバム『Bright In Town』に収録されている、やけのはらをフィーチュアリングした、Casper The Ghost名義による「Daydream」をスピンしましたが、この曲は本当に名曲ですよね。日差しが徐々に強まりを見せる今日この頃、真夏から逃れるようにやってきた木陰で、甘くまどろみながら聴きたい名チルアウト曲です。この曲が収録された『Bright In Town』や、その一曲前にかけた、やけのはら氏による「Return of the 木村dub」が収録された、08年にリリースされたSEMINISHUKEIのコンピレーション『Culture Expands The World』(トップに掲載したのはこのジャケットです!)は、どちらも日本のアンダーグラウンド・ハードコア/ヒップホップ/テクノの最良の部分のクロスオーヴァーを味わえる大名盤といえるので、是非ともこの夏のお供にゲットしてみてください!! というわけで、名曲「Daydream」をリリックと併せてどうぞ。

Casper The Ghost - Daydream



夢も希望も砂まみれ/綺麗に汚れて輝いて

乱入/出現ブース/ブランニュー/スタック/しまくり爆音トラック/得体の知れない煙ばら撒く
頭に良くない音楽/全身に浴びて到達/到着/角度変えれば見える色んな風/正解って何だよ/どうやる?
安心よりもスリルを/DJの作る音に/キスを/ディスコ/気違いのなれの果て
ハッタリ/エゴ/出鱈目は風に巻け/誰の為でもないパーティー/宴
掃除機吸い込む/リアル/ストリート/今/本当なのはこの汗とこのビート/名無しのヒーロー
はなから壊れてる幻想/変装しても無駄無駄/石ころで転倒/何もないなら
また一緒にどっか探そう/造花に花を咲かせましょう/IT'S A SHOW TIME
広大なイマジネーションの海にダイブ/警報/何か知らせるこのサイレンが合図/絶えず淀んでる裏道 
サバイブ/I'M BELIEVE THE HYPE/ストライク/ど真ん中のつもりが大暴投
暴徒と化した若者が発狂/はっけよい/のこった/のこった/のこった/のこった/ここは何処だ?

黄金色にくすんだ古く新しいフューチャー・デイズ/生温く新鮮な風がまた吹くだけ
幾つ夜を越えてもまだここは通過点/ギリギリで豪快に場外にうっちゃれ
空中旋回するヘリコプターに思い切り振った/その手の放物線/成仏できない音の本音を追って
風船が昇って行く更に向こうへ/一瞬体が震えて/何か外れて/ずれて/擦れて/全て忘れて
地図に載ってない歪み/確かめに行こうぜ/カラクリ/目印はのび太の飛ばしたその紙飛行機
俺たちは1つになんてなれないから/同じ夢を見るバラバラなまま
凸凹の荒野で妖怪達と/いっそ/このまま/ずっと大運動会

2007/やけのっぱらの見る夢/BUSHMINDの見る夢/瞬間ごとに爆発する夢


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ちなみに自分の次回のDJは、8/7(土)に新宿OTOにて開催される、隔月恒例となっている<Second Royal>のパーティー"Second Royal in Shinjyuku"になります! この日は、5月にリリースされたばかりのHALFBYの新作『The Island Of Curiosity』のリリース・ツアーのちょうど中盤となりますので、高橋氏のDJをはじめ、<Second Royal>クルーによる真夏の激熱セットが展開されること間違いなし! 自分も準レギュラーとして気合いを入れて挑みますので、是非とも遊びにいらしてくださいね! 詳しくはまた後日告知しまーす!!


ry01
ry01 CM(0) 

サマージャム '10
cruelsummer2.jpg

 やあこんばんは! ry01です。

 今回のポストのタイトルを見て、『まさかスチャダラパーの名曲「サマージャム '95」の2010年ヴァージョンがあるとでも!?』と先走って興奮してしまった方とは、是非とも朝まで飲み明かしたいところですが、残念ながら今回はスチャダラパーの話題ではありません! しかし肩を落とすことなかれ、タイトルに偽りのない、これからの季節にピッタリなHotter Than Julyな話題なので、是非とも最後までお付き合いくださいませ!

