GOOD ON THE DANCEFLOOR

GOOD ON THE DANCEFLOOR
OFFICIAL
Twitter
MySpace(Label)

レーベル/パーティ"GOOD ON THE DANCEFLOOR"のオフィシャル・ブログです。

[ABOUT US]
東京発のレーベル/パーティ。Arctic Monkeysの曲名から名づけられたこの集団は、上の世代には持ち得ない、自らの世代ならではの感覚を証明することを目的として、2007年6月に結成。バンド/DJ/デザイナー/ライター/フォトグラファーなど、現在複数のメンバーによって構成されている。個々での活動に加え、GOOD ON THE DANCEFLOORとしてもイヴェントやパーティーを不定期に開催。2009年秋にはレーベル初のコンピレーションCD『ALT A NATIVE SYNDICATE』をリリースし、国内をはじめ、北米/欧/豪にも配信リリースしている。

contact me :P
info@goodonthedancefloor.com

[NEWS]
2009年9月にリリースされ、日本を代表するエレクトロ・ユニット80kidzのメンバーをはじめ、熱心な海外インディ・リスナーから、国内新世代インディ・バンド・ファンまで、多方面から絶賛の声を浴びた、東京の新世代レーベル"GOOD ON THE DANCEFLOOR"による、今後活躍が期待される新型バンドを集結させたコンピレーション『ALT A NATIVE SYNDICATE』。紅一点として参加したNu clear classmateが待望の単独作を遂にリリース!
------------------------------------------------------------
USインディ新世代と共振するサウンドに、コケティッシュな女性ヴォーカルを乗せた、日本発のキッチュな個性。この最新EPでは、Washed OutなどのGlo-Fi、Nite Jewelらが牽引するインディ・シンセ・ディスコ、そして時流のエレクトロ・ポップなどを、軽やかに横断している。わずか半年ほど前にリリースされたレーベル・コンピ収録曲と比べると、目が覚めるほどの音楽的な飛躍ぶり。ただ今メキメキと成長中の新世代二人組に、ぜひ注目を!
-小林祥晴-
------------------------------------------------------------
失礼を承知で正直に言うと、彼女たちがここまでの作品を仕上げてくるとは全く思っていませんでした。日々から逃げ出したい気持ち、マリア様に包まれてただただ安らかに眠っていたいという欲望と、それが叶わざる願いであることが転化した、やすりのような手触りの不機嫌な殺気。2010年に生きていく感覚そのままの音楽です。
-田中亮太(JET SET KYOTO/mogran'BAR)-
------------------------------------------------------------
Nu clear classmate 『Lick The Star』
2010/04/16 ON SALE
GOOD-1002 / including 5 songs 1,300yen (tax out)
1. Blank World
2. Causeless Pain
3. The Nearest Faraway
4. I Know I Know
5. I Leave The Parade Wearing A Dress

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

[NEXT PARTY]
????????????

全ての公演のチケットは予約を受付けております(一部除く)。
予約をご希望される場合は、「お名前」「希望の日にち」「枚数」をご記入の上、info@goodonthedancefloor.com宛にメールをお送り頂ければご予約を承ります。
下記のチケット予約フォームからもお気軽にご予約が可能です↓↓↓


[RELEASE INFORMATION]
【GOOD ON THE DANCEFLOOR】のレーベル部門が、新たに【GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK】として始動!!!!!! 記念すべき第一弾リリースとして、初のレーベル・コンピレーションCDを2009年9月25日にリリース!!
------------------------------------------------------------
海の向こうの同世代へのシンパシーと、隣り合う君とのディスコミュニケーション。2つの同時代性の狭間で軋む音、火花。青く、眩しい。
-田中亮太 (CLUB SNOOZER / JET SET)-
------------------------------------------------------------
世界と同感覚で進行中の東京インディー・シーンをリアルに感じられる、グッド・コンピレーション! この衝動と感覚を忘れずに、リリースを続けてくれることを期待しています!
-JUN (80kidz)-
------------------------------------------------------------
GOOD ON THE DANCEFLOOR DISK compilation
V.A. 『ALT A NATIVE SYNDICATE』
2009/09/25 ON SALE
GOOD-1001 / including 10 songs 1,800yen (tax out)
1. To Pieces / AAPS
2. Spin of School / Nu clear classmate
3. Social Evils and a Potato [Hamon Mix] / The New House
4. Jr. / White Scooper
5. Marble Nuts / Nu clear classmate
6. Tailors of OZ / AAPS
7. Up Bends / White Scooper
8. Pale Boy / The New House
9. Marble Nuts [Bamian Remix] / Nu clear classmate
10. Up Bends [Lapin Remix] / White Scooper

