GOOD ON THE DANCEFLOOR

GOOD ON THE DANCEFLOOR
OFFICIAL
Twitter
MySpace(Label)

レーベル/パーティ"GOOD ON THE DANCEFLOOR"のオフィシャル・ブログです。

[ABOUT US]
東京発のレーベル/パーティ。Arctic Monkeysの曲名から名づけられたこの集団は、上の世代には持ち得ない、自らの世代ならではの感覚を証明することを目的として、2007年6月に結成。バンド/DJ/デザイナー/ライター/フォトグラファーなど、現在複数のメンバーによって構成されている。個々での活動に加え、GOOD ON THE DANCEFLOORとしてもイヴェントやパーティーを不定期に開催。2009年秋にはレーベル初のコンピレーションCD『ALT A NATIVE SYNDICATE』をリリースし、国内をはじめ、北米/欧/豪にも配信リリースしている。

contact me :P
info@goodonthedancefloor.com

[NEWS]
2009年9月にリリースされ、日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、熱心な海外インディ・リスナーから、国内新世代インディ・バンド・ファンまで、多方面から絶賛の声を浴びた、東京の新世代レーベル"GOOD ON THE DANCEFLOOR"による、今後活躍が期待される新型バンドを集結させたコンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』。紅一点として参加したNu clear classmateが待望の単独作を遂にリリース!
------------------------------------------------------------
USインディ新世代と共振するサウンドに、コケティッシュな女性ヴォーカルを乗せた、日本発のキッチュな個性。この最新EPでは、Washed OutなどのGlo-Fi、Nite Jewelらが牽引するインディ・シンセ・ディスコ、そして時流のエレクトロ・ポップなどを、軽やかに横断している。わずか半年ほど前にリリースされたレーベル・コンピ収録曲と比べると、目が覚めるほどの音楽的な飛躍ぶり。ただ今メキメキと成長中の新世代二人組に、ぜひ注目を!
-小林祥晴-
------------------------------------------------------------
失礼を承知で正直に言うと、彼女たちがここまでの作品を仕上げてくるとは全く思っていませんでした。日々から逃げ出したい気持ち、マリア様に包まれてただただ安らかに眠っていたいという欲望と、それが叶わざる願いであることが転化した、やすりのような手触りの不機嫌な殺気。2010年に生きていく感覚そのままの音楽です。
-田中亮太(JET SET KYOTO/mogran'BAR)-
------------------------------------------------------------
Nu clear classmate 『Lick The Star』
2010/04/16 ON SALE
GOOD-1002 / including 5 songs 1,300yen (tax out)
1. Blank World
2. Causeless Pain
3. The Nearest Faraway
4. I Know I Know
5. I Leave The Parade Wearing A Dress

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

[NEXT PARTY]
????????????

全ての公演のチケットは予約を受付けております(一部除く)。
予約をご希望される場合は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります。
下記のチケット予約フォームからもお気軽にご予約が可能です↓↓↓


[RELEASE INFORMATION]
【GOOD ON THE DANCEFLOOR】のレーベル部門が、新たに【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】として始動!!!!!! 記念すべき第一弾リリースとして、初のレーベル・コンピレーションCDを2009年9月25日にリリース!!
------------------------------------------------------------
海の向こうの同世代へのシンパシーと、隣り合う君とのディスコミュニケーション。2つの同時代性の狭間で軋む音、火花。青く、眩しい。
-田中亮太 (CLUB SNOOZER / JET SET)-
------------------------------------------------------------
世界と同感覚で進行中の東京インディー・シーンをリアルに感じられる、グッド・コンピレーション! この衝動と感覚を忘れずに、リリースを続けてくれることを期待しています!
-JUN (80kidz)-
------------------------------------------------------------
GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK compilation
V.A. 『ALT A NATIVE SYNDICATE』
2009/09/25 ON SALE
GOOD-1001 / including 10 songs 1,800yen (tax out)
1. To Pieces / AAPS
2. Spin of School / Nu clear classmate
3. Social Evils and a Potato [Hamon Mix] / The New House
4. Jr. / White Scooper
5. Marble Nuts / Nu clear classmate
6. Tailors of OZ / AAPS
7. Up Bends / White Scooper
8. Pale Boy / The New House
9. Marble Nuts [Bamian Remix] / Nu clear classmate
10. Up Bends [Lapin Remix] / White Scooper

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

White Scooper 1st CD 『Thousand Valleys』
2008/06/10 ON SALE
GOOD-001 / including 7 songs 500yen (tax out)
1. C.Farmeres
2. Behind The Lights
3. Ya Ya Ya
4. Proco
5. Vigger
6. Nightram
7. Mornin' Giraffe
Art work by SAFARI.

取り扱い店舗
■JET SET (京都/下北沢)
【HP】【地図】【WEB通販】
■disk union各店
お茶の水駅前店、神保町店、新宿本館B1、下北沢店、吉祥寺店、
中野店、国立駅前店、池袋店、町田店、淵野辺店、稲田堤店、
横浜関内店、横浜西口店、津田沼店、千葉店、柏店
【HP】【店舗一覧】
■Sunrain Records (高円寺)
【HP】【地図】【WEB通販】

チケット予約フォーム
こちらでGOOD ON THE DANCEFLOORの各イベントのチケット予約が出来ます。ご利用ください。

名前:
メールアドレス:
日にち/イベント名:
枚数(質問などもどうぞ):