 今回このブログでお伝えしたかった「サマージャム '10」とは、世界の最新インディ・バンドを中心に、ホットな音楽ネタを光速でフックアップし、積極的にバズを起こすことでシーンに活気を与えている、USが誇る最先端音楽ニュース・サイト<STEREOGUM>にて公開されたMIX『Cruel Summer: Stereogum Summer Jams 2010』のこと! M.I.A.の新作のアートワークをパロディとして使い、「むごい夏」という奇妙なタイトルが付けられたこのMIXは、CD2枚分に及ぶヴォリュームながら、なんと全曲フリーでダウンロードすることが出来ます!! ダウンロードはこちらから↓↓↓

■Cruel Summer
http://stereogum.com/429042/cruel-summer-stereogum-summer-jams-2010/mp3s/


Cruel Summer: Volume 1
01. DOM – “Living In America”
02. Cloud Nothings – “Didn’t You”
03. Restless People – “Days Of Our Lives”
04. Lemonade – “Lifted (Le Chev Remix)”
05. Japandroids – “Younger Us”
06. Sleigh Bells – “Tell ‘Em”
07. Toro Y Moi – “Leave Everywhere”
08. Cults – “Go Outside”
09. ceo – “Come With Me”
10. BRAHMS – “Brought It Out”
11. Buke & Gass – “Medulla Oblongata”
12. The Acorn – “No Ghost”

Cruel Summer: Volume 2
13. HEALTH – “USA Boys”
14. Dominique Young Unique – “Show My Ass”
15. Chromeo – “Don’t Turn The Lights On”
16. Javelin – “Oh! Centra”
17. Robyn – “Dancing On My Own (Buraka Son Sistema Remix)”
18. Best Coast – “Boyfriend”
19. Blonde Redhead – “Here Sometimes”
20. Male Bonding – “Franklin”
21. Mr. Dream – “Scarred For Life”
22. Twin Sister – “All Around And Away We Go”
23. Washed Out (Feat. Caroline Polachek) – “You And I”
24. MNDR – “I Go Away”
25. Baths – “Hall”
26. Magic Kids – “Summer”
27. ARP – “Summer Girl”



 トラックリストに目を向けてみると、先日10inch EP(買い逃してしまったっぽいです…)をリリースしたばかりの、話題のトロピカル・インディ・ポップ・バンドDOMで始まり、Cloud NothingsやBest Coastのようなローファイ/ガレージ・ポップから、Toro Y MoiWashed OutTwin SisterBRAHMSLemonadeのようなGlo-Fi/Chillwave(『SNOOZER』最新号でも特集されていましたね!)、Sleigh BellsHEALTHのようなパンキッシュなノイズ・コア、ChromeoJavelinRobynのようなエレクトロ・ポップまで、現在のUSを中心としたインディ・シーンの興奮と熱狂を、ジャンルを跨いで一望することが出来る「コレ全部フリーでいいの!?」と疑ってしまう超豪華な内容!!

 一見、統一性のない支離滅裂なMIXにも見えますが、この28組のバンド/アーティストには、真夏の午後の太陽が降り注ぐ中、ビーチボールを抱えて躁的に無邪気にはしゃぐような、又は木陰や水辺で夢見心地にまどろむような、はたまた、うだるような暑さの気温に逆ギレしてフラストレーションを爆発させるかのような、彼らにとっての「サード・サマー・オブ・ラヴ」の訪れに歓喜するトロピカル&ドリーミーなフィーリングが共通しており、MIXのタイトルの通り、ポジティヴィティとネガティヴィティを全部引っ括めて夏の訪れを歓迎する、高揚感に溢れた内容になっております。世界の最新インディ・バンドたちのホットな音源たちによって、鮮やかに目くるめく展開を魅せるこのMIXは、序盤のRestless Peopleの「Days Of Our Lives」では、モロ「Two Months Off」(言わずとしれたUnderworldの歴史的名曲!)なシークエンス・フレーズ(意図的なカヴァー!?)に大爆笑したり、The Byrds顔負けのメロウなギター・ポップが眩しいMagic Kidsの新曲「Summer」(大名曲!!)が終盤のハイライトとして貫禄たっぷりだったり、大ラストにはARPの激ドリーミーなシューゲイジング・ポップ「Summer Girl」で感動の大団円を迎えたり、構成もバッチリで言うことなしです。

 兎にも角にも、この夏のインディを楽しみ尽くしたい方は、このMIXをダウンロードしない手はありません! 気に入ったバンド/アーティストを発見出来たなら、今すぐレコ屋へ駆け付けましょー!!