Packages: Japan
I-tunes: Japan, US, UK, EURO, Australia, New Zealand
buy on iTunes
その他詳細はコチラ

White Scooper 1st CD 『Thousand Valleys』
2008/06/10 ON SALE
GOOD-001 / including 7 songs 500yen (tax out)
1. C.Farmeres
2. Behind The Lights
3. Ya Ya Ya
4. Proco
5. Vigger
6. Nightram
7. Mornin' Giraffe
Art work by SAFARI.

取り扱い店舗
■JET SET (京都/下北沢)
【HP】【地図】【WEB通販】
■disk union各店
お茶の水駅前店、神保町店、新宿本館B1、下北沢店、吉祥寺店、
中野店、国立駅前店、池袋店、町田店、淵野辺店、稲田堤店、
横浜関内店、横浜西口店、津田沼店、千葉店、柏店
【HP】【店舗一覧】
■Sunrain Records (高円寺)
【HP】【地図】【WEB通販】

チケット予約フォーム
こちらでGOOD ON THE DANCEFLOORの各イベントのチケット予約が出来ます。ご利用ください。

名前:
メールアドレス:
日にち/イベント名:
枚数(質問などもどうぞ):

ブログ内検索
QRコード
QRコード
検索用

we love

!!! 1965 2 Many DJs 24Hour Party People 80kidz 8otto 100s Abake Abraham Cross Adam Sky Adel Air Akufen Alan Ball Air France The Album Leaf Alter Ego Altz Alphabeat Alloverallareover American Amy Winehouse Apparel Anavan ANDREA CREWS Andrew Kendall Andy Warhol Animal Collective Anna Tsuchiya Annie Aphex Twin The Apples In Stereo The Arcade Fire Arctic Monkeys Art-School Asian Dub Foundation Asian Kung-Fu Generation Ash A Sunny Day In Glasgow Atlas Sound At The Drive-In Audion Au Revoir Simone Aus Autechre The Avalanches Avengers In Sci-Fi badly drawn boy Back Drop Bomb Babyshambles Bamian The Band Apart Bang Gang Deejays Basement Jaxx Battles The Bawdies The Beach Boys Beastie Boys The Beatles Beck Beirut Belle & Sebastian Ben Folds Five Benga Ben Sharn Bernhard Willhelm Best Fwends Biff Bang Pow! Big Star The Birthday Bishi Bjork The Black Ghosts Black Kids Black Rebel Motorcycle Club Blast Head Bloc Party Bloodcat Love Blood Red Shoes Blood Thirsty Butchers Tha Blue Herb Blur Boards Of Canada Bonde do Role Bonjour Records Boom Boom Satellites Boredoms Born Ruffians Boys Noize The Boy Least Likely To The Bravery Breakfast Brian Jonestown Massacre The Brixton Academy Broken Social Scene The Buffalo Bunch The Bumblebeez Bump Of Chicken Buraka Som Sistema Burial Bushmind The Buzzcocks Bright Eyes British Sea Power Busy P Cabanne Cajuan Cajun Dance Party Calvin Harris Camera Obscura Cansei De Ser Sexy The Capes Cassette Playa Cat Power Cazals Chaki The Charlatans The Checks Chemical Brothers Chicks On Speed Chris Cunningham Christian Joy Chromeo C.I.A. Cibo Matto The Cigavettes Citizen Clammbon Clap Your Hands Say Yeah Clark Clarky Cat Chim↑Pom The Clash Coachella Coburn Cocorosie Coldcut Cold War Kids Colette Comanechi Comeback My Daughters Converge Corinne Bailey Rae Cornelius Cornershop Cosmic Wonder Cosmo Vitelli Chairlift The Coral Crackhaus The Cribs Creation Records Cristal Castles Crookers CSS Cubismo Grafico Cubismo Grafico Five The Cure Cut Copy DaDa KingZ Dada Life Daedelus Daft Punk Daggers Damien Hirst Dandi Wind Dan Le Sac