ブログ内検索
QRコード
QRコード
検索用

we love

!!! 1965 2 Many DJs 24Hour Party People 80kidz 8otto 100s Abake Abraham Cross Adam Sky Adel Air Akufen Alan Ball Air France The Album Leaf Alter Ego Altz Alphabeat Alloverallareover American Amy Winehouse Apparel Anavan ANDREA CREWS Andrew Kendall Andy Warhol Animal Collective Anna Tsuchiya Annie Aphex Twin The Apples In Stereo The Arcade Fire Arctic Monkeys Art-School Asian Dub Foundation Asian Kung-Fu Generation Ash A Sunny Day In Glasgow Atlas Sound At The Drive-In Audion Au Revoir Simone Aus Autechre The Avalanches Avengers In Sci-Fi badly drawn boy Back Drop Bomb Babyshambles Bamian The Band Apart Bang Gang Deejays Basement Jaxx Battles The Bawdies The Beach Boys Beastie Boys The Beatles Beck Beirut Belle & Sebastian Ben Folds Five Benga Ben Sharn Bernhard Willhelm Best Fwends Biff Bang Pow! Big Star The Birthday Bishi Bjork The Black Ghosts Black Kids Black Rebel Motorcycle Club Blast Head Bloc Party Bloodcat Love Blood Red Shoes Blood Thirsty Butchers Tha Blue Herb Blur Boards Of Canada Bonde do Role Bonjour Records Boom Boom Satellites Boredoms Born Ruffians Boys Noize The Boy Least Likely To The Bravery Breakfast Brian Jonestown Massacre The Brixton Academy Broken Social Scene The Buffalo Bunch The Bumblebeez Bump Of Chicken Buraka Som Sistema Burial Bushmind The Buzzcocks Bright Eyes British Sea Power Busy P Cabanne Cajuan Cajun Dance Party Calvin Harris Camera Obscura Cansei De Ser Sexy The Capes Cassette Playa Cat Power Cazals Chaki The Charlatans The Checks Chemical Brothers Chicks On Speed Chris Cunningham Christian Joy Chromeo C.I.A. Cibo Matto The Cigavettes Citizen Clammbon Clap Your Hands Say Yeah Clark Clarky Cat Chim↑Pom The Clash Coachella Coburn Cocorosie Coldcut Cold War Kids Colette Comanechi Comeback My Daughters Converge Corinne Bailey Rae Cornelius Cornershop Cosmic Wonder Cosmo Vitelli Chairlift The Coral Crackhaus The Cribs Creation Records Cristal Castles Crookers CSS Cubismo Grafico Cubismo Grafico Five The Cure Cut Copy DaDa KingZ Dada Life Daedelus Daft Punk Daggers Damien Hirst Dandi Wind Dan Le Sac vs Scroobius Pip Darek Darkel Darren Emerson Datarock Dandy Warhols David Fincher David Lynch David Sylvian Ddjjs Dead Disco Death From Above 1979 Death In Vegas The Death Set De De Mouse Deep Dish De La Soul Delta Sonic The Departure Derrick May Devendra Banhart DFA Diane Arbus Dick Bruna Digitalism Dinosaur Jr Diplo Dirty Pretty Things Dirty Projectors Disco Drive Disco Teenage Kicks Disco Twins Dizzie Rascal Dj Baku Dj Hikaru Dj Kentaro Dj Mehdi Dj Nobu Does It Offend You, Yeah ? Domino Doopees Doping Panda Douglas Coupland Doves Dreadeye Dreamburger Drocie Dubsided Duffy Eater ECD Echo & The Bunnymen ED Banger Editors Edward Gorey Eight Legs Electric President Electrocute Elmo El Presidente Ellegarden Elliott Smith Eminem The Enemy Enlightenment Erase Errata Erol Alkan Exlovers Escalator Records Esg Everybody Else Excuse Me Factory The Faint Fancy Him Fantastic Plastic Machine Fatboy Slim The Feeling Feist Find Gask The Fits The Flamin Lips Flipper's Guitar Fischerspooner Fishmans Fountain Of Wayne First Aid Kit Foals Foreignland Four Tet Fox N' Wolf France Gall Frank Owen Gehry Franz Ferdinand The Fratellis Friendly Fires Fred PEerry The Free Design Freeform Five Fuck Buttons Fuji Rock Festival The Futureheads Future Terror Gang Of 4 Ganban Night Gangway Gas Book Georgie James George Harrison Gildas & Masaya Glass Candy Glastonbury Festival Glasvegas The Glimmers Gnarls Barkley Going Steady Goldfrapp The Good Life The Good,The Bad And The Queen Goose Gorillaz Golden Silvers The Gossip The Go! Team Graham Coxon Green Day Grind House Group Inou Group Of People Guns N' Bombs Hadouken ! Hal Happy Mondays Hard-Fi Hard To Explain Headman The Heavy Henry Darger Henrik Vibskov Herbert Hercules and Loveaffair Herve Hi-Standard The Hives The Holloways Holy Hail The Hoosiers The Horrors Hot Chip Hot Gossip Hot Hot Heat House of Holland i-D Idlewild iLL I Love You But I've Chosen Darkness I'm From Barcelona In Corridors Individual Orchestra Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin The Infadels InK Institubes Interpol i-WARP Jack Kerouac Jack Penate Jackson And His Computer Band Jacques Tati The Jam James Ford James Holden James Jarvis Jamie Lidell Jan Svankmajer Jay-Z Jean Luc Chainsaw Jeff Mills Jence Jerry Jesse Rose Jet Jimmmy Eat World Joakim Joanna Newsom John Lennon Johnny Boy Johnny Foreigner The Jesus & Mary Chain Johann Johannsson Joy Division Julie Verhoeven Junior Senior Justice KAFKA Kaiser Chiefs Kanye West Kap10Kurt Karafuto Kate Nash Kathy Kavinsky Koko Von Napoo KAWS The Kbc Ken Ishii Ken Yokoyama Keith Kerrier District The Killers The Kills Kings Of Convenience Kings Of Leon Kim Kitsune Klanguage Klaxons The KLF The Knife The Kooks Kraftwerk Kris Menace Kunoku Ladyhawke Lady Sovereign Larrikin Love The La's Late Of The Pier Laura Marling Laurent Garnier LCD Soundsystem Le Tigre LFO Liars The Libertines Lightspeed Champion Lillies and Remains Lillica Libertine ! Lily Allen Limited Express(has gone?) Linda Lindstrom Little Barrie The Little Flames