DOM- Living In America




Restless People – Days Of Our Lives




Magic Kids-Summer



ry01
ry01 CM(0) 

FIGHT FOR YOUR RIGHT!!!!!!
dvv.jpg

 やあこんにちは! ry01です。珍しく昼間の更新!

 先日の「GOOD ON THE DANCEFLOOR 7月のスケジュールをドン!!」のポストでもお伝えしたように、いよいよ今夜はdonkey vegetable voxxx!!!のリリース・ツアー・ファイナル"ONE MORE DANCE Vol.4"が下北沢SHELTERにて開催されます! 自分もDJとして出演させて頂くこのホットなパーティーの詳細を、改めてドドンとご紹介!!

2010/07/04(SUN.)
donkey vegetable voxxx!!! presents
"ONE MORE DANCE Vol.4 -tour final-"
@Shimokitazawa Shelter
http://www.loft-prj.co.jp/SHELTER
OPEN/START 28:30
ADV 2300yen DOOR 2800yen +1DRINK
【Bands】
donkey vegetable voxxx!!!
http://www.myspace.com/donkeyvegetablevoxxx
APRICOT
http://www.myspace.com/apricotufo
NACANO
http://www.myspace.com/nacano
the chef cooks me
http://www.myspace.com/thechefcooksme
PANORAMA FAMILY(BOOTH LIVE)
http://www.myspace.com/panoramafamily
【DJ】
ry01(GOOD ON THE DANCEFLOOR)
http://www.myspace.com/ry01good
MOYASHI(moro & seiya from THE NEW HOUSE)
http://www.myspace.com/thenewhousetokyo



 今夜は、3月にリリースされた彼らのデビュー・アルバム『TOMATO EARTHQUAKE』のリリースを祝う集大成的パーティーということで、豪華面々が大集合! 自分はThe New Houseのmoro & seiyaと一緒にDJします! 自分はオープンから回していますが、何やらトップ・バッターには特大シークレットのオールスター・バンドが出演するそうなので、是非とも早い時間から遊びにいらして頂くことをお勧めします! 松田"chabe"岳二氏のこのツイートにヒントが隠されていそうな…。

 今宵の主役であるdonkey vegetable voxxx!!!について少し紹介させて頂くと、元々はNu clear classmateのchick繋がりで交流を持つようになり、毎年恒例の新年会"Niw! Collection '09/'10"でも二年連続で共演を果たすなどを経て、より深く親交を持つようになった、男女混合のエキセントリックなニューウェーヴ/ディスコ・パンク・バンドでありますが、天真爛漫な二人の女性ヴォーカルと、それをしっかりとアップリフティングする職人肌のポップ・パンク・サウンドがぶつかり合うことで生まれる、カラフルに煌めくドタバタ感がとても魅力的なバンドです。

アルバムでは、Beastie Boysの「Fight For Your Right」をメロディック・ファスト・コア風にカヴァーしていたり、今夜BOOTH LIVEを披露するPANORAMA FAMILYがつい先日リリースした7inchシングル「威風堂々/WALK THIS WAY」では、Aerosmithの「Walk This Way」(この曲をモチーフにした、Run-D.M.C.による同名曲は、言わずとしれたヒップホップ・クラシック!!)のコラボレーション・カヴァーを果たすなど、彼らの音楽性には生粋のパンク精神が貫かれており、これにはクラウド・サーフを決め込むキッズたちも思わずガッツ・ポーズ!! このパンク・キッズもインディ・キッズも無差別に踊らせる初期衝動を、是非とも今夜皆さんにも味わって頂きたいものです。

 しかしまあ、ビースティーズの「Fight For Your Right」は名曲ですよね。タイトルとして冠された「己の正当性を証明する為に闘う」という言葉は、自分の座右の銘の一つでもあります。まあ、彼ら自身はただのパーティー・フリークスで、馬鹿騒ぎしたいだけなのですが。最高!!

Beastie Boys - Fight For Your Right
ry01 CM(0) 


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。