vs Scroobius Pip Darek Darkel Darren Emerson Datarock Dandy Warhols David Fincher David Lynch David Sylvian Ddjjs Dead Disco Death From Above 1979 Death In Vegas The Death Set De De Mouse Deep Dish De La Soul Delta Sonic The Departure Derrick May Devendra Banhart DFA Diane Arbus Dick Bruna Digitalism Dinosaur Jr Diplo Dirty Pretty Things Dirty Projectors Disco Drive Disco Teenage Kicks Disco Twins Dizzie Rascal Dj Baku Dj Hikaru Dj Kentaro Dj Mehdi Dj Nobu Does It Offend You, Yeah ? Domino Doopees Doping Panda Douglas Coupland Doves Dreadeye Dreamburger Drocie Dubsided Duffy Eater ECD Echo & The Bunnymen ED Banger Editors Edward Gorey Eight Legs Electric President Electrocute Elmo El Presidente Ellegarden Elliott Smith Eminem The Enemy Enlightenment Erase Errata Erol Alkan Exlovers Escalator Records Esg Everybody Else Excuse Me Factory The Faint Fancy Him Fantastic Plastic Machine Fatboy Slim The Feeling Feist Find Gask The Fits The Flamin Lips Flipper's Guitar Fischerspooner Fishmans Fountain Of Wayne First Aid Kit Foals Foreignland Four Tet Fox N' Wolf France Gall Frank Owen Gehry Franz Ferdinand The Fratellis Friendly Fires Fred PEerry The Free Design Freeform Five Fuck Buttons Fuji Rock Festival The Futureheads Future Terror Gang Of 4 Ganban Night Gangway Gas Book Georgie James George Harrison Gildas & Masaya Glass Candy Glastonbury Festival Glasvegas The Glimmers Gnarls Barkley Going Steady Goldfrapp The Good Life The Good,The Bad And The Queen Goose Gorillaz Golden Silvers The Gossip The Go! Team Graham Coxon Green Day Grind House Group Inou Group Of People Guns N' Bombs Hadouken ! Hal Happy Mondays Hard-Fi Hard To Explain Headman The Heavy Henry Darger Henrik Vibskov Herbert Hercules and Loveaffair Herve Hi-Standard The Hives The Holloways Holy Hail The Hoosiers The Horrors Hot Chip Hot Gossip Hot Hot Heat House of Holland i-D Idlewild iLL I Love You But I've Chosen Darkness I'm From Barcelona In Corridors Individual Orchestra Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin The Infadels InK Institubes Interpol i-WARP Jack Kerouac Jack Penate Jackson And His Computer Band Jacques Tati The Jam James Ford James Holden James Jarvis Jamie Lidell Jan Svankmajer Jay-Z Jean Luc Chainsaw Jeff Mills Jence Jerry Jesse Rose Jet Jimmmy Eat World Joakim Joanna Newsom John Lennon Johnny Boy Johnny Foreigner The Jesus & Mary Chain Johann Johannsson Joy Division Julie Verhoeven Junior Senior Justice KAFKA Kaiser Chiefs Kanye West Kap10Kurt Karafuto Kate Nash Kathy Kavinsky Koko Von Napoo KAWS The Kbc Ken Ishii Ken Yokoyama Keith Kerrier District The Killers The Kills Kings Of Convenience Kings Of Leon Kim Kitsune Klanguage Klaxons The KLF The Knife The Kooks Kraftwerk