Little Man Tate Locksley Lo-Fi-Fnk Long Blonde Lostage Love Psychedelico Love of Diagrams The Long Blondes Los Campesinos! Lost Penguin Love Is All Luke Vibert Lovely Chords The Lowbrows Low Vision Magnus Carlsson Malajube Mando Diao Magistrates Marios Mark Ronson Martin Margiela The Marz Volta Massive Attack Material Boy Matisyahu Matthew Barney Maximo Park Memphis Industries Merlin Bronques Metamorphose Metro Area Metronomy Mew M-flo MGMT M.I.A. Mice Parade Michel Foucault Michel Gondry Midnight Juggernauts Mika Milo? Forman Ninja Tune Miaou Minor Threat The Mirraz The Misshapes Mixrooffice M/M Paris Moby Modeselektor Modest Mouse Mo-dettes Modular The Mogs Mogwai Mondo Grosso Monica Uranglass Monobright The Moog Cookbook The Morning After Girls Mo'some Tonebender Moving Units Mr Been Mr Oizo MSTRKRFT Mu Mum Mumm-Ra The Music My Bloody Valentine Mylo Mystery Jets Nanamine Nathan Fake Nathan Michel Neon Neon Neon Plastix N.E.R.D Neu! New Cassettes New Order The New House New Young Pony Club Nan Goldin Natalie Wood Neon Neon Nigel Godrich Nightmoves Nightmares On Wax Niki De Saint Phalle Nima Nourizadeh Nine Black Alps Nine Inch Nailes Ninja Tune The Novembers Noze No Age Nu Clear Classmate Nujabes Nyantora Nylon Oasis Oceanlane Ogre You Asshole Olav Basoski Oldenburg Opera Operator Please Optimo The Ordinary Boys Orange Juice The Orb Oskar Fischinger Ox.Eagle.Lion.Man Pacific! Pam Para One Pains of Being Pure at Heart Passions The Pastels Patrick Wolf Pavement Payback Boys Peaches Pedro Winter Pepe California Peter Bjorn And John Peter Saville Peter Max Pet Shop Boys Pharell Williams Phoenix Phantom Planet Phones Pig Radio the pistolas The Pipettes Pixies Placebo Plan B Polysics Poney Poney The Pop Group Pop Levi Portishead Postal Service Prefab Sprout Prefuse 73 Pre-School The Presets Primaly 1 Primal Scream Prodigy Prototypes Psapp Punks Jump Up Queens Of Noize Quentin Tarantino Quiero Club The Raconteurs Radiator Radio 4 Radioclit The Radio Dept. Radiohead Radio Slave Radwimps The Rakes Raphael Just The Ramones The Rapture R.E.M. Ratatat Rauschenberg Rat:att:agg RayGun Razors Edge RazorLight Regina Spektor Rei Harakami Remi Nicole RE:RE:RE:mojojo Resfest Reverend And The Makers Revl9n Rex The Dog Ricardo Villalobos Richard Linklater Richie Hawtin Riddim Saunter Ride Riot In Belgium Ripchord The Robocop Kraus Robot Needs Oil The Roconters Ron Sexsmith The Roots Rough Trade Rosenquist Rovo The Royal We Rubies Royksopp Roy Lichtenstein Rub N Tug Ryan McGinley Rye RyukyuDisko Saam Faramand Saddle Creek Safari Santogold Sasha Savath & Savalas Scissor Sisters Scott Herren Scouting For Girls Scuttle Scritti Politti SebastiAn Sex Pistols The Shakes Shirokuma Shitdisco The Shoes Sigur Ros Simian Mobile Disco Sinden Sing02 Skream Sleater Kinney The Slits Slowly Downward Smashing Pumpkins The Smith Smith N Hack Snoozer Snow Patrol Sofia Coppola Soft The SoftLightes Soft Tigers Solid Groove So Me Something Else Sonic Youth Soulwax Sound Team Space cowboy Spank Rock Spalta Locals The Specials Special Others Spike Jonze Spiler The Spinto Band Squarepusher Stars Stefanie Schneider Stereo Tennis Steve Aoki The Streets Strip Steve The Strokes The Stone Roses Struggle For Pride Studio Voice Studio 4℃ Sub Pop The Subways Suede Sufjan Stevens Sugiuramun Suicide Summer Sonic The Sunshine Underground Supercar Super Furry Animals Superglass SUPER SUPER Supersystem Surkin The Suzan Switch Syrup 16g Tacteel Takagi Masakatsu Talking Heads Tahiti 80 Tangerine Dream Taikoclub Teenage Bad Girl Teenage Fanclub The Teenagers Teki Latex Telefon Telepathe Tel Aviv The Telephones Television Tepr Theoretical Girl Terry Roison Terry Zwigoff Test Icicles These New Puritans Tomas Andersson Tommy Guerrero Thomas Bangalter Thomas Brinkmann Thom Yorke Those Dancing Days Thieves Like Us Tiga Tilly and the Wall Tim Deluxe The Ting Tings Tokyo Police Club Tomas Andersson Tom Middleton Tommy Guerrero To My Boy Tom Ze Tortoise Trafalgar Trash Fashion Travis TTC The Twang Twisted Charms Two Gallants Uffie Ultra Brain Unchain Undercover Underworld U2 Vampire Weekend Vanessa Van Basten Van She Vanshe Technologic Valerie Phillips Vermilion Sands The View Vanity The Velvet Underground Vermilion Sands The Verve The Vines Vincent Markowski Vinyl Junkie Vitalic Von Sudenfed V∞REDOMS Wagon Christ The Wannadies Warp We Are Scientists Weezer Wes Anderson We Start Fires The Whip White Scooper The White Stripes The Whitest Boy Alive Whitey The Who Why? Wichita Wigs Wild Beasts Wire Wolfgang Tillmans XL XTC Yanokami Yatt Yeah Yeah Yeahs Yellow Magic Orchestra Yelle Yo La Tengo Yonderboi Young Lovers Yppah YSP Yuksek Zongamin Zutons 赤犬 浅田次郎 浅野いにお あふりらんぽ 伊坂幸太郎 石野卓球 稲葉英樹 宇川直宏 羽海野チカ 大沢伸一 小沢健二 大竹伸朗 尾田栄一郎 おとぎ話 大人計画 小山田圭吾 棚田康司 ギターウルフ 銀杏Boyz 草間弥生 クラムボン くるり ザ・クロマニヨンズ 小池桂一 サイプレス上野とロベルト吉野 桜井鈴茂 佐藤秀峰 サニーデイサービス 鹿野淳 渋さ知らズ 清水祐也 しりあがり寿 信藤三雄 砂原良徳 スーパーカー スチャダラパー スマーフ男組 曽我部恵一 相対性理論 田島一成 田名網敬一 田中宗一郎 谷川俊太郎 電気グルーヴ 東京事変 タカノ綾 タナカカツキ 田中フミヤ チャットモンチー 谷岡ヤスジ 長尾謙一郎 中込智子 仲真史 中村一義 奈良美智 野田努 ノンポリラジカル ハイロウズ ハナレグミ 髭 藤子不二雄 ブルーハーツ フルカワミキ 古谷実 堀江博久 前野健太 ゆーきゃん ゆらゆら帝国 横尾忠則 松本大洋 村上春樹 珍しいキノコ舞踊団 森見登美彦 やけのはら ラーメンズ リリー・フランキー