Kris Menace Kunoku Ladyhawke Lady Sovereign Larrikin Love The La's Late Of The Pier Laura Marling Laurent Garnier LCD Soundsystem Le Tigre LFO Liars The Libertines Lightspeed Champion Lillies and Remains Lillica Libertine ! Lily Allen Limited Express(has gone?) Linda Lindstrom Little Barrie The Little Flames Little Man Tate Locksley Lo-Fi-Fnk Long Blonde Lostage Love Psychedelico Love of Diagrams The Long Blondes Los Campesinos! Lost Penguin Love Is All Luke Vibert Lovely Chords The Lowbrows Low Vision Magnus Carlsson Malajube Mando Diao Magistrates Marios Mark Ronson Martin Margiela The Marz Volta Massive Attack Material Boy Matisyahu Matthew Barney Maximo Park Memphis Industries Merlin Bronques Metamorphose Metro Area Metronomy Mew M-flo MGMT M.I.A. Mice Parade Michel Foucault Michel Gondry Midnight Juggernauts Mika Milo? Forman Ninja Tune Miaou Minor Threat The Mirraz The Misshapes Mixrooffice M/M Paris Moby Modeselektor Modest Mouse Mo-dettes Modular The Mogs Mogwai Mondo Grosso Monica Uranglass Monobright The Moog Cookbook The Morning After Girls Mo'some Tonebender Moving Units Mr Been Mr Oizo MSTRKRFT Mu Mum Mumm-Ra The Music My Bloody Valentine Mylo Mystery Jets Nanamine Nathan Fake Nathan Michel Neon Neon Neon Plastix N.E.R.D Neu! New Cassettes New Order The New House New Young Pony Club Nan Goldin Natalie Wood Neon Neon Nigel Godrich Nightmoves Nightmares On Wax Niki De Saint Phalle Nima Nourizadeh Nine Black Alps Nine Inch Nailes Ninja Tune The Novembers Noze No Age Nu Clear Classmate Nujabes Nyantora Nylon Oasis Oceanlane Ogre You Asshole Olav Basoski Oldenburg Opera Operator Please Optimo The Ordinary Boys Orange Juice The Orb Oskar Fischinger Ox.Eagle.Lion.Man Pacific! Pam Para One Pains of Being Pure at Heart Passions The Pastels Patrick Wolf Pavement Payback Boys Peaches Pedro Winter Pepe California Peter Bjorn And John Peter Saville Peter Max Pet Shop Boys Pharell Williams Phoenix Phantom Planet Phones Pig Radio the pistolas The Pipettes Pixies Placebo Plan B Polysics Poney Poney The Pop Group Pop Levi Portishead Postal Service Prefab Sprout Prefuse 73 Pre-School The Presets Primaly 1 Primal Scream Prodigy Prototypes Psapp Punks Jump Up Queens Of Noize Quentin Tarantino Quiero Club The Raconteurs Radiator Radio 4 Radioclit The Radio Dept. Radiohead Radio Slave Radwimps The Rakes Raphael Just The Ramones The Rapture R.E.M. Ratatat Rauschenberg Rat:att:agg RayGun Razors Edge RazorLight Regina Spektor Rei Harakami Remi Nicole RE:RE:RE:mojojo Resfest Reverend And The Makers Revl9n Rex The Dog Ricardo Villalobos Richard Linklater Richie Hawtin Riddim Saunter Ride Riot In Belgium Ripchord The Robocop Kraus Robot Needs Oil The Roconters Ron Sexsmith The Roots Rough Trade Rosenquist Rovo The Royal We Rubies Royksopp Roy Lichtenstein Rub N Tug Ryan McGinley Rye RyukyuDisko Saam Faramand Saddle Creek Safari Santogold Sasha Savath & Savalas Scissor Sisters Scott Herren Scouting For Girls Scuttle Scritti Politti SebastiAn Sex Pistols The Shakes Shirokuma Shitdisco The Shoes Sigur Ros Simian Mobile Disco Sinden Sing02 Skream Sleater Kinney The Slits Slowly Downward Smashing Pumpkins The Smith Smith N Hack Snoozer Snow Patrol Sofia Coppola Soft The SoftLightes Soft Tigers Solid Groove So Me Something Else Sonic Youth Soulwax Sound Team Space cowboy Spank Rock Spalta Locals The Specials Special Others Spike Jonze Spiler The Spinto Band Squarepusher Stars Stefanie Schneider Stereo Tennis Steve Aoki The Streets Strip Steve The Strokes The Stone Roses Struggle For Pride Studio Voice Studio 4℃ Sub Pop The Subways Suede Sufjan Stevens Sugiuramun Suicide Summer Sonic The Sunshine Underground Supercar Super Furry Animals Superglass SUPER SUPER Supersystem Surkin The Suzan Switch Syrup 16g Tacteel Takagi Masakatsu Talking Heads Tahiti 80 Tangerine Dream Taikoclub Teenage Bad Girl Teenage Fanclub The Teenagers Teki Latex Telefon Telepathe Tel Aviv The Telephones Television Tepr Theoretical Girl Terry Roison Terry Zwigoff Test Icicles These New Puritans Tomas Andersson Tommy Guerrero Thomas Bangalter Thomas Brinkmann Thom Yorke Those Dancing Days Thieves Like Us Tiga Tilly and the Wall Tim Deluxe The Ting Tings Tokyo Police Club Tomas Andersson Tom Middleton Tommy Guerrero To My Boy Tom Ze Tortoise Trafalgar Trash Fashion Travis TTC The Twang Twisted Charms Two Gallants Uffie Ultra Brain Unchain Undercover Underworld U2 Vampire Weekend Vanessa Van Basten Van She Vanshe Technologic Valerie Phillips Vermilion Sands The View Vanity The Velvet Underground Vermilion Sands The Verve The Vines Vincent Markowski Vinyl Junkie Vitalic Von Sudenfed V∞REDOMS Wagon Christ The Wannadies Warp We Are Scientists Weezer Wes Anderson We Start Fires The Whip White Scooper The White Stripes The Whitest Boy Alive Whitey The Who Why? Wichita Wigs Wild Beasts Wire Wolfgang Tillmans XL XTC Yanokami Yatt Yeah Yeah Yeahs Yellow Magic Orchestra Yelle Yo La Tengo Yonderboi Young Lovers Yppah YSP Yuksek Zongamin Zutons 赤犬 浅田次郎 浅野いにお あふりらんぽ 伊坂幸太郎 石野卓球 稲葉英樹 宇川直宏 羽海野チカ 大沢伸一 小沢健二 大竹伸朗 尾田栄一郎 おとぎ話 大人計画 小山田圭吾 棚田康司 ギターウルフ 銀杏Boyz 草間弥生 クラムボン くるり ザ・クロマニヨンズ 小池桂一 サイプレス上野とロベルト吉野 桜井鈴茂 佐藤秀峰 サニーデイサービス 鹿野淳 渋さ知らズ 清水祐也 しりあがり寿 信藤三雄 砂原良徳 スーパーカー スチャダラパー スマーフ男組 曽我部恵一 相対性理論 田島一成 田名網敬一 田中宗一郎 谷川俊太郎 電気グルーヴ 東京事変 タカノ綾 タナカカツキ 田中フミヤ チャットモンチー 谷岡ヤスジ 長尾謙一郎 中込智子 仲真史 中村一義 奈良美智 野田努 ノンポリラジカル ハイロウズ ハナレグミ 髭 藤子不二雄 ブルーハーツ フルカワミキ 古谷実 堀江博久 前野健太 ゆーきゃん ゆらゆら帝国 横尾忠則 松本大洋 村上春樹 珍しいキノコ舞踊団 森見登美彦 やけのはら ラーメンズ リリー・フランキー