T.H.A.N.K.S.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

【Best Album 100 of 2010】selected by GOOD ON THE DANCEFLOOR
 2011年が明けて早くも半月が経ちましたが、今回のポストでは、ようやく選出が完了した、GOOD ON THE DANCEFLOORによる『2010年ベスト・アルバム・チャート100枚』を発表させて頂きます!

 この『ベスト・アルバム・チャート100枚』とは、今年で3度目、すでに毎年恒例となっている(08年のチャートはコチラ、09年はコチラ)、年に一回の無謀な企画。傑作が多かった2010年を振り返るのに相応しい、とてもカラフルなチャートが出来上がりました。この1年間、様々なシーンに触れながら、沢山のアクチュアルな音楽を楽しむことが出来ましたが、国内/海外の既存のメディアにおいて、洋邦問わず、これだけ多くのジャンルをカヴァー出来ているチャートもなかなかないと思います。ここが多くのトライブの交差点になることを願いつつ、それらをちょびっとずつでも皆さんと共有することで、2011年も共に楽しんでいけたら、そういった想いを込めて作成しました。

 と、前置きが長くなってしまってもチャートを濁してしまいますので、サクっとご紹介させて頂きます! 一つだけお伝えしておくことは、このチャートでは、2010年にリリースされたアルバム単位の作品を、相対的に評価し、優れていると思った順に並べています。ただ単に自分の趣味であったり、よく聴いた順などではありません。なので、それぞれの作品に失礼がないよう、気合いを入れて選出させて頂きました。ごく一部、「これだけは外すことが出来ない!」と思ったEPやオムニバス作品がチャート・インしていますが、それは、僕らGOOD ON THE DANCEFLOORの気概として受け取って頂ければと思います。

 というわけで、GOOD ON THE DANCEFLOORによる『2010年ベスト・アルバム・チャート100枚』を存分にお楽しみくださいませ!!!!!!












【Best Album 100 of 2010】selected by GOOD ON THE DANCEFLOOR

vw3.jpg
1. Vampire Weekend 『Contra』 [XL]

 この『コントラ』というタイトルは、単純な二元論で何もかもカテゴライズしようとする現代社会への、鋭い皮肉のようだ。様々なコントラストを映し出し、その上からカラフルなグラデイションで鮮やかに塗り替える、知性とカジュアルさの両方を兼ね備えたこのバンドのアティテュードを示す言葉として、それはとても相応しい。この2作目でも、インディ・ポップからアフロ・ビート、チェンバー・ポップ、スカ・パンク、そしてモダンR&Bまでを颯爽と駆け抜ける彼らは、シーンやクラスターの分断化という時代の閉塞感に臆することなく、島宇宙から島宇宙へと、1、2の3のステップで軽やかに跳び越えて行く。そうだ、細分化が止まらないのであれば、スキップの歩調でひょいと跨いでいけばいい。サークルが無数に散らばってしまったのであれば、宝石の欠片をかき集めるように繋ぎ合わせればいい。どこまでもしなやかで豊潤なこの音楽をBGMに、僕らはその足で駆け回ることが出来る。それでも無菌室から嘆いている奴らにはツイッター(とトゥギャッター!)でも与えて、いつまでも昔の話をしたがる年寄りの戯言は犬の餌にでもして、僕らはさっさと街へと繰り出そう。“カズンズ”のアウトロの、両足でピョンピョンと飛び跳ねてベルを叩き鳴らす姿なんて、そんな僕らのことを祝福しているようじゃないか! (加藤綾一)







shinsei_20110117015152.jpg

2. 神聖かまってちゃん 『つまんね』 [Warner]

 僕らの世代は、SNSの台頭により、社会で相対化された自分のことをいつでも気にするようになった。まるで発言を監視されているような錯覚に陥りながら、自身の本意を上手く表現出来ない時代を生きている。その歪んだコミュニケーション文化の中で「死にたい/嫌だ」と本心とも戯言ともとれない言葉を、現実との摩擦から生まれたノイズとしてぶちまける。そして彼らは「マイ・ジェネレーション!」と叫び、現代を生きるユースの心情を大きく代弁し、昇華させる。もう勝手にする、だってお前ら、つまんねーんだもん。(秋岡良寛)







kanye.jpg

3. Kanye West 『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』 [Def Jam / Roc-A-Fella]

 名声と富を手にした当世のキング・オブ・ポップの、生々しい強欲と、相反する混乱と苦悩。マイク・スキナーのようにユーモアで煙に巻くことが出来ればよかっただろうに、彼は真面目な人間なのだろう、ここでは鮮烈なまでの痛みを伴った虚無感と自己嫌悪を晒している。同時期にリリースされたシングルは“シー・ミー・ナウ(今の僕を見て欲しい)”であったが、その、呪縛を振り払おうとする彼の果敢な姿を見て、僕は何度も涙が出そうになった。でも大丈夫。君も顔を上げて、涙を拭いて。少なくとも僕は、今の君を見ているのだから。(加藤綾一)







bh.jpg

4. Beach House 『Teen Dream』 [Sub Pop]

 レコードが回り始めてすぐ、目の前には真っ白な深い霧が立ち込めていく……。ボルティモアを拠点に活動するこの男女デュオの3作目は、ドリーミー・ポップの名の通り、我々に夢想への扉を用意する。静かに深く響くリズム、甘美なシンセサイザー、優しく爪弾かれるギター、ニコが引き合いに出される凛としたその歌声は、逃避の為の地図を描き、夢見心地なまでに僕らをガイドする。Jay-Zやビヨンセをも振り向かせたその圧倒的な情景を前にして、我々はただ、身を任せればいい。ゆっくりと溶けていく中、瞼はだんだんと下がっていく……。(中村友亮)