T.H.A.N.K.S.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

アジカンを検証する
ASIAN KUNG-FU GENERATIONにとって4枚目のアルバム『ワールド ワールド ワールド』が先週ついにリリースされた。
この作品に対する評価は後で話すとして、これを機にアジカンというバンドを検証してみようと思う。


jacket_m.jpg
アジカンの歴史はまず遡ること2003年、彼らはミニアルバム『崩壊アンプリファー』でメジャーデビューをした。
ほど良く歪んだギターサウンドと、生々しく叫ぶヴォーカルがとても印象的だった。
1曲目「遥か彼方」で、
“偽ることに慣れた君の世界を塗りつぶすのさ白く、白く”
と高らかに宣誓する彼らは、非常に暑苦しくもあったが、そこには簡単には聴き流せない彼らの意思を感じた。
そしてこの宣誓は今後の彼らの大きなテーマとなる。

ちなみに、この頃の彼らのキャッチコピーは「新世代エモーショナル・ロック!!」といった感じで、ちょうどこの頃から日本でもエモという言葉が使われ始め、良いか悪いかは別として、今ではエモと呼ばれるジャンルが一般的に使われるようになっている。
アジカンが日本の音楽シーンに与えた影響その1。


jacket_m2.jpg
そして、その年の秋に初のフルアルバム『君繋ファイブエム』がリリースされる。
このアルバムを藤沢のタワーレコードで初めて聴いたときの興奮をよく憶えている。
どストレートなパワーコードで押し切るこのアルバムは、今となっては「WEEZERとASHとNUMBER GIRLを足した感じ」と形容できるが、当時軟派なメロコアばかりを聴いていた高校生の自分にとっては、とにかく新しかった。そして間違いなく彼らの歌には熱があった。
タイトルの「ファイブエム」というのは「5m」という距離を示していて、1stシングル「未来の破片」で“繋いでいたいよ”と歌うように、「君と僕の半径5mの繋がり」を基本とし、その位置から窺える現実と理想の境目を彼らなりに真っ直ぐに表現している。

自分がこのアルバムの中で特に好きなWEEZER風パワーポップナンバー「アンダースタンド」では、こういう歌詞がある。
“不安で泣いた君も、それアンダースタンド 刺さったそのトゲが抜けなくても
 塞いで泣いた日々も、それアンダースタンド 歪んだ日の君を捨てないでよ”
人間というものは、誰しもが落ち込んだり挫折したり、日々悩んだりするものだと思うのだけど、この曲で彼らは、切っても切り離せない自分の“陰”の部分を排除するのではなく、理解(アンダースタンド)して受け入れる、ということを歌っている。
多くのJ-POP、J-ROCKというものは、前向きな内容しか歌わない。自分の陰の部分を見て見ぬ振りをする。問題を対象としない。「N.G.S」の歌詞を引用するならば“存在、回答先延ばし”だ。
そんなの絶対に間違っていると思う。だから、アジカンがこの曲で歌う「陰の部分と向き合う」姿勢に対して、非常に共感が持てた。

同じく「君という花」の
“見え透いたフォームの絶望で空回る心がループした 何気なく何となく進む淀みあるストーリー
 いつだって何かを失って その度に僕らは今日を知る 意味も無く何となく進む淀みあるストーリー”
という歌詞も非常にうまい。
ちなみに、ハイハットの裏打ちとキックの4つ打ちというドラムのリズムパターンは、この曲をきっかけに、下北沢で活動をするバンドを中心として一気に日本に広がっていくことになる。アジカンが日本の音楽シーンに与えた影響その2。
以来、「なんか踊れる」というよくわからない意思のもと、このリズムパターンはアマチュアバンドからメジャーバンド、はたまたアイドルの曲なんかにも多く使われるようになった。今でいう「ダンスロック」的なものだろうか。しかし、その多くに特に意味は感じられない。みんな、あまりにもリズムに無関心だ。

ASIAN KUNG-FU GENERATION/君という花



そして04年、2ndアルバムに先駆けてリリースされた「サイレン」は、
“鳴り止まぬ君のサイレン 開いてよ”と、“君”へと手を差し伸べる姿を歌う男性サイドの「サイレン」と、
“あなたに出会ったその理由もわからないまま世界が終わる”と、“あなた”の手を振り払う諦めの様相を歌う女性サイドの「サイレン」という、曲は同じでも歌詞が違う2曲が混在するコンセプチュアルな内容で、非常に良く出来たシングルであった。

jacket_m3.jpg
その後、彼らは自主企画“NANO-MUGEN FES.”を日本武道館で行った後、2ndアルバム『ソルファ』をリリースする。
「君と僕の繋がり」から「現実と理想の境目」を表現する手法は前作と変わらないが、この作品は最終曲「ループ&ループ」に尽きる。
この曲も相変わらずのWEEZER風パワーポップなわけだが、ハツラツとしたサウンドに乗って歌われる、
“所詮突き刺して彷徨って塗りつぶす君の今日も つまりエンド&スタート 積み上げる弱い魔法
 由縁失って彷徨って垂れ流す僕の今日を 走り出すエンドロール つまらないイメージを壊せ そうさ”
という歌詞がとにかく素晴らしい。
明日が見えないまま彷徨う僕らの“今”を走り出させる、ポジティブなエネルギーに溢れた1曲。
このコーラス部分手前の
“君と僕で絡まって繋ぐ未来 最終的なその先を担う世代
 僕が描いたその影に君の未来は霞んでしまった?”
という歌詞も小気味よいメロディに旨く乗っていて素晴らしい。

ASIAN KUNG-FU GENERATION/ループ&ループ



翌年05年には、自主企画“NANO-MUGEN FES.”の会場を横浜アリーナに移し、海外からASHやDOGS DIE IN HOT CARSを招き2ステージ制でライブを行うという、バンド主導によるフェスティバルを開催し、出演バンドでコンピレーションCDを作るなど、彼らはリスナーに対して音楽への関心を広げさせることに手を惜しまなかった。


jacket_m4.jpg
そうして06年、3rdアルバム『ファンクラブ』をリリースする。
この作品では、冒頭の「暗号のワルツ」のような、ドラムのリズムが4分の4拍子で進み、歌のメロディとその他の楽器が4分の3拍子で進むという複雑に構成された1曲が代表されるように、過去2作品に比べて、明らかにリズムに工夫がある曲が多かった。
それは彼らなりの混沌を現すのか、この作品はどこか閉鎖的ではあるが、それでも広い世界に憧れを抱く、そんな引き籠り的心理が、歌でもサウンドでもうまく表現されている。
パワーポップを基調としてきた彼らにとって、この進化は非常に大きなステップでもあった。

そして同じ年、彼らは初のアリーナツアーを慣行する。
このツアーは「なるべく大きな会場でなるべく多くの人にライブを観てもらい、生で感じてもらう」という大きな意思を反映させていた。
多くの人気バンドの大体は、渋谷AXやゼップ東京で1日か2日ライブを行って、チケットが買えなかった人はまた今度、というものだが、実際は限られたチケットというのは毎回ライブに通い詰める熱狂的ファンが買い占めてしまうもので、新規のファンや、「ちょっと観に行ってみたいかも」と考えるファンにとってはチケットが買いたくてもなかなか買えない、というのが実情であった。
しかし彼らはそれを打破する為に、関東だけでも横浜アリーナ2日間と幕張メッセ2日間という、かなり大きめの会場で日にちも多めに取ってツアーを行った。
実際にほとんどの会場のチケットはソールドアウトすることはなかったが、その分多くのファンが実際に彼らのライブを観ることができたはずだ。この功績は大きいと思うし、音楽への関心を広げさせるため、ひいては日本の音楽シーンを良い方向に育てるためにも、勇気ある行動だったと思う。
“NANO-MUGEN FES.”などを始め、彼らのアティチュードには本当に感心させられる。

そして06年の終わり、松本大洋原作『鉄コン筋クリート』の映画版主題歌のために書き下ろしたシングル「或る街の群青」をリリースする。
この曲はこれまでのアジカンの集大成といっても過言ではない。
街の雑踏音で幕を開け、ゆったりとしたリズムから歌に入り、歪んだギターリフを境に急激に景色が変わり、早足で世界が動き出す。
原作から引用すると、混沌とした宝町でのクロとシロの日常を切り取ったかのような、原作へのリスペクトがはっきりと現れた傑作曲だ。
“まだ覚めない夢が枕元で僕にタッチした 朝の匂い 街が動き出す 画面の天気予報”
“日々に願い 求め奪い合って世界はダッチロール 巡り合い触れる君の全ては僕の愛の魔法”
“異次元ヲ回遊 青ク深イヨル セカイヲカエヨウ ソコカラナニガミエル?” 
といった想像力をかき立てる抽象的な歌詞の表現が絶妙。後藤正文はよく勉強していると思う。