sleighbells_20110118124157.jpg

5. Sleigh Bells 『Treats』 [MOM+POP]

 ブラック・フラッグとティンバランドをスタジオにぶち込んで、ダイナマイトで爆破したかのような、ついついそんな不謹慎な喩えが浮かんでしまうほど、彼らのそのエクストリームな折衷性は常軌を逸している。パンキッシュかつメタリックなギター・リフと、モダンR&B譲りのトリッキーなビートの融合、そして圧倒的なノイズと音圧……。アレクシスのあどけない歌声は、その狂ったマッシュアップに豊かな表情を与えている。倦怠と閉塞感を吹き飛ばす、このキュートな轟音に包まれながら、精一杯のファック・オフ・サインをキメてやろう。(秋岡良寛)







flylo_20110117015241.jpg

6. Flying Lotus 『Cosmogramma』 [Warp]

 08年の『ロスアンジェルス』によってビート・ミュージックのトレンドを鮮やかに刷新した彼は、その突き抜けた先に広がったコズモを、この新作によって、またさらに大きく拡張させてしまった。ロウビットからドリルンベースまで、躁鬱を繰り返すビートに乗るは、ジャジーな生ベースやホーン、そして西洋の古典映画じみたストリングス……。予定調和を蹂躙する、不規則に奇妙に漂ってはなだれ込む無数の音の破片は、2010年において最もスリリングなサイケデリアを演出した。何も言うな、このビートにぶっ飛ばされてこい! (秋岡良寛)







sufjan.jpg

7. Sufjan Stevens 『The Age Of Adz』 [Asthmatic Kitty]

 この10年でチェンバー・ポップの見取り図を大きく書き換えてしまったこの男は、この新作で、アメリカ50州の風景を穏やかに歌い上げる代わりに、自身のパーソナルな心情ーー自己懐疑と自己啓発が交錯し、やがて精神は崩壊するーーについて、狂ったように叫びを上げる。しかもそれが、IDMライクなマッドなビートとエレクトロニクス、そしてオーケストラの響きに乗せて歌われるのだから、聴いているこちらまで酷く混乱する。「長い人生さ! 少しは苦労しよう!」だって? ああ、そうかもしれないけど……。何て奇妙な傑作なんだ! (加藤綾一)







emeralds.jpg

8. Emeralds 『Does It Look Like I'm Here?』 [Editions Mego]

 このオハイオ州クリーヴランドのトリオについては、名前がその音楽性を見事に表している。エメラルドに投射され、乱反射するシンセサイザーの輝き。静かに、そしてときに激しく波打つギターのフィードバック・ノイズ。それらの音像は、クラスターやアシュラ・テンペルなどの偉人たちが創り上げた、アンビエント・ミュージックの芸術的な世界へと繋がっていく……。〈エディションズ・メゴ〉は、昨年、フェネスの『エンドレス・サマー』を復刻したが、チル・ウェイヴとも共振する「終わらない季節」を求める声は、確かに存在する。(中村友亮)







goldpanda.jpg

9. Gold Panda 『Lucky Shiner』 [Notown]

 フライング・ロータスの新作が、半ば強引に折衷性を押し進めた、喧騒に塗れたものだとするなら、ゴールド・パンダのそれには、誰も触れることの出来ない流麗とした美しさがある。彼のそのイノセントでメロディアスな音楽性は、タイトルがよく物語っている。チョップアップが繰り返されるIDMスタイルを基に、民族楽器やストリングスのオリエンタルな響きを組合せることで、彼はポスト・ダブステップの新たなフェイズへと我先にと突入した。その輝きは、2010年における『ミュージック・ハズ・ザ・ライト・トゥ・チルドレン』のようだ。(加藤綾一)







warpaint.jpg

10. Warpaint 『The Fool』 [Rough Trade]

 ブリアルの漆黒のビートに乗せて、トム・ヨークとPJハーヴェイが静かにデュエットしているのがThe xxだとしたら、彼女らのざらついたサイケデリアは、アメリカの荒涼とした土香る大地からの、その反響とも言える。アンドリュー・ウェザオールによるミックスが施された、凛とした演奏と叙情的な響きに誘われるがまま、心地良い脱力感と緊張を入り混じらせながら彷徨ううちに、真夜中、迷いの森へと導かれる。幻視のような淡い希望の光は、何度も消えては灯され、その度に自分の影と足跡、そして向かうべき先をささやかに照らす。(加藤綾一)







toroymoi.jpg

11. Toro Y Moi 『Causers Of This』 [Carpark]

 昨年は、所謂チルウェイヴとされる作品を山ほど聴いた。余りにも聴き過ぎた所為か、ラップトップとリヴァーブの使い方さえ分かれば、何だか自分でも作れそうな気がしてきた……という生意気な皮肉は、すみません、この作品の前では完全に無効でした。穏やかでメロウなシンセの重なりと、ソウルフルな歌声とメロディ、そして〈ワープ〉界隈のグリッチ・ホップを想起させるトリッキーなビートの煌びやかな交わりは、ウエスト・コーストの夜の街並に鳴り響くアーバン・ソウル……とでも形容したくなる。このグルーヴを掴まえて、ってね。(加藤綾一)








ariel.jpg

12. Ariel Pink's Haunted Graffiti 『Before Today』 [4AD]

 サイケデリック、ディスコ、ソウル……。所謂「レトロ」な音楽からの影響を基に、チープで薄っぺらな演奏を携え、だらしなく伸ばされた髪の毛そのままに、気怠く、甘く叫ぶ。ある曲では「ネクロ・ロマンチスト」と称し、またある曲では「ビバリー・キルズ」と皮肉をぶつけるこの男には、世界はどんな色に見えるのだろう。しかし不思議なことに、そんな彼が歌う甘美さ、孤独、そして果敢のなさは、我々の心に潜む同様のそれに、そっと寄り添ってくる。西海岸にある機材に囲まれた彼の部屋は、今、世界中のナードを繋いでいるかのようだ。(中村友亮)







af.jpg

13. Arcade Fire 『The Suburebs』 [Merge]

 この10年間において、その政治性と音楽性の両面から評価され、自らもオバマ支援を表明し続けてきたこの楽団は、3作目で「郊外」をテーマに選んだ。現代における消費文化、均一化などの問題を、少年時代の思い出というパーソナルな風景へと光を当てることで、より身近な言葉としてリスナーへと提示する。伸びやかな音のダイナミズムは健在で、その音の衝突と前進は、彼らがこれまで貫いてきた姿勢そのものだ。それは、日本に住む我々にとっても無視することの出来ない、問題提起を孕んだ、とても誠実なコミュニケーションである。(中村友亮)







hidef.jpg

14. hi-def from CIAZOO 『Disk Noir』 [CIA REC / SEMINISHUKEI]