ASIAN KUNG-FU GENERATION/或る街の群青



jacket_m5.jpg
そして前作『ファンクラブ』から2年、ようやく彼らの最新アルバム『ワールド ワールド ワールド』が先週リリースされたというわけだ。
まず最初にはっきり言っておこう。この作品は彼らにとってキャリア初の失敗作だ。
前作の音楽的挑戦は影を潜め、原点回帰とでも言いたいのか、シンプルなビートの曲がほとんどで、かなり肩透かしな内容。BPMもやたら早い。これでは4年前のストレイテナーである。(最も、今のストレイテナーも酷いが)
何を今更こんなことをやっているのか、さっぱりわからない。これでは多くの日本の日和ったギターロックバンドと大差がない。とにかく最悪だ。
そして歌詞の部分でも「或る街の群青」で見せた抽象的な表現のほとんどがなくなり、より直接的な表現になってしまった。
先行シングル「転がる岩、君に朝が降る」では、
“出来れば世界を僕は塗り替えたい 戦争をなくすような大逸れたことじゃない だけどちょっとそれもあるよな”
と歌っている。
直接的な表現が悪いとは言わないが、正直そんな回りくどい言い方で12小節も使って欲しくない。

ASIAN KUNG-FU GENERATION/転がる岩、君に朝が降る
(この曲はメロディーは良いが、曲は大したことない)


同じく最終曲「新しい世界」の、
“大声で叫べばロックンロールなんだろう? そんなクソみたいな話ならもうたくさんだよ
それが何なのかなんてどうだって良いから 目の前の景色を全部塗り替えるのさ”
という歌詞からも、特に頼もしさは感じられない。
(やはり日本語で直接的な表現をすると、どうしてもGReeeeNのような短絡的な表現になってしまうのだろうか)

とてもじゃないが、どう甘く見積もってもこの作品のことは良いとは言えない。
むしろ先にも言ったとおり、これは明らかに失敗作だ。
自分はこの最新作を試聴をしないで買ってしまったことを後悔している。なんでこんな作品に3,000円も払ってしまったのか。

自分は、この作品に関して「最高傑作!!」などと煽っている雑誌の気持ちが本当にわからない。
最新号で彼らを表紙にした<ROCKIN’ ON JAPAN>も、「大傑作!!全曲解説!!」などと言っている<MUSICA>も、もはや信用に値しない雑誌だ。
(JAPAN は前から、MUSICAは鹿野さんは大好きなんだけどね)
レーベルからお金をもらって記事を書いているからかもしれないが、作品単位で評価できない人が多過ぎる。前作が良かったから最新作はもっと高評価しなければいけないだなんて、そんな決まりはないはずだ。誉めることしかできないのだとしたら、お金を積んだもの勝ちになってしまう。
雑誌関係者の人達は、良い音楽を広めたくて音楽雑誌を作っているのだろうけど、こんな失敗作のためにページを使って評価することで他の良い作品が埋もれてしまっているのだとしたら、それでは元も子もない。
結果的にあんたらが日本の音楽シーンの活性化に歯止めをかけ、成長を悪くさせている。これは間違いない。
今のBUMP OF CHIKENなんかを表紙にしていいわけがないだろう。リスナーが勘違いするだけだ。

そしてアジカンもアジカンだ。なんだか随分バンドの状態がいいようだが(一応<ROCKIN’ ON JAPAN>のインタビューを読んだ)、こんな中途半端な作品を作って許されると思うなよ。
君らを正当に評価できている人物は君らの周りにはいないはずだ。


と随分長くなってしまったが、そういうことだ。
今回のアジカンの新作に対して、各音楽雑誌の評価にはさすがに我慢ならなかったので、わざわざここまで長文になってしまったが、それでも書いた。
きっと誰かが書かなければいけないことだと思ったから。
こちとら、最近のチャットモンチーにも、syrup 16gのラストアルバムにも心底ガッカリさせられているんだ。
もちろん、これでアジカンがどうでも良いバンドに仲間入りしてしまうことを望んでいるわけではない。
これでも自分は、彼らが良い作品を引っさげてまた帰って来てくれることを期待しているんだ。頼むよ、本当に。


しかしアレだ、ブログは自由に書けるから楽しいね。


最近よく聴いているもの↓
ASIAN KUNG-FU GENERATION『ワールド ワールド ワールド』
(一応、ね)

ry01
ry01 CM(1) 

New LogTop LogOld Log

  2015/01/25 19:57 # EDIT
このコメントは管理者の承認待ちです

COMMENT


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。