 グレイに塗りつぶせ、まずはそのコンセプトが素晴らしい。「被害妄想と交互でやってくる加害妄想/ずっとエンドレスで迫られる選択肢/そこから逃れる術がないとわかると/だんだん何も感じなくなる」と、彼は現代の決断主義の弊害をラップする。都知事の高圧的な政治によって、訳の分からない条例が決まるこの国だ。真面目に生きるのも馬鹿らしくなってくる……。しかし彼は、そんな虚無すらを蹴飛ばすように「何から何まで白黒つけることが本当に正しいの?」と続ける。シリアスを回避するひとつのクレヴァーな方法が、ここにはある。(加藤綾一)







MP3.jpg

15. V.A. 『MP3 Killed The CD Star?』 [Maltine]

 さしずめ、CDスターの悲劇……。この20歳そこそこのナードたちによるネット・レーベルは、ダウンロード時代への痛快な風刺として言い放つ。「スティーヴ・ジョブスの言う通り」、たしかに、iTMSが登場した時点でこの事態は予測出来ていた。しかし、今、ここが焼け野原だとしても、彼らは至って純真無垢な気持ちでアクチュアルなダンス・ミュージックを楽しんでいる。それがこの国のマイノリティだとしても。いくら僕が彼らの趣味嗜好に踏み込んだところで、「大人になんてわかって堪るか!」と聞こえてきそうだが、いや、それでいい。(加藤綾一)







quluri.jpg

16. くるり 『言葉にならない、笑顔を見せてくれよ』 [Speedstar]

 以前、岸田繁が、「か~も~め~の、水兵さん♪ みたいな曲を作りたい」と大真面目に語っていたのはなかなか印象的だったが、音楽家としての高みを目指したその熱き想いは、前2作を経て、この新作で遂に見事に実を結ぶことになった。日本語の抑揚を活かした、歌声とすべての楽器のアンサンブルによって描き出す、ひとつの大らかなメロディ。その豊潤なハーモニーに乗せて歌われるは温泉に麦茶、洗濯と、日本情緒溢れる原風景。そして、アメリカへのささやかな決別の意思。彼はまたこうして、山田耕作の領域にまで達しようとしている。(加藤綾一)







opn.jpg

17. Oneohtrix Point Never 『Returnal』 [Editions Mego]

 このOPNよりも先に、ゲームス(OPNの別動隊である、レイヴィでありながら深くまどろむようなシンセ・サウンドが特徴の、摩訶不思議なチルウェイヴ・ユニット)に出会っていた僕は、この広大なアンビエント・ドローンの海を前にして、思わず腰を抜かしてしまった。暗闇の中、寄せては返すシンセとノイズの波に揉まれながら、水面に映った月明かりが美しい曲線を描くような……、そんな神秘的な光景が目に浮かぶ。確信犯的なゲームスにしても、次の10年のアニマル・コレクティヴになるのは、彼らだったりするのかもしれない。(加藤綾一)







drake.jpg

18. Drake 『Thank Me Later』 [Cash Money]

 まるでベッド・ルームでの後戯のような濃厚さ……。アンビエントじみたブリージングなプロダクション、夕闇のように辺りを包み込む穏やかなメロディ、軽やかなキックの響きはチルを誘発する。一貫してスムース、だが、ときに焦らすようにもたるフロウによって、「ただ成功したい」という日常の瑞々しい願望は、超絶スウィートなトラックと艶かしく、じっとりと絡み合っていく。そのソフトなタッチは、マッチョイズムとは対極に位置する。“ミス・ミー”からのメロウの応酬でクライマックスを迎えたなら……さて、2回戦へ行くとしますか。(秋岡良寛)







lcd_20110117015919.jpg

19. LCD Soundsystem 『This Is Happning』 [Virgin]

 新しさは……ない。しかし、これまでに彼が鳴らしてきたもの――四つに刻むキック、ダンスとロック、パンク・キッズの笑顔、彼のセンスを尖らせたであろうヒーローたちの後ろ姿、そしてニューヨークとアート――、それらは大きな財産である。バ ンドの活動停止を考えたことも大きく影響しているのだろう。かつて自らがエッジを失っていくことについて歌ったこの男は、新たな10年の始まりにおいて抱えるメランコリーと淡い希望を交錯させる。「君が望むことを恐れるのなら/この夜にいい結果は得られないかもね」――彼の最後の言葉だ。(中村友亮)







magneticman.jpg

20. Magnetic Man 『Magnetic Man』 [Columbia]

 ダブステップの躍進を支えてきたシーンの顔役であるスクリームとベンガ、そしてアートワークの3人によるこのスーパースター・ユニットは、“アイ・ニード・エア”と、ご丁寧に、自身の曲によってフロアが酸欠状態になることまで予測済み。〈フジ〉でのライヴでは、日本とUKとの、このジャンルの浸透度の乖離を痛烈に感じたが、それよりもまずは、このぶっといベースラインに打ちのめされることが先決だ。てか、何で皆、あのとき、あの場所にいなかったのさ!? 今、世界で一番、野心に満ち溢れたビートが鳴り響いていたというのに! (加藤綾一)







21 - 30位

samps.jpg
21. The Samps 『The Samps』 [Mexican Summer]

national_20110119022510.jpg
22. The National 『High Violet』 [4AD]

janel.jpg
23. Janelle Monáe 『The Archandroid』 [Bad Boy]

foals_20110118195017.jpg
24. Foals 『Total Life Forever』 [Transgressive]

tokumaru_20110118195039.jpg
25. トクマルシューゴ 『Port Entropy』 [P-Vine]

salem.jpg
26. Salem 『King Night』 [I Am Sound]

mountkimbie_20110118200143.jpg
27. Mount Kimbie 『Crooks & Lovers』 [hot flush]

andymori_20110118200124.jpg
28. andymori 『ファンファーレと熱狂』 [Youth]

shinsei2.jpg
29. 神聖かまってちゃん 『みんな死ね』 [Perfect Music]

slack_20110118194849.jpg
30. S.L.A.C.K. 『Swes Swes Cheap』 [DOGEAR]





31 - 40位

nanao_20110118200546.jpg
31. 七尾旅人 『Billion Voices』 [Felicity]

deerhunter_20110118200604.jpg
32. Deerhunter 『Halcyon Digest』 [4AD]

darkstar.jpg
33. Darkstar 『North』 [Hyperdub]

charlotte_20110118200636.jpg
34. Charlotte Gainsbourg 『IRM』 [Because]

julian.jpg
35. Julian Lynch 『Mare』 [Olde English Spelling Bee]

ogre.jpg
36. OGRE YOU ASSHOLE 『浮かれている人』 [Vap]

matsuki_20110119022517.jpg
37. まつきあゆむ 『1億年レコード』

noage_20110118200730.jpg
38. No Age 『Everything In Between』 [Sub Pop]

folchen.jpg
39. Fol Chen 『Part II: The New December』 [Asthmatic Kitty]

spoon.jpg
40. Spoon 『Transference』 [Merge]





41 - 50位

nicki.jpg
41. Nicki Minaj 『Pink Friday』 [Cash Money]

shed.jpg
42. Shed 『The Traveller』 [Ostgut Ton]

fourtet_20110118201512.jpg
43. Four Tet 『There Is Love In You』 [Domino]

owen.jpg
44. Owen Pallett 『Heartland』 [Domino]

yeasayer_20110118201546.jpg
45. Yeasayer 『Odd Blood』 [Secretly Canadian]

wavves_20110118201605.jpg
46. Wavves 『King Of The Beach』 [Fat Possum]

baths.jpg
47. Baths 『Cerulean』 [anticon]

jimmy.jpg
48. Jimmy Edgar 『XXX』 [!K7]

ikonika.jpg
49. Ikonika 『Contact, Love, Want, Have』 [Hyperdub]

grina.jpg
50. G.Rina 『Mashed Pieces #2』 [Melody & Riddim]





51 - 60位

onra_20110119044353.jpg
51. Onra 『Long Distance』 [All City]

actress_20110119044424.jpg
52. Actress 『Splazsh』 [Honest Jon's]

glasser_20110119044406.jpg
53. Glasser 『Ring』 [True Panther]

howto_20110119044414.jpg
54. How To Dress Well 『Love Remains』 [Lefse]

insect_20110119044435.jpg
55. 昆虫キッズ 『Text』 [MY BEST]

ee_20110119044651.jpg
56. Everything Everything 『Man Alive』 [Polydor]

bss_20110119044701.jpg
57. Broken Social Scene 『Forgiveness Rock Record』 [Arts & Crafts]

rw_20110119044709.jpg
58. Rufus Wainwright 『All Days Are Nights: Songs For Lulu』 [Decca]

jn_20110119044720.jpg
59. Joanna Newsom 『Have One On Me』 [Drag City]

mf_20110119044742.jpg
60. The Magnetic Fields 『Realism』 [Nonesuch]





61 - 70位

bbc.jpg
61. Bombay Bicycle Club 『Flaws』 [Mmm...]

delphic_20110119044952.jpg
62. Delphic 『Acolyte』 [Chimeric]

pp.jpg
63. Pantha Du Prince 『Black Noise』 [Rough Trade]

tnp.jpg
64. These New Puritans 『Hidden』 [Domino]

tf.jpg
65. Teengirl Fantasy 『7AM』 [Merok / True Panther]

caribou.jpg
66. Caribou 『Swim』 [City Slang]

suzan.jpg
67. The Suzan 『Golden Week For The Poco Poco Beat』 [Fool's Gold]

klaxons.jpg
68. Klaxons 『Surfing The Void』 [Polydor]

mirraz_20110119045145.jpg
69. The Mirraz 『Top Of The Fuckin' World』 [mini muff]

fs.jpg
70. Forest Swords 『Dagger Paths』 [Olde English Spelling Bee]





71 - 80位

bc.jpg
71. Best Coast 『Crazy For You』 [Mexican Summer]

skream.jpg
72. Skream 『Outside The Box』 [Tempa]

md.jpg
73. Machinedrum 『Want To 1 2?』 [Normrex]

lone.jpg
74. Lone 『Emerald Fantasy Tracks』 [Magic Wire]

djnate.jpg
75. DJ Nate 『Da Trak Genious』 [Planet Mu]

td.jpg
76. Terror Danjah 『Undeniable』 [Hyperdub]

gsh.jpg
77. Gil Scott-Heron 『I'm New Here』 [XL]

mia_20110119050842.jpg
78. M.I.A. 『/\/\ /\ Y /\』 [XL]

bigboi.jpg
79. Big Boi 『Sir Lucious Left Foot... the Son of Chico Dusty』 [Def Jam]

rockase.jpg
80. Rockasen 『Welcome Home』 [Assasin Of Youth]





81 - 90位

seeda_20110119045803.jpg
81. SEEDA 『Breathe』 [KSR]

akg.jpg
82. Asian Kung-Fu Generation 『マジックディスク』 [Ki/oon]

mgmt.jpg
83. MGMT 『Congratulations』 [Columbia]

gorillaz.jpg
84. Gorillaz 『Plastic Beach』 [Parlophone]

bt.jpg
85. Big Troubles 『Worry』 [Olde English Spelling Bee]

lm.jpg
86. Laura Marling 『I Speak Because I Can』 [Virgin]

mj.jpg
87. Mystery Jets 『Serotonin』 [Rough Trade]

krt.jpg
88. 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 『King Of Music』 [Sneeker Blues / JET SET]

agraph.jpg
89. agrapgh 『equal』 [Ki/oon]

eb.jpg
90. Erykah Badu 『New Amerykah Part Two: Return of the Ankh』 [Universal Motown]





91 - 100位

hm.jpg
91. Hotel Mexico 『His Jewelled Letter Box』 [Second Royal]

poca.jpg
92. Pocahaunted 『Make It Real』 [Not Not Fun]

jonsi.jpg
93. jonsi 『go』 [Parlophone]

ohshu.jpg
94. 王舟 『Thailand』 [鳥獣虫魚]

mb.jpg
95. The Morning Benders 『Big Echo』 [Rough Trade]

jj_20110119050314.jpg
96. jj 『N°3』 [Secretly Canadian / Sincerely Yours]

derolean.jpg
97. Derolean 『Subiza』 [True Panther]

miwa.jpg
98. 三輪二郎 『レモンサワー』 [MY BEST]

antony_20110119050219.jpg
99. Antony and the Johnsons 『Swanlights』 [Secretly Canadian]

soutaisei.jpg
100. 相対性理論 『シンクロニシティーン』 [みらいrecords]



次点
Wild Nothing 『Gemini』 [Captured Tracks]
The Drums 『The Drums』 [Moshi Moshi]
Magic Kids 『Memphis』 [True Panther]
Kings Of Leon 『Come Around Sundown』 [RCA]
Gonjasufi 『A Sufi & A Killer』 [Warp]
Tame Impara 『Innerspeaker』 [Modular]
Hurts 『Happines』 [RCA]
Hot Chip 『One Life Stand』 [Parlophone]
Luke Abbott 『Holkham Drones』 [Border Community]
Matthew Dear 『Black City』 [Ghostly International]
Scuba 『Triangulation』 [hot flush]
Reigas Den Andre 『Guilty Feet, No Rhythm』 [Flogsta Danshall]
あるぱちかぶと 『◎≠』 [SLYE]
やけのはら 『This Night Is Still Young』 [Felicity]
Tetrad The Gang Of Four 『Spy Game』 [File]
She Talk Silence 『noise & novels』 [New Ship]
川本真琴 『音楽の世界へようこそ』 [MY BEST]
星野源 『ばかのうた』 [Victor / カクバリズム]
Alfred Beach Sandal 『Alfred Beach Sandal』 [鳥獣虫魚]
World's End Girlfriend 『Seven Idiots』 [Virgin Babylon]



編集&ディスク選定: 加藤綾一ry01
ゲスト・レヴュワー: 中村友亮 秋岡良寛

中村友亮/Yusuke Nakamura
千葉県出身の大学院生。日々、大学にて研究生活を送る傍ら、スケベ心でバンド〈the
nnyoos〉への参加や、DJに手を出し始める。インディ・ファンジン〈Weekend Never Dies〉にコントリビューターとして参加中。他に特筆すべきこととがあるとすれば……猫派です。〈Weekend Never Dies〉最新号は『4AD特集』として、東名阪で行われる〈4AD evening〉及び各バンドの単独公演にて無料配布されます。是非ともお読みになってみてくださいませ。
Twitter: http://twitter.com/sea_gell

秋岡良寛/Yoshihiro Akioka
1985年生まれ、北海道出身。準キー局報道部でニュース/スポーツ取材のカメラ助手、キー局グループの映像編集プロダクションなど、TVの仕事に従事。Webサイト〈Scra lab〉にて『音楽深紅ローター』を連載中。カレー大好き。
Twitter: http://twitter.com/edisondenn
Scra lab: http://scralab.com

※ゲスト・レヴュアーの2人もDJとして出演する、GOOD ON THE DANCEFLOORの新年一発目のパーティ"Scrapper's Delight vol.3 -New Year's Special-"の詳細はコチラ

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 といったベスト100枚+αになりましたが、皆さんのお気に入りの作品はチャート・インしていましたでしょうか? 「大好きなあの作品がベスト10に入ってる!」「この作品は聴いたことないぞ!」「えー、何であれが選ばれていないの!?」「なんと、これをピックアップするのか!」など、いろいろな感想があると思いますが、一喜一憂しながら楽しんで読んで頂けたのであれば幸いです!

-GOOD ON THE DANCEFLOOR的 2010年の総括 その1-

 今回はベスト100枚と併せて、次点作品も20枚選出させて頂き、断トツで過去最高となるセレクト枚数となりましたが、2010年は本当に傑作が多かったです! 音楽業界の不況などお構いなしに、年々、レコードやCDにかける金額が増えている僕にとって、自分史上、最も音楽に浪費した1年でありました。そんな人間ゆえに、2010年の音楽を振り返るときに、ベスト10枚や20枚だけで1年を語ることが出来る訳もなく、ベスト50枚でも全然語り切れないので、今年は120枚挙げさせて頂いた次第です。100位までは敢えて順位をつけていますが、次点の作品も、泣く泣く選外となってしまった作品も含め、それぞれが素晴らしい作品で、異なった輝きを放っております。

 とはいえ、上記120枚の作品をレコ屋の店頭で見かけることが出来たかというと、必ずしもそうではなかったはずです。店舗によっては、これらの作品の多く(とくに海外のもの)がまず入荷していないことも、ままあるかと思います。メジャー作品へのオルタナティヴとして、新たなセミ・ポピュラー・ミュージックをピックアップし、ブレイクスルーさせてきた外資系ショップの多くに目を向けてみても、従来の方向性から、オリコン・チャートやTVなどで目にするコマーシャルな作品にこそ力を入れて扱う方向性へと、ゆるやかにシフトしつつある(売り場の面積を割いている)のを実感することもしばしば。逆にリスナーは、YouTubeやニコニコ動画などWEB上での試聴や、Twitterなどでの情報交換により、隔離的な充足感を得ることで、なかなか実際に手を伸ばしづらい状況になりつつあります。その辺りの文化の交わらなさについては、『snoozer』誌が昨年に行った「洋楽文化絶滅カウントダウン」や「レディ・ガガに勝てない日本のロック」といった特集が詳しいので、そちらをお読みになって頂ければと思います。

 でも、だからといって、音楽がつまらないものに成り下がったわけではないのは、このチャートを読んで、それぞれをチェックして頂ければ明らかだと思います。むしろ輝きは増しているのです。わざわざ120枚ものアルバムをセレクトし、チャートを作り上げたのも、シーンやクラスターの分断化を止めることが出来ないのであれば、まずは自分からそこに飛び込んで楽しむべきだ、という、僕らのひとつのステートメントであります。今、この状況への一番のカウンターというのは、アクチュアルな音楽をとにかく楽しむことなのではないかと。そしてそれを同年代のライター2人と共に示すことは、意義があることだと考えております。

 それにしても、洋邦問わず、これだけジャンルがバラけたチャートとなったのも初めてのことだったので、次回のポストでは、21~100位までの補足を含め「総括その2」をお送りします! なので、まずはこの100枚のカラフルなジャケットと、それぞれのレヴューを楽しんで頂ければと思います!



 というわけで、まずはベスト・アルバム100枚+αの発表でした! 「総括その2」に続きます!!

→総括その2


加藤綾一/ry01
ry01 CM(0) 

New LogTop LogOld Log

COMMENT


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。